カルメネールはどんな品種?カルメネールのおすすめワイン、合う料理まで紹介!

2020/01/20
おすすめ赤ワイン

カルメネールというブドウをご存知ですか?

カルメネールのワインは、日本であまり流通していないので、よく知らない方も多いと思います。

今回は、カルメネールの特徴から、おすすめの赤ワイン、カルメネールに合う料理までご紹介します。

記事の執筆者

篠崎 裕江

日本ソムリエ協会認定 ソムリエ

好きなワインは枯れかけてきたブルゴーニュの赤と、Blanc de Blancs のシャンパーニュ! 大学時代、ワインの魅力にはまり勉強を始める。都内のホテルに就職し資格取得後はソムリエとして活躍。 その後ワイン商社勤務を経て現在はアメリカ在住。 スーパーで、日本では手に入らないようなデイリーワインを物色するのが楽しい今日この頃…

カルメネールとは

カルメネール(Carménère)はカベルネ系の黒ブドウ品種です。

 

カルメネールの原産地

原産地は、フランスのボルドー地方です。

元々ブレンド用の補助品種として栽培されていました。

ヴィティスヴィニフェラ(ヨーロッパ系品種)の中で、他の品種よりも古くから存在していたと言われています。

しかし、1860年代の壊滅的なフィロキセラ被害により絶滅し、現在ボルドーではほとんど栽培されていません。

 

カルメネールの主要産地

カルメネールの栽培面積で世界1位を誇るのが、南米のチリです。

19世紀にボルドーから輸入されていましたが、長い間メルローだと混同されていました。

1998年にカルメネールが独立した品種である事が公式に認めらます。

 イタリア東部のヴェネト州、フリウリヴェネツィア・ジューリア州辺りや、アメリカでもごく少量の栽培が見られるものの、日本での入手は大変困難です。

 

カルメネールの特徴

ブドウの特徴

カルメネールは完熟するまでに時間のかかる品種です。

収穫時期が早すぎると青臭さが残りますが、しっかりと成熟させてから収穫すると、フルーティでジューシーな果実味を楽しめるワインとなります。

 

ワインの特徴

カルメネールの「Carmine」が「真紅の」とい意味を持つように、カルメネールから造られたワインは、大変深く濃い赤色になります。

レッドベリー系のアロマに、ほのかに燻製香やスパイシーなニュアンスがあるのも特徴です。

 

もともとはブレンド品種

原産地であるボルドーでは、元々カベルネ・ソーヴニヨンとブレンドすることで、カルメネールの個性を最大限に引き出せると思われていました。

現在チリでもカベルネ・ソーヴィニヨンとのブレンドが一般的ですが、カルメネール主体、または100%のワインも増えてきています。

 

カルメネール主体のワイン

カルメネール主体のワインは酸やタンニンが柔らかく、ミディアムボディに仕上がります。

味わいはフルーティでまろやか、フェミニンな印象なので、ワイン初心者の女性でも受け入れやすいワインです。

 

カルメネールの選び方のポイント

カルメネールのワインは、カベルネ・ソーヴィニヨンのように世界各地で造られている訳ではないです。そのため、購入出来るワインの種類は限られています。

価格帯には幅があるもの、比較的リーズナブルなものも多いので、とりあえず何本か試してみてご自身の好みを確認すると良いです。

ワインの品質や味わいに大きく影響してくるのは、やはり造り手の意向です。

例えば、

「完全ビオディナミの自然」、

「条件の良い畑からのブドウだけを使用している」、

「樽で長く熟成してから瓶詰めしている」、…

など多くにこだわったワインは、価格も高めの設定ですが満足度も高いです。

 

カルメネールのおすすめ赤ワイン10選

カルメネール主体、又はカルメネール100%のワインでおすすめをご紹介いたします。

 

10位 アロモ カルメネール

アロモ カルメネール

900円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:チリ、マウレヴァレー
品種:カルメネール

レッドベリー系果実のアロマとブラックペッパーニュアンスが調和した、カルメネールらしい味わいを楽しめる1本です。

 

9位 パヌール カルメネール リゼルヴ オーク・エイジド エラスリス・オバリェ

パヌール カルメネール リザーブ オーク・エイジド 赤

1,210円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:チリ
品種:カルメネール

エラスリス・オバリェは、チリでの最大規模の家族経営ワイナリーです。

 

よく熟したソルダムやネクタリン、ラズベリーなどの爽やかアロマに、凝縮した果実味が非常に上手く調和しています。

ジューシーで軽やかな印象ですが、奥行きのある味わいに仕上がっており、コスパに優れた1本です。

 

8位 サンタ・ディグナ・カルメネール ミゲル トーレス

ミゲル トーレス サンタディグナ カルメネール

1,878円 (税込)

詳細情報
度数:14 %
味わい:フルボディ
産地:チリ
品種:カルメネーレ、カベルネソーヴィニヨン

「キングオブスペイン」と称される世界屈指の名門トーレス社が、チリで手掛けるワインです。

 

ブラックチェリーやワイルドベリー、マーマレードなどのフェミニンなアロマに、スパイシーなニュアンス感じられます。

口当たりは滑らかで、フルーティさが前面に出たジューシーで豊かな味わいが特徴です。

万人受けするタイプなので、とりあえずカルメネールを初めて試すという方には特にオススメです。

 

7位 ロス・ヴァスコス・カルメネール・グランレゼルヴ ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト

カルメネール グランド レゼルブ [2017] ロス ヴァスコス

2,147円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:チリ、コルチャグア ヴァレ-
品種:カルメネーレ

五大シャトーのひとつであるシャトー・ラフィットを所有するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトが、チリで手掛けるワインです。

エチケットには紋章である5本の矢のロゴマークがしっかり入っています。

 

さくらんぼやプラム、ブラックベリーなどの華やかなアロマに、エレガントな口当たりが印象的です。

洗練された果実味にブドウそのものの甘さも感じられ、バラの花びらを思わせる余韻が心地よく続きます。

 

6位 グラン・タラパカ   カルメネール

グランタラパカ カルメネール

1,424円 (税込)

詳細情報
度数:14 %
味わい:ミディアムフルボディ
産地:チリ
品種:カルメネーレ

タラパカ社はコンクールなどで多くの受賞歴のある、実力派ワイナリーです。

 

ワイルドベリーやラズベリー、ソルダムなどのアロマに、カルメネール特有のスパイシーさが顕著に感じられます。

洗練された果実味に、溶け込んだタンニンと穏やかな酸とが上手く調和した、非常に上品な仕上がりです。

 

5位 ベンティスケーロ グレイ カルメネール

【ベンティスケーロ】グレイ(カルメネール)

3,240円 (税込)

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:フルボディ
産地:チリ
品種:カルメネーレ

ベンティスケーロはチリ国内で大変人気の造り手であり、コンクール等での受賞歴は最多数を誇ります。

100%フレンチオークで最低15か月、瓶詰め後最低8カ月の熟成を経てリリースされるリッチなワインです。

 

イチゴやラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーなどの豊かなアロマに、しっかりとした黒胡椒の風味が感じられます。

ふくよか骨格でさくらんぼやミント、カカオなど味わいに、程よい酸が上品な仕上がりです。

 

4位 コイレ ロヤール カルメネール

コイレ ロヤール カルメネール[2016]

3,300円 (税込)

詳細情報
産地:チリ、コルチャグアヴァレー
品種:カルメネール85%、マルベック9%、プティヴェルド3%、カベルネフラン3%

コイレは環境に配慮した造り手であり、2008年からビオディナミ農法を取り入れ、2012年に認証されています。

ブドウの収量を抑えて高品質なワイン造りをモットーに掲げています。

 

プラムやブラックベリー、ワイルドベリーなどのアロマに、シルキーな口当たりが特徴的です。

味わいには深みがあり、しっかりとしたコクに程よいタンニンが調和しています。

上品でバランスの取れたリッチな仕上がりで、満足度の高い1本です!

 

3位 モンテス パープル・エンジェル

モンテスS.A. モンテス・パープル・エンジェル[2016]

6,908円 (税込)

詳細情報
産地:チリ、セントラル・ヴァレー
品種:カルメネール92% プティ・ヴェルド8%

モンテスはチリ最高峰と称される名門ワイナリーです。

パープル・エンジェルは、オバマ元大統領がチリを公式に訪れた際、晩餐会で出されるたワインとして、大変有名になりました。

 

よく熟したいちじくやラズベリーのアロマに、カカオやスパイスのニュアンスも感じられます。骨格はしっかりしているものの、滑らかな口当たりで穏やかかつ上質な酸とのバランスも良好です。

溶け込んだタンニンにヴァニラをを思わせる心地よい余韻が長く続く、リッチなワインに仕上がっています。

 

2位 カ・オロロジオ レロジオ

カ・オロロジオ レロジオ

5,005円 (税込)

詳細情報
産地:イタリア、ヴェネト州
品種:カルメネール75%、カベルネ・フラン20%、 メルロー5%

非常に珍しいイタリアヴェネト州からのカルメネールです。ビオディナミ認証を受けた自然派の造り手で、女性醸造家が手掛けています。

 

よく熟したクランベリーやブラックベリー、ソルダムなどのアロマに、燻製やスパイシーなニュアンスが続きます。

パワフルな口当たりで、ピュアな果実味が優雅でエレガント!しなやかなタンニンに樽由来の高貴な余韻が長く続く、ゴージャスなワインに仕上がっています。

 

1位 ラポストール クロ アパルタ

クロ アパルタ 2014 赤

16,520円 (税込)

詳細情報
産地:チリ
品種:カルメネール カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー

クロ・アパルタは、パーカー氏に次ぐ著名な評論家ジェームス・サックリング氏が100点満点を付けた素晴らしいワインです。

アパルタの畑は完全ビオディナミで、収穫は一房づつの手摘み、100%新フレンチオークで24カ月の熟成を経てリリースされています。

 

さくらんぼやソルダム、ワイルドベリー、いちじくなどの豊かな香りに、ブラックペッパーのニュアンスが続きます。

上品な口当たりに、凝縮した果実味がエレガントな酸と絶妙に調和しています。

タンニンは非常滑らかで、長期熟成のポテンシャルを感じるふくよかでたくましい仕上がりです。

 

カルメネールと合う料理

カルメネールは、果実味が豊かで酸が柔らかいので、脂身たっぷりのお肉よりも赤みのお肉との相性が良好です。

ひき肉を使ったカジュアルなお料理や、ミートソースなどともよく合いますね。

タンニンも控えめなので、お魚料理ともマリアージュを楽しめます。

 

カルメネールに合う料理の例
・牛フィレのシンプルなステーキ
・ローストビーフ
・牛カルパッチョ
・ミートボール
・デミグラスハンバーグ
・パスタボロネーゼ
・ビーフステーキのタコス
・スパイスを効かせたビーフカレー
・青椒肉絲
・ハラペーニョの肉詰め
・白身のグルエやポワレ/トマト系やバルサミコソース

ぜひ、参考にしてみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】マルベックとは?特徴から、おすすめのワイン15選を紹介!

マルベックは全世界の9割がアルゼンチンで栽培されるアルゼンチンの代表品種です。 「黒ワイン」とも呼ばれ、しっかりと

【ソムリエ監修】モンテプルチアーノとは?特徴から、おすすめのワイン10選を紹介!

イタリアの人気品種モンテプルチアーノ。 日本でも飲んだことがある人は多いともいますが、品種について詳しく知らない方

【ソムリエ解説】ガメイとは?特徴からおすすめのワイン15選も紹介

ボジョレー・ヌーヴォーでよく知られるガメイという品種。フルーティーで軽やかな口当たりと、フレッシュな酸味が印象的なワ

【ソムリエ監修】バルベーラとは?特徴から、おすすめのワイン10選を紹介

近年評価が高まりつつあるバルベーラの赤ワイン! 今回はそんなバルベーラの特徴、おすすめのワインをご紹介します!

ジンファンデルとは?特徴から、おすすめのワイン15選をソムリエが紹介!

果実味がとアルコール度数が強いジンファンデル。 ジンファンデルの赤ワインは土地の違いが出やすいですのでワイン選びに

【ソムリエ監修】 マスカット・ベーリーAとは?特徴から、おすすめワイン10選を紹介!

マスカット・ベーリーAは、日本原産の赤ワイン用ブドウ品種として有名です。 ただ、マスカット・ベーリーAに関して詳し

【ソムリエ監修】カベルネ・ソーヴィニヨンとは?特徴から、おすすめのワイン15選を紹介

赤ワインの品種と言えば、誰もがまず思い浮かべるがカベルネ・ソーヴィニヨン! カベルネ・ソーヴィニヨンのワインは世界

【ソムリエ監修】グルナッシュはどんな品種?特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

グルナッシュの赤ワインといえば、やわからな渋みを持ち、濃厚な味わい。 ただ、グルナッシュの赤ワインといっても、種類

赤ワインのぶどう品種一覧!19種をソムリエが解説!

今日、赤ワインを飲もうかな、と思った時、どのようにワインを決めますか? 今日食べるお料理に合うか、あるいは自分の好

【ソムリエ監修】カリニャンはどんな品種?特徴とおすすめのワイン10選を解説

味わいが強く、ブレンドされることが多いカリニャン。 カリニャン主体の赤ワインは実はコアなファンが多くいらっしゃいま

赤ワインの選び方

特集記事

お寿司に合うお手頃なワインおすすめ9選!マリアージュの基本からソムリエが徹底解説

ホットワインの作り方は?おすすめの簡単レシピ、レンジで温めるだけのホットワインまでご紹介!

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

TOP