ロバート・パーカーとは?解説から、パーカーポイント満点のワインまでご紹介!

2019/10/01
ワイン

ワインショップやオンライン通販で、パーカーポイント〇〇点という文言をよく見かけませんか?

このパーカーポイントって何?ロバート・パーカーってどんな人?

そんな疑問にお答えすべく、今日はロバート・パーカー氏について詳しくご紹介いたします。

記事の監修者

篠崎 裕江

日本ソムリエ協会認定 ソムリエ

好きなワインは枯れかけてきたブルゴーニュの赤と、Blanc de Blancs のシャンパーニュ! 大学時代、ワインの魅力にはまり勉強を始める。都内のホテルに就職し資格取得後はソムリエとして活躍。 その後ワイン商社勤務を経て現在はアメリカ在住。 スーパーで、日本では手に入らないようなデイリーワインを物色するのが楽しい今日この頃…

ロバート・パーカー氏とは

ロバート・パーカー氏は世界的に最も影響力のあるワイン評論家です。

ワインの国フランスの出身だと思われる方が多いのですが、実はアメリカのメリーランド州出身です。

元々の職業は弁護士、ワインをこよなく愛する「愛好家」として、アメリカで独自のワイン評価方法を編み出しました。

それがパーカーポイントであり、ワインの価格にも絶大な影響を与えているのです。

 

パーカー氏が支持される理由

わかりやすい100点満点で評価した「ワインアドヴォケート誌」の発行

 

ロバート・パーカー氏はワインが好きすぎて、1975年からワインに関する記事を執筆し始め、1978年に「ワイン情報誌」を創刊します

この情報誌がワインアドヴォケートの始まりです。

掲載されるワインの数や辛口なテイスティングコメントから人気に火が付き、徐々に影響力を高めていくきっかけとなります。

それまではワインの評価方法が分かり難かったため、パーカー氏は初心者でも受け入れやすい100点満点での採点を編み出します。

これがワイン業界に衝撃を与えたパーカーポイントです。

 

消費者の立場で公平かつ客観的な評価

パーカー氏が公平な判断をしているとして信用を得た一要因として、ワイン・アドヴォケイト誌は一切の広告を掲載しないことが挙げられます。

また、ティスティングはブラインド(銘柄を伏せる)で行われており、先入観なく客観的な評価を行なっていることも、信望を集めた理由の一つだと言えます。

今ではボルドーのシャトーでも、パーカーポイントを確認してからプリムールの販売価格を決めるという動きもあるほど、彼の評価は確かなものだと証明されています。

 

神の舌持つ男

パーカー氏は神の舌を持つ男として称えられています。

一度飲んだワインはたとえ10年後であっても味を忘れないほど、非常に高いティスティング能力を持っていると言われています。

その圧倒的な能力が証明されるきっかけとなったのが、ボルドーの1982年ヴィンテージ・プリムールティスティングです。

他の評論家たちは皆、出来の悪いヴィンテージで長期熟成も望めないと手厳しい評価をしました。

ところがパーカー氏だけが「世紀の素晴らしいヴィンテージだ」と絶賛したのです。

1982年が驚異的なヴィンテージである事をいち早く見抜き、実際にその評価が正しかった事から、多くの人を納得させる結果となりました。

その後パーカーポイントは、ワインの市場価格に絶大な影響を与えることになり、パーカー氏は世界で最も影響力のあるワイン評論家の地位を獲得したのです。

 

パーカーポイントとは

パーカー氏は一般にわかりやすいよう100点満点で、ワインの詳細を評価しています。

これがいわゆる「パーカーポイント」のことです。

現在は消費者にとって、ワインを選ぶ際必要不可欠な情報として、世界中で高い信頼を得ています。

 

パーカー氏の評価方法

まずパーカー氏はどんなワインでも評価する訳ではありません。

評価するに値するワインであれば、まず50点が与えられます。そこから加点方式で得点が加算されます。

全てがパーフェクトで最高の評価であれば、100点満点を与えられます。

 

パーカーポイントの加点方式

・ワインの外観(総合的な色あい):1〜5点
・アロマ(ブドウそのものからくる香り)、ブーケ(熟成によって感じる香り):1〜15点
・味わいの総合判断:1〜20点
・全体的な品質と長期熟成のポテンシャル:1〜10点

 

パーカーポイントの評価点

 

パーカーポイントの評価点

・96~100点:格別(Extraordinary)
・90~95点:傑出(Outstanding)
・80~89点:かろうじて平均的か、まぁまぁ良い(Barely above average to very good)
・70~79点:平均的(Average)
・60~69点:平均以下(Below average)
・50~59点:受け入れ難い(Unacceptable)

 

同じ品種、同じ価格で迷った場合、パーカーポイントを参考にしてみてください。

85点以上を選べば、大きな失敗もなく品質の高いワインを購入出来ます。

ワイン中級者かそれ以上の方でしたら、90点以上で探すと掘り出し物を発見できたり、新たな感動を覚えるワインとの出会いがたくさんある事と思います。

 

パーカーパイントが値段を大きく左右

パーカーポイントはワインの値段にも絶大な影響を与えています。

そのため高得点がついたワインは価格が跳ね上がる場合もよくあります。

例えば、スクリーミング・イーグルの初ヴィンテージがリリースされた時、$100以下の価格設定でした。

ところがいきなりパーカーポイント99点をたたき出し、その後何度も100点を獲得。現在の平均価格は$3000ほどかそれ以上で、極めて入手困難なワインとなりました。

パーカーポイント100 点を獲得したワインは、最安値でおよそ4万円程度から入手出来ます。

 

パーカーポイント100点のおすすめワイン10選

テルマンシア ボデガ ヌマンシア

テルマンシア

20,520円 (税込)

詳細情報
度数:15 %
味わい:フルボディ
産地:スペイン、トロ

PP:2004年100点獲得

樹齢120年以上、プレフィロキセラのティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100%のワインです。

収穫は完全手摘み、厳しい選果を行い完璧な状態熟したブドウのみを厳選して使用しています。

更にフレンチオークの新樽100%で22ヶ月の熟成を得て出荷!

カカオやブリオッシュ、トリュフをも思わせる複雑な香りに、ベルベットに包まれるようにエレガントなタンニンがこの上なく上品です。

 

トゥアリータ レディガフィ

レディガフィ トゥア リータ

30,240円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:イタリア、トスカーナ
品種:メルロー

PP:2000年100点獲得

パーカーポイントだけでなく、ワインスペクテイター誌でも100点を獲得した驚異のスーパータスカンです。

ざくろやカシスなどの華やかなアロマに、口当たりは非常に滑らか!

豊かな果実味で雑味を感じず、イタリアらしい酸が心地よく洗練された仕上がりです。

 

ツィント フンブレヒト ピノグリ クロ ジェブサル セレクションドグランノーブル

ピノ グリ クロ ジェブサル セレクションドグランノーブル

12,096円 (税込)

詳細情報
味わい:甘口
産地:フランス、アルザス
品種:ピノグリ

PP:1990年 100点獲得

各ワイン評価誌で常に高得点をキープするフンブレヒト!本格的なビオディナミを行なっている素晴らしい造り手です。

クローバーハニーや白い花束を思わせる可憐なアロマが印象的!

奥行きある濃密な甘さに引き締まった酸が調和して大変バランスが良く、気品に溢れる仕上がりです。

 

シャトー ポンテカネ メドック 格付第5級 AOCポイヤック

シャトー・ポンテ・カネCH.PONTET-CANET

42,300円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:フランス、ボルドー
品種:カベルネソーヴィニヨン

PP:2009、2010年 100点獲得

五大シャトーを脅かす格付け5級のポンテカネ!畑は1級ムートンに接した位置にあります。

2004年から完全ビオディナミに移行、そこから急速に高い品質を評価されるようになります。以前はぎしぎしとしたタンニンもビオディナミに移行してすっかり優しい印象となり、アロマもより華やかになりました。

ブドウそのもののジューシーな果実味に長い余韻が心地良い仕上がり!飲んだら虜になるほどの出来栄えです!

 

シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ・グラーヴ

シャトー スミス オー ラフィット

43,210円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:フランス、ボルドー
品種: カベルネ・ソーヴィニヨン64%、メルロー30%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド1%

PP:2009年 100点獲得

完全有機農法、馬による耕作や完全手摘みなど伝統を重んじながら、最新設備を導入するなど時代をリードするシャトーです。

フランスで唯一環境保全ワイナリーとしても認められています。

カカオやコーヒー豆、トーストなどの香りが特徴的で、カシスやクランベリーの芳醇な果実味が前面に出ています。

妖艶でエレガントなボディにミネラリーな余韻が素晴らしい、完成度の高い仕上がりです。

 

ヴェリテ・ラミュゼ

ヴェリテ ラ ミュゼ

48,384円 (税込)

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア

PP:2001, 2007, 2008, 2013,2014年 100点獲得

パーカー氏に「現代の伝説」とまで言わしめたカルトワイン!!

初ヴィンテージが1998年と比較的まだ若いワイナリーでありながら、なんと既に5度も100 点を獲得しています。

ラミュゼはメルロー主体でポムロールスタイルに造られたワインです。

ベリー系果実の豊かなアロマに土やスパイス、トリュフなどの複雑な香りが特徴的!

力強いボディにメルローらしい滑らかで優しいタンニンは、ペトリュスを彷彿させるほどの素晴らしさです。

 

シャブリ グラン クリュ レ・クロ フランソワ ラヴノー

シャブリ・グラン・クリュ・レ・クロ

64,800円 (税込)

詳細情報
産地:フランス、シャブリ
品種:シャルドネ

PP:2002年100点獲得

ラヴノーはシャブリ地区最高峰の造り手です。

そしてグランクリュ畑「レ・クロ」は多くのワインマニア垂涎の的として非常に入手困難なワインです。

栽培はリュット・レゾネを実施、樹齢50年を超えるブドウから造られています。

20年は熟成させて欲しいとして、コルクを守るべく蝋で封印しているのも特徴的です。豊かな果実味に心地よいミネラル感、シャープな酸とのバランスも完璧です。

 

マーカッシン ”マーカッシンヴィンヤード” シャルドネ ソノマコースト

マーカッシン・ヴィンヤード

75,384円 (税込)

詳細情報
度数:14.4 %
味わい:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:シャルドネ

PP:1996, 1998, 2001, 2002, 2008, 2012, 2013年 100点獲得

マーカッシン は、アメリカで最も尊敬され、「ワインの女神」と呼ばれるヘレン・ターリー女史が立ち上げたワイナリーです。

白い花のゴージャスなアロマが特徴的で、洋梨やパイナップルのニュアンスも感じられます。

パワフルなミネラル感と上品でほのかな樽香、長い余韻がこの上ない素晴らしい仕上がりです。

 

クリュッグ クロドメニル ブラン・ド・ブラン

クリュッグ クロ・デュ・メニル

321,840円 (税込)

詳細情報
産地:フランス、シャンパーニュ

PP:1988, 1996年 100点獲得

クロドメニルは、たった1.8haのグランクリュ畑から取れたシャルドネだけを用いて造られる最上級のシャンパーニュ!

ブリオッシュやヘーゼルナッツ、ジンジャーなど高貴なシャンパーニュらしい香りが大変印象的です。

パワフルで、うっとりするような旨味が溢れる長期熟成型に仕上げています。

作柄の良かった年にしか造られず、希少価値の高いシャンパーニュ。是非、人生の節目のお祝いにセレクトしたい1本です。

 

ハーランエステート プロプライエタリーレッド ナパヴァレー

ハーラン・エステート・ナパ・ヴァレー・レッド・ワイン

160,380円 (税込)

詳細情報
産地: アメリカ、カリフォルニア
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ20%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2%

PP:1994, 1997, 2001, 2002, 2007, 2013年 100点獲得

ハーランエステートは、スクリーミングイーグルと並んでカルトワインの頂点に立つワインです。

選果は粒単位でフリーランジュースのみを使用。フレンチオークの新樽で熟成させるこだわりようで、年間生産量は1500ケースほどと大変希少なワインです。

果実の凝縮感には圧倒されるほどで、シルクのように柔らかな口当たりに、複雑さと奥行きのある味わいが印象的!

穏やかな酸に洗練されたタンニンが完璧に調和、長い余韻がうっとりするほど素晴らしい仕上がりです。

 

2019年5月に引退

そんなロバート・パーカー氏ですが、2019年5月正式に引退を表明しています。

ワイン業界の最重要人物とも讃えられたパーカー氏。

引退した後も、他評論家による採点よりも信頼は厚く、依然として絶大な影響力を持ち続けています。

ワイン・アドヴォケート誌は編集長と他のレビューワーにしっかりと引き継がれており、今後はワインアドヴォケート〇〇点という表記が増えてくる事と思われます。

なおパーカー氏はワインの発展に大きく貢献したとして、1999年にフランスで最も権威のあるレジオンドヌール勲位を、1993年にはもうひとつの国家的名誉である「メリット勲章」を授与されています。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ執筆】初心者でも分かる!ワインラベルの読み方を徹底解説!

ワインのエチケット(ラベル)には多くの情報が書かれています。 初心者にとっては複雑に感じるかもしれませんが、実は多

【ソムリエ執筆】五大シャトーとは?値段、当たり年、セカンドワインまでご紹介!

世界のワインを牽引していると言っても過言ではない五大シャトー! 今日はその魅力に迫るとともに、グレードヴィンテージ

ジュヴレ・シャンベルタンとは?地図、畑の解説から、当たり年、おすすめワインまで紹介

フランス赤ワインの二大産地と言えば、ブルゴーニュとボルドーですね。 そんなブルゴーニュの赤ワインの中で、最高峰と言

アマローネとは?特徴からおすすめのアマローネまでソムリエがご紹介!

アマローネ、かつては王侯や貴族しか口にできなかったと言われるほど贅沢なワインです。 今日はそんなアマローネの魅力や


特集記事

ホットワインの作り方は?おすすめの簡単レシピ、レンジで温めるだけのホットワインまでご紹介!

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

お寿司に合うお手頃ワインおすすめ9選!ソムリエが徹底検証

TOP