【ソムリエ監修】カルロロッシとは?種類や品種、価格を徹底解説!おすすめワインも紹介

2019/05/07
アメリカ

カルロロッシのワインは1974年にアメリカのカリフォルニアで発売され、40年以上の古い歴史があります。

コスパ抜群で、どんな料理にも合うフルーティーな美味しさ。世界中で人気を呼んでいるワインです。

日本人の嗜好に合ったワインで、いろいろな飲み方ができるのも魅力のひとつ。

この記事では、そんなカルロロッシのワインについて、その特徴や選び方を徹底リサーチ。商品のラインナップもご紹介します!


記事の監修者

市川 かおり

日本ソムリエ協会認定 ソムリエ

都内のホテル、イタリアンレストランのサービスを経てソムリエ資格を取得。その後ワイン会社の営業として様々なワインと関わってきました。 今は子育てしながら自宅でピアノ教室を開いています。

カルロロッシとは

E.& J.ガロワイナリーが製造

カルロロッシの製造元のE.& J.ガロワイナリーは、1933年にアーネストとジュリオのガロ兄弟がカリフォルニア州モデストで創業。

現在は4代目で、世界No.1の家族経営ワイナリーに発展しています。

E.& J.ガロワイナリーは、世界的権威のあるイタリアのワインコンペティション「ヴィニタリー」で「世界最優秀ワイナリー賞」の栄冠に3度も輝いています。

 

安くて美味しいワイン

そんなカルロロッシのワインは非常に低コストで、飲みやすいのが特徴。スーパーやコンビニでも手軽に購入でき、ワイン初心者にも敷居が低いワインです。

サイズ展開も、少し飲みたいときの250mlから720ml、たっぷり大容量の3Lまでバラエティに富んでいます。

カルロロッシの種類

カルロロッシのワインには、いくつかの選び方があります。

ワインの種類

カルロロッシのワインはレッド、ダーク、レッドマスカット、ホワイト、ロゼの5種類が販売されています。

レッドは辛口のライトボディ。豊かな果実味とまろやかな口当たりで、とても飲みやすい赤ワインです。飲み飽きない味で、デイリーワインに最適。

ダークはやや辛口のフルボディです。レッドの豊かな果実味は残しながら、凝縮した濃厚な味わい。肉料理によく合います。

レッドマスカットはやや甘口で、アルコール度数は低め。ワイン初心者にも親しみやすいワインです。

ホワイトは辛口で、果実味と酸味のバランスがとれた爽やかな味わい。飲み疲れない美味しさで、和食によく合います。

ロゼは果実味と酸味が絶妙な甘口。ワインが苦手な人でも飲みやすいでしょう。

使われている品種

カルロロッシのワインは複数の品種をブレンドしています。使われている品種の代表的なものをご紹介しましょう。

カベルネ・ソーヴィニヨン

フランスのボルドー原産の品種で、世界中で広く栽培されています。

ルビーレッドの色調で、カシスやブルーベリーなど黒果実系やコショウなどのスパイシーな香り。豊かな酸とタンニンで、しっかりとした構造。凝縮した果実味と上品な味わいのワインになります。

 

バルベーラ

イタリアのピエモンテ州原産の品種です。収穫量が多く、比較的安価なワインに使用されることが多いです。

色が濃く、酸味が特徴的でタンニンは控えめ。若飲みから長期樽熟成させるものなど、幅広いスタイルのワインになる品種です。

 

コロンバール

フランス原産の品種です。単一品種で使われることが多く、シュナン・ブランとグーエ・ブランの交配によって出来た品種で、フランスではコニャックなどに使用されています。

わずかにオレンジや緑がかった淡い黄色で、リンゴなどの果実の香りやナツメグなどのスパイス香のニュアンス。新鮮な酸味のある、フルーティーで軽やかなワインに仕上がります。

甘口から辛口まで、幅広いスタイルのワインになるのが特徴。とくにカリフォルニアではカルロロッシをはじめとして、品種本来の自然な酸味を生かしたテーブルワインが多く生産されています。

シュナン・ブラン

フランスのロワール地方が原産の品種です。

甘口・辛口のテーブルワイン、スパークリングワイン、貴腐ワインなどさまざまなスタイルのワインが造られています。

ニュートラルな性質で、畑の土壌や気候、造り手の技術が反映されやすい品種。カルロロッシでは、白ワインにコロンバールとのブレンドで使われています。

販売サイズ

カルロロッシのワインは3種類のサイズ展開があります。

飲みきりサイズの250mlから720ml、大容量の3Lまで。250mlはアルコールが苦手な人や、少し飲みたいときなどにちょうどいいサイズです。

720mlは美味しさを閉じ込める特別なペットボトルで、リサイクル可能です。買い物でも重さが気にならず、割れにくいので自転車などでも運べます。

3LのBOXワインは酸化を防ぐ仕様が施されています。開封後1か月ほどは品質が保たれるので、毎日新鮮なワインを飲むことができるでしょう。

カルロロッシ レッド


甘みと酸味のバランスが良い、ライトボディの赤ワインです。ガーネット色で、ブラックチェリーのような香り。豊かな果実味で、まろやかさを感じる味わいです。

飽きない美味しさでコスパ抜群。毎日のテーブルワインにおすすめです。

 

カルロロッシ ホワイト


透明感のあるレモンイエローで、豊かな果実の香り。豊かな果実味と酸味のバランスが良く、すっきりした味わいです。

しっかりした酸味が全体を引き締め、食中向きの白ワインで、お刺身や天ぷらなどの和食にも相性抜群です。

 

カルロ ロッシ レッド マスカット

カルロ ロッシ レッド マスカット

華やかなマスカットの香りで、渋みは優しくチェリーのような果実味を感じるほどよい甘口です。

ワインが苦手な人でも飲みやすく、とくに女性におすすめのワインです

 

カルロロッシ ダーク


カルロロッシ  レッドの特徴であるフルーティーな味わいはそのままに、凝縮感のあるより濃い味わいに仕上げたフルボディです。

日常使いのワインでも、より濃く飲み飽きない味わいを求める人におすすめ。日常の食卓でも、リラックスタイムにワインだけでも楽しめる味わいです。

 

カルロロッシ ロゼ


柑橘系の爽やかな果実の香り。優しい甘みがありつつも、すっきりした味わいです。

グラスに氷を入れて、冷やしたワインを注いで飲むのもおすすめです。冷やすことでより、ロゼワインのクリアな果実味を楽しめます。甘味と酸味のバランスは、氷で割っても崩れません。

簡単に作れて、毎日のご褒美にピッタリです。

カルロロッシまとめ

カルロロッシのワインについて、ご紹介しました。

非常にリーズナブルで、サイズも選べる手軽なワイン。毎日のテーブルワインや友人同士の気軽なパーティーに、いろいろなシーンで大活躍します。

フルーツを入れてサングリア風にしたり、ソフトドリンクとミックスしたりと、さまざまな飲み方でも楽しめるワイン。まだ飲んだことがない人は、ぜひお試しを。ワインが生活の中で、ずっと身近な存在になるでしょう!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ロバート・モンダヴィの種類、価格、おすすめワインをご紹介

カリフォルニアのナパ・ヴァレーのランドマーク的存在であるロバート・モンダヴィ・ワイナリー。創設者のロバート・モンダヴ

【ソムリエ解説】オーパス・ワンとは?価格、人気の理由、おすすめの当たり年まで解説!

アメリカの高級赤ワインといえば、「オーパス・ワン」をイメージする人が多いのでないでしょうか? 銀座の高級クラブでは

【ソムリエ監修】肉専用ワイン・カーニヴォの種類から価格まで解説!おすすめも紹介

「カーニヴォ(CARNIVOR)」というワインをご存知でしょうか? 日本ではサントリーが販売している「黒ワイン」で

【ソムリエ監修】ダークホースの種類、価格を徹底解説!おすすめワインも紹介

2017年にサントリーから販売されたダークホースは、その凝縮感とコクが高い人気を呼んでいるアメリカのワインです。

【ソムリエ監修】カリフォルニアのおすすめ赤ワイン15選!特徴から選び方のコツも解説

カリフォルニアといえば、アメリカのワイン生産量の90%を占めるワインの一大生産地です。全土で気候や土壌を活かしたワイ

【ソムリエ監修】カリフォルニアのおすすめ白ワイン15選!特徴の選び方を解説

アメリカの中でも圧倒的なワイン生産量を誇るカリフォルニア。 ただ、カベルネ・ソーヴィニョンなど赤ワインは有名ですが


特集記事

ホットワインの作り方は?おすすめの簡単レシピ、レンジで温めるだけのホットワインまでご紹介!

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

お寿司に合うお手頃ワインおすすめ9選!ソムリエが徹底検証

TOP