【ソムリエ監修】ロワールのワインの魅力を解説!おすすめワインも紹介!

2018/11/09
ワインの基礎知識

フランスのロワールは、ロワール川という川の流域に広がる地域です。

川に沿って多くのワイン生産地があり、また土壌の個性も豊かなため、多種多様なワインがこの地から世に送り出されています。

今回はそんなロワールワインの特徴や主な品種について紹介します。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

ロワールのワインの特徴

ロワールのワインは、単一品種で造られることが多いのが特徴です。また、栽培品種が多いため、ワインの種類が多様でそれぞれに特色を持っています。

ロワールはどちらかというと白ワインが有名な地域ですが、生産割合は赤白ともに半々くらいで、赤ワインの質も見事といえるものがあります。

ロワールワインは多様性が特徴と先述しましたが、全体の傾向として、白は引き締まった果実味と酸味をライトな口当たりで楽しむことができ、赤は軽い渋みが心地よい調和のとれたワインが多いといえるでしょう。

ブルゴーニュやボルドーのような凝縮感のあるワインもないわけではありませんが数は少なく、全体として軽快な口当たりを持つ飲みやすいワインに仕上がっています。

ロワールのワイン産地


ロワールには69ものA.O.Cがあり、ワイン生産を行っている地区がいくつもあります。

中央フランス地区

ロワール川上流域の中央フランス地区では、ちょうどブドウの収穫時期に天候が変わりやすい気候を持っています。そのため、ワインの品質はヴィンテージと直結しているのが特徴です。

この地区のワインの味わいは、ミネラル感がありパワフルな果実味と酸味を持つ傾向にあります。

トゥーレ―ヌ地区

ロワール川中流域のトゥーレ―ヌ地区では、軽めのタンニンとフルーティな味わいが特徴のワインを主に生産しており、リーズナブルな価格が多いのも特徴です。

アンジュー&ソーミュール地区

ロワール川下流域にあるアンジュー&ソーミュール地区は、アンジュー地区とソーミュール地区を合わせた呼称です。

アンジュー地区では赤ワインはカベルネ・フラン種とソーヴィニョン種を主体にしたかすかな渋みのあるものを、白ワインはシュナン・ブランを主体にしており、白い花のアロマを楽しめる早飲みタイプのワインを造っています。

ソーミュール地区

ソーミュール地区の赤ワインはソーミュール・ルージュとも呼ばれており、こちらもカベルネ・フラン種とソーヴィヨン種から造られます。柔和な味わいの中に滑らかなタンニンを持っている早飲みタイプのワインです。

ソーミュール地区の白ワインはソーミュール・ブランとも呼ばれていて、やはりシュナン・ブランを主体に造られます。きめ細かでバランスのとれた味わいと、花の香りの中に含まれたミネラル感を楽しむことができる上質なワインに仕上がっています。

ペイ・ナンテ地区

同じくロワール川下流域にあるペイ・ナンテ地区では、赤、白、ロゼのワインが造られており、生産量は白ワインがもっとも多くなっています。

ミュスカデの白ワインが有名な地区で、主なA.O.Cはほとんどがこの品種から造られる白ワインです。

中には赤ワインやロゼも生産できるA.O.Cもありますが、生産量はごく少量で、日本で手に入れるのは少しむずかしいかもしれません。

ロワールのワイン品種

赤ワインの品種

ピノ・ノワール

ピノ・ノワールはブルゴーニュ原産のブドウで、ロワール川流域では主に上流域で栽培されています。

比較的涼しい気候を好む一方、高温多湿には弱く、土壌を選ぶ繊細な品種です。

少しの条件のズレで枯れてしまう栽培のむずかしさと、地域ごとに味わいが微妙に違うことから、希少価値の高い赤ワインを生み出す品種として知られています。

ピノ・ノワールのワインは柔和かつしっかりとした酸味を持ち、ひかえめなタンニンが優雅な口当たりを演出しています。

早飲みでも熟成させてもおいしく飲めますが、前者の場合はフレッシュなアロマを、後者の場合は老獪さを思わせる複雑で幾層にも渡った香りを放つようになります。

コット

コットはマルベックの別名で、フランス南西部が原産の品種です。日差しを好み、涼しい気候のなかでは育ちにくいという特徴を持ちます。

赤ワイン用品種の中でも個性的な特徴を持つブドウとして知られており、ポリフェノール含有量はトップクラスです。

豊富なタンニンを持ち、5年以上熟成させることでより品種の個性が際立ち、鉄分のニュアンスを感じることもできます。

また早飲みでも楽しむことができ、その場合はスミレのような花の香りを味わえるでしょう。

>>コットのおすすめ赤ワイン

カベルネ・フラン

カベルネ・フランはフランスのボルドー地方原産の品種です。

一般的にはメルローやカベルネ・ソーヴィニヨンとブレンドされることが多く、補助品種として重宝されていますが、ロワールの場合は単一品種によるワインも生産されています。

柔和なタンニンとほどよい酸を持つ調和のとれた赤ワインに仕上がり、果実の香りを楽しむことができるでしょう。

ちなみに同じカベルネ種であるカベルネ・ソーヴィニヨンの原種でもあり、同品種がボルドー地方に根付いたのは17世紀のことと言われています。

原種であるためカベルネ・ソーヴィニヨンと味わいや香りの傾向が似ていますが、カベルネ・フランの方がより軽快な口当たりで飲みやすいライトな味わいです。

>>カベルネ・フランのおすすめ赤ワイン

白ワインの品種

ソーヴィニョン・ブラン

ソーヴィニョン・ブランはロワール川上流域で主に栽培されており、別名をブラン・フィメともいいます。ボルドー地方の他、ロワールも原産地として名が挙げられる品種です。

気候条件によって味わいが変わり、パワフルな草の香りからトロピカルなアロマを持つものまで幅広い色を見せてくれます。

ロワールのものは飲みやすい軽快な口当たりを持つ柑橘系の風味が強いワインに仕上がり、青いともいえるフレッシュさを楽しむことができるでしょう。

熟成させることもできますが、どちらかというと早飲みに適しています。なぜなら熟成させすぎると野菜の香りが強くなってしまう場合があるからです。

シャルドネ

シャルドネはブルゴーニュ原産の品種で、白ワイン用のブドウとしては世界屈指の人気を誇ります。

際立った個性やクセを持っているブドウではありませんが、その分さまざまな場面で活躍することができるマルチな存在です。

育つ土地の気候によって味わいが変化し、涼しい地方では酸味が強くなり、暖かい地方だとフルーティな味わいが前面に立ちます。

ロワールで育ったシャルドネの場合は、ミディアムボディからライトボディの味わいになり、比較的強い酸味と果実の香りを楽しむことができるでしょう。

ムロン・ド・ブルゴーニュ

ムロン・ド・ブルゴーニュは別名をミュスカデといいます。これは、ロワール川下流域のペイ・ナンテ地区にあるA.O.Cミュスカデで生産されているためです。

この品種から造られるワインは軽快な味わいを持ち、若々しい爽やかな香りを楽しむことができます。

またミュスカデはシュール・リー製法という方法を用いて造られます。この製法はワインを澱引きせず、数ヶ月間にわたって熟成させる方法です。

澱の主成分となる酵母菌体を自己分解させ、アミノ酸やペプチドをワインに溶かすことで味わいに奥行きや幅を与えるのです。

またこの製法は発酵で炭酸ガスを生じさせるため、ワインが微発泡性になるのも特徴となります。ミュスカデのワインを味わうときは、この微発砲によるほどよい刺激がさらにワインの楽しみを深めてくれるでしょう。

ちなみに、名前からもわかる通りブルゴーニュ原産の品種です。

ロワールのおすすめワイン

赤ワインならコレ!

ラシュトー・シノン

2,010円 (税込)

詳細情報
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 フランス
メーカー名 アサヒビール
果実 %     カベルネ・フラン

カベルネ・フランから造られたワインです。

木苺に似たさわやかな酸味を持ち、さらにきめ細やかなタンニンを含みます。

柔和で豊満な味わいを楽しむことができるでしょう。

>>ロワールのおすすめ赤ワインをもっと見る

白ワインならコレ!

アルファ ロワール アンクロ デュ プティ シアン シュヴェルニー

1,638円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 カーヴ ド リラックス
果実 %     ソーヴィニヨン ブラン90%、シャルドネ10%

ソーヴィヨン・ブランとシャルドネを9:1の割合でブレンドしたセパージュです。

青いリンゴの風味の中に漂うミネラル感が心地よく、深みのある調和のとれた味わいを持ちます。

>>ロワールのおすすめ白ワインをもっと見る

ロワールのワインまとめ

ロワールワインの何よりの魅力は、その種類の豊富さです。

赤白ともに栽培されている品種が多く、生産量もおよそ半々なため、どちらの色でも多様なブドウの味わいを楽しむことができます。その品種の個性もロワールの土壌によって個性が際立っているのですから楽しみは2倍でしょう。

良質かつ個性豊かなロワールワインの中から自分の好きな1本を見つけるのもいいかもしれません。

     

関連記事

【ソムリエ厳選】おすすめのクレマン・ド・ロワール10選!ロワールのスパークリングワインはコレ!

フランスのロワール地方は、「フランスの庭」とも言われる風光明媚な地域として有名です。異なる気候や土壌の影響でいろいろ

【ソムリエ監修】エレガントな香り!カベルネ・フランの特徴とおすすめ赤ワイン15選を紹介

カベルネ・フランは、穏やかなタンニンとしっかりとした骨格のある味わいは、赤ワインを生産する際には欠かせない品種の1つ

【ソムリエ監修】ロワールの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

フランスのワイン産地として名をはせるロワールでは、非常に多くの種類のワインを楽しむことができます。 これは、ロワール地

【ソムリエ監修】ロワールの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ロワールは、フランスの中央部を流れるロワール川沿いに広がるワインの産地です。ロワール川の流域には、古城が多く残っており「

【ソムリエ監修】チリのワインの魅力を解説!特徴からおすすめのワインまで紹介

ソース は日本の地球の反対側にある南米大陸にある「チリ」は世界的に有名なワイン生産国として知られています。 チリワイ

【ソムリエ解説】カリフォルニアのワインについて学ぼう!産地、銘柄、おすすめのワインまで

ニューワールドのワイン産地の筆頭とも言えるのがアメリカです。 年間の生産量は世界第4位と、フランス、イタリア、スペインに

【ソムリエ監修】プーリアのワインの魅力を解説!おすすめのワインまで紹介

ソース プーリアは、イタリアの中でもワイン生産量が1、2を争う銘醸地です。海に囲まれ、地中海性の恵まれた気候の中で

【ソムリエ監修】リオハのワインの魅力を解説!特徴からおすすめのワインまで紹介

  ソース リオハはスペイン北部に位置する、スペインを代表するワイン産地です。 スペインワインでは初

ニュージーランドのワインの魅力をワイン資格者が解説!特徴からおすすめのワインまで紹介

ニュージーランドは、日本と同様、島国で、その美しい景観から観光地としても人気があります。ワイン産地としての歴史はまだ浅い

【ソムリエ解説】オーストラリアのワインについて学ぼう!特徴、有名なワイン、おすすめのワインまで

ソース オーストラリアはワイン生産量も輸出量も上位に入るワイン大国です。世界で初めてボトルのラベルにぶどうの品種を

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介