【ソムリエ監修】マルセル・ダイスのおすすめワイン5選!選び方のコツも解説

2018/11/27
フランス

マルセル・ダイスは、アルザスワインのトップに君臨する革命的なワイナリー。アルザスの法律まで変えてしまったそのワインは、芳醇な香りと複雑味のある味わいで、常識を覆す美味しさ。世界中から賞賛を浴びています。

そこで今回はマルセル・ダイスのワインにスポットをあて、その特徴や選び方とともに、代表的なラインナップについてご紹介しましょう!

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

マルセル・ダイスとは

マルセル・ダイスは、アルザス地方で270年以上の長い歴史をもつ家族経営のワイナリーです。9つの村に広大な畑を所有し、アルザスではもちろん、世界でもトップクラスの実力を誇ります。

アルザスに初めてテロワール(気候や土壌など、ブドウが育つ環境)の概念を持ち込み、法律まで変えてしまった革命的な生産者です。

ひとつの畑で育てられた複数の品種をブレンドしてテロワールの個性を最大限に表現したワインは、世界中から賞賛を浴びています。

マルセル・ダイスのワインの特徴

従来のアルザスワインはブドウの個性が重視され、ラベルに単一の品種名を記載する決まりがありました。

しかしマルセル・ダイスは個々の土地の個性をそのままワインに表現することを信念として、「混植混醸」を実践。ひとつの畑にさまざまな種類のブドウを栽培し、そこで収穫される異なる品種のブドウをブレンドさせるワイン造りを始めたのです。

このようなマルセル・ダイスの信念はアルザスの法律も動かしています。ラベルの記載は品種名よりも畑名を大きく表示するように法律が改正され、さらにブドウ品種は記載しなくても良いということになったのです。

マルセル・ダイスの白ワインの選び方

マルセル・ダイスのワインの8割以上が白ワインです。その選び方のポイントをお伝えしましょう。

品種で選ぶ

リースリング

リースリングはドイツ原産で、現在アルザスで一番多く栽培されている品種です。華やかで上品な香りとキリッとした強めの酸があり、バランスのとれた繊細な味わいのワインになります。

アルザスで造られるリースリングはスパイシーなニュアンスがあり、コクがあるのが特徴。マルセル・ダイスのワインは同じ畑で栽培された他の品種とブレンドすることで、土地の個性が反映された個性的な味わいに仕上がっています。

ゲヴュルツトラミネール

主にフランスのアルザス地方で栽培されている品種です。アルザスではリースリング、ピノ・グリ、ミュスカと並んで、高級ワインの原料になります。

豊かな香りが特徴で、引き締まった辛口のワインになりますが、遅摘みにしたり、貴腐菌をつけることで極甘口の高級ワインが造られることもあります。

味わいで選ぶ

白ワインは、ほとんどが甘口です。さまざまな品種のブレンドで造られているため、いろいろな風味が味わいに複雑さを与え、それぞれが完璧なバランスで絡まりあっています。

甘口ワインではふくよかな果実味が特徴ですが、唯一の辛口とされる「マンブール グラン・クリュ」も、力強いミネラル感の奥にふくよかさを秘めた味わいです。

ワイン造りで重視されているのは、味わいの複雑さと余韻の長さ。この点は、どの白ワインにも共通しています。

マルセル・ダイスの赤ワインの選び方

赤ワインの生産量は少なく、その主体となっているのはピノ・ノワールです。

アルザスでは赤ワインの生産量は少なく、全体の1割程度。マルセル・ダイスでもわずかです。その赤ワインに主に使われるのが、ブルゴーニュ地方原産のピノ・ノワール。

エレガントな香りとタンニン控えめで、果実味豊かなワインができあがります。その多くがライトボディのワインになりますが、マルセル・ダイスのピノ・ノワールはしっかりした骨格の、果実味豊かなミディアムボディに仕上がっています。

マルセル・ダイスのおすすめワイン5選

マルセル・ダイスの優れたワインの中から、選りすぐった5本をご紹介します。

白ワイン

ブレンドワインならコレ!

マルセル・ダイス アルテンベルグ・ド・ベルグハイム グラン・クリュ

12,512円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名   ヌーヴェル・セレクション

アルザスの伝統品種すべてをブレンド

従来、AOCグラン・クリュで使用できる品種は4つと法律で決められていましたが、マルセル・ダイスの提唱で複数品種のブレンドが認められました。このワインにはアルザスのすべての伝統品種13種がブレンドされています。

鉄分豊かな赤い粘土石灰質と石灰岩質の混ざった土壌で、ブドウの平均樹齢は25年。貴腐菌がブドウの完熟を促して、凝縮した果実味の濃厚で力強いワインが造られます。

トロピカルフルーツの華やかな香りが広がり、ハチミツ、黒コショウなどの複雑なニュアンスが溢れ出します。芳醇な果実味とコクのある旨味。滑らかな質感が魅惑的な白ワインです。甘みを伴う余韻が長く続きます。

 

リースリングが好きならコレ!

【2009年】 マルセル・ダイス シェネンブルグ グラン・クリュ

11,079円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名   ヌーヴェル・セレクション

長期熟成のポテンシャル

リースリングが80%で、ミュスカ、ピノ・グリ、シルヴァネール、シャスラなどのブレンドです。平均樹齢50年。シェネンブルグは土壌の石膏中に硫黄分が多く含まれている畑で、ワインにもマッチを擦ったような香りが感じられます。

花やフルーツの香りに、ハチミツのニュアンス。しっかりした骨格の中に上品な甘さがあり、凝縮感と濃密さ、粘度がありながらもスッキリと味わえる極上の逸品。長期熟成のポテンシャルの高いワインです。

力強く、複雑味のある味わいは、現代アルザスワインの頂点のひとつと言われています。

 

比較的お手頃な白ならコレ!

マルセル・ダイス  グラスベルグ・プルミエ・クリュ

7,633円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス
メーカー名   マルセル・ダイス
果実 %     リースリング、ゲヴェルツトラミネール

ミネラルが豊富

「グラスベルク」は草しか生えない場所という意味です。丘の頂上部に位置する斜面の畑で、グラン・クリュのアルテンベルグの近くにあります。粘土質がまったくない石灰岩の畑で、小石のみ。ブドウ栽培だけが可能な場所です。

リースリングとゲヴェルツトラミネールのブレンド。熟した青リンゴや白桃などの果実の香りに、ハチミツやシナモンを思わせるニュアンスが広がります。甘みのある果実の凝縮感が強く、豊富なミネラルや酸が感じられる複雑な味わい。

オイリーな口当たりで、マルセル・ダイスの特徴でもある圧倒的な余韻が長く続きます。

 

辛口はコレ!

マルセル・ダイス マンブール グラン・クリュ[2012]

14,342円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス
メーカー名   マルセル・ダイス

唯一の辛口

マンブールは、南向きの斜面に位置する畑。ピノ・グリ、ピノ・ノワールなどのブレンドです。北風が強いため貴腐菌が付かず、マルセル・ダイス唯一の辛口ワインとされています。

低収量で造られているため、凝縮した果実味が強く感じられるワイン。熟したトロピカルフルーツや白桃のような濃密な香りに、バター、ハチミツ、レモンのようなニュアンス。透明感のある口当たりで、ミネラル感に溢れ、力強く深い味わいです。

 

赤ワイン

マルセル・ダイス アルザス・ルージュ [2016]

4,522円 (税込)

詳細情報
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 マルセル・ダイス
果実 %     ピノノワール

希少な赤ワイン

年間生産量5000本の限定品です。ピノ・ノワール100%のミディアムボディ。ベリー系の華やかな香りで、しっかりした酸があり、豊かな果実味と繊細なタンニンがバランスのとれた味わいです。

アルザスのテロワールが反映されたピノ・ノワール。ブルゴーニュのワインにも決して引けを取らない美味しさです。

マルセル・ダイスのワイン比較表

商品画像マルセル・ダイス アルザス・ルージュ [2016]マルセル・ダイス マンブール グラン・クリュ[2012]マルセル・ダイス  グラスベルグ・プルミエ・クリュ【2009年】 マルセル・ダイス シェネンブルグ グラン・クリュ マルセル・ダイス アルテンベルグ・ド・ベルグハイム グラン・クリュ
商品名マルセル・ダイス アルザス・ルージュ [2016]マルセル・ダイス マンブール グラン・クリュ[2012]マルセル・ダイス  グラスベルグ・プルミエ・クリュ【2009年】 マルセル・ダイス シェネンブルグ グラン・クリュ マルセル・ダイス アルテンベルグ・ド・ベルグハイム グラン・クリュ
価格4,522円(税込)14,342円(税込)7,633円(税込)11,079円(税込)12,512円(税込)
詳細ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 マルセル・ダイス
果実 %     ピノノワール
原産国名 フランス
メーカー名   マルセル・ダイス
原産国名 フランス
メーカー名   マルセル・ダイス
果実 %     リースリング、ゲヴェルツトラミネール
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名   ヌーヴェル・セレクション
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名   ヌーヴェル・セレクション
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

マルセル・ダイスのワインまとめ

マルセル・ダイスのワインについて、ご紹介しました。世界の注目を集めるその革命的な味わいは、ワイン愛好家なら一度は試したい極上の逸品です。

ご紹介したラインナップも参考に、その素晴らしい味わいをお楽しみください!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ執筆】シャトー・オー・ブリオンの価格、当たり年、セカンドワインまで徹底解説

5大シャトーの中で最もエレガントと評されるシャトー・オー・ブリオン。 今日はその魅力や歴史、味わいについて分かりや

女性に大人気のスパークリングワイン!カフェ・ド・パリの気になる味や値段、種類を紹介

カフェ・ド・パリは、フランスのボルドーで造られているオシャレなスパークリングワイン。爽やかなフルーツの香りと繊細な泡

アンリ・ジローをソムリエが徹底解説!気になる種類、価格、味は?

ヨーロッパの上流階級や社交界の限られた宴の場で古くから愛され、幻のシャンパーニュとも呼ばれるアンリ・ジロー(HENR

【ソムリエ監修】ルー・デュモンのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

ルー・デュモンは、日本人醸造家が手がけるブルゴーニュのワインです。徹底したこだわりで造られたワインはマスコミでも取り

【ソムリエ監修】アルベール・ビショーのワインの特徴、種類、おすすめも紹介

アルベール・ビショーは180年の歴史を持つ、ブルゴーニュの名門ワイナリーです。ブルゴーニュの銘醸地に6つのドメーヌ・

クリスタルで有名!ルイ・ロデレールの種類、価格、味を紹介

今年、イギリスの専門誌であるドリンクス・インターナショナルの「世界で最も賞賛されるシャンパーニュ・ブランド2018」

【ソムリエ監修】シャトー・ラグランジュを徹底解説!歴史、こだわり、種類をご紹介!

今回ご紹介するシャトー・ラグランジュ( Chateau Lagrange )は、ボルドーの格付けでグランクリュ3級に

【ソムリエ監修】ラ クロワザードの特徴や種類を解説!おすすめワイン5選も紹介

南フランスのラングドック地方にある「ラ クロワザード(La Croisade)」というワイナリーをご存知ですか?19

ソムリエが選ぶドメーヌ・アラン・ブリュモンのおすすめ10選!種類も紹介

ドメーヌ・アラン・ブリュモン(Domaine Alain Brumont)とはフランスを代表する生産者の一つで、リーズ

【ソムリエ監修】ジョルジュ・デュブッフの種類や価格を解説!おすすめのワインもご紹介

ボジョレー のワインといえば、ジョルジュ・デュブッフ抜きでは語れません。 そのワイナリーで造られるワインは、スタン


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP