【ソムリエ監修】アリアニコの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

2018/10/03
おすすめ赤ワイン

みなさんアリアニコをご存知ですか?

南イタリアを代表とするワイン品種の一つであり、最も歴史あるブドウとして知られています。

今回は、アリアニコの特徴や選び方、厳選おすすめワイン 10選をご紹介していきます。


記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

アリアニコとは

ソース

アリアニコの歴史は古く、「最も永きに渡り、ワインとして消費され続けてきた歴史を持つブドウである」と言われるほどで、その起源は紀元前までさかのぼります。

南イタリアを代表とするワイン品種の一つであり、最も歴史あるブドウとして知られるアリアニコは『南のバローロ』と呼ばれる極上のワインを造ります。

 

アリアニコの特徴

アリアニコの最大の特徴は、なんといってもしっかりとしたタンニンと、豊富な酸味です。若いうちのアリアニコは、そのタンニンと酸味ゆえにトゲがあり、渋みが強く出がちなのですが、長期熟成することで、まろみのあるタンニンと酸に変化し、男性的かつエレガントなワインに変化します。それ故に、赤ワインにはまりたての人よりも、飲み慣れてきてイタリアのワインについてもっと深く知りたい、という人向けであると言えます。

 

ソムリエおすすめ!アリアニコの赤ワインの選び方

味わいで選ぶ

アリアニコはパワフルなタンニン主張の激しい酸が特徴の品種なので、そのほとんどがボリューム感のあるフルボディもしくはミディアムボディです。そのため、赤ワインを飲み慣れてきて、「もっとズシンとくるような、ガツンと重いワインを飲んでみたい」という人や、タンニン特有の渋さに強い人、芳醇な香りを楽しみたい人向けのワインと言えます。

特に、若いアリアニコのワインは、タンニンや酸の存在感が強すぎるので、当たりがキツく、若干飲みづらいと感じる人も少なくありません。その場合は、最低2時間ほどデキャンタージュして、空気に触れさせることで、風味が柔らかくなり、アリアニコ特有のフローラルで果実系の香りやビターな芳香がより開いてきます。

 

産地

南イタリアにあるカンパーニア州とバジリカータ州がアリアニコワインの2大生産地です。

アリアニコもまた、地域と作り手の技術に左右されやすい品種で、カンパーニア州で作られるタウラージとバジリカータ州で作られるアリアニコ・デル・ヴルトゥレは、同じアリアニコを用いながらもそのアロマや味わいが微妙に異なってきます。

この二つの地域は、『標高400~600mの内陸高地である』、『火山性土壌でカルシウムやマグネシウム、カリウムといったミネラルが豊富』、『冷涼な気候で昼夜の寒暖差が激しい』という点です。他の赤ワイン品種と同じように、水はけが良く、かつ1日の温度差が激しく、標高が高いゆえの涼しい土地であるのがアリアニコを栽培できる条件なのです。

 

カンパーニア州のタウラージ

ソース

アリアニコワインといえば、ワイン好きならまずタウラージの名前が浮かぶことでしょう。カンパーニア州タウラージ村で作られ、1970年にDOC(原産地統制呼称)に認定され、1993年には南イタリア初のDOCGワインに認定された赤ワインで、北イタリアを代表とする赤ワイン『バローロ』と並び、パワフルで芳醇な味わいと評され、世界中の愛好家によって愛され続けています。

若いころは少々トゲがありますが、長期間寝かせて熟成することでその味わいは劇的に変化します。タンニンは角が取れて滑らかになり、酸味はまろやかでほのかにサクランボを思わせるような甘酸っぱい風味に代わり、濃厚でまろみのある端正な味わいになります。

香りはスミレの花やチェリーなどの果実系から黒トリュフやなめしたレザーのような芳香に変化していき、最終的にはビターチョコやたばこ、スパイスなどを感じさせるアロマに変化していきます。ワインとして成熟したタウラージの味わいは、例えるならば『酸いも甘いも噛分けてきた紳士』とでも言えるでしょうか。

 

バジリカータ州のアリアニコ・デル・ヴルトゥレ

ソース

カンパーニア州よりもワイン作りの歴史が古いバジリカータ州で作られる、アリアニコ・デル・ヴルトゥレは、タウラージと同じく『南のバローロ』と呼ばれるほど上質な味わいを楽しめます。バジリカータ州ポテンツァにある休火山、モンテ・ヴルトゥレの名を冠したこのワインは、ふくよかな味わいと、複雑かつ芳醇なアロマ、そしてミネラル感が特徴です。

フローラル系や、プラムやベリーといった果実の芳香に交じり、たばこやハーブ、アーモンドといった香りが漂い、実に複雑で芳醇なアロマを楽しめます。アリアニコの特徴を活かしたタンニンと酸の力強さを感じさせ、果実味の中に深く、まろやかな渋みに豊かなミネラル感、それでいて包容力を感じさせる安定した味わいと、実に男性的です。

熟成されたタウラージが、紳士的であるならば、アリアニコは南イタリアによくいる、『人懐っこく、ダンディな魅力あふれるおじ様』然とした風味と言えます。

 

予算で選ぶ

 

イタリアワインにおいて、格付けはあまりあてにならないことが多く、基本的には美味しいワインはお値段に比例すると考えた方が良いでしょう。とはいえ、2,000円未満でもアリアニコの良さをしっかりと活かした赤ワインも数多くあり、デイリーワインとして気軽に消費しやすいのも魅力と言えます。どちらかと言うと、アリアニコのワインについて軽く触れてみたいという人向けです。

アリアニコの良さをもっと知りたいというのであれば、もう少し予算を多めにしてみることをオススメします。例えば、『南のバローロ』として知られるタウラージ・リゼルヴァや、アリアニコ・デル・ヴルトゥーレは2,000~5,000円の範囲で購入できるものもあり、2,000円未満のものよりもさらにアリアニコの本質を感じさせるワインを味わうことができます。

 

ソムリエ厳選!アリアニコの赤ワイン10選

 

イタリアワインの最大の魅力は、なんといっても極上の赤ワインをリーズナブルな価格で購入できる点です。特にアリアニコは、3,000円未満で実力のある生産者が手掛けたワインを味わうことができるものが多く、アリアニコの魅力を知り、入門に適したものが気軽に入手できます。

アリアニコに興味がある人や、もっと魅力を深く知りたいという人のために、数多くのアリアニコの中から厳選してみました。テーブルワインやデイリーにオススメの2,000円未満のものから、特別な日に味わいたい、ハイレベルのものまで、特にオススメしたい10本をランキング形式でご紹介していきます。

 

日常使いにおすすめ!2,000円未満ベスト5

第5位

テヌータ・イ・ジェルシ ジェルソ・ロッソ

1,382円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:14.5%
ミディアムボディ
アリアニコ100%

鮮烈で輝きを放つ赤は、ガーネットやルビーといった宝石やバラを思わせ、スミレやブラックチェリー、熟したプルーンや紅茶の香り、そしてスパイシーなアロマは、若々しさとともに成熟した複雑さを感じさせます。味わいも、滑らかな果実味のアタックから濃厚で確かなタンニンを感じさせる、アリアニコ特有のコクと旨味が口の中に漂い、紅茶やスパイス、樹皮を思わせる風味が広がっていき、深く、味わい深い余韻が続きます。

 

第4位

ポッジョ・レ・ヴォルピ

1,230円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:14%未満
ミディアムボディ
アリアニコ100%

丹念な仕事を証明するかのように、その味わいはアリアニコ特有のパワフルさとともに、端正な仕上がりになっています。華やかなルビーレッドに、フローラルな香りと果実香が合わさった濃厚で華麗なアロマ、そして、まろみのあるアタックから、しっかりと上品なタンニンが広がる味わいと、アリアニコの本領を発揮しています。

 

第3位

サクラヴィーテ

1,382円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:14%
ミディアムボディ
アリアニコ100%

イチジクやブルーベリーといった濃厚でフレッシュな果実香とともに、墨やスパイスを思わせる香りが交じり合い、複雑かつ芳醇なアロマを漂わせます。

その風味は実に端正かつパワーがあり、豊かな果実味と力強く、それでいてなめらかなボディと口当たりがよく、それでいてアリアニコ特有のパワフルなタンニンと酸がバランスよく馴染み、それでいてしっかりと存在感を表しています。その味わいは、和・洋・中と区別なくマリアージュでき、特に辛口の四川料理や黒豚を使った肉料理、赤身肉のステーキと相性抜群です。

 

第2位

ベネヴェンターノ アリアニコ

1,468円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:13%
ミディアムボディ
アリアニコ100%

ボリューミーでがっしりとした味わいを楽しめます。色身も濃厚でチョコレートを思わせるような深い黒紫で、ビターチョコやナッツといった香ばしさを感じさせるアロマに、豊富なタンニンと酸、そして果実味と、実にパワフルです。

 

第1位

ピポリ アリアニコ・デル・ヴルトゥーレ

1,382円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:13%
ミディアムボディ
アリアニコ100%

色身、風味、味わいといずれも濃縮された芳醇な味わいを楽しめます。チェリーの一種であるマラスカ種特有の果実を思わせる強い香りに、スパイスやバニラといった濃厚なアロマが交じり合い、複雑かつ豊かな芳香が鼻孔をくすぐります。

ボディもミディアムながらもがっしりとした骨太さで、バルサミコを思わせるコクのある酸味に、まろやかに成熟したタンニンと、力強さを感じさせます。それでいて完熟したフルーツのような、ジャムを思わせる甘酸っぱさも加わり、アリアニコの魅力を発揮しつつ、飲みやすい仕上がりになっています。リアニコで作られたワインに興味のある方は、ぜひ試してみることをオススメします。

2,000円未満のアリアニコの赤ワイン比較表

商品画像ピポリ アリアニコ・デル・ヴルトゥーレベネヴェンターノ アリアニコサクラヴィーテポッジョ・レ・ヴォルピテヌータ・イ・ジェルシ ジェルソ・ロッソ
商品名ピポリ アリアニコ・デル・ヴルトゥーレベネヴェンターノ アリアニコサクラヴィーテポッジョ・レ・ヴォルピテヌータ・イ・ジェルシ ジェルソ・ロッソ
価格1,382円(税込)1,468円(税込)1,382円(税込)1,230円(税込)1,382円(税込)
詳細アルコール度数:13%
ミディアムボディ
アリアニコ100%
アルコール度数:13%
ミディアムボディ
アリアニコ100%
アルコール度数:14%
ミディアムボディ
アリアニコ100%
アルコール度数:14%未満
ミディアムボディ
アリアニコ100%
アルコール度数:14.5%
ミディアムボディ
アリアニコ100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

週末や来客などがある日に5,000円未満ベスト5

第5位

アリアニコ・デル・ヴルトゥーレ・ピアーノ・デル・チェッロ

3,218円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:14%
フルボディ
アリアニコ100%

蜘蛛のデザインが実にスタイリッシュなボトルが特徴的なこのワインは、日本の女性だけによる国際ワインコンペティション『サクラアワード』にて、ダイヤモンドトロフィーを獲得するほどの高い実力を持つ逸品です。

じっくりと時間をかけてマロラクティック醗酵が成されることで、アリアニコ特有の強いタンニンと酸がなめらかになり、優雅な深紅にバルサム樹特有の匂いやスパイス香と、スグリや桑の実といった黒い果実を煮詰めてジャムにしたような濃厚なアロマが交じり合い、複雑かつ豊かな香りを漂わせます。その味わいもなめらかで、フレッシュで上質なアルコール感にどっしりと、それでいてエレガントなボディで、味わい深く幸福感のある長い余韻を楽しめます。

 

第4位

レ・マンフレディ アリアニコ・デル・ヴルトゥレ

2,820円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:14%
フルボディ
アリアニコ

タウラージと並び、『南のバローロ』と呼ばれるバジリカータ州を代表するアリアニコ・デル・ヴルトゥレは、深みのあるルビーレッドに滑らかなタンニンと濃厚な風味と、まさにアリアニコの本質を表しています。

長期熟成によって生み出された複雑で豊かなアロマは、チェリーのような甘酸っぱい果実香に、バニラや複数のスパイスを思わせ、グラスに注ぐだけで周囲に漂い、ここちよく鼻孔をくすぐります。その風味もスパイシーかつまろやかであり、個性豊かでエレガントと、実に芳醇です。

 

第3位

タウラージ・リゼルヴァ・ラヤマグラ・ヴィノジア

4,201円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:14%
フルボディ
アリアニコ100%

ゆっくりと時間をかけて濃密に熟したブドウを使ったワインは、凝縮された端正な味わいと、複雑で濃厚なアロマを漂わせます。

テロワールを重視し、アリアニコの個性と現代における卓越した醸造技術が織りなすことで生まれるワインは、ブドウの果実味を活かしつつ、シルキーなタンニンが合わさった、実に芳醇かつ濃厚で、確かなボディを感じさせる男性的な味わいです。ブラックベリーなどの果実香やバニラ、ヨードといった多彩な香りが複雑に絡み合い、奥行きのある上質な余韻が長く続きます。

 

第2位

アリアニコ・コンタド・リゼルヴァ

2,214円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:14%
フルボディ
アリアニコ100%

オーガニックで健全な畑と、経験と知識による熟練の栽培技術によって育まれ、水分を40%ほど減らした状態で収穫されたブドウは、旨味とタンニン、酸、そして果実味がギュッと濃縮されています。

その色合いは、ピジョンブラッドを思わせる深く、気品のあるルビーレッドで、スミレの花や熟したプラムといったフローラルでフルーティーな香りとともに、濃厚なチョコレートやスパイスを感じさせる香りが入り混じり、趣深く品のあるアロマを楽しめます。また、風味はカンパーニアやバジリカータとはまた違った軽やかさがあり、それでいて滑らかなタンニンが奥深い余韻を生み出します。

 

第1位

タウラージ・ヴィーニャ・マッキア・ゴーディ

4,914円 (税込)

詳細情報
フルボディ
アリアニコ100%

カッジャーノは、古くからアリアニコの最上の畑として知られる『マッキア・ゴーディ』から作られるブドウだけを使用し、年間3,000本しか製造されないため、高い希少性を誇ります。18ヶ月もの間、バリックによって熟成させることで生まれたワインは、濃厚かつエレガントな味わいが特徴です。そのポテンシャルはマエストロヴェラルディーノ作のタウラージに迫るほどで、愛好家からも高い評価を得ています。

 

グラスに注げば、プラムやダークチェリーといった黒い果実が完熟した芳醇な果実香が鼻孔をくすぐり、後からリコリス(甘草)やスターアニスといったスパイスの香りが入り混じり、実に複雑かつ上品なアロマを漂わせます。風味もその芳醇さに負けず、エレガントながらも存在感を示すタンニンと濃厚な口当たりとパワフルかつ気品を感じさせます。

5,000円未満のアリアニコの赤ワイン比較表

商品画像タウラージ・ヴィーニャ・マッキア・ゴーディアリアニコ・コンタド・リゼルヴァタウラージ・リゼルヴァ・ラヤマグラ・ヴィノジアレ・マンフレディ アリアニコ・デル・ヴルトゥレアリアニコ・デル・ヴルトゥーレ・ピアーノ・デル・チェッロ
商品名タウラージ・ヴィーニャ・マッキア・ゴーディアリアニコ・コンタド・リゼルヴァタウラージ・リゼルヴァ・ラヤマグラ・ヴィノジアレ・マンフレディ アリアニコ・デル・ヴルトゥレアリアニコ・デル・ヴルトゥーレ・ピアーノ・デル・チェッロ
価格4,914円(税込)2,214円(税込)4,201円(税込)2,820円(税込)3,218円(税込)
詳細フルボディ
アリアニコ100%
アルコール度数:14%
フルボディ
アリアニコ100%
アルコール度数:14%
フルボディ
アリアニコ100%
アルコール度数:14%
フルボディ
アリアニコ
アルコール度数:14%
フルボディ
アリアニコ100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

アリアニコの赤ワイン まとめ

今回は、南イタリアの赤ワインを代表する品種であるアリアニコについてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

ワイナリーも老舗から新進気鋭までキャリアの幅があり、それゆえに価格の幅も広く、比較的安価で上質なアリアニコを入手することが可能です。

他の赤ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>赤ワインのぶどう品種一覧

     

関連記事

【ソムリエ監修】黒ブドウの王様!カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴、おすすめの赤ワイン15選を紹介

カベルネ・ソーヴィニヨン(Cabernet Sauvignon)といえば「黒ブドウの王様」と呼ばわれ、世界中で人気の

【ソムリエ監修】イタリアの代表品種!モンテプルチアーノの特徴とおすすめの赤ワイン10選を紹介!

ソース モンテプルチアーノ種から造られる赤ワインは、はっきりとした香りと濃厚な果実味が特徴で、飲み手を選ばない万人ウ

赤ワインのぶどう品種一覧!19種をソムリエが解説!

ソース 今日、赤ワインを飲もうかな、と思った時、どのようにワインを決めますか? 今日食べるお料理に合うか、あるい

【ソムリエ監修】エレガントな香り!カベルネ・フランの特徴とおすすめ赤ワイン15選を紹介

カベルネ・フランは、穏やかなタンニンとしっかりとした骨格のある味わいは、赤ワインを生産する際には欠かせない品種の1つ

【ソムリエ監修】グルナッシュおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

  ソース スペインやフランス南部のワインでおなじみのグルナッシュ。フルーティーで飲みやすい赤ワインに

【ソムリエ監修】ドルンフェルダーの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ドイツワインで高い人気のぶどう品種、ドルンフェルダー。そのフルーティーで飲みやすい味わいが評判を呼び、ドイツ

【ソムリエ監修】赤のシャルドネ!メルローの特徴とおすすめ赤ワイン15選を紹介

ソース メルローは環境の変化に強く世界中で生産されている人気のブドウ品種です。 そのためメルローを使用したワインは

【ソムリエ監修】度数高め!ジンファンデルの特徴とおすすめ赤ワイン15選を紹介!

ソース ジンファンデルの赤ワインは度数が高く、土地の違いが出やすいです。 今回は、ソムリエがジンファンデルの特徴と

【ソムリエ監修】サンジョヴェーゼの赤ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説!

ソース サンジョヴェーゼは、イタリアのトスカーナワインの主体となる赤ワイン用ぶどう品種です。 産地によってさまざま

【ソムリエ監修】イタリアの人気品種!バルベーラの特徴とおすすめの赤ワイン10選を紹介

ソース イタリアのピエモンテ州のブドウといえば、バルベーラ!近年では、生産性が高いことから世界の各地でも広範囲で栽培

赤ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介