【ソムリエ監修】アルバリーニョとは?特徴、合う料理、おすすめのワイン10選を紹介

2019/02/27 おすすめ白ワイン

みなさんはアルバリーニョをご存知ですか?あまり聞いたことがない人が多いかもしれませんね。

実はこのアルバリーニョの白ワイン、魚介類との相性も抜群なんです!

今回は、アルバリーニョの特徴やワインの選び方、おすすめの白ワイン10選をご紹介していきます。


記事の監修者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。



アルバリーニョとは

スペインのガリシア地方とポルトガルのミーニョ地方を中心に栽培されている白ワインの品種です。

もともとは他の品種とブレンドして使われることが多かったブドウ品種ですが、1986年ごろから単一醸造品種として認められ始め現在に至ります。

華やかなフルーツの香りと豊かな果実感がヨーロッパで愛され、アメリカでも受け入れられました。日本でも人気が高まってきているところです。

アルバリーニョの特徴

ブドウの特徴

皮が厚いため、高湿度に強く、高いアルコール、酸、芳香を生成する能力です。

ワインの味わい

アルバリーニョの味の特徴は、まず柑橘系の爽やかな香り、華やかなフルーティさ、そして、海藻や磯を思わせるヨード香です。

リッチな果実感よりも、それ以上にキレのある酸味とコクを強く感じる品種となっています。

 

アルバリーニョのワインに合わせる料理

磯の香りが特徴のアルバリーニョは、シーフードや甲殻類と大変好相性です。

タコやイカ、エビや貝のお刺身との相性は最高です。

アルバリーニョのほのかな果実の甘さと磯の香りそしてミネラリー感が、甘みあるタイプのお刺身の旨みを引き出します。

スペイン産

スペインのアルバリーニョならポルボ・ア・フィイラというゆでダコにオリーブオイルとパプリカをふりかけた郷土料理がおすすめです。

 

ポルトガル産

ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデなら魚介のヴィネガーやポン酢を効かせたサラダや野菜料理と好相性です。

 

日本産

日本のアルバリーニョは塩でいただく天ぷらや、金目鯛やのどぐろの塩焼き、水炊きなどと合わせるのがおすすめです。

 

アルバリーニョの白ワインの選び方

産地で選ぶ

スペイン、ガリシア地方

スペイン北西部ガリシア州のリアスバイシャス地方で多く栽培されています。

リアス式海岸沿岸部や谷で主に栽培される品種で、高温多湿にも強いと言われています。

スペイン国内でアルバリーニョは、高級白ワインの位置付けです。ミネラル感とシャープな酸が特徴の辛口ワインに仕上がります。

 

ポルトガル、ミーニャ地方

ポルトガル西北端、スペインとの国境に位置するミーニョ地方では、緑のワインと呼ばれるヴィーニョ・ヴェルデに使用される品種として栽培されています。若摘みされたブドウから若草色のワインなることから、緑のワインと呼ばれています。

ヴィーニョ・ヴェルデは微発泡で熟成期間が短いため、ブドウそのもののみずみずしい味わいが口に広がります。

アルコール度数低めなので大変飲み易く感じます。

 

日本

高温多湿に強いアルバリーニョは、なんと日本でも栽培されている品種です。

リアスバイシャスと同じように、海岸沿いで海からの影響をうける新潟県の越前浜や、激しい温度差がブドウ栽培に向く大分県の安心院などで栽培されています。

白桃やアプリコットのなどのエレガントで甘酸っぱさのある香りが特徴で、アルバリーニョならではのフレッシュな酸とのバランス良好です。

 

予算で選ぶ

普段のテーブルワインとして楽しむなら2,000円未満のワインでも十分楽しめます

夏場にはさっぱりとしたワインが飲みたくなりますが、カルパッチョなどと共に喉の渇きを癒すのにまずはアルバリーニョの白ワインを一杯というのもいいかもしれません。

一方、2,000円以上のワインとなると、少し大事に味わいながら飲みたいものです。若飲みのワインではなく熟成を少し楽しめるワインになります。

濃厚なアロマが特徴なので、ガブガブ飲むよりも少し静かにゆっくりと食事を楽しみながら一緒に飲みたいワインです。

 

アルバリーニョのおすすめワイン10選

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。

ホームワインを詳しく見る

※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

 

デイリーワインのおすすめ!予算2,000円

5位

アデガ・デ・モンサン エスコーリャ ヴィーニョ・ヴェルデ

詳細情報
原産国名 ポルトガル
メーカー名 アデガ・デ・モンサン エスコーリャ
味わい 辛口
果実 % 白ブレンド

ポルトガルの飲食店でも大人気のアデガ・デ・モンサオン エスコーリャ ヴィーニョ・ヴェルデです。ポルトガルを代表する白ワインと言っても過言ではありません。

グレープフルーツやシトラスと言った柑橘系の香りと、ジューシーでみずみずしい果実味が特徴です。味がしっかりしているのに値段が安く、ブレンドされていますが、アルバリーニョの魅力がしっかり伝わってきます。

 

4位

ガタオ・ヴィーニョ・ヴェルデ

詳細情報
原産国名 ポルトガル
メーカー名 メルカード・ポルトガル

緑のワインを意味するヴィーニョ・ヴェルデ、その意味の通り、フルーティで、フレッシュな味わいが魅力の白ワインです。
アルコールが9%と少し低めなので、お酒が弱い方にもオススメです。

 

3位

リバフラヴィア リアス バイシャス アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
メーカー名 リバフラヴィア リアス
産地(地方) リアス・バイシャス

アルバリーニョの最高の産地とも言われるリアス・バイシャスが産地のワインです。

グレープフルーツなどの柑橘系を主体とした爽やかなフルーツの香りがあります。ふくよかな桃やライチや白い花のニュアンスも感じられます。栓を開けてしばらく経つと洋梨の香りが出てきます。

 

2位

コンウンパール アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年)2016
果実 % アルバリーニョ100%

リアス・バイシャスのアルバリーニョ100%で造られている白ワインです。金色の輝き、オレンジのような香りが感じられます。香りが高く、洋梨やホワイトビーチの華やかさも感じます。

酸味がありフレッシュですが、複雑感があり、エレガントな爽やかさが特徴です。

 

1位

ビオンタ アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 13 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
果実 % その他

ビオンタという名前は、ワイナリー近くの入り江の先にある島の名前からとられています。すっきりとした酸味とキレのある辛口のワインです。熟したリンゴやみずみずしい洋梨をイメージさせます。

海が近いため、ミネラリティで塩の風味も少し感じられるので、魚介類と良く合います。

2,000円以下のアルバリーニョ比較表

商品画像ビオンタ アルバリーニョ コンウンパール アルバリーニョリバフラヴィア リアス バイシャス アルバリーニョガタオ・ヴィーニョ・ヴェルデアデガ・デ・モンサン エスコーリャ ヴィーニョ・ヴェルデ
商品名ビオンタ アルバリーニョコンウンパール アルバリーニョリバフラヴィア リアス バイシャス アルバリーニョガタオ・ヴィーニョ・ヴェルデアデガ・デ・モンサン エスコーリャ ヴィーニョ・ヴェルデ
詳細アルコール度数 13 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
果実 % その他
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年)2016
果実 % アルバリーニョ100%
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
メーカー名 リバフラヴィア リアス
産地(地方) リアス・バイシャス
原産国名 ポルトガル
メーカー名 メルカード・ポルトガル
原産国名 ポルトガル
メーカー名 アデガ・デ・モンサン エスコーリャ
味わい 辛口
果実 % 白ブレンド
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

プレゼント2,000円~5,000円

5位

バルミニョール アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) ガリシア
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年)2017

リアス・バイシャスでは伝統的な製法でワイン造りが行われていますが、その中で最新の設備を用いて造られているのがこのワインです。

世界に3台しかないと言われている圧縮機を導入するなど、積極的に革新が行われています。伝統とテクノロジーを融合させた新しい手法が特徴です。

グレープフルーツやレモン、ライムを感じる爽やかでフレッシュな香りと、ピュアな果実感が特徴で、豊富なミネラルが感じとれ、溢れる酸味がバランスよく仕上がっています。

 

4位

ユニオンリカーズ ラモン ビルバオ アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
果実 % 100% Albarino

海から1キロほど広がる畑から大切に手摘みされたブドウを使用しており、フレッシュでエキゾチックなテイストのワインです。

原料であるブドウにこだわっており、特別な原産地呼称による規定以上のレベルの品質を生み出しています。

社名をブランドにしているところからもこのワイナリーのワインに対する自信が感じられます。

 

3位

Señorío de Sobral, Albariño セニョリオ・デ・ソブラル、アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
メーカー名 白井松新薬
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年) 2017
果実 % 100% Albariño

時代の変化に合わせ、いち早くアルバリーニョを用いた高品質で少量生産の方向に製造スタイルをチェンジした会社で、今ではこの地区のリーダー的ワイナリーです。

アロマを最大限に活かすために、比較的低温のステンレスタンクでゆっくりと発酵させています。

透明感のある黄金色で、ハーブを感じるアロマが特徴です。青リンゴの華やかな果実感とフレッシュで程よい酸味があります。

 

2位

レゲンゴ・デ・メルガッソ・アルヴァリーニョ・レゼルヴァ・ブリュット・スパークリング

詳細情報
ブランド レゲンゴ・デ・メルガッソ
原産国名 ポルトガル
内容量 1
メーカー名 レゲンゴ・デ・メルガッソ

アルバリーニョ100%の白ワインはたくさんありますが、アルバリーニョ100%のスパークリングワインは珍しいものです。

伝統的なシャンパーニュ製法を採り、瓶内で二次発酵させたスパークリングです。香りが豊かでふくよかな旨みが感じられるワインです。

 

1位

ソアリェイロ・レゼルヴァ

詳細情報
生産者 ソアリェイロ
Soalheiro
地域 ポルトガル・ヴィーニョ・ヴェルデ地方
ブドウ品種 アルヴァリーニョ100%
アルコール度数 13%

 

ブドウはそのほとんどが有機農法で栽培され、情熱を持ったチームによってワイン造りが行われています。

手摘みされたブドウはプレスされた後、48時間タンクで低温のまま寝かされ、その後20℃に保たれたままフレンチオークの樽で30ヵ月発酵されます。

見事なアロマが広がる、濃厚で華やかなワインです。年間3,000本しか生産されていないプレミアムな1本です。

2,000~5,000円のアルバリーニョ比較表

商品画像ソアリェイロ・レゼルヴァレゲンゴ・デ・メルガッソ・アルヴァリーニョ・レゼルヴァ・ブリュット・スパークリングSeñorío de Sobral, Albariño セニョリオ・デ・ソブラル、アルバリーニョユニオンリカーズ ラモン ビルバオ アルバリーニョバルミニョール アルバリーニョ
商品名ソアリェイロ・レゼルヴァレゲンゴ・デ・メルガッソ・アルヴァリーニョ・レゼルヴァ・ブリュット・スパークリングSeñorío de Sobral, Albariño セニョリオ・デ・ソブラル、アルバリーニョユニオンリカーズ ラモン ビルバオ アルバリーニョバルミニョール アルバリーニョ
詳細生産者 ソアリェイロ
Soalheiro
地域 ポルトガル・ヴィーニョ・ヴェルデ地方
ブドウ品種 アルヴァリーニョ100%
アルコール度数 13%
ブランド レゲンゴ・デ・メルガッソ
原産国名 ポルトガル
内容量 1
メーカー名 レゲンゴ・デ・メルガッソ
アルコール度数 12.5 %
メーカー名 白井松新薬
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年) 2017
果実 % 100% Albariño
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
果実 % 100% Albarino
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) ガリシア
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年)2017
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

アルバリーニョまとめ

日本は海産物が豊富で、お刺身や、お寿司を楽しむ機会が多い国です。そんな日本食にぴったりなワインがお手頃価格で手に入れあられるのはうれしいですよね。

次の食事の時にはぜひこのアルバリーニョを試してみてください。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

<

p style=”text-align: left;”>>>白ワインのぶどう品種一覧

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ガルガーネガはどんな品種?特徴からおすすめのワイン10選を紹介

ガルガーネガは、主にイタリアのヴェネト州で栽培されている品種です。「ソアーヴェ」というDOC(原産地呼称)を名乗

ゲヴュルツトラミネールとは?特徴からおすすめのワイン10選までソムリエが解説

比較的にお手頃なものが多いゲヴュルツトラミネールの白ワイン。一度は飲んだことがあるかと思います。 ただ、品

ヴィオニエはどんな品種?特徴から、おすすめワイン15選までご紹介!

「ヴィオニエ」という品種をご存知ですか。 シャルドネやソーヴィニヨン・ブランほどメジャーではありませんが、

【ソムリエ監修】シャルドネの人気おすすめワイン30選を徹底解説!

白ワインで最も人気の品種、シャルドネ。 世界中で栽培され、同じシャルドネでも、産地・生産者によってさまざま

ピノ・グリ(ピノ・グリージョ)とは?特徴からのピノ・グリのおすすめワイン10選をご紹介!

ピノ・グリはフランス・アルザス地方の高貴品種として知られています。 多くのワイナリーがピノ・グリの魅力を活

【ソムリエ監修】白ワインのぶどう品種20種類とおすすめワインを解説!

白ワインが好きなんだけど、気が付くといつも同じワインばかり飲んでいる、なんていうことはありませんか? 気分

【ソムリエ監修】コルテーゼはどんな品種?特徴とおすすめのワイン10選を紹介!

イタリアを代表する白ワイン「ガヴィ」の主要品種として有名なコルテーゼ。 その特徴やガヴィ以外にどんなワイン

【ソムリエ監修】フルミントとは?特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

フルミントは、世界三大貴腐ワインであるハンガリーのトカイワインの原料として有名です。 高級なデザートワインから

トレッビアーノとは?特徴からおすすめのワイン10選をワインエキスパートが紹介!

トレッビアーノはイタリアで最も広く栽培されている、デイリーワインの代表的ぶどう種です。 トレッビアーノの白

日本初の世界品種 「甲州」とは?特徴からおすすめ白ワイン15選を紹介

甲州は日本の独自の国際品種として始めて世界に認められたブドウ品種です。 その繊細で穏やかな味わいはこれまで

【ソムリエ監修】リアス・バイシャスのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

リアス・バイシャスはスペイン北西部ガリシア州に属する地区です。 1年のうち約200日が雨という豊富な雨量か

白ワインの選び方

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP