【ソムリエ厳選】チリのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

2018/10/18
おすすめ白ワイン


ソース

チリワインと言えば安くて美味しいイメージで、今やコンビニでもよく見かけるワインです。

チリの白ワインのポテンシャルは大変高く、今後さらに期待ができます。

今回は隠れた魅力たっぷりのチリの白ワインに焦点をあてて、その素晴らしさとチリの白ワインおすすめ10選をご紹介します。


記事の執筆者

松本 真梨子

J.S.A認定ソムリエ

日本で8年間世界のお酒の販売に携わったのち、カナダへ渡り和酒及びナイアガラのワイナリーの営業を経験したり、「日本酒セラープロジェクト」にも携わる。現在はチリ・サンチアゴでワイナリーツアーやワインテイスティング講座などを企画。 ワイン資格以外 ・日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合(SSI)認定 唎酒師 ・ウィスキー文化研究所認定 ウィスキーエキスパート ・日本テキーラ協会認定 テキーラマエストロ

チリの白ワインとは

ソース

チリワインは栽培法や設備、様々な研究のおかげで、大変高品質なワインを生み出すことに成功しました。

冒頭でもお話ししたようにチリの白ワイン用ブドウの生産量は全体の25%と比率は低いですが、良質な白ワインが造られています。白ワインに最適な気候条件があるのはもちろんのこと、近年導入されたコンクリート・エッグと呼ばれる熟成タンクの導入により、味わいが更に深まり、注目度は高くなっています。

年々成長していくチリの白ワインに目が離せません。

チリの白ワインの特徴


ソース

チリの白ワインの特徴としてまずあげられるのが、「豊富な果実風味」でしょう。

チリのワイン産地は1年を通して日照時間が大変高いため、太陽の光を十分に浴びてブドウが育ちます。そして、昼と夜の寒暖の差が大変大きいため、ブドウの糖度が上がります。さらには年間を通して雨量が大変少なく、乾燥しているので、果実風味溢れるブドウが育ちます。

フランスの白ワインと比べると、同じブドウ品種の白ワインでもチリの白ワインの方がトロピカルな香りや熟成した果実の香りを感じやすくなります。

ソムリエおすすめ!チリの白ワインの選び方


ソース

チリの白ワインは果実風味の豊富さが特徴と話しましたが、その味わいや個性は色々異なります。今回は「品種」「産地」「予算」の3つのカテゴリーに分けて、チリの白ワインの選び方を伝授します。

品種で選ぶ

シャルドネ


ソース

フランスのブルゴーニュ地方で産まれた白ワイン用ブドウ品種で、世界で最も知られている白ワインのブドウ品種といっても過言ではないでしょう。多様な気候に対応できるブドウ品種ですが、特に冷涼な気候を好みます。

チリのシャルドネは、トロピカルフルーツのような果実風味、適度な酸味、丸みを帯びた印象を与えるものが多いです。

>>シャルドネのおすすめ白ワイン

ソーヴィニョン・ブラン


ソース

フランス西部が原産地の白ワイン用ブドウ品種で、柑橘系果実の風味と酸味、ハーブのような香りが特徴です。シャルドネに比べると温暖な気候を好みます。

チリで育ったソーヴィニョン・ブランは、グレープフルーツや青リンゴ、若めのパイナップルのような果実風味を主体としながら、ハーブやミネラルの香りを楽しむことができます。

>>ソーヴィニヨン・ブランのおすすめ白ワイン

リースリング


ソース

ドイツ原産のブドウ品種で、比較的世界中の寒冷な地域で栽培されています。甘口から辛口まで味の幅が広いのが特徴的です。

チリのリースリングは大きく分けて、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系果実が主体のものか、黄桃やパッションフルーツを思わせる濃厚な味わいが主体の2種類にわかれます。

>>リースリングのおすすめ白ワイン

ヴィオニエ


ソース

主にフランス・ローヌ地方で栽培されてるブドウ品種で、強い芳香性があり力強いワインに仕上がるのが特徴です。栽培が難しく十分に熟すために暑さが必要なブドウ品種です。

チリでは比較的新しく導入されたブドウ品種で、生産量は少ないです。アプリコットや黄桃、蜂蜜やオレンジの花のニュアンスがあります。

>>ヴィオニエのおすすめ白ワイン

セミヨン


ソース

フランスの南西部が原産地。ブドウの皮が薄いので、暑すぎる気候は適していません。

チリのセミヨンは、数は多くないですがスティルワインとして飲まれる他、極甘口のレイト・ハーベスト・ワインとしても使用されています。

>>セミヨンのおすすめ白ワイン

ゲヴェルツトラミネール


ソース

ドイツ原産のブドウ品種で、ゲウェルツとはドイツ語でスパイスという意味。ライチやトロピカルフルーツを主体とした果実風味で、スパイシーな香りが特徴的です。

チリでの生産量は少ないものの、ゲヴェルツトラミネールの特徴をよく表したものを見つけることができたり、極甘口のレイト・ハーベスト・ワインとしても使用されています。

>>ゲヴュルツトラミネールのおすすめ白ワイン

産地で選ぶ


ソース

チリの白ワインの産地で有名な場所は大きく分けて3つあります。

「カサブランカ・バレー」、「サン・アントニオ・バレー」、「クリコ・バレー」です。

それぞれの産地の特徴を探っていきましょう。

カサブランカ・バレー

カサブランカ・バレーは、内陸の首都サンティアゴと太平洋に面する世界遺産・バルパライソをつなぐ道の真ん中あたりに位置しています。

海に近いことから土にはミネラル分が含まれ、また寒流が通る太平洋からの冷涼な風のおかげで、白ワインに最適な土地として大変有名。カサブランカ・バレーで作られるソーヴィニョンブランやシャルドネは果実風味と酸味のバランスが大変素晴らしく、加えてミネラルや花の香りなども加わり、飲む人を飽きさせない味わいのものばかりです。

>>カサブランカのおすすめ白ワイン

サン・アントニオ・バレー

カサブランカ・バレーの南側に位置するサン・アントニオ・バレー。

太平洋に面している地域が大変広く、冷たい風と粘土質の土壌はワインにミネラル感を与え、爽快感溢れるワインい仕上がっています。ソーヴィニョン・ブランが有名で、前菜や魚介類に合わせやすいさっぱりとした癖のないものから、ワンランク上の複雑性のあるものまで、価格帯や銘柄で色々な白ワインを楽しむことができます。

クリコ・バレー

首都サンティアゴより195km南に位置する「クリコ・バレー」は、チリ最大のソーヴィニョン・ブランの栽培地として有名です。

昼と夜の寒暖の差が大変大きく、ジューシーな果実風味とキリっとした酸味が特徴的な白ワイン用ブドウがつくられています。

予算で選ぶ

安くて美味しいことで有名なチリワインは、1,000円台とは思えないような味わいのものがたくさんあります。1,000円台のチリの白ワインの場合果実風味と爽快感を両方楽しめるものが多いのが特徴です。

また、2,000円~5,000円の予算の場合は、複雑でリッチな味わいのものが多く、値段以上の価値があるものがたくさんあります。

ソムリエ厳選!チリのおすすめ白ワイン10選

デイリーワインにはコレ!予算2,000円

5位

ロスヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン

ボルドー格付け第一級シャトー・ラフィット・ロートシルトが手掛けるチリワイン。

カサブランカ・バレーとクリコ・バレーの契約ブドウ畑で栽培されたソーヴィニョンブランを使用しています。ソーヴィニョン・ブランの特徴である柑橘系の果実風味とハーブの香りがバランスよく、酸味とのバランスも二重丸。癖がないのでデイリーワインにぴったりの味わいです。

 

4位

エラスリス ブレンズ

1,240円 (税込)

詳細情報
チリ、 やや辛口、ヴィーニャ・エラスリス

世界のトップクラスのチリワイン「チャドウィック」で有名なヴィーニャ・エラスリスの白ワイン。クリコ・バレーにある自社畑のソーヴィニョンブランとシャルドネをブレンドしました。

トロピカルフルーツを主体とした果実風味の濃いシャルドネときりっとした酸が特徴的なソーヴィニョンブランが調和しています。爽やかでフレッシュな味わいが好きな人におすすめです。

 

3位

コノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバ

1,238円 (税込)

詳細情報
チリ、辛口/ミディアムボディ、スマイル

抜群のコストパフォーマンスで有名なコノスルのゲヴェルツトラミネールを使ったワンランク上のレゼルバシリーズ。

厳選された畑で栽培されているので、ライチを主体とした果実風味の他、バラやオレンジなどの花の香り、スパイスの香りなど、複雑性があります。中華料理やエスニック料理などとの相性が抜群です。

 

2位

モンテス・クラシックシリーズ

1,600円 (税込)

詳細情報
チリ、辛口/ミディアムボディ、エノテカ

モンテスはチリのプレミアムワインの先駆けで大変有名なワイナリーで、日本でもその名は知られています。

その中でもクラシックシリーズはコストパフォーマンスが大変高く、飽きがこない味わいです。グレープフルーツや青リンゴに加え、トロピカルフルーツの要素も加わった果実風味溢れる1本。程よい酸味と口当たりのまろやかさが加わったバランスの良いシャルドネです。飲む人を選ばない満足感が大変高い白ワインです。

 

1位

コノスル オーガニック シャルドネ

1,135円 (税込)

詳細情報
チリ、辛口/ミディアムボディ、スマイル

BCSエコに認定された有機栽培のシャルドネを100%使用したコノスルのオーガニックワイン。

ライムやグレープフルーツ、パイナップルの香りが主体となり、バランスの良い酸味とミネラルの香り、若干の花の香りを感じることができます。爽快感溢れながらも味の幅があり、余韻も楽しむことができるので、ワイン好きのデイリーワインとしておすすめです。

2000円以下!チリの白ワイン比較表

商品画像コノスル オーガニック シャルドネモンテス・クラシックシリーズコノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバエラスリス ブレンズロスヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン
商品名コノスル オーガニック シャルドネモンテス・クラシックシリーズコノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバエラスリス ブレンズロスヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン
価格1,135円(税込)1,600円(税込)1,238円(税込)1,240円(税込)1,282円(税込)
詳細チリ、辛口/ミディアムボディ、スマイルチリ、辛口/ミディアムボディ、エノテカチリ、辛口/ミディアムボディ、スマイルチリ、 やや辛口、ヴィーニャ・エラスリスチリ、辛口、サントリー
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

来客用やちょっとした贅沢に!予算2,000円~5,000円

5位

マテティック・EQ・シャルドネ

2,765円 (税込)

詳細情報
チリ、辛口、オンラインワインストアWassy's

サン・アントニオ・バレーのオーガニックワインで大変有名なワイナリーのプレミアムシリーズのシャルドネ。

マンゴーや熟したパイナップルなどのトロピカルフルーツの香りに加え、蜂蜜やバターなどのニュアンスもあり、大変リッチな味わい。酸味がしっかりあるので味が引き締まっているので、お食事との相性も抜群です。

 

4位

ヴィーニャ エラスリス アコンカグア コースタ ソーヴィニヨン ブラン

3,488円 (税込)

詳細情報
チリ、やや辛口、ヴィーニャ・エラスリス

1,000円台おすすめでもご紹介したヴィーニャ・エラスリスがアコンカグア・バレーのソーヴィニョン・ブランを使って醸した白ワイン。

レモンやグレープフルーツの果実風味に加えてパッションフルーツなどの濃厚な果実風味が主体となっています。酸味とミネラル感が加わり、アコンカグア・バレーの海側のテロワールを十分に楽しめる1本です。

 

3位

テロワール・ハンター

3,376円 (税込)

詳細情報
チリ、辛口/フルボディ、三国ワイン

チリのスパークリングワインで有名なウンドラーガが手掛けるプレミアムワインシリーズ「テロワール・ハンター(T・H)」。

ライムやグレープフルーツなど柑橘系の果実風味が凝縮し、まるで果実をそのまま食べているかのような感覚に。加えて、ハーブや青草の香りがうまく調和され、ソーヴィニョンブランの特徴がエレガントに表現されています。ワンランク上のチリのソーヴィニョン・ブランを楽しみたい人におすすめです。

 

2位

コノスル シャルドネ 20バレル リミテッド エディション

2,480円 (税込)

詳細情報
チリ、辛口/ミディアムボディ、スマイル

そんなコノスルの最高シリーズが「20バレル・リミテッド・エディション」。その名の通り、かつて厳選した20の樽のみの生産だったことに由来します。

黄桃、アプリコット、パイナップル、マンゴーなどの果実風味とヴァニラやナッツ、バターなどの香りが加わり、濃厚な味わいに仕上がっています。大変リッチな味わいで満足感に浸ることができます。

 

1位

モンテス アルファ スペシャル

3,726円 (税込)

詳細情報
チリ、辛口/ミディアムボディ、エノテカ

かの有名なモンテスの最高峰「モンテス・アルファ・スペシャル・キュヴェ」。

モンテス・アルファ・スペシャル・キュヴェのシャルドネは、コンポートにした洋ナシ、黄桃、パイナップル、バナナなどの果実風味が溢れ、キャラメルやヴァニラ、ヘーゼルナッツなどの複雑性が加わり、ボリューム感がありながら、しっかりとした酸でまとまっていて、満足感がありながら次の1杯を飲みたくなってしまうような味わいです。

ワイン好きの人への贈り物にしても恥じない1本です。

2000円~5000円!チリの白ワイン比較表

商品画像モンテス アルファ スペシャルコノスル シャルドネ 20バレル リミテッド エディションテロワール・ハンターヴィーニャ エラスリス アコンカグア コースタ ソーヴィニヨン ブランマテティック・EQ・シャルドネ
商品名モンテス アルファ スペシャルコノスル シャルドネ 20バレル リミテッド エディションテロワール・ハンターヴィーニャ エラスリス アコンカグア コースタ ソーヴィニヨン ブランマテティック・EQ・シャルドネ
価格3,726円(税込)2,480円(税込)3,376円(税込)3,488円(税込)2,765円(税込)
詳細チリ、辛口/ミディアムボディ、エノテカチリ、辛口/ミディアムボディ、スマイルチリ、辛口/フルボディ、三国ワインチリ、やや辛口、ヴィーニャ・エラスリスチリ、辛口、オンラインワインストアWassy's
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

チリの白ワイン まとめ

いかがでしたか?チリでは赤ワインと比べると生産量の少ない白ワインですが、色々な特徴があります。

他の国のワインとは異なる魅力を持つチリの白ワイン。ぜひご自宅やレストラン、贈り物に利用してくださいね!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ厳選】コスパ最強!チリのおすすめ赤ワイン10選!特徴や種類も解説

チリワインは2015年より3年連続で日本のワイン輸入量1位に君臨しています。 その理由は、価格が安いのに美味しいとい

【ソムリエ監修】ロス・ヴァスコスの種類や味を徹底解説!おすすめワインも紹介

ソース ロス・ヴァスコスはチリワインのパイオニアの一つです。 常に品質向上の努力を続けており、多くのファンを獲得し

【ソムリエ監修】コノスルを徹底解説!種類、価格、おすすめワインを紹介

ソース コノスルは人気急上昇中のチリワインです。1993年の設立から現在では、チリで第2位の輸出量になるなどの急成

【ソムリエ厳選】激安で美味しい!チリのおすすめスパークリングワイン10選

ソース コストパフォーマンスが高いことで知られているチリワイン。 今やレストランや居酒屋、スーパーやコンビニなど

【ソムリエ監修】サンタカロリーナを種類から価格まで解説!おすすめも紹介

ソース サンタカロリーナのワインは、チリワインの最高峰とも言われています。 カベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネな

【ソムリエ解説】白ワインの産地ごとの特徴!おすすめワインもご紹介

ソース 白ワインに興味を覚えても、種類が多過ぎてどう選べば良いのか迷ってしまいますよね。 最初は基本の品種と代表的

【ソムリエ監修】ドイツのおすすめ白ワイン20選を紹介!辛口から甘口まで

ドイツは白ワインの生産が大半で、世界的にも有名な白ワインの産地です。 皆さんもお店なので、ドイツの白ワインをよく見

【ソムリエ監修】ラツィオの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ラツィオ州はイタリア中西部に位置し、古くから首都ローマを中心に政治や経済、文化の中心地として栄えてきました。

【ソムリエ監修】ノース・コーストのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ソース ノース・コースト(North Coast)と言えば、カリフォルニアワインの中でも有名なワインとワイナリーが多

【ソムリエ監修】オーストリアのおすすめ白ワイン15選!選び方のコツも解説

ソース オーストリアは白ワインの生産が盛んで、固有種のグリューナー・フェルトリーナーをはじめとしてさまざまなタイプの

白ワインの選び方


特集記事

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

TOP