【ソムリエ監修】ミュスカとは?特徴からおすすめの白ワイン10選まで紹介

2019/02/27
おすすめ白ワイン

ミュスカと聞くと、よくわからないという人も多いかもしれません。しかし実はこれ、日本でもおなじみのマスカットのことで、世界中で栽培されている品種です。

ジューシーな味わいで、お値段も手ごろ。そんなミュスカをよく知りたいという人に、特徴からおすすめのワインまでご紹介します!

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

ミュスカとは

ミュスカはフランス南部地方をはじめとして、世界中で栽培されている白ワインのブドウ品種です。

イタリアではモスカートやモスカテッロという別名があり、スペインではモスカテル、ドイツではムスカテラーとも呼ばれています。

日本ではマスカットとして、食用でも人気ですね。

フランスでワインの原料になるのは基本的に「ミュスカ・ブラン・プティ・グラン」という名前の粒の小さい品種です。

ミュスカの特徴

ブドウの特徴

ミュスカは早熟で、収穫時期が早い品種です。病害に弱く栽培が難しい品種でもあります。

収穫時期は8月末から9月初旬ごろ。日当たりの良い斜面でよく育ちますが、変わりやすい天候に弱く、安定した収穫量が難しいというデメリットがあります。

ワインの特徴

辛口ものから、甘口、極甘口のものまであります。

爽やかでフルーティーという言葉がぴったり当てはまる、みずみずしい果実感のある味わいが特徴です。

マスカットブドウそのものの香りや、メロンや黄桃などの香りもある早飲みタイプのワインです。

 

ミュスカのワインの選び方

味わいで選ぶ

ミュスカのワインには甘口と辛口のものがあります。

 

甘口

蜂蜜やアプリコット、完熟したパッションフルーツの甘い香りと、よく熟した果実の伸びやかな甘さが特徴的です。ブドウのピュアな甘さに心地よい酸も伴うので軽やかな飲み口です。

デザートワインとしてそのまま愉しめますし、チーズ系のスイーツとよく合います。

 

辛口

百合などフローラル系のアロマが特徴で、ジャスミンのニュアンスが出ることもあります。

まるでマスカットをかじっているような、甘くてジューシーな果実味に引き締まった酸を感じる飲みやすいタイプの辛口に仕上がります。

お野菜との相性が良く、特にアスパラガスやパプリカを用いたオードブルやサラダを添えたキッシュロレーヌなどとマリアージュを楽しめます。

 

産地で選ぶ

フランス、アルザス

アルザス地方は冷涼な気候でありながら日照時間に恵まれており、また降雨量が少ないなどブドウ栽培に恵まれています。

アルザスのミュスカは主に辛口です。

甘口の場合、下記の表記があります。

・Vendanges Tardives ヴァンダンジュ・タルディヴ (遅摘み)

・Sélection de Grains Nobles セレクション・ド・グラン・ノーブル (貴腐ワイン)

 

フランス、コート・デュ・ローヌ

ローヌ地方南部のAOCミュスカ ド ボーム ド ヴェニースは、ミュスカから造られるヴァン ド ナチュール(天然甘口ワイン)が有名です。

ヴァン ド ナチュールは発酵の途中でブランデーを添加して発酵を止める酒精強化ワインで、ナチュールは自然な甘さを指しています。

 

イタリア、ピエモンテ

日本で最も多く飲まれているアスティは、ミュスカから造られるスパークリングワインです。

イタリアではミュスカのことをモスカート ビアンコと呼びます。

爽やかなマスカットの香りが特徴で、他の発泡性ワインでこの香りを感じることはありません。

アルコール度数が低めでフルーティな味わいに優しい甘さは、お酒が苦手な方にも受け入れやすいワインです。

 

価格で選ぶ

日常的にワインを飲む人は、予算も気になるところですね。

ミュスカを使った白ワインは手ごろな価格が多く、日常使いのテーブルワインなら2,000円未満の予算で探してみてください。

満足のいくものが選べるでしょう。

来客用や、週末にゆっくり味わいたいなら、2,000円以上の予算で探してみましょう。それでも5,000円を超えずに十分クオリティの高いものが見つかるはずです。

ミュスカのおすすめ白ワイン10選

このあとは厳選したミュスカの白ワインを10本、ランキングでご紹介しましょう!

日常使いにおすすめ!予算2,000円ベスト5

5位

コーテ・マス ミュスカ・セック 


ポール・マス社は高品質なだけでなく「バリューワインであること」にこだわり、リーズナブルな価格で素晴らしいワインを生み出しているワイナリーです。
マスカットやライチなどの華やかな香り。ドライでさっぱりとした味わいで、スッキリとした爽快感が残ります。乾いた喉を潤す感覚で飲める辛口です。

食前酒に最適で、スパイシーな料理にもよく合います。テーブルワインにすれば、毎日の食卓が華やぐでしょう。

 

4位

エマ・ミティーク

1,080円 (税込)

詳細情報
フランス
中辛口

エマは「神は私たちと共にいます」という意味のヘブライ語が語源。

フランスでは女の子に名づける代表的な名前で、日本の女性にこのワインを飲んでほしいという願いから名付けました。

ミュスカとシャルドネをブレンド。フルーティーな香りとみずみずしい味わいで、シーンを選ばずに美味しく飲めるワインです。

毎日の食卓で、料理の味を一層引き立ててくれるでしょう。

 

3位

レア ヴィンヤーズ マスカット


LGI社は1999年設立で、フランスワインを専門に海外マーケットに特化して販売を行う会社です。

ミュスカの濃厚で典型的な柑橘系フルーツの香りに、バラなどのフローラルなニュアンスも感じられるワイン。
スッキリとしたクリーンな味わいで、アロマティックな余韻が長く続くでしょう。

コスパ抜群で、テーブルワインに最適。スパイシーな料理によく合います。果実味の高い辛口ワインが好きな人に、おすすめです。

 

2位

サンテロ 天使のアスティ


サンテロはイタリア産のスパークリングワイン生産者として、世界中で大人気ワイナリーです。

日本でもその人気は非常に高く、5年連続で日本で最も売れているイタリア・スパークリングワイン生産者に選ばれています。

マスカットの華やかな香りと爽やかな風味を持つ、甘口のスパークリングワイン。ジュースのように甘く優しい味わいで、女性に大人気です。

クリスマスパーティーなどにピッタリ。ワインが苦手な人でも飲みやすいでしょう。生ハムやフルーツの前菜、デザートに合わせてどうぞ。

可愛い天使のラベルは、とくに女性へのプレゼントに最適です。

 

1位

ミュスカ・セック・ビオ

洋梨やバナナ、ライチなどを思わせる華やかでしっかりとした香り。

ミントのような爽やかなニュアンスも感じられます。

フレッシュフルーツやキャンディーのような味わいで、飲み口はすっきり。心地よい苦味が長く続きます。ぶどう本来の香りを残しつつ、爽快に仕上がった親しみやすい辛口ワインです。

食前酒として、または寿司や刺身、生ガキ、カルパッチョなど魚介類全般によく合うでしょう。

可愛らしいテントウ虫のラベルで、プレゼントにしても喜ばれるでしょう。

2,000円以下のミュスカ白ワイン比較表

商品画像ミュスカ・セック・ビオサンテロ 天使のアスティレア ヴィンヤーズ マスカットエマ・ミティークコーテ・マス ミュスカ・セック 
商品名ミュスカ・セック・ビオサンテロ 天使のアスティレア ヴィンヤーズ マスカットエマ・ミティークコーテ・マス ミュスカ・セック 
価格1,837円(税込)1,030円(税込)932円(税込)1,080円(税込)1,200円(税込)
詳細フランス
辛口
イタリア
甘口
フランス
中辛口
フランス
中辛口
フランス
やや辛口
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

プレゼントや来客がある日に!2,000円~5,000円

5位

アルザス ミュスカ

5,048円 (税込)

詳細情報
フランス
中辛口

栓を抜くと同時に広がるみずみずしく華やかな果実の香り。

口に含むと、まるで果物を皮ごと頬張ったかのようなフレッシュ感があります。みずみずしく洗練された余韻が長く続くでしょう

メロンや白桃、粒の大きいブドウなどの果汁たっぷりの果物を、口いっぱいに詰め込んだかのような口当たり。口にした途端に歓声が上がるほど、女性からの評価が高い辛口ワインです。

お酒があまり飲めない人にも好まれる優しい飲み口。食前酒に、またはメロンなどみずみずしい果物やサラダに合わせてどうぞ。

 

4位

ポール・ジャブレ・エネ ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズ ル・シャン・デ・グリオール

平均樹齢は40年で収穫量を抑えたブドウを使用。発酵途中でアルコールを添加するVDN製法で造られた、極上デザートワインです。

白桃やカリンを思わせる、フレッシュでフルーティーな味わい。はちみつのような甘さで、砂糖漬けのオレンジピールのようなわずかな苦味が心地よい余韻となって残ります。

デザートワインとしてゆっくり味わいましょう。食前酒として、または冷たくした果物にもよく合います。

 

3位

ラ セルヴァティカ アスティ スプマンテ カウドリーナ


イタリア・ピエモンテ州のスパークリングワインです。

カウドリーナは1940年代、モスカートの産地として名高いカスティリオーネ・ティネッラでワイン造りを始めました。

特有のアロマティックな香り。デリケートな甘さと酸のバランスがよく、細かな泡でクリーミーな口当たりです。

フルーツタルトなどのデザートや、フルーツに合わせてどうぞ。

ボトルのラベルは、伝説のグラッパ職人と言われたロマノ・レヴィによるイラスト。ボトル目当てに買う人も多くいます。

お祝いやパーティーの席に置くと華やぐでしょう。プレゼントにもおすすめです。

 

2位

ドメーヌ・ツィント・フンブレヒト ミュスカ テュルクハイム

3,240円 (税込)

詳細情報
フランス
辛口

フンブレヒト家は1959年創業のワイナリーです。ビオディナミ農法を実践。自生酵母による大樽での長期発酵を行い、畑のテロワールの特徴を最大限に表現したワインを造っています。

明るく淡いイエローの色彩で、ミント、メントール、白い花のアロマが感じられます。上品な酸とともに、フレッシュでいきいきとした味わい。最後にクリーンでフレッシュな余韻が残ります。

スパイシーな豚肉料理によく合うでしょう。来客用に備えておけば、安心の1本。その味わいに、驚かれることでしょう。

 

1位

トリンバック ミュスカ・レゼルヴ


トリンバックは1626年に創業し、4世紀13代に渡って歴史と伝統を育んできた名門ワイナリーです。

フランスのミシュラン3つ星レストランすべてで採用されている唯一のアルザスワインで、その品質は高い評価を得ています。

ミュスカらしい華やかな香りが印象的な、辛口ワイン。黄色い果実の熟したアロマが、心地良く広がります。

口に含むとブドウのフレッシュ感と果実味があり、きれいな酸味がバランスよく、長い余韻が残るでしょう。

非常に上品かつ緻密に造られているので、さまざまな料理に合わせられるのが特徴。来客にもてなせば、喜ばれること間違いありません。

ワイン好きの人へのプレゼントにも、ぜひどうぞ。

ミュスカの果実味そのままを表現しているので、食前酒としても最適です。ザワークラフトや魚料理、白身肉などによく合うでしょう。

2,000~5,000円のミュスカ白ワイン比較表

商品画像トリンバック ミュスカ・レゼルヴドメーヌ・ツィント・フンブレヒト ミュスカ テュルクハイム ラ セルヴァティカ アスティ スプマンテ カウドリーナポール・ジャブレ・エネ ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズ ル・シャン・デ・グリオール アルザス ミュスカ
商品名トリンバック ミュスカ・レゼルヴドメーヌ・ツィント・フンブレヒト ミュスカ テュルクハイムラ セルヴァティカ アスティ スプマンテ カウドリーナポール・ジャブレ・エネ ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズ ル・シャン・デ・グリオールアルザス ミュスカ
価格3,456円(税込)3,240円(税込)2,200円(税込)2,549円(税込)5,048円(税込)
詳細フランス
辛口
フランス
辛口
イタリア
甘口
フランス
甘口
フランス
中辛口
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

ミュスカまとめ

ミュスカの白ワインを厳選して10本、ご紹介しました。主な産地はフランスとイタリアで、甘口、辛口、スパーリングとバリエーションはさまざまです。

そこに共通しているのはミュスカ特有の香りの高さと、豊富な果実味。

フレッシュな果実の魅力が存分に味わえるのが魅力です。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>白ワインのぶどう品種一覧

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】コルテーゼはどんな品種?特徴とおすすめ白ワイン10選を紹介!

イタリアを代表する白ワイン「ガヴィ」の主要品種として有名なコルテーゼ。 その特徴やガヴィ以外にどんなワインがあるの

【ソムリエ解説】アリゴテとは?特徴からアリゴテのおすすめの白ワイン10選まで紹介

ブルゴーニュ地方の家庭では、シャルドネよりもアリゴテ が日常的に飲まれているのをご存知ですか。 シャルドネに肩を並

日本初の世界品種 「甲州」とは?特徴からとおすすめ白ワイン15選を紹介!

甲州は日本の独自の品種として、世界に認められました。 ただ、まだまだ甲州について知らない方も多いのではないでしょう

シュナン・ブランはどんな品種?特徴から、おすすめ白ワイン15選までご紹介!

辛口から甘口まで種類豊富なシュナン・ブラン。 今回はシュナン・ブランの特徴から、おすすめのワインをご紹介します。

【ソムリエ監修】セミヨンとは?特徴からのおすすめの白ワイン10選を紹介

ボルドーの白ワインでおなじみのセミヨン。スッキリした味わいの爽やかな辛口ワインを作り出す品種です。そんなセミヨンは世

白ワインの女王「シャルドネ」とは?特徴から、おすすめの白ワイン20選まで紹介

白ワインで最も人気の品種、シャルドネ。 世界中で栽培され、同じシャルドネでも、産地・生産者によってさまざまな味わい

リースリングとは?特徴から、おすすめ白ワイン15選までソムリエが紹介!

みなさんはリースリングをご存知でしょうか? ドイツをはじめ、世界各地で栽培されている白ワイン品種です。 土壌や気

白ワインのぶどう品種一覧!20種類をソムリエが解説!

白ワインが好きなんだけど、気が付くといつも同じワインばかり飲んでいる、なんていうことはありませんか? 気分転換に、

ゲヴュルツトラミネールとは?特徴からおすすめの白ワイン10選までソムリエが解説

比較的にお手頃なものが多いゲヴュルツトラミネールの白ワイン。一度は飲んだことがあるかと思います。 ただ、品種につい

【ソムリエ監修】シルヴァネールはどんな品種?特徴からおすすめの白ワイン10選を紹介!

フランス・アルザスやドイツ・フランケンの白ワインがお好きな方は、シルヴァネールのワインを飲んだことがある人が多いかと

貴腐ワインとは?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

ワインに少しでも興味をお持ちであれば、「貴腐ワイン」という名前を聞かれたことがあると思います。 貴腐ワインは具体的

【ソムリエ厳選】甘いワインならコレ!極甘口のおすすめ白ワイン10選!基礎知識から解説

甘口のワインにはほんのり甘いものから、とても強い甘みを感じる極甘口まであります。しかし、普段手に取るものの中には「極

【ソムリエ厳選】飲みやすい!甘口のおすすめロゼワイン10選!

ほんのりとしたピンク色の見た目も可愛らしく、やさしい甘さで飲みやすい甘口のロゼワイン。 さまざまな食事にも合わせやす

度数低めの甘口微発泡ワイン、モスカート・ダスティとは?おすすめワインまでご紹介

食べ物と合わせて楽しむイタリアワイン。日本では赤ワインのキャンティやバローロなどが有名です。 でも、ランチの時間か

女性に大人気のスパークリングワイン!カフェ・ド・パリの気になる味や値段、種類を紹介

カフェ・ド・パリは、フランスのボルドーで造られているオシャレなスパークリングワイン。爽やかなフルーツの香りと繊細な泡

【ソムリエ厳選】飲みやすい白ワインはコレ!甘口のおすすめ白ワイン20選

甘口の白ワインは、スーパーやコンビニで気軽に手に入れることができるものから、ワイン専門店で扱われている高価なものまで

【ソムリエ厳選】飲みやすい!甘口のおすすめスパークリングワイン10選

スパークリングワインの苦みが苦手な方には、甘口のスパークリングワインが飲みやすいです。 今回はお酒の弱い女性の方や

デザートワインとは?種類からおすすめのデザートワインまでご紹介!

みなさんは、「デザートワイン」という言葉を聞いたことはありますか? 実はよく分かっていない方が多いのではと思います

【ソムリエ執筆】アイスワインとは?美味しい飲み方、おすすめのアイスワインまで紹介

ワインに対する関心が高くなってきたら、デザートまでワインを楽しみたいですよね。そんなタイミングの時におすすめなのが、ア

【ソムリエ厳選】飲みやすい赤ワイン~甘口のおすすめ赤ワイン10選!

本来辛口のものしかないのが赤ワインではあるのですが、実は赤ワインにも甘口があります! 甘口の赤ワインにもバラエティ

白ワインの選び方


特集記事

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

お寿司に合うお手頃ワインおすすめ9選!ソムリエが徹底検証

オレンジワインとは?特徴から、おすすめのオレンジワイン10選まで紹介

TOP