【ソムリエ解説】オーストラリアのワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

2019/04/19
ワインの基礎知識

オーストラリアはワイン生産量も輸出量も上位に入るワイン大国です。世界で初めてボトルのラベルにぶどうの品種を表示することを義務付けました。このように消費者重視の姿勢も世界中でオージーワインが支持される要因の1つでしょう。

ここではオーストラリアのワインの特徴やおすすめをご紹介します。


記事の執筆者

市川 かおり

日本ソムリエ協会認定 ソムリエ

都内のホテル、イタリアンレストランのサービスを経てソムリエ資格を取得。その後ワイン会社の営業として様々なワインと関わってきました。 今は子育てしながら自宅でピアノ教室を開いています。

 

オーストラリアのワインの特徴

オーストラリアワインの歴史は200年とまだ浅いですが、その分、近代的なぶどう栽培や醸造技術を取り入れるのが早く、良質のワインを生産しています。

オーストラリア特有のショーシステムがあり、各地で開催されるワインコンペティションでメダルを獲得すると、生産者はそのボトルに受賞したメダルのシールを貼って販売します。

ほとんどのワイン産地では、地元のワインや、食事、文化を楽しめるフェスティバルが毎年開かれます。

オーストラリアワインと言えば日本ではコスパ抜群のお手頃価格ワインとして有名です。

 

オーストラリアのワインの産地

南半球にあるオーストラリアの季節は、日本とちょうど反対です。

熱帯から温帯にかけて広がり、地域によって気候風土に特徴があります。

その中でもワイン造りの有名な産地をご紹介します。

 

最大のワインの生産地域 南オーストラリア州

オーストラリア最大のワインの生産地域です。全産出量の約50%を占めています。オーストラリアに存在する主要なぶどう栽培・ワイン醸造研究機関は南オーストラリア州に集中しています。

アデレード周辺には、200を超えるワイナリーがセラードア(ワインの直売所)を行っており気軽に様々なワイナリーのワインを試飲することができます。

 

オーガニックワインが多い ニュー・サウス・ウェールズ州

オーストラリアワイン発祥の地として知られ、最も歴史ある産地です。南オーストラリアに比べると生産量は少なくなりますが、州内に位置するハンター・バレーは白ワインの名産地となっています。

家族経営のワイナリーが多く、オーガニックやビオディナミに力を入れる生産者が多いのもこの地域の特徴です。

 

高品質の赤ワイン産地 西オーストラリア州

ワイン醸造の歴史はまだ40年と若い産地ですが、今では150以上のワイナリーがあり、高い評価を得ています。

小規模のワイナリーが多いですが高品質の赤ワイン産地として世界から評価を受けています。

 

洗練されたスパークリングの産地 ビクトリア州

冷涼地での栽培に適した品種を使った個性豊かなワイン産地が多数揃っているビクトリア州。オーストラリアでは珍しく州全域でブドウ栽培が可能な産地です。

小規模ワイナリーが多く、量よりも質を追求しているワイナリーがほとんどです。

洗練されたスパークリングの産地としても有名です。

 

オーストラリアの代表産地と特徴

オーストラリア全土には60ヶ所以上の認定ワイン産地があり、数々の受賞歴を誇る世界的に有名なワインを生産しています。

また、豊かな土壌に恵まれ、環境に合った100以上の品種のぶどうを育てることができます。

そのため、多種多様な食文化にあったバラエティ豊かなワインを造ることが可能となりました。

オーストラリアのワイン造りの盛んな州の中でも有名な産地を何個かご紹介します。

 

洗練されたスパークリングの産地 バロッサ・バレー

南オーストラリア州にあるバロッサ・バレーは、オーストラリアのワイン史の中で最も古い産地のひとつであり、同時に銘醸地としても知られています。

温暖な気候に恵まれ、ジェイコブズ・クリークやペンフォールズなど大手を含む150種のワイナリーが集まります。

赤ワインならシラーズ、白ワインならリースリングが有名です。観光客向けには半数近くのワイナリーが一般に公開されています。

 

オーストラリア最高のぶどう クナワラ

南オーストラリア州にあるクナワラですが、海が比較的近く、気候はボルドーと酷似しているとも言われています。ボルドーとの違いは雨量が少ないということです。

特にカベルネ・ソーヴィニヨンが有名な産地であり、ぶどうの果実を完全に熟させることができるクナワラのカベルネ・ソーヴィニヨンはオーストラリア最高とも評されています。

 

世界有数のクオリティ マーガレットリバー

マーガレットリバーは西オーストラリアの南西地域に位置します。

このエリアで作られるワイン生産量はオーストラリア全体のわずか約5%にすぎないにもかかわらず、世界的にも有数のクオリティの高いワインが作られています。

マーガレットリバーのワインは、他の産地よりもヨーロッパに近いスタイルで造られます。

カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーズ、シャルドネ、さらにはソーヴィニヨン・ブランとセミヨンのブレンドワインが有名です。またオーストラリアには珍しく、シュナン・ブランも栽培しています。

 

上質なシャルドネ ヤラバレー

ビクトリア州にあるヤラバレーは50以上のワイナリーが点在し、オーストラリアを代表する産地のひとつです。

メルボルンから1時間ほどで、フランスの名門モエ・エ・シャンドンが設立したワイナリーもあり、観光客にとても人気です。

上質なシャルドネを使った白ワインや、スパークリングワインの産地として知られています。

 

 世界トップクラスのワインを生産 ハンター・バレー

オーストラリアワイン最古の地、ニューサウスウェールズ州にある有名な産地がハンター・バレーです。

シャルドネ、シラーズなどさまざまなブドウからワイン作りが行われているハンター・バレーでは、ワイナリーによって得意なものが違います。

中でも火山性灰が混じった土壌で作られる伝統的な赤のハンター・シラーズと10年以上たっても飲み頃のセミヨンが有名です。特にセミヨンは各ワイナリーが自慢の1本を持っていると言われています。

 

オーストラリアのぶどう品種

オーストラリアで作られるぶどう品種は、世界的にもよく見られる品種ばかりです。

今でこそ有名なワインの産地であるオーストラリアですが、かつてこの国にはぶどう自体が存在しませんでした。イギリス人の入植者が初めてぶどうを持ち込んだと言われています。

オーストラリアは南半球にあるので、北半球よりも半年早い3月~4月ごろがぶどうの収穫時期です。

 

代表的なぶどう品種

上品な味わいのシラーズ

オーストラリアで最も代表的なぶどうの品種はシラーズです。オーストラリアでシラーズと呼ばれる品種はフランスではシラーと呼ばれます。

栽培する土地が違えば味わいも変わり、オーストラリアのシラーズは熟した果実味が前面に出るスタイルになります。骨格はしっかりしながら、滑らかなタンニンを持つ上品な味わいです。

また、オーストラリアではシラーズで赤いスパークリングワインを生産しています。

ユニークなワインでありながらも泡はとても細やかで、熟成感のあるタンニンと伸びやかな酸を併せ持つクオリティーの高いワインとなっています。

 

果実味と清涼感が特徴のカベルネ・ソーヴィニョン

現在のオーストラリアでは、この品種は赤ワイン用ブドウ品種としてシラーズに次ぐ生産量を誇っています。

クワナラで造られたワインがオーストラリアのカベルネ・ソーヴィニヨンとしては初めて国際的に評価されました。

しっかりとした果実味とミントを感じる清涼感のある香りが特徴です。この品種は晩熟タイプで温暖な気候を好むため、暑く乾燥したオーストラリアでは良質なものを収穫することができます。

 

トロピカルで濃厚なシャルドネ

オーストラリアのシャルドネはトロピカルで濃厚なタイプが多いのが特徴です。フレッシュさを味わうというよりも樽の香りを付けたりとしっかりとした造りになります。

環境適応能力が非常に強いぶどう品種で、オーストラリア大陸にまたがって冷涼な地域から内陸の温暖地域まで多くの地域で栽培されています。

 

重量感のあるワインに セミヨン

樹勢が強く生産性の高い品種で、気候にかかわらず安定した収量が期待できます。

オーストラリアのハンター・ヴァレーのセミヨンは「ハンター・セミヨン」と呼ばれる独特のスタイルで、セミヨン100%の素晴らしい辛口ワインを生み出しています。

セミヨンは一見地味ですが、熟成によって花開くポテンシャルのあるぶどうです。

 

オーストラリアの有名なワイン銘柄

オーストラリアワインの有名なワインメーカーはたくさんありますが、その中でも日本でよく見かけるブランドをご紹介します。

お手頃価格のものが多いので機会があれば是非お手に取ってみてください。

 

ペンフォールズ

ペンフォールズ マックス・シラーズ

4,320円 (税込)

詳細情報
オーストラリア、フルボディ、サッポロビール

医師ペンフォールズ氏が医療用ワインを醸造したことが始まりとされているワインメーカーです。

アメリカンオークとフレンチオークの旧樽で12ヶ月間熟成しています。ベリー系果実の香り、チョコレートと焙煎したコーヒーの香りが口いっぱいに広がり、どっしりとした土のようなタンニンと微かなオークの香りが感じられます。

買ってすぐ飲んでも美味しい、南オーストラリアの現代的なワインです。

 

ジェイコブス・クリーク

ジェイコブス・クリーク シャルドネ

1,008円 (税込)

詳細情報
オーストラリア、辛口/フルボディ、ペルノリカール

ジェイコブス・クリークでは上質なぶどうをキメ細かに栽培・管理するために自社栽培チームに加え、優れた技術力を持つ120以上のブドウ栽培農家と契約しています。

このシャルドネはレモンなどの柑橘系と熟した桃やメロンなどトロピカルフルーツの香りがします。また、ほのかなオーク樽のフレーバーが感じられます。

 

イエローテイル

イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン

916円 (税込)

詳細情報
オーストラリア、ミディアムボディ、サッポロビール

このラベルのカンガルー(ワラビー)は見かけたことがあるのではないでしょうか。売上No.1のオーストラリアワインです。

豊かな味わいと香りを最大化させるため、果実が熟した状態になるのを待ってから収穫するスタイルです。

ブラックベリー、チョコレートのアロマとほのかなミントの香りが感じられる赤ワインです。力強い酸味と柔らかな果実の旨み、そしてまろやかで落ち着きのあるタンニンが楽しめます。

 

シャンドン

シャンドン ブリュット

2,035円 (税込)

詳細情報
オーストラリア、辛口/ミディアムボディ、MHD

世界で一番多く販売されているフランスのシャンパーニュ地方の「モエ・エ・シャンドン」のメーカーがオーストラリアのヤラヴァレーで造ったのがこの「シャンドン」です。

製法は本家のフランスと同じ伝統的な製法でぶどう品種もオーストラリア産の同じ品種を造りました。シャルドネ種とピノ・ノワール種を使って造り上げた正統派スパークリングワインです。

レモンやジャスミンの香りがし、桃とナッツの風味がフレッシュです。

オーストラリアのワイン まとめ

今回はオーストラリアワインの特徴とおすすめをご紹介しました。

親しみやすく奥の深いオーストラリアワインはバラエティに富んでいますので手に取りやすいワインだです。

オーストラリアは広いので土地によって土壌が変わり、同じ品種であってもワインの味わいも違います。各地域のワインを旅する気分で選んでみてはいかがでしょう。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ドイツのワインの特徴は?産地、品種、格付けを解説!

日本では甘口の白ワインのイメージが強いドイツ。現在は辛口の白ワインを中心に、さまざまなタイプのワインが生み出されてい

【ソムリエ執筆】フランスのワイン産地、歴史、格付け、有名銘柄を徹底解説!

ワイン産地と言えば、フランスを思い浮かべる人がほとんどだと思います。 とは言っても、フランスワインについてあまり知

【ソムリエ監修】ロワールのワインの特徴は?産地、品種を解説!

フランスのロワールは、ロワール川という川の流域に広がる地域です。 川に沿って多くのワイン生産地があり、また土壌の個

【ソムリエ監修】オーストリアのワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

オーストリアのワイン生産量は世界全体の1%ほどと少ないですが、品質の高いワインが多く造られています。 とくに白ワイ

【ソムリエ監修】イタリアワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

長靴の形をしたワイン大国、イタリア。南北に長く、3方を海に囲まれた恵まれた環境から、「エノトリアテルス」(ワインの大

【ソムリエ監修】ヴェネトのワインの特徴は?産地、品種を解説!

ヴェネトは水の都ヴェネツィアを州都とする観光名所。ワインの生産量もイタリアでトップクラスを誇る生産地です。とくに白ワ

【ソムリエ監修】リオハワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

リオハはスペイン北部に位置する、スペインを代表するワイン産地です。 スペインワインでは初めてDOCa(特選原産地呼

【ソムリエ監修】プーリアのワインの特徴は?産地、品種を解説!

プーリアは、イタリアの中でもワイン生産量が1、2を争う銘醸地です。海に囲まれ、地中海性の恵まれた気候の中で伝統的に守

【ソムリエ解説】スペインワインの特徴は?歴史から、産地、品種、格付け、有名銘柄まで解説!

スペインやフランスに並ぶ、世界有数のワイン大国、スペイン。ブドウの栽培面積については常に世界1~2を争い、生産量は世

南アフリカワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄をワイン資格者が解説!

ニュージーランドは、日本と同様、島国で、その美しい景観から観光地としても人気があります。ワイン産地としての歴史はまだ浅い


特集記事

プレゼントにおすすめのワイン15選!おすすめのギフトサービスも紹介! 

貴腐ワインとは?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ執筆】アイスワインとは?美味しい飲み方、おすすめのアイスワインまで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

TOP