【ソムリエ監修】シチリアワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

2019/04/20
ワインの基礎知識

シチリアはワイン生産量世界一を誇るイタリアの中でも、トップを争うワイン生産地です。

地中海性の温暖な気候がブドウの栽培に適していることから、土着品種を中心にした飲みやすいワインが多く生産されています。

以前は樽で取引する安価なバルクワインが生産されていましたが、最近はテロワールを活かした個性溢れる高品質なワインが多く造られるようになり、人気を集めています。

今回はそんなシチリアのワインについて、特徴や生産地、品種など詳しく解説していきます。これだけは押さえておきたい有名ワインも取り上げました。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

シチリアのワインの特徴

シチリアの特徴を、その歴史やテロワールを通してご紹介します。

長い歴史

シチリアのワインには、長い歴史があります。

シチリア島に最初にワインをもたらしたのは、古代ギリシャ人と言われています。

シチリアの恵まれた気候と豊かな土壌がワイン造りをシチリア島に根づかせ、ヨーロッパ全土に広がっていったのです。

紀元前7世紀の絵画や文献にはワイン造りが記されていて、シチリアでのワイン醸造の始まりは紀元前1300~1100年ごろと推測されていました。

しかし最近、それを覆すような発見がされています。

2017年にシチリアの洞窟から発掘された古代の陶器の中から、6000年前のワインの痕跡が見つかったというもの。

これまでの推測をはるかにさかのぼり、シチリアでのワイン醸造は紀元前4000年ごろから始まっていた可能性があるわけです。

恵まれたテロワール

シチリアはイタリアの西南端、地中海のほぼ中央にある島です。

州としてもイタリア最大の面積で、典型的な地中海性の温暖な気候。

夏は気温が高くなることもありますが、エトナ火山を筆頭にして標高が高いため比較的冷涼な畑が多く、多様性に富んでいます。

この恵まれた気候は、古くからブドウ栽培やワイン醸造が行われていたという事実を裏付けるものでしょう。

その長い歴史から土着品種が多く、今でも白ワイン品種のインツォリアやグリッロ、赤ワイン品種のネロ・ダーヴォラなどを中心としたワイン造りが行われています。

畑は火山性土壌や石灰質土壌が多く、酸とミネラルが豊富なワインが生み出されます。

シチリアのワイン産地

シチリアの代表的な生産地は、島の南東に位置するチェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアと、ヨーロッパ最大の活火山エトナ山の麓にあるエトナ地域、そして島の西部に位置するマルサラです。

チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアは2005年にシチリア初のDOCGを受け、東西70kmにわたる範囲に適用されています。

主に石灰岩と粘土質の土壌で、夏は日差しが強く、雨の少ない地域です。

エトナ地域は近年ワイナリーの数が増え、世界的な評価を受ける高品質なワインを生み出している地域です。

標高が高く、昼間でも冷涼で1日の寒暖の差が激しいという気候や、樹齢100年を超えるブドウの古木があるなど、好条件が揃っている場所。これが質の高いワインが造られている理由と言えるでしょう。

島の西部にあるマルサラでは、世界的に有名な酒精強化ワイン「マルサラ」が生産されています。

酒精強化ワインとは、アルコールを加えて度数を高めたもの。

マルサラは船便による長期輸送で腐らないように、1773年、イギリス人商人により開発されました。

シチリアのワイン品種

シチリアのワイン品種は赤白とも、土着品種が主流です。

白ワインの品種

インツォリア

古代ギリシャからイタリアに伝わり、イタリア国内で広く栽培されている品種です。

日照りや乾燥に強く、栽培しやすいという特徴があります。

マルサラの原料にしたり、他のワインにブレンドして使われたりすることが多かった品種ですが、近年はその個性が見直され、単一品種のワインが造られるようになりました。

その多くは軽い口当たりのデイリーワインになり、人気を呼んでいます。

グリッロ

シチリアの代表的な品種です。

マルサラの原料や、他の品種とブレンドして辛口のテーブルワインになることが多いものです。

香りが高く、酸味の強いさわやかな果実味のワインに仕上がります。

ジビッボ

ジビッボは別名をマスカット・アレキサンドリアといい、甘い香りのするマスカット系の品種です。

果実味豊かでスパイシーな香りがあり、甘みのある滑らかなワインになります。

赤ワインの品種

ネロ・ダーヴォラ

古くからシチリアで栽培されてきた土着品種で、今でもシチリア全土で栽培されています。

温暖で乾燥した気候でよく育ち、これまで安価なブレンドワイン用に栽培されてきました。

しかし近年では高品質なワインも造られ、高い評価を得ています。

非常に色が濃く、早飲みから長期熟成までさまざまなタイプのワインが造られていますが、とくに樽熟成に適していて、力強い高品質のワインができあがります。

ネレッロ・マスカレーゼ

北東部の活火山、エトナの代表的品種です。

フランス・ブルゴーニュ地方のピノ・ノワールに似た特徴を持ち、綺麗なルビー色をしています。

しっかりした酸と、フレッシュでピュアな果実味のあるワインになります。

エトナ山麓のミネラルが豊富な火山岩の土壌で育まれ、ミネラル感あふれる高品質なワインが造られています。

フラッパート

以前はネロ・ダーヴォラよりもポピュラーな存在だった品種です。

現在はネロ・ダーヴォラが人気の品種となりましたが、今でもヴィットーリア地区では根強い人気です。

透明感が強く、赤ワインとしてはやや淡い印象。

赤い果実系の魅力的なアロマで、ネロ・ダーヴォラの補助としてブレンドされることが多い品種です。

シチリアの有名なワイン銘柄

シチリアを代表する有名ワインをご紹介しましょう。

ヴァッレ デラカーテ チェラスオーロ ディ ヴィットーリア クラシコ

ヴァッレ デラカーテ チェラスオーロ ディ ヴィットーリア クラシコ 


シチリア初のDOCG認定ワイン、チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアです。

ヴァッレ・デラカーテはヴィットーリアの中心地アカーテで、6世代にわたってワイン造りを続けています。

ネロ・ダーヴォラを主体に、フラッパートをブレンド。

ラグーザのフラッパートの特徴が生かされた味わいとなっています。

フラッパートは甘さを感じる心地よい香りがあり、濃厚なネロ・ダーヴォラにブレンドすることで軽やかな爽やかさを与えています。

ラズベリージャムのような凝縮した果実感と、スパイシーのニュアンス。しっかりしたタンニンと、ほのかな酸も感じられます。

ネロ・ダーヴォラの重厚なトーンがフラッパートのエレガントな特徴とバランスをとり、繊細さの中に力強さを感じる味わいです。

シチリアワインが初めての人は、ぜひこちらを味わってみてください。

 

タヴェルネッロ ビアンコ


イタリア最大の農業協同組合カヴィロ社が手がける、手軽なテーブルワインです。

タヴェルネッロはイタリア語で「小さな居酒屋」の意味。

その名の通り、イタリアで30年以上も愛されているブランドです。

フレッシュで白い花や柑橘系のイキイキとした香り。軽やかですっきりとした味わいです。

爽やかな果実味と心地良い酸味で、飽きのこない味わい。さっぱりとした後味があります。

カルパッチョやチーズに合わせてどうぞ。ピザやパスタにもよく合います。

コスパ抜群で、毎日のテーブルワインに最適。ソーダやフルーツを加えてカクテルにするのもおすすめです。

シチリアワインまとめ

シチリア のワインについて、ご紹介しました。

伝統的な酒精強化ワインや土着品種で造られた重厚なワイン、個性の異なるエトナワインなど、さまざまな味わいがあるシチリアワイン。

恵まれた気候と土壌がもたらした、品質の高いワインばかりです。

おすすめワインも参考に、個性豊かなシチリアワインをお試しください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】トスカーナのワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

トスカーナは、ピエモンテと並んでイタリアを代表するワイン生産地です。 キャンティ・クラシコをはじめとする高級赤ワイ

【ソムリエ監修】メドックのワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

フランス・ボルドー地方のメドックのワインは品質に定評があり、最高級の赤ワインを生産する地区と言われています。 しかし

【ソムリエ監修】南アフリカワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

南アフリカのワインはまだ日本ではあまり知られていませんが、世界からの注目度は抜群です。 ブドウ栽培に適した気候と土

南アフリカワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄をワイン資格者が解説!

ニュージーランドは、日本と同様、島国で、その美しい景観から観光地としても人気があります。ワイン産地としての歴史はまだ浅い

【ソムリエ監修】マコンのワインの特徴は?産地、品種を解説!

マコンはフランス・ブルゴーニュ地方のマコネ地区にあるワイン産地で、シャルドネを中心にした辛口の白ワインで有名です。ブ

【ソムリエ監修】ピエモンテワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

ピエモンテはトスカーナと並ぶイタリアを代表する銘醸地です。 イタリアで最も格付けワインが多く、バローロ、バルバレス

【ソムリエ解説】日本ワインの特徴は?歴史から、産地、品種、を解説!

最近日本で造られたワインも世界で注目を浴びています。日本ワインの味わいの特徴としては、日本の伝統的な料理と同じく「繊細さ

【ソムリエ監修】リオハワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

リオハはスペイン北部に位置する、スペインを代表するワイン産地です。 スペインワインでは初めてDOCa(特選原産地呼

【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

テロワールの魅力が最大限に引き出される唯一無二のブルゴーニュワイン。 その香りや味わい、しなやかな質感に魅了される

【ソムリエ監修】イタリアワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

長靴の形をしたワイン大国、イタリア。南北に長く、3方を海に囲まれた恵まれた環境から、「エノトリアテルス」(ワインの大

【ソムリエ監修】プラネタを徹底解説!種類、特徴からおすすめワインも紹介

プラネタは、イタリア・シチリアワインの品質を高め、シチリアを世界レベルのワイン産地にまで引き上げたワイナリーです。国

【ソムリエ監修】シチリアのおすすめの白ワイン10選!特徴と選び方のコツも解説

シチリアは、ヴェネト、プーリア、エミリア・ローマニャと産出量No.1を常に争っているワインの名産地。 生産量の60

【ソムリエ監修】フェウド・アランチョの特徴、種類を解説!おすすめワインも紹介

フウド・アランチョは、コスパ抜群のシチリアワインです。 リーズナブルで料理によく合うワインをお探しなら、こちらがお

【ソムリエ監修】シチリアのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

イタリアは世界一のワイン生産国。その中でもシチリアはトップを争うワイン生産地です。 土着品種のネロ・ダーヴォラを中


特集記事

ホットワインの作り方は?おすすめの簡単レシピ、レンジで温めるだけのホットワインまでご紹介!

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

お寿司に合うお手頃ワインおすすめ9選!ソムリエが徹底検証

TOP