【ソムリエ監修】ロンバルディアのおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

2018/10/29
イタリア

ロンバルディアはイタリア北部の州で、アルプスの山々や大河ポーに挟まれています。

ブドウ栽培地域は一部の丘陵地帯や湖水地方に限られているものの、全体的に高品質なワインを世に送り出している土地です。

今回はそんなロンバルディアの赤ワインの特徴や選び方について紹介します。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

ロンバルディアのワインとは

ロンバルディアにおけるワイン造りの歴史は非常に古いものがあります。伝えられている話では、エルトリア人などからワイン造りの技術がもたらされたとされており、これは紀元前7世紀ごろのことです。

その後、古代ローマによる征服を受け、ワインの技術が向上しました。1世紀の記録にはオルトレポー・パヴェーゼの評判が伝わっています。

ブドウ栽培が盛んになったのは4世紀のことです。これは一時的とはいえミラノが西ローマ帝国の首都になったためです。

ロンバルディアの最北端に位置するヴァルテッリーナ渓谷のワイン生産もこの時期に始まりました。

中世には教会によるブドウ栽培も盛んになり、500年代の後半になるとフランスのワイン造りの技術も伝わってきます。

近代に入り、ロンバルディアのワインの質はどんどん向上していきましたが、フィロキセラによる被害も甚大なものがありました。

現在はフィロキセラの予防法も研究が進み、環境保護にも配慮された質の高いブドウ栽培が続いています。

ロンバルディア州の生産量は、2017年にかぎっては1068ヘクトリットル(イタリアワイン全体の約2.7%)でした。暑さのせいで、前年より27%も減少してしまったのです。ちなみにこれは過去10年間の平均で見てもおよそ16%減少した数値です。

ロンバルディアの赤ワインの特徴

ロンバルディアで栽培されている品種は、キアヴェンナスカ、バルベーラ、ランブルスコ、ピノ・ネロなどがあります。

キアヴェンナスカはネッビオーロの別名で、この州ではこちらで呼称します。

キアヴェンナスカから造られるワインはタンニンと酸味が非常に強く、そのため味を調和させるために長期熟成が必要です。しかし熟成されればスミレやハーブ、ラズベリーにトリュフなど実に多様なブーケで楽しませてくれます。

バルベーラからは酸味が強く、タンニンが少ないワインができます。軽快な口当たりで酸味を楽しめるものから、フレッシュな発泡性を持つものまで幅広いスタイルが特徴です。

収穫量を抑え、樽熟成させればスパイシーなニュアンスが香りに加わる上、オーク材によりワインのタンニンが強化されます。これによって、豊かな香りを持つ奥行きあるワインになるのです。

ランブルスコからは微発砲のワインが造られます。辛口から甘口まで幅広く、同じランブルスコ種でも細かい種類の違いによって微妙に味わいは変わってきます。また全体的にリーズナブルな価格であることが特徴です。

ピノ・ネロはピノ・ノワールのことです。同じ品種をイタリアではこう呼称します。同品種特有の優雅な味わいを楽しむ事ができます。

ロンバルディアの赤ワインの選び方

地域で選ぶ

ロンバルディアは全体的に1日のなかでも寒暖差が大きく、夏と冬の温度差も激しい大陸性の気候です。ただし地域によって違いがあります。

たとえば北部はとても寒さが厳しいのですが、それに比べると湖水地方などは寒さが穏やかで、ブドウ栽培にも向いています。

ここでは地域ごとの味わいの違いについて紹介します。

ヴァルテッリーナ

ヴァルテッリーナの気候は夏と冬の温度差が大きい一方、渓谷が東西に伸びているため風通しのいい地域です。

渓谷が冷たい北風からブドウを守ってくれるほか、土壌も水はけがいい乾燥した砂質ロームのため栽培に有利な条件を持っています。

この地域にはD.O.Cが1つとD.O.C.Gが2つあり、ヴァルテッリーナとはD.O.Cの呼称でもあります。

ヴァルテッリーナではキアヴェンナスカを中心としたワインが主に生産されています。

1つ目のD.O.C.Gはヴァルテッリーナ・スペリオーレです。

この地域名を表示できる地区は5つ指定されており、それぞれサッセラ、グルメッロ、インフェルノ、ヴァルジェッラ、マロッジャといいます。

中でもサッセラはローマ帝国のアウグストゥス帝が愛好していたワインだとも言われており、ワイン造りにおける最良の地区とされています。

ちなみにヴァルテッリーナ・スペリオーレを名乗る赤ワインは、最低でも24ヶ月熟成させて造るワインです。またそのうち12ヶ月は木樽を使用した熟成が義務付けられています。

この地区から生まれるのは磨き上げられたパワフルさを持つワインです。

2つ目のD.O.C.Gはスフォルツァート・ディ・ヴァルテッリーナといいます。

ここのワインは豊かなボディとコクを持ち、アロマティックです。全体的に長期熟成型で、中には20年以上の熟成ができるものもあります。

またD.O.C.Gの名前になっているスフォルツァートとは陰干しブドウから造る辛口ワインのことです。

ガルダ

ガルダ湖周辺地域は高い山に囲まれているため冷たい風が吹き込むことを防いでおり、湖の水源であるミンチョ川の影響もあって、全体的に温暖な気候です。

このガルダ湖の西側にあるプレッシャ県などでワインが造られています。

ちなみにこのブレッシャ県のなかのごく限られた地域で生産されるワインは「クラッシコ」を名乗ることが認められています。

クラッシコとは、イタリアのワイン用語のひとつで、伝統のある産地やブドウ畑を使用して造られたワインのことです。

この地域のワインは全体的に高品質で、まろやかな口当たりの中にスパイシーさを感じることができます。早飲みタイプのものが多いことが特徴です。

また、ガルダには3つのD.O.Cがあり、それぞれガルダ・プレーシャーノ、ガルダ・コッリ・マントヴァーニ、ガルダD.O.Cといいます。

ガルダ・プレーシャーノは中程度のタンニンで飲みやすいのが特徴です。またこの地域の畑はとても古いため、ガルダ地域におけるワインのリーダー格とも称されます。

ガルダ・コッリ・マントヴァーニはマントヴァとガルダ湖の間にある地域でワインを生産しています。赤ワインで主体になっているのはメルローやカベルネ種です。

ガルダD.O.Cはこの3つの中ではもっとも広大で、ロンバルディアとヴェネトにまたがっています。国際品種と地方品種を使用し、赤・白・ロゼのワインを造っています。

ここで造られるワインは、単一品種もあればセパージュもあり、バリエーション豊かなのが特徴です。

オルトレポ・パヴェーゼ

この地域は丘陵地帯になっており、リグーリア州との州境になる高い標高の地域でブドウ栽培を行っています。

石灰質などを含んだ土壌で、降水量の少ない穏やかな気候の地域です。適度な湿気と強い日差し、昼と夜の大きな気温差から、ブドウ栽培に適した土地といえます。

ピノ・ネロを使ったワインを生産しており、その味わいは品種の特徴を存分に引き出した優雅な口当たりを持ちます。ベリー系のアロマのなかにスパイスのニュアンスを含んだ香りも見事です。

またこの地もD.O.C.Gワイン産地に認定されており、オルトレポ・パヴェーゼ・メトード・クラシッコと呼ばれています。

味わいで選ぶ

ワインの説明で、フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディという用語をよく耳にします。

これらの用語によってそのワインの味わいを見分けることができます。

簡単に言うと、フルボディがもっとも濃く厚みのある味わいで、ライトボディはもっとも軽快な味わいです。ミディアムボディはこれらの中間です。

フルボディはその濃厚な味わいから牛や羊などの肉料理などと相性がよく、逆にライトボディは鴨肉や鶏肉と相性がいい傾向にあります。

一方、両者の中間であるミディアムボディは比較的合う料理が多く、マルチタイプといえるでしょう。

ちなみに初心者の場合はライトボディから始めるのがおすすめです。

価格で選ぶ

ロンバルディアのワインは価格帯が幅広く、リーズナブルな価格のものもあれば、ちょっと手を出しづらい高級ワインまで様々です。

そのため、ロンバルディアのワインを選ぶときは価格も指標のひとつになりえます。

自分の予算と希望する価格帯を決めてその中でワインを探してみるといいでしょう。

ロンバルディアのワインは味わいのバラエティも豊富なので、希望する価格帯の中でも自分好みのものを見つけられる可能性は十分あるといえます。

ロンバルディアのおすすめ赤ワイン15選

日常使いにおすすめ!予算3,000円ベスト5

5位

サルシターノ ヴィーノ ロッソ

724円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 10.5 %
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 サッポロビール
果実 %     ランブルスコ種 サンジョヴェーゼ種 モンテプルチアーノ種

ランブルスコをベースにサンジョヴェーゼとモンテプルチアーノをブレンドしたセパージュです。
若々しい果実味が前面に出た味わいを楽しむことができます。

 

4位

ナターレ・ヴェルガ ヌアレ

2,262円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 三国ワイン
果実 %     ピノノワール

ピノ・ネロから造られたワインです。

ベリー系の味わいの中に柔和なタンニンを感じることができます。

 

3位

プラテッロ ヴァルテネジ・トラッゾ

2,310円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 メモス

ロンバルディア地産のブドウを使用し有機農法で造られたワインです。

チェリーの風味ただようアロマを持っており、幾層にも渡る味わいの中の果実味や心地よい酸味で楽しませてくれます。

 

2位

プロヴィンチア ディ パヴィア IGT ピノ ネーロ “テッラッツェ”

2,250円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
原産国名 イタリア
メーカー名 マッツォリーノ
果実 %     ピノネーロ

フレッシュなピノ・ネロを使用したワインです。

赤い果実やスミレの香りの中に白胡椒のニュアンスを持っており、若々しく軽快な口当たりに仕上がっています。

 

1位

ヴァルテッリーナ スペリオーレ ヴァルジェラ コスタ バッサ

2,754円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 サンドロ ファイ
果実 %     ネッビオーロ

赤い果実やドライフラワー、白胡椒のニュアンスを含んだ複雑なアロマを持ちます。

若々しく柔和な甘みがあり、とても飲み心地のいいワインです。

ちなみにワイン誌では何度もグラッポリに選ばれており、高評価をもらっています。

グラッポリとはイタリアソムリエ協会が発行するワイン誌で高レベルかつ際立った特徴を持つワインに送られる称号のことです。

3,000円以下のロンバルディア赤ワイン比較表

商品画像ヴァルテッリーナ スペリオーレ ヴァルジェラ コスタ バッサプロヴィンチア ディ パヴィア IGT ピノ ネーロ “テッラッツェ” プラテッロ ヴァルテネジ・トラッゾナターレ・ヴェルガ ヌアレサルシターノ ヴィーノ ロッソ
商品名ヴァルテッリーナ スペリオーレ ヴァルジェラ コスタ バッサプロヴィンチア ディ パヴィア IGT ピノ ネーロ “テッラッツェ”プラテッロ ヴァルテネジ・トラッゾナターレ・ヴェルガ ヌアレサルシターノ ヴィーノ ロッソ
価格2,754円(税込)2,250円(税込)2,310円(税込)2,262円(税込)724円(税込)
詳細アルコール度数 12.5 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 サンドロ ファイ
果実 %     ネッビオーロ
アルコール度数 13 %
原産国名 イタリア
メーカー名 マッツォリーノ
果実 %     ピノネーロ
アルコール度数 13 %
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 メモス
アルコール度数 13 %
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 三国ワイン
果実 %     ピノノワール
アルコール度数 10.5 %
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 サッポロビール
果実 %     ランブルスコ種 サンジョヴェーゼ種 モンテプルチアーノ種
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

週末や来客のある日に3,000円~5,000円ベスト5

5位

サン クリストーフォロ ヴィーノ ロッソ

3,700円 (税込)

詳細情報
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 メローネ
果実 %     メルロー

メルローから造られたワインです。

ミディアムボディの味わいで、黒い果実が熟したときのようなアロマが漂います。

 

4位

メローネ サン クリストーフォロ ヴィーノ ロッソ

4,200円 (税込)

詳細情報
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 メローネ
果実 %     メルロー

こちらもメルローから造られたワインです。

まろやかでフルーティなメルローらしい味わいは親しみやすく感じられるでしょう。

 

3位

ベラビスタ・フランチャコルタ・アルマ・キュヴェ・ブリュット

4,480円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア/ロンバルディア
メーカー名 エノテカ

ナシやバニラのような甘いアロマを持ち、充実感のある果実味を楽しめるワインです。

ミディアムボディの味わいで、他のスプマンテとは一味違ったキメ細やかな泡立ちを持ちます。

 

2位

プラテッロ ネロ ペル センプレ

3,810円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 14.5 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア/ロンバルディア
メーカー名 プラテッロ
果実 %     レボ

ブラックベリーを濃縮したような風味が特徴的なワインです。

鮮やかでフルーティな味わいを持ち、チョコレートのような風味を楽しむ事もできます。

 

1位

ヴァルテッリーナ スフォルザート

4,837円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 14.5 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 Donguriano
果実 %     キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)

堂々の1位はキアヴェンナスカから造られたワインです。

スミレに少し似たアロマと、赤い果実の重厚な香りが凝縮されています。
フルボディの味わいは余韻が長く、より舌を楽しませてくれるでしょう。

3,000円~5,000円のロンバルディア赤ワイン比較表

商品画像ヴァルテッリーナ スフォルザートプラテッロ ネロ ペル センプレベラビスタ・フランチャコルタ・アルマ・キュヴェ・ブリュット メローネ サン クリストーフォロ ヴィーノ ロッソサン クリストーフォロ ヴィーノ ロッソ
商品名ヴァルテッリーナ スフォルザートプラテッロ ネロ ペル センプレベラビスタ・フランチャコルタ・アルマ・キュヴェ・ブリュットメローネ サン クリストーフォロ ヴィーノ ロッソサン クリストーフォロ ヴィーノ ロッソ
価格4,837円(税込)3,810円(税込)4,480円(税込)4,200円(税込)3,700円(税込)
詳細アルコール度数 14.5 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 Donguriano
果実 %     キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)
アルコール度数 14.5 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア/ロンバルディア
メーカー名 プラテッロ
果実 %     レボ
アルコール度数 12.5 %
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア/ロンバルディア
メーカー名 エノテカ
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 メローネ
果実 %     メルロー
ボディー ミディアムボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 メローネ
果実 %     メルロー
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

特別な日に5,000円以上ベスト5

5位

ジョルジョ・オデロ 750

7,992円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 14 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 日欧商事
果実 %     ピノ・ネロ100%

ピノ・ネロから造られたワインです。

赤い果実の香りにバニラやコーヒーのニュアンスが含まれ、フルーティな味わいを楽しむ事ができます。

 

4位

ヴァルテッリーナ スフォルツァート メッセーレ

7,442円 (税込)

詳細情報
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 Donguriano
果実 %     キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)

キアヴェンナスカから造られたワインです。

濃く厚みのある味わいで、少しドライな葡萄の甘い果実味も感じることができます。

ちなみにスフォルツァートとは陰干ししたブドウから造られる辛口ワインのことです。

 

3位

カルメネーロ 2011 カ デル ボスコ

8,078円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13.5 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 カ デル ボスコ
果実 %     カルメネーレ100%

名前のとおり、カルメネールから造られたワインです。

カルメネールとは、フランスのボルドー地方のメドックが原産となるブドウ品種です。

果実やブルーベリー・ジャムのアロマにスパイスやハーブのニュアンスが凝縮された奥深く力強い香りを持ちます。

調和のとれた高品質なタンニンから重厚な味わいを楽しむことができます。

 

2位

ヴァルテッリーナ スペリオーレ グルメッロ ティルソ

2,376円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 ネラ
果実 %     ネッビオーロ

柔和な酸を内包した上品なワインです。

チェリーやオレンジの風味がバランスよく混ざり合っておりその中にしっかりと自己主張を持ったタンニンを感じることができます。

 

1位

ヴァルッテリーナ・スフォルツアート・メッセーレDOC

7,214円 (税込)

詳細情報
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア/ロンバルディア
メーカー名 カーヴェン
果実 %     キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)100%

栄えある1位は、フルボディの濃厚な味わいを持つワインです。

熟した果実のような味わいがとてもおいしく感じられるでしょう。

花やプルーンのアロマが魅力的で、滑らかなタンニンの凝縮感を感じられます。

5,000円以上のロンバルディア赤ワイン比較表

商品画像ヴァルッテリーナ・スフォルツアート・メッセーレDOCヴァルテッリーナ スペリオーレ グルメッロ ティルソカルメネーロ 2011 カ デル ボスコヴァルテッリーナ スフォルツァート メッセーレジョルジョ・オデロ 750
商品名ヴァルッテリーナ・スフォルツアート・メッセーレDOCヴァルテッリーナ スペリオーレ グルメッロ ティルソカルメネーロ 2011 カ デル ボスコヴァルテッリーナ スフォルツァート メッセーレジョルジョ・オデロ 750
価格7,214円(税込)2,376円(税込)8,078円(税込)7,442円(税込)7,992円(税込)
詳細ボディー フルボディ
原産国名 イタリア/ロンバルディア
メーカー名 カーヴェン
果実 %     キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)100%
アルコール度数 13 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 ネラ
果実 %     ネッビオーロ
アルコール度数 13.5 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 カ デル ボスコ
果実 %     カルメネーレ100%
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 Donguriano
果実 %     キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)
アルコール度数 14 %
ボディー フルボディ
原産国名 イタリア
メーカー名 日欧商事
果実 %     ピノ・ネロ100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ロンバルディアの赤ワインまとめ

ロンバルディアはとても自然が豊富で地域ごとの土壌の個性も強い土地です。

それらの土地の中で生まれるワインもまた個性的で、バラエティに富んでいます。

そんなバラエティ豊かなロンバルディアのワインの中から自分に合った1本を探してみるのも楽しいかもしれません。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ラツィオのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

ラツィオは白ワインが有名ですが、土着品種を使用した個性的な赤ワインも多くあります。 今回は、ラツィオの赤ワインの特

【ソムリエ監修】プーリアのおすすめ赤ワイン15選!特徴から選び方のコツも解説

昔、プーリアはワイン生産量が多いことから、「ヨーロッパの酒蔵」と呼ばれていました。 造られるワインは赤ワインが7割

【ソムリエ監修】ピエモンテの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

イタリアのトスカーナ州と並び、屈指の赤ワインの銘醸地で知られているピエモンテ。 そしてこの地区の名前を聞くと真っ先

【ソムリエ監修】モリーゼのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

みなさんはイタリア南部に位置するモリーゼ州のことを知っていますか? ブドウの栽培は盛んに行われているのですが、ピエモ

【ソムリエ監修】マルケのおすすめ赤ワイン10選!特徴から選び方のコツも解説

イタリアの中でも安くて美味しい赤ワインが造られることで著名なマルケ。 今回はマルケの赤ワインの特徴から、おすすめの

【ソムリエ監修】アブルッツォのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

アブルッツォ州の温暖な気候はワイン造りに適しており、イタリアの中でも古くからワインが造られてきた地区です。 アブルッ

【ソムリエ監修】エミリア・ロマーニャのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

エミリア・ロマーニャ州は、イタリアの中部にある2つの地方から成り立つ州です。 州都ボローニャにはヨーロッパ最古の大

【ソムリエ監修】ヴェネトのおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

ヴェネトはイタリア北部にある州で、州都であるヴェネツィアは水の都として有名です。 ワイン生産地としても有名で、イタ

【ソムリエ監修】ヴァッレ・ダオスタのおすすめ赤ワイン5選!特徴から選び方のコツも解説

ヴァッレ・ダオスタは、イタリアの中で最もワイン生産量は少ないですが、個性的なワインが魅力的! 今回は、ヴァッレ・ダ

【ソムリエ監修】トレンティーノ・アルト・アディジェのおすすめ赤ワイン10選!

イタリアの最北部のワイン産地であるトレンティーノ・アルト・アディジェ。 ドイツ、オーストリアの影響を受け、高品質な

赤ワインの選び方


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP