【ソムリエ監修】イタリアの白ワイン品種!コルテーゼの特徴とおすすめ白ワイン10選を紹介!

2018/10/05
おすすめ白ワイン

ソース

イタリア・ピエモンテ州の代表的な白ワイン「ガヴィ」の原料で知られる品種が、コルテーゼです。

コルテーゼ100%のガヴィをはじめ、コルテーゼ を使った白ワインはほのかな甘みの果実味と酸味のバランスが良く、魚料理に相性ピッタリ。手頃な価格なので、日常使いのテーブルワインにもおすすめです。

今回は、コルテーゼの特徴からおすすめのコルテーゼの白ワインをご紹介していきます!

記事の監修者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

コルテーゼとは


ソース

コルテーゼは、イタリア北部のピエモンテ州で栽培されている白ワイン品種です。糖分と酸のバランスがとれたニュートラルな味わいのワインになり、とくにガヴィ地区で造られている白ワイン「ガヴィ」が有名です。

ガヴィは、日本でもおなじみのピエモンテの郷土料理「バーニャカウダ」にとても合うワイン。

ガヴィはアレッサンドリアにある生産地で、1998年にイタリアでの格付け最高ランクDOCG(統制保証付原産地呼称)ワインに昇格しました。

ガヴィを名乗るワインは、コルテーゼ 100%の単一品種で造ることが義務付けられていて、他の品種をブレンドすることはできません。

ガヴィをはじめ、コルテーゼで造られる白ワインは爽やかな果実の香りが豊かで、果実味が強いという特徴があります。スッキリした酸味で、スッと飲めるワインです。

コルテーゼの特徴

コルテーゼという品種からどのようなワインが出来上がるのでしょうか?その特徴を見てみましょう。

品種について

コルテーゼは皮が薄く、金色がかった緑をしたブドウです。糖分と酸のバランスに優れ、3年以内に飲む若飲みタイプのワインがほとんどです。

コルテーゼで造られたワインは、酸の調和がとれた辛口のワインに仕上がります。やや緑色を帯びた麦わら色で透明感があり、柑橘系の果実のようなフレッシュな香りと心地良い酸味をもったすっきりしたワインです。

コルテーゼの白ワインの選び方

コルテーゼの白ワインを選ぶときにチェックしたいのは、味わい、産地、予算です。

それぞれについて、見ていきましょう。

味わいで選ぶ

ソース

コルテーゼの白ワイン、は造られる地域や土壌で若干味わいは異なります。総じて酸味が強め、果実味が豊かで爽やかなワインになります。

そのほとんどが辛口ですが、18世紀まではガヴィ地区でも甘口のワインが造られていました。

19世紀に入ると、魚料理に合うワインが求められるようになり、辛口ワインの生産が増えていったようです。それで生み出されたのが「ガヴィ」で、当初の目的通り魚介類の料理によく合うワインが出来上がったのです。

魚料理に会うワインとして造られただけあって、ガヴィは魚介を使った料理全般にとてもよく合います。焼き魚などの和食にも合うので、ぜひ試してみてください。

産地で選ぶ

ソース

コルテーゼは北イタリアのピエモンテ州、アスティやアレッサンドリアを中心に栽培されています。生産地域が限定されているため、生産量は多くはありません。はロンバルディア州やヴェネト州などで、若干栽培されているくらいです。

ピエモンテは冷涼な地域なので、コルテーゼは太陽を求めて南向きの斜面で造られています。その多くは石灰質が主体の土壌なので、そこで生育したコルネーぜを使ったワインはミネラル豊富な味わいになります。

コルテーゼ といえばやはりガヴィ地区で造られているDOCGワインのガヴィが有名で、コルテーゼ 100%の味わいは世界中で人気を集めています。

予算で選ぶ

ソース

ワインを選ぶときに気になるのは、やはり予算でしょう。日常使いなら2,000円未満、特別な日や来客用には2,000円以上で選ぶと良いでしょう。目的にかなうコルテーゼワインが見つけられます。

高級なものでも5,000円程度で購入でき、価格的には庶民的なワインばかりです。品質は安定していますので、いろいろ試して地域やワイナリーの違いを感じてみるのも楽しいでしょう。

ソムリエ厳選!コルテーゼの白ワイン10選

それでは厳選したコルテーゼの白ワインを、予算別でご紹介します。ぜひワイン選びの参考にしてください。

日常使いにおすすめ!2,000円未満ベスト5

5位

アラルディカ ピエモンテ・コルテーゼ

1,030円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ライトボディ、

コルテーゼ100%のピエモンテ産ワインです。

青リンゴのような、甘酸っぱいフレッシュな香りが特徴。香りを楽しみたい人におすすめです。果実味豊かで、バランスのとれた味わい。酸味はスッキリとして少なめなので、ワインに慣れない人でも飲みやすいでしょう。

キリッと冷やして、野菜や和食などに合わせてお召し上がりください。

 

4位

コルテーゼ・アルト・モンフェッラート・グラッフィティ

1,209円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、テヌーテ ネイラーノ

生産者のネイラーノは100年近い歴史があり、高品質なワインを造り続けているワイナリーです。アスティとアレッサンドリア地域のコルテーゼ 100%で造られたワインで、わずかに発泡性が感じられる辛口です。

緑がかった麦わら色。フレッシュで生き生きとした味わいで、魚介類の料理によく合います。コスパ抜群で、テーブルワインとしておすすめです。

 

3位

フォンタナフレッダ ガヴィ デル コムーネ ディ ガヴィ

1,680円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、モンテ物産

イタリアでワインの王とも称されるバローロ。そのバローロ生産者の中でリーダー的存在フォンタナフレッダが手がけるガヴィです。

薄いレモン色で、青リンゴ、レモンなどの柑橘系のフレッシュな香り。辛口ながら、まろやかでコクがあるバランスのとれた味わいです。

ミネラルも豊富で、寒冷な北イタリア産特有のキリッとした酸が特徴。ブドウ本来の風味を楽しみたい方におすすめです。

 

2位

ガヴィ アウロラ 2017 ロベルト サロット

1,382円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、ロベルト サロット

長時間の低温発酵を行うことで、果実味が豊かな味わいに仕上がったガヴィです。蜜たっぷりのリンゴやグレープフルーツを思わせる柑橘系の香り。ナッツのニュアンスも感じられます。

スッキリした酸味とほのかな甘さ、柑橘系特有のほろ苦さが調和しています。爽やかな飲み心地の辛口が好きな方におすすめです。

 

1位

フラテッリ ジャコーザ  ガヴィ

1,392円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、フラテッリ・ジャコーザ

フラテッリ ジャコーザは「ワインの品質は畑で決まる」を基本理念に、二組の親子が経営するワイナリーです。

淡い麦わら色で、コルテーゼ 特有の爽やかな柑橘系の香り。キリッとした酸が心地よい爽やかな飲み口で、バランスの良い味わいです。少し冷やして、野菜や魚介類の前菜、パスタと合わせてどうぞ。

手ごろな価格なので、日常使いのワインとしていつも手元に置いておきたい1本です。

2,000円未満!コルテーゼの白ワイン比較表

商品画像フラテッリ ジャコーザ  ガヴィガヴィ アウロラ 2017 ロベルト サロットフォンタナフレッダ  ガヴィ デル コムーネ ディ ガヴィ コルテーゼ・アルト・モンフェッラート・グラッフィティアラルディカ ピエモンテ・コルテーゼ
商品名フラテッリ ジャコーザ  ガヴィガヴィ アウロラ 2017 ロベルト サロットフォンタナフレッダ ガヴィ デル コムーネ ディ ガヴィコルテーゼ・アルト・モンフェッラート・グラッフィティアラルディカ ピエモンテ・コルテーゼ
価格1,392円(税込)1,382円(税込)1,680円(税込)1,209円(税込)1,030円(税込)
詳細イタリア、辛口、フラテッリ・ジャコーザイタリア、辛口、ロベルト サロットイタリア、辛口/ミディアムボディ、モンテ物産イタリア、辛口、テヌーテ ネイラーノイタリア、辛口/ライトボディ、
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

週末や来客などがある日に2,000円以上ベスト5

5位

ピエモンテ コルテーゼ ラ ロッカ  アルビーノ ロッカ

3,704円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口

アルビーノ・ロッカは、バローロと並ぶピエモンテのワイン・バルバレスコの造り手として高い評価を受けるワイナリーです。

輝きのあるストロー・イエローに、黄色い花のようなさわやかでフルーティーな香り。柔らかな風味とフレッシュな酸味がバランスの取れた味わいです。 魚貝のパスタ、バーニャカウダによく合うでしょう。

来客にもてなしても恥ずかしくない高いクオリティで、ホームパーティーに添えれば場が華やぎます。

 

4位

バンフィ プリンチペッサ ガヴィア ガヴィ

2,011円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ

バンフィはイタリアでトップクラスのワイナリーです。原料のコルテーゼ は、ガヴィ地域にある単一の自社畑で栽培されたもの。淡い麦色で、強いパイナップルとりんごの香りがします。バランスが良く柔らかな酸味に、繊細でドライな味わいが楽しめるでしょう。よく冷やして食前酒にどうぞ。

前菜やシーフードにもよく合います。週末のゆっくりした時間に味わいたい1本です。

 

3位

ヴィッラ・スパリーナ ガヴィ・ディ・ガヴィ

2,700円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口

ヴィッラ・スパリーナは、ガヴィの優れた生産者として国内外で高い評価を得ているワイナリーです。

薄くグリーン色を帯びた麦わら色で、リンゴや花を思わせる華やかで複雑な香り。キリッとした酸味とさわやかな果実味がバランスの良く、余韻が長く続きます。

この品質で3,000円未満は、コストパフォーマンス抜群。記念日など特別な日に用意すれば、素晴らしい思い出を残してくれるでしょう。

 

2位

ガヴィ・オットソルディ

2,160円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口

バルバレスコで名声を得たオットソルディが手がけるガヴィです。

白桃やリンゴ、グレープフルーツなどの熟した果実味の豊かな香り。白い花のようなフローラルなニュアンスも感じられます。 しっかりとした骨格と複雑な味わい。長い余韻が続くでしょう。カルパッチョなどの魚料理によく合います。

この価格でこのクオリティはとてもお買い得。ガヴィを初めて試すという方に、ぜひ味わってもらいたいワインです。

 

1位

ガヴィ ラ スコルカ

7,408円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、日欧商事

樹齢60年以上の木から収穫された、厳選したコルテーゼのみを使用。厳格的な伝統手法で造られています。

骨格のしっかりした辛口で、濃い香りが長く続きます。香りは熟成の程度により、フルーティなものからフローラルに変化していきます。コクのある芳醇な味わいで、アーモンドやウォルナッツを思わせる余韻が続くでしょう。

鶏肉料理や魚料理によく合います。特別なガヴィを味わいたい人はぜひどうぞ。

2,000円以上!コルテーゼの白ワイン比較表

商品画像ガヴィ  ラ スコルカガヴィ・オットソルディヴィッラ・スパリーナ ガヴィ・ディ・ガヴィバンフィ  プリンチペッサ ガヴィア ガヴィピエモンテ コルテーゼ ラ ロッカ  アルビーノ ロッカ
商品名ガヴィ ラ スコルカガヴィ・オットソルディヴィッラ・スパリーナ ガヴィ・ディ・ガヴィバンフィ プリンチペッサ ガヴィア ガヴィピエモンテ コルテーゼ ラ ロッカ  アルビーノ ロッカ
価格7,408円(税込)2,160円(税込)2,700円(税込)2,011円(税込)3,704円(税込)
詳細イタリア、辛口、日欧商事イタリア、辛口イタリア、辛口イタリア、辛口/ミディアムボディイタリア、辛口
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

コルテーゼ はガヴィで味わおう

コルテーゼの白ワインを10本、厳選してご紹介しました。

コルテーゼ は基本的にはガヴィで味わうことができます。魚介料理に合わせて、芳醇な果実味と爽やかな酸味を楽しみましょう。

手頃な価格なので、日常使いに常備しておくのもいいですね。少し奮発すれば、一流ワイナリーの熟成した高品質なワインも楽しむことができます。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>白ワインのぶどう品種一覧

     

関連記事

【ソムリエ監修】イタリアの甘口ワイン、アスティのおすすめ10選を紹介!度数低めで飲みやすい!

ソース アスティはアルコール控えめな甘口で飲みやすく、日本でも大人気。価格もリーズナブルで、テーブルワインにもピッ

【ソムリエ監修】ピエモンテのワインの魅力を解説!特徴からおすすめのワインまで紹介

ソース ピエモンテはトスカーナと並ぶイタリアを代表する銘醸地です。 イタリアで最も格付けワインが多く、バローロ、

【ソムリエ監修】イタリアのおすすめ白ワイン20選!特徴と選び方から解説

ソース ここ最近のワインの生産量世界一といえば、フランスを抑えてイタリアです。 そのため種類も多く、どのワインを選べ

【ソムリエ監修】ピエモンテの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

イタリアのトスカーナ州と並び、屈指の赤ワインの銘醸地で知られているピエモンテ。 そしてこの地区の名前を聞くと真っ先に飲

【ソムリエ監修】フォンタナフレッダのワインおすすめ5選

  フォンタナフレッダは、王のワインと言われるイタリアワイン「バローロ」の代表的造り手で、世界にその名を広め

【ソムリエ監修】シルヴァネールの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース みなさんはシルヴァネールという品種を耳にしたことがあるでしょうか? ドイツやフランスの限られた地域で栽培さ

【ソムリエ監修】ガルガーネガの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ガルガーネガは、主にイタリアのヴェネト州で栽培されている品種です。「ソアーヴェ」というDOC(原産地呼称)

【ソムリエ監修】アルバリーニョの白ワインおすすめ10選! 選び方のコツも解説

ソース みなさんはアルバリーニョをご存知ですか?あまり聞いたことがない人が多いかもしれませんね。 実はこのアルバリ

【ソムリエ監修】フルミントの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース 白ワインのブドウ品種として異彩を放つ「フルミント」をご存知ですか?フルミントは、世界三大貴腐ワインであるハン

【ソムリエ監修】ピノ・グリのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ソース ピノ・グリはフランス・アルザス地方の高貴品種として知られています。多くのワイナリーがピノ・グリの魅力を活かし

白ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介