【ソムリエ監修】グリューナー・フェルトリーナーの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

2018/10/11
おすすめ白ワイン


ソース

グリューナー・フェルトリーナーのワインといえば、様々な用途や料理に使える汎用性の高さから今最も注目を集めているワインの一つです。

日本では、日本食に最もよく合うワインとして知られており、国内でも年々知名度が上がっています。

そこで、今回はグリューナー・フェルトリーナーの白ワインの選び方とおすすめの10本をご紹介します。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

グリューナー・フェルトリーナーとは


ソース

原産国がオーストリアということもあり、オーストラリアで最も栽培されています。

ほとんどのワイナリーで栽培されている品種ですが、ウィーン西部、ドナウ川河岸のものが特にクオリティが高いと評判です。

他にはチェコ、ハンガリー、スロバキアなどでも栽培されています。

グリューナー・フェルトリーナーのワインの特徴

グリューナー・フェルトリーナーからできるワインは、フレッシュで南国の果物のような果実味が特徴です。

また、軽い口当たりで、すっきりとした後味があり、メロンとグレープフルーツの香りも感じられます。

初心者も気軽に楽しめるワインでしょう。

グリューナー・フェルトリーナーの白ワインの選び方

味わいで選ぶ

グリューナー・ヴェルトリーナーは大きく分けると、2つの味わいに分けられます。

まず、1つ目は口当たりが軽やかで、しっかりとした酸味と、メロンなどのフルーツの香りが感じられるタイプです。こちらはリーズナブルなものに多い味わいとなります。

2つ目はりんごやマンゴーのような果実味が感じられる、辛口タイプです。白胡椒のようなスパイシーな香りも特徴です。

どちらが好みかを先に把握しておくと、選びやすいですね。

産地で選ぶ

グリューナー・フェルトリーナーの白ワインはチェコ、ハンガリー、スロバキア、ドイツ、イタリアなどでも造られていますが、ほとんどがオーストリアで生産されています。日本に輸入されているものも、ほとんどがオーストラリア産です。

オーストリア産のものは、やはり典型的なグリューナー・フェルトリーナーの味わいであることが多くなっています。一方、他国のものだと、その国の特徴が顕著にでることがほとんどです。

典型的なグリューナー・フェルトリーナーを試したい人はオーストリア産を選ぶのがベターでしょう。

予算で選ぶ

どのワインにも言えることですが、ワインは価格の幅がとても大きな商品です。グリューナー・フェルトリーナーも、1,000円代で気軽に買えるものから、1万円を超えてしまうものまで様々です。

そのため、自身の予算をしっかりと決めてから選ぶことが大切です。高いワインが必ずしも美味しいというわけではありませんので、予算範囲内で好みに合うものを選びましょう。

 

ソムリエ厳選!グリューナー・フェルトリーナーの白ワイン10選


ソース

今回は注目のグリューナー・フェルトリーナーの白ワインを、5,000円未満のラインナップで選んで見ました。

日常使いにおすすめ!2,000円未満ベスト5

5位

ベルンハルト・オット グリューナー・ヴェルトリーナー アム・ベルグ

1,824円 (税込)

詳細情報
オーストリア、辛口、ベルンハルト・オット

第5位は、ベルンハルト・オット グリューナー・ヴェルトリーナー アム・ベルグです。ベルンハルト・オットは100年以上続くオーストリアのワイナリーで、化学肥料や除草剤等を一切使用しない、地球にも体にも優しいワイン造りを行っています。

こちらのワインもビオディナミという方法で、化学肥料などを使わずに、自然のエネルギーを最大限に引き出して造られています。

洋梨や桃のような果実感と、ミネラル感が感じられる、ワンランク上の味わいです。

自然派ワインが好きな方にぴったりの一本です。

 

4位

カイザー グリューナー フェルトリーナー

1,920円 (税込)

詳細情報
オーストリア、辛口/ミディアムボディ

第4位はカイザー グリューナー フェルトリーナーです。カイザーはオーストリアとハンガリーの国境沿いにあるワイナリーで、高品質な赤ワインでよく知られていますが、白ワインにも近年力を入れています。

こちらは、洋梨やグレープフルーツの果実味が感じられる口当たりが軽やかな一本です。程よい酸味と、ミネラル感も絶妙で、グリューナー・フェルトリーナーの良さがしっかりと理解できる一本でしょう。

 

3位

 

ヴァインベルグホーフ フリッチ グリューナーフェルトリーナーシュタインベルグ

2,160円 (税込)

詳細情報
オーストリア、辛口

第3位はヴァインベルグホーフ フリッチ グリューナーフェルトリーナーシュタインベルグです。

こちらは樹齢40年以上の木から取れたブドウを使用したワイン。

しっかりと辛口で、凝縮されたコクがありますが、繊細さもあります。

辛口の多い近年のドイツワインよりも、更にしっかりめの辛口なので、辛口好きも納得の一本ですよ。

 

2位

グリューバー グリーン ペップ グリュナー ヴェルトリーナー

1,501円 (税込)

詳細情報
オーストリア、辛口/ミディアムボディ、グリューバー

第2位はグリューバー グリーン ペップ グリュナー ヴェルトリーナーです。

グリューバーは、1950年代にワイン作りを始めた家族経営のワイナリーです。世界的にも注目を集めるニーダーエスタライヒ州のワイン産地、ヴァインフィアテル地区にあり、現在は兄弟3人で自然に配慮したワイン造りに励んでいます。常に高品質を追求しており、小さなワイナリーではありますが定評があります。

フレッシュな柑橘系の香りに加え、果実味が溢れる華やかな味わいが特徴です。

グリューナー・フェルトリーナーを飲んだことがない人にもオススメの、非常に親しみ易い一本です。

 

1位

フーグル グリューナー フェルトリーナー クラシック

1,296円 (税込)

詳細情報
オーストリア、辛口、オンラインワインストアWassy's

注目の第1位はフーグルグリューナーフェルトリーナークラシックです。このフーグル・ヴィンンマーは、ワイン農家出身の30代の若い夫婦が始めたばかりの新しいワイナリーです。

白い花やオレンジなどの柑橘系の香り、みずみずしいトロピカルフルーツのような果実感、程よいスパイシーさが絶妙な一本です。

お値段の方もかなりリーズナブルなので、常備しておきたいワインです。

2,000円未満!グリューナー・フェルトリーナーの白ワイン比較表

商品画像ベルンハルト・オット グリューナー・ヴェルトリーナー アム・ベルグカイザー グリューナー フェルトリーナーヴァインベルグホーフ フリッチ グリューナーフェルトリーナーシュタインベルググリューバー グリーン ペップ グリュナー ヴェルトリーナー フーグル グリューナー フェルトリーナー クラシック
商品名ベルンハルト・オット グリューナー・ヴェルトリーナー アム・ベルグカイザー グリューナー フェルトリーナーヴァインベルグホーフ フリッチ グリューナーフェルトリーナーシュタインベルググリューバー グリーン ペップ グリュナー ヴェルトリーナー フーグル グリューナー フェルトリーナー クラシック
価格1,824円(税込)1,920円(税込)2,160円(税込)1,501円(税込)1,296円(税込)
詳細オーストリア、辛口、ベルンハルト・オットオーストリア、辛口/ミディアムボディオーストリア、辛口オーストリア、辛口/ミディアムボディ、グリューバーオーストリア、辛口、オンラインワインストアWassy's
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

週末や来客などがある日に2,000円~5,000ベスト5

5位

フリッツ サロモン グリューナーフェルトリーナー ブリュンベルグ

2,326円 (税込)

詳細情報
オーストリア、ピノノワール・オンライン

第5位はフリッツ サロモン グリューナーフェルトリーナー ブリュンベルグです。

オーストリアでも由緒があり、知名度が高い一族であるサロモン家が生産者です。現在の当主であるフリッツ サロモンの祖父はオーストリアで高級ワインを初めて作った生産者の一人です。

現在は全てビオディナミ農法でワイン造りをしているようです。

しっかりと熟した柑橘系の果実の豊かな味わいと、濃縮された味わいが特徴のワイン。その中にはしっかりと繊細さもあり、ワイン特有の奥深さを楽しむことができます。

 

4位

アバツィア ディ ノヴァチェッラ

2,937円 (税込)

詳細情報
イタリア、辛口、ヴィントナーズ

第4位 はグリューナー フェルトリーナー アバツィア ディ ノヴァチェッラです。

日本でお目にかかることができるグリューナー・フェルトリーナーとしては珍しい、イタリアのものです。生産者アバツィア・ディ・ノヴァチェッラは、イタリアの最北の生産者では名高い生産者で、修道院でもあります。

柑橘系の果物の爽やかな香りが楽しめて、程よい酸味とスパイスが特徴です。

本来のグリューナー・フェルトリーナーよりは軽くて優しいイタリアならではの味わいなので、重めのワインが苦手だけどグリューナー・フェルトリーナーが試してみたいという人に特におすすめです。

 

3位

ヴァイングート ポルツ グリューナー ヴェルトリーナー スマラクト

2,937円 (税込)

詳細情報
オーストリア、辛口、ポルツ

3位はヴァイングート ポルツ グリューナー ヴェルトリーナー スマラクトです。

造り手はわずか11ヘクタールの畑しか所有していない小さなワイナリーですが、オーストリアの他のワイナリーが渇望するほどワイン造りには最高の立地ヴァッハウにあります。

グリューナー・フェルトリーナー独特の柑橘系のフルーツの味わいと白胡椒の香りはもちろん楽しめますが、驚くのはそのキレです。信じられないほどしっかりとしたキレがあり、すっきりとした味わいが堪能できます。

白ワイン愛好家の方は、ぜひ試して欲しい一本です。

 

2位

グリューナー ヴェルトリーナー ベルグ

4,860円 (税込)

詳細情報
オーストリア、オーデックス・ジャパン

生産者であるフーバー家は、4世代にわたってワイン造りを続けている老舗ワイナリーです。現在の当主マルクス・フーバー氏は、当主になって1年ほどで「ニーダーエスタライヒ州チャンピオン2001」を受賞した注目株です。

レモンやライムの爽やかな香りに加え、白胡椒や数種類の香辛料を感じる複雑なアロマが特徴。

世界中の様々なワイン評論誌にて高評価を得ており、ワイン通も納得の一本です。

 

1位

 

イングリッド・グロイス・グリューナー・フェルトリーナー ワインフィアテルDAC

2,462円 (税込)

詳細情報
オーストリア、辛口/ライトボディ

そして期待の第1位はイングリッド・グロイス・グリューナー・フェルトリーナー ワインフィアテルDACです。
無名だったオーストリアワインを世界的に有名にしたと言われているワインの一つです。
オレンジやみかんの柑橘系のフルーツの味わいに、白胡椒のようなフレーバー、そして程よい酸味が絶妙にマッチ。また、軽やかでミネラル感もしっかりと感じられます。
オーストリアの典型的なグリューナー・フェルトリーナーを知るには最適な一本です。

2,000円~5,000円!グリューナー・フェルトリーナーの白ワイン比較表

商品画像フリッツ サロモン グリューナーフェルトリーナー ブリュンベルグアバツィア ディ ノヴァチェッラヴァイングート ポルツ グリューナー ヴェルトリーナー スマラクトグリューナー ヴェルトリーナー ベルグ イングリッド・グロイス・グリューナー・フェルトリーナー ワインフィアテルDAC
商品名フリッツ サロモン グリューナーフェルトリーナー ブリュンベルグアバツィア ディ ノヴァチェッラヴァイングート ポルツ グリューナー ヴェルトリーナー スマラクトグリューナー ヴェルトリーナー ベルグイングリッド・グロイス・グリューナー・フェルトリーナー ワインフィアテルDAC
価格2,326円(税込)2,937円(税込)2,937円(税込)4,860円(税込)2,462円(税込)
詳細オーストリア、ピノノワール・オンラインイタリア、辛口、ヴィントナーズオーストリア、辛口、ポルツ
オーストリア、オーデックス・ジャパンオーストリア、辛口/ライトボディ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

まとめ

いかがでしたか?オーストリアで発見され、今、その汎用性の高さから注目を集めている品種グリューナー・フェルトリーナー。オーストリアの料理はもちろん、日本食、中華、フレンチ、様々な国の料理に合わせやすいことから、これからも世界中で堪能されることでしょう。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>白ワインのぶどう品種一覧

     

関連記事

【ソムリエ監修】日本初の世界品種! 甲州の特徴とおすすめ白ワイン15選を紹介

ソース 皆さんは甲州品種のワインを飲んだことがありますか? 甲州品種のワインは近年国際的にも高い評価を得ています。

【ソムリエ監修】アリゴテの白ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

ソース アリゴテと聞いて、ぱっと味わいが浮かぶ人も少ないのではないでしょうか。 実はこのアリゴテ、現在価格沸騰中のブ

白ワインのぶどう品種一覧!20種類をソムリエが解説!

ソース 白ワインが好きなんだけど、気が付くといつも同じワインばかり飲んでいる、なんていうことはありませんか? 気分

【ソムリエ監修】フルミントの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース 白ワインのブドウ品種として異彩を放つ「フルミント」をご存知ですか?フルミントは、世界三大貴腐ワインであるハン

【ソムリエ監修】新世界で注目!ソーヴィニヨン・ブランの特徴とおすすめの白ワイン15選を紹介

人は誰でも、体が疲れて少し食欲がないときがあります。そんなときに飲みたいワインが、さわやかな味わいのソーヴィニヨン・

【ソムリエ監修】イタリアの白ワイン品種!コルテーゼの特徴とおすすめ白ワイン10選を紹介!

ソース イタリア・ピエモンテ州の代表的な白ワイン「ガヴィ」の原料で知られる品種が、コルテーゼです。 コルテーゼ1

【ソムリエ監修】パロミノの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース みなさんはパロミノをご存知ですか?シェリーというお酒に使われるぶどうといえば分かりやすいかもしれないですね。

【ソムリエ監修】辛口から甘口まで!リースリングの特徴とおすすめ白ワイン15選を紹介!

みなさんはリースリングをご存知でしょうか?ドイツをはじめ、世界各地で栽培されている白ワイン品種です。土壌や気候の影響

【ソムリエ監修】甘口から辛口まで!シュナン・ブランの特徴、おすすめ白ワイン15選を紹介

シュナン・ブランというブドウ品種をご存知でしょうか。 シュナン・ブランを使い、産地や醸造によりスパークリングワイン

【ソムリエ監修】ゲヴュルツトラミネールの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ゲヴュルツトラミネールは、スパイシーなトラミナーという意味を持ったブドウで、白ワインに使われています。 白

白ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介