【ソムリエ監修】スプマンテはどんなワイン?種類やおすすめの銘柄を紹介

2019/04/15 イタリア

地域によって多くの個性的なワインを造り出すイタリア。

イタリアではスプマンテと呼ばれる、多種多様なスパークリングワインが存在します。

本記事ではそんなイタリアのスパークリングワインについて、種類や特徴、おすすめ銘柄をソムリエが徹底解説します。

記事の執筆者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

[PR]
※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

スプマンテとは

イタリアではスパークリングワインを総称して「スプマンテ(spumante)」と呼びます。

スプマンテはイタリア語で「泡立つ」という意味を持ち、ガス圧が3気圧以上あるスパークリングワインがスプマンテに属します。

意外かもしれませんが、イタリアは世界最大のスパークリングワイン生産国です。

その量は実にスパークリングワイン世界総生産量の1/4以上を占めるほど。

イタリアには500種類を越えるほどの土着ブドウ品種があると言われており、イタリア各州で様々な種類のワインが生産されています。

スプマンテも有名な産地がいくつもあり、気軽に飲めるカジュアルなタイプから、シャンパンにも匹敵する高級なスプマンテまでバリエーションは非常に豊富です。

代表的なものにフランチャコルタプロセッコランブルスコなどが挙げられます。

これらのスプマンテは製造の方法や葡萄品種、地域によって違いがあり各々の特徴を持っていて、イタリアらしい多様性を感じることができます。

スプマンテの種類

製造方法や産地の違いでさまざまな種類のスプマンテがあります。

ここでは代表的なものを紹介します。

スプマンテの種類主な産地味わいアルコール度数ガス圧
フランチャコルタロンバルディア州複雑、洗練された12~13%
プロセッコヴェネト州フレッシュ、フルーティー11~12%中~高
ランブルスコエミリア・ロマーニャ州フルーティー、コクがある8~11%弱~中
アスティピエモンテ州甘くてフルーティー5~10%弱~高
フリッツァンテイタリア各地軽やかでフルーティー10~12%

【フランチャコルタ】イタリアのシャンパン

フランチャコルタはイタリアのロンバルディア州・フランチャコルタ地方で造られるスプマンテです。

イタリアの格付けDOCGにも登録されています。

その最大の特徴は、シャンパーニュ地方と同じ瓶内二次発酵で醸造される高級スパークリングワインであることです。

一次発酵を終えたワインを瓶に詰め、瓶内で発酵させることによって炭酸ガスが自然に生成されます。

1本1本瓶詰めして管理するため時間と手間がかかるものの、洗練された味わいと複雑な香りを生み出します。

熟成期間は最低18ヶ月から、リゼルヴァ(特別なヴィンテージ)の場合は60ヶ月以上に及ぶことも。

これにより繊細で洗練された泡立ち、豊かなアロマ、長い余韻を持つスパークリングワインが生まれます。

近年はその品質の高さから、シャンパンに迫る勢いで需要が高まっている高品質なスプマンテです。

>>【ソムリエ監修】フランチャコルタとは?味わいの特徴や種類、おすすめ10銘柄もご紹介!

【プロセッコ】世界で最も売れてるスパークリングワイン

プロセッコはイタリア北部・ヴェネト州で作られるプロセッコ種を使用したスプマンテです。

フランスのシャンパーニュ、スペインのカヴァに並ぶ世界三大スパークリングワインとしても知られています。

フランチャコルタとは異なり、シャルマ方式という大きなタンクで発酵させる醸造方法で造られるワインです。

最も生産量の多いスパークリングで、イタリア国内のみならず全世界でプロセッコは消費されています。

シャルマ方式ならではの果実の風味がいきいきとした、ライトでスッキリとした切れのある味わいが特徴です。

価格的にもリーズナブルで、デイリーワインとしても重宝されています。

>>【ソムリエ監修】プロセッコとは?概要や特徴、人気のプロセッコ10銘柄をご紹介!

度数が低く飲みやすい!ランブルスコ

エミリア・ロマーニャ州で造られる弱発泡性の赤ワインのスパークリングワイン。

赤ワインのスプマンテのため、爽やかながらも程よいコクを感じるのがランブルスコの特徴です。

品種はランブルスコというブドウ品種が使われており、味わいは甘口から辛口まで幅広く存在します。

タンク内で発酵させるシャルマ方式で醸造され、どのタイミング発酵を止めるかによって辛口になるのか甘口になるのか決まります。

辛口はのほとんどは地元で消費され、甘口が輸出のメインです。

幅広い味わいで口当たりもよいワインも多くあり、女性にも大人気のスプマンテです。

>>【ソムリエ監修】ランブルスコとは?おすすめ15選から飲み方まで解説

【アスティ】甘口スパークリング

アスティはイタリアのピエモンテ州で生産される甘口スプマンテです。

主にモスカート・ビアンコというぶどう品種から造られ、フレッシュで優しい甘味に仕上げられます。

アスティには「アスティ・スプマンテ」や「モスカカート・ダスティ」などいくつかの種類がありますが、その多くは甘口のスパークリングワインです。

アスティは一次発酵のみで生産されるのが特徴で、発酵の途中でタンクを密閉して炭酸ガスをワインの中に溶け込ませます。

アルコール度数は比較的低く、モスカート種ならではのマスカットのような甘やかな香りを楽しむことができます。

その甘い味わいと豊かな花や果実の香りにより、アスティはデザートワインとして楽しまれることが多いです。

>>【ソムリエ監修】アスティの人気おすすめ13選を紹介!選び方も解説

【フリッツァンテ】カジュアルな微発砲ワイン

フリッツァンテはスプマンテには属しませんが、同じ発泡性を持つイタリアのワインとして少しご紹介します。

フリッツァンテは「わずかに発泡性の」という意味を持つ、微発泡のスパークリングワインです。

ガス圧が3気圧以上のワインがスプマンテ、1~2.5気圧のワインがフリッツァンテに分類されます。

フリッツァンテはスプマンテと比べて炭酸ガス圧が低いため、より穏やかで優しい泡立ちが特徴です。

イタリア全土で生産されており、その軽やかさから食前酒やアペリティフとして楽しまれることが多くあります。

スプマンテの味わいと種類

スパークリングワインを醸造する過程においてドサージュという甘口のリキュールを添加する作業があります。

このドサージュという作業は、スパークリングワインの残糖量を決めたり、味わいに変化をもたらせたりと、生産者の最後の個性の決め手とする重要な作業であり、「門出のリキュール」とも呼びます。

ひとえに辛口と表現されるもの中にも、その残糖度によって味わいには幅があり好みも分かれるものです。

この項目では、残糖度による味わいの違いについて、紹介していきましょう。

ラベル表記残糖量味わい
Brut Nature(ブリュット・ナチュール)3g/㍑未満超辛口
Extra Brut(エクストラ・ブリュット)0~6g/㍑非常に辛口
Brut(ブリュット)12g/㍑未満辛口
Extra dry(エクストラ・ドライ)12~17g/㍑半辛口
Sec(セック)17~32g/㍑半甘口
Demi-Sec(ドゥミ・セック)32~50g/㍑甘口
Doux(ドゥー)50g/㍑超非常に甘口

スプマンテの価格

価格はピンキリ

スプマンテはその種類が豊富であることから、価格帯は非常に幅広いです。

カジュアルなタイプであれば1000円未満、高級な年代物であれば1万円以上する銘柄も少なくありません。

値段の違いは製造方法が大きく影響

リーズナブルなものと高級なものの価格の差は、その製造方法が大きく影響しているでしょう。

フランチャコルタのような瓶内二次発酵の方式をとるスプマンテは手間と時間がかかり、生産量も確保できない分価格は高額になります。

その分、味わいは奥行きがあり泡の質もきめ細かいものになります。

プロセッコやランブルスコなど一般的なスプマンテは、シャルマ方式という大型のタンクで大量に醸造するため、味わいはシャープな印象を持ちますが価格的には安くなります。

おすすめの人気スプマンテ15選

デイリーにおすすめ!予算2,000円

商品画像ザルデット プライベート キュヴェ ブリュットチェヴィコ クオーレ ディ ヴィーノ キュベブリュットメディチ・エルメーテ・クエルチオーリ・レッジアーノ・ランブルスコ・セッコ NVサンテロ ピノ・シャルドネ・スプマンテ NVフェウド アランチョ グリッロ フリッツァンテ
商品名ザルデット プライベート キュヴェ ブリュットチェヴィコ クオーレ ディ ヴィーノ キュベブリュットメディチ・エルメーテ・クエルチオーリ・レッジアーノ・ランブルスコ・セッコ NVサンテロ ピノ・シャルドネ・スプマンテ NVフェウド アランチョ グリッロ フリッツァンテ
詳細味わい  辛口
原産国名 イタリア ヴェネト
メーカー名 ザルデット
果実 %     グレラ30%、モスカート15%、シャルドネ30%、その他25%
味わい  辛口
原産国名 イタリア エミリア・ロマーニャ
メーカー名 チェヴィコ
果実 %     トレッビアーノ100%
アルコール度数 11 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア エミリア・ロマーニャ
メーカー名 モトックス
果実 %     ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ
アルコール度数 11.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア ピエモンテ
メーカー名 モトックス
果実 %     ピノ・ビアンコ50%、シャルドネ50%
味わい  辛口
原産国名 イタリア シチリア
メーカー フェウド アランチョ
果実 %     グリッロ100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

フェウド アランチョ グリッロ フリッツァンテ

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア シチリア
メーカー フェウド アランチョ
果実 %     グリッロ100%

シチリアから届く海を感じる弱発泡性ワイン

シチリアの太陽を感じるミネラルとフルーティな果実味を感じる弱発泡性のフリッツァンテ。

優しい泡立ちとメロンのような爽やかな甘味は、生ハムとも相性抜群です。

種類ブドウ品種味わい
フリッツァンテグリッロ辛口

>>フェウド・アランチョのワインをもっと見る

 

4位

サンテロ ピノ・シャルドネ・スプマンテ NV

詳細情報
アルコール度数 11.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア ピエモンテ
メーカー名 モトックス
果実 %     ピノ・ビアンコ50%、シャルドネ50%

かの人気ワイン漫画でも絶賛されたスパークリング

イタリアを代表する超人気スパークリングといっても過言ではないでしょう。

きめ細やかな泡たちと旨味を感じる果実味。コストパフォーマンスも最高とあれば、人気になるのもうなづけます。

気心知れた仲間たちとわいわい家飲みに絶対はずれないスプマンテです。

種類ブドウ品種味わい
スプマンテピノ・ビアンコ/シャルドネ辛口

 

3位

メディチ・エルメーテ・クエルチオーリ・レッジアーノ・ランブルスコ・セッコ NV

詳細情報
アルコール度数 11 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア エミリア・ロマーニャ
メーカー名 モトックス
果実 %     ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ

名家が生み出すガンベロロッソ誌掲載の赤ワインのスパークリングワイン

ガンベロロッソにて数多の最高峰ワインと評価を並べたランブルスコとして名を馳せました。

フレッシュフルーツが凝縮された味わい、ストロベリーやバラの芳香な香り、溶け込んだタンニン成分など

様々な複雑性を有する赤のスパークリングワインです。

豚肉のトマト煮込みなど、トマト料理と合わせてみてはいかがでしょう。

種類ブドウ品種味わい
ランブルスコランブルスコ種辛口

 

2位

チェヴィコ クオーレ ディ ヴィーノ キュベブリュット

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア エミリア・ロマーニャ
メーカー名 チェヴィコ
果実 %     トレッビアーノ100%

「心」を意味するはつらつとした酸味を有する心地よいスプマンテ

輝きのある淡いレモンイエロー。

細かな泡がゆっくりと立ち昇るリンゴやメロンなどの果実香、白い花やアカシアのような繊細な香り。

シャワーを浴びた直後の火照った体で、グレープフルーツ、黄桃、パイナップルを頬張りそのあとに炭酸水を一気に流し込む。

そんなスッキリとした美味しさです。

種類ブドウ品種味わい
スプマンテトレッビアーノ辛口

 

1位

ザルデット プライベート キュヴェ ブリュット

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア ヴェネト
メーカー名 ザルデット
果実 %     グレラ30%、モスカート15%、シャルドネ30%、その他25%

イタリアの三ツ星レストランが認めたスパークリングワイン

リンゴの風味・トロピカルフルーツのアロマ、はじける泡が心地よいスッキリとしたスパークリングワインです。

イタリアで最初にミシュラン三ツ星を獲得したマルケージのプライベートラベルを造っていることでも、双方の信頼の高さがうかがい知れます。

豚肉のソテーに相性抜群のワインです。

種類ブドウ品種味わい
スプマンテグレラ/モスカート/シャルドネ辛口

来客用やちょっとしたご褒美に!2,000円~5,000円

商品画像ロータリ・ブリュットプロセッコ・コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・スーペリオーレ NV カルペネ・マルヴォルティアルタマレア パッセリーナ ブリュット NV チウ チウディアマ・ルクス2 エクストラ・ドライ ミレジマートフェデリチャーネ モンテレオーネ フレグレオ
商品名ロータリ・ブリュットプロセッコ・コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・スーペリオーレ NV カルペネ・マルヴォルティアルタマレア パッセリーナ ブリュット NV チウ チウディアマ・ルクス2 エクストラ・ドライ ミレジマートフェデリチャーネ モンテレオーネ フレグレオ
詳細味わい  辛口
原産国名 イタリア トレンティーノ
メーカー名 ロータリ
果実 %     シャルドネ100%
味わい  辛口
原産国名 イタリア ヴェネト州
メーカー名 カルペネ マルヴォルティ
果実 %     プロセッコ100%
味わい  辛口
原産国名 イタリア マルケ
メーカー名 ドラジェ
果実 %     パッセリーナ100%
アルコール度数 11.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア ピエモンテ
メーカー名 サンテロ
果実 %     グレーラ50%、ピノ・ビアンコ30%、シャルドネ20%
味わい  辛口
原産国名 イタリア カンパーニャ
メーカー名 フェデリチャーネ モンテレオーネ
果実 %     ファランギーナ100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

フェデリチャーネ モンテレオーネ フレグレオ

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア カンパーニャ
メーカー名 フェデリチャーネ モンテレオーネ
果実 %     ファランギーナ100%

カンパーニャの土着品種で造る高品質のスプマンテ

カンパーニャの固有品種「ファランギーナ」を使用した珍しいスパークリングワインです。

麦わらの黄色が印象的なこのワインは、ファランギーナの特徴であるボリュームのある果実味をいかんなく発揮しているワインと言えるでしょう。

水牛のモッツアレラチーズとトマトのカプリ風サラダとご一緒に。

種類ブドウ品種味わい
スプマンテファランギーナ辛口

 

4位

ディアマ・ルクス2 エクストラ・ドライ ミレジマート

詳細情報
アルコール度数 11.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア ピエモンテ
メーカー名 サンテロ
果実 %     グレーラ50%、ピノ・ビアンコ30%、シャルドネ20%

サンテロの「ダイヤ」個性的なボトルも魅力的なスプマンテ

光り輝くダイヤモンドという名のこだわりプレミアムスプマンテ。

完熟したリンゴのような蜜感と、それとは対照的なフレッシュさ兼ね備えた高貴なスプマンテです。

優雅パーティーにぴったりです。大切な方へのプレゼントにもおすすめです。

種類ブドウ品種味わい
スプマンテグレーラ/ピノ・ビアンコ/シャルドネ辛口

 

3位

アルタマレア パッセリーナ ブリュット NV チウ チウ

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア マルケ
メーカー名 ドラジェ
果実 %     パッセリーナ100%

イタリアマルケ州の満潮という名の幸せを運ぶスプマンテ

オッフィーダでいち早くオーガニックを取り入れ、パッセリーナで初めてスプマンテを手掛けたチウチウ。

細かな泡立ちでレモンや柑橘系の香りがあり、青リンゴや花のニュアンスもあります。

ほろ苦さを感じるミネラル感もあるスプマンテです。

さっぱりとしたペペロンチーノとの相性も抜群です。

種類ブドウ品種味わい
スプマンテパッセリーナ辛口

 

2位

プロセッコ・コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・スーペリオーレ NV カルペネ・マルヴォルティ

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア ヴェネト州
メーカー名 カルペネ マルヴォルティ
果実 %     プロセッコ100%

プロセッコの父と称されるカルペネが送る至極のスパークリングワイン

世界中に愛されるプロセッコの造り手、カルペネ マルヴォルティ。

とても繊細できめ細やかな発泡がカルペネの高級感の持ち味と言えるでしょう。

やわらかでフルーティーな味わいはとても親しみやすい口当たりで食前酒はもちろん、食事のおともとしてもおすすめです。

種類ブドウ品種味わい
プロセッコグレラ辛口

 

1位

ロータリ・ブリュット

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア トレンティーノ
メーカー名 ロータリ
果実 %     シャルドネ100%

世界50か国で愛される実力ワイン

フレッシュな柑橘類の香り、黄色いフルーツやリンゴ、瓶内二次発酵製法らしいナッツやトーストの香りがエレガント。

立ち昇る泡の細かさと豊かさ、そしてその持続性も素晴らしい。

味わいはドライ。上品な酸味と豊かな旨味を伴い、フレッシュ感たっぷりの味わいです。

余韻には黄色いフルーツやリンゴのニュアンスがあり、充実した泡感が残ります。

ガス圧も高く、味わい香りとも、シャンパンと比べても引けをとりません。

種類ブドウ品種味わい
スプマンテ(瓶内二次発酵)シャルドネ辛口

プレゼントや特別な日に!5,000円以上

商品画像フランチャコルタ サテンフランチャコルタ キュヴェ・プレステージ NV カ・デル・ボスコフェラーリ ペルレ ミレジムマルケーゼ・アンティノリ・フランチャコルタ・キュヴェ・ロワイヤルフェルゲッティーナ ミッレディ フランチャコルタ ブリュット
商品名フランチャコルタ サテンフランチャコルタ キュヴェ・プレステージ NV カ・デル・ボスコフェラーリ ペルレ ミレジムマルケーゼ・アンティノリ・フランチャコルタ・キュヴェ・ロワイヤルフェルゲッティーナ ミッレディ フランチャコルタ ブリュット
詳細味わい  辛口
原産国名 イタリア ロンバルディア
メーカー名 エノテカ
果実 %     シャルドネ
味わい  辛口
原産国名 イタリア ロンバルディア
メーカー名 カ デル ボスコ
果実 %     シャルドネ75%、ピノビアンコ10%、ピノネロ15%
味わい  辛口
原産国名 イタリア トレンティーノ
メーカー名 フェラーリ
果実 %     シャルドネ100%
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア ロンバルディア
メーカー名 エノテカ
果実 %     シャルドネ ピノ・ノワール、ピノ・ビアンコ
味わい  辛口
原産国名 イタリア フランチャコルタ
メーカー名 アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ
果実 %     シャルドネ100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

フェルゲッティーナ ミッレディ フランチャコルタ ブリュット

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア フランチャコルタ
メーカー名 アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ
果実 %     シャルドネ100%

フランチャコルタをこよなく愛する生産者からのメッセージ

熟成されたフランチャコルタらしい濃さのある麦わら色。

綺麗な果実香、ナッツやトーストしたパン、そしてバニラを想わせる複雑性豊かな香り。

フェルゲッティーナのワインには明確なメッセージが込められていると感じます。

種類ブドウ品種味わい
フランチャコルタシャルドネ辛口

 

4位

マルケーゼ・アンティノリ・フランチャコルタ・キュヴェ・ロワイヤル

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア ロンバルディア
メーカー名 エノテカ
果実 %     シャルドネ ピノ・ノワール、ピノ・ビアンコ

アンティノリがおくるスーパーフランチャコルタ

イタリアで最も有名な作り手の一つアンティノリ。

世界を席巻したスーパートスカーナが手掛けるフランチャコルタです。

アンティノリの哲学に基づいた確かな味わいは世界トップレベルと言えるでしょう。贈り物に最適です。

種類ブドウ品種味わい
フランチャコルタシャルドネ/ピノ・ノワール/ピノ・ビアンコ辛口

>>アンティノリのワインをもっと見る

 

3位

フェラーリ ペルレ ミレジム

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア トレンティーノ
メーカー名 フェラーリ
果実 %     シャルドネ100%

名家が生み出すガンベロロッソ誌掲載の赤ワインのスパークリングワイン

フェッラーリ社は、フランスから持ち込んだシャルドネを用いて初めてスプマンテを造ったイタリアにおけるスプマンテのパイオニア。

ドライイーストやバターのブーケが高級感を演出します。

歴史を感じながら優雅なひと時を過ごす至福の一本です。

種類ブドウ品種味わい
スプマンテシャルドネ辛口

 

2位

フランチャコルタ キュヴェ・プレステージ NV カ・デル・ボスコ

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア ロンバルディア
メーカー名 カ デル ボスコ
果実 %     シャルドネ75%、ピノビアンコ10%、ピノネロ15%

フランチャコルタを代表する偉大なる造り手

カ・デル・ボスコなくしてフランチャコルタの発展は語れません。

世界を代表するイタリアスパークリングの先駆けとして、多くのセレブに愛されるスプマンテです。

徹底的に愚直なまでに品質を追求したこのワインの味わいは、うま味を伴いながら、美しくクリアに感じます。

すべてに妥協を許さないトップワイナリーです。

種類ブドウ品種味わい
フランチャコルタシャルドネ/ピノ・ビアンコ/ピノ・ネロ辛口

>>カ・デル・ボスコのワインをもっと見る

1位

フランチャコルタ サテン

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア ロンバルディア
メーカー名 エノテカ
果実 %     シャルドネ

絹のような泡が織りなす最高級の味わいを

ベラヴィスタは世界のどこに行っても最高級と評されるワイン造りを目指しました。

その末にたどり着いたワインがこのフランチャコルタ・サテンです。

絹のような滑らかな泡は、ほかのどのワインの追随も許さない高貴さをまといます。

甘美でエレガンス、どこまでも繊細であり力強さも感じる。まさに究極のスプマンテです。

種類ブドウ品種味わい
フランチャコルタシャルドネ辛口
[PR]
フルボトル(750ml)の高級ワインには、

    •  ・高い
    •  ・飲み切るのが大変
    •  ・他と比較できない

という悩みがありますよね。
ホームワインは高級ワインが100mlで4本ずつ届くから、ワインの違いをわかりたい方にオススメ。本サイトの編集長ソムリエ佐々木が監修した学習コンテンツや、2023年にスタートしたソムリエによるコンシェルジュサービスも大人気。
ワインをもっと楽しむために、始めない理由がありません!▼

ホームワインを詳しく知る!

※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

スプマンテの楽しみ方

最後にスプマンテを楽しむ方法についてご紹介します。

美味しくスプマンテを飲むためにもぜひご参考ください。

温度は良く冷やして

スプマンテを最大限に楽しむためには適切な温度を保つことが重要です。

スパークリングワインであるスプマンテは、しっかりと冷やして飲むようにしましょう。

一般的には、6°Cから8°Cの範囲が適温とされています。

スパークリングワインの大きな魅力である炭酸ガスは、温度が低い状態で液体に溶け込むという特性を持っています。

そのため、スパークリングワインは良く冷やして飲むことで、爽快な泡立ちと口当たりを楽しむことができるのです。

また、良く冷えた状態では繊細なアロマとフレッシュな味わいが最も良く引き出されます。

飲む前は冷蔵庫で十分に冷やし、ボトルを空けた後もワインクーラーなどを使って冷やしながらスプマンテを楽しみましょう。

グラスはフルートグラスを

グラスの選択ですが、スプマンテを飲む際にはフルートグラスを使用することをおすすめします。

フルートグラスは細長い形状が特徴で、この形状がグラスの底から立ち上がる泡立ちを美しく見せてくれます

また、ストレートなグラスの形はワインを一直線に口の中に運び込こみ、より爽快な印象を与える効果も。

一方で、スプマンテそのものが持つ個性を楽しみたい場合は、白ワイングラスを使うと良いでしょう。

フルートグラスよりもワインが持つ香りや味わいを感じやすいため、フランチャコルタなどの高級なスプマンテに白ワイングラスは適しています。

合わせる料理

生ハム

生ハムはどんなワインとも相性の良い定番のおつまみ。

肉の旨味と程よい脂身を、スプマンテの酸味と炭酸が、生ハムのリッチな風味をバランスよく引き立て、口の中をリフレッシュします。

基本的にスプマンテはどんなタイプでも生ハムと合わせることができます。

特に難しいことは考えずに、よく冷やした辛口スプマンテと生ハムの組み合わせを気軽にお楽しみください。

 

カプレーゼ

カプレーゼはイタリアを代表するフレッシュな前菜。

新鮮なトマトとクリーミーなモッツァレラは、フルーティーでやや甘みのあるスプマンテと相性が良いです。

アスティや半甘口のプロセッコなど、果実の風味と甘味を感じるタイプがおすすめ。

軽快な酸味と泡立ちがカプレーゼのフレッシュさを際立たせ、スプマンテの甘味がチーズの旨味や塩気を引き立てます。

 

シーフードマリネ

シーフードマリネはスプマンテと相性ぴったりのおつまみ。

魚介の繊細な味わいとミネラル感は、辛口のスプマンテとの組み合わせが最適です。

白ワインとも相性が良いですが、発泡性のあるスプマンテを合わせることでよりさっぱりと爽快な味わいを楽しむことができます。

フランチャコルタやプロセッコなど、ガス圧が高めのものを合わせるのがおすすめ。

 

ミラノ風カツレツ

薄く伸ばした仔牛を揚げ焼きにしたミラノ風カツレツ。

カリっとした衣と牛肉のやわらかで旨味のある味わいを楽しむことができます。

そんなミラノ風カツレツには、スプマンテらしい爽やかな発泡性と赤ワインのコクを持ち合わせたランブルスコがおすすめです。

爽やかな酸味と炭酸、そして程よい渋味が料理の脂っこさを中和し、口の中をすっきりとさせます。

 

アクアパッツァ

アクアパッツァは魚介やトマトをハーブで煮込んだ人気のイタリア料理です。

魚介やトマトの旨味が凝縮されたこの料理には、やや複雑性のあるスプマンテがよく合います。

熟成したフランチャコルタや、高級なプロセッコを合わせるのがおすすめです。

ワインの複雑な風味や味わいを引き出すためにも、やや高めの8~10度で飲むことでよりアクアパッツァとの相性が良くなるでしょう。

イタリアの多様なスプマンテを楽しもう!

イタリアスパークリングワインはフランスやスペインにも劣らない、様々な幅広いワインがあることをご理解いただけたでしょうか?

価格や味わい、そのシーンに合わせたスパークリングワインをチョイスすることで、より奥の深いワインライフをお楽しみいただければ幸いです。

ワインの基礎知識から、イタリアワインについてもっと詳しく学びたい方はコチラがおすすめ。

>>イタリアでNo.1になったソムリエが教えるワイン講座

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】プロセッコとは?概要や特徴、人気のプロセッコ10銘柄をご紹介!

レストランでの食事に欠かせないお酒といえば、スパークリングワイン。 今回はプロセッコというイタリアのスパー

【ソムリエ監修】ランブルスコとは?おすすめ15選から飲み方まで解説

ランブルスコはイタリアで作られるスパークリングワイン。 軽やかな味わいとお手頃な価格で、ホームパーティーな

【ソムリエ監修】フランチャコルタとは?味わいの特徴や種類、おすすめ10銘柄もご紹介!

お料理との相性も良く気軽に楽しめるスパークリングワインは、日本でも人気が定着しましたね。 その中で、今日は

度数低めの甘口微発泡ワイン、モスカート・ダスティとは?おすすめワインまでご紹介

食べ物と合わせて楽しむイタリアワイン。日本では赤ワインのキャンティやバローロなどが有名です。 でも、ランチ

【ソムリエ監修】アスティの人気おすすめ13選を紹介!選び方も解説

アスティはアルコール控えめな甘口で飲みやすく、日本でも大人気。 価格もリーズナブルで、テーブルワインにもピ

【ソムリエ監修】タヴェルネッロとは?概要や人気のワケ、全ラインナップまでご紹介!

タヴェルネッロはイタリア国内だけでなく、世界中で販売量No.1を誇る大人気のワインです。 人気の秘密は、イ

【ソムリエ監修】イタリア発祥のヴォガとは?ラインナップから味の特徴までご紹介!

イタリア発信のヴォガのワインは、そのスタイリッシュなボトルがまず目を引きます。 思わずボトル買いしてしまう

【ソムリエ監修】ルーチェとは?選び方のコツや飲み方を徹底解説

ルーチェはイタリアのトスカーナ地方にあり、スーパータスカンとして一躍その名を馳せたワイナリーです。 スーパ

【ソムリエ監修】チェレットのワインの特徴は?全ラインナップや各銘柄の魅力を解説!

チェレットは、イタリア最高峰のワインと言われるバローロ、バルバレスコの最高の造り手とされるワイナリーです。畑ごと

【ソムリエ監修】イタリアワインの特徴は?品種から有名銘柄まで完全解説

長靴の形をしたワイン大国、イタリア。南北に長く、3方を海に囲まれた恵まれた環境から、「エノトリアテルス」(ワイン

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP