【ソムリエ監修】ルイ・ジャドの人気おすすめワイン19選!特徴も解説

2018/11/01 フランス

ルイ・ジャドはフランスのブルゴーニュ地方で広大な自社畑を所有するドメーヌであり、優れた品質のワインを提供するネゴシアンとしても高い評価を受けています。

ブルゴーニュのテロワールを反映した個性豊かなワインは、どれも高品質で味わい深いものばかり。

ルイ・ジャドを知らずして、ブルゴーニュを語ることはできません。

この記事では、そんなルイ・ジャドのワインの特徴や選び方とともに、厳選した15本をランキング形式でご紹介します。

ぜひチェックしてみてください!

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/


ルイ・ジャドとは

ルイ・ジャド社は、フランスのブルゴーニュ地方で1859年に創設された由緒あるワイナリーです。

ネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取引に関わる一方で、多くの自社畑を持つブルゴーニュ屈指のドメーヌでもあります。

自社畑はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域で、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックも入手しています。

さらに特筆すべきは、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどが、グラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることです。

ルイ・ジャドのワインには、すべて同じデザインのラベルが使われています。

淡いイエローで、ギリシャ神話に登場するワインの神バッカスの顔が描かれたもの。ひと目でルイ・ジャドのワインだとわかります。

これはルイ・ジャド社が、シンプルなAOCブルゴーニュからグラン・クリュに至るまですべてのワインを同等とみなし、同じ熱意を持ってワイン造りを行っていることを表しています。

ルイ・ジャドのワインの特徴

ルイ・ジャドのワインの特徴を、生産している品種から見てみましょう。

品種について

ブルゴーニュのワインは単一品種で造られ、ブレンドされることは基本ありません。

赤ワインはピノ・ノワール、白ワインはシャルドネ、ボージョレの赤ワインはガメイから造られています。

ルイ・ジャドはテロワールの多様性を尊重しています。

それがそのままワインという形で表現されるために、20年以上前から化学肥料や農薬の使用を中止。

一部の畑ではビオディナミ農法を採用しています。

今後さらに、ビオディナミを他の畑でも導入することを検討しているということです。

醸造方法も伝統的手法にこだわり、手間と時間をかける「自然なプロセス」での醸造を心掛けています。

ブドウはすべて手摘みで行い、醸造には天然酵母を使用。

トラクターが入ることのできないブドウ畑では、馬で作業を行います。

また、熟成に使う樽のクオリティを重視し、1995年にはカデュス社という樽専門会社を設立。

そこで製造された、フランス最高のオークのみ使用した樽を使用しています。

クラスについて

ルイ・ジャドのワインはAOCブルゴーニュからグラン・クリュまで幅広く造られています。

ドメーヌとして所有する自社畑は、ほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュ。

ルイ・ジャド本体が所有する畑以外にもさまざまな所有形態があり、それぞれワインのラベルに明記されています。

ルイ・ジャドはブルゴーニュ地方のワインのため、ここでのグラン・クリュとは「畑の中の特定区域」を重視した最高級の格付けとなります。

次にプルミエ・クリュと続いていくため、特別な日や記念日、お祝いごとなどシーンごとに選んでみてはいかがでしょうか。

またグラン・クリュについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>ワインのグラン・クリュとは?解説から、おすすめのグランクリュまでソムリエが紹介!

ルイ・ジャドのワインの選び方

ルイ・ジャドの選び方

ルイ・ジャドのワインを選ぶときのポイントを説明しましょう。

今回紹介するルイ・ジャドの選び方のポイントは以下の通りです。

 

ルイ・ジャドの選び方のポイント
・種類で選ぶ
・クラスで選ぶ
・品種で選ぶ

 

後に紹介するランキングにも反映されているので、ぜひ参考にしてください。

ではそれぞれ見ていきましょう。

種類で選ぶ

まずは種類から選ぶ方法です。

好みに合わせて選ぶときは、まず赤、白、ロゼの種類で選ぶといいでしょう。

ブルゴーニュのワインは単一品種で作られることから、ルイ・ジャドのワインも単一品種。

ルイ・ジャドの赤はピノ・ノワールで、ライトボディからミディアムよりのライトボディになります。

白はシャルドネの辛口、ロゼはピノ・ノワールとガメイで、それぞれ1種類のみです。

品種で選ぶ

ルイ・ジャドのワインに使われている品種は、ピノ・ノワール、シャルドネ、ガメイの3種類。

これらの品種は栽培されるテロワールの多様性から、さまざまな味わいの違いを生み出しています。

ではそれぞれ見ていきましょう。

ピノ・ノワール

ブルゴーニュの王様と呼ばれるピノ・ノワール。栽培が難しい品種ですが、現在ではカリフォルニアやニュージーランドをはじめ、世界各地で栽培されています。

酸味は強めながらタンニンは控えめで、上品な香り。

繊細な味わいのワインに仕上がります。

ルイ・ジャドの赤ワインはすべてピノ・ノワールですが、それぞれに畑ごとに異なる味わいを楽しむことができます。

ピノ・ノワールについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】ピノ・ノワールとは?特徴、種類、おすすめのワインまで紹介!

シャルドネ

シャルドネは土壌や天候の影響を受けやすい品種です。

世界各地で栽培され、それぞれ違った個性的なワインが造られています。

ブルゴーニュの中でも白亜質のシャブリ、石灰と泥灰岩質のコート・ド・ボーヌなど、同じ地域でありながらまるで違う味わいになります。

ルイ・ジャドの各種白ワインでも、それぞれに違う味わいを楽しむことができるでしょう。

シャルドネについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】シャルドネの人気おすすめワイン30選を徹底解説!

ガメイ

ブルゴーニュの最南端、ボージョレ地区で多く栽培されている品種です。

毎年11月の第3木曜日にはボージョレ・ヌーヴォーが解禁されて、その年の新酒を味わうことができます。

色調は明るく、タンニン控えめで酸味が豊か。とてもフレッシュなワインに仕上がります。

ガメイについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ解説】ガメイとは?特徴からおすすめのワイン15選も紹介

価格で選ぶ

ルイ・ジャドのワインは価格帯が幅広いため、予算を決めておくことがおすすめです。

予算は以下のように分けると選びやすいですよ。

デイリーワインプレゼントや特別な日用一度は飲んでみたい高級ワイン
2,000円未満2,000~5,000円5,000円以上

毎日の食卓用なら2,000円未満でも充分に楽しめます。

またちょっとした記念日や来客用には5,000円未満、5,000円以上となると高級ワインと呼べるクラスに。

ぜひ目的ごとに予算を決めて選んでみてくださいね。

ソムリエ厳選!ルイ・ジャドのワインおすすめ19選

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。ホームワインを詳しく見る※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

ここからは予算別にルイ・ジャドの人気おすすめワインを紹介していきます。

今回紹介するワインは先に紹介した以下の選び方を参考にしています。

 

ルイ・ジャドの選び方のポイント
・種類で選ぶ
・クラスで選ぶ
・品種で選ぶ

 

では早速見ていきましょう。

※ECサイトによって価格が前後することがあります
一部ECでは予算を超える場合がありますので、購入前には必ず確認してください

日常使いにおすすめ!2,000円未満ベスト5

まずはデイリーワインにおすすめ2,000円未満のルイ・ジャドたち。

今回紹介するワインは以下の通りです。

商品画像ルイ・ジャド コトー・ブルギニョン ルージュルイ・ジャド ブルゴーニュ・ブラン クーヴァン・デ・ジャコバン ルイ・ジャド コトー・ブルギニョン・ブランコトー・ブルギニョン・ロゼ 2016 ルイ・ジャドルイ ジャド ボージョレ ヴィラージュ コンボー ジャック
商品名ルイ・ジャド コトー・ブルギニョン ルージュルイ・ジャド ブルゴーニュ・ブラン クーヴァン・デ・ジャコバン ルイ・ジャド コトー・ブルギニョン・ブランコトー・ブルギニョン・ロゼ 2016 ルイ・ジャドルイ ジャド ボージョレ ヴィラージュ コンボー ジャック
詳細アルコール度数 12.5 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ガメイ・ピノノワール
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
味わい  辛口
原産国名 フランス
果実 %     シャルドネ・アリゴテ
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 ルイ・ジャド
果実 %     ガメイ 100%
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ガメ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ではそれぞれ見ていきましょう。

5位

ルイ ジャド ボージョレ ヴィラージュ コンボー ジャック

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ガメ

ボージョレ・ヴィラージュの中でも最も良質の花崗岩土壌で造られたガメイを使用。

この土壌がワインに骨格と力強さ、引き締まった上品さを与えています。

このワインを生産しているコンボー・ジャック醸造所の名前がワインにも付けられました。

新鮮な果実や花を思わせる香り。柔らかな口当たりと丸みがあり、肉付き豊かな味わいとフルーティーな新鮮さがあります。

鰻の蒲焼、ピザ・パスタなどのイタリア料理によく合います。

軽やかで飲み飽きない美味しさ、テーブルワインに最適です。

種類品種
ガメイ

 

香りイチゴ、スミレ
酸味★☆
ボディ★☆☆☆☆
渋み★☆☆☆
佐々木
華やかな香りとジューシーでクセのない味わい。気付いた頃には一本空いているようなフレンドリーなキャラクターのワインです。

4位

コトー・ブルギニョン・ロゼ 2016 ルイ・ジャド

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 ルイ・ジャド
果実 %     ガメイ 100%

ガメイ100%辛口のロゼワインです。

アンズ、リンゴ、ピーチなどの果実の香りに、シロップやミネラルのニュアンスが加わります。

フレッシュな果実味が豊かに広がり、綺麗ではっきりした酸とミネラル感に溢れた味わい。

透明感があり爽やかで、しかも骨格のしっかりしたロゼワインです。

数少ないルイ・ジャドのロゼ。

さまざまな料理に合い、毎日の食卓に常備したい1本です。

種類品種
ロゼガメイ

 

香りリンゴ、バラの花びら
酸味★★
ボディ★☆☆☆☆
渋み☆☆☆☆
佐々木
香りからはほのかにスパイシーで赤ワイン寄りの印象を受けますが、味わいからはシャープな酸味を中心とした白ワイン寄りの印象を受けます。

3位

ルイ・ジャド コトー・ブルギニョン・ブラン

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス
果実 %     シャルドネ・アリゴテ

シャルドネにアリゴテをブレンド。

さわやかな酸味が心地よい、フルーティーな辛口ワインです。

輝きのある淡いイエローで、白い花やハチミツ、フレッシュなフルーツの香り。

かすかにドライハーブのニュアンスがあります。いきいきとしたエネルギーが感じられる味わい。

アロマティックな余韻が長く続くでしょう。

気分をリフレッシュしたいときにお召し上がりください。

種類品種
シャルドネ、アリゴテ

 

香り洋ナシ、アカシア、ハチミツ
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
飲み込んだ後にグレープフルーツのような心地よい苦味が感じられます。お野菜と合わせて飲みたい一本です。

2位

ルイ・ジャド ブルゴーニュ・ブラン クーヴァン・デ・ジャコバン 

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 フランス

コート・ドール、コート・シャロネーズ、サン・ヴェランからの良質なシャルドネ品種を使用。

ステンレスタンクと樽で発酵・熟成を行った、バランスの良いワインです。

桃、洋ナシやグレープフルーツの果実の香りに、白い花、バニラのニュアンスも感じられます。

新鮮な果実味と、樽熟成によるまろやかさがみごとに調和。

心地よい酸味で、長い余韻が楽しめます。

飽きない美味しさで、和食によく合います。

テーブルワインにおすすめです。

種類品種
シャルドネ

 

香り桃、ヘーゼルナッツ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
パワフルな果実味に樽由来の香ばしいニュアンスが僅かに混じり合い、心地よいバランスに仕上がっています。

1位

ルイ・ジャド コトー・ブルギニョン ルージュ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ガメイ・ピノノワール

やや紫がかった深みのあるルビー色で、赤や黒色ベリー系のフルーツの香り。

かすかにスパイスのニュアンスが感じられます。

ブルゴーニュらしい繊細でエレガントな味わい。

果実味溢れるスタイリッシュなワインです。

手軽にブルゴーニュのピノ・ノワールを味わいたい人におすすめです。

種類品種
ガメイ、ピノ・ノワール

 

香りブルーベリー、シナモン
酸味★★
ボディ★☆☆☆☆
渋み★☆☆☆
佐々木
ピノ・ノワールの繊細さにガメイの芳醇な香りが合わさった、よりわかりやすいスタイルのブルゴーニュワイン。

週末や来客などがある日に2,000円~5,000円ベスト8

ここからは予算2,000~5,000円のルイ・ジャドのワインを紹介していきます。

今回紹介するワインは以下の通り。

商品画像ルイ ジャド プイイ フュイッセルイジャド マコン・ヴィラージュ グランジュ・マニアンシャブリ セリエ ド ラ サブリエール 2016 ルイ ジャド ルイ ジャド ムーラン ア ヴァン シャトー デ ジャック マルサネ ブラン ドメーヌ ルイ ジャドルイ・ジャド マルサネ ルージュ ドメーヌ ルイ ジャドショレイ・レ・ボーヌ ボーモン ドメーヌ・ガジェ ルイ・ジャド ブルゴーニュ ピノ・ノワール
商品名ルイ ジャド プイイ フュイッセルイジャド マコン・ヴィラージュ グランジュ・マニアンシャブリ セリエ ド ラ サブリエール 2016 ルイ ジャドルイ ジャド ムーラン ア ヴァン シャトー デ ジャックマルサネ ブラン ドメーヌ ルイ ジャドルイ・ジャド マルサネ ルージュ ドメーヌ ルイ ジャドショレイ・レ・ボーヌ ボーモン ドメーヌ・ガジェ ルイ・ジャド ブルゴーニュ ピノ・ノワール
詳細アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ
アルコール度数 12.5 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ガメ
アルコール度数 14 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
果実 %     ピノノワール
アルコール度数 12.5 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ではそれぞれ見ていきましょう。

8位

ルイ・ジャド ブルゴーニュ ピノ・ノワール

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール

ルイ・ジャドが贈るシンプルなピノ・ノワール赤ワイン。

ピノ・ノワールの滑らかで繊細な魅力をそのまま味わえることが魅力です。

熟成によりスパイスの感覚に変わっていくことも特徴の1つ。

飲みやすい赤ワインをお探しの方にはおすすめです。

種類品種
ピノ・ノワール

 

香りラズベリー、土
酸味★☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★☆☆☆
佐々木
赤系ベリーのストレートな風味が楽しめます。シンプルな香りなので、冷蔵庫から出して20分後程度、冷やし気味で飲むことをお勧めします。

7位

ショレイ・レ・ボーヌ ボーモン ドメーヌ・ガジェ

詳細情報
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
果実 %     ピノノワール

コート・ドール県の北端にあるマルサネ村の赤ワイン。

きめ細かいイチゴやプルーン、黒スグリのような香りが魅力的です。

熟成させることでムスクの感覚が現れる、変化を楽しめるワイン。

まろやかで優しく豊かなタンニンも美味しいため、ちょっとした記念日にもおすすめです。

種類品種
ピノ・ノワール

 

香りイチゴリキュール、プルーン
酸味★★
ボディ★★☆☆☆
渋み★☆☆☆
佐々木
時間とともに次第に変化する香りが楽しめる。いつもより時間をかけて一杯のワインを楽しみたい。

6位

ルイ・ジャド マルサネ ルージュ ドメーヌ ルイ ジャド

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール

ブルゴーニュ地方の小さな村、ショレイ・レ・ボーヌからの一本。

イチゴやベリーの香りと爽やかな感覚が特徴です。

熟成によりコクが増すことも魅力の1つ。

深くも飲みやすい味わい、長い余韻をお楽しみください。

種類品種
ピノ・ノワール

 

香り野イチゴ、ナツメグ、キノコ
酸味★☆
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆
佐々木
香りは大人しいが、深みを十分に感じられる。大きめのワイングラスを用いて、深呼吸するように香りを存分に楽しみたい。

5位

マルサネ ブラン ドメーヌ ルイ ジャド

詳細情報
アルコール度数 14 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ

マルサネ村はコート・ドールの北端に位置しています。

マルサネ村のワインは1987年にAOCを与えられました。

輝く黄金色で、バナナやパイナップル、メロンなどを思わせる香り。

しなやかでふくよかな口当たりで、余韻が長く続きます。

ワイン好きの来客にもてなせば、喜ばれるでしょう。

種類品種
シャルドネ

 

香りバナナ、メロン
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
まろやかな味わいで、ミネラル感は控えめ。飲み手を選ばないわかりやすいスタイルです。

4位

ルイ ジャド ムーラン ア ヴァン シャトー デ ジャック

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ガメ

ガメイ100%の、香り豊かでしっかりした味わいのワインです。

シャトー・デ・ジャックは1996年獲得した自社畑。

土壌は花崗岩質で、ガメイの栽培に適しています。

輝きのある深いガーネット色。

ベリー系果実のフルーティーで豊かなブーケに、かすかにスパイスのニュアンスも感じられます。

すばらしいアタックからタンニンが広がり、しっかりとコクを感じ取ることができます。

赤身肉の濃い味付けの料理、ブリーチーズなどに合わせてどうぞ。

種類品種
ガメイ

 

香りラズベリー、シナモン、ナツメグ
酸味★☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★☆
佐々木
一般的なガメイのワインと比べて、骨格がしっかりした力強い味わいが楽しめる。

3位

シャブリ セリエ ド ラ サブリエール 2016 ルイ ジャド

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ

ブルゴーニュ北端シャブリ地区ならではの個性を存分に表しているワインです。

貝殻の化石を多く含む、「キンメリジャン」と呼ばれる石灰質の泥灰土質。

ミネラルたっぷりの土壌で育ったシャルドネは、キリッと引き締まったミネラルと爽快感に溢れた辛口に仕上がっています。

気候的にもブドウに上質の酸が残ることが特徴。

ミネラルと酸をボトルに残すため、他では使用するオーク樽を使用していません。

ステンレスタンクの使用で、シャブリならではの旨味を表現しています。

これぞシャブリという味わいを求める人に、おすすめです。

またシャブリについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】シャブリの人気おすすめ24選!特徴や選び方も解説!

種類品種
シャルドネ

 

香りレモン、ハーブ
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
辛口ワインの代名詞とも言うべき味わい。香りは控えめ、シャープな酸味が印象的。

2位

ルイジャド マコン・ヴィラージュ グランジュ・マニアン

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ

グランジュ・マニアンの畑は、マコン地方で高品質なワインを生産しているヴィレ村とリュニー村の近郊にあります。

ステンレスタンクで発酵させた、ほのかな花の香りにフルーティーな味わいの、辛口で飲みやすいワインです。

安定した味わいとバランスの良さはブルゴーニュのお手本のようなもの。

魚のフライや焼き魚によく合います。

よく冷やしてお召し上がりください。

種類品種
シャルドネ

 

香り青リンゴ、スイカズラ
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
佐々木
ワインの持つ豊富な酸味は、揚げ物の余計な油を流してくれる。

1位

ルイ ジャド プイイ フュイッセ

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ

プイイ・フュイッセはブルゴーニュ地方の南部に位置し、ボージョレとの境にある、マコンのワインの中で最も高品質のワインを造る産地です。

土壌は白亜質と粘土の混合で、その性質がヘーゼルナッツや炒ったアーモンドのような香りを増幅させています。

緑を帯びた淡い黄金色で、複雑でさまざまなニュアンスのある香り。

リッチでしっかりしたストラクチャーがありながら、同時に繊細さと気品さを兼ね備えています。

エールフランスのビジネスクラスで採用されているワイン。

週末などにゆっくり時間をかけて味わいたい、極上の逸品です。

種類品種
シャルドネ

 

香りパイナップル、炒ったアーモンド
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
ブルゴーニュ南部に位置する「マコン」のワインは、南国系フルーツの香りが前面に現れやすく、消費者にとってより違いに気付きやすいスタイルを持っています。

いつか飲んでみたい憧れのルイ・ジャド ベスト6

最後はいつか飲んでみたい予算5,000円以上、憧れのルイ・ジャドのワインです。

今回紹介するワインは以下の通り。

商品画像ボーヌ プルミエ・クリュ ブシュロット ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャドルイ ジャド ムルソー2015ジュヴレ・シャンベルタン / ルイ・ジャドペルナン・ヴェルジュレス ブラン クロ・ド・ラ・クロワ・ド・ピエール ドメーヌ・ルイ・ジャドルイ ジャド シャンボール ミュジニー ボーヌ プルミエ・クリュ オー・クラ ドメーヌ・ガジェ
商品名ボーヌ プルミエ・クリュ ブシュロット ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャドルイ ジャド ムルソー2015ジュヴレ・シャンベルタン / ルイ・ジャドペルナン・ヴェルジュレス ブラン クロ・ド・ラ・クロワ・ド・ピエール ドメーヌ・ルイ・ジャドルイ ジャド シャンボール ミュジニーボーヌ プルミエ・クリュ オー・クラ ドメーヌ・ガジェ
詳細アルコール度数 13.5 %
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ
アルコール度数 13 %
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ
アルコール度数 14 %
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
果実 %     ピノノワール
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ではそれぞれ見ていきましょう。

6位

ボーヌ プルミエ・クリュ オー・クラ ドメーヌ・ガジェ

詳細情報
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
果実 %     ピノノワール

プルミエ・クリュクラスの赤ワイン。

上品な味わいが楽しめます。

特別な日の一本としてお楽しみください。

種類品種
ピノ・ノワール

 

香り野イチゴ、紅茶、スミレ
酸味★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆
佐々木
フローラルな香りと、長い余韻が楽しめる。ワインの格=クラスに合わせて、グラスのサイズもより大きいものを使用したい。

5位 

ルイ ジャド シャンボール ミュジニー

詳細情報
アルコール度数 14 %
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール

コート・ド・ニュイで最も女性的な、やわらかさと優しさに溢れたワイン。

熟成のタイミングを選ばずに、美味しく飲むことができます。

深く美しい色調で、ベリー系果実の芳醇な香りとともに、青草など複雑な香りも感じます。

シルクのようになめらかで、しっかりとしたコクもありながら優雅な味わい。

長い余韻が続きます。

種類品種
ピノ・ノワール

 

香りラズベリー、オレンジ、アールグレイ
酸味★☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★☆
佐々木
繊細な味わいによる「バランスの良さ」が光るワインのスタイルのことを「女性的」な味わいと評する。パワフルな味わいよりも、深みのある味わいが好きな方にオススメしたい。

4位

ペルナン・ヴェルジュレス ブラン クロ・ド・ラ・クロワ・ド・ピエール ドメーヌ・ルイ・ジャド

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ

表土に石の多い石灰質土壌の畑で育ったシャルドネを使用。

この畑で育ったシャルドネは酸味をはじめ全体のバランスが良く、構成のしっかりした白ワインが造られています。

アプリコットや桃、白い花のアロマと、ほのかにハチミツも感じる柔らかな香り。

わずかにスパイシーなニュアンスがあります。軽やかで生き生きした酸味が特徴の辛口です。

特別な日のディナーに添えれば、豪華な時間を演出してくれるでしょう。

種類品種
シャルドネ

 

香りアプリコット、桃、アカシア
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
佐々木
酸味とアルコールがもたらすコクが見事に釣り合っている。

3位

ジュヴレ・シャンベルタン / ルイ・ジャド

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール

ジュヴレ・シャンベルタン村の特徴がよく表現されているワインです。

深い色合いで、ベリー系果実の複雑で奥深い香りが特徴です。

端正なストラクチャーがしっかりとしたボディを感じさせ、 円熟したまろやかな味わいが最後まで続きます。

牛肉のグリル、ローストしたものなどに合わせてどうぞ。

種類品種
ピノ・ノワール

 

香りラズベリー、黒コショウ、シナモン
酸味★☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★★
佐々木
スパイシーでパワフルなピノ・ノワールが楽しめます。

2位

ルイ ジャド ムルソー2015

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     シャルドネ

ムルソーの畑は泥灰土で、シャルドネの栽培に理想的な土壌。

「偉大なホワイト・ブルゴーニュワイン」の中心産地とされています。

熟した果実の芳醇な香りで、ヘーゼルナッツやほのかなスパイスのニュアンスも感じられます。

とろみのあるなめらかな口当たり。優雅な余韻が続くでしょう。

クリームソースを使った魚料理によく合います。

最高のシャルドネを味わいたい人に、ぜひおすすめです。

またルイ・ジャドの産地ブルゴーニュの白ワインについて詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください。

>>【ソムリエ監修】ブルゴーニュのおすすめ白ワイン20選!特徴から選び方のコツまで紹介

種類品種
シャルドネ

 

香りコーン、バタースコッチ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★★
佐々木
極上のコクを楽しめることで有名なブルゴーニュ白の頂点の一角。

1位

ボーヌ プルミエ・クリュ ブシュロット ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド

詳細情報
アルコール度数 13.5 %
ボディー  フルボディ
原産国名 フランス
メーカー名 日本リカー
果実 %     ピノノワール

コート・ド・ボーヌの最南端に位置する自社畑は、ボーヌ・プルミエ・クリュの中でも最も秀逸な畑のひとつ。

やや深い地層を持ち、その土壌が豊かなボディとコクをワインに与えます。

鮮やかなルビーの色調。

豊かな果実の香りに複雑な風味が融合した、まろやかで豪華な口当たりのワインです。

お祝いの席や記念日にふさわしい、秀逸なブルゴーニュはプレゼントにも最適です。

またブルゴーニュの赤ワインについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ執筆】ブルゴーニュのおすすめ赤ワイン15選!特徴から選び方まで解説

種類品種
ピノ・ノワール

 

香りブルーベリー、紅茶、腐葉土
酸味★☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★★
佐々木
ボディに厚みを感じ、香りもパワフルです。また10年以上の長期熟成にも耐えることができます。

ルイ・ジャドの美味しい飲み方

ルイ・ジャドの美味しい飲み方

ここからはルイ・ジャドのワインの美味しい飲み方について紹介していきます。

今回紹介するポイントは以下のとおりです。

 

ルイ・ジャドの美味しい飲み方
・ワイングラス
・合わせる料理

 

では早速見ていきましょう。

ワイングラスは万能型がおすすめ

ルイ・ジャドのワインをすべて楽しめるおすすめのグラスは万能型です。

どのようなワインでも楽しめるような形をしているため、気兼ねなくルイ・ジャドを楽しめます。

またルイ・ジャドの赤ワインはピノ・ノワールを使用しておりライト~ミディアムボディが多いため、万能型でも赤ワインの魅力を存分に引き出せるため安心。

ただグラスを使い分けることで、よりルイ・ジャドのワインを楽しめることも事実です。

そのためワイングラスについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

合わせる料理

ルイ・ジャドのワインは種類ごとに合わせる料理を変えることがおすすめ。

今回は大きく赤・白の2種類を見ていきましょう。

赤ワインだけど魚介も

ルイ・ジャドの産地であるブルゴーニュの赤ワインは魚介とも合わせられることがポイント。

通常、赤ワインであれば肉料理の印象ですが、酸味の効いたルイ・ジャドのワインならさっぱりとした料理にもぴったりです。

もちろん肉料理全般とも相性が良いため、ぜひ一度食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

赤ワインのつまみについて詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください。

>>【ソムリエ厳選】赤ワインのつまみ人気おすすめ32選を徹底解説!

料理全般OKな白

ルイ・ジャドの白ワインなら飲みやすいため、どんな料理でも合わせられます。

シャルドネを使っていることから辛口の白ワインに合う魚介系や和食とよく合います。

もちろんパスタやピザといったイタリアンな料理とも相性が良いため、幅広く楽しめますよ。

白ワインのつまみについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ厳選】白ワインの人気おすすめつまみ14選!ワインも紹介!

ルイ・ジャドのワインを楽しみつくそう!

ルイ・ジャドを楽しみつくそう

ルイ・ジャドのワインを19本、ご紹介しました。

ブルゴーニュ有数のエゴシアン、ルイ・ジャド。

ブルゴーニュのワインを知る上で欠かせない存在です。

手軽なハーフボトルも販売されているので、初めての人はそちらを利用するといいでしょう。

多様なテロワールの個性を表したルイ・ジャドの素晴らしい味わいを、ぜひ体験してください!

またブルゴーニュのワインについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ルイ・ロデレールのおすすめ7選!特徴や選び方を解説

今年、イギリスの専門誌であるドリンクス・インターナショナルの「世界で最も賞賛されるシャンパーニュ・ブランド201

【ソムリエ監修】シャトー・ラグランジュを徹底解説!歴史、こだわり、種類をご紹介!

今回ご紹介するシャトー・ラグランジュ( Chateau Lagrange )は、ボルドーの格付けでグランクリュ3

【ソムリエ監修】ニコラ・フィアットの価格やおすすめマリアージュを種類ごとに解説

ニコラ・フィアットはフランス、シャンパーニュ地方のシャンパーニュ・ブランドです。創業からわずか40年でフランスの

ドンペリはどんなシャンパン?値段、種類、味、人気の理由を徹底解説

誰もが一度は耳にしたことがある「ドンペリ」 高級シャンパンと言われ、多くの人がイメージするのがドンペリでは

【ソムリエ監修】メオ・カミュゼのおすすめワイン15選!

メオ・カミュゼは、ブルゴーニュ屈指の名門ワイナリーです。ブルゴーニュの特級畑を所有し、ブルゴーニュの神様と呼ばれ

【ソムリエ執筆】シャトー・オー・ブリオンの価格、当たり年、セカンドワインまで徹底解説

5大シャトーの中で最もエレガントと評されるシャトー・オー・ブリオン。 今日はその魅力や歴史、味わいについて

【ソムリエ監修】アルベール・ビショーのワインの特徴、種類、おすすめも紹介

アルベール・ビショーは180年の歴史を持つ、ブルゴーニュの名門ワイナリーです。ブルゴーニュの銘醸地に6つのドメー

【ソムリエ監修】アルザスの偉大な造り手マルセル・ダイスの種類、味わい、価格を紹介!

マルセル・ダイスは、アルザスワインのトップに君臨する革命的なワイナリー。アルザスの法律まで変えてしまったそのワイ

老舗シャパーニュメゾン、シャルル・エドシックを徹底解説!味わい、種類、価格を紹介

シャンパーニュの熱狂的ファンなら「シャルル・エドシック」の名はきっとご存知のはず。王室や政治家、俳優など世界中の

【ソムリエ監修】パイパー・エドシックの価格、おすすめマリアージュを種類ごとに解説

パイパー・エドシック(PIPER-HEIDSIECK)は200年以上の歴史がある老舗のシャンパーニュ・メゾンです

【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

テロワールの魅力が最大限に引き出される唯一無二のブルゴーニュワイン。 その香りや味わい、しなやかな質感に魅

【ソムリエ執筆】おすすめのクレマン・ド・ブルゴーニュ10選!ブルゴーニュのスパークリングワインはコレ!

「クレマン」と聞いてピンとくる方はワイン通ですね。 「クレマン」はフランスの7つの地区でそれを名乗ることが

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP