【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

2019/04/20
ワインの基礎知識

テロワールの魅力が最大限に引き出される唯一無二のブルゴーニュワイン。

その香りや味わい、しなやかな質感に魅了される人は多いのではないのでしょうか。

しかし、ブルゴーニュワインは産地も生産者も多くわかりにくいというのも事実です。

今回はそんなブルゴーニュをわかりやすく解説していきましょう。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

なぜブルゴーニュワインは有名!?

貴族や政治家に親しまれていたブルゴーニュのワイン

ブルゴーニュには数々の有名ワインがあり、銘醸地として知られているのはなぜでしょうか。

ジュヴレ・シャンベルタンは遠征に行ったナポレオンが度々飲んでいたことで有名になり、
コルトン・シャルルマーニュもシャルルマーニュ大帝がこよなく愛したことから一気に知れ渡り人気になりました。

このように、ブルゴーニュワインはブルゴーニュ公国時代に外交の手段として使用されていたり、貴族に贅沢品としてもてはやされていたりしたこともあり、ワイン文化が発達する一つのきっかけとなったと言われています。

ロマネ・コンティも造られている!?

非常に高級なワインの代名詞ともなっている、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の造るロマネ・コンティも、このブルゴーニュで造られたワインです。

ロマネ・コンティは世界で最もピノ・ノワールに適した土壌で造られていると言われており、なんとその土地1.8haしかなく、1年に数千本しか造られない幻のワインです。

その他、シャンボール・ミュジニーやムルソーなども造られる銘醸地で、栽培地としての品質の高さが伺えます。

ブルゴーニュワインの特徴

単一品種で造られている

ボルドーは数種類のブドウ品種をブレンドしますが、ブルゴーニュでは単一品種で造られることが多いです。

単一品種で造られる分、その地ならではのテロワールが反映されていることが特徴です。

テロワールというのは、ワインの生育に反映する畑の土壌や気候などの土地柄のことです。ブルゴーニュの複雑な土壌は、ワインの変化に富んだ卓越した味わいに反映しており、ブルゴーニュワインの魅力の一つとなっています。

ブルゴーニュのテロワールをよく反映するぶどう品種として、赤はピノ・ノワール、白はシャルドネがよく生産され、同じブドウ品種でもテロワールの違いによってキャラクターの異なるワインを造り出しています。

細やかな畑の管理

個性のしっかりとしたテロワールを持つ土壌なので、ブルゴーニュではブドウ畑が重要視されていて、畑ごとにしっかりとした格付けがされています。

この畑ごとに生産者がたくさんいるのが特徴で、人気の畑には数十人の所有者がおり、同じ畑でもさらに分割され細かくなっています。

テロワールがよく反映される土地と言っても、生産者の醸造方法も非常に反映されるのがワインなので、同じ畑でも生産者によって味わいが異なるのがブルゴーニュワインの難しいところでもあり、面白いところです。

ドメーヌとネゴシアン

ブルゴーニュには生産者を大きく分けてドメーヌとネゴシアンがあります。

ドメーヌ

ドメーヌとは、自分のブドウ畑を所有し、栽培からワインの醸造までをすべて行うワイン生産者のことです。ドメーヌは小規模生産者で一般的に家族経営のワイナリーが多く、ワイナリーの意見が素直にワインに反映され、個性的なワインを生み出しています。

小規模生産者なのでその年の良し悪しが反映されやすく、年により出来が異なりやすくなるのも特徴です。

ネゴシアン

ネゴシアンは自社畑を所有せず、ブドウ農家からブドウやワインを買い入れ、醸造・熟成・販売を手がける生産者のことです。

ネゴシアンは農家からブドウを買い付けている為、不作年とされる年でもバランスよくある程度一定の味を保てるというメリットがあります。

ブレンド技術を要する為、ドメーヌとはまた違った難しさがあります。

ブルゴーニュワインの格付け

ブルゴーニュワインはテロワールが味わいに反映するので、どのような畑、場所で造られているのかは非常に大切な要素となります。

具体的には5つのAOC(原産地呼称統制)によって分けられていて、法的にワイン造りの品質が維持されています。

1.グラン・クリュ(特級畑) 例:ロマネ・コンティ
2.プルミエ・クリュ(一級畑) 例:ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ
3.コミュナル (村名) 例:ヴォーヌ・ロマネ
4.レジョナル(地区名)例:マコン
5.レジョナル(地方名) 例:ブルゴーニュ

ブルゴーニュには100のAOCがあり、レジョナル(地方名)→レジョナル(地区名)→コミュナル (村名)→プルミエ・クリュ(一級畑)→グラン・クリュ(特級畑)と上に行くほどエリアが限定的になり、より品質も高いものになります。

例えばグラン・クリュのロマネ・コンティは、ヴォーヌ・ロマネのロマネ・コンティという畑から造られたブドウを使用したワインということで、つまり畑の名前がワインの名前になっています。

その他の格付け

ボジョレーやシャブリでは、上記のAOC格付けの他に独自の格付けを持っています。

ボジョレーでは、クリュ・ボジョレーボジョレー・ヴィラージュボジョレー・シュペリュールボジョレーという4つの格付けがあり、一般的に北部と南部では北部のワインの方が優れているとされています。

シャブリでは、上からシャブリ・グラン・クリュシャブリ・プルミエ・クリュシャブリプティ・シャブリの4つの格付けがあり、格付けが高くなるほどエリアが限定的になりより高品質で高価なワインとされています。

ブルゴーニュワインの産地

ブルゴーニュは全体的に冷涼な大陸性気候でエレガントなワインとなる産地です。

ブルゴーニュの中でも南北に50キロほどあるコート・ドールという土地は黄金の丘と呼ばれ世界で最も高価なワインを生産している銘醸地です。

その北半分がコート・ド・ニュイで、南半分がコート・ド・ボーヌとなり、ブルゴーニュの有名赤ワインのほとんどはこの土地で造られています。

ブルゴーニュの代表産地と特徴

コート・ド・ニュイの銘醸村

ジュヴレ・シャンベルタン

ナポレオンが愛したワインで、「王のワイン」と評されます。

力強い、抽出が強い、オーク感が強いスタイルで、男性的と表現される重厚なワインができます。

ヴォーヌ・ロマネ

ロマネ・コンティのようなトップワインを筆頭に名だたるワインを持つ特級畑があります。艷っぽく非常に華やかなワインです。

シャンボール・ミュジニー

最も優美で堪能的なワインを造ります。ジュヴレ・シャンベルタンは男性的と言われる一方、シャンボール・ミュジニーは女性的だと表現されています。

特級畑のミュジニーが非常に有名です。

コート・ド・ボーヌの銘醸村

ピュリニー・モンラッシェ

白の最高峰と評価されているモンラッシェの産地になります。

果実味がありながらもエレガントな味わいが特徴です。

ムルソー

凝縮感とコクのある味わいが魅力的なワインです。特級畑はありませんが、白ワインの生産地として非常に評価されています。

シャサーニュ・モンラッシェ

繊細でありながら力強さ、複雑味や深みを感じる産地です。

一部、特級モンラッシェの畑があります。

その他のブルゴーニュ

シャブリ

ブルゴーニュの北に位置するシャブリは20もの村があり、世界的に有名な生産地となっています。

シャブリの最大の特色は、キンメリジャン土壌で、石灰質が複雑に合わさった地質をしています。

そのテロワールから来るミネラル感はシャブリの最大の特徴といえます。

ブルゴーニュのワイン品種

ブルゴーニュの栽培ブドウ品種は、赤はピノ・ノワール種が主流、ボジョレーではガメイ種がよく栽培されています。

白はシャルドネ種が主流で生産され、クレマンなどにはアリゴテも造られています。

ブルゴーニュのピノ・ノワールは香り高く官能的な味わいと綺麗な酸が特徴で、熟成と共に複雑性を増していくのが特徴です。

シャルドネは構成が緻密で樽香と相性が良いので、しばしば樽を使ったワインが造られます。

ピノ・ノワールもシャルドネも畑や造り手によって個性の出るブドウ品種なので、同じブルゴーニュのワインでも幅広い味わいが楽しめます。

ブルゴーニュの有名なワイン銘柄

ルイ・ジャド

ルイ ジャド ピュリニー モンラッシェ


自社畑としてグラン・クリュ、プルミエ・クリュを数多く所有しており、ネゴシアンとして様々な村名のワインを造る巨大メゾンです。

ムルソーやピュリニー・モンラッシェなどと比較すると非常にエレガントで繊細なミネラルがあり、長い余韻を楽しめます。

ドメーヌ・ルフレーヴ

ドメーヌ・ルフレーヴ ピュリニー・モンラッシェ


ピュリニー・モンラッシェはもちろん、ブルゴーニュ白随一の造り手ともいわれる生産者です。

ピュリニーに25haという広大な畑を持ちその多くが特級、1級というまさにピュリニーの顔とも言える生産者です。

グラン・クリュのシュヴァリエ・モンラッシェは2haを所有しており、1ドメーヌの所有面積としては2番目に大きいほど、大ドメーヌと言えます。

ドメーヌ・アルマン・ルソー

ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレ・シャンベルタン


特級畑を8haも所有している、名実共にジュヴレ・シャンベルタンのトップ生産者です。

「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」というワイン造りをしており、リュット・レゾネを徹底しています。

非常に完成度が高く、凝縮感と複雑味のある品質の良いジュヴレ・シャンベルタンです。

ブルゴーニュのワイン まとめ

いかがでしたか?

難しく感じてしまいがちなブルゴーニュのワインですが、好きな生産者や畑を見つけて選んでみるのも1つの方法ですね。

知れば知るほど奥の深いブルゴーニュワイン、ぜひお気に入りのワインを見つけてみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】サン・テミリオンのワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

ボルドー地方のサン・テミリオンは、高級赤ワインや、まろやかなタンニンと芳醇な味わいの白ワインを生産しています。 高

【ソムリエ監修】オーストリアのワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

オーストリアのワイン生産量は世界全体の1%ほどと少ないですが、品質の高いワインが多く造られています。 とくに白ワイ

【ソムリエ監修】チリワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

日本の地球の反対側にある南米大陸にある「チリ」は世界的に有名なワイン生産国として知られています。 チリワインと言えば

【ソムリエ解説】日本ワインの特徴は?歴史から、産地、品種、を解説!

最近日本で造られたワインも世界で注目を浴びています。日本ワインの味わいの特徴としては、日本の伝統的な料理と同じく「繊細さ

【ソムリエ監修】マコンのワインの特徴は?産地、品種を解説!

マコンはフランス・ブルゴーニュ地方のマコネ地区にあるワイン産地で、シャルドネを中心にした辛口の白ワインで有名です。ブ

【ソムリエ監修】ヴェネトのワインの特徴は?産地、品種を解説!

ヴェネトは水の都ヴェネツィアを州都とする観光名所。ワインの生産量もイタリアでトップクラスを誇る生産地です。とくに白ワ

【ソムリエ監修】シチリアワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

シチリアはワイン生産量世界一を誇るイタリアの中でも、トップを争うワイン生産地です。 地中海性の温暖な気候がブドウの

【ソムリエ監修】ドイツのワインの特徴は?産地、品種、格付けを解説!

日本では甘口の白ワインのイメージが強いドイツ。現在は辛口の白ワインを中心に、さまざまなタイプのワインが生み出されてい

【ソムリエ解説】アメリカワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

アメリカのワインというと真っ先に思い浮かべるのは「カリフォルニアワイン」ですよね。ワインショップでもたくさん見かけま

【ソムリエ監修】南アフリカワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

南アフリカのワインはまだ日本ではあまり知られていませんが、世界からの注目度は抜群です。 ブドウ栽培に適した気候と土

【ソムリエ監修】アルベール・ビショーのワインの特徴、種類、おすすめも紹介

アルベール・ビショーは180年の歴史を持つ、ブルゴーニュの名門ワイナリーです。ブルゴーニュの銘醸地に6つのドメーヌ・

【ソムリエ執筆】おすすめのクレマン・ド・ブルゴーニュ10選!ブルゴーニュのスパークリングワインはコレ!

「クレマン」と聞いてピンとくる方はワイン通ですね。 「クレマン」はフランスの7つの地区でそれを名乗ることが許されて

【ソムリエ監修】ルイ・ジャドのワインおすすめ15選!

ルイ・ジャドはフランスのブルゴーニュ地方で広大な自社畑を所有するドメーヌであり、優れた品質のワインを提供するネゴシア


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP