【ソムリエ監修】フルミントとは?特徴からおすすめ15選を紹介

2019/04/15
おすすめ白ワイン

【ソムリエ監修】フルミントとは?特徴からおすすめ15選を紹介
フルミントは、世界三大貴腐ワインであるハンガリーのトカイワインの原料として有名です。

デザートワインから辛口の食中酒まで、多彩な味わいが楽しめます。

今回はそんなフルミントを使った白ワインについて、特徴から厳選おすすめワイン15選を紹介していきます!


記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/



フルミントとは?

フルミント
フルミントとは、白ワインに使用される白ブドウ品種の名前です。

品種の特徴や生産される地域から貴腐ワインに使用される品種としても知られています。

ここではそんなフルミントについて、詳しく解説していきます。

 

品種の特徴

フルミントの特徴は、「成熟の遅い晩成品種であり、貴腐菌が付きやすい品種であること」「主にハンガリーのトカイワインに使用されていること」の2つが挙げられます。

主要の生産地はハンガリー、スロヴァキア、オーストラリアで、中でもハンガリーとスロヴァキアにかかるトカイと呼ばれる地域でさかんです。

果実自体は果皮が薄く、緑がかった黄色をしており、若い頃は高い酸と糖度が特徴的で長期熟成にも適します。

熟したリンゴのような豊かな芳香が香り、単一品種のワインで使用されることも多いです。

 

世界三大貴腐ワイン「トカイワイン」の主要品種

フルミントを使用したワインで最も有名なのが、世界三大貴腐ワインの一つである「トカイワイン」です。

トカイワインとは、ハンガリーのトカイ地方で生産されるワインのこと。

中でも貴腐ワインという、貴腐菌(ボトリティス・シネレア)の影響を受け、糖度が凝縮したブドウを使用して作る甘口ワインが多くを占めます。

 

ルイ14世からも称賛を受けた

トカイ地方の自然条件は貴腐ブドウを作る奇跡の条件を満たし、一説によるとトカイ地方では1500年代からフルミントを使った極甘口のトカイワインを醸造してきたそうです。

さらにフルミントから造られるワインは、かのルイ14世から「ワインの王であり王のワイン」と賞賛されたことでも知られています。

フルミントはこのトカイワインで主に使用される品種であり、100%使用または70~80%使用など大きな割合を占めます。

 

貴腐ワインについて詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください!
>>貴腐ワインを詳しく見る

 

辛口のワインも優秀

「トカイのフルミントワイン=極甘口」という印象が強いのですが、決して甘口ばかりではありません。

最近ではハンガリー国内のワイナリーにもフランスなど国外の醸造技術を取り入れる流れがおきており、フルミントを使った良質な辛口白ワインを醸造するワイナリーが増えています。

フルミントの辛口白ワインは若々しく、酸味のあるすっきりした味わいが楽しめます。

 

フルミントの白ワインの選び方

では、実際にフルミントの白ワインを選ぶ際には何を基準にしたら良いでしょうか?

ここでは、選ぶ際の基準として「味わい」「格付け」「予算」の3つに分けて解説していきます!

 

味わいで選ぶ

フルミントの白ワインは、まず甘口・辛口といった味わいで選ぶのがシンプルでおすすめです。

フルミントを使うワインといえば、貴腐化したフルミントで造る極甘口のデザートワイン。

特に世界中のワインマニアから絶賛されるトカイ地方産のデザートワインは、特別な人と過ごす大切な時間にゆっくり味わいたいですね。

もちろん良質の辛口ワインもお忘れなく。

フルミントのドライは梨やライムの爽やかな香りが特徴で、食中酒として楽しむことができます。

 

格付けで選ぶ

フルミントの白ワインで最も有名なトカイの貴腐ワインには、原料の配分を基準とする格付けが定義されています。

一般的にトカイの貴腐ワインと呼ばれるものは「トカイ・サモロドニ」「トカイ・アスー」「トカイ・エッセンシア」という名のつく商品。

定義の違いは主に残糖度で、この値が高いほど価格は高価になります。

 

詳しい違いはこちら。

表記名残糖度特徴
トカイ・エッセンシア450g/L貴腐化したブドウ(手摘み)のみを使用して、自然の重みでプレスした極甘口
トカイ・アスー120g/L手摘みの貴腐ブドウを使用し、若いワインの中で発酵させ18か月以上の樽熟成を経て作られる甘口
トカイ・サモロドニ甘口 45g/L 辛口 9g/Lサモロドニは「自然のままに」を表すスラブ語
房ごと収穫したブドウを使用し、貴腐ブドウとそうでないブドウを一緒に醸造
ブドウの貴腐の割合で、甘口か辛口か決まる

 

「トカイ・アスー」の商品を選ぶ際に押さえておきたいのが「プットニョシュ(puttonyos)」という言葉。

現在はワイン1Lあたりの糖分の含有量を表す用語として使用され、3~6プットニョシュの幅で数が大きいほど糖度が高いことを表します。

元々は136Lの大樽に入ったブドウの中に含まれる貴腐ブドウの量を表す用語で、「1プットニョシュ」につき約26㎏を表していたそうです。

ラベルには「3プットニョシュ」のように数字と組み合わせて使われ、数字が大きいほど糖度に加え、値段も上がっていきます。

 

最上級トカイワイン「エッセンシア」

使用する貴腐ブドウの量が多くなり、プットニョシュで表せる数値を超えた場合に使用される「トカイ・エッセンシア」。

 

トカイワインの甘口貴腐ワインの中でも特に甘い、極甘口であることを表します。

「トカイ・エッセンシア」は100%貴腐ブドウの果汁だけを自然発酵させたワインで、糖度が異常に高いため、酒というよりも薬として扱われてきた古い歴史があります。

また、醸造に大変なコストがかかるため、本場トカイ地方でも量産するワイナリーは存在しません。

そのため「トカイ・エッセンシア」が市場に出回ると、マニアの間で100万円を超える高価格で取引されることもあります。

 

ちなみに、2009年が最後のヴィンテージとなった「トカイ・アスー・エッセンシア」という表記は「トカイ・エッセンシア」と「トカイ・アスー」の間に位置し、6プットニョシュ以上であることを意味します。

3年の樽熟成、2年の瓶熟成、合計5年間の熟成を経ないと称することができません。

しかし、この表記は2010年に「トカイ・エッセンシア」との誤解による弊害が多いという理由で廃止となり、現在は使われていません。

 

予算で選ぶ

あらゆるワインがそうであるように、フルミントを使ったワインも、予算をかけるほど上等のボトルを買うことができます。

特に上述した格付けのうち、「5〜6プットニョシュ」や「トカイ・アスー・エッセンシア」など上位ランクのフルミントワインは、気軽に買えるような値段ではない分、貴腐化したフルミントが持つ濃厚な甘さと香りを存分に堪能できる特別なボトルです。

もちろんお手頃価格と品質を兼ね備えたボトルもあるので、予算に応じて個性豊かなフルミントワインを楽しんでくださいね。

【厳選】フルミントのおすすめワイン15選

ここからは、フルミントを使用したおすすめの白ワインを予算別にご紹介していきます。

それぞれ予算2,000円、2,000~10,000円、10,000円~と幅広くご紹介しているので、ぜひおすすめの1本を見つけてみてください。

それでは早速見ていきます!

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。ホームワインを詳しく見る※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

日常使いにおすすめ!予算2,000円ベスト5

商品画像シャトー・デレスラ「 トカイ・フルミント・ドライ」シャトー・エラ 「トカイ・フルミント・セミスウィート」パトリシウス「カティンカ」高畠ワイナリー「まほろばの貴婦人」ヘッツオーロ「ビストロ」
商品名シャトー・デレスラ「 トカイ・フルミント・ドライ」シャトー・エラ 「トカイ・フルミント・セミスウィート」パトリシウス「カティンカ」高畠ワイナリー「まほろばの貴婦人」ヘッツオーロ「ビストロ」
詳細原産地 ハンガリー 
味わい 辛口
メーカー シャトー・デレスラ
原産地 ハンガリー 味わい やや甘口
メーカー シャトー エラ
果実 フルミント
原産地 ハンガリー
味わい 極甘口/フルボディ
メーカー モトックス
原産地 オーストラリア
味わい 甘口/ミディアムボディ
メーカー 高畠ワイン
原産地 ハンガリー
味わい 辛口
メーカー エノテカ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

ヘッツオーロ「ビストロ」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 辛口
メーカー エノテカ

1502年創業のヘッツオーロは、トカイ地方でも屈指の老舗メーカーです。

「ビストロ」は100%フルミントで醸造した辛口の白ワイン。

原料となるフルミントはオーガニック栽培で、収穫も手摘みと、自然に逆らわない手法で大切に育てられています。

シトラス系のフレッシュな香り、ミネラル感たっぷりの華やかな仕上がりが魅力です。

味わい格付け品種
辛口フルミント100%

 

香りシトラス、ミント
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
軽快かつ辛口のフルミント種の良さを堪能できるカジュアルな一本。ワインだけだと物足りないという方は、ライトなお料理と合わせてお召し上がり下さい。

4位

高畠ワイナリー「まほろばの貴婦人」

詳細情報
原産地 オーストラリア
味わい 甘口/ミディアムボディ
メーカー 高畠ワイン

フルミント種にオレンジマスカット種をブレンドしており、白バラを想起させる上品な香りにマスカットの甘いフレーバーが特徴です。

テイストはあくまで極甘口ですが、オレンジマスカットの柑橘系の酸味のおかげでバランスの良い仕上がりとなっています。

文字通り「貴婦人」を思わせる柔らかな甘さと優雅な香りの調和が見事なデザートワインです。

味わい格付け品種
甘口フルミント、オレンジマスカット

 

香りムスク、オレンジの花
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
オレンジマスカット種由来のみずみずしいマスカット香やオレンジの花のアロマが特徴的な一品。また、高い酸があるため甘味も綺麗に感じられます。

3位

パトリシウス「カティンカ」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 極甘口/フルボディ
メーカー モトックス

フルミント種46%に、シャルガ・ムシュコタイ種を29%、ゼータ種を25%ブレンドした、ハンガリーの固有品種にこだわったワインです。

パトリシウスのオーナーであるキケシー家は、1800年代からこの地でブドウ栽培とワイン造りにたずさわってきた名門。

畑ごとの育成条件を尊重し、低収量の高品質ワインを生み出しています。

味わい格付け品種
極甘口フルミント46%、シャルガ・シャルガムシュコタイ29%、ゼータ25%

 

香り白桃、アプリコット
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
ハンガリー土着3品種の良さが詰まった極甘口の甘美な一本。スパークリングワインを飲む際と同じくらいに冷やしてお召し上がり下さい。

2位

シャトー・エラ 「トカイ・フルミント・セミスウィート」

詳細情報
原産地 ハンガリー 味わい やや甘口
メーカー シャトー エラ
果実 フルミント

フルミント100%の甘口ですが、ボディは決して重過ぎず、程よい甘みのコクが魅力です。

味わい格付け品種
やや甘口フルミント

 

香りオレンジ、熟れた洋梨
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
佐々木
甘味、果実味、酸味の要素が三位一体となったバランスいい仕上がり。フルミント種の辛口を味わった後にぜひ試していただきたい一本です。

1位

シャトー・デレスラ「 トカイ・フルミント・ドライ」

詳細情報
原産地 ハンガリー 
味わい 辛口
メーカー シャトー・デレスラ

古くはハンガリー国王がオーナーだったというシャトー・デレスラまさにハンガリーワインを代表する名門ワイナリーといってよいでしょう。

伝統的な農法を重視し、化学肥料の使用は最小限に抑えて造られ「トカイ・フルミント・ドライ」は、フルミント85%にシャルガ・ムシュコタイ15%をブレンドしたもの。

味わいは辛口ですが、トカイワイン特有の糖蜜のような甘さもさりげなく隠されていて、食中酒からデザートワインまで色々な使い方ができる便利な一本。

値段も手頃でコスパが良く、2000円以下で気軽にフルミントを楽しむなら最適のワインです。

味わい格付け品種
辛口フルミント85%、シャルガ・ムシュコタイ15%

 

香り青リンゴ、蜜
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
知る人ぞ知る辛口フルミント銘柄。柑橘類の風味がメインにありつつ、ほのかな蜜感も感じられる上品な辛口ワインです。

ちょっと特別な日に!予算2,000~10,000円ベスト5

商品画像ドボゴ「トカイ・アスー 6プットニョシュ」 シャトー・パジョス「トカイ・アスー・5プットニョシュ」オレムス「トカイ・アス-・3プットニョシュ」パトリシウス「トカイ アス― 5プットニョス」セント・タマーシュ「マード フルミント 白」
商品名ドボゴ「トカイ・アスー 6プットニョシュ」 シャトー・パジョス「トカイ・アスー・5プットニョシュ」オレムス「トカイ・アス-・3プットニョシュ」パトリシウス「トカイ アス― 5プットニョス」セント・タマーシュ「マード フルミント 白」
詳細原産地 ハンガリー
味わい 極甘口
メーカー ドボゴ
原産地 ハンガリー
味わい 甘口/フルボディ
メーカー 株式会社トゥエンティーワンコミュニティ
原産地 ハンガリー
味わい 甘口
メーカー トカイ・オレムス
原産地 ハンガリー
味わい 極甘口
メーカー パトリシウス
果実 フルミント80%、ハールシュレヴェリュ20% 
原産地 ハンガリー
味わい 辛口
メーカー 国分
果実 フルミント
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

5位

セント・タマーシュ「マード フルミント 白」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 辛口
メーカー 国分
果実 フルミント

オークを使用しないことで、いきいきとした味わいが特徴となっています。

フルミントとマードのテロワールによるミネラル感、フレッシュな酸味のある柑橘系の味わいも楽しめます。

味わい格付け品種
辛口フルミント100%

 

香りライム、ミネラル
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
フレッシュな酸が食欲を刺激する辛口フルミントワイン。近年のライトな食事傾向にマッチした味わいと言えるでしょう。

4位

パトリシウス「トカイ アス― 5プットニョス」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 極甘口
メーカー パトリシウス
果実 フルミント80%、ハールシュレヴェリュ20% 

5プットニョシュの濃密な甘味と貴腐ブドウ特有の複雑味が楽しめます。

フルミントを中心としたブレンドの一体感ある味わいで、2017年のものがチャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン 2022で金賞に輝いています。

味わい格付け品種
極甘口アス― 5プットニョシュフルミント80%、ハールシュレヴェリュ20%

 

香り杏、蜂蜜
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
佐々木
濃密な甘味ながらも上品に感じられるのはフルミント種の高い酸あってのこと。トカイ・アスーを初めて飲む方におすすめの絶品銘柄です。

3位

オレムス「トカイ・アス-・3プットニョシュ」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 甘口
メーカー トカイ・オレムス

メーカーのオレムスは元々王家が所有しており、トカイワインの品質規格を表す「プットニョシュ」が銘打たれた逸品です。

「3プットニョシュ」は甘さのランクとしてはもっとも低いもの。

そのため高級品ぞろいのトカイの貴腐ワインとしてはお手頃価格で手に入れることができます。

もちろん3プットニョシュに格付けされたトカイワインですので、持ち味である高貴な甘みも十分楽しめます。

5,000円ほどで上等なトカイワインを味わえるなら文句なしです。

味わい格付け品種
甘口アス― 3プットニョシュフルミント80%、ハールシュレヴェルー10%、ゼータ5%、シャルガ・ムシュコタイ5%

 

香りアプリコット、ブラッドオレンジ
酸味★★★★★
ボディ★★★★☆
佐々木
トカイらしさをコスパ良く堪能したい方におすすめの一品。先ほど紹介した5プットニョシュでは少し甘すぎると感じ方には特におすすめです。

2位

シャトー・パジョス「トカイ・アスー・5プットニョシュ」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 甘口/フルボディ
メーカー 株式会社トゥエンティーワンコミュニティ

「エッセンシア」「アスー・エッセンシア」「6プットニョシュ」に続く格付け上位ランクのトカイワインです。

「トカイ・アスー・5プットニョシュ」の原料は100%フルミント。

貴腐化したフルミントは糖蜜のようなねっとりとした甘さ、熟しきった花梨が放つ鼻腔にまとわりつくような甘美な香りを蓄えていますが、程よい酸味もわずかに残り、後味の切れもしっかりあるのが特徴です。

甘さだけだと物足りないという人には、このワインがおすすめですよ。

味わい格付け品種
甘口アス― 5プットニョシュフルミント100%

 

香り蜂蜜、ドライアプリコット
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
佐々木
トカイ・アスーが世界的に高く評価される理由がよく分かる一本。ただ甘いだけでなく、魅惑的な貴腐香が綺麗に絡んだ優美な味わいを堪能していただけます。

1位

ドボゴ「トカイ・アスー 6プットニョシュ」 

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 極甘口
メーカー ドボゴ

「予算2,000~10,000円フルミント白ワイン」ランキング、映えある第1位は、ドボゴの造る「トカイ・アスー・ 6プットニョシュ」。

その名のとおり、格付け「プットニョシュ」の中では最高ランクのボトルです。

ドボゴはハンガリーで国民的人気を誇るリキュール「ウニクム」の醸造で知られています。

所有する畑はたったの5ヘクタールで、徹底的に品質にこだわったトカイワインを少量生産するメーカーです。

フランスの「ソーテルヌ」、ドイツの「トロッケンベーレンアウスレーゼ」とならぶ世界三大貴腐ワインのトカイワイン。

その魅力を存分に、しかもお財布を気にすることなく味わいつくしたいなら、この価格帯がベストの選択だといえるでしょう。

味わい格付け品種
極甘口アス― 6プットニョシュフルミント

 

香りレモンピール、シナモン
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
佐々木
当銘柄がきっかけでトカイワインの魅力にどっぷり浸る人も少なくありません。よく冷やし、温度が上がるにつれて香り立つ妖艶なアロマをお愉しみ下さい。

一生に一度は味わいたい!予算10,000円~ベスト5

商品画像シャトー・パジョス「トカイ・アスー・エッセンシア」セプシ「ウラジャ畑」セント・タマーシュ「セントタマーシュ アスー 白」シャトー・デレスラ「トカイ アス― エッセンシア[2008]」ヘートソロ「トカイ ヘートソロ エッセンシア 6P」
商品名シャトー・パジョス「トカイ・アスー・エッセンシア」セプシ「ウラジャ畑」セント・タマーシュ「セントタマーシュ アスー 白」シャトー・デレスラ「トカイ アス― エッセンシア[2008]」ヘートソロ「トカイ ヘートソロ エッセンシア 6P」
詳細原産地 ハンガリー
味わい 極甘口
メーカー シャトー・パジョス
原産地 ハンガリー
味わい 辛口
メーカー szepsy
原産地 ハンガリー
味わい 辛口
メーカー 国分
果実 フルミント
原産地 ハンガリー
味わい 極甘口
メーカー シャトー・デレスラ
原産地 ハンガリー
味わい 甘口
果実 フルミント
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

5位

ヘートソロ「トカイ ヘートソロ エッセンシア 6P」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 甘口
果実 フルミント

柑橘類やアプリコットのようなフレッシュな香りとメロンやナッツを添えた複雑な香りが香ります。

豊かなフルボディの口あたりで、高い糖度としっかりとした酸味のバランスが絶妙です。

トカイアスー最高位の6プットニョシュで、フルミント100%の贅沢な味わいはなかなか他では味わえません。

味わい格付け品種
極甘口アスー 6プットニョシュフルミント100%

 

香りオレンジの花、アーモンド
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
佐々木
砂糖漬けしたレモンやオレンジピールを思わせる味わい。濃密な甘みに寄り添うナッツ類のほのかな香ばしさも魅力的です。

4位

シャトー・デレスラ「トカイ アス― エッセンシア[2008]」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 極甘口
メーカー シャトー・デレスラ

今では表記が廃止されているアスー・エッセンシアの商品です。

アス―・エッセンシアの基準として、糖度は6プットニョシュ以上あり、甘美な味わいが楽しめます。

なかなかお目にかかれない商品のため、一度は味わってみたい1本です。

味わい格付け品種
極甘口アス―・エッセンシア

 

香り黒蜜、ドライフルーツ
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
佐々木
極甘口ワインの域を超えもはやシロップと呼ぶに相応しいほど、ねっとりとした質感に濃密な甘みが堪能できる、希少かつ極上の一品です。

3位

セント・タマーシュ「セントタマーシュ アスー 白」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 辛口
メーカー 国分
果実 フルミント

残糖度が225.5g/Lのアス― 6プットニョシュの商品で、きれいに貴腐化した出来の良いブドウを使用しています。

熟成にも手間がかけられており、複雑でバランスがよく長い余韻のフィニッシュを楽しめる商品です。

味わい格付け品種
甘口アス― 6プットニョシュフルミント、ハールシュレヴェリュ、シャルガ・ムシュコタイ

 

香りナッツ、ドライアプリコット
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
佐々木
貴腐香に加え、熟成によって醸された香ばしいナッツのアロマが魅力的な一本。雑味は一切感じられず、なめらかな舌触りと共に甘美な液体が長い余韻へと続きます。

2位

セプシ「ウラジャ畑」


セプシのトカイワインは、伝統的手法に固執することなく、国外の醸造技術も積極的に採用するのが特徴です。

この「ウラジャ畑」は、セプシが手がけた現代的トカイワインの象徴です。

それまで甘口一辺倒だったトカイワインにも「良質の辛口白ワインがある」と世界に認めさせたボトルといえるでしょう。

「噂のトカイワインにトライしてみたいけど、甘すぎるのは苦手かも・・・」という人にはぴったりのボトルです。

味わい格付け品種
辛口

 

香りレモン、白桃
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
フルミント種の辛口銘柄では5本の指に入るほど人気の銘柄。どこか余韻にトカイ・アスーのような蜜感もさりげなく感じられるおすすめの一本です。

1位

シャトー・パジョス「トカイ・アスー・エッセンシア」

詳細情報
原産地 ハンガリー
味わい 極甘口
メーカー シャトー・パジョス

原料はフルミント60%、ハーシュレヴリュ30%、ミュシュコタリ10%。

10ヘクタールのブドウ畑から収穫される貴腐ブドウ3トンを漬け込み、最終的に「トカイ・アスー・エッセンシア」としてボトル詰めされるのは、なんと1リットルのみ。

「ワインの王様、王様のワイン」の名にふさわしい希少な逸品です。

親しい方の誕生日など特別な機会に使いたいですね。

味わい格付け品種
極甘口アス―・エッセンシアフルミント60%、ハーシュレヴリュ30%、ミュシュコタリ10%

 

香り蜂蜜、シナモン
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
佐々木
極甘口ワインでもトップクラスの糖度を誇るエッセンシア。ワインというよりはむしろシロップに近いため、アイスクリームの上に垂らして食べるのも贅沢な楽しみ方として人気です。

 

甘口でも辛口でも味わい深いフルミントワインを楽しもう!


最上の高級デザートワインから気軽に飲める辛口の食中酒まで、フルミントの守備範囲の広さがおわかりいただけたでしょうか?

特に「最高のデザートワインを用意したい」と考えているなら、ぜひ一度はフルミントを使った格付け上位のトカイワインを味わってみてください!

さらに他の白ワイン品種も知りたい方は、こちらをどうぞ。

>>白ワインのぶどう品種一覧

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ソーヴィニヨン・ブランとは?人気おすすめ18選も紹介

酸味がフレッシュで、爽やかなソーヴィニヨン・ブラン! 世界各地で栽培されている人気の白ブドウです。

【ソムリエ監修】セミヨンとは?特徴からのおすすめのワイン10選を紹介

ボルドーの白ワインでおなじみのセミヨン。スッキリした味わいの爽やかな辛口ワインを作り出す品種です。そんなセミヨン

【ソムリエ監修】白ワインのぶどう品種20種類とおすすめワインを解説!

白ワインが好きなんだけど、気が付くといつも同じワインばかり飲んでいる、なんていうことはありませんか? 気分

日本初の世界品種 「甲州」とは?特徴からおすすめ白ワイン15選を紹介

甲州は日本の独自の国際品種として始めて世界に認められたブドウ品種です。 その繊細で穏やかな味わいはこれまで

【ソムリエ監修】リースリングとは?おすすめ15選や特徴を解説!

みなさんはリースリングをご存知でしょうか? ドイツをはじめ、世界各地で栽培されている白ワイン品種です。

【ソムリエ監修】グリューナー・フェルトリーナーとは?特徴からおすすめのワイン10選を紹介

グリューナー・フェルトリーナーのワインといえば、様々な用途や料理に使える汎用性の高さから今最も注目を集めているワイン

【ソムリエ解説】アリゴテとは?特徴からアリゴテのおすすめのワイン10選まで紹介

ブルゴーニュ地方の家庭では、シャルドネよりもアリゴテ が日常的に飲まれているのをご存知ですか。 シャルドネ

【ソムリエ監修】ガルガーネガはどんな品種?特徴からおすすめのワイン10選を紹介

ガルガーネガは、主にイタリアのヴェネト州で栽培されている品種です。「ソアーヴェ」というDOC(原産地呼称)を名乗

【ソムリエ監修】コルテーゼはどんな品種?特徴とおすすめのワイン10選を紹介!

イタリアを代表する白ワイン「ガヴィ」の主要品種として有名なコルテーゼ。 その特徴やガヴィ以外にどんなワイン

【ソムリエ監修】シルヴァネールはどんな品種?特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

フランス・アルザスやドイツ・フランケンの白ワインがお好きな方は、シルヴァネールのワインを飲んだことがある人が多い

白ワインの選び方

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP