ローラン・ペリエをソムリエが解説!種類や価格、おすすめワインも紹介

2018/10/09
フランス

シャンパーニュメゾンの規模は家族経営から大規模経営まで多岐に渡ります。

ローラン・ペリエは、その中でもグローバル展開を成功させている大規模メゾン。大聖堂で有名なランスが本社所在地です。

今回は、シャンパーニュに関する基本知識をお伝えしながら、ローラン・ペリエについて詳しくお話しします。

記事の執筆者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

ローラン・ペリエとは

ローラン・ペリエについて知る前に、「シャンパーニュ」とは何かという点についてお伝えします。

この前提を理解しておくと、シャンパニューについて知ることが俄然楽しくなることは間違いありません。

そもそもシャンパーニュとは

シャンパーニュはシャンパンとも呼ばれますが、フランス語に忠実に「シャンパーニュ」と言ったほうがちょっと通っぽいのでおすすめです。

ちなみに「メゾン」は、ここでは「会社・店」の意味です。パリコレのニュースなどでも「メゾン」という表現はよく使われていますよね。

「シャンパンメーカー」ではなく「シャンパーニュメゾン」と表現すると、ちょっとワイン上級者感が出ます。

シャンパーニュと呼べるものはフランスのワイン法で規定されています。

「フランス・シャンパーニュ地方」で、「定められたブドウ品種を使って」「定められた製法で造られたもののみ」が「シャンパーニュ」と名乗ることができるのです。

使用して良いブドウ品種はシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ。厳密には他の品種も使用可能ですが、この3品種を覚えておけば問題ありません。

シャンパーニュはスパークリングワインの1種ですが、シャンパーニュ以外のスパークリングワインは決してシャンパーニュの名称を使うことはできないのです。

万が一使った場合は違法であり、過去には訴訟問題も起きています。

「シャンパーニュ」と「スパークリングワイン」の言葉の使い分け、もうOKですね?

ローラン・ペリエの存在感

ローラン・ペリエは1812年に創設されたシャンパーニュメゾン。数あるメゾンの中でも長い歴史を持っています。

シャンパーニュメゾンの規模は家族経営から大規模経営まで多岐に渡りますが、その中でも有数の大規模グローバル展開メゾンです。

ローラン・ペリエの強みは、大規模シャンパーニュメゾンとして多くのシャンパーニュを製造し世界的各国に輸出しているところ。

加えて、際立った個性を持ち、舌の肥えたシャンパーニュ通の評価も高いという強みを持っています。

世界中のレストランやホテルで採用されており、英国チャールズ皇太子のお気に入りシャンパーニュとしても有名です。

ローラン・ペリエの意味

1812年創業後、後継者のウジョーヌ・ローランとその妻マティルド・エミリー・ペリエによって「ローラン・ペリエ」という家名を負ったシャンパンメゾンが生まれました。

夫と妻でお互いの姓を会社名にするなんて、なかなかロマンチックです。

ローラン・ペリエの歴史

1920 年代にはヨーロッパ最大のマーケットであるイギリスに輸出開始。これを機に本格的な世界進出が始まります。

シャンパーニュに対する情熱、伝統の継承、自然の尊重、そして何よりも「人」に対する敬意を大切にしてきたローラン・ペリエ。

第二次世界大戦後、現場での修行経験のある経営者が登場し、企業としての飛躍を遂げました。

いくつかの紆余曲折を経て、今日では世界147カ国に輸出する屈指のシャンパーニュメゾンとなっています。

シャンパーニュ地方とローラン・ペリエ

ローラン・ペリエ社の所在地はシャンパーニュ地方モンターニュ・ド・ランス。シャンパーニュの主要生産地の1つです。

ランドマークのランスの大聖堂はゴシック建築の傑作で観光名所でもあります。

モンターニュ・ド・ランスには、クリュッグ、ヴーヴ・クリコ、ロデレール、テタンジェなど、名だたるシャンパーニュメゾンが軒を並べます。

ローラン・ペリエの特徴

ローラン・ペリエの味わいとしてよく使われる表現は「エレガント」「バランス」「フレッシュ」。

メジャーメゾンでありながら、個性的な魅力もあわせ持っています。

ローラン・ペリエの種類

個性を大切にしながら世界進出を果たしたローラン・ペリエの商品ラインアップを見てみましょう。

ローラン・ペリエ ラ・キュヴェ

100を超す畑から、メゾンが選び抜いたブドウを全て手間のかかる手摘みで収穫。一番搾り果汁のみを使って造られています。

ノンヴィンテージ シャンパニュは、法的には18ヶ月の熟成で問題ありませんが、このシャンパーニュはボトルで最低4年間の熟成を経なければリリースされません。

そのこだわりの結果、長い熟成を経た後もフレッシュさは決して失われません。シャルドネ比率を50%に上げることで独自のスタイルを提案しています。

ローラン・ペリエ ウルトラブリュット

フランスでは1980年代にヌーベル・キュイジーヌが台頭。素材そのものの品質を大切にし、それを素直に表現することに重きがおかれました。

ローラン・ペリエ ウルトラブリュットはこの考えに基づき誕生。

シャンパーニュの製造過程で行われるドザージュ(加糖)を行わない素顔のままのシャンパーニュ。フレッシュで上品、自然な味わいです。

ブリュットは「辛口」の意味で、各シャンパーンニュメゾンの基本となるスタンダード商品。

ドサージュ抜きで「ウルトラブリュット」としてラインアップに加えたところが、さすがローラン・ペリエ。

※正規輸入元サントリーのサイトには現在「ブリュット」はありませんが、並行輸入商品として日本でも「ブリュット」は入手可能のようです。

ローラン・ペリエ ロゼ

ボトルデザインがとても特徴的です。古い時代のボトルを元にデザインされています。

ローラン・ペリエのラインアップの中でも、「ロゼシャンパーニュのあるべき姿が表現されている」と高い評価を獲得しています。

しっかりとした骨格を持ちながら、フレッシュさは失わず、ロゼらしいフルーティで芳醇な味わいです。

シャンパーニュ地方は、フランス国内で唯一、赤ワインと白ワインを混ぜてロゼを造ることが許されているエリア。

しかし、ローラン・ペリエでは、ブドウ発酵段階からの古式ゆかしいロゼ造りにこだわってロゼシャンパーニュを造っています。

ローラン・ペリエ グラン・シエクル

良いブドウが収穫できた年のみのブドウを使って造られた特別なシャンパーニュ。

メゾンが求めるスタイル実現のために、複数のブドウ品種・複数のヴィンテージ・複数のクリュ(畑)から組み立てられます。

「グラン・シエクル」は「偉大な世紀」と言う意味。

一般的にはルイ14世治世時代の繁栄を誇った17世紀を指しますから、ローラン・ペリエにおけるこのシャンパーニュの位置付けをうかがわせるネーミングです。

ローラン・ペリエの選び方

世界進出しているだけに、品質は安定し、飲み手を選ばない味わいなのがローラン・ペリエの強みです。

日本ではサントリーが輸入元なので供給も比較的安定しています。

ラインアップによって価格・ボトルデザイン・味わいに違いがありますので、目的・予算に応じてセレクトしましょう。

シャンパーニュ マグナムボトルと価格の秘密

一般的な飲料は、容量が大きくなるとその分ml当たりの単価は下がります。

シャンパーニュではこれが当てはまりません。これはシャンパーニュの製法上の問題が理由です。

シャンパーニュは「瓶内二次発酵」と言う特殊な発酵を行い、瓶詰め後も発酵を行います。そのため、ボトルが大きくなるとその分手間が増え、容量当たりの単価は上がってしまうのです。

結婚式などのお祝いの席で、シャンパーニュのマグナムボトルがあれば、とても華やかな演出になります。しかし、ボトルの容量とともに割高になることを前提に手配することをお忘れなく。

ローラン・ペリエの魅力

シャンパーニュメゾンとしてグローバル展開しており、日本での正規輸入元はサントリー。

品質が安定しており入手も難しくないところは大きな魅力です。

ローラン・ペリエのすばらしいところは、このような展開にも関わらず、こだわりの姿勢に妥協がなく、いわゆる「シャンパーニュ通」と呼ばれる方たちからの評価が高いところ。

個性的なラインアップは他のメゾンの追随を許しません。

次回シャンパーニュを手配する機会があったら、メゾンはローラン・ペリエにしてみませんか?

あなたのセンスはきっとその場を華やかに盛り上げてくれるでしょう。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ルイ・ロデレールを徹底解説!種類ごとの価格、ヴィンテージごとの特徴を紹介

今年、イギリスの専門誌であるドリンクス・インターナショナルの「世界で最も賞賛されるシャンパーニュ・ブランド2018」

【ソムリエ監修】ボランジェの種類、価格、おすすめマリアージュを徹底解説!

ピノ・ノワール主体のシャンパーニュといえばボランジェです! 伝統的な製法で造られる高品質なシャンパーニュは世界的な

【ソムリエ監修】シャトー ラ フィット ロートシルトのおすすめヴィンテージを紹介!価格やセカンドラベルまで解説

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Château Lafite-Rothschild)はボルドーを代表するトップシ

【ソムリエ監修】マルセル・ダイスのおすすめワイン5選!選び方のコツも解説

マルセル・ダイスは、アルザスワインのトップに君臨する革命的なワイナリー。アルザスの法律まで変えてしまったそのワインは

【ソムリエ監修】ジョルジュ・デュブッフの種類や価格を解説!おすすめのワインもご紹介

ボジョレー のワインといえば、ジョルジュ・デュブッフ抜きでは語れません。 そのワイナリーで造られるワインは、スタン

【ソムリエ監修】老舗シャパーニュメゾン、シャルル・エドシックを徹底解説!味わい、種類、価格を紹介

シャンパーニュの熱狂的ファンなら「シャルル・エドシック」の名はきっとご存知のはず。王室や政治家、俳優など世界中のVI

【ソムリエ監修】ラ クロワザードの特徴や種類を解説!おすすめワイン5選も紹介

南フランスのラングドック地方にある「ラ クロワザード(La Croisade)」というワイナリーをご存知ですか?19

シャトー ラトゥールをソムリエが解説!価格や当たり年、おすすめワインも紹介

シャトー ラトゥールという言葉を聞いてことはあるけど、高級ワイン?ワインブランド? というように、その意味を正確を把握

【ソムリエ監修】アンリ・ジローの価格やおすすめマリアージュを種類ごとに解説

ヨーロッパの上流階級や社交界の限られた宴の場で古くから愛され、幻のシャンパーニュとも呼ばれるアンリ・ジロー(HENR

【ソムリエ監修】ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトのワインおすすめ6選

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトは、フランスのボルドー地方のワイナリー。格付けシャトーの知識と技術で造られたワイン


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP