【ソムリエ監修】ラインヘッセンのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

2018/10/24
おすすめ白ワイン

ドイツ最大の白ワインの生産地「ラインヘッセン」。

甘口ワインの「リープフラウエンミルヒ(聖母の乳)」が有名になり、テーブルワインの大量生産地として有名になりました。

しかし現在では、品質の良い辛口の白ワインも生産されるようになり、白ワインのバリエーションが広がっています。

そんな魅力的なラインヘッセンについて紹介していきます。またページの最後にはおすすめのラインヘッセンの白ワインを紹介していきますので是非参考にしてください。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

ラインヘッセンとは

ラインヘッセンは、ドイツの南西に位置し、ライン川を挟んで北にはラインガウ、西にはナーエ、南にはファルツと名だたるワインの銘醸地に囲まれています。

夏は暑く、冬も比較的暖かく、降雨量も少ないためブドウを栽培するには非常に気候に恵まれた地域と言えます。

またラインヘッセンはなだらかな丘陵地帯でもあり、「千の丘の国」と呼ばれる程で、ドイツ国内において森林面積が最も少ない地域でもあります。

そのため、ドイツの中では最大のブドウの栽培面積を誇り、国内のワインの生産量も第1位です。

ラインヘッセンの白ワインの特徴

ラインヘッセンの白ワインは甘口の大衆ワインというイメージが一般的でした。しかし、海外で高い技術を学んできた若いワイン生産者たちが集まり、「メッセージ・イン・ア・ボトル」という団体を発足しました。

現在は26醸造所が「メッセージ・イン・ア・ボトル」に参加しており、彼らは、伝統的な醸造方法や、代表的な品種(ミュラー・トゥルガウやリースリングなど)だけでなく、様々な醸造方法や品種を用いて、とてもクオリティの高い辛口のワインを生産しています。

このような流れはドイツ全土に広がっていて、現在は甘口よりも辛口の白ワインの方が多く生産されており、ドイツの白ワイン=甘口というイメージを完全に覆しています。

今後も新しい切り口の白ワインがどんどん出てくることを期待したいですね。

ラインヘッセンの白ワインの選び方

品種で選ぶ

白ワインの比率が多いドイツは、白ワインの原料となるブドウ品種が多く、様々な品種の味わいが楽しめます。

ラインヘッセンでも最近は様々な品種を使った白ワインがみられるようになってきました。

そのラインヘッセンで多く栽培され、人気のある白ワインのブドウ品種を紹介します。

ミュラー・トゥルガウ(Muller Thurgau)

この品種から生産されるワインは、芳醇でみずみずしいトロピカル系のアロマを持ち、マスカットなどを感じさせるフルーティーな味わいで、酸味も少なく口当たりが良いのが特徴です。

一般的に熟成には不向きで、若いうちに飲まれるワインとして生産される事がほとんどです。

 

リースリング(Riesling)

ラインガウ地方が原産とされ、ドイツで栽培されているブドウ品種の中でも最も古くから栽培されている品種の1つです。

ブドウの実自体は小粒で、房も小さめになります。しかし、それを補う為に収穫量増やしても、品質が落ちづらく、高品質なワインを生み出す力強さがあります。

辛口から甘口まで幅広い甘さの白ワインを生産できる能力がある品種で、そのどれもが高い次元で作ることが可能です。

様々なワインの原料になるリースリングですが、共通した味わいは、スチールのような硬さがあるキレのあるシャープな酸味と、クリアで透明感のある果実味で、全体的に引き締まった緊張感のある味わいを感じられるのが大きな特徴です。

 

価格帯で選ぶ

ラインヘッセンの白ワインはバリエーションも多く、価格帯も様々。

使われているブドウ品種や、熟成期間、ブドウの品質、等級により価格帯も大きく変わってきます。

デイリーワインとしてなら、1,000円〜2,000円のワイン、来客用や特別な日のワインとしてであれば、3,000円から5,000円のワインを選ぶ事をおすすめします。

同じ価格であっても、辛口と甘口で味の違いを楽しんだり、同じブドウ品種であっても熟成期間の違いで驚いたり、様々なワインが楽しめるはずです。

ラインヘッセンのおすすめ白ワイン10選

おまたせ致しました。シーン別でおすすめのラインヘッセンの白ワインを紹介していきます。

日常使いにおすすめ!予算2,000円ベスト5

5位

ペーター・メルテス

1,150円 (税込)

詳細情報
ドイツ、甘口、ペーター・メルテス

フレッシュなレモンやライムのアロマと、とてもまろやかな果実味と甘みが印象的。

飲み口は爽やかで、ミネラルも感じられる飽きのこない余韻なので、価格から見てもデイリーワインの白ワインとしてピッタリ。

 

4位

ブラック・タワー ホワイト

1,400円 (税込)

詳細情報
ドイツ、甘口/ミディアムボディ、日本リカー

とても特徴的な黒いボトルとワイン名が印象的。その見た目とは裏腹に味わいはとてもフレッシュ。

華やかな果実のアロマと酸味のバランスがよく、柔らかい質感で余韻も心地よく感じられます。スパイシーな料理と相性が良く、タンドリーチキンなどと合わせるといいでしょう。

 

3位

G.A. シュミット プリマリア リープフラウミルヒ

1,111円 (税込)

詳細情報
ドイツ、甘口/ミディアムボディ、メルシャン

トロピカルフルーツのような香りとフルーティーな味わいがとても上品で、非常に飲みやすく、パスタなどによく合うので日々のワインとしてとても適しています。

またリープフラウエンミルヒ独特の聖母マリアのラベルと美しいワインボトルは飲み終わった後でもインテリアとしても映えます。

 

2位

フロイデ ラインヘッセン アウスレーゼ

1,635円 (税込)

詳細情報
ドイツ、甘口、クロスター醸造所

ミュラー・トゥルガウとシルヴァーナを50%ずつセパージュした優しい口当たりの甘口のワインです。海鮮料理によく会うため、ちらし寿司など魚を使った和食とマリアージュさせることをおすすめします。

 

1位

G.A. シュミット ラインヘッセン リースリング Q.b.A. ブルーネコボトル

2,174円 (税込)

詳細情報
ドイツ、甘口/ミディアムボディ、メルシャン

鮮烈なブルーの猫の形をしたボトルが非常に特徴的で、一瞬で目を惹きつけます。

その愛らしいワインボトルはインテリアとしても機能する遊び心があります。味わいも素晴らしく、オレンジやリンゴ、洋梨と言った豊かでエレガントなアロマが広がり、非常にキレの良い酸味と豊かな果実、上品な甘みの調和がとれた白ワインです。

2,000円以下のラインヘッセン白ワイン比較表

商品画像G.A. シュミット ラインヘッセン リースリング Q.b.A. ブルーネコボトルフロイデ ラインヘッセン アウスレーゼG.A. シュミット プリマリア リープフラウミルヒブラック・タワー ホワイトペーター・メルテス
商品名G.A. シュミット ラインヘッセン リースリング Q.b.A. ブルーネコボトルフロイデ ラインヘッセン アウスレーゼG.A. シュミット プリマリア リープフラウミルヒブラック・タワー ホワイトペーター・メルテス
価格2,174円(税込)1,635円(税込)1,111円(税込)1,400円(税込)1,150円(税込)
詳細ドイツ、甘口/ミディアムボディ、メルシャンドイツ、甘口、クロスター醸造所ドイツ、甘口/ミディアムボディ、メルシャンドイツ、甘口/ミディアムボディ、日本リカードイツ、甘口、ペーター・メルテス
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

特別な日に2,000円~5,000円ベスト5

5位

デクスハイマ―・ドクトール ケルナー アウスレーゼ ラインヘッセン

2,794円 (税込)

詳細情報
ドイツ、甘口/ミディアムボディ、稲葉

決して主張しすぎないまろやかな甘みと、優しい酸味、果実も強すぎず、非常にバランスが取れているのが魅力的。

幅広い料理に合うので、特別な日の料理に合わせるのもよし、突然の来客の時にお出しするのにもよしの万能型の白ワインです。もちろんデイリーワインとしてもおすすめします。

 

4位

ナクトゥゴールド アイスワイン

3,283円 (税込)

詳細情報
ドイツ、極甘口、ナクトゥゴールド

濃厚な凝縮感のある果実のアロマと、まるで蜂蜜のような濃厚で官能的な甘みが余韻まで続く極甘口のアイスワイン。

うっとりとしてしまうほどのまろやかさと甘みは女性受けが良く、記念日などに一緒にグラスを傾けると喜ばれるでしょう。

 

3位

ヘアゴッツ・トレプフェン・カビネット

3,480円 (税込)

詳細情報
ドイツ、中甘口、ヤコブ・ゲアハルト社

「神様の滴」の名前を持つ、生産量の少ない貴重な白ワイン。

良質なブドウは神様からの恩恵と考え、それを収穫できる感謝の念を名前に表現しているということです。フレッシュな柑橘系のアロマ、マスカットのような果実味、シャープなミネラル感も感じることができる調和のとれた味わいです。酸味もグレープフルーツのような穏やかさがあり、辛味のある料理とマリアージュさせると絶妙です。

 

2位

ハイマースハイマー ゾンネンベルク アイスヴァイン

「甘口ワインの魔術師」と言われる、非常に質の良い甘口ワインを生産するハインフリート・デクスハイマーが手掛けたアイスヴァイン。

リースリング本来のピュアでナチュラルな果実味と甘味と上品な酸味が非常に調和のとれたエレガントな味わい。ワインボトルもスタイリッシュで、特別な日に開けるワインとしておすすめです。

 

1位

ヒデワイン[2016] 639ブラック

5,000円 (税込)

詳細情報
ドイツ、やや辛口

ドイツのSTRUBワイナリーで、その伝統と技術を学んだ日本人醸造家の浅野秀樹氏が、そのSTRUBワイナリーの一部を借り、生産している白ワイン。

年間で6000本しか作られないため、非常に貴重なものです。やや辛口の白ワインで、フレッシュなブドウ本来のアロマと果実味、しっかりとした酸味がとてもバランスが良く、なにより和食とマリアージュさせると絶妙。遠い海外の地で醸造家として認められた日本人が生産するワインを口にすると、感慨深く、ロマンを感じる特別な日となるでしょう。

2,000円~5,000円のラインヘッセン白ワイン比較表

商品画像ヒデワイン[2016] 639ブラックハイマースハイマー ゾンネンベルク アイスヴァインヘアゴッツ・トレプフェン・カビネットナクトゥゴールド アイスワインデクスハイマ―・ドクトール ケルナー アウスレーゼ ラインヘッセン
商品名ヒデワイン[2016] 639ブラックハイマースハイマー ゾンネンベルク アイスヴァインヘアゴッツ・トレプフェン・カビネットナクトゥゴールド アイスワインデクスハイマ―・ドクトール ケルナー アウスレーゼ ラインヘッセン
価格5,000円(税込)4,186円(税込)3,480円(税込)3,283円(税込)2,794円(税込)
詳細ドイツ、やや辛口ドイツ、極甘口、Dongurianoドイツ、中甘口、ヤコブ・ゲアハルト社ドイツ、極甘口、ナクトゥゴールドドイツ、甘口/ミディアムボディ、稲葉
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ラインヘッセンの白ワインまとめ

価格以上の値打ちと、甘口〜辛口、味わいのバリエーションが多いラインヘッセンの白ワイン。

今後も若い醸造家を中心に、様々なラインヘッセンの白ワインが誕生してくるはずです。

ラインヘッセンの伝統的な白ワインも楽しみながら、是非新しいタイプの白ワインも楽しんでみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】モーゼルのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

モーゼルは、ドイツの有名なワインの生産地「ラウンガウ」に並び、非常に有名なワインの生産地の一つ。 モーゼルといえば

【ソムリエ監修】フランケンのおすすめ白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

フランケンは、ドイツにおいてモーゼル、ラインガウに並ぶ白ワインの名産地です。 フランケンワイン特有の辛口でコクのあ

【ソムリエ監修】バーデンのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ドイツの南に位置するバーデンは、フランスのアルザスやロワールなどと同じ気候地区にあるワイン生産地です。 ブドウ栽培

【ソムリエ監修】ラインガウのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ドイツのラインガウ地域は、ドイツ白ワイン生産地の中でも高品質のワインを生み出します。使用品種は主にリースリングで、そ

【ソムリエ監修】ドイツのおすすめ白ワイン20選を紹介!辛口から甘口まで

ドイツは白ワインの生産が大半で、世界的にも有名な白ワインの産地です。 皆さんもお店なので、ドイツの白ワインをよく見

白ワインの選び方


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP