【ソムリエ監修】ゲヴュルツトラミネールの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

2018/10/05
おすすめ白ワイン


ソース

ゲヴュルツトラミネールは、スパイシーなトラミナーという意味を持ったブドウで、白ワインに使われています。

白ワイン用のブドウのなかでは知名度はやや低い方ですが、スパイシーな味と個性的な香りを持った魅力的な品種です。

今回はゲヴュルツトラミネールの特徴やおすすめワインを詳しくご紹介します。

ゲヴュルツトラミネールとは


ゲヴュルツトラミネール自体は、トラミネールという品種の変種です。

トラミネール種よりゲヴュルツトラミネール種の方が香りが強いのが特徴となります。

ちなみに、このトラミネールは現在も南チロル地方の一部で栽培されており、フランス語ではサヴァニャン・ブランといいます。

トラミネールの変種であるゲヴュルツトラミネールですが、現在ではこちらの方が栽培量は多くなっています。

ゲヴュルツトラミネールの栽培量がもっとも多く、また知名度が高いのは、フランスのアルザス地方です。

また、ドイツのファルツとバーデン、オーストリアもゲヴュルツトラミネールの産地として有名です。

他にも、アメリカ・イタリア・スイス・オーストラリア・チリでも栽培されており、なんと北海道でもゲヴュルツトラミネールを使用したワインを製造しています。

ゲヴュルツトラミネールに適した畑は、涼しく湿度が低い土地です。

そのため、フランスのアルザスやドイツのほかに、北海道でも造ることができるのです。

しかし、北海道のゲヴュルツトラミネールはまだ発展途上といってよく、今後に期待といったところでしょう。

このように世界各国で製造されているものの、ゲヴュルツトラミネールの栽培は難しい面もあります。

なぜならゲヴュルツトラミネールは涼しい気候のなかでしか育たず、それでいて早熟なため、春霜の影響を受けやすく傷みやすいからです。

そのため、ゲヴュルツトラミネールの栽培はワイナリーにとって挑戦であると称されることもあります。

それでも世界各国で生産が始まっているのは、それだけゲヴュルツトラミネールのワインに魅力があるということかもしれません。

ゲヴュルツトラミネールの特徴


ゲヴュルツトラミネールは、とても特徴的な香りを持っています。

それは、慣れた人ならば香りだけで「ゲヴュルツトラミネール」とわかるほど個性的なものです。

その力強く重厚なアロマの最大の特徴は幾層にもわたる多様な風味です。

ゲヴュルツトラミネールの香りは、ライチのアロマのなかにトロピカルな風味やバラの花に柑橘系のニュアンスを含み、そこにスパイスの香りも加わった非常に奥深く個性の際立ったものといえるでしょう。

白ワイン自体、香りを楽しむのが大きなだいご味となっていますが、なかでもゲヴュルツトラミネールは香りの楽しみという意味で白ワインの代表格と言うことができます。

品種について

ゲヴュルツトラミネールの味わいは、香り同様に複雑で奥行きを感じることができます。

重厚な甘さのなかに芯のある酸味とほどよい苦味が加わり、清々しいイメージの味を楽しむことができます。

また、その特徴的な香りからアロマティック品種にも分類されており、アロマと味わいの魅力がふんだんにつまった品種です。

ちなみに、同品種からは貴腐ワインを造ることもでき、その場合はハチミツやバラの花びらなどのアロマを楽しめます。

ソムリエおすすめ!ゲヴュルツトラミネールの選び方

ゲヴュルツトラミネールは個性的な品種なので、基本的な味わいは一貫しています。

しかし、やはり産地などによって細かな違いは出てくるものです。

そのなかから自分に合ったものを選ぶために知っておきたい特徴を紹介します。

味わいで選ぶ

ゲヴュルツトラミネールのワインが持つ味わいは、辛口と甘口の2つに大別できます。

辛口ワインの方がスタンダードで、甘口はデザートワインとして親しまれます。

辛口ワインは味が引き締まっており、料理と一緒に楽しむことも、ワインだけをじっくり味わうことも可能です。

辛口のアロマや味わいは先述したゲヴュルツトラミネールのワインとしてスタンダードなものとなっています。

甘口の方は、熟れたメロンのほかにもハチミツの風味があり、コリアンダーを思わせるスパイスの香りを感じることもできます。

辛口よりも酸味が少なく、コクのある味わいです。

また、ゲヴュルツトラミネールの甘口ワインは遅摘みや貴腐化したブドウから造られるため、辛口に比べて高価になる傾向があります。

産地で選ぶ

ゲヴュルツトラミネールは各国で造られているため、産地で選ぶことも選択肢のひとつです。

産地によっては、ほかの地域のものよりも軽口であるなど、細かな違いがあります。

産地ごとの特徴から、自分好みの味を見つけてみましょう。

また、ゲヴュルツトラミネールはどの産地においても価格と品質がリンクしている傾向が見られます。

こちらが期待をかければ、その分だけ応えてくれるワインだといえます。

フランス

フランスでは、先述したアルザス地方が主な産地です。

ゲヴュルツトラミネールの産地としてもっとも有名な土地であるため、ここまで紹介してきたようなこの品種の特徴を存分に味わうことができます。

また、フランスにおけるゲヴュルツトラミネールは高級ワインです。

その分高価である場合もありますが、それに見合った高品質でもあります。

フランスのゲヴュルツトラミネールは味わいに高い期待を持つことができるでしょう。

 

ドイツ

ドイツでゲヴュルツトラミネールといえば、有名なのはファルツです。

ファルツのゲヴュルツトラミネールはアルザスのものと比べて軽めの味わいで、熟成させるよりも早めに飲むことに適しているといえるでしょう。

また、ドイツではこの品種から高級なアイスワインも造られています。

ちなみに、ゲヴュルツトラミネールのゲヴュルツはドイツ語で、意味は「香辛料」です。

 

スイス

スイスでは、ヌーシャテル州などでゲヴュルツトラミネールを栽培しています。

スイスのゲヴュルツトラミネールは、この品種がもつ特徴を十二分に生かした味わいです。

アルザスとも地理的にやや近いため、条件が似ており、方向性が同じワインを造ることができるというわけです。

スイス自体、涼しい気候を持った国なので、ゲヴュルツトラミネールの栽培に適した土地といえるでしょう。

 

イタリア

イタリアにおける主な産地は、同国北部のアルト・アディジェという地域です。

イタリアのゲヴュルツトラミネールはドイツのものよりさらに軽口に造られており、初心者にも親しみやすい味わいといえます。

ちなみに、アルト・アディジェはゲヴュルツトラミネール発祥の地といわれています。

かつて、ここからゲヴュルツトラミネールがフランスやドイツに持ち込まれたことを考えながら味わうとより楽しめるかもしれません。

 

アメリカ、カリフォルニア

アメリカ、カリフォルニアのゲヴュルツトラミネールはまだ珍しいという認識です。

しかし、アルザスのワインにも負けない華々しさを持っており、ゲヴュルツトラミネールの魅力を十分に味わうことができます。

傾向として、アルザスのゲヴュルツトラミネールよりも安価なので、こちらのほうが手を出しやすいかもしれません。

オーストラリア

オーストラリアでは、ウィマーラのように標高の高いところで栽培されています。

オーストラリアのゲヴュルツトラミネールは、豊かな果実味のなかに、きめ細やかな味わいとしっかりとした骨格をかねそなえたバランスのいいワインです。

ちなみに、ウィマーラのラベルには品種ごとに違う鳥の絵が描かれており、ゲヴュルツトラミネールのものはノドグロハチマキミツスイという鳥です。

予算で選ぶ

当然といえば当然かもしれませんが、予算によって買えるワインは違ってきます。

ゲヴュルツトラミネールの場合、価格と品質がリンクしている傾向があるため、より高品質のものを楽しみたいのであればそれに見合った予算を用意することが必要です。

とはいえ、ゲヴュルツトラミネールは栽培が難しい品種であり、世に出ているのはその難しさをクリアした腕のいいスタッフたちの手によるものばかりです。

そのため、安価なものは品質がよくないということは全くありません。

高価な方が高品質という傾向に関しては、あくまでつきつめて品種の味を追求したいときにだけ気にする方がいいでしょう。

ソムリエ厳選!ゲヴュルツトラミネールの白ワイン10選

ゲヴュルツトラミネールは、手頃な価格で手に入るワインも多いです。

ここからは厳選したゲヴュルツトラミネールの白ワインを予算別に紹介します。

日常使いにおすすめ!2,000円未満ベスト5

日常使いのワインは、飲む頻度を考えるとなるべく予算を抑えたいものです。

まずは、そんなときにおすすめのワインを紹介します。

5位

ニュージーランドのワインで、ゲヴュルツトラミネール100%の辛口ワインです。

ゲヴュルツトラミネール100%なだけあって、気持ちのいい花のアロマや柑橘類の香りとともにスパイシーな風味を味わうことができます。

ホーム・クリーク ワイパラ・ゲヴュルツトラミネール

1,550円 (税込)

詳細情報
ニュージーランド、辛口、サザン・バンダリー・ワインズ

 

4位

オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ産のワインです。

デザートワインにも似た微かな甘味と、輪郭のはっきりした果実のうま味が心を落ち着けてくれます。

ウィマーラ ゲヴェルツ トラミネール

1,480円 (税込)

詳細情報
オーストラリア、辛口、ローガン・ワインズ【Logan Wines】

 

3位

チリのカサブランカヴァレーで造られたワインです。

ライチのような果実の香りと、華やかなバラにミネラルのニュアンスを含んだエキゾチックさを楽しめます。

やわらかくなめらかな口当たりで、長い余韻のなかではミネラルの風味を感じることができます。

コノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバ

1,238円 (税込)

詳細情報
チリ、辛口/ミディアムボディ、スマイル

 

2位

フランスのアルザス地方で造られた白ワインです。

フルーティな味わいが強く、ゲヴュルツトラミネールの甘味をほどよく引き出した味わいを持ちます。

ゲヴュルツトラミネールらしいライチの香りも楽しむことができます。

ゲヴュルツトラミネール フィリップ ボレール

1,790円 (税込)

詳細情報
フランス、辛口、ヴェリタス

 

1位

コストパフォーマンスがとても高いチリの白ワインです。

ライチの香りが鮮やかで、バラの花びらの甘くエキゾチックな香りも印象に残るでしょう。

しっかりとした酸味がドライな味わいを生んでおり、香りの印象とのギャップを楽しめます。

コノスル ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタル

2,000円未満!ゲヴュルツトラミネールの白ワイン比較表

商品画像コノスル ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタルゲヴュルツトラミネール フィリップ ボレールコノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバウィマーラ ゲヴェルツ トラミネールホーム・クリーク ワイパラ・ゲヴュルツトラミネール
商品名コノスル ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタルゲヴュルツトラミネール フィリップ ボレールコノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバウィマーラ ゲヴェルツ トラミネールホーム・クリーク ワイパラ・ゲヴュルツトラミネール
価格819円(税込)1,790円(税込)1,238円(税込)1,480円(税込)1,550円(税込)
詳細チリ、辛口フランス、辛口、ヴェリタスチリ、辛口/ミディアムボディ、スマイルオーストラリア、辛口、ローガン・ワインズ【Logan Wines】ニュージーランド、辛口、サザン・バンダリー・ワインズ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

週末や来客などがある日に2,000円以上ベスト5

疲れの出てくる週末に飲みたいご褒美ワインや、来客がある日などには少しいいものを用意したいところです。

ここから紹介するのは、そんなシチュエーションにピッタリな価格帯のものとなります。

5位

とても豊潤なエキゾチックな香りと花の香りを持ったニュージーランド産の白ワインです。

ライチやバラの花びらなどの濃密なアロマを楽しむことができ、品種の特徴を十分に引き出しています。

ローソンズ・ドライヒルズ・ゲヴュルツトラミネール

2,678円 (税込)

詳細情報
ニュージーランド、ワインズ東京

 

4位

黄桃を思わせる甘味と酸味を持ったイスラエルのワインです。

とろみのある口当たりで、ゲヴュルツトラミネールの味をじっくりと楽しむことができます。

ヤルデン ゲヴュルツトラミネール

 

3位

フランスのアルザス地方のワインです。

ゲヴュルツトラミネール特有の濃厚な香りと、辛口のなかに含まれるほのかな甘みが特徴です。

スパイシーな料理と相性がよく、和食と一緒でも楽しむことができます。

レオン・ベイエ ゲヴュルツトラミネール

2,814円 (税込)

詳細情報
フランス、辛口/ミディアムボディ、三国ワイン

 

2位

イタリアのアルト・アディジェ地方のワインです。

マスカットの香りが強く、果実の香りのなかにスパイスやバラのニュアンスを含みます。

ミネラルを含むはっきりとした味わいです。

トラミン ゲヴュルツトラミネール

2,624円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、メモス

 

1位

滑らかな口当たりを持った、フランス・アルザス地方のワインです。

ゲヴュルツトラミネールの味と個性的な香りを楽しむには申し分ないでしょう。

フライシャー ゲヴュルツトラミネール

2,200円 (税込)

詳細情報
フランス、辛口/ミディアムボディ、国分

2,000円以上!ゲヴュルツトラミネールの白ワイン比較表

商品画像フライシャー ゲヴュルツトラミネールトラミン ゲヴュルツトラミネールレオン・ベイエ ゲヴュルツトラミネールヤルデン ゲヴュルツトラミネールローソンズ・ドライヒルズ・ゲヴュルツトラミネール
商品名フライシャー ゲヴュルツトラミネールトラミン ゲヴュルツトラミネールレオン・ベイエ ゲヴュルツトラミネールヤルデン ゲヴュルツトラミネールローソンズ・ドライヒルズ・ゲヴュルツトラミネール
価格2,200円(税込)2,624円(税込)2,814円(税込)2,800円(税込)2,678円(税込)
詳細フランス、辛口/ミディアムボディ、国分イタリア、辛口/ミディアムボディ、メモスフランス、辛口/ミディアムボディ、三国ワイン中辛口、ドラジェ
ニュージーランド、ワインズ東京
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

ゲヴュルツトラミネールの白ワイン まとめ

ゲヴュルツトラミネールはとても個性的な品種で、香りも味わいも独特なものがあります。

また、その個性のなかでも辛口・甘口といった味わいの違いや産地による傾向も異なるので、多様さをも見せてくれます。

ゲヴュルツトラミネールは、その個性と多様さからあきることなく楽しみ続けられるワインといえるでしょう。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>白ワインのぶどう品種一覧

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

     

関連記事

【ソムリエ監修】アルザスの白ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説

フランスワインでありながらドイツワインの特徴も持つアルザスワイン。その複雑な味わいは、多くのワイン通を虜にしています。

【ソムリエ監修】シルヴァネールの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース みなさんはシルヴァネールという品種を耳にしたことがあるでしょうか? ドイツやフランスの限られた地域で栽培さ

【ソムリエ監修】アルバリーニョの白ワインおすすめ10選! 選び方のコツも解説

ソース みなさんはアルバリーニョをご存知ですか?あまり聞いたことがない人が多いかもしれませんね。 実はこのアルバリ

白ワインのぶどう品種一覧!20種類をソムリエが解説!

ソース 白ワインが好きなんだけど、気が付くといつも同じワインばかり飲んでいる、なんていうことはありませんか? 気分

【ソムリエ監修】ピノ・グリのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ソース ピノ・グリはフランス・アルザス地方の高貴品種として知られています。多くのワイナリーがピノ・グリの魅力を活かし

【ソムリエ監修】グリューナー・フェルトリーナーの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース グリューナー・フェルトリーナーのワインといえば、様々な用途や料理に使える汎用性の高さから今最も注目を集めてい

【ソムリエ監修】日本初の世界品種! 甲州の特徴とおすすめ白ワイン15選を紹介

ソース 皆さんは甲州品種のワインを飲んだことがありますか? 甲州品種のワインは近年国際的にも高い評価を得ています。

【ソムリエ監修】新世界で注目!ソーヴィニヨン・ブランの特徴とおすすめの白ワイン15選を紹介

人は誰でも、体が疲れて少し食欲がないときがあります。そんなときに飲みたいワインが、さわやかな味わいのソーヴィニヨン・

【ソムリエ監修】豊かなアロマ!ヴィオニエの特徴、おすすめ白ワイン15選を紹介

ソース 「ヴィオニエ」という品種をご存知ですか。シャルドネやソーヴィニヨン・ブランほどメジャーではありませんが、世界

【ソムリエ監修】ガルガーネガの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ガルガーネガは、主にイタリアのヴェネト州で栽培されている品種です。「ソアーヴェ」というDOC(原産地呼称)

白ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介