南アフリカワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄をワイン資格者が解説!

2019/04/20
ワインの基礎知識

ニュージーランドは、日本と同様、島国で、その美しい景観から観光地としても人気があります。ワイン産地としての歴史はまだ浅いですが、白ワインを中心に高品質なものを生産しており、日本にはリーズナブルなワインから高品質なワインまで幅広く輸入されています。

今回は、ニュージーランドに焦点を当てて、解説していきます。

記事の執筆者

荒野 豊

■J.S.A認定ワインエキスパート ■調理師

J.S.A認定ワインエキスパート、調理師の資格を取得しています。 ワインショップや酒売り場で接客、試飲販売の経験を積み、30歳でワインのネットショップをオープンしました。 好きなワインは、フランスやイタリアのオーガニックワインです。 何でも飲みますが、最近はロワールのワインに偏ってきています。

ニュージーランドのワインの特徴

ニュージーランドワインは、スクリューキャップの普及率が90%以上と、他国より高くなっています。ソーヴィニヨン・ブランを使用した白ワインの品質が高く、輸出量の8割を占めていますが、最近では、ピノ・ノワールの品質も向上しており、他の銘醸ワイン産地と肩を並べています。

ニュージーランドでは、日本人の生産者も活躍しており、日本人醸造家の研修先となっている為、日本ワインの発展にも間接的に貢献しています。

ニュージーランドのワインの産地

ワイン生産地域は、南緯35度から46度に位置し、長さは約1,600キロメートルです。北島、南島合わせて10の主要産地があり、ワイナリー数は2013年には約700軒となっています。北島は比較的に温暖、南島は冷涼な気候となっており、多様なワインが生産されています。

島国である為、海洋性気候であり、季節ごとの気温差も緩やかで、真夏の平均最高気温は24.6度です。季節による激しい温度差はありませんが、一日の気温差はあり、「一日の中に四季がある」と言われていて、ブドウは穏やかに成熟します。土壌は豊かですが、火山活動や地震の為、地質は入り混じっています。テロワールは複雑と言えるでしょう。

ニュージーランドの代表産地と特徴

北島

ノースランド

ニュージーランド最北のワイン産地故に温暖な気候です。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネ、ピノ・グリが栽培されています。ニュージーランドで最初にブドウ畑が拓かれた場所です。クロアチアからの植民者がヨーロッパの醸造技術を持ち込み、ワイン産業の礎を築きました。亜熱帯ですが、乾燥した年には良質なワインを生産します。

オークランド

カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン等、ボルドースタイルのワインが生産されています。400haを超えるエリアに複雑なテロワールが存在し、ウェスト・オークランドでは、温暖で湿潤な気候から様々なタイプのワインを生産しており、ワイヘケ・アイランドは、比較的乾燥した海洋性気候の中で、ボルドースタイルの赤と、シラーで評判を高めました。マタカナは、新しいワイン産地で、大手ワイナリーが多く存在します。

ワイカト/ベイ・オブ・プレンティ

オークランドの南部に存在し、ワイン産業の研究の中心だったテ・カウワタ研究所がありました。温暖な気候で、白ブドウはシャルドネやソーヴィニヨン・ブラン、黒ブドウはピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニョンが栽培されています。堅実で品質の良いワインを造っています。

ギズボーン

昔はニュージーランド最大のワイン産地と呼ばれ、ミュラー・トゥルガルをメインに栽培していましたが、現在はシャルドネが主流です。以前はニュージーランドで第3位のワイン産地でしたが、オタゴに抜かれて、第4位となりました。

日付変更線に近接するニュージーランド最東端のワイン産地で、国内で最も温暖な地区です。

ホークス・ベイ

シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランや、ボルドースタイルの赤ワインを生産しており、ニュージーランド第2位の栽培面積です。河川が多く土壌が複雑で、様々なワインを生み出しています。肥沃な土壌と痩せた土壌、また水が豊かで成長し過ぎる畑と、灌漑設備無しでは枯れる畑もあります。痩せた土地で水の量を灌漑で管理した畑のブドウが、しっかりと成熟し良質なワインになると言われています。最近では温暖化の影響で黒ブドウも安定して成熟するようになりました。

赤はボルドースタイルが有名で、白はデザートワインにも定評があります。
日本人生産者・大沢ワインズの拠点となっています。

ワイララパ/マーティンボロー

ピノ・ノワールの品質が秀逸で、その存在を国際的に知らしめた最初の産地です。ブルゴーニュ南部の気候に似ていると言われており、他の北島の産地と比べると気温は低く、降水量も少ないです。ブルゴーニュ風の高品質なワインが醸造されています。砂利と粘土からなる水捌けのよい土壌で、浅く痩せています。秋が長く、ニュージーランドで最も一日の寒暖差が激しい為、ブドウは時間をかけて成熟します。ピノ・ノワールに関しては、セントラル・オタゴと競い合っています。

小規模な家族経営のワイナリーが多く、日本人生産者・クスダワインズもここで生産しています。

南島

ネルソン

南島の北端に位置しています。日本人醸造家の小山浩平氏が、ワインを造っています。深く入り込んだ所にあり、強風から守られ、日照量も多かった為、かつては、果物、ホップ、煙草の産地として有名でした。

現在は、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、リースリングやピノ・ノワールの評判が良いです。

マールボロ

言わずと知れたニュージーランド最大のワイン産地です。南島の北東に位置しており、世界にニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランの品質を知らしめました。ピノ・ノワールの栽培面積は第2位です。日照量が多く、温暖であり、一日の気温差も大きい為、凝縮感のあるフレッシュなワインが造られています。夜が冷涼なので、ニュージーランドワインの命である酸味が犠牲になることはありません。また、夏にはソーヴィニヨン・ブラン、リースリング、シャルドネ、ピノ・グリ、ピノ・ノワールを完熟させられる温かさもあります。
日本人生産者であるフォリウム・ヴィンヤードやキムラ・セラーズの本拠地です。

カンタベリー/ワイパラ

シャルドネ、リースリング、ピノ・ノワールが優れています。日本人生産者であるコヤマ・ワインズがあります。周囲の丘陵地によって風から守られており、比較的温暖ですが、ボルドー系の黒ブドウにとっては低温です。砂利質と粘土質の混合土壌で、水不足なりやすく灌漑は必須です。ブルゴーニュ風の造りで、ピノ・ノワールとシャルドネを中心に発展しています。

セントラル・オタゴ

世界最南端のワイン産地です。ニュージーランドで最も標高が高く、ピノ・ノワールの品質に定評があります。シャルドネ、ピノ・グリ、リースリング、ソーヴィニヨン・ブラン、ゲヴュルツトラミネール等も栽培しており、非常に広域でサブ・リージョンが7つに分かれています。テロワールも多様です。

気候は他の産地とは異なり、大陸性で、夏は乾燥し、日差しは強烈(オゾンホールの影響もあります)ですが、夜間は冷涼なので、ブドウの酸は保たれます。このような状況から生まれるワインは、豊かな果実味と高いアルコール濃度を持ちます。夏と秋は雨が少なく、カビによる被害もありません。

雪を被った標高の高い山々が点在しており、豊かな水源から河川や湖が存在し、観光地としても人気があります。

ニュージーランドのブドウ品種

白ブドウ

ソーヴィニヨン・ブラン

芳醇なハーブのアロマと、凝縮感のある果実味、シャープな酸味を感じます。

 

シャルドネ

柑橘系の香りや、樽由来のバニラ香を感じ、ふくよかな果実味を持つリッチなワインになります。

ピノ・グリ

青リンゴやハチミツのような香り、若干のスパイス感があり、辛口から甘口まで幅広く造られています。

リースリング

白い花の香りや特有の重油香(ペトロール)を感じ、シャープな酸を持つ辛口から甘口のタイプまで造られています。

黒ブドウ

ピノ・ノワール

チェリーの香りと、鮮やかなルビー色、繊細でエレガントな酸味が特徴です。

メルロー

果実香の他に、土のような香りも混ざり、タンニンは控えめのミディアムボディのワインになります。

カベルネ・ソーヴィニヨン

ブルーベリー、カシス、ミントの香りと、豊かなタンニンが特徴のフルボディの味わいになります。

シラー

黒胡椒を彷彿とさせるスパイス香やブラックベリーの果実香、ユーカリのようなニュアンスを感じ、豊かな酸味とタンニンを併せ持ちます。

ニュージーランドの有名ワイン銘柄

クラウディ・ベイ テ・ココ

クラウディーベイ テココ

4,460円 (税込)

詳細情報
■産地:ニュージーランド/マールボロ■品種:ソーヴィニヨン・ブラン

【ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランを世界に知らしめた一本】
モエ・ヘネシーの傘下にあり、高い醸造技術を持ったワイナリーです。
テ ココは小樽で自然発酵させ、長期熟成させたソーヴィニヨン・ブランで、完熟した柑橘やトロピカルフルーツのアロマと、バターやブリュレ、キャラメルのフレーバーを持ち、心地良い厚みとさわやかな酸味を感じます。

アタ・ランギ ピノ・ノワール

アタ・ランギ ピノ・ノワール

8,208円 (税込)

詳細情報
■産地:ニュージーランド/マーティンボロー■品種:ピノ・ノワール

【南半球のピノ・ノワールの最高峰!】
世界中の消費者やワイン評論家に絶賛されている生産者です。インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティションで最優秀賞ピノ・ノワールを三度も受賞しています。
完熟したダークチェリーのアロマに腐葉土やドライフルーツのニュアンスが混ざります。シルキーなタンニンとエレガントなミネラル感が同時に味わえる逸品です。

ニュージーランドのワインのまとめ

ニューージーランドは、ワイン産地としての歴史はまだ浅いですが、北島、南島に分かれ、複雑なテロワールが存在しており、多様なワインが造られています。

世界にニュージーランドワインの品質を知らしめたソーヴィニヨン・ブラン、ブルゴーニュと肩を並べるピノ・ノワール等、魅力的なワインが沢山ありますので、是非飲んでみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ解説】スペインワインの特徴は?歴史から、産地、品種、格付け、有名銘柄まで解説!

スペインやフランスに並ぶ、世界有数のワイン大国、スペイン。ブドウの栽培面積については常に世界1~2を争い、生産量は世

【ソムリエ監修】チリワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

日本の地球の反対側にある南米大陸にある「チリ」は世界的に有名なワイン生産国として知られています。 チリワインと言えば

【ソムリエ監修】マコンのワインの特徴は?産地、品種を解説!

マコンはフランス・ブルゴーニュ地方のマコネ地区にあるワイン産地で、シャルドネを中心にした辛口の白ワインで有名です。ブ

【ソムリエ監修】イタリアワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

長靴の形をしたワイン大国、イタリア。南北に長く、3方を海に囲まれた恵まれた環境から、「エノトリアテルス」(ワインの大

【ソムリエ監修】メドックのワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

フランス・ボルドー地方のメドックのワインは品質に定評があり、最高級の赤ワインを生産する地区と言われています。 しかし

【ソムリエ監修】ロワールのワインの特徴は?産地、品種を解説!

フランスのロワールは、ロワール川という川の流域に広がる地域です。 川に沿って多くのワイン生産地があり、また土壌の個

【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの特徴は?産地、品種、格付け、有名銘柄を解説!

テロワールの魅力が最大限に引き出される唯一無二のブルゴーニュワイン。 その香りや味わい、しなやかな質感に魅了される

【ソムリエ監修】リオハワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

リオハはスペイン北部に位置する、スペインを代表するワイン産地です。 スペインワインでは初めてDOCa(特選原産地呼

【ソムリエ監修】シチリアワインの特徴は?産地、品種、有名銘柄を解説!

シチリアはワイン生産量世界一を誇るイタリアの中でも、トップを争うワイン生産地です。 地中海性の温暖な気候がブドウの

【ソムリエ執筆】フランスのワイン産地、歴史、格付け、有名銘柄を徹底解説!

ワイン産地と言えば、フランスを思い浮かべる人がほとんどだと思います。 とは言っても、フランスワインについてあまり知

【ソムリエ監修】ニュージーランドのおすすめ白ワイン20選!特徴と選び方のコツも解説

ニュージーランドは、ワイン生産地としてまだ歴史の浅い国ですが、近年コストパフォーマンスに優れたワインが多いと世界的に

【ソムリエ厳選】ニュージーランドのおすすめ赤ワイン15選!特徴から選び方のコツも解説

世界で高い評価を受けているニュージーランド の赤ワイン。 国際的なワインコンペで上位に選ばれるなど、その実力は国際


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP