ゲヴュルツトラミネールとは?特徴からおすすめのワイン10選までソムリエが解説

2019/07/02 おすすめ白ワイン

比較的にお手頃なものが多いゲヴュルツトラミネールの白ワイン。一度は飲んだことがあるかと思います。

ただ、品種についてあまりしらない方も多いかと思います。

今回は、ゲヴュルツトラミネールの特徴から、おすすめの白ワインまでご紹介します。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。



ゲヴュルツトラミネールとは

ゲヴュルツトラミネール(Gewürztramine)はイタリアの北部が原産と言われる白ワインのブドウ品種です。

主要産地は、フランスのアルザスとドイツです。その他では、アメリカのカリフォルニア、イタリア、オーストラリアが栽培されています。日本ですと北海道で栽培されています。

白ワインだけではなく、貴腐ワインの品種としても使用されます。

ゲヴュルツトラミネールの特徴

ブドウの特徴

冷涼で湿度が低い土地を好みます。早熟なため、春霜の影響を受けやすく、栽培が難しいです。

ワインの特徴

甘口、辛口ともに華やかなライチの香りで、すぐにゲヴュルツトラミネールのワインだと判別できるほどはっきりした個性を持ちます。極甘口のデザートワインのものをのぞき、早飲みタイプのものが多いです。

ゲヴュルツトラミネールのワインの選び方

ゲヴュルツトラミネールは個性的な品種なので、基本的な味わいは一貫しています。

しかし、やはり産地などによって細かな違いは出てくるものです。

そのなかから自分に合ったものを選ぶために知っておきたい特徴を紹介します。

味わいで選ぶ

ゲヴュルツトラミネールの白ワインの味わいは、辛口と甘口の2つに大別されます。辛口ワインの方がスタンダードで、甘口はデザートワインとして親しまれます。

辛口

辛口ワインは味が引き締まっており、料理と一緒に楽しむことも、ワインだけをじっくり味わうことも可能です。

辛口のアロマや味わいは先述したゲヴュルツトラミネールのワインとしてスタンダードなものとなっています。

 

甘口

甘口の方は、熟れたメロンのほかにもハチミツの風味があり、コリアンダーを思わせるスパイスの香りを感じることもできます。辛口よりも酸味が少なく、コクのある味わいです。

また、ゲヴュルツトラミネールの甘口ワインは遅摘みや貴腐化したブドウから造られるため、辛口に比べて高価になる傾向があります。

 

産地で選ぶ

産地によっては、ほかの地域のものよりも軽口であるなど、細かな違いがあります。

ゲヴュルツトラミネールはどの産地においても価格と品質がリンクしている傾向が見られます。

フランス、アルザス

フランスでは、先述したアルザス地方が主な産地です。

ゲヴュルツトラミネールの産地としてもっとも有名な土地であるため、ここまで紹介してきたようなこの品種の特徴を存分に味わうことができます。

フランスにおけるゲヴュルツトラミネールは値段が比較的高く、3,000円以上のワインがほとんどです。

 

ドイツ

ドイツでゲヴュルツトラミネールといえば、有名なのはファルツです。

ファルツのゲヴュルツトラミネールは、アルザスのものと比べて軽めの味わいで、熟成させるよりも早飲みがおすすめです。

また、ドイツではこの品種から高級なアイスワインも造られています。

ちなみに、ゲヴュルツトラミネールのゲヴュルツはドイツ語で、意味は「香辛料」です。

イタリア

イタリアにおける主な産地は、同国北部のアルト・アディジェという地域です。

イタリアのゲヴュルツトラミネールはドイツのものよりさらに軽口に造られており、初心者にも親しみやすい味わいといえます。ちなみに、アルト・アディジェはゲヴュルツトラミネール発祥の地といわれています。

 

アメリカ、カリフォルニア

アメリカ、カリフォルニアのゲヴュルツトラミネールはまだ珍しいという認識です。

しかし、アルザスのワインにも負けない華々しさを持っており、ゲヴュルツトラミネールの魅力を十分に味わうことができます。

傾向として、アルザスのゲヴュルツトラミネールよりも安価なので、こちらのほうが手を出しやすいかもしれません。

 

オーストラリア

オーストラリアでは、ウィマーラのような標高の高い産地で栽培されています。

オーストラリアのゲヴュルツトラミネールは、豊かな果実味のなかに、きめ細やかな味わいとしっかりとした骨格をかねそなえたバランスのいいワインです。

ちなみに、ウィマーラのラベルには品種ごとに違う鳥の絵が描かれており、ゲヴュルツトラミネールのものはノドグロハチマキミツスイという鳥です。

 

価格で選ぶ

日本に流通しているゲヴュルツトラミネールの白ワインは2,000円前後のものがほとんです。

5,000円前後や、さらに上のものはほとんどフランス、アルザス産になります。

ゲヴュルツトラミネールのおすすめワイン10選

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。

ホームワインを詳しく見る

※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

 

日常使いにおすすめ!2,500円未満ベスト5

5位

オールドコーチロード ゲヴェルツトラミネール サイフリードエステート

詳細情報
産地:ニュージーランド、ネルソン
品種:ゲヴェルツトラミネール

サイフリードエステートは1973年家族経営の小さなワイナリーからスタートし、今ではニュージーランド有数の造り手として名を馳せています。

特にリースリングとゲヴェルツトラミネールでは常に高い評価を受け続けているワイナリーです。

ライチやマンゴー、ジンジャー、ジャスミンなどの豊かなアロマに、骨格がはっきりしたふくよかさとフルーティさがコラボした妖艶な仕上がりです。

残糖度があり、ほのかな甘さはワイン初心者や女性にオススメします。

 

4位

カサ・ベナサル ゲヴェルツトラミネール・モスカテル パゴ・カサ・グラン

詳細情報
度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:スペイン、レバンテ
品種:ゲヴェルツトラミネール、モスカテル

スペインバレンシアで2004年に設立された新しいワイナリーで、テロワールに恵まれた畑では有機農法を行っています。

スペインでは非常に珍しいゲヴェルツトラミネールを約6割、プラスモスカテルのブレンドです。

グレープフルーツやオレンジ、ベルガモットなどのアロマに白桃やクルミのニュアンスが続き、爽やかな果実味と酸との絶妙なバランス、伸びやか&華やかなゲヴェルツトラミネールです。

 

3位

スワロー・ゲヴェルツトラミネール フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:アメリカ、オレゴン州
品種:ゲヴェルツトラミネール

フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリーはオレゴン州南西部のログ・ヴァレーにあります。

オレゴンの中でも雨量が少なく標高の高い場所にあり、造られるワインは引き締まったボディです。

オレンジやベルガモット、マンゴーなどの華やかなアロマにアジアンスパイスのニュアンスが続き、ライチの果実味が口いっぱに広がります。

ボリューム感のある味わいにほんわかチャーミングな甘さのある高貴な仕上がりに感動する事間違いなしです!

 

2位

ロバートソンワイナリー ゲヴェルツトラミネール

詳細情報
味わい:甘口
産地:南アフリカ
品種:ゲヴェルツトラミネール

南アフリカ産の甘口ゲヴェルツトラミネールです。

プレスせずにブドウそのもののデリケートな味わいを活かした醸造で、優しい口当たりです。

ライチの芳醇なアロマにバラの花びらのニュアンスが続く典型的な品種由来の香りが魅力的。粘性がありハチミツを思わせる濃密な甘さにしっかりと酸が心地よく仕上がりました。

コストパフォーマンスに優れたゲヴェルツトラミネール、デザートワインに最適です!

 

1位

ゲヴュルツトラミネール・テュルクハイム ヴァラエタルシリーズ ドメーヌ ツィント ウンブレヒト


ツィント ウンブレヒトはワインへの品質に大変こだわりを持つ造り手で、自社畑は全て、有機農法よりも厳しいビオディナミ農法を取り入れています。

各ワイン評価誌で常に高得点をキープするアルザスでのみならず世界で大変偉大な造り手です。

ヴァラエタルは品種の特徴を引き出したシリーズで、ライチやフローラル、スパイシーなアロマと落ち着いた酸に爽やかな味わいが特徴的です。

自然派ワインのゲヴェルツトラミネールをお探しの方に是非オススメ、コストパフォーマンスに優れた1本です。

2,500円以下のゲヴュルツトラミネール比較表

商品画像ゲヴュルツトラミネール・テュルクハイム ヴァラエタルシリーズ ドメーヌ ツィント ウンブレヒトロバートソンワイナリー ゲヴェルツトラミネールスワロー・ゲヴェルツトラミネール フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリーカサ・ベナサル ゲヴェルツトラミネール・モスカテル パゴ・カサ・グランオールドコーチロード ゲヴェルツトラミネール サイフリードエステート
商品名ゲヴュルツトラミネール・テュルクハイム ヴァラエタルシリーズ ドメーヌ ツィント ウンブレヒトロバートソンワイナリー ゲヴェルツトラミネールスワロー・ゲヴェルツトラミネール フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリーカサ・ベナサル ゲヴェルツトラミネール・モスカテル パゴ・カサ・グランオールドコーチロード ゲヴェルツトラミネール サイフリードエステート
詳細味わい:辛口
産地:フランス、アルザス
味わい:甘口
産地:南アフリカ
品種:ゲヴェルツトラミネール
度数:13 %
味わい:辛口
産地:アメリカ、オレゴン州
品種:ゲヴェルツトラミネール
度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:スペイン、レバンテ
品種:ゲヴェルツトラミネール、モスカテル
産地:ニュージーランド、ネルソン
品種:ゲヴェルツトラミネール
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

週末や来客などがある日に2,500円以上ベスト5

5位

パシフィックリム ゲヴェルツトラミネール ツインヴィンヤード

詳細情報
味わい:辛口
産地:アメリカ、ワシントン
品種:ゲヴェルツトラミネール

ワシントン州ヤキマヴァレーのゲヴェルツトラミネールです。

活気のあるフレッシュさを保つため、樽は一切使用せずマロラクティック発酵も行っていません。

品種由来のライチや、バラの花びら、クローブなどのアロマに、穏やかな酸とメロンやライチなどの爽やかな果実味そしてキレの良さが際立つ仕上がりです。

 

4位

ゲヴェルツトラミネール・グリンツベルグ ドメーヌ・ローラン・シュミット

詳細情報
味わい:半甘口
産地:フランス、アルザス
品種:ゲヴェルツトラミネール

ドメーヌ・ローラン・シュミットはフードフレンドリーなワインを造るとして大変有名で、香り高く繊細な味わいが特徴です。

アルザスを始め多くのミシュラン星付きレストランでオンリストされています。

ブドウ栽培は完全な無農薬、テロワールを活かしたナチュラルなワイン造りがモットーです。

薔薇の花びらやコリアンダーのアロマにスモーなニュアンスもありスパイシーな風味にコクと美しい酸とが調和した上品な仕上がりです。

 

3位

ジョセフ ゲヴェルツトラミネール ホフスタッター

詳細情報
度数:14 %
味わい:辛口
産地:イタリア
品種:ゲヴェルツトラミネール

ジョセフ ホフスタッターは、イタリアの北東部オーストリアとの国境にあるトレンティーノアルトアディジェ州に1907年創業した、老舗の家族経営ワイナリーです。

アルトアディジェのテロワールから、他の国のゲヴェルツトラミネールよりも糖度か低く、引き締まった味わいの辛口に仕上がります。

ライチやドライフラワーなどの妖艶なアロマに生き生きとした酸、ミネラルの風味が心地よい芳醇な味わいです。

海老など濃厚なクリームソースのパスタやエスニック料理などとのマリアージュを愉しめます。

 

2位

マルセル・ダイス ゲヴェルツトラミネール ヴァンダンジュタルディヴ

詳細情報
味わい:甘口
産地:フランス、アルザス
品種:ゲヴェルツトラミネール

1945年創業のマルセル ダイスはアルザスの中でトップクラスの、ずば抜けて素晴らしい造り手です。

1997年からはビオディナミ農法を行っています。

ヴァンダンジュタルディヴは遅摘みの甘口ワイン、通常の収穫期よりも45日程度遅らせてブドウの水分が減少し糖度が高まった果実から造ります。
パッションフルーツやライチなどのアロマに、ハチミツのような甘美な甘さが特徴です。

けして飲み疲れる甘さではなく、しっかりとした酸とほろ苦さも兼ね備えた高貴な味わいです。

 

1位

トリンバック アルザス ゲヴェルツトラミネール


トリンバックは、デカンター誌が選出した「世界の白ワイン生産者TOP10」に選ばれるなど、アルザスだけでなく世界的にも名高い造り手です。

セレクションドグランノーブル オー・ショーはブドウの作柄が良かった年のみ限定で造られる貴腐ワインです。

よく熟した洋梨やアプリコットのアロマにシルクのように滑らかな口当たり、濃密な甘さにスパイスのニュアンスもある大変品格のある仕上がりは、フォアグラとのマリアージュに感動する事間違いなしです!

2,500円以上のゲヴュルツトラミネール比較表

商品画像トリンバック アルザス ゲヴェルツトラミネールマルセル・ダイス ゲヴェルツトラミネール ヴァンダンジュタルディヴジョセフ ゲヴェルツトラミネール ホフスタッターゲヴェルツトラミネール・グリンツベルグ ドメーヌ・ローラン・シュミットパシフィックリム ゲヴェルツトラミネール ツインヴィンヤード
商品名トリンバック アルザス ゲヴェルツトラミネールマルセル・ダイス ゲヴェルツトラミネール ヴァンダンジュタルディヴジョセフ ゲヴェルツトラミネール ホフスタッターゲヴェルツトラミネール・グリンツベルグ ドメーヌ・ローラン・シュミットパシフィックリム ゲヴェルツトラミネール ツインヴィンヤード
詳細味わい:極甘口
産地:フランス、アルザス
味わい:甘口
産地:フランス、アルザス
品種:ゲヴェルツトラミネール
度数:14 %
味わい:辛口
産地:イタリア
品種:ゲヴェルツトラミネール
味わい:半甘口
産地:フランス、アルザス
品種:ゲヴェルツトラミネール
味わい:辛口
産地:アメリカ、ワシントン
品種:ゲヴェルツトラミネール
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

ゲヴュルツトラミネールまとめ

ゲヴュルツトラミネールはとても個性的な品種で、香りも味わいも独特なものがあります。

また、その個性のなかでも辛口・甘口といった味わいの違いや産地による傾向も異なるので、多様さをも見せてくれます。

ゲヴュルツトラミネールは、その個性と多様さからあきることなく楽しみ続けられるワインといえるでしょう。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

<

p style=”text-align: right;”>>>白ワインのぶどう品種一覧

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】グリューナー・フェルトリーナーとは?特徴からおすすめのワイン10選を紹介

グリューナー・フェルトリーナーのワインといえば、様々な用途や料理に使える汎用性の高さから今最も注目を集めているワイン

シュナン・ブランはどんな品種?特徴から、おすすめワイン15選までご紹介!

辛口から甘口まで種類豊富なシュナン・ブラン。 今回はシュナン・ブランの特徴から、おすすめのワインをご紹介し

日本初の世界品種 「甲州」とは?特徴からおすすめ白ワイン15選を紹介

甲州は日本の独自の国際品種として始めて世界に認められたブドウ品種です。 その繊細で穏やかな味わいはこれまで

【ソムリエ監修】シャルドネの人気おすすめワイン30選を徹底解説!

白ワインで最も人気の品種、シャルドネ。 世界中で栽培され、同じシャルドネでも、産地・生産者によってさまざま

【ソムリエ監修】リースリングとは?おすすめ15選や特徴を解説!

みなさんはリースリングをご存知でしょうか? ドイツをはじめ、世界各地で栽培されている白ワイン品種です。

【ソムリエ監修】アルバリーニョとは?特徴からおすすめのワインまで紹介

「海のワイン」とも呼ばれるアルバリーニョを使ったワイン。 アルバリーニョは爽快な味わいがあり、日本でも栽培

【ソムリエ解説】アリゴテとは?特徴からアリゴテのおすすめのワイン10選まで紹介

ブルゴーニュ地方の家庭では、シャルドネよりもアリゴテ が日常的に飲まれているのをご存知ですか。 シャルドネ

ピノ・グリ(ピノ・グリージョ)とは?特徴からのピノ・グリのおすすめワイン10選をご紹介!

ピノ・グリはフランス・アルザス地方の高貴品種として知られています。 多くのワイナリーがピノ・グリの魅力を活

【ソムリエ監修】白ワインのぶどう品種20種類とおすすめワインを解説!

白ワインが好きなんだけど、気が付くといつも同じワインばかり飲んでいる、なんていうことはありませんか? 気分

【ソムリエ監修】フルミントとは?特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

フルミントは、世界三大貴腐ワインであるハンガリーのトカイワインの原料として有名です。 高級なデザートワインから

【ソムリエ監修】シルヴァネールはどんな品種?特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

フランス・アルザスやドイツ・フランケンの白ワインがお好きな方は、シルヴァネールのワインを飲んだことがある人が多い

白ワインの選び方

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP