【ソムリエ監修】プーリアのおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

2018/10/05
イタリア

イタリアは、フランスやスペインを抑えて世界第1位のワイン生産量を誇っています。イタリアの産地として、ピエモンテ州やヴェネット州、トスカーナ州などが有名ですね。みなさんは、プーリア州を知っていますか?プーリア州は、古くからワイン作りが盛んな地方で、かつてはヨーロッパの酒蔵といわれたこともあります。

これまでプーリア州の赤ワインを飲んだことがないという方や、プーリア州を知らなかったという方に、プーリア州の赤ワインの特徴や飲んで欲しいワインを15本紹介します。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

プーリアの赤ワインとは


ソース

イタリア南部に位置するプーリア州は、アドリア海とイオニア海に両側を挟まれています。山地の面積が少なく、温暖な気候に恵まれているため、農業が盛んに行われている州です。

プーリア州のワイン造りの起源は古代ローマ時代。ギリシャからブドウやワイン造りが伝わったとされています。大量にワインを製造していた時代もあり、バルクワインの生産地と認識されていたことも。しかし、バルクワインの衰退をきっかけに、質の良いワインを造る方針へと変わっていきました。

プーリアの赤ワインの特徴

品種について

プーリアは、温暖な気候とブドウの栽培に適した土地であるため、ウーヴァ・ディ・トロイアやネグロ・アマーロ、プリミティーヴォなどさまざまな品種が栽培されています。プーリアで造られるワインのうち、赤ワインは7割を占めています。

各DOCについて


ソース

DOCは、日本語で統制原産地呼称といいます。産地・使用品種に加え、熟成方法や醸造方法、さらに色調・アルコール度数などに至るまで細かく決められています。この規定は、生産者たちによって決められ、国立原産地呼称委員会によって承認される仕組みとなっています。各DOCによって規定が異なるため、味わいや色調などに個性が現れます。現在、プーリアには28のDOCがあるといわれています。そのうち代表的な4つのDOCについて紹介します。

カステル・デル・モンテ

プーリア州のコラートとアンドリアにまたがるブドウの生産地を「カステル・デル・モンテ」といいます。プーリア州の中で1番の生産量を誇るDOCです。この地域は地中海性気候で、夏は雨が少なく、年間を通して温暖な気候です。
カステル・デル・モンテで造られる赤ワインには、ウーヴァ・ディ・トロイアやモンテプルチアーノを75%以上使用するよう決められています。

コペルティーノ

コペルティーノは、プーリア州のレッチェにあるブドウの生産地です。粘土質の土壌と、温暖な地中海性気候がブドウ造りに最適です。
コペルティーノで造られる赤ワインには、最低でも70%ネグロ・アマーロを使用することが決められています。残りは、マルヴァジーア・ネーラとモンテプチアーノは30%、サンジョヴェーゼは15%まで使用することが認められています。

プリミティーヴォ・ディ・マンドゥリア

マンドゥリアは、ターラント県にあるブドウの生産地です。土壌は酸化した鉄分やミネラルを含んだ赤土。ここで造られるブドウのほとんどは、酸味が強いプリミティーヴォ種です。

サリーチェ・サレンティーノ

サリーチェ・サランティーノは、レッチェにあるブドウの生産地です。カステル・デル・モンテに次ぐ生産量があります。プーリア州で最古のワイン生産者といわれるレオーネ・デ・カストリスによってDOCが誕生しました。
サリーチェ・サレンティーノで造られるワインは、ネグロ・アマーロを80%以上使用するよう定められています。

プーリアの赤ワインの選び方

品種で選ぶ

プーリア州で育てられている黒ブドウの品種は、いくつかありますが代表的な品種3つを紹介します。それぞれのブドウ特徴を知り、ワイン選びの参考にしてはいかがでしょう。

ウーヴァ・ディ・トロイア


ソース
トロイ戦争の時に、ディオメデスが亡命して流れ着いたのがプーリア。そこにブドウを植えたといわれています。このブドウはプーリアをはじめ、バルレッタ県やバーリ県でも栽培されています。さまざまな品種と混ぜたワインが主流でしたが、現在ではウーヴァ・ディ・トロイアのみで造られることも増えてきました。複雑で芳醇な香りが特徴的なワインが揃っています。

ネグロ・アマーロ


ソース
プーリア州が原産のネグロ・アマーロは「黒くて苦い」という意味を持っているブドウです。ネグロ・アマーロを使用したワインは、カシスやブラックベリーなどの果実味とほろ苦い味を楽しむことができます。サリーチェ・サレンティーノやスクインツァーノなどが主力品種として使用しています。

プリミティーヴォ


ソース
イタリアではプリミティーヴォ、アメリカではジンファンデルといわれています。プリミティーヴォは早熟で、他のブドウに比べて早く収穫することができます。このブドウを使用したワインは、アルコール度数は低めで、柔らかな口当たりが特徴的です。

味わいで選ぶ

赤ワインの味わいは、一般的に「ボディ」で表現されます。ボディを決定する主な要素は、アルコール度数と含まれるタンニンです。赤ワインを口に含んだ時に感じる印象によって「フルボディ・ミディアムボディ ・ライトボディ」に分けられています。しかし、この分類に明確な基準はなく、主観で決定されるものです。そのため、人によって感じ方に違いが生じることもあります。

フルボディ

フルボディは、味わいが濃厚でコクを感じられるものや、ボリューム感があって余韻が長いもの、余韻に重厚感を感じさせるものを指しています。

ミディアムボディ

タンニンは渋み成分で、ポリフェノールの一種です。ミディアムボディは、フルボディとライトボディの中間に当たります。フルボディに比べて、含まれるタンニンの量が多過ぎないため、飲みやすいワインといえるでしょう。

ライトボディ

ライトボディは、タンニンの量や酸味が少ないため、赤ワイン初心者におすすめのワインです。

DOCで選ぶ

それぞれのDOCごとに、作り方や使用するブドウの品種など多くの規定があり、高品質を保ちながら特色あるワイン造りをしています。

カステル・デル・モンテ

ウーヴァ・ディ・トロイアを使用したフルボディやミディアムボディのワインが主流で、果実味とタンニンのバランスが取れたものが多く造られています。

コペルティーノ

ワインは、ネグロ・アマーロの特徴が出た濃厚な赤色をしており、なしやチェリーを感じさせる果実味が広がります。

プリミティーヴォ・ディ・マンドゥリア

プリミティーヴォで作られるワインは、チェリーやベリーの香りに加え、ココアやスパイスも感じることができます。強い酸味とミネラルが調和した力強いワインが多く造られています。

サリーチェ・サレンティーノ

サリーチェ・サレンティーノで造られるワインは、ネグロ・アマーロを80%以上使用し、マルヴァジア・ネーラなどを加えて造られます。程よくタンニンが抑えられ、果実味と酸味のバランスがよいワインが造られています。

プーリアのおすすめ赤ワイン15選

プーリアの赤ワインは、生産された地域やDOCによって特徴があり、味わいや香りなどが異なります。また、プーリアで多く栽培されている品種を使用したワインもおすすめです。これから、ぜひ手にとって欲しい赤ワインを、価格別に合計15本紹介します。

日常使いにおすすめ!2000円未満ベスト5

5位 トッレヴェント ボーロネーロ カステル・デル・モンテ・ロッソ

トッレヴェント ボーロネーロ カステル・デル・モンテ ロッソ

1,223円 (税込)

詳細情報
ボディ:ミディアムボディ
品種:ウーヴァ・ディ・トロイア70%アリアニコ30%

世界遺産のカステル・デル・モンテのそばのブドウ畑で収穫された、ウーヴァ・ディ・トロイアとアリアニコを使用して造られたワインです。ステンレスタンクで熟成させており、ブドウの果実味を楽しむことができますよ。プーリアの赤ワイン初心者に飲んで欲しいワインです。

4位 0・ゼロ・ネグロアマーロ

0・ゼロ・ネグロアマーロ

1,571円 (税込)

詳細情報
ボディ:ミディアムボディ
品種:ネグロ・アマーロ100%

ネグロ・アマーロは、黒い・苦いという意味です。その名の通り、濃厚な紫色とほろ苦い後味が特徴的なワインです。ネグロ・アマーロのワインを飲んだことがないという方におすすめしたい1本です。

3位 コペルティーノ ロッソ2015

コペルティーノ ロッソ2015

1,555円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ
品種:ネグロ・アマーロ70%モンテプルチャーノ30%

手で摘んだネグロ・アマーロを、アメリカ産の樽で熟成させたワインです。フレッシュなベリーの香りと強すぎないタンニンとのバランスが絶妙です。適度な甘さを感じることができるため、赤ワインを飲み慣れていない人にオススメです。

2位 プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア ポッジョ・レ・ヴォルピ

プリミティーヴォ ディ マンドゥーリアポッジョ・レ・ヴォルピ

1,231円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ

品種:プリミティーヴォ100%

プリミティーボの特徴である、酸味とタンニンが調和したワインです。スパイスを使用した肉料理との相性がよいといわれています。バーベキューと一緒に楽しんで欲しい1本です。

1位 フェウド・モナチ・サリーチェ・サレンティーノ

フェウド・モナチ・サリチェ・サレンティーノ

1,080円 (税込)

詳細情報
ボディ:ミディアムボディ
品種:ネグロアマーロ、マルヴァジーア・ネーラ

早朝に摘み取ったブドウを使用して造られたワインです。ネグロ・アマーロの特徴である濃いルビー色がきれいで、力強い果実由来の香りがあります。日頃赤ワインを飲み慣れている方にも満足いただけるはずです。

週末や来客がある日に2000円〜5000円ベスト5

5位 プリミティーヴォ ディ マンドゥーリア ヴィーニ ヴェッキエ レジェンダ2015

プリミティーヴォ ディ マンドゥーリアヴィーニ ヴェッキエ レジェンダ 2015

4,298円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ

品種:プリミティーヴォ

果実を煮詰めて造られるジャムのような凝縮した香りと甘みを感じることができるワインです。

4位 コレッツィオーネ・チンクアンタ+N.V年 サン・マルツァーノ

コレッツィオーネ ・チンクアンタ+N.V年 サン・マルツァーノ

2,590円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ

品種:プリミティーヴォ、ネグロ・アマーロ

樹齢50年以上のブドウの木から取れるプリミティーヴォとネグロ・アマーロを使用して造られたワインです。プルーンを煮詰めたような濃厚な果実味と、ほんのり香るスパイスが特徴です。古樹から造られるワインを飲んでみたいという方におすすめです。

3位 タトール プリミティーヴォ ディ サレント2016 ポッジョ レ ヴォルピ

タトール プリミティーヴォ ディ サレント2016 ポッジョ レ ヴォルピ

2,214円 (税込)

詳細情報
ボディ:ミディアムボディ
品種:プリミティーヴォ100%

ブドウを粉砕せずそのままステンレスタンクに入れて発酵させたワインです。ベリーやドライイチジクのような濃厚な果実味を感じることができます。週末にローストビーフなどの肉料理と一緒に楽しんでみては?

2位 ヴィーニャ・ペダーレ カステル・デル・モンテ ロッソ リゼルヴァ2012

ヴィーニャ・ペダーレ カステル・デル・モンテ ロッソ リゼルヴァ2012

2,190円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ
品種:ネーロ・ディ・トロイア100%

プルーンやブルーベリーの香りとローリエのようなスパイスを感じることができます。大切な人との記念日に、ぜひ飲んで欲しい濃厚な赤ワインです。

1位アッポローニオ<ディヴォート>コペルティーノ・リゼルヴァ2008

アッポローニオ<ディヴォート>コペルティーノ・リゼルヴァ2008

2,462円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ

品種:ネグロ・アマーロ70%、モンテプルチアーノ30%

ディヴォートは日本語で「神に感謝する年」という意味。濃厚な果実味とバニラやキャラメルのような香りが絶妙なバランスを楽しむことができます。大事な人との時間を大切にしたいと考えている人におすすめしたいワインです。

特別な日に5000円以上

5位 スコラ・サルメンティ ディチョット

スコラ・サルメンティ ディチョット

5,281円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ

品種:プリミティーヴォ100%

プラムのような果実味と、タンニンや酸味が穏やかなバランスのよいワインです。このワイナリーは、若手の生産者が立ち上げたものです。若いワイナリーが手がけるワインを飲んでみたいという方におすすめです。

4位 ジャンフランコ・フィノ・プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア・エス2014

ジャンフランコ・フィノ・プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア ・エス2014

8,350円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ
品種:プリミティーヴォ100%

イタリアワインガイド誌で高評価をつけたワインです。2回の選果で厳選したブドウを使用し、ステンレスタンクで発酵、フレンチオークの樽で熟成させました。レーズンのような香りと鉄系のミネラルがバランスよく調和したワインです。柔らかい苦味を感じることができ、リッチな味わいが長く続きます。赤ワイン好きの方に選んでもらいたい1本です。

3位 ボッカ・ディ・ルポ トルマレスカ2012

ボッカ・ディ・ルポ・トルマレスカ2012

8,640円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ
品種:アリアニコ100%

果実由来の香りと白胡椒を思わせるスパイスを感じることができます。飲み始めはマイルドですが、口の中にタンニンの苦味がじんわりと広がります。南のバローロといわれることもあるため、バローロを好む方に飲んで欲しいワインです。

2位 タウリーノ パトリリオーネ サレント・ロッソ

タウリーノ パトリリオーネ サレント・ロッソ

7,464円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ
品種:ネグロ・アマーロ、マルヴァジーア・ネーラ

先祖から受け継いだ畑で栽培されたブドウを、半ば乾燥した状態になってから収穫して造られます。枯れ葉のような香りと黒すぐりを思わせる果実味を感じることができます。

1位 サン・マルツァーノ・アニヴェルサーリオ・セッサンタドゥエ・リゼルヴァ2014

サン・マルツァーノ・アニヴェルサーリオ・セッサンタドゥエ・リゼルヴァ2014

8,294円 (税込)

詳細情報
ボディ:フルボディ
品種:プリミティーヴォ100%

幻の高級ワインと称されるほど評価の高いワインです。プルーンやチェリーのような香りとタバコを感じさせるスパイシー感が口に広がります。結婚記念日など大切なお祝いの日に飲んで欲しいワインです。

まとめ


ソース
プーリアは古代ローマ時代に、ギリシャからブドウ栽培やワイン生産が伝わったといわれており、イタリアの中でも歴史あるワイン生産地です。ピエモンテやトスカーナと比べると知名度は低めですが、ワインの生産量ではそれらの地域を上回っています。

プーリアの赤ワインを選ぶときは、ウーヴァ・ディ・トロイアやネグロ・アマーロを使用したものがおすすめです。ぜひプーリアの特徴が活かされた赤ワインを楽しんでみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】プーリアの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

イタリアで第2のワイン生産量を誇るプーリアのワインは、すっきりとした辛口ワインが代表的。軽やかな飲み口で料理にも合わせや

【ソムリエ監修】プーリアのワインの魅力を解説!おすすめのワインまで紹介

ソース プーリアは、イタリアの中でもワイン生産量が1、2を争う銘醸地です。海に囲まれ、地中海性の恵まれた気候の中で

【ソムリエ厳選】コスパ最強!安くて美味しい赤ワインおすすめ10選!1,000円以下をピックアップ

安くて美味しいワインが飲めたら人生お得に楽しめます! 昨今では様々な国の美味しい赤ワインがたくさん出回っていますよ

【ソムリエ厳選】山梨のおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

近年ブームの日本ワイン。 生産者の7割が集中する山梨県は、甲州種の白ワインのイメージが強いですが、赤ワインも豊富で

【ソムリエ厳選】イタリアのおすすめ赤ワイン20選!特徴、種類、選び方のコツまで解説

イタリアは、近年フランスを抑えて、ワイン生産量世界一! そんなイタリアの魅力は豊富なワインの種類ですが、どれば選ら

【ソムリエ監修】安くて美味しい!南アフリカのおすすめ赤ワイン20選!

南アフリカはニューワールドのワイン生産国として、近年注目を集めています。 寒暖差の激しい気候で海が近いという立地条

【ソムリエ監修】サルデーニャの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

イタリアの西部にあるサルデーニャは、地中海の島の中ではシチリア島の次に面積が広い島です。世界有数のリゾート地コスタ・スメ

【ソムリエ監修】ロンバルディアの赤ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説

ソース ロンバルディアはイタリア北部の州で、アルプスの山々や大河ポーに挟まれています。 ブドウ栽培地域は一部の丘陵

【ソムリエ監修】ドイツのおすすめ赤ワイン10選!人気上昇中!

近年世界的な赤ワインブームに乗って、ドイツでも赤ワインの生産が伸びています。 とくに代表品種のシュペートブルグンダ

【ソムリエ監修】日本の赤ワインおすすめ20選!選び方のコツも解説

ソース 伊勢志摩サミットで各国の要人に日本ワインが振る舞われたことによって、日本ワインについて知ったという方も多いか

赤ワインの選び方


特集記事

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

TOP