【ソムリエ監修】アブルッツォのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

2018/11/07
イタリア


アブルッツォ州の温暖な気候はワイン造りに適しており、イタリアの中でも古くからワインが造られてきた地区です。

アブルッツオ州の代表的ワインであるモンテプルチアーノ・ダブルッツオは飲みやすく親しみやすい味わいで、最近ではイタリアンレストランのハウスワインとしての扱いも増えているようです。

今回はアブルッツォの赤ワインの特徴や選び方、おすすめのワイン10選をご紹介いたします。

記事の執筆者

まゆみ 佐藤

・日本ソムリエ協会認定 ワインソムリエ ・チーズプロフェッショナル協会認定 チーズプロフェッショナル

ショットバー経営者、C.P.Aチーズ検定を年に2回開催し、ワインとチーズのマリアージュなどを提案している。

アブルッツオとは

アブルッツォ州はイタリアを足に例えるとすると膝下のふくらはぎのあたりとなります。アぺニン山脈から丘陵地帯を経てアドリア海に向かう平地の少ない地形です。

アブルッツォ州の中央からやや西よりにモンテプルチアーノ・ダブルツォ、北側にモンテプルチアーノ・ダブルッツオ・コッリーネ・テラマーネとコントログレッラ、そして海岸側に広くワインの生産地が分布しています。

アブルッルオの赤ワインの特徴

アブルッツオ州の赤ワインの代表品種といえばモンテプルチアーノ種です。

温暖な地方のワインはパワフルで果実味や暖かみを感じさせ濃厚で重厚な味わいになる傾向があり、アブルッツォのワインにも似たような傾向があります。

モンテプルチアーノ種を使ったワインの特徴は濃いルビー色、ブドウ香を含む独特の香り、果実味途中程度のタンニンを含むしっかりとした味わいの辛口が特徴とされ、果実味と酸味のバランスのよい味わいです。

料理との相性も良く、アブルッツォの特産であるハムやソーセージ、ローストした肉料理などとともに地元の人々の食卓を彩っています。

アブルッツォの赤ワインの選び方

イタリアにはワイン法があります。イタリアワインはそのワイン法に基づいて地区ごと格付けされています。その格付けピラミッドの一番上がDOCGでその一つ下がDOCとなります。その格付け上位の地区のご紹介をいたします。

地区で選ぶ 

バランスの良い親しみやすさ!DOCモンテプルチアーノ・ダブルッツォ

州の中央より西側に位置するラクイラ県に属するモンテプルチアーノ・ダブルッツォは年間に11000万本も生産されるワインで大量生産されているので品質は上から下まで幅広くあります。

日本にも多く輸入されていてがぶがぶ飲めるミディアムボディの赤ワインとして、家飲みからレストランのハウスワインとしても多くの方に親しまれています。

濃いルビー色を呈し、ブドウ香りを含む独特の香りでタンニンもほどよく含んだワインで、色味・香り・味わいとどれをとっても嫌みのない中間的な味わいが親しみやすさを醸し出しています。プレミアムな味わいのものを選ぶとすれば同県の渓谷産に定評があります。

しっかりとした芳醇な味わい!DOCコントログエッラ

アブルッツオ州北部、マルケ州との州境から近い小さな村。州最高峰の山塊・グラン・サッソ麓の丘陵地帯にあるワイン産地。地中海の穏やかな気候で風通しもよく日中の寒暖差も大きい。

コントログエッラではこの州の土着品種であるモンテプルチアーノ種の束縛を外れてメルローやカベルネ・ソービニョン、ピノ・ネロなどの国際品種など多岐にわたって栽培していることも特徴と言える。

コントログエッラとは「反戦」という意味をもつ単語であることも興味深い。このような土地から生まれる赤ワインは濃いルビー色、スパイス漬けのフルーツの香味、しっかりとした芳醇な味わいで余韻も長い。

 

海岸沿いの暖かみを感じる!DOCオルトーナ

オルトーナはアドリア海沿いの小さな街キエ-ティ県に位置します。この地域はヨーロッパではめずらしく棚造りでブドウ栽培を行っており、そうすることで葉を多く茂らせて暑すぎる直射日光からブドウをほどよく守っています。

またマイエッラ山から海岸方面に吹き下ろされる風が昼夜の寒暖差をもたらし、ブドウを最適な状態にもっていくことに一役買っています。こうした環境ではぐくませれるブドウはモンテプルチアーノ種の特徴をほどよくとらえ地元の人々の食卓を彩っています。

重厚感のあるアロマ!DOCトゥルム

トゥルムといえばメキシコのトゥルム遺跡を思い浮かべる人も少なくないと思いますが、こちらも古代ローマの名醸地として知られていた歴史ある場所です。

2008年にイタリアで最も小さいD.O.Cとして認定されたトゥルムはこれまでのモンテプルチアーノ種の味わいを覆すほどにリッチな味わいをもつ。特筆すべきはその深く芳ばしい重厚感のあるアロマ、この香りを嗅ぐだけでもそのポテンシャルを疑わずにはいられません。

しっとりした舌触り!DOCGモンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ

州の北部、テラーモ県にある起伏に富んだ地形コッリーネ・テラマーネで造られる赤ワインはモンテプルチアーノ種90%以上サンジョベーゼ種10%以下で造られます。出来上がったワインはアルコール分12.5%以上で木樽12ヶ月以上、瓶熟成も含めて24ヶ月以上の熟成が義務づけられており36ヶ月以上の熟成はリゼルヴァと表示できます。

ワインはガーネットを帯びた赤色となりしっとりした舌触り、リコリスや焼き芋を想像させるような温かみのある香り、味わいはしっかりとしたタンニンを含む構成の確かな長期熟成のワインとなります。

価格で選ぶ

アブルッツォに限らず、イタリアのワインを選ぶポイントにして頂きたいのはDOCDOCGです。

カジュアルな味わいで楽しみたい方はDOC認定のワインで1000円前後を目安に、熟成感や芳醇な味わいをお求めの場合はDOCG認定のワインで3000円前後を目安にして頂くことをおすすめいたします。

アブルッツォのワインはもともとコストパフォーマンスがよく、味わいも日本人好みが多いので失敗の少ないワインといえるので気軽に手にとっていただきたいと思います。

 

アブルッツォのおすすめ赤ワイン10選

それでは、デイリーワインとしておすすめの5本と特別な日に飲みたい5本をランキング形式でご案内いたします。

日常使いにおすすめ!予算2,000円ベスト5

とりあえずのビールではなくてワインな気分のお仕事終わりに。

5

ファンティー二 モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

896円 (税込)

詳細情報
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
メーカー名/ファンティー二

タンニンと酸味のバランスが抜群
モンテプルチアーノらしく色濃い深い赤、香りはベリーやバルサミコを感じさせます。スルスルと喉を通っていくこの感じはとりあえずの一杯にふさわしい味わいです。なんと言ってもこの価格は見逃せません!

 

4位 

グランサッソ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

1,036円 (税込)

詳細情報
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア

まろやかさがあり甘美な味わい
濃度のある赤紫色、香りはトロピカルフルーツを感じさせます。グランサッソはアブルッツォ州にあるアペニン山脈の中でも最も高い山の名前に因んで名付けられました。数々のワイン雑誌にも掲載され、人気コミックの「神の雫」にも登場したことで人気上昇中の注目株です。

 

3

ヴェレノージ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

1,112円 (税込)

詳細情報
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア

ベリーを強調するようにイチゴ・すぐり・ブルーベリーなど様々な香りが素晴らしい
ほんのりとした紫がかった赤色でバランスのとれた味わいに仕上がっています。DOCGのコッリーネ・テラマーネの畑のエリアで造られるワインです。

 

2

カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダアブルッツオ・ファルネーゼ

1,900円 (税込)

詳細情報
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
メーカー名/ファンティー二

シルキーな口当たりと果実味豊かな香り
楽天・Amazon・ヤフー・価格ドットコムなど数多くのサイトで上位に位置するワインです。楽天では2015年2016年ともに高評価。今後も目が離せないワインですので機会がありましたら一度はおためし頂きたいワインです。

 

1位 

ベラノーヴァ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

1,134円 (税込)

詳細情報
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア

香りと味わいのバランスが非常に良い
まさにモンテプルチアーノがごくごく気軽に飲めるということを体現しているワインではないでしょうか。ワインがちょっと苦手という方にもおすすめしたい逸品です。2000円未満のワインで堂々の第一位!!この価格でこれだけの味わいならばと納得のワインです。

2,000円以下のアブルッツォ赤ワイン比較表

商品画像 ベラノーヴァ モンテプルチアーノ・ダブルッツォカサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダアブルッツオ・ファルネーゼヴェレノージ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ グランサッソ モンテプルチアーノ・ダブルッツォファンティー二 モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
商品名 ベラノーヴァ モンテプルチアーノ・ダブルッツォカサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダアブルッツオ・ファルネーゼヴェレノージ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ グランサッソ モンテプルチアーノ・ダブルッツォファンティー二 モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
価格1,134円(税込)1,900円(税込)1,112円(税込)1,036円(税込)896円(税込)
詳細ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
メーカー名/ファンティー二
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
メーカー名/ファンティー二
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

来客用やちょっとしたご褒美に!2,000~5,000円ベスト5

記念日やお祝い事、自分へのご褒美など特別な時間を演出してくれるそんなワインをご紹介いたします。

5位 

イルミナーティ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ リゼルヴァ ザンナ

4,233円 (税込)

詳細情報
ボディ/フルボディ
原産国/イタリア

重厚感のある味わい
ゴルゴンゾーラやジビエ料理・濃厚なソースをあしらった牛肉・腸詰めなどの料理にも負けないです。モンテプルチアーノ好きの方には是非お試し頂きたい逸品です。

4

ファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツオ・コッリーネ・テラマーネ

2,592円 (税込)

詳細情報
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
メーカー名/ファンティー二

熟したいくつものベリーの香りが重なり滑らかな舌触り
農薬や除草剤は使わない自然派。様々な樽を使い分けから生み出される複雑で豊かな香り、さらにで体に潤いが伝わってくようです。

 

3

ファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ リゼルヴァ

3,886円 (税込)

詳細情報
ボディ/フルアムボディ
原産国/イタリア
メーカー名/ファンティー二

レゼルバの名にふさわしく大変リッチな味わい
先ほど5位でおすすめしたもでさらに熟成が進んだワインです。こちらに「レゼルバ」という表記がありますが、これはさらに長期熟成ものの証しです。

 

2

モンテプルチアーノ・ダブルッツォ コッリーネ・テラマーネ・アルタ・クオタ

2,678円 (税込)

詳細情報
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア

味わいの滑らかさと完熟フルーツの香りが心地よい
こちらはデイリーワインで4位でおすすめしたグランサッソ社の商品となります。ベリーの香りはもちろん熟したプルーンやチョコレートの芳ばしい香りもしてきます。DOCGクラスのものが2000円代で購入出来るということも魅力です。

 

1

モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ・ヴィッザッロ バローネ コルナッキア

2,646円 (税込)

詳細情報
ボディ/フルボディ
原産国/イタリア

時間の経過とともに味わいの変化が楽しめる
特別な日を供に過ごしてくれるアブルッツオのワインとして特におすすめしたいのがこちらです。多数の雑誌や評論家の方はもちろん世界中から注目されている逸品です。ブドウの持つポテンシャルが非常に高いので時間をかけてゆっくりと味わって頂きたいワインです。

2,000円~5,000円のアブルッツォ赤ワイン比較表

商品画像 モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ・ヴィッザッロ バローネ コルナッキアモンテプルチアーノ・ダブルッツォ コッリーネ・テラマーネ・アルタ・クオタファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ リゼルヴァファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツオ・コッリーネ・テラマーネイルミナーティ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ リゼルヴァ ザンナ
商品名 モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ・ヴィッザッロ バローネ コルナッキアモンテプルチアーノ・ダブルッツォ コッリーネ・テラマーネ・アルタ・クオタファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ リゼルヴァファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツオ・コッリーネ・テラマーネイルミナーティ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ リゼルヴァ ザンナ
価格2,646円(税込)2,678円(税込)3,886円(税込)2,592円(税込)4,233円(税込)
詳細ボディ/フルボディ
原産国/イタリア
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
ボディ/フルアムボディ
原産国/イタリア
メーカー名/ファンティー二
ボディ/ミディアムボディ
原産国/イタリア
メーカー名/ファンティー二
ボディ/フルボディ
原産国/イタリア
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

アブルッツォの赤ワインまとめ

アブルッツォの赤ワインをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

アブルッツォのワインは、ワイン初心者の方にも飲みやすくその親しみやすさが一番の特徴です。

これを機会にレストランやホームパーティ、贈り物、自分へのご褒美などとしてアブルッツォのワインも選択肢の一つに加えて頂けると嬉しいです。

他の産地の赤ワインも知りたい方はこちらをどうぞ。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】プーリアのおすすめ赤ワイン15選!特徴から選び方のコツも解説

昔、プーリアはワイン生産量が多いことから、「ヨーロッパの酒蔵」と呼ばれていました。 造られるワインは赤ワインが7割

【ソムリエ監修】トレンティーノ・アルト・アディジェのおすすめ赤ワイン10選!

イタリアの最北部のワイン産地であるトレンティーノ・アルト・アディジェ。 ドイツ、オーストリアの影響を受け、高品質な

【ソムリエ監修】マルケのおすすめ赤ワイン10選!特徴から選び方のコツも解説

イタリアの中でも安くて美味しい赤ワインが造られることで著名なマルケ。 今回はマルケの赤ワインの特徴から、おすすめの

【ソムリエ監修】ラツィオのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

ラツィオは白ワインが有名ですが、土着品種を使用した個性的な赤ワインも多くあります。 今回は、ラツィオの赤ワインの特

【ソムリエ厳選】イタリアのおすすめ赤ワイン20選!特徴、種類、選び方のコツまで解説

イタリアは、近年フランスを抑えて、ワイン生産量世界一! そんなイタリアの魅力は豊富なワインの種類ですが、どれば選ら

【ソムリエ監修】シチリアのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

イタリアは世界一のワイン生産国。その中でもシチリアはトップを争うワイン生産地です。 土着品種のネロ・ダーヴォラを中

【ソムリエ監修】イタリアの名産地!トスカーナのおすすめ赤ワイン20選!

フィレンツェを州都とするトスカーナは、ピエモンテと並んでイタリアを代表するワイン醸造地のひとつです。ブドウ栽培は約2

【ソムリエ監修】ピエモンテの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

イタリアのトスカーナ州と並び、屈指の赤ワインの銘醸地で知られているピエモンテ。 そしてこの地区の名前を聞くと真っ先

【ソムリエ監修】モリーゼのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

みなさんはイタリア南部に位置するモリーゼ州のことを知っていますか? ブドウの栽培は盛んに行われているのですが、ピエモ

【ソムリエ監修】ヴェネトのおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

ヴェネトはイタリア北部にある州で、州都であるヴェネツィアは水の都として有名です。 ワイン生産地としても有名で、イタ

赤ワインの選び方


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP