【ソムリエ監修】オーストラリアワインを解説!おすすめ銘柄も紹介

2019/04/19
ワインの基礎知識

オーストラリアワインはリーズナブルなデイリーワインから、ペンフォールズやデ・ボルトリなどの有名ワイナリーまで様々な種類があります。

本記事では、オーストラリアワインの産地や品種に関する豆知識と、おすすめ銘柄10選を紹介します

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

[PR]
※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

オーストラリアのワインの特徴

オーストラリアはワイン大国で、ボトルのラベルにぶどうの品種を表示することを世界で初めて義務付けた国です。

この消費者重視の姿勢が、オージーワイン産業が成長した大きな要因になりました。

オーストラリアワインの歴史は200年と浅いものの、近代的なぶどう栽培や醸造技術を早くから取り入れ、良質のワインを生産しています。

特に、各地で開催されるワインコンペティションでメダルを獲得すると、そのボトルに受賞メダルのシールを貼って販売するショーシステムが特徴的。

日本ではコスパ抜群のお手頃価格ワインとして知られています。

ペンフォールズやジェイコブス・クリークなど、有名なワイナリーが多数存在しますよ。

 

オーストラリアワインの産地は大きく4つ

南半球にあるオーストラリアの季節は、日本とちょうど反対です。

熱帯から温帯にかけて広がり、地域によって気候風土に特徴があります。

その中でもオーストラリア屈指ワインを生産している有名な産地を4つご紹介します。

 

南オーストラリア州

オーストラリア最大のワイン生産地で、全産出量の約50%を占めています。

アデレード周辺には200を超えるワイナリーがあり、気軽にワインの試飲が楽しめますよ。

また、南オーストラリア州には主要なぶどう栽培・ワイン醸造研究機関も集まっており、質の高いワインがたくさん生まれている場所ですよ。

ニュー・サウス・ウェールズ州

オーストラリアワインの発祥の地として知られる歴史ある産地で、ハンター・バレーは白ワインの名産地として有名です。

家族経営のワイナリーが多く、オーガニックやビオディナミに特化した生産者も多いのが特徴。

伝統と新しい試みが融合したワインが楽しめます。

西オーストラリア州

西オーストラリアにおけるワイン醸造の歴史は40年と若いものの、150以上のワイナリーが存在し、高品質の赤ワインが評価されています。

小規模ワイナリーでも世界から注目されるワインが多く生産されており、特に赤ワイン好きにはおすすめの産地です。

ビクトリア州

ビクトリア州はオーストラリアのなかでもブドウ栽培が可能な数少ない地域です。

冷涼地での栽培に適した品種を使ったワインが特徴的で、小規模ワイナリーが多く、質を重視したワイン作りをしています。

特にビクトリア産のスパークリングワインは、ワイン初心者から愛好家まで幅広い層に人気ですよ。

 

オーストラリアワインは産地と品種で選ぼう

フルボディの赤が好きな人は、南オーストラリア州のワイン

オーストラリア産の赤ワインなら、バロッサ・ヴァレーのシラーズやクナワラのカベルネ・ソーヴィニヨンが人気です。

南オーストラリア州では豊かな土壌と気候の恩恵を受けて、深みのある赤ワインが数多く生産されてます。

特にバロッサ・ヴァレーは、シラーズの産地として名高い地域なので、赤ワインが好きな方は試してみるとよいでしょう。

白ワインが好きな人は、ニュー・サウス・ウェールズ州のワイン

ニュー・サウス・ウェールズ州を代表するワイン産地のハンターヴァレーは、オーストラリア最古のワイン生産地として有名です。

とくにハンターヴァレー産のシラーズを使った白ワインが人気なので、ぜひ試してみてください。

他にもセミヨンやシャルドネなど、シラーズ以外の品種も魅力的です。

高級志向の人は、西オーストラリア州のワイン

西オーストラリア州では、海に面したデンマークという街で作られるワインが注目されています。

カベルネ・ソーヴィニヨンやシラーズの赤ワインから、シャルドネやシュナン・ブランの白ワインまで、西オーストラリア産ワインはどれも高品質。

高級ワインを探している方におすすめです。

ユニークなワインを探している人は、小規模ワイナリーをチェック

オーストラリアは他国産ブドウ品種の採用や、寒い地域でのブドウ栽培など、革新的なワイン作りで有名な国です。

大手ブランドの「ペンフォールズ」や「ジェイコブス・クリーク」はもちろん人気ですが、一方で新進気鋭の小規模ワイナリーも高く評価されています。

珍しいワインを探している方は、小規模ワイナリーのワインにも目を向けるとよいでしょう。

オーストラリアワインのおすすめ銘柄9選


商品画像ペンフォールズ マックス・シラーズジェイコブス・クリーク シャルドネイエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨンシャンドン ブリュットイエローテイル シラーズカルロ ロッシ ダークジョージ ウィンダム ビン トリプルファイブ シラーズDBシラーズ カベルネディービー ファミリーセレクション トラミナー リースリング
商品名ペンフォールズ マックス・シラーズジェイコブス・クリーク シャルドネイエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨンシャンドン ブリュットイエローテイル シラーズカルロ ロッシ ダークジョージ ウィンダム ビン トリプルファイブ シラーズDBシラーズ カベルネディービー ファミリーセレクション トラミナー リースリング
詳細オーストラリア、フルボディ、サッポロビールオーストラリア、辛口/フルボディ、ペルノリカールオーストラリア、ミディアムボディ、サッポロビールオーストラリア、辛口/ミディアムボディ、MHDオーストラリア、フルボディ、‎サッポロビールオーストラリア、やや辛口/ミディアムボディ、‎サッポロビールオーストラリア、フルボディ、‎ペルノリカール
オーストラリア、辛口/ミディアムボディ、‎‎ファームストン
オーストラリア、甘口、‎ファームストン
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

オーストラリアワインの有名なワインメーカーはたくさんありますが、その中でも日本でよく見かけるブランドをご紹介します。

お手頃価格のものが多いので機会があれば是非お手に取ってみてください。

[PR]

フルボトル(750ml)の高級ワインには、

  •  ・高い
  •  ・飲み切るのが大変
  •  ・他と比較できない

という悩みがありますよね。
ホームワインは高級ワインが100mlで4本ずつ届くから、ワインの違いをわかりたい方にオススメ。本サイトの編集長ソムリエ佐々木が監修した学習コンテンツや、2023年にスタートしたソムリエによるコンシェルジュサービスも大人気。
ワインをもっと楽しむために、始めない理由がありません!▼

ホームワインを詳しく知る!

※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

ペンフォールズ マックス シラーズ

ペンフォールズ マックス・シラーズ

詳細情報
オーストラリア、フルボディ、サッポロビール

数々の賞を受賞しているペンフォールズの逸品。

アメリカンオークとフレンチオークの旧樽で12ヶ月熟成させたことで、深みのある風味と香りが引き立っています。

その中でも、土を思わせる香りと共に、力強いタンニンが口の中で広がります。

これぞ、真のワイン愛好者のための一本といえるワインです。

>>ペンフォールズの詳細はこちらの記事から

香りブラックベリー、カカオ
酸味★★★★☆
ボディ★★★★★
渋み★★★★★
佐々木
オーストラリアを代表するワインメーカーの看板銘柄がこちら。典型的なシラーズの味わいで、凝縮感ある甘みに香ばしさ、コクのあるボディが魅力的です。

ジェイコブス・クリーク シャルドネ

ジェイコブス・クリーク シャルドネ

詳細情報
オーストラリア、辛口/フルボディ、ペルノリカール

温暖と冷涼の異なる地域のブドウを組み合わせて生まれたこのシャルドネは、レモン、熟れた桃、メロンの香りが広がり、その中にほのかなオーク樽の風味が溶け込んでいます。

単体での楽しみはもちろん、野菜や魚、鶏肉のグリル料理との相性も抜群。

どんなシチュエーションでも楽しめる、バランスの良いワインの代表格です。

香り洋梨、シトラス
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
佐々木
ハイコスパなオーストラリアワインの代名詞的一本。オークのニュアンスも微かながら多少ありつつ、デイリーにピッタリな飲み飽きしないスタイルに仕上がっています。

イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン

イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン

詳細情報
オーストラリア、ミディアムボディ、サッポロビール

完璧な熟度になるまで待って収穫された果実から生まれたこのワインは、ブラックベリー、チョコレート、バニラの香りが立ち上り、その中にほのかなミントの風味が感じられる一本です。

口に含むと力強い酸味とともに、豊かなベリーの香りが広がります。

余韻は長く、柔らかな果実の味わいと滑らかなタンニンが心地よく残ります。

香り完熟したブルーベリー、メントール
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★★☆
佐々木
今やスーパーやコンビニで見かけない事はないほど根付いたイエローテイル。オフドライな仕上がりによる口当たりの良さと柔らかな果実味が特徴です。

シャンドン ブリュット

シャンドン ブリュット

「モエ・エ・シャンドン」の名は、シャンパーニュ愛好者の間ではお馴染み。

その名門がオーストラリアのヤラヴァレーで手がけたのがこのシャンドン ブリュットです。

フランス本家と同じ伝統的な製法を採用し、オーストラリア産のシャルドネ種とピノ・ノワール種を使用。

レモンやジャスミンの香りと、桃やナッツのフレッシュな風味が魅力の、正統派スパークリングワインです。

香り洋梨、トースト
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
オーストラリアの冷涼地域の中でもとりわけ高品質なことで注目を集めているヤラ・ヴァレー。名門メゾンが続々と進出するなか、今後のさらなる品質向上が期待できます。

イエローテイル シラーズ

イエローテイル シラーズ

詳細情報
オーストラリア、フルボディ、‎サッポロビール

完璧に熟した果実から生み出されるこのワインは、ベリーとバニラの芳醇な香りが特徴です。

口に含むと、果実の甘さと柔らかなタンニンが絶妙なバランスで広がります。

そして、その魅力的な味わいを包むのは、おしゃれなカンガルーのデザインのボトル。

イエローテイルのシラーズは味わいからパッケージまで、すべてが魅力的な一本ですよ。

香りベリー、黒胡椒
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
同シリーズのカベルネ・ソーヴィニョンと比べ、より果実味の甘さや余韻のチョコ感が感じられる一本。手軽にほんのり甘い赤ワインを楽しみたい方におすすめです。

カルロ ロッシ ダーク

カルロ ロッシ ダーク

詳細情報
オーストラリア、やや辛口/ミディアムボディ、‎サッポロビール

オーストラリアの温かな太陽の下で育ったカベルネ・ソーヴィニヨンを使用しており、フレッシュな果実の甘さが際立つワインです。

酸味は控えめで、どんな料理とも相性が良いので、毎日の食卓にもぴったり。

さらに価格がリーズナブルなので、普段使いにも最適ですよ。

来客用から毎日の晩酌まで、幅広く楽しめるワインです。

香りブラックチェリー、ユーカリ
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★★☆
佐々木
オーストラリアらしい明るい果実味と特徴的なユーカリを彷彿とさせる清涼感。デイリー用途からちょっとした集まりの時にも重宝します。

ジョージ ウィンダム ビン トリプルファイブ シラーズ

ジョージ ウィンダム ビン トリプルファイブ シラーズ

詳細情報
オーストラリア、フルボディ、‎ペルノリカール

国際的な評価を受けるワインコンクールで、南半球初の最優秀ワイナリー賞を受賞したジョージ ウィンダムが誇るシラーズです。

オーストラリア特有の土壌で育ったシラー種を100%使用し、その結果、タンニンが適度に感じられる濃厚で滑らかな味わいが生まれました。

ワイン愛好者なら、この深みとまろやかな余韻に魅了されること間違いなしです。

香りプラム、クローブ、チョコレート
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★★☆
佐々木
オーストラリアの本格的なシラーズワインを堪能したい方に、ぜひまずはおすすめしたい一本。深みとまろやかな味わい溢れるハイコスパワインです。

DBシラーズ カベルネ

DBシラーズ カベルネ

詳細情報
オーストラリア、辛口/ミディアムボディ、‎‎ファームストン

ワイン雑誌でそのコスパと味わいを称賛され、5つ星の高評価を受けたこのワインは、シラーズとカベルネ・ソーヴィニョンのブドウを絶妙なバランスでブレンドしています。

約4か月の樽熟成を経たスパイシーな香りと、樽醸造ならではの深いタンニンが特徴。

その深い味わいは、多くのワイン愛好者の心をつかんでいます。

香りブラックチェリー、黒胡椒
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★★★
佐々木
オーストラリアの黒ブドウを代表する2品種のブレンドにて仕上がった一本。程よい樽感も重なり、飲み心地の良い余韻へと続きます。

ディービー ファミリーセレクション トラミナー リースリング

ディービー ファミリーセレクション トラミナー リースリング

詳細情報
オーストラリア、甘口、‎ファームストン

オーストラリアを代表するワイナリー、デ・ボルトリ社が手掛けるこのワインは、英国バッキンガム宮殿でも愛されています。

優しい甘さと、その後に続くクリアな酸味が見事に調和しており、冷やして楽しむのがおすすめ。

手頃な価格でありながら、日経ワインスタイル・デイリーワイン金賞を受賞するなど、その品質は高く評価されています。

香り白桃、アカシアの蜜
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
リースリングの特徴がよく表現された高品質な仕上がり。フランスやドイツに続く、リースリングの一大産地として今後目が離せません。

オーストラリアワインを一度試してみよう

オーストラリアワイン

今回はオーストラリアワインの特徴とおすすめをご紹介しました。

オーストラリアワインはリーズナブルで親しみやすい一方で、非常に奥の深いワインです。

バラエティに富んでいますので手に取りやすいワインです。

オーストラリアは土地が広いので、同じ品種でも土壌によってワインの味わいが異なります。

各地域を旅して回るような気分で、自分に合ったオーストラリアワインを選んでみてはいかがでしょう。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】プーリア州のワインを徹底解説!産地や主要品種の特徴、選び方のコツもご紹介

プーリアは、イタリアの中でもワイン生産量が1、2を争う銘醸地です。海に囲まれ、地中海性の恵まれた気候の中で伝統的

【ソムリエ監修】南アフリカワインの特徴は?産地の特徴やおすすめ銘柄をご紹介!

南アフリカのワインはまだ日本ではあまり知られていませんが、世界からの注目度は抜群です。 ブドウ栽培に適した

【ソムリエ監修】メドック地区のワインとは?産地の特徴や歴史を解説

最高級の赤ワイン生産として名高いフランス・ボルドー地方のメドック。 メドックは赤ワインで有名ということは知って

【ソムリエ監修】モーゼルワインの人気おすすめ12選!特徴や品種も解説

モーゼルはドイツのワイン生産地の中で5番目の規模を持っており、かつもっとも古い産地であると言われています。

【ソムリエ監修】リオハワインとは?特徴や品種・人気銘などをご紹介

リオハはスペイン北部に位置する、スペインを代表するワイン産地。 土壌の違う地域のブドウをブレンドして造られ

【ソムリエ監修】トスカーナのワインを徹底解説!産地の特徴、品種、おすすめ銘柄を紹介!

トスカーナは、ピエモンテと並んでイタリアを代表するワイン生産地です。 キャンティ・クラシコをはじめとする高

【ソムリエ監修】ロワールのワインを徹底解説!産地、主要品種の特徴やおすすめ銘柄をご紹介!

フランスのロワールは、ロワール川という川の流域に広がる地域です。 川に沿って多くのワイン生産地があり、また

【ソムリエ監修】サン・テミリオンのワインを徹底解説!主要品種や格付け、有名銘柄を紹介!

ボルドー地方のサン・テミリオンは、高級赤ワインや、まろやかなタンニンと芳醇な味わいの白ワインを生産しています。

【ソムリエ厳選】アルゼンチンワインのおすすめ銘柄12選!産地や各ワインの特徴も解説!

アルゼンチンのワインというと、マルベックの赤ワインのイメージが強いですね。 ただ、アルゼンチンワインについて、

【ソムリエ監修】スペインワインを徹底解説!産地の特徴やおすすめの絶品銘柄をご紹介!

イタリアやフランスに並ぶ、ワイン大国であるスペイン。 ブドウの栽培面積は常に世界1~2位を争い、生産量は世

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP