おすすめのワインオープナー15選!種類と使い方から、ないときの代用までご紹介!

2019/12/16
ワイン

ワインオープナーは、ワインのコルクを抜くのに必須なアイテムですね。

ただし、種類も多く、「どれを選べば良いの?」、「どうやって使うの?」と悩む方も多いのでは?

そこで、今回はワインオープナーの種類とその使い方、おすすめのワインオープナーを解説します!

記事の監修者

外山 ゆみ子(とやま ゆみこ)

■JSA認定ワインエキスパート ■JSA認定ワイン検定ブロンズクラス講師 ■WSET LEVEL2 AWARD IN WINES AND SPIRITS

化粧品メーカー、ワイン輸入販売会社などに勤務。東京都内でワインを飲みながら官能文学を楽しむ「ゆみこの官能文学サロン」を定期的に開催中。詳細はこちらから→ https://coubic.com/kanno_wine_dokusho/booking_pages

ワインオープナーの種類と使い方

ワインオープナーの種類と、その使い方を解説していきます。

 

T字スクリュー式


T字スクリュー式はおそらく皆さんが昔から見慣れたワインオープナーではないでしょうか。

値段も手頃ですし、スーパーなどで買えます。

 

T字スクリュー式の使い方

①ボトルネックのくぼんだ部分にスクリューの先端で1周切り込みを入れ、次に縦方向にスクリューで切り込みを入れて、取り外します。
②次にスクリューの部分をコルク上部の中心に差します。
③そしてスクリューをコルクに垂直方向に回しながら挿入します。
④スクリューの部分がコルクに隠れるくらい挿入されたら、コルクをまっすぐ引き抜きます。

ボトルを太ももにはさむとボトルがしっかり固定されて抜きやすいです。

 

T字スクリュー式のメリット・デメリット

たまにしかワインを飲まない人であれば、T字スクリュー式でも十分でしょう。

しかしT字スクリュー式はコルクを抜く手順はシンプルに見えても、実はボトルを引き抜くときにかなり力が要ります。

そのため、比較的男性向きです。

また、コルクを引き抜くとき、勢いでワインがこぼれるおそれがありますので、ご注意ください。

 

ソムリエナイフ


ソムリエナイフはレストランやバーでも使われるワインオープナーです。

高価と思われがちですが、実は1,000円前後で買えるものも多いです。

 

ソムリエナイフの使い方

①スクリューの部分をコルク上部の中心に差します。
②スクリューを回しながらコルクに垂直方向に3分の2程度挿入します。
③フックをボトルのふちにひっかけ、ハンドルを引き上げます。そうするとコルクが上がってきます。
④もう1度残りのスクリュー部分を回しながら垂直方向にコルクに挿入します。
⑤フックをボトルのふちにひっかけハンドルを引き上げます。

このとき、ハンドルだけでスポンと抜くのではなく、ある程度までコルクが出てきたら手でやさしくコルクをボトルから抜き取ります。

 

ソムリエナイフのメリット・デメリット

多少コツが要るので、少しワインに慣れてきた人におすすめです。

フックを使ってテコの原理で開けるのでスクリュー式ほど力が要りません。

ソムリエナイフを初めて使うなら、おすすめはダブルアクションタイプ。

ダブルアクションタイプのソムリエナイフにはフックが2つ付いていて、2段階に分けてコルクを引き抜くので、より手間と力をかけずにコルクを引き抜けます。

 

スクリュープル式


スクリュープル式はスクリューを固定してコルクを引き上げるものです。

とにかく簡単に失敗なくコルクを開けられます。力も要りません。

 

スクリュープル式の使い方

①ボトルネックのくぼんだ部分にスクリューの先端で1周切り込みを入れ、縦方向に切り込みを入れてキャップシールを取り外します(ナイフが付いている場合は、ナイフを使います)。
②オープナーのスクリュー部分にコルクを指し、オープナー全体をボトルにかぶせてハンドルを回します。

そうすると、コルクがだんだん上がってきます。

 

スクリュープル式のメリット・デメリット

ワインをよく飲むけど、ソムリエナイフを使うのは難しそうと感じる方におすすめです。

力が要らないので、女性でも簡単に開けられます。

 

ウィング式


ウィング式もスクリュープル式と同様に簡単に開けられるオープナーです。

 

ウィング式の使い方

①ボトルネックのくぼんだ部分にスクリューの先端で1周切り込みを入れ、縦方向に切り込みを入れてキャップシールを取り外します(ナイフが付いている場合は、ナイフを使います)。
②オープナーのスクリュー部分をコルクに指し、オープナー全体をボトルの上にかぶせします。
③上部のハンドルを回すとスクリューが垂直にコルクに入っていきます。そうするとだんだんウィングの部分が上がってきます。
④スクリューがコルクに入りきったところで、上がったウィングを下に下げます。するとコルクが抜けます。

 

ウィング式のメリット・デメリット

簡単に開けられるのでワインをよく飲む方で、ソムリエナイフは難しそうと感じる方におすすめです。

ただし、ややスクリュー部分が大きいものが多く、コルクが割れてしまう場合がありますのでご注意ください。

コルクがもろくなっている年代物のワインの抜栓には向きません。

 

はさみ式


コルクをはさんで引き抜くため、コルクに穴が開きませんし、コルクのかすがボトルの中に落ちません。

 

はさみ式の使い方

①長い方の刃をボトルとコルクの間に差し込みます。
②短い方の刃もボトルとコルクの間に差し込みます。
③左右にオープナーを揺らしながら、両方の刃を奥まで入れていきます。
④ハンドルを回転させながらコルクを引き抜きます。

 

はさみ式のメリット・デメリット

飲んだワインのコルクを集めている方、コルクがもろくなっているような年代物のワインをよく飲む方におすすめです。

ただし、樹脂コルクなど硬めの素材のコルクをはさみ式で開けようとすると、ビンが割れてしまう可能性があります。

 

電動式


電動なので力が要りません。楽に失敗せずワインを開けられます。

 

電動式の使い方

①カッターをボトルの口にセットし、ボトルを回転させます。
②片手でボトルを固定し、片手でオープナーを持ち、ボトルに垂直に立ててセットします。
③ボタンを押しながらコルクを抜きます。自動で停止するまでスイッチを押し続けます。
④自動で止まった時点でコルク栓は抜けています。
⑤最後にコルク排出のボタンを押し、コルクを取り出します。

 

電動式のメリット・デメリット

ワインをよく飲むものの、ソムリエナイフは難しいと感じている方におすすめです。

 

簡単に開けられるワインオープナーおすすめ5選

クタール ソムリエナイフ ダブルアクション

クタール ソムリエナイフ ダブルアクション


このソムリエナイフはダブルアクションタイプで2段階のフックを使うため、とても開けやすいです。

シンプルなデザインでとても機能的。ソムリエナイフを初めて使う方におすすめです。ワイン以外の栓抜きとしても使えます。

 

Homeland ワインオープナー

Homeland ワインオープナー


ウィング式のオープナーです。シンプルなステンレス製。

ハンドル部分はワイン以外の栓抜きにも使えます。

 

ルクルーゼ ワインオープナー ポケットモデル

ルクルーゼ ワインオープナー ポケットモデルvv


鍋でおなじみのルクルーゼのスクリュープル式のオープナーです。

スクリューをコルクに差し込んだら、ハンドルをクルクル回すだけ。

折りたためてコンパクトなので、外出先にも持っていきやすいです

 

Gero Akeo 電動ワインオープナー

Gero Akeo 電動ワインオープナー

1,163円 (税込)

詳細情報

空気圧で開ける電動式オープナーです。開くときにポンっと音がするのが気持ちいいです。

6~8秒程度で素早く開きます。

 

VICTORINOX ワインオープナー

VICTORINOX ワインオープナー


スイスのブランドVICTORINOXのスクリュープル式のオープナー。

カッターが付いているのでキャップシールも開けられます。

ボトルの口にオープナーをのせてハンドルを回すだけでコルクを開けられます。

 

オシャレなワインオープナーおすすめ5選

Timesuper ワインオープナー

Timesuper ワインオープナー

129円 (税込)

詳細情報

T字式のオープナーです。色が鮮やか、値段が手ごろです。

スクリューとハンドルが組み立て式なのでとてもコンパクト。

旅行などに持っていきやすいです。

 

Meily コルク抜き+ボトルストッパーセット

Meily コルク抜き+ボトルストッパーセット


T字式のオープナーです。スクリュー部分にカバーをかぶせるとボトルストッパーにもなります。

ユニークなデザインなので、飲み会に持っていっても笑いを誘います。

 

ALESSI ワインオープナー


女の子の形をしたウィング式のオープナー。

スクリューをコルクに入れると女の子が腕を上げているように見えてとてもキュートです。

 

Roman Center ワインオープナー

Roman Center ワインオープナー

313円 (税込)

詳細情報

はさみ式のワインオープナー。シンプルでスタイリッシュです。

コンパクトなので持ち運びも便利。

 

シャーク オープナー

シャーク オープナー


サメモチーフのソムリエナイフ。栓抜きとしても使えます。

 

高級ワインオープナーおすすめ5選

アスロ ソムリエナイフ ワインレッド

アスロ ソムリエナイフ ワインレッド


日本のソムリエナイフのトップブランド、アスロのソムリエナイフ。

ハンドルがアルミ製のためとても軽量です。上品なワインレッドカラーです。

 

リーデル カタナ

リーデル カタナ

7,700円 (税込)

詳細情報

高級グラスで有名なリーデル社のソムリエナイフ。信頼の日本製です。

約700年の伝統を持つ刃物の町、岐阜県関市で造られました。

 

プルタップス ソムリエナイフ エボリューション クリスタル

プルタップス ソムリエナイフ エボリューション クリスタル


スワロフスキーを散りばめたソムリエナイフ。

女性へのプレゼントにもぴったりです。

 

ソムリエナイフ ラギオール オリーブ

ソムリエナイフ ラギオール オリーブ


ラギオール社は高級ソムリエナイフの代名詞とも言えるブランドです。

柄の部分はオリーブの木でできています。ダブルアクションタイプで2回フックを使えるので、コルクを開けやすいです。

 

ラギオール ソムリエナイフ スタンダードシリーズ

ラギオール ソムリエナイフ スタンダードシリーズ ブラウン


高級ソムリエナイフのブランド、ラギオール社のソムリエナイフで、柄の部分に水牛の角の先端を使ったものです。

ラギオール社の一番人気。皮のケース付きです。

 

ワインオープナーがないときの代用

ワインオープナーがない!そんなときの代用方法をご紹介します。

食品用途の道具ではないものもありますので、衛生的に不安がある方はオープナーを用意した方が良いです。

また、コルクに金属を差し込む開け方はコルクが硬い素材だと金属が入っていかない場合もあります。

 

 

釘、ドライバー、くぎ抜き

ドライバーを使って、コルク中心に釘をねじ込みます。長めの釘が良いです。

そしてくぎ抜きを使ってコルクごと引き上げます。

 

鍵をななめ45度にしてコルク中心に差し込みます。鍵を回しながらコルクごと引き上げます。

 

スプーン

使うのはスプーンの柄の部分です。

スプーンの柄を使って、コルクをボトルにグイグイ押し込みます。

そしてコルクをワインの中に落とします。コルクを上に引き抜くのではなく、下に沈めてしまう発想です。ただし、コルクは取り出せません。

 

タオル、壁

ボトルにタオルを巻いてクッションにし、壁にボトルの底をたたきつけます。

するとだんだんコルクが上に上がってきます。ある程度コルクが上に上がってきたら、手でコルクを引き抜きます。

力を入れすぎるとボトルが割れてしまうのでご注意ください。

 

針のついた自転車用空気入れ

針をコルク中心に差し込みます。空気入れのペダルを押して空気を入れると、コルクが抜けます。

 

まとめ

ワインオープナーと言っても、シーンや人によって、使う種類が変わってきます。

ぜひ、自分に合うワインオープナーを見つけてください!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

ワインクーラーの使い方から、おすすめのワインクーラー10選をご紹介!

食事中、テーブルに置いておいたスパークリングワインや白ワインがぬるくなってしまったことはありませんか? または、飲

デキャンタとは?使い方から、おすすめのデキャンタ10選をご紹介!

みなさん、ちょっと良いワインを用意したはずなのに、思ったほどおいしく感じなくてがっかりしたことはありませんか? そ

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラスホルダー10選!ワイングラスの収納ならコレ

ワイングラスの収納に困ることがありませんか? 薄くて繊細なので壊れやすく、安定性も悪いので収納には気を使います。

特集記事

お寿司に合うお手頃なワインおすすめ9選!マリアージュの基本からソムリエが徹底解説

ホットワインの作り方は?おすすめの簡単レシピ、レンジで温めるだけのホットワインまでご紹介!

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

TOP