【ソムリエ監修】ロンバルディア州のおすすめ人気白ワイン10選!

2018/11/08
おすすめ白ワイン


ロンバルディアはイタリア北部最大の都市ミラノがある州です。

ゴルゴンゾーラやミラノ風カツレツなど名物料理が多く、良質なワインも多く生産されています。

今回はそんなロンバルディアの白ワインについて、特徴やおすすめ銘柄をソムリエがご紹介します。

記事の執筆者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

[PR]
※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

ロンバルディア州とは

ロンバルディア州はイタリア北部に位置する州です。

北側にはスイス、そのほかはイタリア国内のピエモンテ州やヴェネト州など様々な国や州と隣接しています。

州都はイタリア産業の中心地であるミラノで、ファッションや美食の街としても有名です。

そんなロンバルディア州では、赤・白・スパークリングなど多様なワインが生産されているのが特徴。

ロンバルディア州で最も有名なワインとしては、シャンパン製法で生産される高品質なスパークリングワイン「フランチャコルタ」が挙げられるでしょう。

気候風土としては、州の北部に多くの湖を有しており、川の数も多くイタリアの中では水に恵まれた産地と言えます。

豊富な水がブドウ畑に気温差を与え、これがブドウ栽培に適した環境を生み出しています。

その他にもアルプス山脈付近の渓谷地や、南部の広大な平野地など、さまざまな気候風土のブドウ栽培地があるのも特徴です。

ロンバルディア州はその地理的・気候的特徴を活かした多種多様なワインを生産しており、ワインファンにとって魅力的な産地となっています。

ロンバルディアの白ワインの特徴

ロンバルディア州ではどんな白ワインが生産されているのでしょうか。

その特徴をこちらで解説してきます。

フルーティーでしっかりとした酸味

ロンバルディア州の白ワインは、フルーティーな味わいと共に高い酸味を持っています。

ロンバルディア州はイタリア最北部に位置しており、全体的に気候は冷涼です。

また、大陸性気候であることから昼夜の温度差が非常に大きくなることも特徴。

この昼夜の温度差がブドウに良質な酸度を維持させる一方で、昼間の暖かさがフルーティな風味を生み出します。

そのため、ワインには豊かなフルーツの風味とともに、爽やかな酸味が特徴として表れるのです。

さらに、ロンバルディア州にはガルダ湖やコモ湖などの大きな湖が多く存在します。

これらの湖から立ち上がる水蒸気は周辺の気候を穏やかにする効果があり、これがブドウの成熟の大きな助けとなるのです。

加えて北部にそびえるアルプス山脈から冷たい風が吹き付けられ、ブドウに十分な酸味を与えてくれます。

こうした自然環境が重なることで、ロンバルディア州の白ワインはフルーティさとしっかりとした酸味を持つのです。

親しみやすい気軽な味わい

ロンバルディア州の多くのワイン生産エリアは、日常的な食事やカジュアルな場面に適したワインを生産しています。

特に湖の周辺で生産される白ワインは、軽めのボディでフルーティな白ワインやロゼが多いのが特徴です。

栽培されているブドウ品種もシャルドネやピノ・グリなど、高級感というよりも親しみやすい特徴の品種が栽培されています。

また、ロンバルディア州は美食の街としても有名です。

様々な料理に合わせられるよう、ワインもカジュアルに飲めるデイリー使いの銘柄のラインナップが充実しています。

スパークリングワインが有名

ロンバルディア州の最も象徴的なスパークリングワインは「フランチャコルタ(Franciacorta)」として知られています。

フランチャコルタは東部のフランチャコルタ地方で造られるシャンパーニュ方式(瓶内2次発酵)のスパークリングワインです。

イタリアにおける原産地名称保護の指定を受けており、ピノ・ビアンコ、シャルドネ、ピノ・ネロが主要品種です。

厳しい規定を守って造られる品質の良さは「フランチャコルタの奇跡」と呼ばれるほどで、イタリアでは高級ワインの名声を得て高く評価されています。

フランチャコルタは豊かな発泡性がありますが、シャンパンよりもすっきりとフルーティーな仕上がりになっているのが特徴。

生産量のほとんどが国内で消費されるフランチャコルタですが、シャンパンと比較してもその品質は世界から高い評価を受けています。

>>【ソムリエ監修】フランチャコルタとは?味わいの特徴や種類、おすすめ10銘柄もご紹介!

こちらでロンバルディアの白ワインの選び方について、2つのポイントを解説します。

品種で選ぶ

ワインはブドウ品種ごとに味わいの違いがあるのは皆さんもご存知だと思います。

イタリアでは北の地方にあるロンバルディア州では、冷涼な土地で造られるブドウ品種が主に栽培されています。

ロンバルディア州の白ワインで多い品種は「トレッビアーノ」「シャルドネ」「リースリング」「ピノ・グリージョ」あたりです。

よく使われているこの4品種の違いをご説明します。

 

柑橘系のさわやかな風味 トレッビアーノ

トレッビアーノはイタリアやフランスで広く栽培されており、世界で二番目に多く栽培されている主要なブドウ品種です。

フランスではユニ・ブランと呼ばれていて、酸味が強く非常にフルーティーで、柑橘系などのさわやかな風味があります。

フレッシュなのが特徴で、長期熟成には不向きなタイプが多いです。

主にデイリーワインでよく使われている品種ですが最近では高級ラインのワインとしても造られています。

熟成させることで大変複雑味が出る品種となります。

>>【ソムリエ監修】白ワイン品種のトレッビアーノとは?特徴からおすすめ銘柄10選をご紹介!

 

フレッシュからコクのあるワイン まで シャルドネ

シャルドネは世界で最も名を知られた白ワイン用のブドウ品種です。

元々ぶどう品種としての個性的な風味が少なく、あまり味わいの特徴のないブドウです。

その分だけ、育った土地の気候風土や造り手の採用する醸造技術・道具などの影響を強く味わいに反映させます

基本の能力は全て非常に高く、どのような味わいに造っても美味しいワインになる大変ポテンシャルの高いぶどうです。

ハーブや柑橘系のフレッシュな造りのワインからナッツやバターのなどの香りがするコクのある造りのワインまで幅広くタイプが揃っています。

>>【ソムリエ監修】シャルドネの人気おすすめワイン30選!特徴を徹底解説

 

透明感あふれる引き締まった果実味 リースリング

非常に耐寒性が強く、冷涼な地域で良さを発揮する品種です。

ワイン用の白ぶどうとしては最も高いポテンシャルを持つ品種の一つで、ある程度収量を多くしても高品質のワインを生み出す事が出来ます。

辛口~甘口までのあらゆるタイプの甘さで最高品質のワインを生むぶどうです。

全てのタイプの味わいに共通して、鋼のような硬さのある鋭い酸と、透明感あふれる引き締まった果実味、カチッとした厳しさが感じられるのがリースリングの特徴といえます。

クセのない白身魚や豚肉が好相性です。

ワインが透明感のある味わいなので素材を活かす味付けがおすすめです。

>>【ソムリエ監修】リースリングとは?おすすめ15選や特徴を解説!

 

厚みのある味わい ピノ・グリージョ

ピノ・グリージョは、ロンバルディア州をはじめとするイタリア北部で広く栽培されている白ブドウ品種です。

黒ブドウ品種であるピノ・ノワールの変異から生まれた品種であるため、やや厚みのある味わいが特徴。

フルーティな風味があり酸味はやや控えめで、リンゴや洋梨、柑橘類のような香りと味わいを持ちます。

ピノ・グリージョは食中酒として非常に優れています。

白ワインと定番の組み合わせである魚料理やサラダのほか、軽めの肉料理との相性も抜群です。

ちなみに、ピノ・グリージョはフランスでは「ピノ・グリ」と呼ばれており、ドイツでは「グラウブルグンダー」として知られています。

>>ピノ・グリ(ピノ・グリージョ)とは?特徴からのピノ・グリのおすすめワイン10選をご紹介!

価格で選ぶ

ロンバルディアの白ワインは国内消費が多く、日本での流通量は少なめです。

ブドウ品種もシャルドネやリースリングなど有名な品種が多くなっています。

予算で選ぶなら、2,000円未満、2,000円以上を目安に選ぶのがいいでしょう。

日常使いには2,000円未満で満足のいくものが選べます。

記念日や重要な来客がある時には2,000円以上のワインがおすすめです。クオリティが高く、個性的なワインを選ぶことが出来ます。

 

ロンバルディアのおすすめ白ワイン10選

[PR]
フルボトル(750ml)の高級ワインには、

  •  ・高い
  •  ・飲み切るのが大変
  •  ・他と比較できない

という悩みがありますよね。
ホームワインは高級ワインが100mlで4本ずつ届くから、ワインの違いをわかりたい方にオススメ。本サイトの編集長ソムリエ佐々木が監修した学習コンテンツや、2023年にスタートしたソムリエによるコンシェルジュサービスも大人気。
ワインをもっと楽しむために、始めない理由がありません!▼

ホームワインを詳しく知る!

※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

商品画像カ・ブリオーネクルテフランカ・ビアンコ マランゴーナ ルガーナアポジェオ リースニングパローニ・ガルダ・リースリングフェルゲッティーナ フランチャコルタ ブリュットラ・プレンディーナ ピノ・ビアンコソーヴィニヨン・ヴァルブルーナアンコーラ ピノ・グリージョマーレ・マンニュム クラボ リースリング
商品名カ・ブリオーネクルテフランカ・ビアンコ マランゴーナ ルガーナアポジェオ リースニングパローニ・ガルダ・リースリングフェルゲッティーナ フランチャコルタ ブリュットラ・プレンディーナ ピノ・ビアンコソーヴィニヨン・ヴァルブルーナアンコーラ ピノ・グリージョマーレ・マンニュム クラボ リースリング
詳細アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア
メーカー名   ニーノ ネグリ
果実 %     ソーヴィニョン、シャルドネ、キアヴェンナスカ
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア
メーカー名   カ デル ボスコ
果実 %     シャルドネ(80%)、ピノ・ビアンコ(20%)
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア
果実 %     トレッビアーノ100%
味わい  辛口
原産国名 イタリア
果実 %     リースリング100%
味わい  辛口
原産国名 イタリア
メーカー名   稲葉
果実 %     リースリング100%
味わい:辛口
ブドウ品種:シャルドネ 85%/ピノ・ネロ 15%
味わい:辛口
ブドウ品種:ピノ・ビアンコ
味わい:辛口
ブドウ品種:ソーヴィニョン・ブラン
味わい:辛口
ブドウ品種:ピノ・グリージョ
味わい:辛口
ブドウ品種:リースリング
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

10位

マーレ・マンニュム クラボ リースリング

詳細情報
味わい:辛口
ブドウ品種:リースリング

魚介と相性抜群

緑を帯びた薄黄色で、白花やリンゴ、白桃の香りを持ちつつ、柑橘系のアロマも感じられます。

ミディアムボディで爽やかな柑橘系の果実味とミネラル感が際立ち、余韻も長いです。

名前からもわかるようにシーフードとの相性は特に抜群ですが、サラダや白身肉の料理とも素晴らしくマッチします。

ラベルのカニのイラストも目を引くポイントで、シーフードディナーの席にぴったりの1本です。

味わいブドウ品種
辛口リースリング

 

香りシトラス、洋梨
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
新鮮なグリーンアップルとシトラスの香りを全面に、ミネラル感ある口当たりが続く一本。そのクリスピーな酸も相まったイタリアらしい仕上がりです。

9位

アンコーラ ピノ・グリージョ

詳細情報
味わい:辛口
ブドウ品種:ピノ・グリージョ

ロンバルディア州からの贈り物

上品なフルーツ感と心地よい酸味を持った白ワインです。

その色合いは魅力的な淡い麦わら色で、香りには白花や柑橘類、さらにはハーブのアロマが広がります。

味わいは軽やかで、洋梨やリンゴの果実味が感じられつつ、すっきりとした酸味とミネラル感を楽しむことができます。

前菜から魚料理、そしてパスタ料理まで、幅広い食事との相性も魅力の一つです。

味わいブドウ品種
辛口ピノ・グリージョ

 

香りピーチ、レモングラス
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
佐々木
イタリアの暖かい日の光を浴びて醸された熟れた梨やメロンの風味。しっかりとした酸のバランスも取れており、特に海鮮料理やチーズとの相性が抜群です。

8位

ソーヴィニヨン・ヴァルブルーナ

詳細情報
味わい:辛口
ブドウ品種:ソーヴィニョン・ブラン

繊細さが際立つソーヴィニョン・ブラン

このワインはソーヴィニヨン・ブラン100%でつくられており、フレッシュな果実味と心地よい酸味を持っています。

色合いは魅惑的な淡い麦わら色で、香りはグレープフルーツやレモン、そして白い花やハーブのアロマが印象的。

口にすると、ライトボディながらもグレープフルーツやオレンジの味わいが際立ち、すっきりとした酸味とミネラル感が続きます。

前菜から魚料理、そしてパスタと、さまざまな食事と一緒に楽しむことができる万能なワインです。

味わいブドウ品種
辛口ソーヴィニョン・ブラン

 

香りグレープフルーツ、フェンネル
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
品種特徴の軽々で溌剌とした酸が堪能できる一本。イタリアらしいハーブやミネラル感も相まった見事な仕上がりです。

7位

ラ・プレンディーナ ピノ・ビアンコ

詳細情報
味わい:辛口
ブドウ品種:ピノ・ビアンコ

華やかで初心者におすすめ

淡い麦わら色の繊細な白ワインで、香りは白い花や柑橘類、そしてハーブのアロマに包まれています。

口にした瞬間に洋梨やリンゴのような果実の風味が広がり、その後にすっきりとした酸味とミネラル感が続きます。

このワインは食事のシーンにぴったりで、特に前菜、魚料理やパスタ料理との相性が抜群です。

ワイン初心者の方でも美味しくいただける親しみやすい味わいがあります。

味わいブドウ品種
辛口ピノ・ビアンコ

 

香りリンゴ、白桃
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
佐々木
白い花の香りと、微かに感じるリンゴのアロマが印象的。口中でのフレッシュな酸味と、軽やかなミネラリティが絶妙に絡み合い、エレガントな余韻を形成します。

6位

フェルゲッティーナ フランチャコルタ ブリュット

詳細情報
味わい:辛口
ブドウ品種:シャルドネ 85%/ピノ・ネロ 15%

お手頃なフランチャコルタ

薄い麦わら色で、柑橘系の香りや白い花、ミネラルのアロマが広がります。

瓶内二次発酵ならではのキメ細かい泡がグラスから立ち上り、のど越しは非常に爽やか。

口に含むとグレープフルーツを思わせるフレッシュな果実味があり、すっきりとした辛口な味わいが特徴です。

前菜、魚料理、サラダなど様々な料理に合わせやすく、フランチャコルタのお手本のような1本となっています。

味わいブドウ品種
辛口シャルドネ 85%/ピノ・ネロ 15%

 

香りシトラス、トースト
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
シャンパーニュにも負けず劣らないクオリティを誇るフランチャコルタ。ぜひイタリアの魚介料理や生ハムと一緒にお召し上がりください。

5位

パローニ・ガルダ・リースリング

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア
メーカー名   稲葉
果実 %     リースリング100%

イタリア料理界の巨匠のお気に入り白ワイン

リースリングは晩熟の葡萄品種で一般的には遅く摘み取りますが、プレンディーナ社では、9月のはじめに収穫します。

葡萄が暖かくならないように、気温が低い朝の早い時間に収穫をします。

収穫はすべて手摘みで、畑でベストな葡萄だけを選別しながら行います。

白ワインはリースリングに特徴的な青リンゴなど白い果実のアロマが感じられます。

そしてミネラルの要素がしっかりとしており、素晴らしい骨格が感じられる味わいです。

味わいブドウ品種
辛口リースリング

 

香り青リンゴ、菩提樹
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
リースリングらしい香り高いアロマと引き締まった酸が印象的。ピュアな青リンゴや花々のアロマ、芯のあるミネラル感が見事にワインの酒質を高めています。

4位

アポジェオ リースニング

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 イタリア
果実 %     リースリング100%

リースリングの芸術品!

カ・ディ・フラーラ社は畑の西と東には高い丘があり、そのおかげで昼と夜の寒暖差が生まれ、冬は温暖で夏は風通しがよいというブドウ栽培に最適な土地です。

現在、より自然な農法を目指したワイン造りをしています。

ワインはグリーンがかった麦わら色をしており、クリーミーで熟した西洋ナシや桃、バナナやメロンを思わせる香りと味わいです。

酸のバランスが非常に良く、繊細でかつリッチなリースリング100%の白ワインです。

味わいブドウ品種
辛口リースリング

 

香りりんご、アカシアの花
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
5位で紹介したリースリングと比べ、こちらの方がより熟度と厚みを感じる仕上がり。カツレツのような肉料理ともぜひお試しください。

3位

マランゴーナ ルガーナ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア
果実 %     トレッビアーノ100%

自然派ビオロジックの上品な白ワイン

マランゴーナ社は北イタリア有数のリゾート地ガルダ湖畔で400年以上の歴史を持っています。自然派ビオロジックを実践し、土着品種のトゥルビアーナ種のエキスパートとして知られています。

トゥルビアーナ種とはトレッビアーノ・ ディ・ルガーナ種の別名です。

ワインは低温で醸造されシュールリー製法で保存瓶詰めされています。香りはフレッシュで白い花を想像させます。非常にクリーンでミネラル豊かな味わいとなっています。

魚料理全般や鶏肉や豚肉といった白いお肉とも相性がいいです。

味わいブドウ品種
辛口トレッビアーノ

 

香り洋梨、レモン
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
クリーン&フレッシュなシンプルな構成のワイン。料理との組み合わせも難しく考えず、気軽に楽しんでもらいたいイタリアらしいカジュアルな白ワインです。

2位

クルテフランカ・ビアンコ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア
メーカー名   カ デル ボスコ
果実 %     シャルドネ(80%)、ピノ・ビアンコ(20%)

大人な味わいが魅力的なクルテフランカ

カ・デル・ボスコ社はイタリア最高のワイナリーの一つと言われており、ロンバルディア州エルブスコにあります。

毎年、栽培と醸造における最先端の洗練された技術が導入され、厳しい品質の選抜と、テロワールと素材の特徴を最大限に表現するワイン造りが行われています。

ワインはフレッシュなフルーツの心地よい香りで、次第にトロピカルフルーツの濃厚な香りに変わります。

味わいは程良い辛口でさわやかな酸味が心地よく、後味に軽い苦みが残る大人な味わいのワインです。

味わいブドウ品種
辛口シャルドネ80%/ピノ・ビアンコ20%

 

香りメロン、ハニーサックル
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
熟れたナシの風味と微かな花のアロマが交じり合い、その複雑な香りが楽しめるワイン。繊細な酸も同時に続き、深みのある味わいを楽しめます。

1位

カ・ブリオーネ

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 イタリア
メーカー名   ニーノ ネグリ
果実 %     ソーヴィニョン、シャルドネ、キアヴェンナスカ

黒ブドウと白ブドウのフルボディ白ワイン

イタリアのワイン雑誌で数々の受賞歴のあるニーノ・ネグリ社の自信作です。

白ブドウのソーヴィニヨン・ブランとシャルドネ、厳選した黒ブドウのネッビオーロを、新樽と2年目のフレンチオーク樽でバリック熟成しているところが大きな特徴です。

凝縮感や厚みのある味わいとボディに、なめらかな口当たりが魅力的です。エレガントな風味と熟したトロピカルフルーツやスパイスも感じられます。

フレッシュで爽やかなタイプの多いロンバルディアの白ワインとは異なり、どっしりとした風格のある白ワインです。

味わいブドウ品種
辛口ソーヴィニョン・ブラン/シャルドネ/キアヴェンナスカ

 

香りマンゴー、白胡椒
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
佐々木
ワイン法を超えた、イタリアらしいユニークで自由な発想のワイン。成熟したフルーツのアロマとほのかなスパイス感が味わいに深みを与え、余韻も長く上質な一品です。

ロンバルディアの白ワインに合わせる料理

こちらでロンバルディアの白ワインに合わせる料理をご紹介します。

様々な料理との組み合わせをぜひお試しください。

生ハム

ロンバルディア州は肉料理が有名な州です。

中でも有名なのが牛肉を使った「ブレザオラ」という生ハム。

この生ハムは脂身が少なく旨味の強い味わいが特徴で、ピノ・グリージョなど厚みのある白ワインと相性ぴったり。

もちろん豚肉の生ハムもよく合うほか、ミラノ風サラミもぜひ白ワインと合わせていただきたいところです。

鯵の南蛮漬け

ロンバルディアの白ワインには鯵の南蛮漬けがよく合います。

甘酸っぱいその味わいは、カジュアルなタイプの白ワインと抜群の相性です。

気取らない味わいのトレッビアーノや、爽快感溢れるフランチャコルタを合わせてみてはいかがでしょうか。

南蛮漬けの甘酸っぱさとフルーティーなワインの味わいが調和し、互いの味わいをひきたててくれます。

鮎の塩焼き

鮎の塩焼きは日本の夏を代表する料理。

海が無い代わりに湖や川が豊富なロンバルディアでは、白ワインと淡水魚の組み合わせがよく楽しまれています。

鮎の淡白かつほろ苦い味わいは、甘い風味の白ワインと好相性です。

少し甘味のあるリースリングや、フレッシュさのあるトレッビアーノを合わせると良いでしょう。

ミラノ風カツレツ

ロンバルディア州・ミラノの名物であるカツレツ。

薄く伸ばした豚肉をカラっと揚げ焼きにした、シンプルかつカジュアルな肉料理です。

キュッとレモンを搾れば、白ワインとの相性が格段にアップします。

肉の旨味を支えてくれるボディを持ったピノ・グリージョや、脂身を洗い流してくれるフランチャコルタを合わせるのがおすすめ。

ロンバルディアの白ワインはカジュアルで飲みやすい!

回ご紹介したように面白くて力のある白ワインがどんどん造られています。

白ワインは全体的にフレッシュで爽やかな若いうちに飲むワインが多いので、ワインビギナーに特におすすめです。

爽やかさが魅力のロンバルディアの白ワインをぜひお試しくださいね。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>白ワインのぶどう品種一覧

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】 ピエモンテのおすすめ白ワイン15選!産地の特徴や選び方のコツも解説!

トスカーナに並ぶ高級ワインの産地であるピエモンテ。 赤ワインのバローロやバルバレスコが有名ですが、高品質な

【ソムリエ監修】予算別おすすめのシチリア白ワイン10選!特徴と選び方のコツも解説!

シチリアは、ヴェネト、プーリア、エミリア・ローマニャと産出量No.1を常に争っているワインの名産地。 生産

【ソムリエ監修】サルデーニャ島のおすすめ白ワイン10選!産地の特徴、選び方のコツも解説

イタリア半島に西に浮かぶサルデーニャ島。 ワインの産地としては、日本ではあまり知らない人が多いと思います。

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアのおすすめ人気白ワイン10選!

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアは、イタリアを代表する白ワインの銘醸地。 海と山の自然を有し、多くの国と

【ソムリエ監修】イタリアのおすすめ白ワイン20選!特徴と選び方から解説

ここ最近のワインの生産量世界一といえば、フランスを抑えてイタリアです。 そのため種類も多く、どのワインを選

【ソムリエ監修】エミリア・ロマーニャの白ワインおすすめ10選!産地の特徴に選び方のコツも解説

エミリア・ロマーニャは、イタリア北部の美食の地として名高い州です。 日本人にも馴染み深いボロネーゼ・パスタ

【ソムリエ監修】イタリア・トスカーナのおすすめ人気白ワイン10選!

トスカーナはピエモンテと並び、イタリアを代表するワイン醸造地のひとつです。 伝統的な産地ながら格付けにとら

【ソムリエ監修】トレンティーノ・アルト・アディジェの白ワイン10選!特徴や選び方もご紹介

イタリアは、近年フランス・スペインとともに世界屈指のワイン生産国の一角を占めているワイン大国です。 州ごと

【ソムリエ監修】リグーリアのおすすめ白ワイン5選!産地の特徴や選び方のコツも解説!

リグーリアはイタリア北西部に位置する州です。 オリーブオイルの産地としても知られており、これは郷土料理にも

【ソムリエ監修】南イタリア・プーリアのおすすめ人気白ワイン10選!

イタリアで第2のワイン生産量を誇るプーリア州。 プーリアは知名度こそあまり高くはありませんが「美味しいのに

白ワインの選び方

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP