【ソムリエ監修】セミヨンの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

2018/10/17
おすすめ白ワイン

ソース

ボルドーの白ワインでおなじみのセミヨン。スッキリした味わいの爽やかな辛口ワインを作り出す品種です。そんなセミヨンは世界各地で栽培され、味わいも多種多様です。

「セミヨンを試してみたいけど、どれを選んだらいいのかわからない」

そこで今回はセミヨンについて、特徴からおすすめのセミヨンのワインまでご紹介します!

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

セミヨンとは


ソース

セミヨンはフランスのボルドー地方原産の、白ブドウ品種です。多く栽培されているのもボルドーで、甘口・辛口両方のワインの原料になっています。

酸味の少ないセミヨンは主にほかの品種にブレンドされますが、単一品種で貴腐ワインの材料にもなり、高級ワインが生産されています。

フランス以外で栽培されているのは、オーストラリア、南アフリカ、チリなど。オーストラリアではシャルドネに次いで多く栽培され、主にほかの品種とのブレンドで使われています。

それぞれの産地で造られるセミヨンはテロワールや醸造方法が異なり、ボルドーとはひと味違う味わいを楽しめるでしょう。

セミヨンの特徴


ソース

セミヨンとはどのような品種なのでしょうか?

その特徴を見ていきたいと思います。

品種について

セミヨンが最も多く栽培されているのは、原産地のボルドー地方です。セミヨンは病害に比較的強い品種なので、栽培しやすいのが特徴。安定して収穫することができます。

ボルドーでは、辛口と甘口の両方のワインが造られています。

セミヨンで造られた白ワインは香りが高く、ドライフルーツや洋ナシ、ハチミツなどのニュアンスを感じます。糖度が高く、酸味は控えめ。単一ではあまり個性がない品種で酸味も少ないことから、辛口ワインではほかの品種にブレンドされることがほとんどです。

早飲みでは地味な印象でも、長期熟成のポテンシャルは高く、10年以上熟成されるとコクのある深い味わいのワインに仕上がります。

また、セミヨンは皮が薄いため貴腐菌が付きやすく、ボルドーのソーテルヌ地区では世界最高峰の貴腐ワインが造られています。

セミヨンの白ワインの選び方


ソース

セミヨンの白ワインを選ぶときは、味わい、産地、予算をポイントにするのがコツです。

味わいで選ぶ

ソース

セミヨンは辛口、甘口の両方の原料になりますが、辛口ではソーヴィニヨン・ブランやミュスカデルとブレンドされることが多く、果実味のある爽やかな味わいのワインが造られています。

熟した洋ナシ、アカシアの花、ドライフルーツなどの香りが特徴で、繊細な味わい。

樹齢の多い古木で収穫量を抑えたセミヨンは味わいに厚みが出て、高品質な白ワインになります。さらに長期熟成させることで、コクのある奥行きの深い味わいが堪能できるでしょう。

セミヨンの本領が発揮されるのは、ボルドーのソーテルヌに代表される貴腐ワインです。黄金色に輝く色彩で、果実味が凝縮した濃厚な味わいを体験できるでしょう。

産地で選ぶ

ソース

セミヨンの白ワインは、主にフランスのボルドー、ソーテルヌ、バルザックで多く造られています。そのほかの国で栽培されているのは、オーストラリア、南アフリカ、チリなど。

オーストラリアや南アフリカでは19世紀の初めごろに栽培が始まり、一時は白ワインの代表的な品種になっていました。その後シャルドネなどが好まれるようになるとセミヨンの栽培は減少し、今では一部でブレンド用に栽培される程度です。

しかし栽培規模は減少したものの、オーストラリアやチリでは上質で美味しいセミヨンの辛口ワインや、品質の高い貴腐ワインが生産されています。

予算で選ぶ

ソース

セミヨンの白ワインは価格に幅があり、辛口ワインなら2,000円未満で品質の良いものが見つけられます。

日常使いのテーブルワインはこの範囲で探してみると良いでしょう。

セミヨンは産地によって味わいがさまざまなので、飲み比べてみるのも楽しいもの。この予算の範囲なら、いろいろと試せそうですね。

大切な人へのプレゼントやお祝いの席などには、2,000円以上の予算で良いものが見つけられるはずです。

極上の貴腐ワインなどは数万円するものもありますが、一部を除けば5,000円までの範囲で十分な品質の白ワインが探せるでしょう。

セミヨンのおすすめ白ワイン10選

それではさっそく、厳選したセミヨンの白ワインを10本、ランキングでご紹介しましょう!

日常使いにおすすめ!2,000円未満ベスト5

5位

ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルド- レゼルブ スペシアル


ボルドーのアントゥル ド メーヌ地区で選び抜いたセミヨンとソーヴィニヨン・ブランをブレンドしています。

グレープフルーツ、ライムなどの柑橘系果実の香り。スッキリした酸味と、蜜のような優しい口当たりにミネラルのニュアンスが絡み合います。ふくらみある柔らかい後味を楽しむことができ、魚介類を使った料理によく合うでしょう。

コスパ抜群の1本。ボルドーの伝統的ワインをカジュアルに楽しみたい人におすすめです。

 

4位

シャトー ロック ド マンヴィーユ キュヴェ レ トゥレル

1,121円 (税込)

詳細情報
フランス、辛口、徳岡

2016年ジルベール&ガイヤール・インターナショナルコンクール金賞の、実力派ワインです。

粘土石灰質土壌で栽培されたソーヴィニヨン・ブランとセミヨンをブレンド。ミネラル感溢れるワインに仕上がっています。

柑橘系果実と花の入り混じった複雑さのある香り。いきいきとしたフレッシュな酸に、レモンや桃の果実味が絶妙なバランスをとっています。

格安なのに品質は確か。テーブルワインにも高いクオリティを求めたい人はぜひどうぞ。

 

3位

アルベール・ビショー コート・ド・デュラス ブラン

1,549円 (税込)

詳細情報
フランス、辛口/ミディアムボディ、メルシャン

アルベール・ビショーは、ブルゴーニュで6世代にわたりワイン造りを行う伝統的な名門ワイナリーです。

セミヨンとソーヴィニヨン・ブランをブレンド。薄い黄金色で、レモンやハーブの香りが爽やかです。スッキリしたキレ味を持つ、軽やかな辛口ワインです。魚介類、白身の肉によく合うでしょう。

クセがなく、毎日飲んでも飽きない美味しさ。爽やかな辛口が好きな人におすすめです。

 

2位

シャトー・ボネ・ブラン

1,944円 (税込)

詳細情報
フランス、辛口/ミディアムライト、シャトー・ボネ

シャトー・ボネは、ボルドー・アントル・ドゥー・メール地区にあるワイナリー。ボルドーの「帝王」と呼ばれるアンドレ・リュルトン氏が、1956年に祖父から引き継いだものです。

セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデルをブレンド。非常に淡い黄色で、エキゾチックなフルーツとシトラスの香りが溢れます。クリーミーな口当たりで、新鮮な果実味溢れる辛口。長い余韻が続くでしょう。魚介料理や、和食にもよく合います。

ボルドーの伝統的な白ワインが手頃な価格で味わえる、お得感いっぱいのワイン。テーブルワインだけではもったいない、週末のゆっくりした時間にじっくり味わいたい1本です。

 

1位

ウルラ セミヨン ソーヴィニヨンブラン

1,720円 (税込)

詳細情報
オーストラリア、辛口/ミディアムボディ、ファームストン

西オーストラリア州のマーガレットリヴァー地区で造られた白ワインです。

セミヨンとソーヴィニヨン・ブランをブレンド。緑がかった薄いレモンのような色彩で、白い花と新鮮なキウイフルーツや、トロピカルフルーツを思わせる爽やかな香りがします。

フレッシュな酸味と、イキイキとしたパッションフルーツや穏やかな青草の風味が特徴。キメの細かい後味が印象的です。魚介の天ぷらなどに合わせてどうぞ。

スッキリした飲み口は、毎日飲んでも飽きない美味しさ。ボルドーとはひと味違ったオーストリアのセミヨンを味わいたい人は、ぜひお試しください。

2,000円未満!セミヨンの白ワイン比較表

商品画像ウルラ セミヨン ソーヴィニヨンブランシャトー・ボネ・ブランアルベール・ビショー コート・ド・デュラス ブランシャトー ロック ド マンヴィーユ キュヴェ レ トゥレルドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルド- レゼルブ スペシアル
商品名ウルラ セミヨン ソーヴィニヨンブランシャトー・ボネ・ブランアルベール・ビショー コート・ド・デュラス ブランシャトー ロック ド マンヴィーユ キュヴェ レ トゥレルドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルド- レゼルブ スペシアル
価格1,720円(税込)1,944円(税込)1,549円(税込)1,121円(税込)1,671円(税込)
詳細オーストラリア、辛口/ミディアムボディ、ファームストンフランス、辛口/ミディアムライト、シャトー・ボネフランス、辛口/ミディアムボディ、メルシャンフランス、辛口、徳岡
フランス、辛口
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

プレゼントや来客のある日に2,000円~5,000円ベスト5

5位

ベサニー セミヨン

2,595円 (税込)

詳細情報
オーストラリア、辛口/ライトボディ、明治屋

ベサニーは、オーストラリアワインの銘醸地・バロッサヴァレーで最古と言われる家族経営のワイナリーです。

国内で数々の賞を受賞した実力派ワイン。樹齢70年の古木から収穫したセミヨンを100%使用しています。

鮮やかな黄色の色彩で、蜂蜜やオレンジマーマレードなどの香り。レモンのような爽やかな果実味は、料理の味をよく引き立てるでしょう。

大切な来客のもてなしやお祝いの席に、豪華な演出をしてくれる高品質な白ワインです。

 

4位

ノーブル・ワン ボトリティス・セミヨン

2,913円 (税込)

詳細情報
オーストラリア、甘口/フルボディ、ファームストン

セミヨン100%で造られた、オーストラリアの代表的な貴腐ワインです。

光沢のある黄金色。ネクタリンやアプリコット、華やかな花の香りが溢れています。ハチミツや上品なバニラのニュアンスも感じられる、非常に魅力的なアロマ。

コクのある甘さはハチミツのようで、高い酸味がバランスをとっています。ピーチのような豊かな果実味と、クリーミーな触感。溶け込んだバニラの風味が複雑味を作り、長い余韻が続くでしょう。

ソーテルヌであれば手が出ないくらい高価な貴腐ワインが、手頃な価格で味わえるのは嬉しいもの。

ソーテルヌの貴腐ワインと飲み比べてみるのも面白そうですね。

特別な日のデザートワインに、ぜひどうぞ。

 

3位

シーブリッツクルーフ・セミヨン2016 デイビット&ナディア

3,888円 (税込)

詳細情報
南アフリカ、辛口/ミディアムボディ、デイビット&ナディア
南アフリカのスワートランドで生産された、セミヨン100%の白ワインです。デイビット&ナディアは注目の「新世代」生産者で、スワートランド・インデペンデント・プロデューサーズのメンバーの自然派ワイナリー。

樹齢40〜50年の古木で収穫されたセミヨンを使っています。

柑橘類やハーブなどの香り。柔らかく豊かな酸味と凝縮した果実味がある、やや濃厚な味わいです。ふくよかでほど良い厚みのあるボディ。ブドウのナチュラルな味わいが楽しめ、エレガントなフィニッシュが印象的です。

シーフードやサーモン料理、バーニャカウダーなどに合わせてどうぞ。

少量生産で希少価値の高い白ワイン。南アフリカのセミヨンを堪能したい人におすすめです。

 

2位

バルディビエソ エクラ ボトリティス セミヨン [2013]

2,085円 (税込)

詳細情報
チリ、極甘口、バルディビエソ

チリの名門ワイナリー・バルディビエソが樹齢48年の古木から生み出す、贅沢な貴腐ワインです。

凝縮したアロマが香り立ち、柑橘果実、熟した白桃、アプリコットなどのフレーバーが溢れています。同時にほんのりとしたフローラル系のニュアンスも感じられるでしょう。口に含むと非常に爽やかで、リッチな果実味が広がります。

しっかりとした骨格に、エレガントで複雑な味わい。甘い余韻が長く続くでしょう。

珍しいチリの貴腐ワイン。品質は確かなのに、テーブルワイン並みの価格で驚きます。

ソーテルヌやオーストラリアとはまた違った極上の味わいは、試してみる価値あり。プレゼントにしても喜ばれるでしょう。

 

1位

シャトー・ディケム 2008

41,800円 (税込)

詳細情報
フランス、甘口、シャトー・ディケム

1855年の格付けで、ソーテルヌから唯一特別第1級に格付けされたシャトーです。世界最高峰と評価されている貴腐ワイン。セミヨンを主体に、ソーヴィニョン・ブランがブレンドされています。

2008年は涼しく日照に恵まれたため、アロマとフェノール類が詰まった良質のブドウが収穫できています。収穫量は少なかったものの、しっかりとしたストラクチャのワインができあがりました。

穏やかな樽の香りと濃縮ジャムのような果実味が混ざり合い、燻したような独特なエキゾッチックな香りがします。強い樽香があり、素晴らしく豊かな味わい。

予算の5,000円は大幅に超えてしまいますが、価格に見合う品質であることは、飲んでみるとすぐにわかります。

大切な人へのプレゼントに最適です。お祝いの席や記念日のテーブルに添えれば、素晴らしい演出になるでしょう。自分へのご褒美にも、ぜひどうぞ。

2,000円~5,000円!セミヨンの白ワイン比較表

商品画像シャトー・ディケム 2008バルディビエソ エクラ ボトリティス セミヨン [2013] シーブリッツクルーフ・セミヨン2016 デイビット&ナディアノーブル・ワン ボトリティス・セミヨンベサニー セミヨン
商品名シャトー・ディケム 2008バルディビエソ エクラ ボトリティス セミヨン [2013]シーブリッツクルーフ・セミヨン2016 デイビット&ナディアノーブル・ワン ボトリティス・セミヨンベサニー セミヨン
価格41,800円(税込)2,085円(税込)3,888円(税込)2,913円(税込)2,595円(税込)
詳細フランス、甘口、シャトー・ディケムチリ、極甘口、バルディビエソ南アフリカ、辛口/ミディアムボディ、デイビット&ナディアオーストラリア、甘口/フルボディ、ファームストンオーストラリア、辛口/ライトボディ、明治屋
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

セミヨンの白ワイン まとめ

セミヨンの白ワインを10本、厳選してご紹介しました。フランスのボルドーを中心に世界的に栽培されているセミヨンは、辛口、甘口に極甘口の貴腐ワインと、バラエティに富んでいます。

産地やブレンドの配合によって味わいも異なるので、いろいろ飲み比べてみるのも楽しいですね。価格も幅広いので、まずは手頃なテーブルワインから試してみるのもいいでしょう。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>白ワインのぶどう品種一覧

     

関連記事

【ソムリエ監修】辛口から甘口まで!リースリングの特徴とおすすめ白ワイン15選を紹介!

みなさんはリースリングをご存知でしょうか?ドイツをはじめ、世界各地で栽培されている白ワイン品種です。土壌や気候の影響

【ソムリエ監修】アルバリーニョの白ワインおすすめ10選! 選び方のコツも解説

ソース みなさんはアルバリーニョをご存知ですか?あまり聞いたことがない人が多いかもしれませんね。 実はこのアルバリ

【ソムリエ監修】ガルガーネガの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ガルガーネガは、主にイタリアのヴェネト州で栽培されている品種です。「ソアーヴェ」というDOC(原産地呼称)

白ワインのぶどう品種一覧!20種類をソムリエが解説!

ソース 白ワインが好きなんだけど、気が付くといつも同じワインばかり飲んでいる、なんていうことはありませんか? 気分

【ソムリエ監修】甘口から辛口まで!シュナン・ブランの特徴、おすすめ白ワイン15選を紹介

シュナン・ブランというブドウ品種をご存知でしょうか。 シュナン・ブランを使い、産地や醸造によりスパークリングワイン

【ソムリエ監修】日本初の世界品種! 甲州の特徴とおすすめ白ワイン15選を紹介

ソース 皆さんは甲州品種のワインを飲んだことがありますか? 甲州品種のワインは近年国際的にも高い評価を得ています。

【ソムリエ監修】パロミノの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース みなさんはパロミノをご存知ですか?シェリーというお酒に使われるぶどうといえば分かりやすいかもしれないですね。

【ソムリエ監修】豊かなアロマ!ヴィオニエの特徴、おすすめ白ワイン15選を紹介

ソース 「ヴィオニエ」という品種をご存知ですか。シャルドネやソーヴィニヨン・ブランほどメジャーではありませんが、世界

【ソムリエ監修】イタリアの白ワイン品種!コルテーゼの特徴とおすすめ白ワイン10選を紹介!

ソース イタリア・ピエモンテ州の代表的な白ワイン「ガヴィ」の原料で知られる品種が、コルテーゼです。 コルテーゼ1

【ソムリエ監修】アリゴテの白ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

ソース アリゴテと聞いて、ぱっと味わいが浮かぶ人も少ないのではないでしょうか。 実はこのアリゴテ、現在価格沸騰中のブ

白ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介