【ソムリエ監修】 ピエモンテのおすすめ白ワイン15選!特徴と選び方のコツも解説

2019/04/16 イタリア

トスカーナに並ぶ高級ワインの産地であるピエモンテ。

赤ワインのバローロやバルバレスコが有名ですが、高品質な白ワインも数多くあります。

今回は、ピエモンテの白ワインの特徴から、おすすめのワインまでご紹介します。

記事の監修者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。



ピエモンテの白ワインの特徴

ピエモンテ州は、スイスとフランスに接するちょうどアルプス山脈の麓にあるイタリア北部の州です。

D生産量の80%以上をD.O.Pワインが占める高品質なワイン産地です。

ワイン生産地として有名なのは、ランゲ地区やロエロ地区、アスティ地区、ガヴィ地区などです。

 

ピエモンテの気候

気候は大きく分けて平野と山岳部に分けられます。平野部は大陸性気候に属し昼夜、夏場と冬場の気温の差が激しくなります。

山岳地帯は夏場でも涼しい代わりに、冬は厳しい寒さとなります。

 

ピエモンテの土壌

ピエモンテを代表するランゲ地区は、主に石灰と粘土質の土壌です。それによりミネラル分を多く含むキリッとした酸のある白ワインに仕上がります。

一方、ロエロ地区は石灰と砂質の土壌のため、優しい口当たりにエレガントな酸味のワインに仕上がります。
近年の注目品種であるアルネイスが多く栽培されています。

 

代表的白ワイン品種

ピエモンテは固有品種による単一ワインが多いです。使用される代表的な品種をご紹介します。

 

コルテーゼ


ピエモンテのアレッサンドリア原産と言われる品種で、ピエモンテを中心にロンバルディア州やヴェネト州で栽培されています。

基本的には単一種にて醸造される品種です。

柑橘系果実のフレッシュですっきりとした味わいで、アルコール度数はやや低め、酸とのバランスが素晴らしいドライなワインに仕上がります。

 

モスカート ・ビアンコ

フランスではミュスカと呼ばれる品種です。みずみずしい果実感のある味わいが特徴です。

マスカットブドウそのものの香りや、メロンや黄桃などの香りもある早飲みタイプのワインです。

ピエモンテではアスティの品種として有名です。

 

アルネイス

ピエモンテ州ロエロ原産の白ブドウ品種で、熟しやすい傾向がある為栽培が難しいとされている品種です。

第1の特徴に、品種由来の香りとして、アーモンドのニュアンスがあります。

アプリコットや洋梨、オークの風味も感じられるしっかりとした味わいのタイプと、爽やかでフルーティなタイプとがあり、一部ではパッシートと呼ばれる甘口のワインも生産されます。

ピエモンテの白ワインは格付けで選ぶ

 

ピエモンテの白ワインを選ぶなら、格付けで選ぶのがおすすめです。

ガヴィ DOCG

ワインの特徴

コルテーゼを100%使用の規定がある辛口ワインです。

スッキリした酸に、石灰質土壌特有のミネラリー感がしっかりと感じられるのが特徴です。

グレープフルーツなどの柑橘系のアロマにフローラルやハーブ系の香りも感じられシャープな味わいのワインです。
造り手にもよりますが、多くは早飲みタイプです。

 

おすすめのマリアージュ

郷土料理であるバーニャカウダと合わせるのが一般的と言われています。

またアクアパッツァ、カラマリのフリット、パスタならマーレビアンコ(シーフードの白ワインソース)と大変相性が良いです。
更に和食とも幅広くマリアージュを愉しめます。白身や青魚のシンプルな塩焼きにはガヴィがぴったりです。
生がきや、白身魚の刺身やにぎりとも相性抜群です。

 

ロエロ アルネイス DOCG

ワインの特徴

アルネイスを100%使用した豊かな果実味と、石灰質土壌由来のミネラル分を感じるワインです。酸味はエレガントで優しい口当たりが特徴です。
ヘーゼルナッツやアプリコット、桃、レモンのような豊かな香りに、アルネイス特有のアロマとしてアーモンドのニュアンスが挙げられます。

 

おすすめのマリアージュ

シーフード系又は卵を使用したのアンティパスティや野菜のせいろ蒸し、カルパッチョ、塩でシンプルに味を整えたチキンのグリルなどとマリアージュを愉しめます。
意外なところでは小籠包や春巻きなどとも合います。

 

アスティスプマンテ DOCG

ワインの特徴

アスティスプマンテは日本で最もポピュラーなスパークリングワインで、モスカートビアンコ100%です。
品種由来の爽やかなマスカットの香りが特徴で、他の発泡性ワインでこの香りを感じることはありません。

アルコール度数が低めでフルーティな味わいに優しい甘さは、お酒が苦手な方にも受け入れやすいワインです。

 

おすすめのマリアージュ

伝統的にプロシュートとの相性が良くイタリアで親しまれています。

また、マチェドニアにアスティを少し加えて愉しむのも一般的です。季節のフルーツをたっぷり使用したタルトやチーズケーキとも大変好相性です。

 

ピエモンテのおすすめ白ワイン15選

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。

ホームワインを詳しく見る

※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

日常使いにおすすめ!予算2,000円ガヴィベスト5

ガヴィは、高いものでも5,000円代までが主流です。
日常使いであれば、2,000円未満の予算でも美味しいガヴィに出会うことができます。

5位

アルテロッケ ビアンケ ガヴィ


すっきりとした酸味と、白花の香りをほのかに感じる白ワイン。塩気を感じるミネラル感、わずかな苦味が余韻として残ります。

ドライな味わいは、魚介類との相性抜群です。ガヴィを飲んだことのない方に飲んで欲しいワインです。

 

4位

テヌータ サン ピエトロ ガヴィ


生産者の「テヌータ・サン・ピエトロ」は、オーガニックワインを生産するワイナリーです。

リンゴや黄桃のような香りと、ほどよいミネラル感があるワイン。食前酒として、または魚介類の料理と合わせるとよいでしょう。

 

3位


このワインは、キュートなラベルが世界中で人気があるスパークリングワイン「天使のアスティ」を生産しているサンテロ社が造っています。

穏やかで程よい酸味は、シーフード料理とよく合います。

 

2位

ガヴィ デル コムーネ ディ ガヴィ

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、フードライナー

なしやリンゴを思わせる果実味と、ミネラル感のバランスがよいワインです。すっきりとした酸味があるので、鶏肉料理やクリーム系の料理とよく合います。

 

1位

イル ポッゾ ガヴィ ディ ガヴィ


「ガヴィ ディ ガヴィ」とは、ガヴィ市で造られたガヴィであることを強調したもの。冷涼と土地で栽培されたコルテーゼは、フレッシュな味わいとデリケートな香りが特徴です。

青リンゴやレモンの香りとミネラル感を味わうことができ、ほどよい爽やかな酸味と後に残るかすかな苦味が魚介類との相性抜群です。生ガキにもよく合います。

飲みやすさ抜群アスティ・スプマンテ2,000円未満

甘口のスパークリングワイン「アスティ・スプマンテ」は日本でも人気があります。
日常使いのものであれば、2,000円未満でも飲みやすいものを探すことができますよ。

5位

ガンチア・アスティ・スプマンテ


1865年にイタリアで初のスパークリングワインを生産したガンチアのアスティです。自社の畑と契約農家で栽培されたモスカートを使用して造られた甘口のスパークリングワインは、世界中で人気があります。

 

4位

マルティーニ アスティ スプマンテ


1863年に創業されたマルティーニが生産するスパークリングワインは、欧米諸国で高いシェアを誇ります。

モスカート・ビアンコ種の持つフルーティーな香りと味わいを感じることができる1本です。

 

3位

フォンタナフレッダアスティ パレット


完熟したマスカットの香りと、気品のある甘さが口の中に広がるスパークリングワインです。デザートワインとしておすすめしたい1本。

 

2位

アリオネ アスティ・スプマンテ


1871年に家族8人で始めたアリオネ ・エステートは、伝統を守りつつ最新技術を取り入れながら上質なワインを生産し続けています。マスカットの香りとほどよい甘みに、フレッシュな酸味が魅力。

 

1位

サンテロ 天使のアスティ


ジャパン・ワイン・チャレンジ2007で金賞を受賞した、日本でも人気が高いスパークリングワイン。マスカットの香りと優しい味わいは、世界中で愛されています。

サンテロ社は、質のよいブドウを収穫できるよう、契約農家の技術向上のためのサポートも怠りません。契約農家との信頼関係が強く、高品質のスパークリングワインを生産しています。

甘くてしあわせなモスカート・ダスティ!予算3,000円ベスト5

ピエモンテ産の白ワインは、コスパに優れているものが多いため、3,000円までの予算でもさまざまなモスカート・ダスティを選ぶことができます。

5位

レチェット モスカート ダスティ

詳細情報
イタリア、甘口/ミディアムボディ、サントリー

「最上の畑で、最上の酒を作る」というポリシーでワイン造りをしている名門ワイナリー「チェレット社」が手がけています。

 

4位

モスカート・ダスティ・ヴィッキア・ストーリア 2013年


ブドウの甘い香りと微発泡の泡が心地よいスパークリングワインです。爽やかな酸味があるため、後味もすっきりとしています。

 

3位


ピエモンテで100年以上の歴史を持つ「アンティノリ」が手がける微発泡の白ワインです。

アカシアの蜂蜜のような香りとムスクの香りを感じることができます。クッキーやビスケットとワインのマリアージュをお楽しみください。

 

2位

モスカート・ダスティ・ヴィッラ・ヨランダ 2017年


このワインを手がける「サンテロ社」は、アスティで代表的な生産者として知られてます。

冷たく冷やすと、マスカット種特有の甘い果実の香りと炭酸によるフレッシュ感を味わうことができます。暑い夏にキリッと冷やして飲んで欲しい1本です。

 

1位

ガンチア・モスカート・ダスティ


ジャパン・ワイン・チャレンジは、2018年で21回目となるワイン審査会で、毎年世界中から1,700種類を超えるワインがエントリーされるアジア最大のワイン評価会です。

ガンチア・モスカート・ダスティは、2016年大会で金賞受賞。「ガンチア」は、世界中で愛されている「アスティ・スプマンテ」を最初に生産した会社として知られています。

微発泡で甘口の味わいは、ケーキやアイスなどのドルチェと相性がよいといわれています。

ピエモンテ白ワインまとめ

ピエモンテ州は、トスカーナ州と並びイタリアを代表する銘醸ワインの生産地で、ランゲ・ロエロ・モンフェッラートのブドウ畑を含む景観は、2014年にイタリア50番目の世界遺産として認定されました。

「スローフード」発祥の地であるピエモンテ州では、もともと食べ物を生活の中心ととらえ、家族で食事を取ることを大切にし、生産者や調理者へ常に感謝の気持ちが強い地域です。

ワインと食事は切っても切れない関係です。この州で高品質なワインが多く生産されているのは、ピエモンテの人々の食べ物に対する考え方が影響しているのかもしれませんね。

ピエモンテで生産される白ワインやスパークリングワインは、高品質ながら比較的価格が抑えられたものが多くそろっています。スローフードの考えを意識しながら、ピエモンテのワインと料理を楽しんでみてはいかがでしょう。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】プーリアのおすすめ白ワイン10選!特徴から選び方のコツも解説

イタリアで第2のワイン生産量を誇るプーリアのワインは、すっきりとした辛口ワインが代表的。軽やかな飲み口で料理にも

【ソムリエ監修】ロンバルディアのおすすめ白ワイン5選!選び方のコツも解説

ロンバルディアはイタリア北部最大の都市ミラノがある州です。 チーズのゴルゴンゾーラやミラノ風カツレツなど、

【ソムリエ監修】ヴェネトの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ワイン大国イタリアの中で、生産量1位を誇るのがヴェネトです。 特に、白ワインがその約70%を占める白ワイン

【ソムリエ監修】リグーリアの白ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

リグーリアはイタリア北西部に位置する州です。 オリーブオイルの産地としても知られており、これは郷土料理にも

【ソムリエ監修】マルケのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

マルケはイタリアの中東部にある州で、東にアドリア海、西にアペニン山脈がある土地です。 東西に海と山があるた

【ソムリエ監修】サルデーニャのおすすめ白ワイン10選!特徴から選び方のコツを解説

イタリア半島に西に浮かぶサルデーニャ島。 ワインの産地としては、日本ではあまり知らない人が多いと思います。

【ソムリエ監修】シチリアのおすすめの白ワイン10選!特徴と選び方のコツも解説

シチリアは、ヴェネト、プーリア、エミリア・ローマニャと産出量No.1を常に争っているワインの名産地。 生産

【ソムリエ監修】イタリアのおすすめ白ワイン20選!特徴と選び方から解説

ここ最近のワインの生産量世界一といえば、フランスを抑えてイタリアです。 そのため種類も多く、どのワインを選

【ソムリエ厳選】トレンティーノ・アルト・アディジェのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

イタリアは、近年フランス・スペインとともに世界屈指のワイン生産国の一角を占めているワイン大国です。 州ごと

【ソムリエ監修】トスカーナのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

トスカーナはピエモンテと並び、イタリアを代表するワイン醸造地のひとつです。 伝統的な産地ながら格付けにとら

【ソムリエ監修】フォンタナフレッダのワインおすすめ5選

  フォンタナフレッダは、王のワインと言われるイタリアワイン「バローロ」の代表的造り手で、世界にその名を

【ソムリエ監修】ピエモンテワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

ピエモンテはトスカーナと並ぶイタリアを代表する銘醸地です。 イタリアで最も格付けワインが多く、バローロ、バ

白ワインの選び方

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP