ポートワインとは?種類、飲み方、おすすめのポートワイン9選までソムリエが解説

2019/10/30
ワインの基礎知識

「ポートワイン」という名前は聞いたことがあっても、どのようなワインか、詳しくご存知ない方が多いのではないのでしょうか?

ポートワインの選び方や楽しみ方を知ると、レストランはもちろん、ご家庭でのワインライフがグンと豊かになります。

今回はポートワインの種類・楽しみ方・選び方をまとめてみました。ぜひレストランやご自宅でお試しください。

記事の執筆者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

ポートワインとは

ポルトガル産の酒精強化ワイン

ポートワインは、ポルトガル北部ドウロ川流域で生産されます。

醸造過程でアルコール(酒精)を添加してアルコール度数を高めた「酒精強化ワイン」であり、食前酒・食後酒として楽しむワインです。

 

ポートワインの度数

ポートワインのアルコール度数は15~20%です。

なお、通常のステイルワイン(赤ワイン、白ワイン)は、アルコール度数12~13%ほどになります。

 

ポートワインと原産地呼称制度

主要なワイン生産国には「原産地呼称制度」があり、「産地・品種・製法」などの規定をクリアしたワインのみが認証されます。

この仕組みのきっかけになったのがポートワイン。

 

1756年のポートワイン原産地管理法の制定が、この制度の始まりです。

この制度は、伝統を守って造られた地域特有の食品など多様な農業生産をサポートし、その原産地名称を保護し、消費者に正しい情報を提供することが目的です。

 

ポートワインの作り方

ポートワインは、発酵途中のワインに高アルコール度数のブランデーを加えて酵母の働きを止めて造られます。

「酒精強化ワイン」と呼ばれるカテゴリーに分類され、独特の甘みとコクが特徴です。

アルコール度数が高いので、通常のワインと違って開栓後もしばらく保存可能。

ポルトガルのワイン銘醸地ドウロ地区で生産され、ポルトからポートワインとして出荷されます。

 

ポートワインの種類

ポートワインは、まず白ブドウを原料にしたホワイト・ポートと、黒ブドウを原料にしたレッド・ポートに大別されます。

さらにレッド・ポートはルビータイプとトワニータイプに分かれます。

 

食前に楽しむホワイト・ポート

白ブドウを原料として低温発酵したポートワイン。甘口もありますが、比較的辛口タイプも多いポートです。

氷とともにロックで楽しんだり、カクテルの材料にも使われます。

 

食後に楽しむレッド・ポート ルビータイプ

3年程度の熟成後に瓶詰めされるポートワインで、ポートワインの中では若いタイプです。ワインの色が宝石のルビー色に近いので、こう呼ばれています。

 

ヴィンテージ・ポート

優れた出来の年のブドウから造られます。収穫後2~3年目に濾過せず瓶詰めされ、長期間の熟成を経て飲まれます。

無濾過なので、飲む際にはデカンタージュが必要です。

 

レイト・ボトルド・ヴィンテージ・ポート

ヴィンテージ・ポートに準ずる出来のブドウで造られるポートで、ルビーポートのスペシャルタイプの位置付けです。瓶詰めは収穫から4~6年目に行われます。

 

食後に楽しむレッド・ポート トウニータイプ

ルビーポートを酸化熟成させ、黄褐色(=トウニー)に変色したポートです。熟成年数表記トウニーポートとコリェイタがあります。

 

熟成年数表記トウニーポート

長期間樽熟させ、色素が沈着してトウニー色になったポートです。10年・20年・30年・40年ものがあります。

濾過後に瓶詰めされるので、デカンタージュは必要ありません。

 

コリェイタ

収穫年表示のポートで、収穫後7年後から瓶詰めされます。

 

おすすめのポートワインの飲み方

「食後酒」「食後酒」と言われると、レストランで楽しむものと思いがちですが、あまり難しく考えずに試してみましょう。

まずはホワイト・ポートは、おつまみなどと一緒に食前酒として楽しみます。レッド・ポートは、食後に濃厚な味わいのチョコレートと合わせるのがおすすめです。

レッド・ポートは豚肉料理の調味料としても非常に優秀。興味ある方はレシピサイトで「豚肉 ポートワイン」で検索してみてください。ご家庭でレストランのような味にチャレンジできますよ。

 

おすすめのポートワイン15選

ホワイトタイプ、ルビータイプ、トウニータイプをお手頃な3,000円以内で選んでみました。

ぜひあなたのお好みのポートワインを見つけてください。

食前酒におすすめ!ホワイト・ポートベスト5

軽いオードブルとともに、ホワイトポートを食前酒にパーティーを開始すれば、参加者の期待がふくらむ楽しい集まりになるでしょう。

5位

フェレイラ ホワイト ポート

2,066円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 19.5 %
原産国名 ポルトガル
メーカー名 フェレイラ

伝統的なスタイル 

クラシックなスタイルのホワイトポートは、平均約3年熟成のやや甘口タイプ。

程よい柑橘系の香りと酸味が食欲をそそります。

 

4位

サンデマン ホワイトポート

1,290円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 19.5 %
原産国名 ポルトガル
メーカー名 サンデマン

酸味と甘みの絶妙なバランス

花の香りと果実の香りでほのかに甘いタイプ。

蜂蜜やナッツの香りも感じ、甘さと酸味のバランスの良い味わいが魅力です。

 

3位

グラハム ファインホワイト ポートワイン ポルトガル

2,430円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 19 %
味わい  辛口
原産国名 ポルトガル
メーカー名 グラハム

パワフルな味わいの辛口

辛口でいきいきとした活力を感じる味わいのホワイトポートです。

ブドウ本来の香りにアーモンドのフレーバーを感じる味わい。

 

2位 テイラー ファイン ホワイト ポート

テイラー ファイン ホワイト ポート

2,724円 (税込)

詳細情報
度数:20 %
味わい:辛口
産地:ポルトガル

甘味・酸・香ばしさのバランスが絶妙

1692年の創業以来、創業家一族が経営するテイラー社。現在54か国で流通されています。テイラー社はホワイトポートをはじめて世に生み出した生産者です。

こちらのホワイト・ポートは複数の白ぶどう品種をブレンドした辛口です。すっきりした甘味、酸、ナッツのような香ばしさのバランスが絶妙です。

 

1位 クローン・ドライ・ホワイト・ポート

クローン・ドライ・ホワイト・ポート

3,200円 (税込)

詳細情報
度数:20 %
味わい:辛口
産地:ポルトガル、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア

辛口なのにフルーティ

ヴィーズ&クローン社は1865年にジョセ・ファルコ・キャルネロ氏が創業。

現在も家族で経営している生産者です。

このホワイト・ポートは、辛口ながらもメロンや白桃のような果実味が感じられフルーティな味わいです。

 

ホワイト・ポート比較表

食後酒におすすめ!ルビー・ポート、ベスト5

宝石のルビーのような美しい色と、フレッシュな果実味がルビー・ポートの醍醐味。

しっかりした味わいのチョコレートと合わせたら最高のデザートです。ドライフルーツを使ったチョコレートが良いでしょう。食後にじっくり楽しんでください。

5位

ニーポート ルビーポート

2,880円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 20 %
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル ドウロ
メーカー名 木下インターナショナル
果実 %     トウリガ・ナショナル、トウリガ・ブランカ、ティント・カン他

赤い果実の香りと長い余韻

新鮮なチェリーなどの赤いフルーツの果実の香り。長い余韻を楽しむことができます。

食後にフルーツやチーズ、チョコレートと合わせて。

 

4位

ファイン ルビー・ポート ポルトガル

2,700円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 20 %
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル
メーカー名 MHD
果実 %     ファインルビー

若い果実に濃厚なタンニン

若々しい果実を感じる味わいと、力強いタンニンが魅力。

甘口ポートはチョコレートとの相性抜群で、初級者も気軽に楽しめます。

 

3位

サンデマン・ルビー・ポート

2,480円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 19.5 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 ポルトガル
メーカー名 サントリー

果実の香り豊かなリッチなルビー・ポート

深紅の色合いのルビー・ポートは、プラムやベリーの香りを感じるリッチな風味。

厳選された手摘みブドウによって、若々しく力強い味わいが維持されています。

 

2位

フェレイラ・ルビー・ポート

ドライフルーツのような濃厚さ

フェレイラ社は、アメリカのワイン専門誌ワイン&スピリッツ マガジンで2012年にポルトガルのドウロでもっとも偉大なワイナリーと称賛されています。

このルビーポートは、手摘みしたぶどうを皮ごと発酵させて造ります。レーズンやプルーンのような味わいがする、濃厚な甘口のルビーポートです。

 

1位

フォンセカ・ルビー・ポート

2,160円 (税込)

詳細情報
度数:20 %
味わい:ミディアムライト
産地:ポルトガル
品種:トウリガ・ナシオナル、トウリガ・フランセーザ、ティンタ・ロリス

足踏み式醸造による若々しい味わい

フォンセカ社は6世代にわたってポートワインを造る生産者。伝統的な醸造法(足でぶどうを踏んで破砕する)でポートワインを醸造しています。

このルビー・ポートはカシスのような果実味があり、若々しい味わいを楽しめます。

ルビー・ポート比較表

食後酒におすすめ!トウニー・ポート、ベスト5

ジャムのような濃厚な果実感にシナモン・クローブといったスパイスやココアの香りも。

ぜひ濃厚な味わいのチョコレートとゆったりした気分でお楽しみください。

5位

サンデマン トウニー ポート

1,420円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 19 %
メーカー名 サンデマン

コクの中の果実味、そして長い余韻

しっかりとしたコクの中に感じるフルーティな味わい。

永い余韻もあるので、食後にゆったりとした時間を楽しめます。

 

4位

ケヴェード トウニー ポート NV

2,138円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 19.5 %
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル ドウロ
メーカー名 スマイル
果実 %     トゥーリガ・フランカ

口当たりの良い親しみやすいポート

プラムやイチゴジャムのような甘い果実味の中に酸味もあり、親しみやすい味わい。

どなたにも気軽に楽しんでいただけるトワニー・ポート。飲みやすい仕上がりです。

 

3位

ポート メッシアス トウニー NV カーヴェス・メッシアス

1,717円 (税込)

詳細情報
原産国名 ポルトガル
メーカー名 カーヴェス・メッシアス
果実 %     ティンタ・ロリス35%、トウリガ・フランカ25%、トウリガ・ナシオナル20%、ティンタ・バロッカ20%

赤い果実のジャムに樽由来の香り

リーズナブルで高品質ポートワインを造り出すワイナリー。

フレッシュな赤い果実のジャムのアロマに、バニラや木樽の香りが加わった濃厚な味わいです。

 

2位

グラハム・トゥニー10年

5,290円 (税込)

詳細情報
度数:20 %
味わい:ライトボディ
産地:ポルトガル
品種:トウリガ・ナショナル、トウリガ・フランカ、ティンタ・バロッカ、ティンタ・ロリス、ティント・カン

10年熟成の華やかさ

グラハム社はポートワインの代名詞とも言われる生産者。

このトウニー・ポートは10年の熟成をさせています。オレンジの皮、ナッツのような風味が感じられ、とても華やかな味わいです。

 

1位

ワレ・シントラ・ビンテージ ポート 1985年

15,170円 (税込)

詳細情報
産地:ポルトガル

洗練された味わいのヴィンテージポート

ワレ社はグラハムと並ぶ伝統的なポートワインの生産者。英国のポートワイン生産者としてはもっとも古い歴史を持ちます。世界的なワイン評論家のロバート・パーカー氏やジャンシス・ロビンソン氏もこの生産者を大絶賛しています。

このトウニー・ポートはヴィンテージポートです。30年以上の熟成を経て、甘さがまろやかで洗練された味わいになっています。

1985年生まれの方へのプレゼントにも良いでしょう。

 

トウニー・ポート比較表

ポートワインまとめ

ポートワインに興味を持っていただけましたか?ポートワインの種類と楽しみ方を一度理解しておけば、ワインを楽しむシーンに奥行きが出ます。

まずは、食後にレッドタイプのポートワインをチョコレートとともに楽しんでみてください。

普段とはちょっと違う、ゆったりとしたちょっと贅沢な時間が過ごせますから、きっとクセになってしまいますよ!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

「生ワイン」とは?特徴から、おすすめの生ワイン10選を紹介

最近、新しいカテゴリーのワインが話題です。その名も「生ワイン」。まだご存知ない方もいるかもしれません。 そもそもワ

【ソムリエ解説】ワインの種類は?これだけ押さえておけば間違いなし!

  ワインは白と赤だけではなく、様々な種類があります。 細かい事は気にせず何となく飲むもの楽しいですが

ホットワインの作り方は?おすすめの簡単レシピ、レンジで温めるだけのホットワインまでご紹介!

日に日に寒さが厳しくなる季節は、温かい飲み物が恋しくなりますよね。 こんな時におすすめなのが、ホットワインです。

【ソムリエ解説】話題沸騰中のビオワインとは?おすすめビオワインまで紹介

ここ数年、ビオや自然派ワインという言葉をよく耳にするようになりました。 オンラインで自然派ワインを中心に販売するサ

貴腐ワインとは?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

ワインに少しでも興味をお持ちであれば、「貴腐ワイン」という名前を聞かれたことがあると思います。 貴腐ワインは具体的

オレンジワインとは?特徴から、おすすめのオレンジワイン10選まで紹介

最近「オレンジワイン」と言われるワインが話題になっています。 みなさんは「オレンジワイン」がどんなワインかご存知です

【ソムリエ厳選】ポルトガルのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ポルトガルでは、近年ブドウ栽培やワイナリーに積極的な投資が行われ、栽培環境や醸造設備の改善が進み、ワインの品質向上が

【ソムリエ厳選】ポルトガルのおすすめ赤ワイン10選!特徴と選び方のコツも解説

スペインのお隣ポルトガルは、日本ではこれから注目が集まるであろうと予想されるワイン産地です。 ポルトガルでは近年ブ


特集記事

ホットワインの作り方は?おすすめの簡単レシピ、レンジで温めるだけのホットワインまでご紹介!

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

お寿司に合うお手頃ワインおすすめ9選!ソムリエが徹底検証

TOP