【ソムリエ監修】シチリアのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

2018/10/12
イタリア

イタリアは世界一のワイン生産国。その中でもシチリアはトップを争うワイン生産地です。

土着品種のネロ・ダーヴォラを中心に造られる赤ワインは、比較的軽めで飲みやすいもの。近年ではエトナ近郊などで、品質を追求する生産者によるクオリティの高いワインも造られています。

同じ品種でも、地域やワイナリーによって味わいは変わるもの。どの赤ワインが美味しいのか、選ぶのに迷ってしまいますね。

そこでこの記事では、シチリアの赤ワインの特徴や選び方について詳しく解説しましょう。ソムリエ厳選の赤ワインも、ランキング形式でご紹介します!

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

シチリアの赤ワインとは

シチリアはイタリアの西南にあり、地中海の真ん中に位置する島です。

州としてはイタリア最大の面積があり、地中海性の温暖な気候なのでブドウの栽培に適しています。そのため、ワインの生産量はイタリア国内で1、2を争うほど。

以前はバルクワインという、瓶詰めされずに樽で取引する安価なワインを大量に生産していました。

しかし近年は、エレガントで高品質なワイン、テロワールを活かした個性溢れるワインを造る産地として定着しています。

シチリアの赤ワインは軽くて飲みやすいのが特徴ですが、ヨーロッパ最大の活火・エトナ火山のもとで造られるエトナワインは、他にはないテロワール(畑の気候、土壌の個性)を活かし、フルボディのしっかりとしたワインを造りだしています。

シチリアの赤ワインの特徴

シチリアは古代ギリシャの時代、ヨーロッパ各地にワイン用のブドウを運ぶ中継地でした。

そのため、ほとんどの品種が一度シチリアを通過していたと考えられ、シチリアの地にも根づいています。

当時のほとんどの品種が今でも現存していて、土着品種として栽培されているのです。

その代表的な品種がネロ・ダーヴォラとネレッロ・マスカレーゼ。

とくにネロ・ダーヴォラはシチリアの赤ワインの代表的な存在です。

シチリアの赤ワインの選び方

シチリアの赤ワインは品種、味わい、価格の3点をポイントに選ぶと、いいものが見つかります。

品種で選ぶ

ネロ・ダーヴォラ

数百年前からシチリア島の村で栽培されてきた土着品種で、今ではシチリア全土で栽培されています。

長い間、安価なブレンドワイン用に栽培されてきましたが、近年では単一品種の高品質なワインも造られ、評価を得ています。

非常に色が濃く、凝縮した果実とフレッシュな酸にミネラル感のある味わい。早飲みから長期熟成まで、さまざまなタイプのワインになります。

とくに樽熟成に適していて、力強いワインを造りあげています。

 

ネレッロ・マスカレーゼ

シチリア北東部の活火山エトナの代表的品種です。

エトナ山のブドウ農家が一時減少していたため衰退していた品種ですが、近年になり再び注目が集まり、これを原料に多くの赤ワインが造られています。

フランス・ブルゴーニュ地方のピノ・ノワールに似ている品種で、綺麗なルビー色としっかりした酸、フレッシュな果実味が特徴です。

 

味わいで選ぶ

シチリアの赤ワインは、主に土着品種が使われています。その代表的なのがネロ・ダーヴォラで、早飲みから長期熟成まで、その味わいはさまざまです。

早飲みは果実味豊かでスッキリした酸の、軽い味わい。十分熟成させたものは香りに複雑味が出て、骨格のしっかりした重厚な味わいのフルボディになります。

北東部のエトナ火山のふもとで造られるワインは、また違った味わいがあります。

主要品種はネレッロ・マスカレーゼやネレッロ・カップチョ。標高300m以上の火山性土壌で造られるワインはミネラル感タップリで、ピノ・ノワールのようなエレガントな酸味と繊細な味わいに仕上がります。

価格で選ぶ

シチリアの赤ワインは比較的手ごろで、テーブルワインとして気軽に飲めるものが多くあります。日常使いにするなら、2,000円の範囲で美味しい赤ワインが見つかるでしょう。

来客用や特別の日には、2,000円から5,000円の予算で探してみてください。品質の高い赤ワインがたくさんあります。週末にゆっくり味わうのも、この範囲で探してみると良いでしょう。

シチリアのおすすめ赤ワイン10選

このあとはソムリエが厳選したシチリアの赤ワインを10本、ランキング形式でご紹介します。ぜひお気に入りのワインを見つけてください!

日常使いにおすすめ!予算2,000円ベスト5

5位

ドゥーカ・ディ・サラパルータ テッレ・ダガラ ロッソ

962円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、モンテ物産

ドゥーカ・ディ・サラパルータは創業1824年の老舗ワイナリー。サラパルータ公爵が自分の館で客人をもてなすために、おいしいワインを造ろうとしたのが始まりです。

シチリア中東部で採れたネロ・ダーヴォラを100%使用し、大樽で熟成して造られています。

マラスカチェリーなどの華やかで軽やかな香り。バランスがとれた味わいで、心地よい余韻が残ります。ネロ・ダーヴォラの特徴を最大限に引き出した味わいには、シチリアに降りそそぐ太陽の力強さが感じられるでしょう。

グリルした肉料理やチーズによく合います。リーズナブルなのに高品質な味わいは、テーブルワインにもこだわりを見せたい人におすすめです。

 

4位

ステマッリ ネロ・ダーヴォラ

1,296円 (税込)

詳細情報
イタリア、ミディアムボディ、モトックス

ネロ・ダーヴォラを使った赤ワインは甘く濃厚なスタイルが多いですが、この赤ワインはボディの大きさよりも果実味や酸味を生かす伝統的な造りをしています。

非常に豊かな香りが印象的。黒胡椒のアクセントが感じられます。イチゴやカシスの果実甘味と上品な酸がバランスよく、ソフトなタンニンで滑らかな舌触り。肉料理全般によく合います。

伝統的なシチリアワインが飲みたい人に、おすすめのワインです。

 

3位

モンテベッロ ネロ ダーヴォラ シチリア 2015

1,480円 (税込)

詳細情報
イタリア、ミディアムボディ、モンテベッロ

標高の高い畑で採れたネロ・ダーヴォラを使用した赤ワインです。華やかな香りで、コクがあるまろやかな味わい。渋みは少なめで、かすかな甘みも感じられます。

1,500mlのマグナムサイズで、コスパ抜群。毎日たっぷりとシチリアワインを味わいたいという人に、ぜひおすすめです。

 

2位

ナターレ・ヴェルガ オーガニック ネーロ・ダーヴォラ

1,030円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、三国ワイン

1895年創業。現在は4世代に引き継がれ、世界中で高い評価を受けているワイナリーです。

ネロ・ダーヴォラを主体に、カベルネ・ソーヴィニョンをブレンド。自然との調和を目指したオーガニックワインです。

赤いベリー系やチェリーのアロマに、スパイスのニュアンスが感じられます。芳醇な果実味と、しっかりとした味わい。赤身の肉やトマト系パスタによく合います。日常使いだけでなく、お祝いの席やパーティーに出しても引けを取らない高品質のワインです。

 

1位

コルヴォ・ロッソ

1,058円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、モンテ物産

ワイナリーが設立された1824年に造られた、長い歴史を持つワインです。

ネロ・ダーヴォラとピニャテッロ、ネレッロ・マスカレーゼをブレンドしています。ブドウは手摘みで収穫後、マロラクティック発酵させ、オーク樽で熟成。ブドウの特徴を最大限に引き出した味わいに仕上がっています。

ガーネット色を帯びたルビーレッドの色彩。濃厚で凝縮した香りには上品なエーテル香が感じられます。

ベルベットのような、ふくよかな口当たり。全体的にバランスのとれた、ミディアムボディの味わいです。 肉料理全般によく合うでしょう。

値段からは想像できない美味しさに、驚くはず。本格的なシチリアワインを味わいたい人におすすめします。

2,000円以下のシチリア赤ワイン比較表

商品画像コルヴォ・ロッソナターレ・ヴェルガ オーガニック ネーロ・ダーヴォラモンテベッロ ネロ ダーヴォラ シチリア 2015ステマッリ ネロ・ダーヴォラドゥーカ・ディ・サラパルータ テッレ・ダガラ ロッソ
商品名コルヴォ・ロッソナターレ・ヴェルガ オーガニック ネーロ・ダーヴォラモンテベッロ ネロ ダーヴォラ シチリア 2015ステマッリ ネロ・ダーヴォラドゥーカ・ディ・サラパルータ テッレ・ダガラ ロッソ
価格1,058円(税込)1,030円(税込)1,480円(税込)1,296円(税込)962円(税込)
詳細イタリア、辛口/ミディアムボディ、モンテ物産イタリア、辛口/ミディアムボディ、三国ワインイタリア、ミディアムボディ、モンテベッロイタリア、ミディアムボディ、モトックスイタリア、辛口/ミディアムボディ、モンテ物産
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

来客用におすすめ!2,000円~5,000円ベスト5

5位

カステッラーロ ロッタヴァ イソラ

3,600円 (税込)

詳細情報
イタリア、フルボディ、テヌータ・ディ・カステッラーロ

シチリアのワイン醸造の第一人者として知られる、サルヴォ・フォーティ氏が率いるワイナリーです。

イタリアシチリア本島の北東に位置するエオリア諸島のひとつ、世界遺産の火山島・リパリ島で造られています。火山性砂質の土壌は、エトナに匹敵するもの。オーガニック認証を受けています。

ネレッロ・マスカレーゼを主体に、ネレッロ・カップッチョをブレンド。濃いルビー色で、赤い果実、ドライフラワーの香りがします。タバコとリコリスのニュアンスも感じられ、ほどよい渋みとコクのある深い味わいです。長い余韻が続くでしょう。

肉料理や熟成チーズによく合います。華やかなデザインのラベルで、プレゼントにピッタリです。

 

4位

ロメオ・デル・カステッロ、アレグラコーレ 2015 エトナDOC 

4,880円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、ファットリア・ロメオ・デル・カステッロ

母のロメオ・デル・カステッロと娘のキアラ・ヴィーゴの、2人の女性で運営するワイナリーです。
樹齢70~100年の古木から収穫されたネレッロ・マスカレーゼを主体に、ネレッロ・カップチョをブレンドしています。

ピノ・ノワールに近い色合いで、酸味が強いのが特徴です。凝縮した果実味と鉄分をも感じさせる強いミネラル、シャープな酸。構成するすべての要素がバランスよく、長い余韻が続きます。

噴火による肥えた土壌の恩恵を受けた、芳醇な味わいの赤ワインは比類なきもの。特別な日の1本にふさわしいクオリティです。

 

3位

ノア 2015 クズマーノ

3,758円 (税込)

詳細情報
イタリア、フルボディ、クズマーノ

クズマーノは2000年に設立された、シチリアを代表する人気ワイナリーです。10年連続でトレビッキエリ、ドゥエビッキエリを獲得し、シチリア最高のワイナリーのひとつとして賞賛されています。

ノアは「この世で初めて造られたワイン」という意味を込めて、「ノアの箱舟」からインスピレーションを得ています。

土着品種のネロ・ダーヴォラと、国際品種のメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンド。アルカモのプレスティ・エ・ペーニで育ったネロ・ダーヴォラはワインに力強さを与え、凝縮した果実味と豊富なミネラルを感じるフルボディに仕上がっています。

しっかりとしたタンニンで、バランスのとれたエレガントな味わい。肉料理全般によく合います。来客へもてなせば、喜ばれることまちがいないでしょう。

 

2位

エトナ・ロッソ

3,200円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/ミディアムボディ、テッレ・ネレ

長年バローロボーイズを束ねてきたグラツィア兄弟が、自ら畑を購入して立ち上げたワイナリーです。

エトナ山の50万年以上にわたる噴火活動で作られた土壌はブルゴーニュ地方の畑に似た特徴があり、他の地域と違った個性的なワインを産出しています。

エトナ火山北斜面、海抜650~900mに位置し、ミネラル豊富な火山灰土壌。樹齢60~80年の古木で収穫されたネレッロ・マスカレーゼを主体に、ネレッロカブッチョをブレンドしています。

輝くルビー、ガーネットレッドの色彩。ミネラル感が強く、ラズベリーのフルーティーな風味とリッチで濃い味わいがあります。心地良い余韻が長く続くでしょう。

シチリアワインとはひと味違ったエトナワインを味わいたい人に、ぜひおすすめです。

 

1位

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ドゥーカ・エンリコ シチリア・ロッソ

6,362円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口/フルボディ、モンテ物産

ドゥーカ・ディ・サラパルータは、創業1824年の歴史あるワイナリーです。

フランス・ボルドーの有名ワイナリーで学び、ワイナリーの品質向上に貢献をしたエンリコ公爵“ドゥーカ・エンリコ”に捧げられたワイン。シチリアワインといえば「ドゥーカ・エンリコ」とうたわれるほど賞賛されています。

ネロ・ダーヴォラ100%で、ファーストヴィンテージは1984年です。

輝きのある深いルビーレッドで、熟したフルーツやスミレの香り。スパイスや樽香のニュアンスも感じられます。

まろやかでしっかりしたボディの、個性的な味わい。長い余韻を楽しめるでしょう。記念日など、特別な日のディナーにどうぞ。

2,000円~5,000円のシチリア赤ワイン比較表

商品画像ドゥーカ・ディ・サラパルータ ドゥーカ・エンリコ シチリア・ロッソ エトナ・ロッソノア 2015 クズマーノロメオ・デル・カステッロ、アレグラコーレ 2015 エトナDOC カステッラーロ ロッタヴァ イソラ
商品名ドゥーカ・ディ・サラパルータ ドゥーカ・エンリコ シチリア・ロッソエトナ・ロッソノア 2015 クズマーノロメオ・デル・カステッロ、アレグラコーレ 2015 エトナDOC カステッラーロ ロッタヴァ イソラ
価格6,362円(税込)3,200円(税込)3,758円(税込)4,880円(税込)3,600円(税込)
詳細イタリア、辛口/フルボディ、モンテ物産イタリア、辛口/ミディアムボディ、テッレ・ネレイタリア、フルボディ、クズマーノイタリア、辛口/ミディアムボディ、ファットリア・ロメオ・デル・カステッロイタリア、フルボディ、テヌータ・ディ・カステッラーロ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

さまざまな個性を見せるシチリアの赤ワイン

厳選したシチリアの赤ワインを10本、ご紹介しました。

安価なワインを大量生産しているイメージだったシチリアワインですが、ネロ・ダーヴォラをはじめとする土着品種で造られた高品質の赤ワインはそのイメージを一新。エレガントで個性豊かな味わいが、今や世界中から注目を集めています。

テロワールにより、さまざまな味わいが楽しめるのがシチリアの赤ワインの特徴です。手ごろな価格なので、いろいろ試してその違いを確かめると面白いでしょう。

ランキングを参考にして、シチリアの赤ワインの「今」を感じてみてください!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ヴァッレ・ダオスタのおすすめ赤ワイン5選!特徴から選び方のコツも解説

ヴァッレ・ダオスタは、イタリアの中で最もワイン生産量は少ないですが、個性的なワインが魅力的! 今回は、ヴァッレ・ダ

【ソムリエ監修】マルケのおすすめ赤ワイン10選!特徴から選び方のコツも解説

イタリアの中でも安くて美味しい赤ワインが造られることで著名なマルケ。 今回はマルケの赤ワインの特徴から、おすすめの

【ソムリエ監修】ロンバルディアのおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

ロンバルディアはイタリア北部の州で、アルプスの山々や大河ポーに挟まれています。 ブドウ栽培地域は一部の丘陵地帯や湖

【ソムリエ監修】モリーゼのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

みなさんはイタリア南部に位置するモリーゼ州のことを知っていますか? ブドウの栽培は盛んに行われているのですが、ピエモ

【ワインエキスパート厳選】フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアのおすすめ赤ワイン10選!

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州は、イタリア北東部に位置します。 白ワインが有名な産地ですが、近年は土着ブドウ

【ソムリエ監修】イタリアの名産地!トスカーナのおすすめ赤ワイン20選!

フィレンツェを州都とするトスカーナは、ピエモンテと並んでイタリアを代表するワイン醸造地のひとつです。ブドウ栽培は約2

【ソムリエ監修】ヴェネトのおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

ヴェネトはイタリア北部にある州で、州都であるヴェネツィアは水の都として有名です。 ワイン生産地としても有名で、イタ

【ソムリエ監修】トレンティーノ・アルト・アディジェのおすすめ赤ワイン10選!

イタリアの最北部のワイン産地であるトレンティーノ・アルト・アディジェ。 ドイツ、オーストリアの影響を受け、高品質な

【ソムリエ監修】リグーリアの赤ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

リグーリア(Liguria)と聞いても、もしかしたら地理的にピンとこない人も多いのではないでしょうか。 しかし、イ

【ソムリエ監修】アブルッツォのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

アブルッツォ州の温暖な気候はワイン造りに適しており、イタリアの中でも古くからワインが造られてきた地区です。 アブルッ

赤ワインの選び方


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP