【ソムリエ監修】ヴェネトの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

2019/05/11
イタリア

ワイン大国イタリアの中で、生産量1位を誇るのがヴェネトです。

特に、白ワインがその約70%を占める白ワインの名産地です。

今回は、そんなヴェネトの白ワインの特徴から、おすすめのワインをご紹介します。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

ヴェネトの白ワインの特徴

アドリア海が気候を和らげるので、基本的に温暖な地域です。

ヴェネトは平野部が56%と広く、ブドウ栽培のみならず、農業全般が盛んな地域です。

D.O.Pワインが40%、白ワイン67%を占めます。

最もポピュラー白ブドウは、がルガーネガです。他には、トレッビアーノ・ディ・ソアヴェ、タイが使用されています。

ヴェネトの白ワインの選び方

味わいで選ぶ

 

辛口

ヴェネトの辛口ワインはかんきつ類の風味がありさわやかなものが多いです。ソアヴァが有名です。

 

甘口

ヴェネトはレチョートという濃厚な甘口白ワインが有名です。

レチョートは「耳たぶ」という意味です。収穫後のぶどうを耳たぶくらいのかたさになるまで陰干しすることからこのような名前が付きました。陰干ししたぶどうは水分が蒸発して糖度が凝縮したぶどうになります。

糖分を残して甘口のワインに仕上げます。

陰干しぶどうから造られるワインはイタリアの他のワイン産地では「パッシート」と言われていますが、ヴェネトでは「レチョート」と呼ばれています。

 

品種で選ぶ

ガルガネーガ

ガルガネーガはヴェネトを代表する白ぶどう品種で、ソアヴェ地区で主体として使われる品種です。ギリシャが起源とされています。

ガルガネーガ種からは辛口ワインも甘口ワインも造られます。

ヴェネトの辛口のガルガネーガはかんきつ類の果実のようなフレッシュな風味があります。

甘口の風味の場合は陰干ししたぶどうで造られる「レチョート」と呼ばれるワインとなり、アンズ、砂糖漬けのレモンピール、トロピカルフルーツのような風味があります。

 

トレッビアーノ・ディ・ソアヴェ

トレッビアーノ・ディ・ソアヴェはソアヴェのワインにブレンドして使われ、ワインに酸を与えます。

通常早飲みタイプのワインに使われます。

 

タイ

タイはリソンに使われる品種です。フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州では「フリウラーノ」と呼ばれています。

以前はイタリアでは「トカイ・フリウラーノ」という名前で呼ばれていましたが、ハンガリーのトカイワインとの混乱を避けるために新しい名前が付けられました。

ヴェネトのタイ種は白い花のような香り、完熟した洋ナシやメロンの味わいで、ほんのりと塩気や苦味が感じられます。酸はおだやかです。

 

地区で選ぶ(DOCG・DOC)

 

ソアヴェ

ソアヴェはヴェネトだけでなく、イタリアで最も重要な白ワイン産地です。

「ソアヴェ」は「口当たりが良い」という意味です。その名のとおりフレッシュな味わいの白ワインです。

ソアヴェはガルガネーガ種が主体です。

ソアヴェはアルコール度が11%程度のものが多く、ワインの中ではアルコール度が低めです。熟成はさせずに若いうちに飲むタイプのワインが多いです。

さっぱりとしているので食事と合わせやすく、レモンやスダチを絞った魚介料理と合わせやすいです。

 

ソアヴェ・スペリオーレ

ソアヴェ・スペリオーレはソアヴェ地区で造られる辛口白ワインのうち、規定がより厳しいものです。

ソアヴェより色調が濃く、熟成によりアーモンドやハチミツの風味が感じられ複雑味があり、コクもあります。

ソアヴェ・スペリオーレはガルガネーガ種を70パーセント以上使用しなくてはなりません。ほかにトレッビアーノ ・ディ・ソアヴェ、ピノ・ビアンコ、シャルドネをブレンドすることができます。

ソアヴェ・スペリオーレの最低アルコールは12%です。12.5%以上のアルコール度数の場合は「リゼルヴァ」の表示が可能です。

鶏肉や豚肉の料理と合わせると良いでしょう。

 

レチョート・ディ・ソアヴェ

レチョート・ディ・ソアヴェはソアヴェ地区で陰干しぶどうから造られる甘口白ワインです。

レチョート・ディ・ソアヴェもガルガネーガ種を70パーセント以上使用します。

味わいにはアッポッカート(薄甘口)とドルチェ(甘口)の2種類があります。

最低アルコール度数は12%です。アンズや黄桃、アーモンドの風味があります。

レチョートはデザートワインですので、タルトやクッキーなどのスイーツと合わせると良いでしょう。

 

リソン

リソンはヴェネト州と隣のフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州にまたがる地区です。

リソンはタイ種を主体に造られる辛口ワインです。リソンのワインは果実味が豊かで酸味はおだやかです。

お寿司や軽めのパスタ料理、豆を使ったリゾットなどと合わせるとおいしいです。

 

ヴェネトのおすすめ白ワイン10選

日常使いにおすすめ!予算2,000円ベスト5

5位

ミヌート・プロセッコ

928円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、ワイン・ピープル

繊細でゆっくり浮かぶ泡が上質さをイメージさせるスパークリングワインです。

ほどよい飲みごたえで、食前酒として飲んでもおいしいでしょう。

青りんごやグレープフルーツのような爽やかですがすがしい味わいの中に蜜蝋を思わせるとろみも感じることができます。

 

4位

レ・ヴァカンツェ・シャルドネ・フリッツァンテ・ デル・ヴェネトNV

969円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、レ・ヴァカンツェ

シャルドネから造られた微発砲のワインです。

微発砲のため、ほどよい刺激を持った口当たりとなっています。

スッキリとした味わいでキレがよく、和食ともよく合います。

 

3位

ピノ・グリージョ ヴィチェンツァ D.O.C.

1,760円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、大榮産業

フローラル系のニュアンスが含まれたとても複雑なアロマを持つワインです。

口当たりがなめらかで、さわやかな果実味がおいしい辛口の味わいに仕上げられています。

ミディアムボディのため相性がいい料理も幅広く、お肉や魚料理、野菜ともよく合います。

 

2位

ロミオ&ジュリエット・ビアンコ

679円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ライトボディ、モンテ物産

恋をイメージさせるような甘酸っぱい味わいのワインです。

1時間程度冷やすことで舌にゆったりしみ込むミネラルを感じることができ、丸みを帯びた酸を楽しめます。

ワイン初心者も飲みやすい軽快でソフトな口当たりです。

 

1位

ヴィッラ・ボルゲッティ ソアーヴェ クラシコ

1,652円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、国分

栄えある1位は、ガルガネーガを主体にしたセパージュです。

柑橘系のアロマのなかに桃やアプリコットのニュアンスを感じることもできます。

さっぱりとした口当たりで、とてもスムーズに喉にしみこんでいきます。冷やして飲むことでよりおいしくなるワインです。

2,000円以下のヴェネト白ワイン比較表

商品画像ヴィッラ・ボルゲッティ ソアーヴェ クラシコロミオ&ジュリエット・ビアンコピノ・グリージョ ヴィチェンツァ D.O.C.レ・ヴァカンツェ・シャルドネ・フリッツァンテ・ デル・ヴェネトNVミヌート・プロセッコ
商品名ヴィッラ・ボルゲッティ ソアーヴェ クラシコロミオ&ジュリエット・ビアンコピノ・グリージョ ヴィチェンツァ D.O.C.レ・ヴァカンツェ・シャルドネ・フリッツァンテ・ デル・ヴェネトNVミヌート・プロセッコ
価格1,652円(税込)679円(税込)1,760円(税込)969円(税込)928円(税込)
詳細イタリア、辛口/ミディアムボディ、国分イタリア、辛口/ライトボディ、モンテ物産イタリア、辛口/ミディアムボディ、大榮産業イタリア、辛口、レ・ヴァカンツェイタリア、辛口、ワイン・ピープル
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

特別な日に!2,000円~5000円ベスト5

5位

アンセルミ サン ヴィンチェンツォ

3,340円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、アンセルミ

カルガネーガを80%、シャルドネとソーヴィニォンブランを20%ずつブレンドしたセパージュです。

パイナップルなどの果実のアロマのなかにハーブのニュアンスがあり、濃厚な果実味がミネラル感に由来するフレーバーを包んでいます。

 

4位

マルスレット プロセッコ・トレヴィゾ・エクストラ・ドライ

2,700円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、テラヴェール

グレーラ種特有の桃や白い花のアロマが前面に出たワインです。

白桃、シトラス、青りんごなどのニュアンスを含んだ味わいを持ち、そこには少し東洋的なスパイスを感じることもできます。

出荷直前に瓶詰めされるため、とてもフレッシュな味わいを感じることができるでしょう。

 

3位

ソアーヴェ クラッシコ ラ ロッカ

4,752円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、フードライナー

遅摘みのガルガネーガ100%で造られたワインです。

印象的なナッツの香りに、スパイスやバニラのニュアンスを感じることもできます。

凝縮感たっぷりで、高級感のある酒質に仕上げられています。

 

2位

ボッテガ・ヴィーノ・デイ・ポエティ・ゴールド

3,000円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、ボッテガ

ゴールデン種のりんごや洋ナシなどのフルーツを思わせるアロマを持つワインです。

繊細な果実味の味わいで、喉越しはさわやか、ミネラルと酸のバランスも抜群です。

魚料理や和食ともよく合います。

 

1位

リオンド・プロセッコ・コレツィオーネ・エクストラ・ドライ

2,296円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、カンティーネ・リオンド

堂々の1位に輝いたのはさわやかな酸を持ったプロセッコです。

パイナップルや洋ナシの味わいにリンゴのニュアンスが含まれた味わいを持っています。

ちなみにソムリエ・ワイン・アワード 2015、ベルリン・ワイン・トロフィー 2015、ムンドゥス・ヴィニ 2015の3つで金賞を取ったワインでもあります。

2,000円~5,000円のヴェネト白ワイン比較表

商品画像リオンド・プロセッコ・コレツィオーネ・エクストラ・ドライボッテガ・ヴィーノ・デイ・ポエティ・ゴールドソアーヴェ クラッシコ ラ ロッカマルスレット プロセッコ・トレヴィゾ・エクストラ・ドライアンセルミ サン ヴィンチェンツォ
商品名リオンド・プロセッコ・コレツィオーネ・エクストラ・ドライボッテガ・ヴィーノ・デイ・ポエティ・ゴールドソアーヴェ クラッシコ ラ ロッカマルスレット プロセッコ・トレヴィゾ・エクストラ・ドライアンセルミ サン ヴィンチェンツォ
価格2,296円(税込)3,000円(税込)4,752円(税込)2,700円(税込)3,340円(税込)
詳細イタリア、辛口、カンティーネ・リオンドイタリア、辛口、ボッテガイタリア、辛口/ミディアムボディ、フードライナーイタリア、辛口、テラヴェールイタリア、辛口/ミディアムボディ、アンセルミ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ヴェネトの白ワインまとめ

ヴェネトの白ワインは軽く飲みやすいものや、すっきりとした辛口のものが中心となっています。そのため初心者にも親しみやすい上、さまざまな料理と合わせることができるのです。

ヴェネトの郷土料理はもちろんですが、和食など日本風の味つけともよく合います。
なぜならヴェネトの海岸部では魚を、内陸部ではお米をよく食べるからです。食文化が日本と似ているため、ヴェネトのワインは日本人の食事ともとても相性がいいのです。

慣れ親しんだ味つけの料理とともに味わうことで、ヴェネトの郷土料理と組み合わせたときと似た風味を楽しむこともできます。

原産地の郷土料理との組み合わせはそのワインの魅力を存分に引き出してくれるものです。そのため、食文化が似ていることはヴェネトのワインを味わう上ではとても喜ばしいことといえるでしょう。

日本料理を味わいつつ、郷土の味に思いを馳せながらヴェネトのワインの魅力を楽しむのもいいかもしれません。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ厳選】トレンティーノ・アルト・アディジェのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

イタリアは、近年フランス・スペインとともに世界屈指のワイン生産国の一角を占めているワイン大国です。 州ごとの個性が

【ソムリエ監修】トスカーナのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

トスカーナはピエモンテと並び、イタリアを代表するワイン醸造地のひとつです。 伝統的な産地ながら格付けにとらわれない

【ソムリエ監修】リグーリアの白ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

リグーリアはイタリア北西部に位置する州です。 オリーブオイルの産地としても知られており、これは郷土料理にも多く使わ

【ソムリエ監修】ロンバルディアのおすすめ白ワイン5選!選び方のコツも解説

ロンバルディアはイタリア北部最大の都市ミラノがある州です。 チーズのゴルゴンゾーラやミラノ風カツレツなど、ワインと

【ソムリエ監修】 ピエモンテのおすすめ白ワイン15選!特徴と選び方のコツも解説

トスカーナに並ぶ高級ワインの産地であるピエモンテ。 赤ワインのバローロやバルバレスコが有名ですが、高品質な白ワイン

【ソムリエ監修】マルケのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

マルケはイタリアの中東部にある州で、東にアドリア海、西にアペニン山脈がある土地です。 東西に海と山があるため、自然

【ソムリエ監修】ラツィオのおすすめ白ワイン10選!特徴と選び方のコツも解説

ラツィオは生産量の8割が白ワインが占める、白ワインの名産地です。 代表的な「フラスカーティ」、「エスト!エスト!!

【ソムリエ監修】イタリアのおすすめ白ワイン20選!特徴と選び方から解説

ここ最近のワインの生産量世界一といえば、フランスを抑えてイタリアです。 そのため種類も多く、どのワインを選べばいい

【ソムリエ監修】シチリアのおすすめの白ワイン10選!特徴と選び方のコツも解説

シチリアは、ヴェネト、プーリア、エミリア・ローマニャと産出量No.1を常に争っているワインの名産地。 生産量の60

【ソムリエ監修】エミリア・ロマーニャの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

エミリア・ロマーニャは、イタリア北部の美食の地として名高い州です。 日本人にも馴染み深いボロネーゼ・パスタを始め、

【ソムリエ監修】ナターレ・ヴェルガの特徴、種類を解説!おすすめワインも紹介

ナターレ ヴェルガは、イタリアのヴェネト州で造られるプレミアムワインです。さまざまな土地のブドウを使用して造られたワ

【ソムリエ監修】チェザーリのおすすめワイン5選!選び方のコツも解説

チェザーリ(CESARI)はイタリアの赤の最高峰アマローネと呼ばれるワインを生産しているワイナリーの一つです。 ア

【ソムリエ解説】プロセッコとは?特徴からおすすめのプロセッコ10選を紹介

レストランでの食事に欠かせないお酒といえば、スパークリングワイン。 今回はプロセッコというイタリアのスパークリング

【ソムリエ監修】ヴェネトのワインの特徴は?産地、品種を解説!

ヴェネトは水の都ヴェネツィアを州都とする観光名所。ワインの生産量もイタリアでトップクラスを誇る生産地です。とくに白ワ

白ワインの選び方


特集記事

オレンジワインとは?特徴から、おすすめのオレンジワイン10選まで紹介

プレゼントにおすすめのワイン15選!おすすめのギフトサービスも紹介! 

貴腐ワインとは?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ執筆】アイスワインとは?美味しい飲み方、おすすめのアイスワインまで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

TOP