北海道のおすすめ日本酒ランキング7選!特徴や選び方も解説!

2021/08/25
日本酒

日本酒といえば、山形県や新潟県など東北地方が思い浮かぶ方も多いかもしれません。

しかし、近年北海道の日本酒が注目を集めています。

そこで今回は、お酒のプロが北海道の日本酒を紹介。

特徴や選び方もあわせて、解説していきます。

北海道の日本酒。その特徴とは?

一番の特徴は、淡麗辛口です。

北海道の冷涼な気候で作られるため、口当たりがスッキリとし、なめらかな仕上がりに。

酸度が低くて飲みやすいため、どんな料理とも相性が良いのも特徴の一つです。

近年では香り豊かで、芳醇なタイプの日本酒も登場。

北海道以外だと、新潟県や福井県などが淡麗辛口の日本酒を造っています。

北海道の日本酒造りは江戸時代から

江戸時代から始まると言われる、北海道の日本酒。

元々は生産量が少なかったようですが、酒造りに適した土地ということもあり、需要は徐々に増加。

大正時代には道内で飲まれる酒の9割を、地元の北海道産が占めるようになったのです

北海道の日本酒はどうやって選ぶ?

ここでは日本酒の選び方を2種類、紹介していきます。

【選び方1】歴史ある酒蔵から選ぶ

長年地元で愛されている日本酒を選ぶことができます。

北海道で歴史のある酒蔵の代表は「日本清酒」

創業は、明治5年と北海道でもっとも歴史のある酒蔵です。

代表銘柄の「千歳鶴」は、最も人気。

地元だけでなく、全国でもファンの多い日本酒の一つです。

【選び方2】「吟風」「彗星」「きたしずく」という稲の種類から選ぶ

「吟風」は北海道産米が広がるきっかけになった稲の品種の一つ。

芳醇な香りとコクが特徴で、しっかりとした味わいに仕上がります。

「彗星」はたんぱく質の含有率が低いため、淡麗なキリッとした味わいが特徴。

北海道の新鮮な魚介料理とも相性良しです。

「きたしずく」は雑味が少なく、とても柔らかい味わいに仕上がります。

耐冷性が高く、北海道の冷涼な気候でも安定した生産を行うことができる品種です。

北海道で飲みたい!おすすめの日本酒ランキング7選

ここからお酒のプロが選んだ、北海道の日本酒をおすすめ順に紹介していきます。

7位 國稀 くにまれ

国稀酒造 特別純米酒

詳細情報
ブランド:国稀
日本酒度:+4〜+6
アルコール度数:16

北海道の一番北にある蔵元で、120年の歴史がある日本酒です。

味わいは辛口な仕上がり。

北海道に行った際には、國稀を作っている増毛町にもぜひ行ってみてください。

6位 北の錦 きたのにしき

北の錦 純米大吟醸 雪心

詳細情報
ブランド:北の錦
日本酒度:± 0
アルコール度数:16%

全国屈指の稲作地帯で作られる日本酒です。

作られた日本酒の香りがとても芳醇で、綺麗な酸を含んだ味わいに仕上がります。

大きめグラスで、香りを楽しみながら飲みたい一品です。

5位 福司 ふくつかさ

福司 純米吟醸

詳細情報
ブランド:福司
日本酒度:+3
アルコール度数:15%

北海道産米を主に使用し、大自然の伏流水で作っているため、バランスの取れた芳醇な香りに。

食事の邪魔にならない香りで、ご飯を引き立ててくれます。

4位 二世古 にせこ

二世古 原酒 京極

詳細情報
ブランド:二世古
日本酒度:+3.5
アルコール度数:15.5

観光地としても有名な二世古で作られる、今注目の日本酒。

穏やかな香りが特徴で、二世古に行った際にはぜひ飲んでほしい一品です。

自宅で楽しむ際は、大きめのバルーングラスがおすすめ。

3位 国士無双 こくしむそう

高砂酒造 国士無双 大吟醸酒

詳細情報
ブランド:高砂酒造
日本酒度:+4
アルコール度数:15

すべて北海道産米を使用し、米のコクが感じられる淡麗辛口な味わい。

寒い土地で造られる日本酒ならではの、キリッとした味わいに仕上がっており、北海道の食材と合わせて飲みたい銘柄です。

2位 千歳鶴 つとせつる

千歳鶴 純米吟風 丹頂鶴

詳細情報
ブランド:千歳鶴
日本酒度:+5
アルコール度数:13〜14

千歳鶴は全国新酒鑑評会で何度も金賞を受賞する日本酒。

明治5年創業の札幌を代表する蔵元で造られています。

ゆっくり時間をかけて味わいたい、贅沢な一品です。

1位 男山 おとこやま

男山 復古酒

詳細情報
ブランド:男山
日本酒度:-50
アルコール度数:16

北海道旭川の名水で醸造された地酒です。

300年以上の歴史がある蔵元で作られており、国内外さまざまなコンクールで金賞を受賞している一品。

味わいは超甘口なので日本酒初心者におすすめ。

食中酒にも日本酒のみでも楽しめるオールマイティーな銘柄です。

お土産にもぜひ。

まとめ

北海道の日本酒は、淡麗辛口。

つまりは、口当たりがスッキリとし、なめらかな仕上がりが特徴です。

酒蔵の歴史や、稲の種類で選びたいところ。

例えば、歴史のある酒蔵の代表は「日本清酒」。

代表銘柄の千歳鶴は、全国でも人気があります。

どんな食事とも相性の良い北海道の日本酒を、この機会にぜひ試してみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

岐阜のおすすめ日本酒10選!有名酒蔵やおつまみ、地酒を楽しめる居酒屋も解説!

「岐阜で有名な日本酒銘柄を知りたい」 「日本酒と合う岐阜のおいしい料理を知りたい」 そんな方に向け、今回は岐阜県

八海山のおすすめ銘柄20選|日本酒から焼酎・甘酒まで幅広い種類や美味しい飲み方までご紹介!

定番の人気日本酒、「八海山」。 料理を邪魔しない食中酒として、全国の日本酒好きから根強い人気を誇っています。 一

大吟醸酒のおすすめランキング10選!飲みやすい銘柄もあわせてご紹介!

日本酒のなかでも高級の部類であり、人気の大吟醸。 ただ、「純米大吟醸と大吟醸って何が違うの?」 、「美味しい大吟醸

日本酒のアルコール度数を抑えておいしく飲むには?低アルコール銘柄も紹介

アルコール度数が高い印象のある日本酒。 「日本酒を飲むとすぐに酔っぱらってしまう」 「お酒に強くないけどおいしく

おすすめスパークリング日本酒【12選】|製法や種類に分けたおすすめをご紹介!

近年よく耳にすることが多くなってきた「スパークリング日本酒」。 おしゃれなボトルや爽快な口当たりの飲みやすさから男

青森の日本酒ランキング10選!選び方から酒蔵見学できるスポットまで解説!

「青森の有名な日本酒を知りたい」 「青森旅行に行くので地酒を試飲できるところを知りたい」 そんな方に向け今回は、

日本三大酒処「西条」を持つ広島県のおすすめ日本酒ランキング5選!

日本三大酒処の一つとして有名な広島県。 とはいえ、どんな日本酒があるのかあまり知らないという方もいるかもしれません

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

  純米酒は米と米麹だけを原料に造られた、米本来のうまみを味わえる日本酒です。 原料となる米や製造方法

熱燗におすすめの日本酒10選|温度による熱燗の種類や美味しい作り方もご紹介!

「熱燗、ぬる燗、飛び切り燗って何が違うの?」 「美味しい熱燗の作り方を極めたい」 「熱燗におすすめの日本酒が知り

どぶろくとは?種類から、おすすめのどぶろく、飲み方まで徹底解説!

「どぶろくってどんなお酒?」 「どれを選べば良いかわからない。」 「どんな飲み方があるの?」 どぶろくに関して

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP