【ソムリエ監修】サルデーニャの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

2018/10/18
イタリア

イタリアの西部にあるサルデーニャは、地中海の島の中ではシチリア島の次に面積が広い島です。世界有数のリゾート地コスタ・スメラルダの印象が強い人も多いかもしれません。しかし、様々の国の文化を取り入れたシチリア島と異なり、サルデーニャは実は独自の文化を大切に守り続けてきた伝統的な場所なのです。

今、サルデーニャはその独自性が際立つワインで世界中から注目を集めています。

島ならではの塩味と爽快感溢れる味わいが特徴の白ワインが特に有名でしたが、近年その独自の味わいと、ポテンシャルの高さから赤ワインの人気が高まっています。

今回はそのサルデーニャ島の赤ワインの魅力に迫るとともに、オススメのサルデーニャの赤ワインをご紹介致します。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

サルデーニャの赤ワインとは

非常に様々な種類のワインが楽しめるイタリアですが、1970年代にワイン・ルネッサンスと呼ばれる動きが起きました。世界各地から最新醸造技術の導入したり、海外の品種を導入したりすることで、近代化が進められました。

そんな国の大きな変動の時代にも一切流されずに、独自性を保っていたのがサルデーニャです。

昔ながらのワイン造りを続け、海外のブドウの品種がほとんど介入することなく、昔からある品種を大切に育てていました。

近年そのサルデーニャならではの独自のワインに注目が集まっています。

生産量について

サルデーニャはもともといずれの地域も岩石に覆われているところが多かったことから、ワインの生産量もかなり少なめです。イタリアのワイン・ルネッサンスに乗り遅れたこともあって、近代技術が導入され始めたのも19世紀以降でした。

赤と白の比率としては、半々ですが、赤ワインのポテンシャル、そして品質の高さには定評があります。

サルデーニャの赤ワインの特徴

品種について

サルデーニャはもともとはスペインに支配されていた地域であることから、赤ブドウ、白ブドウどちらもスペインの品種がほとんどです。現在ある品種の基盤となっているのがそれらスペイン品種になっています。

赤ワインで言うと、最も多く栽培されているのはカンノナウですが、他にもモニカやカリニャーノなどがサルデーニャで栽培されています。

サルデーニャの赤ワインの選び方

品種で選ぶ

サルデーニャの赤ウインを楽しむ時は、まず品種を知っておくことが大切です。品種ごとに味わいや香りなどが大きく異なってきます。どういった味わい、フレーバーなのかを先に把握しておけば、好みのワインを選ぶことができます。

カンノナウ

カンノナウは、サルデーニャで最も多く栽培されている黒ブドウ品種です。サルデーニャの島全域で栽培されています。世界的に見るとカンノナウでなく、グルナッシュとして知られていることが多いようです。

ベリーやカシスといった果実の濃縮された香り味わい、柔らかい口当たりが特徴です。

カリニャーノ

サルデーニャ全体で見ると生産量はそこまで多くはないですが、世界的にも希少な黒ブドウ品種です。サルデーニャでも南西部でしか栽培されていないブドウで、他の国ではほとんど栽培されていません。カリニャンと呼ばれることもあるようです。

濃い赤色と言うことからも分かるように、その味わいは非常に濃厚で、タンニンがしっかりと感じられるフルボディのワインです。

また比較的アルコール度数が高いワインとしても知られています。

価格で選ぶ

これは、どのワインに関しても言えることですが、予算を先に決めておくことが大切です。

サルデーニャの赤ワインも、生産量が多い訳ではないですが、リーズナブルなワインもあります。しっかりと自分の予算に合わせてワインを選ぶと、予算オーバーと言うことにもならず、安心ですね。

味わいで選ぶ

サルデーニャの赤ワインはフルボディで果実味がしっかりと感じられるものが多いです。カリニャーノはほとんどがフルボディのワインですし、カンナノウもフルボディが多く見られます。

しかしながら、やはりボディはワインによって異なるので、どのワインを買うにしてもそのワインのタイプはしっかりと把握してから購入するようにしましょう。

渋みや口当たりなど、好みのボディかどうかを確認しておけば、失敗することも少ないはずです。

ソムリエ厳選!サルデーニャの赤ワイン10選

今回はそんな魅力溢れるサルデーニャの赤ワインを5,000円以内で選んでみました。日常使いできるお手頃価格のものから、プレゼント用に使えるものまで幅広く集めて見たので、ぜひ参考にして見てくださいね。

日常使いにおすすめ!3,000円未満ベスト5

第5位 パーラ モニカ ディ サルデーニャ

モニカ ディ サルデーニャ

1,425円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/フルボディ、パーラ

第5位はパーラ モニカ ディ サルデーニャです。

パーラは1950年からサルデーニャ南部にあるセルディアーナでワインを造り続けている生産者です。家族経営で、現在の当主マリオ パーラは、最新設備の導入や、古くからの土着品種栽培への尽力で近年ますます注目を集めています。

こちらは、モニカという品種で造られた一本。豊富な果実味に、ボタニカルな香り、ほんのりとしたリコリスのニュアンスに、フレッシュさと滑らかな舌触りが加わったバランスの良いワインです。

コストパフォーマンスが最高で、常にイタリアで最高レベルの評価を受けているワイナリーが誇る一本です。

 

第4位 カンノナウ ディ サルデーニャ バイオーネ カンティーナ トレクセンタ 

カンノナウ ディ サルデーニャ バイオーネ

2,592円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口

第4位はカンノナウ ディ サルデーニャ バイオーネ カンティーナ トレクセンタ です。

生産者はカンティーナ・トレクセンタで、23の生産者が集まった生産者協同組合です。サルデーニャならではの個性的なワインを生産しており、量よりも質を重視してワイン造りに励んでいます。

イタリアのグルメ専門の出版社の雑誌『ガンベロロッソ』で、コストパフォーマンスの良い造り手、に選ばれたこともあります。

気になる味わいですが、しっかりと熟したフルーツ感が楽しめて、口当たりは柔らかです。スパイスの複雑な香りと、タンニンがしっかりと感じられるフルボディの辛口ワインです。

 

第3位 セッラ&モスカ カンノナウ ディ サルデーニャ リゼルヴァ 

カンノナウ ディ サルデーニャ リゼルヴァ

1,680円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、モンテ物産

第3位はセッラ&モスカ カンノナウ ディ サルデーニャ リゼルヴァ です。

生産者は1899年創業で、サルデーニャ島の北部アルゲーロに位置するセッラ&モスカ社です。イタリアのグルメ専門の出版社の雑誌『ガンベロロッソ』では2013年にワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞した実力派。所有しているブドウ畑は500ヘクタールでイタリアでも最大級の面積を誇り、サルデーニャ島では、パイオニア的存在でもあります。

こちらのワインは、潮風をたっぷり感じて育ったサルデーニャのカンノナウを木樽で2年間熟成させたもの。
ベリー系のフルーツをしっかりと感じることができる、エレガントな赤ワインです。

第2位アルジオス ペルデーラ

ペルデーラ

2,613円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口

第2位はアルジオス ペルデーラ

生産者のアルジオスは、サルデーニャを代表するワイナリーです。イタリアのグルメ専門の出版社の雑誌『ガンベロロッソ』で最高評価の賞を何度も受賞しており、世界的にも注目度が高い生産者です。

アルジオスの特徴として、ブレンドすることによってよりワインの良さを引き立てることができると考えていることが挙げられます。こちらの赤ワインはモニカを中心に、カリニャーノ、ボヴァレサルドを絶妙にブレンドさせた一本で、それぞれの良さが際立ち、プラムやベリーなどの果実、華やかな花の香りが楽しめます。

肉料理やトマトソースを使った品によく合いますよ。

 

 

第1位 ヴィッラ アンナベルタ カンノナウ ディ サルデーニャ

カンノナウ ディ サルデーニャ

2,233円 (税込)

詳細情報
イタリア、フルボディ、Donguriano

そして気になる第1位はヴィッラ アンナベルタ カンノナウ ディ サルデーニャです。

生産者のヴィッラ アンナベルタは、レベルの高いワインを造ることで知られています。良いワインを造るため、積極的に土壌や湿度を調節するための機械を導入したり、と設備投資にも力を入れている生産者です。家族経営で、常に楽しみながらワイン造りに励んでいるのも魅力の一つ。いずれも高品質、口コミでもかなり高評価を得ています。

その味わいは華やかで、ブラックベリーやカシスの味わいに、程よい酸味。カカオやコーヒーのような独特の風味も感じられます。後味には花やハーブのような風味も楽しめますよ。

サルデーニャのカンノナウが堪能できる赤ワインですね。

 

週末や来客のある日に3,000円~5,000円ベスト5

第5位 テノレス テヌーテ・デットーリ

テノレス[2010]テヌーテ・デットーリ

3,045円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/フルボディ

第5位はテノレス テヌーテ・デットーリです。

生産者のテヌーテ・デットーリは、伝統を大切にしつつ、自由にワインを造り続ける小さなワイナリーで、こちらのワインはカンノナウを100%使用しているワインです。

熟したフランボワーズやダークチェリーなどのフルーツ味、オレンジやスモモなどの香りがしっかりと感じられます。また、程よい酸と硬めのミネラルが良いアクセントになり、非常に整った味わいです。

個性的ながらも、飲みやすい一本ですよ。

 

第4位 サンターディ ロッカ・ルビア

サンターディ ロッカ・ルビア

3,672円 (税込)

詳細情報
イタリア、やや辛口

第4位はサンターディ ロッカ・ルビアです。

こちらはカリニャーノを100%使用した、カリニャーノの魅力を存分に堪能できるワインです。  ブラックベリーなどのフルーツの味わい、複雑な香り、しっかりとしたタンニン、コクが感じられる濃厚な味わいです。

カリニャーノを味わってみたい人にはぜひ試して欲しい一本です。

 

第3位 トゥヴァーラ イゾーラ ディ ヌラーギ

トゥヴァーラ イゾーラ ディ ヌラーギ

4,298円 (税込)

詳細情報
イタリア、アルベルト・ロイ

第3位はトゥヴァーラ イゾーラ ディ ヌラーギです。

カンナノウの良さをしっかりと教えてくれると定評があるアルベルト・ロイによる一本です。

しかもこちらはサルデーニャ地方では珍しい熟成ワイン。値段も本来もっと高価なのですが、このワインは比較的リーズナブルでコスパ抜群です。

ドライフルーツやスパイスなど、熟成ワインならではのしっかりとした味わいです。

希少なワインが好きな人、熟成ワインのファンには堪らない一本です。

 

第2位 アルボーレ リセルヴァ ジュゼッペ ガッバス 

アルボーレ リセルヴァ

3,963円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/フルボディ、Donguriano

第2位はアルボーレ リセルヴァ ジュゼッペ ガッバス です。

生産者であるジュゼッペ ガッバスはスプラモンテの谷間、緩やかな傾斜の丘でカンノナウを中心に栽培しています。ブドウにとって非常に理想的な環境なので、化学肥料などをしようせず、昔ながらの方法でブドウ造りをしています。

気になる味わいは、熟れたブラックベリーといったフルーツ感に溢れ、薔薇などの華やかな香りが楽しめます。また、口当たりは柔らかく、程よい酸味、タンニンのバランスが絶妙です。

各誌からも絶賛の嵐の一本なので、ワインへのこだわり強い人へのプレゼントにもオススメです。

 

第1位 カンノナウ ディ サルデーニャ トナ アッティリオ コンティニ 

カンノナウ ディ サルデーニャ トナゲ 2016 アッティリオ コンティニ

そして気になる第1位はカンノナウ ディ サルデーニャ トナゲ アッティリオ コンティニ です。

生産者のアッティリオ・コンティニ社は、サルデーニャのワイン製造の技術、評価を高めた名高いワイナリーです。

サルデーニャにまだ世界が注目する以前である1912年頃に世界的なワインのコンクールで金賞を獲得するなど、サルデーニャの超実力派ワイナリーです。常にマーケットを意識し、人々の求めるワインを造り続けてきました。

そんなアッティリオ・コンティニ社が作ったこちらのワインは、見た目はまるでザクロのような透明感のあるルビー色です。熟したプルーンのような香りと、ブラックペッパーなどのスパイス感じ、そしてフルーツ味が堪能できます。

今後、ますます注目が集まっていくであろう一本です。

 

まとめ

いかがでしたか?近年世界的に注目を集めているサルデーニャの赤ワインの魅力に浸ることができたでしょうか?

今ほどランキングでご紹介した通り、生産量はそこまで多くないものの、リーズナブルなワインも豊富です。ぜひ一度味わって見てくださいね!

     

関連記事

【ソムリエ監修】エミリア・ロマーニャの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース エミリア・ロマーニャ州は、イタリアの中部にある2つの地方から成り立つ州です。 州都ボローニャにはヨーロッ

【ソムリエ監修】ロンバルディアの赤ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説

ソース ロンバルディアはイタリア北部の州で、アルプスの山々や大河ポーに挟まれています。 ブドウ栽培地域は一部の丘陵

【ソムリエ監修】ヴァッレ・ダオスタの赤ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

イタリアの北西部で生産されている「ヴァッレ・ダオスタ」。寒さに強い「プリエ・プラン種」や、凝縮された果実の味わいと柔

【ソムリエ監修】リグーリアの赤ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

リグーリア(Liguria)と聞いても、もしかしたら地理的にピンとこない人も多いのではないでしょうか。 しかし、イ

【ソムリエ監修】アブルッツォの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース アブルッツォ州の温暖な気候はワイン造りに適しており、イタリアの中でも古くからワインが造られてきた地区です。

【ソムリエ監修】ピエモンテの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

イタリアのトスカーナ州と並び、屈指の赤ワインの銘醸地で知られているピエモンテ。 そしてこの地区の名前を聞くと真っ先に飲

【ソムリエ監修】トスカーナのおすすめ赤ワイン20選!選び方のコツも解説

ソース フィレンツェを州都とするトスカーナは、ピエモンテと並んでイタリアを代表するワイン醸造地のひとつです。ブドウ

【ソムリエ監修】モリーゼの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

みなさんはイタリア南部に位置するモリーゼ州のことを知っていますか? ブドウの栽培は盛んに行われているのですが、ピエモ

【ソムリエ監修】マルケの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

マルケといえば、イタリアの中でも白ワインで有名な地域。しかし、マルケ州では豊かな味わいの赤ワインも多数存在しているこ

【ソムリエ監修】プーリアの赤ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説

イタリアは、フランスやスペインを抑えて世界第1位のワイン生産量を誇っています。イタリアの産地として、ピエモンテ州やヴェネ

赤ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介