【ソムリエ監修】ジョルジュ・デュブッフの種類や価格を解説!おすすめのワインもご紹介

2019/08/23
フランス

ボジョレー のワインといえば、ジョルジュ・デュブッフ抜きでは語れません。

そのワイナリーで造られるワインは、スタンダードなボジョレーワインから特別な品質が認められたAOC、クリュ・デュ・ボジョレーの高級ワインまでさまざま。その軽やかで飲みやすい味わいは、世界中で人気を呼んでいます。

そこで今回は、ジョルジュ・デュブッフのワインの特徴や選び方、ラインナップをご紹介しましょう。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

ジョルジュ・デュブッフとは

ジョルジュ・デュブッフは1964年、ボジョレー地区に設立されたワイナリーです。

創設者のジョルジュ・デュブッフ氏は、「ボジョレーの帝王」とも呼ばれています。

その卓越した鼻と舌でボジョレーワインの理想的な味わいを造りあげ、1970年代からは、ヌーヴォーを世界に紹介。

11月の第3木曜日を解禁日とするボジョレー ・ヌーヴォーを「解禁と同時にワインが美味しく飲める特別な日」として宣伝し、世界的に有名にしました。

ボジョレー地区の素朴な地酒を、一代で世界の名ワインにまで築き上げたのです。

ジョルジュ・デュブッフのワインの種類と産地

ジョルジュ・デュブッフのワインの、種類と産地、価格帯を紹介します。

ワインの種類は、赤ワインが6点、白ワインが4点販売されています。

ジョルジュ・デュブッフの赤ワイン

赤ワインはスタンダードなボジョレーワイン2点と、ボジョレー地区の中でも最も格上に位置づけられるクリュ・デュ・ボジョレーで造られた村名ワインを4点揃えています。

そのほとんどがガメイの単一品種で造られ、それぞれの畑ごとの個性的な味わいを楽しむことができます。

シラーなどのブレンドで造られた1本は、味わいにこだわる「通向き」のワイン。ガメイとは違った、ジョルジュ・デュブッフのもうひとつの味わいを堪能できます。

ジョルジュ・デュブッフの白ワイン

白ワインは、マコネ地区で栽培されたシャルドネを中心に造られています。ジョルジュ・デュブッフならではの、上品で爽やかな味わい。

各畑ごとのシャルドネの違いを楽しむことができます。

生産地

ボジョレー地区には「クリュ・ デュ・ボジョレー」と呼ばれる、特別な品質を認められた10のAOCがあります。その代表的なものをご紹介しましょう。

長期熟成向きのムーラン・ナ・ヴァン

花崗岩砂層にマンガンの鉱脈が入り込んだ土壌で水はけが良く、ブドウ栽培に適した場所。クリュ・デュ・ボジョレーで一番力強いワインを造る産地と言われています。

タンニン豊富で、しっかりとした複雑な味わい。長期熟成向きのワインが多く生産されています。

繊細で女性的なフルーリー

クリュ・デュ・ボジョレーの中で、最も女性的なワインと言われています。

花崗岩の土壌で生産されるワインは、繊細さと女性的な香りが魅力的。若いうちは、開花したばかりの花のような味わいで、熟成すると複雑味が増し、スパイスのニュアンスを感じるようになります。

価格

ジョルジュ・デュブッフのワインは、ほとんどがリーズナブルな価格です。テーブルワインには2,000円未満の予算で美味しいワインが手に入るでしょう。

特別な日の1本や来客用には、2,000円〜4,000円の範囲で選ぶことができます。

毎年11月第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォーも、手ごろな価格。気軽にジョルジュ・デュブッフを試すことができます。

ジョルジュ・デュブッフ ボジョレー

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー

1,228円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 12 %
ボディー  ライトボディ
原産国名 フランス ボージョレ
メーカー名 サントリー
果実 %     ガメ

万人向けの爽やかなボジョレー

フレッシュでいきいきとした味わいの、スタンダードな1本。ガメイ100%で造られたライトボディです。
「誰もが気軽に楽しめる」というジョルジュ・デュブッフの理想を形にしたワイン。赤い果実や花の香りが心地良く、軽やかでフルーティーな味わいが広がります。

日常の料理にも気軽に合わせることができます。軽く冷やしてお楽しみください。

 

ジョルジュ・デュブッフ サンタムール

ジョルジュ デュブッフ サンタムール

2,100円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス ボージョレ
メーカー名 サントリー
果実 %     ガメ

甘い香りとまろやかな味わい

クリュ・デュ・ボジョレーのワインです。ガメイ100%のライトボディ。桃やアプリコットの果実のような甘く優しい香りと、バランスのとれた丸みのある味わいです。

サンタムールとは「愛の聖人」という意味で、その名にちなんで恋人へのプレゼントにする人も多いようです。

 

ジョルジュ・デュブッフ フルーリー

ジョルジュ デュブッフ フルーリー

2,650円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス ブルゴーニュ
メーカー名 サントリー
果実 %     ガメ

繊細で優しい口当たり

クリュ・デュ・ボジョレーの女王と呼ばれるワインです。フルーリーは「花」という意味で、その名の通り、ユリやアイリスを思わせる甘い香りのワインです。

口あたりは絹のようになめらかで、熟成させるとスパイシーな香りが楽しめます。

 

ジョルジュ・デュブッフ キュベ コネスール

ジョルジュ デュブッフ キュベ コネスール

1,767円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス ボージョレ
メーカー名 サントリー
果実 %     赤ブレンド

ワイン通向きの味わい

シラー、グルナーシュ、カリニャンのブレンドです。

ガメイ以外で造られ、他のジョルジュ・デュブッフとは趣を異にする赤ワイン。「キュベ コネスール」とは「通のためのワイン」という意味です。

豊かな香りの風味深い、しっかりした味わいのミディアムボディ。コクのあるワインが好きな人におすすめです。

 

ジョルジュ・デュブッフ ムーラン・ナ・ヴァン

ジョルジュ デュブッフ ムーラン・ナ・ヴァン

1,767円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス ボージョレ
メーカー名 サントリー
果実 %     ガメ

芳醇で力強いボディ

ムーラン・ナ・ヴァンはボジョレー地区の中でも最も格上に位置づけられるクリュ・デュ・ボジョレーのうちのひとつで、その中でも最も力強いワインができるとされている産地です。

芳醇で、ボジョレーの最高峰とも言われている味わい。長熟にも適しているワインです。

 

ジョルジュ・デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ

2,087円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ライトボディ
原産国名 フランス ボージョレ
メーカー名 サントリー
果実 %     ガメ

より深い味わいが楽しめる

ボジョレー・ヴィラージュ地域で造られています。

南部で作られるワインよりも果実や花の香りが凝縮していて、より深い味わいが楽しめます。軽く冷やしてお楽しみください。

 

ジョルジュ・デュブッフ サン・ヴェラン

ジョルジュ デュブッフ サン・ヴェラン

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ボージョレ
メーカー名   サントリー
果実 %     シャルドネ

シャルドネらしい爽やかな味わい

ジョルジュ・デュブッフは、上品さや明るさを特徴とする白ワインにも定評があります。ボジョレーの北にあるマコネ地区の中でも、とくに白ワインの銘醸地とされているサン・ヴェランのシャルドネから造りました。

花や蜂蜜を思わせる華やかな香りで、ハーブのニュアンスもかすかに感じられます。

シャルドネらしいふくらみのある果実味と、バランスの良い酸が魅力的な辛口の白ワインです。

 

ジョルジュ・デュブッフ マコン・ヴィラージュ

ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ブルゴーニュ
メーカー名   サントリー
果実 %     シャルドネ

ミネラル感に溢れた辛口

シャルドネの果実味と、大地のミネラル分が豊かに凝縮された辛口です。

心地よくふくらみのある香り。豊かな果実味と酸とのバランスが絶妙で、口当たりは優しくまろやか。あと味はキリリと引き締まって、爽やかな印象が残ります。

魚介類はもちろん、やわらかな酸味なので肉料理にもよく合うでしょう。

 

ジョルジュ・デュブッフ プイィ・フュイッセ

ジョルジュ デュブッフ プイィ・フュイッセ

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ボージョレ
メーカー名   サントリー
果実 %     シャルドネ

熟成したワンランク上の味わい

マコネ地区の銘醸地とされているプイィ・フュイッセのシャルドネで造られた辛口です。

甘い果実の香りに、樽熟成に由来するナッツのような香ばしい香りが複雑に混ざり合います。まろやかな口当たりで、長い余韻が続くでしょう。

記念日などの特別な日や自分へのご褒美に、ゆっくり味わいたい逸品です。

 

ジョルジュ・デュブッフ キュベ・ネスール

ジョルジュ デュブッフ キュベ コネスール

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名   サントリー
果実 %     白ブレンド

ワイン通におすすめの1本

コロンバール、ユニ・ブラン、クレーレットをブレンドした辛口です。まろやかで心地よい口当たりに仕上がっています。

日常使いでも本格的なワインを求める人におすすめな1本です。

 

ジョルジュ・デュブッフまとめ

ジョルジュ・デュブッフのワインについて、ご紹介しました。

ボジョレーのワインを語るなら、外せない存在のジョルジュ・デュブッフ。10のラインナップは、どれも試してみたいものばかりです。

毎年11月に解禁になるボジョレー・ヌーヴォーと合わせて、ぜひ味わってみたいですね。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

キャバ嬢に人気!ソウメイの気になる値段、種類、人気の理由を解説!

今、キャバクラで大人気のシャンパン、ソウメイ! 情報が少なく、謎の多いソウメイについて、人気の理由、ラインナップ、

超高級シャンパン・アルマンドを解説!気になる種類、価格、味は?

アルマンドは、世界中のセレブたちに大人気のシャンパンです。 カラフルで輝きのあるボトルが印象的。シャンパンで世界N

【ソムリエ監修】シャトーディケムを徹底解説!人気の理由、価格、おすすめの当たり年を徹底解説

シャトーディケムの造る貴腐ワインは、世界最高のワインと称される極上の逸品です。最良のブドウと究極のこだわりをもって造

【ソムリエ監修】ルー・デュモンのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

ルー・デュモンは、日本人醸造家が手がけるブルゴーニュのワインです。徹底したこだわりで造られたワインはマスコミでも取り

【ソムリエ監修】カルベのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

カルベのワインは、ネゴシアン(ワイン卸売業者)のカルベ社が取り扱う、伝統的なボルドーワインです。ボルドー全土をはじめ

【ソムリエ監修】ニコラ・フィアットの価格やおすすめマリアージュを種類ごとに解説

ニコラ・フィアットはフランス、シャンパーニュ地方のシャンパーニュ・ブランドです。創業からわずか40年でフランスの販売

【ソムリエ監修】ウィリアム・フェーブルの種類や価格、おすすめワインを紹介

ウィリアム・フェーヴルは、シャブリの最高の造り手とも称されるドメーヌです。スッキリした酸とミネラルたっぷりで透明感の

【ソムリエ監修】ルイナールとは?特徴、価格、おすすめマリアージュまで種類ごとに徹底解説!

ルイナールは、世界最古のシャンパーニュ・メゾン。300年近く前に初めてシャンパーニュの伝統的製法を生み出し、今でも変

【ソムリエ監修】ポメリーの特徴や価格、おすすめマリアージュを種類ごとに解説

ポメリーは、世界で初めて辛口のシャンパーニュを造ったメゾンです。その伝統的な味わいは今でも世界中で愛され、バラエティ

【ソムリエ執筆】シャトー・ラトゥールを解説!値段、当たり年、セカンドワインまでご紹介

ボルドー5大シャトーの中でも、特に評価の高いシャトー・ラトゥール。 今回は、シャトー・ラトゥールの歴史や特徴から、価

【ソムリエ監修】ボジョレーのおすすめ赤ワイン15選!特徴と選び方も解説

ワイン名産地ブルゴーニュ地方にあるボジョレー。日本だとボジョレー・ヌーヴォーで有名ですね! ボジョレー・ヌーヴォー

【ソムリエ解説】ガメイとは?特徴からおすすめ赤ワイン15選も紹介

ボジョレー・ヌーヴォーでよく知られるガメイという品種。フルーティーで軽やかな口当たりと、フレッシュな酸味が印象的なワ


特集記事

プレゼントにおすすめのワイン15選!おすすめのギフトサービスも紹介! 

貴腐ワインとは?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ執筆】アイスワインとは?美味しい飲み方、おすすめのアイスワインまで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

TOP