【ソムリエ監修】ゲヴュルツトラミネールはどんな品種?特徴からおすすめの白ワイン10選も解説

2019/03/07
おすすめ白ワイン

比較的にお手頃なものが多いゲヴュルツトラミネールの白ワイン。一度は飲んだことがあるかと思います。

ただ、品種についてあまりしらない方も多いかと思います。

今回は、ゲヴュルツトラミネールの特徴から、おすすめの白ワインまでご紹介します。

ゲヴュルツトラミネールとは

ゲヴュルツトラミネール(Gewürztramine)はイタリアの北部が原産と言われる白ワインのブドウ品種です。

主要産地は、フランスのアルザスとドイツです。その他では、アメリカのカリフォルニア、イタリア、オーストラリアが栽培されています。日本ですと北海道で栽培されています。

白ワインだけではなく、貴腐ワインの品種としても使用されます。

ゲヴュルツトラミネールの特徴

ブドウの特徴

冷涼で湿度が低い土地を好みます。早熟なため、春霜の影響を受けやすく、栽培が難しいです。

ワインの特徴

甘口、辛口ともに華やかなライチの香りで、すぐにゲヴュルツトラミネールのワインだと判別できるほどはっきりした個性を持ちます。極甘口のデザートワインのものをのぞき、早飲みタイプのものが多いです。

ゲヴュルツトラミネールのワインの選び方

ゲヴュルツトラミネールは個性的な品種なので、基本的な味わいは一貫しています。

しかし、やはり産地などによって細かな違いは出てくるものです。

そのなかから自分に合ったものを選ぶために知っておきたい特徴を紹介します。

味わいで選ぶ

ゲヴュルツトラミネールの白ワインの味わいは、辛口と甘口の2つに大別されます。辛口ワインの方がスタンダードで、甘口はデザートワインとして親しまれます。

辛口

辛口ワインは味が引き締まっており、料理と一緒に楽しむことも、ワインだけをじっくり味わうことも可能です。

辛口のアロマや味わいは先述したゲヴュルツトラミネールのワインとしてスタンダードなものとなっています。

 

甘口

甘口の方は、熟れたメロンのほかにもハチミツの風味があり、コリアンダーを思わせるスパイスの香りを感じることもできます。辛口よりも酸味が少なく、コクのある味わいです。

また、ゲヴュルツトラミネールの甘口ワインは遅摘みや貴腐化したブドウから造られるため、辛口に比べて高価になる傾向があります。

 

産地で選ぶ

産地によっては、ほかの地域のものよりも軽口であるなど、細かな違いがあります。

ゲヴュルツトラミネールはどの産地においても価格と品質がリンクしている傾向が見られます。

フランス、アルザス

フランスでは、先述したアルザス地方が主な産地です。

ゲヴュルツトラミネールの産地としてもっとも有名な土地であるため、ここまで紹介してきたようなこの品種の特徴を存分に味わうことができます。

フランスにおけるゲヴュルツトラミネールは値段が比較的高く、3,000円以上のワインがほとんどです。

 

ドイツ

ドイツでゲヴュルツトラミネールといえば、有名なのはファルツです。

ファルツのゲヴュルツトラミネールは、アルザスのものと比べて軽めの味わいで、熟成させるよりも早飲みがおすすめです。

また、ドイツではこの品種から高級なアイスワインも造られています。

ちなみに、ゲヴュルツトラミネールのゲヴュルツはドイツ語で、意味は「香辛料」です。

イタリア

イタリアにおける主な産地は、同国北部のアルト・アディジェという地域です。

イタリアのゲヴュルツトラミネールはドイツのものよりさらに軽口に造られており、初心者にも親しみやすい味わいといえます。ちなみに、アルト・アディジェはゲヴュルツトラミネール発祥の地といわれています。

 

アメリカ、カリフォルニア

アメリカ、カリフォルニアのゲヴュルツトラミネールはまだ珍しいという認識です。

しかし、アルザスのワインにも負けない華々しさを持っており、ゲヴュルツトラミネールの魅力を十分に味わうことができます。

傾向として、アルザスのゲヴュルツトラミネールよりも安価なので、こちらのほうが手を出しやすいかもしれません。

 

オーストラリア

オーストラリアでは、ウィマーラのような標高の高い産地で栽培されています。

オーストラリアのゲヴュルツトラミネールは、豊かな果実味のなかに、きめ細やかな味わいとしっかりとした骨格をかねそなえたバランスのいいワインです。

ちなみに、ウィマーラのラベルには品種ごとに違う鳥の絵が描かれており、ゲヴュルツトラミネールのものはノドグロハチマキミツスイという鳥です。

 

価格で選ぶ

日本に流通しているゲヴュルツトラミネールの白ワインは2,000円前後のものがほとんです。

5,000円前後や、さらに上のものはほとんどフランス、アルザス産になります。

ゲヴュルツトラミネールのおすすめ白ワイン10選

日常使いにおすすめ!2,000円未満ベスト5

5位

ホーム・クリーク ワイパラ・ゲヴュルツトラミネール

1,550円 (税込)

詳細情報
ニュージーランド、辛口、サザン・バンダリー・ワインズ

ニュージーランドのワインで、ゲヴュルツトラミネール100%の辛口ワインです。

ゲヴュルツトラミネール100%なだけあって、気持ちのいい花のアロマや柑橘類の香りとともにスパイシーな風味を味わうことができます。

 

4位

ウィマーラ ゲヴェルツ トラミネール

1,480円 (税込)

詳細情報
オーストラリア、辛口、ローガン・ワインズ【Logan Wines】

オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ産のワインです。

デザートワインにも似た微かな甘味と、輪郭のはっきりした果実のうま味が心を落ち着けてくれます。

 

3位

コノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバ

1,238円 (税込)

詳細情報
チリ、辛口/ミディアムボディ、スマイル

チリのカサブランカヴァレーで造られたワインです。

ライチのような果実の香りと、華やかなバラにミネラルのニュアンスを含んだエキゾチックさを楽しめます。

やわらかくなめらかな口当たりで、長い余韻のなかではミネラルの風味を感じることができます。

 

2位

ゲヴュルツトラミネール フィリップ ボレール

1,790円 (税込)

詳細情報
フランス、辛口、ヴェリタス

フランスのアルザス地方で造られた白ワインです。

フルーティな味わいが強く、ゲヴュルツトラミネールの甘味をほどよく引き出した味わいを持ちます。

ゲヴュルツトラミネールらしいライチの香りも楽しむことができます。

 

1位

コノスル ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタル


コストパフォーマンスがとても高いチリの白ワインです。

ライチの香りが鮮やかで、バラの花びらの甘くエキゾチックな香りも印象に残るでしょう。

しっかりとした酸味がドライな味わいを生んでおり、香りの印象とのギャップを楽しめます。

2,000円以下のゲヴュルツトラミネール白ワイン比較表

商品画像コノスル ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタルゲヴュルツトラミネール フィリップ ボレールコノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバウィマーラ ゲヴェルツ トラミネールホーム・クリーク ワイパラ・ゲヴュルツトラミネール
商品名コノスル ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタルゲヴュルツトラミネール フィリップ ボレールコノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバウィマーラ ゲヴェルツ トラミネールホーム・クリーク ワイパラ・ゲヴュルツトラミネール
価格819円(税込)1,790円(税込)1,238円(税込)1,480円(税込)1,550円(税込)
詳細チリ、辛口フランス、辛口、ヴェリタスチリ、辛口/ミディアムボディ、スマイルオーストラリア、辛口、ローガン・ワインズ【Logan Wines】ニュージーランド、辛口、サザン・バンダリー・ワインズ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

週末や来客などがある日に2,000円以上ベスト5

5位

ローソンズ・ドライヒルズ・ゲヴュルツトラミネール

2,678円 (税込)

詳細情報
ニュージーランド、ワインズ東京

とても豊潤なエキゾチックな香りと花の香りを持ったニュージーランド産の白ワインです。

ライチやバラの花びらなどの濃密なアロマを楽しむことができ、品種の特徴を十分に引き出しています。

 

4位

ヤルデン ゲヴュルツトラミネール


黄桃を思わせる甘味と酸味を持ったイスラエルのワインです。

とろみのある口当たりで、ゲヴュルツトラミネールの味をじっくりと楽しむことができます。

 

3位

レオン・ベイエ ゲヴュルツトラミネール

2,814円 (税込)

詳細情報
フランス、辛口/ミディアムボディ、三国ワイン

フランスのアルザス地方のワインです。

ゲヴュルツトラミネール特有の濃厚な香りと、辛口のなかに含まれるほのかな甘みが特徴です。

スパイシーな料理と相性がよく、和食と一緒でも楽しむことができます。

 

2位

トラミン ゲヴュルツトラミネール

2,624円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、メモス

イタリアのアルト・アディジェ地方のワインです。

マスカットの香りが強く、果実の香りのなかにスパイスやバラのニュアンスを含みます。

ミネラルを含むはっきりとした味わいです。

 

1位

フライシャー ゲヴュルツトラミネール

2,200円 (税込)

詳細情報
フランス、辛口/ミディアムボディ、国分

滑らかな口当たりを持った、フランス・アルザス地方のワインです。

ゲヴュルツトラミネールの味と個性的な香りを楽しむには申し分ないでしょう。

2,000円以上のゲヴュルツトラミネール白ワイン比較表

商品画像フライシャー ゲヴュルツトラミネールトラミン ゲヴュルツトラミネールレオン・ベイエ ゲヴュルツトラミネールヤルデン ゲヴュルツトラミネールローソンズ・ドライヒルズ・ゲヴュルツトラミネール
商品名フライシャー ゲヴュルツトラミネールトラミン ゲヴュルツトラミネールレオン・ベイエ ゲヴュルツトラミネールヤルデン ゲヴュルツトラミネールローソンズ・ドライヒルズ・ゲヴュルツトラミネール
価格2,200円(税込)2,624円(税込)2,814円(税込)2,800円(税込)2,678円(税込)
詳細フランス、辛口/ミディアムボディ、国分イタリア、辛口/ミディアムボディ、メモスフランス、辛口/ミディアムボディ、三国ワイン中辛口、ドラジェ
ニュージーランド、ワインズ東京
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

ゲヴュルツトラミネールまとめ

ゲヴュルツトラミネールはとても個性的な品種で、香りも味わいも独特なものがあります。

また、その個性のなかでも辛口・甘口といった味わいの違いや産地による傾向も異なるので、多様さをも見せてくれます。

ゲヴュルツトラミネールは、その個性と多様さからあきることなく楽しみ続けられるワインといえるでしょう。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>白ワインのぶどう品種一覧

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ワインエキスパート解説】トレッビアーノの特徴からおすすめの白ワイン10選を紹介!

トレッビアーノはイタリアで最も広く栽培されている、デイリーワインの代表的ぶどう種です。 トレッビアーノの白ワインと

【ソムリエ解説】アリゴテとは?特徴からアリゴテのおすすめの白ワイン10選まで紹介

ブルゴーニュ地方の家庭では、シャルドネよりもアリゴテ が日常的に飲まれているのをご存知ですか。 シャルドネに肩を並

【ソムリエ監修】セミヨンとは?特徴からのおすすめの白ワイン10選を紹介

ボルドーの白ワインでおなじみのセミヨン。スッキリした味わいの爽やかな辛口ワインを作り出す品種です。そんなセミヨンは世

【ソムリエ監修】パロミノの特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

酒精強化ワイン・シェリーの品種として有名なパロミノ。 今回は、そんなパロミノの特徴から、おすすめのワインまでご紹介

【ソムリエ監修】シュナン・ブランの特徴から、おすすめ白ワイン15選を紹介

辛口から甘口まで種類豊富なシュナン・ブラン。 今回はシュナン・ブランの特徴から、おすすめのワインをご紹介します。

【ソムリエ監修】アルバリーニョとは?特徴、合う料理、おすすめ白ワイン10選を紹介

みなさんはアルバリーニョをご存知ですか?あまり聞いたことがない人が多いかもしれませんね。 実はこのアルバリーニョの

【ソムリエ監修】ミュスカとは?特徴からおすすめの白ワイン10選まで紹介

ミュスカと聞くと、よくわからないという人も多いかもしれません。しかし実はこれ、日本でもおなじみのマスカットのことで、

白ワインのぶどう品種一覧!20種類をソムリエが解説!

白ワインが好きなんだけど、気が付くといつも同じワインばかり飲んでいる、なんていうことはありませんか? 気分転換に、

【ソムリエ監修】シルヴァネールはどんな品種?特徴からおすすめの白ワイン10選を紹介!

フランス・アルザスやドイツ・フランケンの白ワインがお好きな方は、シルヴァネールのワインを飲んだことがある人が多いかと

【ソムリエ監修】グリューナー・フェルトリーナーとは?特徴からおすすめの白ワイン10選を紹介

グリューナー・フェルトリーナーのワインといえば、様々な用途や料理に使える汎用性の高さから今最も注目を集めているワインの

白ワインの選び方


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP