【ソムリエ監修】ライトボディの人気おすすめ赤ワイン27選をご紹介!

2019/04/15 おすすめ赤ワイン

ライトボディ 赤ワイン

口当たりが軽く、アルコール度数が低めのワインが飲みたい!

そんな時におすすめのなのがライトボディの赤ワイン。

しかしライトボディの赤ワインといっても多種多様な商品があるため、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

今回はソムリエが、ライトボディの赤ワインの特徴や選び方、おすすめの赤ワインまでご紹介します。

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/



ライトボディとは

白ワインの味わい大きく甘口、辛口で分けますが、赤ワインはほとんどが辛口のため、ボディという言葉で違いを表現します。

ボディは、一言で表現するのは難しいですが、口にした時の感触、味わい、重厚感です。

ライトボディは口当たりの軽いもの

その種類は「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」に分けられ、ライトボディは一番軽いタイプになります。

渋みがでるタンニンが少なく、口当たりが軽いのが特徴です。

爽やかな香りとフルーティな風味で、ワインが飲み慣れない人でも抵抗なく飲むことができます。ライトボディの赤ワインは淡くて鮮やかな色彩で、アルコール度数も低めです。

ライトボディ赤ワインのおすすめ選び方

ライトボディ赤ワインのおすすめの選び方

ライトボディの赤ワインを選ぶときは、品種、産地に焦点を当てると、自分に合った好みのワインを見つけやすいでしょう。

今回紹介する選び方は以下の通りです。

 

ライトボディの赤ワインの選び方
・品種で選ぶ
・産地で選ぶ

・価格で選ぶ

 

後に紹介するライトボディの赤ワイン人気おすすめランキングにも反映されているので、ぜひ参考にしてください。

それぞれについて、詳しくご案内いたします。

品種で選ぶ

ワインに使われるブドウの品種は何千種類にも及びますが、品種によって味わいには大きな違いがみられます。

ここでは特に代表的な以下の3つの品種をご紹介しましょう。

 

ライトボディの赤ワインに使われるおすすめ品種
1.ピノ・ノワール
2.ガメイ

3.メルロー

 

ではそれぞれ見ていきましょう。

エレガントで繊細な味わいならピノ・ノワール

フランスのブルゴーニュ地方を代表するブドウ品種です。

タンニンが少なめでほどよい酸味があり、エレガントで繊細な味わいのワインになります。

イチゴやチェリーのようなフルーティな香りを楽しめるでしょう。

フランスだけでなく、ヨーロッパ各国、アメリカ、オーストラリアなど広く栽培されていますが、産地により味わいに違いがあるのが特徴です。

それぞれ飲み比べてみるのも面白そうですね。

>>ピノ・ノワールのおすすめ赤ワイン

 

フルーティで口当たりの軽い赤ワインならガメイ

フランスのボジョレー地方で栽培されているブドウ品種です。

タンニンが少なく、フルーティで口当たりの軽い赤ワインになります。

熟成に向かない品種で、新しいうちに楽しむのが特徴です。

ボジョレーヌーボーの原料になり、爽やかな飲み心地が人気を呼んでいます。

>>ガメイのおすすめ赤ワイン

 

まろやかな口当たりならメルロー

フランスのボルドー地方原産で、世界中でも広く栽培されている品種です。

深みのある色合いで、フルーティな香りがします。タンニンや酸味は穏やかで、まろやかな口当たりです。

ワインが初めての人も飲みやすいでしょう。

>>メルローのおすすめ赤ワイン

 

産地で選ぶ

ワインは産地によっても、気候や土壌などの違いで味わいがまったく異なります。

今回は以下の産地を紹介します。

 

ライトボディの赤ワインを選ぶならおさえたい産地
1.フランス
2.イタリア

3.スペイン
4.アメリカ
5.オーストラリア

 

それぞれの特徴を確認して、好みのワイン選びの参考にしてください。

ワインの本場といえばここ!フランス産

フランス全土にワインの産地があり、その中でもライトボディに使われる品種の産地としてあげられるのがボルドー右岸、ブルゴーニュ、ボジョレーです。

ボルドー右岸
ボルドー右岸の土壌は保温性の高い粘土質です。

ここでつくれられた赤ワインは、メルロー品種の特徴であるタンニン控えめでまろやかな味わいのライトボディが楽しめます。

ボルドーワインについてもっと知りたい方はこちら。

>>【ソムリエ監修】ボルドーワインの特徴とは?選び方や飲み方を徹底解説

ブルゴーニュ
ブルゴーニュのワインは
基本的に1種類の品種で作られ、赤ワイン用にはピノ・ノワールが使われています。

ブルゴーニュは狭い地域内で多様なテロワールが存在します。

そのため、同じピノ・ノワールでも、テロワールによって個性の違うライトボディを楽しむことができます。

ブルゴーニュワインについてはこちらからご覧ください。

>>【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

ボジョレー
ボジョレーでは土壌に適したガメイ種が多く栽培され、ボジョレーヌーボーをはじめとするライトボディのワインが人気を呼んでいます。

ボジョレーの詳しい解説はこちらからご覧ください。

>>ボジョレーのおすすめ赤ワイン15選!ヌーヴォーについても解説!

 

生産量世界トップ!イタリア産

イタリアはワイン生産量が世界1位の産地です。

ワイン作りは紀元前にさかのぼり、当時から根付いて栽培されている品種は2千種類以上にも及びます。

全20州の中で、ライトボディに適したメルローを多く栽培しているのがヴェネト州です。

同じくライトボディのワインに多いピノ・ノワールは、イタリアでは「ピノ・ネロ」と呼ばれています。

こちらは主にイタリア北部の冷涼な地域で、ブルゴーニュに匹敵するほど質の良いピノ・ネロが栽培されています。

フランスの赤ワインについてはこちらも合わせてご覧ください。

>>【ソムリエ執筆】フランスのおすすめ赤ワイン17選!特徴も徹底解説!

ブドウの栽培面積世界一!スペイン産

スペインはイタリア、フランスに次いで世界第3位のワイン生産量を誇ります。

ブドウの栽培面積は世界一で、地中海の適した温暖な気候は完熟したブドウの栽培に適しています。

栽培されているブドウ品種はフルボディに向いているテンプラニーリョが主体ですが、リオハをはじめとする北部地方では、ライトボディなど軽めの赤ワインも多く造られています。

スペインの赤ワインについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】スペインの人気おすすめ赤ワイン26選!選び方も解説

お手頃なものから高級ワインまで!アメリカ産


アメリカでライトボディのワインを選ぶなら、オレゴン州のものがおすすめです。

オレゴン州は、国内で第4位のワイン生産量ですが、栽培面積の6割をピノ・ノワールが占めています。

冷涼な気候から高品質なピノ・ノワールが収穫され、果実味に富んだ香りと繊細な味わいのライトボディを造り出しています。

同じオレゴン州の中でも産地によって気象条件が異なり、生産者によって個性の違うライトボディを味わうことができるため、それぞれ飲み比べてみるのも面白いでしょう。

アメリカの赤ワインについてはこちらもご覧ください。

>>【ソムリエ監修】アメリカの赤ワインおすすめ20選!選び方のコツも解説

コスパの良いワインが売り!オーストラリア産

オーストラリアのワイン作りの歴史は200年と浅いものですが、近年は手ごろな価格で品質の良いワインが人気を呼び、ワイン生産国として躍進を遂げています。

オーストラリアの広い大地のうち、内陸部は乾燥していてブドウ栽培には適しません。

生産地は標高が高くて涼しい気候の南オーストラリア州を中心に、西海岸から南側に分布しています。

その中でライトボディ に適した品種が多く造られているのはタスマニア州で、赤ワインの品種としてはピノ・ノワールが多く栽培されています。

オーストラリアの赤ワインについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】オーストラリアのおすすめ人気赤ワイン13選!

価格で選ぶ

ライトボディの赤ワインと言ってもピンからキリまで価格帯は幅広いです。

そのため目的ごとに予算を考えて、選んでいくことがおすすめ。

具体的には以下のような分け方で考えてみましょう。

目的デイリーワイン用来客用プレゼント用特別な日用
予算~2,000円2,000~5,000円5,000~10,000円10,000円以上

次から紹介していくライトボディの人気おすすめ赤ワインランキングでは、これらの予算別に解説しています。

ぜひ目的ごとに合わせたワインを選んでくださいね。

予算別!ライトボディの人気おすすめ赤ワインランキング27選

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。ホームワインを詳しく見る※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

ここからは、ライトボディの赤ワインのおすすめを予算別にご紹介します。

今回は先ほど紹介した以下の選び方を参考にしています。

 

ライトボディの赤ワインの選び方
・品種で選ぶ
・産地で選ぶ

・価格で選ぶ

 

では予算別に見ていきましょう。

普段使いにおすすめ!予算2000円以下の人気おすすめ12選

まずはデイリーワインにおすすめの予算2,000円以下のライトボディの赤ワインを見ていきましょう。
今回紹介するのは以下の通りです。

商品画像フランジアテレサ・リッジ メルロー デッレ・ヴェネツィエパスクァ ロッソ・デル・ヴェネトムッソ・スモール・ゲーム ブラック・タワー レッドサンタ・ヘレナ・アルパカ・デライト・レッド盛田甲州ワイナリー シャンモリ 山梨タヴェルネッロ ロッソプリンツ ベア 赤サンタ・リタ スリー・メダルズ メルロー  KWV コンコルディア 赤王様の涙 赤 <甘口>
商品名フランジアテレサ・リッジ メルロー デッレ・ヴェネツィエパスクァ ロッソ・デル・ヴェネトムッソ・スモール・ゲーム ブラック・タワー レッドサンタ・ヘレナ・アルパカ・デライト・レッド盛田甲州ワイナリー シャンモリ 山梨タヴェルネッロ ロッソプリンツ ベア 赤サンタ・リタ スリー・メダルズ メルロー KWV コンコルディア 赤王様の涙 赤 <甘口>
詳細産地:アメリカ度数:12 %
味わい:ライトボディ
産地:イタリア、ヴェネト
品種:メルロー
度数:12 %
味わい:ライトボディ
産地:イタリア
度数:11.5 %
産地:スペイン
度数:12 %
味わい:ライトボディ
産地:ドイツ
度数:5.5 %
味わい:ライトボディ
度数:12 %
味わい:ライトボディ
産地:日本
度数:12 %
味わい:ライトボディ
産地:イタリア
度数:9 %
味わい:ライトボディ
産地:ドイツ
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:チリ
度数:13.5 %
味わい:ライトボディ
産地:南アフリカ
度数:11.5 %
味わい:ライトボディ
産地:スペイン
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ではそれぞれ解説していきます。

12位

王様の涙 赤 <甘口>

詳細情報
度数:11.5 %
味わい:ライトボディ
産地:スペイン

超リーズナブルにライトボディの赤ワインを楽しめる

タンニンと甘さのバランスがとれた一本。

非常にリーズナブルなため、気軽に楽しめることが魅力的です。

また赤ワインでは珍しい甘口タイプであることも注目したいところ。

デイリーワインに迷ったら、ぜひ一度お試しください。

品種産地
メルロー, テンプラニーリョ, カベルネ・ソーヴィニヨンスペイン

 

香りいちご、ラズベリー
酸味★★☆☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★☆☆☆☆
佐々木
フレッシュなイチゴを思わせる香味が印象的で、女性の方も飲みやすい一本です。

11位

KWV コンコルディア 赤

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:ライトボディ
産地:南アフリカ

コクと酸味の程よいバランス

さくらんぼやベリー系のアロマに、ダークチョコレートやカシスの香りを感じられるワイン。

複雑な香りの奥には、生き生きとした酸味が魅力的な味わいがあります。

リーズナブルながらも2019年「THE WORLD’S MOST ADMIRED WINE BRANDS」に評価されるなどの実力派です。

品種産地
南アフリカ

 

香りラズベリー、チェリー
酸味★★☆☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
果実味たっぷりの一品で、甘口では物足りないという方におすすめです。

10位

サンタ・リタ スリー・メダルズ メルロー

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:チリ

癖がなく飲みやすい

チリ最大規模のワイナリーであるサンタ・リタによる一本。

ルビーのような濃い色合いながらも、強すぎない軽やかな味わいを楽しめます。

ブラックチェリーやプラムの香りに、癖のないスッキリとした口当たりが魅力的です。

品種産地
メルローチリ

 

香りカシス、ミント
酸味★★☆☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
メルローらしい果実味たっぷりの仕上がりとなっており、気軽に愉しめる一本です。

9位

プリンツ ベア 赤

詳細情報
度数:9 %
味わい:ライトボディ
産地:ドイツ

可愛らしいラベルとジューシーな味わい

ドイツで人気なファンベルク社による赤ワイン。

ドイツ語で「くまの王子様」を表す「プリンツベア」がラベルに可愛く記載されています。

ダークチェリーやブルベリーなどを思わせる、ジューシーかつフレッシュな味わいが魅力的です。

甘口のためワイン初心者でも飲みやすいこともポイントの1つ。

品種産地
ドイツ

 

香りイチゴ、ブルーベリー
酸味★★☆☆☆
ボディ★☆☆☆☆
渋み★☆☆☆☆
佐々木
ラベル同様、味わいからもピュアで親しみやすい印象を受ける一本です。

8位

タヴェルネッロ ロッソ

詳細情報
度数:12 %
味わい:ライトボディ
産地:イタリア

優しい口当たり

タヴェルネッロはイタリア後で「小さな居酒屋」を意味する言葉。

そんなタヴェルネッロによる柔らかい口当たりが魅力的な一本です。

ハッキリとした赤い果実の香りと、優しいタンニンのギャップをお楽しみください。

品種産地
‎サンジョベーゼイタリア

 

香りラズベリー、チェリー
酸味★★☆☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
居酒屋で気軽に、大勢で楽しむのにぴったりな陽気な味わいが特徴です。

7位

盛田甲州ワイナリー シャンモリ 山梨

詳細情報
度数:12 %
味わい:ライトボディ
産地:日本

和食と合わせるデイリーワインならコレ!

山梨県産のマスカット・ベーリーAを使用したライトボディ赤ワイン。

繊細かつ軽やかな味わいは、優雅さを覚えます。

和食との相性が良く、すき焼きなどと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

品種産地
マスカット・ベーリーA日本・山梨

 

香りイチゴ、野葡萄
酸味★★★☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
イチゴのような甘酸っぱさや、野葡萄のような野生味も少し感じられる一本となっています。

6位

サンタ・ヘレナ・アルパカ・デライト・レッド


ライトに楽しめるアルパカシリーズ

リーズナブルなワインで人気なアルパカシリーズのライトボディ赤ワイン。

非常に軽やかに楽しむことができ、デイリーワインにぴったりです。

口当たりはすっきりとしており、カシスやブラックベリーの風味を感じられます。

アルコール度数も5.5%と赤ワインの中では低いため、気軽に楽しめますね。

品種産地
チリ

 

香りブラックチェリー、カシス
酸味★★☆☆☆
ボディ★☆☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
口当たりから余韻まで終始、軽快にすっきり流れていくカジュアルワインです。

5位

ブラック・タワー レッド

詳細情報
度数:12 %
味わい:ライトボディ
産地:ドイツ

しなやかな辛口のドルンフェルダー

輝きを放つ外見が特徴的な一本。

しなやかでフルーティーな味わいが魅力的なドルンフェルダーを使っています。

爽やかな口当たりのため、幅広い料理と相性が良いこともポイントです。

品種産地
ドルフェンダードイツ

 

香りチェリー、クランベリー
酸味★★☆☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★☆☆☆☆
佐々木
辛口でフルーティーなものがお好きな方に、おそらく気に入っていただけるような一本です。

4位

ムッソ・スモール・ゲーム 


100%有機栽培メルローのオーガニックワイン

スペインのオーガニックワインです。

フレンチオーク樽で12ヶ月間熟成され、熟した果実の複雑なアロマが口の中に広がるでしょう。

品種産地
メルロースペイン

 

香りプラム、スパイス
酸味★★☆☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
1年近く樽でねかせたことによって全体的に厚みが増し、イキイキとした果実味も感じられます。

3位

パスクァ ロッソ・デル・ヴェネト


柔かい果実の風味が広がる

1925年創業の家族経営の造り手で、ヴェローナを代表する生産者パスクァ社が造る赤ワインです。

コルヴィーナ、サンジョヴェーゼなどを主体にブレンドしています。

柔かい果実の風味が広がり、渋味の少ないライトボディに仕上がっています。

軽く冷やして飲めば、よりいっそう爽やかさが引き立つでしょう。

品種産地
コルヴィーナ、サンジョヴェーゼイタリア

 

香りレッドチェリー、ラズベリー
酸味★★★☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
フルーティーな香味に生き生きとした酸があることで、軽快で親しみやすい味わいに仕上がっています。

2位

テレサ・リッジ メルロー デッレ・ヴェネツィエ

詳細情報
度数:12 %
味わい:ライトボディ
産地:イタリア、ヴェネト
品種:メルロー

フルーティでまろやかな口当たり

手軽で飲みやすいカジュアルな銘柄として親しまれているブランド、テレサ・リッジの赤ワインです。

メルロー種の特徴がよく表れていて、フルーティでまろやかな口当たりです。

鮮やかなルビー色で、エレガントな香りが楽しめます。

タンニン少なめで酸味がほどよく、トマトソースのパスタや鶏肉料理などさっぱりした料理によく合うでしょう。

料理に合わせたい人におすすめです。

品種産地
メルローイタリア、ヴェネト

 

香りプラム、トマトの葉
酸味★★☆☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
メルローの品種特徴がよく出ており、全体のバランスも非常にいいワインです。

1位


丸みのある味わいが口いっぱいに

カリフォルニアの契約農家で育ったブドウを朝摘みして冷たいうちに醸造しているので、フレッシュでフルーティな味わいに仕上がっているワインです。

ラズベリーやアメリカンチェリーのような香りが心地よく、軽い口当たりで丸みのある味わいが口いっぱいに広がるでしょう。

軽く冷やして飲んだり、ワインカクテルにするのもおすすめです。

さまざまな飲み方ができるので、普段使いにはもってこいの1品です。

品種産地
アメリカ・カリフォルニア

 

香りカシス、ブラックチェリー
酸味★★☆☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
カリフォルニアらしい果実味がしっかり感じられ、万人に愉しんでいただける一本です。

来客用に!2,000~5,000円の人気おすすめ6選

次に来客用におすすめ2,000~5,000円のライトボディ赤ワインを見ていきましょう。
紹介していくのは以下の通り。

商品画像マルセル・ラピエール レザン・ゴーロワシーグラス ピノ・ノワール サンタ・バーバラブラウンブラザース タランゴクロサンジャック ブルゴーニュ ジョルジュ デュブッフ ボジョレー日本ワイン ジャパンプレミアム メルロ
商品名マルセル・ラピエール レザン・ゴーロワシーグラス ピノ・ノワール サンタ・バーバラブラウンブラザース タランゴクロサンジャック ブルゴーニュジョルジュ デュブッフ ボジョレー日本ワイン ジャパンプレミアム メルロ
詳細度数:12.5 %
味わい:ミディアムボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
品種:ガメ
度数:14 %
味わい:ライトボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ピノノワール
度数:12.7 %
味わい:ライトボディ
産地:オーストラリア、ビクトリア
品種:タランゴ90%、メルロー10%
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
品種:ピノノワール
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:‎ボージョレ
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:日本
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ではそれぞれ解説していきます。

6位

日本ワイン ジャパンプレミアム メルロ

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:日本

サントリーが贈る高品質な日本ワイン

優しい風味を演出するメルロを使った一本。

豊かな果実味とやさしいタンニンのバランスが程よく絡み合っています。

癖が少なく、料理とも合わせやすいため、少し豪華な食卓用ワインとしてもおすすめです。

品種産地
メルロ日本

 

香りプラム、土
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
果実味、酸味、タンニンが三位一体となったバランスのいい一本です。

5位

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:‎ボージョレ

フルーティーさと深みの融合

ボジョレーのブドウを使ったコクのあるワイン。

フルーティーな一面の中には、奥深い繊細で凝縮された味わいがあります。

ライトなため、食中酒にもぴったりです。

品種産地
ガメイ‎ボージョレ

 

香りイチゴ、カシス
酸味★★★☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
ガメイ種らしい軽やかな味わいとフレッシュな酸味が、飲み疲れさを全く感じさせません。

4位

クロサンジャック ブルゴーニュ

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
品種:ピノノワール

サクランボや野イチゴのような爽やかな香り

ブルゴーニュのミシュラン三ツ星レストラン「ラ・コート・サンジャック」が手がけ、グラスワインとして提供している赤ワインです。

サクランボや野イチゴを思わせる爽やかな香りで、熟成されてまろやかになったタンニンが繊細な味わいを醸し出しています。

家庭でもホテルで出るワインを味わいたい方におすすめです。

品種産地
ピノ・ノワールフランス・ブルゴーニュ

 

香りラズベリー、枯葉
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
上質なピノノワールに共通する華やかな芳香と緻密なタンニン、綺麗な酸味が感じられる一本です。

3位

ブラウンブラザース タランゴ

詳細情報
度数:12.7 %
味わい:ライトボディ
産地:オーストラリア、ビクトリア
品種:タランゴ90%、メルロー10%

酸味が柔らかくてフルーティな香り

オーストラリアの科学者が1965年に開発したブドウ品種のタランゴを主体に、メルローをブレンドして造られています。

ブラウン・ブラザーズ社は近年、フランスのボジョレーと同じマセラシオン・カルボニック製法を導入しています。

ボジョレーヌーボーのような、酸味が柔らかくてフルーティな香りのライトボディが楽しみたい方におすすめです。

品種産地
タランゴ90%、メルロー10%オーストラリア・ビクトリア

 

香りイチゴ、キャンディー
酸味★★★☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
製法由来のフレッシュ&フルーティーな香味が存分に味わえ、ワイン初心者には特におすすめの一本です。

2位

シーグラス ピノ・ノワール サンタ・バーバラ

詳細情報
度数:14 %
味わい:ライトボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ピノノワール

極上のピノ・ノワールが楽しめる

シーグラスはコストパフォーマンスが高いことで人気の、カリフォルニアワインです。

サンタバーバラの豊かな陽光と冷たい潮風という恵まれた気候の中でブドウはよく熟し、バランスのよい酸味とエレガントな風味のワインが造られます。

穏やかな渋みとフルーティな味わいで、格安でも極上のピノ・ノワールが楽しみたい方におすすめです。

品種産地
ピノ・ノワールアメリカ・カリフォルニア

 

香りカシス、ブラックベリー
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
全体のバランスがうまく取れており、フランスに勝るパワフルな果実味にアメリカらしさを感じます。

1位

マルセル・ラピエール レザン・ゴーロワ

詳細情報
度数:12.5 %
味わい:ミディアムボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
品種:ガメ

ブドウをそのまま食べるような味わい

ガメイ種のブドウを使った、ボジョレー地方の赤ワインです。

ステンレスタンクで発酵・熟成させているので、軽快でまろやかな飲み口に仕上がっています。

著名なイラストレーター、モーリス・シネ氏によるラベルの絵もユニーク。

もぎたてのブドウをそのまま食べるような味わいを表現しています。

ヨーロッパのホームパティーで頻繁に飲まれているので、週末に友人と集まって飲むという方にぜひおすすめです。

一度見たら、忘れないようなラベルが特徴的です。

品種産地
ガメイブルゴーニュ(ボジョレー)

 

香りチェリー、野いちご
酸味★★★☆☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
これまで赤ワインの渋みや雑味ゆえに、飲みづらさを感じていた方にはぜひ手に取ってほしい一品です。

プレゼントにおすすめ!5,000~10,000円の人気おすすめ4選

次に5,000~10,000円のライトボディ赤ワインを紹介していきます。

紹介するのは以下の通り。

商品画像ブリュノ・コラン サントネー ルージュ ヴィエーユ ヴィーニュデクスター ピノ ノワール【2015年】トロ・ボー サヴィニー レ ボーヌ【2015年】アルヌー・ラショー ブルゴーニュ ピノ ファン
商品名ブリュノ・コラン サントネー ルージュ ヴィエーユ ヴィーニュデクスター ピノ ノワール【2015年】トロ・ボー サヴィニー レ ボーヌ【2015年】アルヌー・ラショー ブルゴーニュ ピノ ファン
詳細度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
度数:13.8 %
味わい:ライトボディ
産地:オーストラリア、ビクトリア
品種:ピノノワール
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ぜひプレゼントの際などは奮発して、ここから選んでみてください。

では見ていきましょう。

4位

【2015年】アルヌー・ラショー ブルゴーニュ ピノ ファン

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ

果実味が豊かでバランスの良い一本

200年以上続く老舗のアルヌー家が造る赤ワインです。

ピノ・ファンはピノ・ノワールのクローン品種。

数あるクローンの中でも、小粒で凝縮した上質の実を付けます。

果実味が豊かでバランスが良く、十分な凝縮感のあるライトボディ が楽しめるでしょう。

品種産地
ピノ・ファン(ピノ・ノワール)フランス・ブルゴーニュ

 

香りキイチゴ、カシス
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
フレッシュな果実味や飲んでいて飽きないライトさが大変魅力的です。

3位

【2015年】トロ・ボー サヴィニー レ ボーヌ

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ

エレガントで上品な味わい

トロ・ボーはショレイ・レ・ボーヌに本拠地を置く、家族経営のドメーヌです。

サヴィニー レボーヌは明るい色彩のワインで、まろやかなタンニンで酸味は少なめ。

ラズベリーや赤スグリの香りはとても甘美で、エレガントで上品な味わいを楽しむことができます。

品種産地
フランス・ブルゴーニュ

 

香りレッドチェリー、スミレ
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
フルーティーな果実味に、スミレの花を思わせる上品さも感じられます。

2位

デクスター ピノ ノワール

詳細情報
度数:13.8 %
味わい:ライトボディ
産地:オーストラリア、ビクトリア
品種:ピノノワール

スパイシーなアロマを秘めた、複雑な味わい

オーストラリアのヴィクトリア州原産で、ピノ・ノワール100%の赤ワインです。

ブラックベリーやプラムの香りにスパイシーなアロマを秘めた、複雑な味わいが楽しめます。

甘い果実味と柔らかなタンニン、控えめな酸味がバランスよく、心地よい余韻を残してくれるでしょう。

品種産地
ピノ・ノワールオーストラリア、ビクトリア

 

香りレッドプラム、カシス
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
近年、上質なピノノワール種のワインを輩出するヴィクトリア州のポテンシャルを感じさせる一本です。

1位

ブリュノ・コラン サントネー ルージュ ヴィエーユ ヴィーニュ

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ

特別な日に楽しむ極上の逸品

ブリュノは、トップクラスのドメーヌとして名を馳せたミシェル・コラン・ドレジェの後継者のひとり。

樹齢55年のピノ・ノワールの古木で熟した果実から、上質なワインが造られます。

赤い果実の爽やかな香りとまろやかな味わいで、記念日などの特別な日にゆっくり楽しみたい極上の逸品です。

品種産地
ピノ・ノワールフランス・ブルゴーニュ

 

香りキイチゴ、バラ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
華やかな香りの裏に隠れた凝縮感ある果実味に、古木ならではの上質なブドウの存在感が感じられます。

特別な日に憧れの赤ワイン!10,000円以上の人気おすすめ5選

最後に10,000円以上のライトボディの赤ワインを紹介していきます。

今回紹介するのは以下の通り。

商品画像ニュダン コルトン ブレッサンド グラン クリュアルヌー・ラショー ニュイ サン ジョルジュ プルミエ・クリュ クロ デ コルヴェ パジェ【2014年】ジャン・グリヴォヴォーヌ ロマネロベール・シュヴィヨン / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・カイユ 【2011】レシュノー シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ
商品名ニュダン コルトン ブレッサンド グラン クリュアルヌー・ラショー ニュイ サン ジョルジュ プルミエ・クリュ クロ デ コルヴェ パジェ【2014年】ジャン・グリヴォヴォーヌ ロマネロベール・シュヴィヨン / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・カイユ 【2011】レシュノー シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ
詳細度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
産地:フランス、ブルゴーニュ
品種:ピノノワール
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ぜひ特別な日の一本にお選びください。

では早速見ていきましょう。

5位

レシュノー シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ

バランスのよい酸味で爽やかな味わい

レシュノーはニュイ・サン・ジョルジュを拠点とするドメーヌで、歴史は浅いながら大きく成長して高い評価を受けています。

果実味が豊かで、シャンボールらしい滑らかなタンニンが特徴のワイン。

バランスのよい酸味で爽やかな味わいです。のど越しの良さを存分に楽しめるでしょう。

品種産地
フランス・ブルゴーニュ

 

香りラズベリー、スミレ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
豊かな果実味となめらかなタンニンを備えているため、若いヴィンテージからすぐに愉しめるのも魅力的です。

4位

ロベール・シュヴィヨン / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・カイユ 【2011】

詳細情報
産地:フランス、ブルゴーニュ
品種:ピノノワール

重厚で深みのあるエレガントな味わい

ニュイ・サン・ジョルジュ村の生産者が作る赤ワインです。

平均樹齢は60年で、樹齢100年を超える樹も多くある畑で果実を丁寧に選別。

ワインの品質は、畑の段階で90%以上決まり、醸造では覆らないという哲学を持っています。

昔ながらの常温発酵で作られる赤ワインは高い樹齢がもたらす濃密さや繊細さが特徴です。

重厚で深みのあるエレガントな味わいを楽しみたい方におすすめ。

品種産地
ピノ・ノワールフランス・ブルゴーニュ

 

香りバラ、枯れ葉
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★★☆
佐々木
いい熟成を経た証である枯れ葉や腐葉土の香りに、まだまだ生気のある果実味も交わった極上の一本です。

3位

【2014年】ジャン・グリヴォヴォーヌ ロマネ

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ

豊満でエレガンスを極めた極上の味わい

グリヴォ家は、ブルゴーニュの頂点を極める銘醸地ヴォーヌ・ロマネの由緒正しい生産者です。

ヴォーヌ・ロマネの典型といえるスタイルで、豊満でエレガンスを極めた極上の味わいを造りだしています。

ラズベリーやチェリーなど赤い果実の香りが爽やかで、まろやかな風味です。

充実した果実味が堪能したい方におすすめです。

品種産地
フランス・ブルゴーニュ

 

香りフランボワーズ、スパイス
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★★☆
佐々木
「ピノノワール=軽やか」そんな概念を大きく変えてくれるほどの驚きを与えてくれる一本だと思います。

2位

アルヌー・ラショー ニュイ サン ジョルジュ プルミエ・クリュ クロ デ コルヴェ パジェ

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ

果実味あふれるバランスの良いワイン

200年の歴史を持つヴォーヌ・ロマネの老舗ロベール・アルヌーが2008年にアルヌー・ラショーへと名前を変え、変貌を遂げました。

果実味を備えたエレガントなワインを生み出しています。

果実味あふれるバランスの良いワインで、キメ細かなタンニンは口当たりが優しく、エレガントで繊細な味わいを引き出します。

リッチな味わいなのに軽やかさもあるので、とても飲みやすいです。

品種産地
ピノ・ノワールフランス・ブルゴーニュ

 

香りラズベリー、バラ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
緻密で華やかな香味に、見事なバランスの渋みと酸味が長い余韻へと続きます。

1位

ニュダン コルトン ブレッサンド グラン クリュ

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス、ブルゴーニュ

凝縮された味わいのワイン

フランスのブルゴーニュ地方のコルトンにあるグランクリュの中でも、クロ・デュ・ロワと並ぶ高品質の赤ワインです。

樹齢60年という古木なので、凝縮された味わいのワインになります。

タンニンは柔らかで、繊細な味わいが楽しめるでしょう。

ライトボディながら重厚な味わいで、霜降り肉やスキヤキなどによく合います。

高級な食材、高級なワインで特別な時間を過ごしたいときにぜひおすすめしたい1品です

品種産地
フランス・ブルゴーニュ

 

香りブラックチェリー、ハーブ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
熟成につれ現れる複雑味、奥ゆかしさを増したその魅力的なアロマをぜひ、大ぶりのブルゴーニュグラスでお愉しみください。

ライトボディの赤ワインを楽しもう!

ライトボディの赤ワインを楽しもう!

ライトボディの赤ワインのおすすめを、予算別にご紹介しました。

ライトボディといっても、ブドウの品種や産地によって味わいはさまざまです。

ライトボディには安い価格でも品質の高いワインが多く、その味わいは十分満足できるはずです。

金額の高いヴィンテージなら、軽さの中に凝縮した深い余韻を感じることができるでしょう。

また赤ワインについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。
>>【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】フルボディとは?フルボディのおすすめ赤ワイン20選と合わせて解説

赤ワインの種類は星の数ほどあり、その奥深さゆえ、世界中にはたくさんのワイン愛好家がいますよね。 フルボディの赤

【ソムリエ厳選】辛口の赤ワイン人気おすすめ9選!選び方のコツも解説

赤ワインといえば、甘口もありますが、ほぼ辛口と思っていただいた間違いありません。 ただ、種類が多くてどのワ

【ソムリエ執筆】ミディアムボディとは?ミディアムボディのおすすめ赤ワイン15選と合わせて解説

「ミディアムボディの赤ワイン」といわれてどんなワインかすぐに思いつきますか? 重すぎず軽すぎない、ちょうど

【ソムリエ監修】ピノ・ノワールとは?特徴、種類、おすすめのワインまで紹介!

ピノ・ノワールと言えば、高級ワインのロマネコンティに使用されていることで有名ですね。 ピノ・ノワールのワイ

赤ワインの選び方

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP