【ワイン教養】ナパワインとは?産地の特徴や価格別おすすめ20銘柄をご紹介!

2023/06/29 アメリカ

ナパワインと聞いて皆さんはまず、どのようなイメージを思い浮かべますでしょうか?

「カリフォルニアワインの代表」「豊かな果実味の赤ワイン」などなど、確かにナパワインの一面を表していますが、その全貌はもっと豊かで多彩です。

そんなナパワインについての理解をさらに深めていただくため、当記事ではワイン教養としてのナパワインについて解説していきます。

さらに記事後半では、ナパワインの赤・白含めたおすすめ15銘柄もご紹介。

ワイン初心者から愛好家まで、新たな知見や発見がある内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

記事の執筆者

田中 純平

✔︎J.S.Aワインエキスパート ✔︎WSET Level3 ✔︎J.S.A SAKE DIPLOMA

大学時代のスペイン留学中にワインの虜となった飲兵衛ライター。 卒業後はフリーランスとして独立し、スペイン語レッスンや(株)楽天グループにて翻訳業務を担当する傍ら、お酒の人気Webメディア複数サイトにて監修ライターを務める。 今はワインD2C会社「Homewine」にも携わり、お客様のワイン相談にお答えするソムリエコンシェルジュサービスを担当しています。
◾️My Web
https://www.8pejum8blog.com/
◾️西日本新聞me -YAKUSAKE-
https://www.nishinippon.co.jp/yakusake/author/writer_tanaka/
■フィラディスワインコラム
https://firadis.net/column/mushroom_wine_-pairing/

ナパとは

ナパとは、アメリカ・カリフォルニア州のナパ(Napa)郡のこと。

そして、このナパ郡の中にあるナパ・ヴァレーAVAという南北50kmに渡る区域にて造られるワインを総じて「ナパワイン」といいます。

世界屈指のワイン銘醸地としてのブランドを確立しており、ワインを普段あまり飲まない方でも「ナパのワインは美味しい」と認識している方も多く見られます。

それほどワインを語る上で欠かせないナパ・ヴァレーについて、今から詳しく解説していきます。

AVAとは

American Viticultural Areas の略で「アメリカ政府承認ぶどう栽培地域」を指す言葉。
いわゆるフランスの「AOC」、スペインの「DOC」にあたります。

ナパワインの特徴

ナパワインの味わいについて、おそらく多くの人が共通イメージとして抱いているのが「果実味豊かなフルボディ」ではないでしょうか。

赤ワインでは、凝縮感のある黒系ベリー、甘やかな樽香、高いアルコール度による濃厚な口当たりと甘み、余韻にかけてのボリューム感。

白ワインでは、南国フルーツを思わせるトロピカルフルーツの果実味に、赤同様の樽香、穏やかな酸が相まりリッチな仕上がりが従来のスタイルでした。

しかし、今では本場フランスのような伝統的なスタイルを模範とした繊細さ溢れるピノ・ノワールとシャルドネが続々と造られているのも事実。

「ナパ・ヴァレー=リッチなワイン」と一括りにしてワインを語るのではなく、ナパ・ヴァレーの中のどの産地で造られているかに注目するのが重要です。

ナパ・ヴァレーの産地特徴

Free Wine Grapes photo and picture

サンフランシスコから北へ車を走らせること約1時間、ワイン畑が連なるナパ・ヴァレーが目の前に広がります。

このナパ・ヴァレーAVAの区域の中には現在、16個ものサブ・リージョンと呼ばれる区域が定められており、高品質なものはこのサブ・リージョン名がボトルに記されることが多いです。

以下16個がナパ・ヴァレーのサブ・リージョンになります。

16個のサブ・リージョン

太文字は中でも人気かつ高品質のAVA

*チャイルズ・ヴァレー
*ハウエル・マウンテン
*カリストガ
*ダイヤモンド・マウンテン・ディストリクト
*スプリング・マウンテン・ディストリクト
*セント・ヘレナ
*ラザフォード
*オークヴィル
*スタッグス・リープ・ディストリクト
*ヨーントヴィル
*オークノール・ディストリクト
*マウント・ヴィーダー
*ロス・カーネロス
*アトラス・ピーク
*クームズヴィル
*ワイルド・ホース・ヴァレー

次に、ナパ・ヴァレー全体の産地の特徴とここだけは知っておきたい主要AVAをご紹介していきます。

ナパ・ヴァレーのテロワール

Free Napa Valley Petite Verdot photo and picture

ナパ・ヴァレーの気候は地中海性気候という日照量に恵まれた環境に加え、北緯およそ38度と温暖な産地であることが分かります。

ただ、ナパワインが世界最高峰のワインとして脚光を浴びるきっかけになったのは他にも理由があります。

それが、太平洋を流れるカリフォルニア寒流の影響によって流れ込む「朝霧」と「午後の冷たい風」。

こうしたいくつもの冷涼効果を受けることで、ブドウは酸と糖のバランスが取れた高品質な出来になるのです。

さらに、渓谷地帯におけるミクロクリマ(微気候)や30種類以上にも及ぶ多様な土壌質など、ワイン造りにおいてこの上ないテロワールも有しています。

次は、そんなナパ・ヴァレーの中でも上述したテロワールに恵まれ、名実ともに素晴らしいワインを輩出する主要AVAをご紹介していきます。

【主要AVAその1】カリストガ(Calistoga)

ナパ・ヴァレー最北にあるAVAがカリストガ。

最北に位置することで南からの冷涼効果を最も受けにくく、ナパ・ヴァレーで最も高い日中の気温を記録することが多い区域。

ゆえに果実味は最も凝縮感があり、骨格のしっかりしたカベルネ・ソーヴィニョンが味わえます。

さらに、あのパリスの審判で一躍人気となったシャトー・モンテレーナのワイナリーがあるのもこの地で、今ではワインと並ぶ人気の観光スポットになっています。

ちなみに、パリスの審判はワインの歴史において大変重要な意味を持つイベントです!

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

主要ワイナリー

*シャトー・モンテレーナ

【主要AVAその2】スタッグス・リープ・ディストリクト(Stags Leap District)

日中の温暖さと南からの冷涼効果、2つの恩恵をバランスよく受けることで、ナパ・ヴァレー屈指のボルドー品種を生み出す産地。

ボルドー顔負けの素晴らしいワインが生み出される当区域のワインは、「ベルベットの手袋をはめた鉄拳 (iron fist in a velvet glove)」と評されます。

これは、柔らかな口当たりと果実味の奥底にある芯のある骨格を指す、まさにこの産地の特徴を見事に捉えた表現です。

主要ワイナリー

*シェーファーヴィンヤーズ
*ザ・ヴァイス
*クロ・デュ・ヴァル

【主要AVAその3】オークヴィル(Oakville)

ナパ・ヴァレーの歴史的な最高級銘柄を数々生み出してきた、ナパ随一の高級産地です。

ナパ・ヴァレーのちょうど中心に位置するため、北部の温暖さと南部の冷涼さ両方のメリットを享受。

また、西と東で土壌の質が異なるため仕上がるワインのスタイルにも違いが生まれます。

さらに、「世界最高のワインを生み出す10の畑」としてあのロマネ・コンティやモンラッシェと並び選出された最高級畑「トカロン」があるのも当AVA。

まさに、世界が認めるワイン銘醸地の一つです。

主要ワイナリー

*ロバート・モンダヴィ
*オーパス・ワン
*スクリーミング・イーグル
*ポール・ホブス・ワイナリー
*ピーター・マイケル・ワイナリー *チョーク・ヒル
*Y by YOSHIKI ワイ・バイ・ヨシキ

【主要AVAその4】ラザフォード(Rutherford)

先ほど紹介したオークヴィルのすぐ上に位置し、著名ワイナリーも多く有していることでしばしば比較対象となるラザフォード。

この地の特徴としてよく挙げられるワインの表現に「ラザフォードダスト」という言葉があり、当産地のワインの多くに共通する砂埃の風味に由来しています。

それってセルフ営業妨害では!?と思ってしまいますが、これはワインの香ばしさやスモーキーさ、ハーブのような香りが相まって生まれるものだとされています。

しかしこれが実際のワインに深みと複雑みを演出し、ミネラル感のような緊張感のある仕上がりに貢献しているのです。

やや理解するまでに時間と経験が必要なため、筆者的にはワイン通が愛するAVAという印象です!

主要ワイナリー

*イングルヌック・ヴィンヤード
*ニッケル&ニッケル
*ボーリュー・ヴィンヤード
*ルビコン・エステート

【主要AVAその5】ロス・カーネロス(Los Carneros)

ナパ・ヴァレー最南に位置し、高品質なシャルドネとピノ・ノワールを続々と生み出している遅咲きのAVA。

太平洋からの冷涼な風の出入り口となっているサン・パブロ湾がすぐ南にあることで、ナパ・ヴァレーのAVA中最も冷涼な産地となっています。

ナパらしい果実味とボリューム感を呈しつつ、旧世界を彷彿とさせる酸やミネラル感を持ったスタイルに仕上がります。

主要ワイナリー

*フェイラ・ワインズ
*ドメーヌ・カーネロス
*マホニー・ヴィンヤード

ナパワインに関する豆知識

このSAKECOMI「ワイン教養」シリーズにて恒例になってきた、知ってるとちょっぴり鼻高な豆知識をご紹介したいと思います!

今回の豆知識テーマは次の3つです。

・ナパはたったの4%!?

・”カルトワイン”の生みの親

・ナパ・ヴァレーにおける生産者の悩み

ナパはたったの4%!?

ナパはたったの4%、これ一体何の数字か分かりますか?

アメリカで最もワインを生産している州といえば、カリフォルニア州ですよね。

であれば、そんな州に属す知名度・品質ともにトップのナパワインは8〜9割ほどの生産量を占めるのでは!?と思ったそこのあなた、、、実は全くの逆なのです。

これだけ有名なナパワインでも、生産量はカリフォルニア全体のワイン生産量に対してたった4%のみ。

100本並んだカリフォルニアワインの内、4本しかナパワインがないなんてにわかには信じ難いですよね。

「カリフォルニアのワイン=ナパワイン」ではなく、実は生産量的にはマイナーであるという点を豆知識としておさえておきましょう!

“カルトワイン”の生みの親

カルトワインの生みの親といえば、ナパ・ヴァレー。

カルトワインとは、90年代ナパ・ヴァレーを中心に広がった「カルト的人気の出たワイン」を意味します。

そして、カルトワインなるものを生み出すきっかけを生んだ人物が、かの有名なワイン評論家ロバート・パーカー氏。

彼の好むワインといえば、リッチでパワフルな赤ワイン。

つまり、フランスにはないナパ・ヴァレーらしい果実味と樽香が全面に出たワインが彼の嗜好に合ったことでナパワインの人気に拍車がかかりました。

カルトワインについては以下の記事で詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

ナパ・ヴァレーのイメージは変わりつつある

先ほどご紹介したカルトワインブームの時代、飲み応えあるフルボディのワインが広く親しまれていた頃がナパワイン栄光の時代と言っても過言ではないでしょう。

ところが今、世界的な食のライト化が進む中、それに合うワインのスタイルに逆行するかのように温暖化の問題が重なっています。

昔のように簡単にパーカー好みのワインが造れる状況とは打って変わり、いかにエレガントに造るかが現代のナパ生産者の腕の見せ所なのです。

ただ幸いなことに、今では醸造技術の発展もあってワインに軽やかさをもたらす選択肢が多くあります。

いわゆる「ナパ=重めのワイン」というステレオタイプは、変わりつつあるという事をここでおさえておきましょう!

おすすめのナパワイン銘柄20選!

今回ご紹介するおすすめのナパワインは、「予算1万円」「入手し易さ」「ビギナーからソムリエまで高評価」の3点を軸にセレクトしています。

というのも、「オーパス・ワン」を筆頭にしたその他のプレミアム銘柄やカルト銘柄を考慮してしまうとナパは正直キリがありません….。

今回チョイスした銘柄はどれも自宅用はもちろん、贈り物にもぴったりの銘柄ばかりですのでぜひ参考にしてみて下さい!

それでは紹介していきます。

おすすめ赤ワイン10選

商品画像ロバート・モンダヴィ ”ザ・エステート” ホーニッグ カベルネソーヴィニヨンベリンジャー ナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンターンブル カベルネ ソーヴィニヨン エステート グロウン ホワイトホール レーンクロ・デュ・ヴァルメリーヴェール・ヴィン カーネロス ピノ・ノワールヤーズ ダックホーン メルロー テキストブック ナパ ハイランズ
商品名ロバート・モンダヴィ ”ザ・エステート”ホーニッグ カベルネソーヴィニヨンベリンジャー ナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンターンブル カベルネ ソーヴィニヨン エステート グロウンホワイトホール レーンクロ・デュ・ヴァルメリーヴェール・ヴィン カーネロス ピノ・ノワールヤーズダックホーン メルローテキストブックナパ ハイランズ
詳細ワイナリー:ロバート・モンダヴィ・ワイナリー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
ワイナリー:ホーニッグ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
ワイナリー:ベリンジャー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン主体
ワイナリー:ターンブル
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 89% 、 カベルネ・フラン 4% 、 プティ・ヴェルド 4% 、 メルロー 2% 、 マルベック 1%
ワイナリー:ホワイトホールレーン
品種:カベルネソーヴィニヨン98%、プティヴェルド2%
ワイナリー:クロ・デュ・ヴァル品種:カベルネ・ソーヴィニヨンワイナリー:メリーヴェール・ヴィンヤーズ
品種:ピノ・ノワール
ワイナリー:ダックホーン
品種:メルロー
ワイナリー:テキストブック
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
ワイナリー:ナパ・ハイランズ
品種:カベルネ・ソーヴィニョン
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
[PR]
ケイマス カベルネソーヴィニョン ナパヴァレー ケイマス カベルネソーヴィニョン ナパヴァレー 詳細情報 度数:14.6% 味わい:フルボディ 産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー 品種:カベルネソーヴィニヨン しあわせワイン倶楽部で詳細を見る >

世界的有名ワイン誌にて90点を下回ったことのない安定感。

一方で、年間T0p100のランキングでは歴代唯一の1位を2度も獲得するほどの圧巻の品質を誇るワインがこの「ケイマス」

ナパヴァレーを代表する高級赤ワインをぜひお試しください。

香りブラックベリー、ヴァニラ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★★
渋み★★★★★

10位 ナパ・ハイランズ カベルネ・ソーヴィニョン

ナパ ハイランズ

詳細情報
ワイナリー:ナパ・ハイランズ
品種:カベルネ・ソーヴィニョン

さんまさんが愛飲しているということで話題となった「ナパ・ハイランズ」。

典型的なナパのスタイルである、ジャミーな黒系ベリーやリコリス、ヴァニラやカカオの芳醇なアロマが感じられます。

炭火焼の肉料理やガトーショコラといった料理と相性抜群です。

ワイナリー品種AVA
ナパ・ハイランズカベルネ・ソーヴィニョン、プティ・ヴェルドナパ・ヴァレー

9位 テキストブック カベルネ・ソーヴィニョン

テキストブック

詳細情報
ワイナリー:テキストブック
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

典型的・模範的なナパワインであることに由来した「テキストブック」。

世界のベストバリューカベルネ・ソーヴィニヨンにて第1位に選出されたこともあるほど、ナパらしさ溢れる味わいを手軽に味わえることで知られています。

「ナパの赤ワインは何から飲んでいいか分からない…」そんな方にぜひおすすめしたい一本です。

ワイナリー品種AVA
テキストブックカベルネ・ソーヴィニョンナパ・ヴァレー

8位 ダックホーン メルロー

ダックホーン メルロー

詳細情報
ワイナリー:ダックホーン
品種:メルロー

ナパのメルローといえばこのワイナリー、「ダックホーン」。

2017年にはANAファーストクラス専用ワインに2,400銘柄の中から選ばれるほど、名実ともに人気のワイナリーとして知られています。

完熟したプラムやダークチェリーに甘やかなスパイス、余韻にかけて感じられるスモーキーさやビターなニュアンスがクセになる一品です。

ワイナリー品種AVA
ダックホーンメルローナパ・ヴァレー

7位 メリーヴェール・ヴィンヤーズ カーネロス ピノ・ノワール

メリーヴェール・ヴィン カーネロス ピノ・ノワールヤーズ

詳細情報
ワイナリー:メリーヴェール・ヴィンヤーズ
品種:ピノ・ノワール

数多くのナパのレジェンドたちが携わってきた稀有なワイナリーがこの「メリーヴェール」。

彼らのワインはカジュアルレンジからハイレンジまで抜け目がなく、ナパのテロワールをしっかり反映させた秀逸な仕上がりのワインばかり。

特にロス・カーネロスAVAにて造るシャルドネとピノ・ノワールは、どちらも本場ブルゴーニュを凌ぐクオリティです。

ワイナリー品種AVA
メリーヴェール・ヴィンヤーズピノ・ノワールロス・カーネロス

6位 クロ・デュ・ヴァル

クロ・デュ・ヴァル

詳細情報
ワイナリー:クロ・デュ・ヴァル品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

1976年パリスの審判にて、その存在を世界に知らしめた歴史的ワイナリーである「クロ・デュ・ヴァル」。

ナパの果実味と旧世界の伝統的な製法が相まった、クラシカルな仕上がりが当ワイナリーの特徴です。

甘やかな果実味と樽香ガンガンのナパワインをイメージして飲むと、いい意味で肩透かしをくらうほど、エレガントな仕上がりのボルドースタイルです。

ワイナリー品種AVA
クロ・デュ・ヴァルカベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フランナパ・ヴァレー

5位 ホワイトホール・レーン

ホワイトホール レーン

詳細情報
ワイナリー:ホワイトホールレーン
品種:カベルネソーヴィニヨン98%、プティヴェルド2%

世界的に高い評価を受けつつ、未だ日本においてはあまり知られていない「ホワイトホール・レーン」。

赤外線カメラや航空写真を駆使してブドウの成長や成熟度を計測するなど、最先端技術によるワイン造りが彼らの強み。

どのラインナップも非常に完成度が高く、ブルーベリージャムやヴァニラ、ダークチョコやナッツといった芳醇なアロマが、抜栓直後から豊かに広がります。

ワイナリー品種AVA
ホワイトホール・レーン ワイナリーカベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルドナパ・ヴァレー

4位 ターンブル

ターンブル カベルネ ソーヴィニヨン エステート グロウン

詳細情報
ワイナリー:ターンブル
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 89% 、 カベルネ・フラン 4% 、 プティ・ヴェルド 4% 、 メルロー 2% 、 マルベック 1%

オーパス・ワンの隣で造られるということで一躍注目を集めた「ターンブル」。

当銘柄「エステート グロウン」は、当ワイナリーのエッセンスが詰まった一番人気の銘柄です。

オークヴィルの魅力が詰まった、ブラックベリー、カシス、干しブドウの凝縮感溢れる黒系果実のアロマが感じられます。

ワイナリー品種AVA
ターンブル・ワインセラーズカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベックナパ・ヴァレー

3位 ベリンジャー ナパ・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニョン

ベリンジャー ナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨン

詳細情報
ワイナリー:ベリンジャー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン主体

ナパ最古の歴史を誇るワイナリー「ベリンジャー」。

各レンジにて高いクオリティを誇る当ワイナリーですが、中でも秀逸な仕上がりとして人気なのが当銘柄。

ストラクチャーのしっかりとしたフルボディで、濃厚ながらどこか飲み疲れしない飲み心地の良さも備えています。

ワイナリー品種AVA
ベリンジャーカベルネ・ソーヴィニョン主体ナパ・ヴァレー

2位 ホーニッグ

ホーニッグ カベルネソーヴィニヨン

詳細情報
ワイナリー:ホーニッグ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

全日空ファースト・クラスにオンリスト中の「ホーニッグ」。

完熟したブルーベリーやブラックベリーのアロマに溶け込む、リコリスやモカ、エスプレッソの風味が特徴的。

アメリカンオークを100%使用しているとは思えないほどの、エレガンスさと綺麗な果実味を呈している魅力的な一品です。

ワイナリー品種AVA
ホーニッグカベルネ・ソーヴィニョン、プティ・ヴェルド、カベルネ・フランラザフォード

1位 ロバート・モンダヴィ ”ザ・エステート”

ロバート・モンダヴィ ”ザ・エステート”

詳細情報
ワイナリー:ロバート・モンダヴィ・ワイナリー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

栄えある第一位に輝いたのは、カリフォルニアワインを語る上で欠かせない「ロバート・モンダヴィ」。

名実ともにナパを代表するトップワインで、実際に某有名ワイン誌の2022年世界のトップ100ワインでは2019年ヴィンテージが第6位に入る快挙も成し遂げています。

力強いベリーのアロマに織り込まれるスギやスパイス、鉛筆の芯にミネラル感のある余韻が続きます。

ワイナリー品種AVA
ロバート・モンダヴィカベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン、マルベック、プティ・ヴェルド、メルローオークヴィル

おすすめ白ワイン銘柄10選

商品画像アルノー・ロバーツ シャルドネ ワトソン・ランチ・ヴィンヤードメリーヴェール ヴィンヤーズ シャルドネ カーネロスハドソン ヴィンヤーズ シャルドネ シーシェル カーネロスガーギッチ・ヒルズ フュメ・ブランホーニッグ ソーヴィニヨンブラン シャトー モンテレーナ シャルドネニッケル& ニッケル トゥルシャード ヴィンヤードグロス トレフェッセン エステート ヘンドリー・アルバリーニョ
商品名アルノー・ロバーツ シャルドネ ワトソン・ランチ・ヴィンヤードメリーヴェール ヴィンヤーズ シャルドネ カーネロスハドソン ヴィンヤーズ シャルドネ シーシェル カーネロスガーギッチ・ヒルズ フュメ・ブランホーニッグ ソーヴィニヨンブランシャトー モンテレーナ シャルドネニッケル& ニッケル トゥルシャード ヴィンヤードグロストレフェッセン エステートヘンドリー・アルバリーニョ
詳細ワイナリー:アルノー・ロバーツ
品種:シャルドネ
ワイナリー:メリーヴェール
品種:シャルドネ
ワイナリー:ハドソン・ヴィンヤーズ
品種:シャルドネ
ワイナリー:ガーギッチ・ヒルズ・エステート
品種:フュメ・ブラン(=ソーヴィニョン・ブラン)
ワイナリー:ホーニッグ
品種:ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカ
ワイナリー:シャトー・モンテレーナ
品種:シャルドネ
ワイナリー:ニッケル&ニッケル
品種:シャルドネ
ワイナリー:グロス
品種:ソーヴィニヨンブラン83%、セミヨン17%
ワイナリー:トレフェッセン・エステート
品種:シャルドネ
ワイナリー:ヘンドリー
品種:アルバリーニョ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

10位 ヘンドリー・アルバリーニョ

ヘンドリー・アルバリーニョ

詳細情報
ワイナリー:ヘンドリー
品種:アルバリーニョ

ブドウ栽培家として名を馳せたオーナーが自らワイン造りを行う、「ヘンドリー」。

まろやかなテクスチャーのなかに生き生きと感じられる、白桃やりんご、洋梨のクリーンな果実味が印象的。

スペインやポルトガルとはまた違ったスタイルのアルバリーニョが味わえます。

ワイナリー品種AVA
ヘンドリーアルバリーニョナパ・ヴァレー

9位 トレフェッセン・エステート

トレフェッセン エステート

詳細情報
ワイナリー:トレフェッセン・エステート
品種:シャルドネ

ナパらしい果実味と落ち着いた酸が感じられる「トレフェッセン」。

ヴァニラやトーストの風味が色濃くつくオーク小樽とクリーンな味わいに仕上がるステンレスタンクを併用。

リッチな味わいを繊細な酸が支え、飲み疲れしないバランスの良さが魅力的です。

ワイナリー品種AVA
トレフェッセンシャルドネオーク・ノール・ディストリクト

8位 グロス

グロス

詳細情報
ワイナリー:グロス
品種:ソーヴィニヨンブラン83%、セミヨン17%

赤ワインばかり注目されるワイナリーですが、白ワインも素晴らしい品質を誇る「グロス」。

新世界のソーヴィニョン・ブランらしい仕上がりで、白桃やメロン、ジャスミンといった風味にクリスピーなフレッシュな酸が続きます。

魚介のカルパッチョ、白身肉のソテーなど幅広い料理に寄り添ってくれます。

ワイナリー品種AVA
グロスソーヴィニョン・ブラン、セミヨンナパ・ヴァレー

7位 ニッケル& ニッケル トゥルシャード ヴィンヤード

ニッケル& ニッケル トゥルシャード ヴィンヤード

詳細情報
ワイナリー:ニッケル&ニッケル
品種:シャルドネ

単一品種を単一畑で造るというこだわり溢れるワイナリーが「ニッケル&ニッケル」。

ゆえに品種と畑の個性が色濃くワインに表現されるため、出来上がるワインはどれもエネルギッシュで表情豊かな仕上がり。

当銘柄はロス・カーネロスのテロワールを見事に表現しており、冷涼産地ゆえの上品で伸びやかな酸と果実味のバランスが秀逸です。

ワイナリー品種AVA
ニッケル& ニッケルシャルドネロス・カーネロス

6位 シャトー・モンテレーナ

シャトー モンテレーナ シャルドネ

詳細情報
ワイナリー:シャトー・モンテレーナ
品種:シャルドネ

ナパのシャルドネといえば真っ先に思いつく方が多いであろう「シャトー・モンテレーナ」。

ナパのシャルドネといえば、ただただ濃厚な味わいというイメージが先行しがちですが、当銘柄は見事にそのイメージを裏切ります。

白桃やパイナップルといったリッチな果実味と芳醇な樽香はありつつも、ちょうど良いバランスで溶け込んでおり、余韻は非常に上品です。

ワイナリー品種AVA
シャトー・モンテレーナシャルドネナパ・ヴァレー

5位 ホーニッグ ソーヴィニヨン・ブラン

ホーニッグ ソーヴィニヨンブラン

詳細情報
ワイナリー:ホーニッグ
品種:ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカ

ナパのソーヴィニョン・ブランの手引き書的ワインと言っても過言ではない「ホーニッグ」。

先ほど紹介した「グロス」と比べて、こちらの方がより果実味のボリューム感があり、飲み応えのあるリッチな味わいです。

溌剌としたパッションフルーツや白桃、グレープフルーツといった果実味が豊かに広がります。

ワイナリー品種AVA
ホーニッグソーヴィニョン・ブラン、セミヨン、ミュスカナパ・レイク・ソラノカウンティ

4位 ガーギッチ・ヒルズ フュメ・ブラン

ガーギッチ・ヒルズ フュメ・ブラン

詳細情報
ワイナリー:ガーギッチ・ヒルズ・エステート
品種:フュメ・ブラン(=ソーヴィニョン・ブラン)

天才醸造家、マイク・ガーギッチ氏が手がけるワイナリーが「ガーギッチ・ヒルズ」。

当銘柄の特徴といえば、フランスのロワールを彷彿とさせるその果実味とハーブのアロマ、ミネラリーでクリスピーな酸味と長い余韻でしょう。

クリントン元大統領やエリザベス女王の晩餐会でも使用された経歴も納得の高品質さです。

ワイナリー品種AVA
ガーギッチ・ヒルズ・エステートフュメ・ブラン(=ソーヴィニョン・ブラン)ナパ・ヴァレー

3位 ハドソン・ヴィンヤーズ シーシェル カーネロス

ハドソン ヴィンヤーズ シャルドネ シーシェル カーネロス

詳細情報
ワイナリー:ハドソン・ヴィンヤーズ
品種:シャルドネ

ナパ屈指の高品質シャルドネワインを手がける「ハドソン・ヴィンヤーズ」。

上質なブルゴーニュを彷彿とさせる果実味と樽香のバランス感、それらを支えるエレガントな酸とミネラル感が長い余韻へと続きます。

次にご紹介するメリーヴェールと比肩する、ロス・カーネロス屈指のシャルドネワインです。

ワイナリー品種AVA
ハドソン・ヴィンヤーズシャルドネロス・カーネロス

2位 メリーヴェール・ヴィンヤーズ カーネロス

メリーヴェール ヴィンヤーズ シャルドネ カーネロス

詳細情報
ワイナリー:メリーヴェール
品種:シャルドネ

赤・白ともに圧巻のクオリティを誇る「メリーヴェール・ヴィンヤーズ」。

シトラスの爽やかなアロマにバターの濃厚さが綺麗に調和。

先ほどのハドソン・ヴィンヤーズ同様、ブルゴーニュの酸とエレガンスさを彷彿とさせる仕上がりは脱帽ものです。

ワイナリー品種AVA
メリーヴェール・ヴィンヤーズシャルドネカーネロス

1位 アルノー・ロバーツ ワトソン・ランチ・ヴィンヤード

アルノー・ロバーツ シャルドネ ワトソン・ランチ・ヴィンヤード

詳細情報
ワイナリー:アルノー・ロバーツ
品種:シャルドネ

栄えあるナパの白ワイン部門にて1位に輝いたのは、今ワイン界で注目を集める若手コンビ「アルノー・ロバーツ」。

ケイマスやコングスガードでの醸造経験を持つダンカン・アルノーと樽職人のネイサン・ロバーツは、実は幼馴染同士。

才能豊かな2人がタッグを組み、多様性豊かなカリフォルニア各地にて、アメリカのワイン造りを牽引する勢いで高品質なワインを造っています。

スワリングする度表情の変わる濃密で多層的なアロマを、皆さんもぜひご堪能ください。

ワイナリー品種AVA
アルノー・ロバーツシャルドネナパ・ヴァレー

ナパワインを買うならここ!

Free Wine Shop photo and picture

ナパワインについて少し理解が深まってきたそこのあなた!

さっそくナパワインが飲みたくなってきたのではないでしょうか。

近くにワインの品揃えに富んだお店があるといいですが、なかなかそうもいきません。

そこで今回は、筆者自身もよく利用するワインショップを2店舗ご紹介したいと思います。

どちらもオンラインにて手軽に購入できますし、ナパワインのラインナップも申し分ありません。

皆さんもぜひご利用してみてください!

エノテカ

エノテカは全国各地30店舗以上のワインショップを構え、卸売業としても大きな規模を誇る日本最大のワイン会社。

世界各国のワインを取り扱っていますが、ナパのワインも多数ご用意されています。

また、下記URLのような産地や生産者、ワインの味わいなどの説明が最も分かりやすいのもエノテカオンラインの魅力。

ワイン初心者から愛好家まで、幅広い層に利用されています。

エノテカ

オンラインワッシーズ

オンラインワッシーズは、知る人ぞ知るカリフォルニア特化のワイン専門店。

他国のワインの取り扱いもありますが、カリフォルニアを中心としたラインナップは業界トップクラスの豊富さを誇ります。

ナパワインの概要や人気生産者、価格別のおすすめ銘柄など、どれも非常に参考になりますのでぜひ下記のURLからご覧ください。

オンラインワッシーズ

ナパワインの楽しみ方

それでは最後に、ナパワインの味わいタイプ別の楽しみ方についてご紹介したいと思います。

温度やワイングラス、合わせる料理のタイプなど、こだわり始めるとワイン銘柄ごとに違うためキリがありません。

そのため、あくまで “一般的な傾向”として目安程度にご参考ください。

赤ワイン 〜ライト・ミディアムボディ〜

赤のライト・ミディアムボディに分類されるワインには、ピノ・ノワールやシラーから造られるエレガントな銘柄が当てはまります。

そうしたワインには、「ブルゴーニュグラス」「13〜15℃」「鶏肉や鴨肉のグリルソテー・白カビやウォッシュチーズ」がおすすめ。

ナパの中でも比較的冷涼な地で造られるため、上品な酸と繊細かつバランスの取れた果実味が魅力です!

赤ワイン 〜フルボディ〜

赤のフルボディに分類されるワインには、カベルネ・ソーヴィニョンやメルロー、ジンファンデルが当てはまります。

凝縮感溢れるダークチェリーの果実味にヴァニラやトーストの樽香という、いわゆる典型的なナパの重めのワインです。

こうしたワインには「ボルドーグラス」「16〜18℃」「サーロインステーキ・煮込み料理・ハードチーズ」がおすすめ。

ワインに力強さがあるため、料理にもワインに負けない重さが求められます!

白ワイン 〜ライト・ミディアムボディ〜

Free Wine Wineglass photo and picture

白のライト・ミディアムボディに分類されるワインには、ソーヴィニョン・ブランやシャルドネ、リースリングが当てはまります。

こうしたワインには、「リースリンググラス」「8〜10℃」「カルパッチョ・白身肉・エスニック料理」がおすすめ。

またここで注意したいのが、生魚に合わせる時は樽熟成をしていない銘柄を合わせ、樽熟成しているものは白身肉やソテー料理に合わせてください!

白ワイン 〜フルボディ〜

白のフルボディに分類されるワインには、シャルドネやソーヴィニョン・ブラン×セミヨンのブレンド、ヴィオニエが当てはまります。

こうしたワインには、「シャルドネグラス」「10〜12℃」「カルボナーラ・チーズリゾット・白ワイン煮込み料理」がおすすめ。

ほぼ例外なくワインは樽熟成されているため、樽由来のクリーミーな質感と香ばしいアロマに共通する料理が相性抜群です!

まとめ

ナパ・ヴァレーは、アメリカ・カリフォルニア州を代表する高級ワイン産地。

デイリーワインから高級ワイン・カルトワインなど、そのラインナップの幅は世界でも指折りの産地ではないでしょうか。

そんなナパ・ヴァレーを代表する銘柄として今回ご紹介したワインはどれも、ナパワインを語る上で外せない一本ばかり。

各産地・ワイナリーの特色を感じ取る楽しみや、ワインに合わせた食事とのペアリングもこだわり始めるとキリがないのがワインの面白い所です!

当記事をきっかけに、普段何気なく飲んでいたナパワインをより深く理解し、いつも以上に味わい深く愉しんでいただければ嬉しいです。

ワイン教養シリーズ

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

サンタ・クルーズ・マウンテンのワインとは/産地概要にワインの特徴、おすすめ銘柄をご紹介!

カリフォルニアの隠れた銘醸地、サンタ・クルーズ・マウンテン。 当産地の特徴や代表的な造り手、おすすめの銘

ロバート・モンダヴィのワインを解説!人気の理由や各シリーズのおすすめ銘柄もご紹介!

ワイン業界における革新者、ロバート・モンダヴィ。 彼の名前は、カリフォルニアワインの歴史とともに語ら

カルトワイン「ハーランエステート」とは?ワインの概要や特徴、人気の理由を徹底解説!

ワイン愛好家やコレクターの間で絶大な評価を受け、世界のトップワインの一つとして称えられるハーランエステート。

カレラ-Calera-のワインを解説!人気の理由やラインナップごとの味わいをご紹介

"カリフォルニアのロマネ・コンティ" "ピノ・ノワールのスペシャリスト" この言葉を耳にして世界中の

【ワイン教養】カルトワインとは?カリフォルニアのカルト銘柄を厳選してご紹介!

数あるワイン銘柄の中でも、とりわけワイン愛好家垂涎の銘柄ばかりが揃う「カルトワイン」。 アメリカのカリフ

【ワイン教養】ソノマワインの特徴は?産地概要、代表生産者・銘柄、おすすめ購入方法まで解説!

「ナパと比べて冷涼な産地」「ピノ・ノワールやシャルドネが美味しい所だ」 そうワインラバーが口を揃えて答え

【ワイン教養】シャブリを徹底解説!概要や味わい、おすすめ15銘柄もご紹介!

シャブリと聞いて皆さんは、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 「牡蠣に合うワイン」「スッキリした辛口

【ワイン教養】カベルネ・ソーヴィニヨンを解説!品種特徴や豆知識、おすすめ銘柄などご紹介!

ワインを語る上で欠かせない品種の一つがカベルネ・ソーヴィニョン。 普段何気なく手に取っていた方も、その特徴

【ソムリエ厳選】アメリカのおすすめ人気白ワイン20選!特徴を徹底解説

アメリカといえばパワフルな赤ワインのイメージが強いですが、白ワインの名産地でもあります。 アメリカの白ワイ

【ワイン教養】オーストラリアワインの特徴は?定番の銘柄10選、ワイン選びのコツも解説!

オーストラリアと言えば、コアラやカンガルー、グレートバリアリーフといった自然豊かな光景を思い浮かべる方も多

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP