【2022年最新】安くて美味しい人気おすすめウイスキー21選!

2020/11/09
ウイスキー

「普段家で飲む安くて美味しいウイスキーが知りたい!」

今回は、そんな方に向けてコスパ抜群の人気おすすめのウイスキーを2,000円未満で厳選しました。

ぜひ、参考にしてみてください!

記事の監修者

住吉 祐一郎

「ウイスキーガロア」ライター。共訳書に「ウイスキー・ライジング」(小学館)、電子書籍に「ウイスキーに、誘われて」がある

ウイスキージャーナリスト。「バー・ライカード」オーナーバーテンダー。 竹鶴シニアアンバサダー。ジャパニーズウイスキーストーリーズ実行委員会実行委員長。 東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)洋酒・焼酎部門公式審査員。

安くて美味しいウイスキーと高いウイスキーの違い

安くて美味しいウイスキーと高いウイスキーの違い

まずは価格によるウイスキーの違いを見ていきましょう。

今回は原材料・製法・熟成期間の視点から解説していきます。

原材料の違い

ウイスキーは、大麦麦芽、小麦、ライ麦、トウモロコシなどが主な原材料になります。

名称原料
 モルトウイスキー大麦麦芽のみ
 グレーンウイスキー穀物(小麦やトウモロコシ)
 ブレンデッドウイスキーモルトとグレーンの混合

グレーンウイスキーだけで売り出されることは少なく、ほとんどがブレンデットウイスキーの原酒になります。

原材料の価格を比較すると、大麦麦芽に対してトウモロコシや小麦などは安価になります。

そのため、安いウイスキーはブレンデットウイスキーのなかで、グレーンウイスキーの比率が多いものです。

 

製法の違い

ウイスキーの蒸留の方法はウイスキーの個性を左右する重要なポイントです。

蒸留の回数、温度、蒸留器の種類などによってウイスキーの香りや味わいは変化します。

一般的に「ポットスチル」とも呼ばれる単式蒸留機を使ったウイスキーは強い個性を持ちます。

一方、連続式蒸留器を使ったウイスキーは風味がライトです。

連続式蒸留器はウイスキーを大量生産することが可能なので、安価な銘柄が多いことも特徴です。

 

熟成期間の違い

ウイスキーの味の決め手は樽熟成です。

樽の中でウイスキーを寝かせることで味はまろやかになり、樽の風味がウイスキーへと移っていきます。

樽の種類や大きさ、熟成年数によってウイスキーの品質は大きく左右されます。

熟成年数のピークはありますが、一般的にウイスキーは長く熟成させるほど味わいはまろやかになります。

熟成にはコストがかかるとともに希少性が高まりますので、年代物のウイスキーは高額です。

 

 

 

安くて美味しいウイスキーの選び方

安くて美味しいウイスキーの選び方

ウイスキーは産地によって、特徴が大きく異なります。

ここでは主要産地の特徴をご紹介します。

 

スコッチ

スコッチはウイスキーを代表する種類です。

スコッチウイスキーと言えばシングルモルトが有名ですが、生産量を見るとブレンデットウイスキーが全体の8割を占めています。

スコッチウイスキーについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>スコッチ・ウイスキーとは?種類から、おすすめのスコッチ、飲み方まで徹底解説

アメリカン

アメリカンウイスキーの代名詞といえばやはりバーボンでしょう。

甘いバニラの香りが特徴のこのウイスキーは、短い熟成年数でも味わいが整うため安価に購入できる銘柄も多くあります。

アメリカウイスキーについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>アメリカンウイスキーとは?おすすめの銘柄から蒸溜所まで徹底解説!

アイリッシュ

アイリッシュウイスキーは軽やかさが特徴です。

シングルモルトでも、ブレンデットでも手に入れやすい価格帯の銘柄が多くあります。

飲みやすさと価格の安さから、普段飲むウイスキーにアイリッシュウイスキーはおすすめです。

アイリッシュウイスキーについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>アイリッシュウイスキーとは?種類からおすすめのアイリッシュウイスキーまでご紹介!

ジャパニーズ

近年世界から大きく注目を集めているジャパニーズウイスキー。

山崎や白州、竹鶴などの有名ブランドに関わらず流通価格が高騰していますが、お求めやすい価格のものもたくさんあります。

外国産ウイスキーをブレンドしたものもあるので、色々と試してみてはいかがでしょうか?

ジャパニーズウイスキーについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>ジャパニーズウイスキー(日本)のおすすめランキング24選!特徴を徹底解説!

カナディアン

カナディアンウイスキーは入手しやすい価格帯の銘柄が多くあります。

ブレンデットウイスキーが豊富で、軽い飲み口のものが多いことから安価なウイスキーを幅広く取り揃えています。

軽快な味わいをお求めな方はカナディアンウイスキーがおすすめです。

カナディアンウイスキーについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>カナディアンウイスキーとは?特徴や魅力、おすすめ銘柄を徹底解説!

おすすめの安くて美味しいウイスキー21選

安くて美味しいウイスキー21選

ここからは安くて美味しいウイスキー21選を紹介していきます。

今回紹介するウイスキーは以下の通りです。

商品画像バランタイン ファイネストデュワーズ ホワイトラベルジムビーム ホワイトフォアローゼス イエローラベルブッシュミルズジェムソン明石の地ウイスキー あかしキリンウイスキー 陸カナディアンクラブカナディアンミストサントリー ウイスキー トリス クラシック バーボン ウイスキー オールド クロウ I.W.ハーパー ゴールドメダル ジョニーウォーカー レッドラベルカティサーク オリジナルホワイトホーススコッチウイスキー ティーチャーズ ハイランド クリームクレイモアサントリー ウイスキー 角瓶 ブラックニッカディープブレンドエンシェントエイジ 2A
商品名バランタイン ファイネストデュワーズ ホワイトラベルジムビーム ホワイトフォアローゼス イエローラベルブッシュミルズジェムソン明石の地ウイスキー あかしキリンウイスキー 陸カナディアンクラブカナディアンミストサントリー ウイスキー トリス クラシックバーボン ウイスキー オールド クロウ I.W.ハーパー ゴールドメダル ジョニーウォーカー レッドラベルカティサーク オリジナルホワイトホーススコッチウイスキー ティーチャーズ ハイランド クリームクレイモアサントリー ウイスキー 角瓶ブラックニッカディープブレンドエンシェントエイジ 2A
詳細度数:40 %
産地:スコットランド
度数:40 %
産地:スコットランド
度数:40 %度数:40 %度数:40 %
産地:アイルランド
度数:40 %
産地:アイルランド
度数:40 %
産地:日本
度数:50 %
産地:日本
度数:40 %
産地:カナダ
度数:40 %
産地:カナダ
度数:37 %
産地:日本
度数:40 %
産地:アメリカ
度数:40 %
産地:アメリカ
度数:40 %
産地:イギリス
度数:40 %
産地:イギリス
度数:40 %
産地:イギリス
度数:40 %
産地:イギリス
度数:40 %
産地:イギリス
度数:40 %
産地:日本
度数:45 %
産地:日本
度数:40 %
産地:アメリカ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

では早速それぞれ見ていきましょう。

バランタイン ファイネスト

バランタイン ファイネスト

計算され尽くされたブレンドのスコッチウイスキーです。

木樽やスモーキーな香りはほどほどに、なめらかで豊かな風味を感じることができます。

40種類もの原酒を巧みにブレンドした、気品あふれるウイスキーです。

ハイボールやロックでキリリと冷やして飲むのがおすすめ!

産地
スコットランド

デュワーズ ホワイトラベル

デュワーズ ホワイトラベル

創業から170年以上の歴史を誇る由緒正しきスコッチウイスキー。

ほのかな甘みの中にスコッチ特有のスモーキーな香りを楽しむことができます。

華やかで芳醇な味わいは、多くのバーテンダーから高い評価を受けています。

デュワーズはハイボールを生み出したのウイスキーとも言われているので、ぜひともハイボールでお楽しみください!

産地
スコットランド

ジムビーム ホワイト

世界トップクラスの売上を誇るバーボンウイスキー。

軽やかなバニラの香りは、スムースで心地よく飲みやすさがあります。

穀物と樽由来の甘さが感じられ、ウイスキーが苦手な方や初心者にもおすすめです。

ハイボールの弾ける炭酸がジムビームの甘い風味を引き立たせます。

産地
アメリカ

フォアローゼス イエローラベル

フォアローゼス イエローラベル

伝統的なバーボンの製法を守った「薔薇がイメージキャラクターのウイスキー」。

フローラルでわずかにスパイシーな香りは飲むものを魅惑します。

味わいには奥深さがあり、フルーティーな余韻がじっくりと続きます。

4つの薔薇の愛の物語が由来となったロマンチックなバーボンです。

産地
アメリカ

ブッシュミルズ

ブッシュミルズ

世界最古のウイスキー認可蒸留所が作り出す歴史あるアイリッシュウイスキー。

ピートを使わないピュアなモルトを使うのがこだわりです。

伝統の3回蒸留による穏やかさと、モルトの風味やフルーティーな香りを感じることができます。

飲み飽きしない軽口の風味がクセになります。

産地
アイルランド

ジェムソン

ジェムソン

アイリッシュウイスキーの中でも圧倒的なシェアを持つ逸品。

スムーズな味わいがあり、アイリッシュウイスキーらしい穏やかな飲み心地を楽しむことができます。

わずかに香る青リンゴやハーブが食欲をそそり、合わせる料理を選びません。

飲みやすさが増すハイボールにして食事と一緒にぜひ!

産地
アイルランド

明石の地ウイスキー あかし

明石の地ウイスキー あかし

スコッチを手本にした明石産のブレンデッドウイスキーです。

モルトウイスキーの原酒には本場イギリス産の麦芽を100%使用。

海に面した明石の地ウイスキーは、スコットランドの塩気の効いたウイスキーを思わせる風味を持ちます。

港町の風土を感じるウイスキーの味わいをぜひ堪能してみてください。

産地
日本

キリンウイスキー 陸

キリンウイスキー 陸

世界中から選び抜いたウイスキー原酒をブレンドしたジャパニーズウイスキーです。

バーボンのようなキャラメルや焦げた木材のような香ばしさ、柑橘系のフルーツやスパイスなど多様な風味が特長です。

飲みごたえと華やかさを両立した1本。

ハイボールはもちろん、ロックや水割りなど様々な飲み方で楽しむことができます。

産地
日本

カナディアンクラブ

カナディアンクラブ

カナディアンウイスキーの代名詞とも言えるブランド。

カナダの雄大な自然の雪解け水で仕込まれた、クリアですっきりとした飲み心地が特徴です。

クセのない万能な味わいは食中酒として最適!

「CC」の略称で愛されている、日本でも特に人気の銘柄です。

産地
カナダ

カナディアンミスト

カナディアンミスト

軽快でスムーズな口当たりのカナディアンウイスキーです。

3回蒸留によるまろやかで引っ掛かりのない味わいが特長。

穏やかなバニラや穀物の香り、ほのかに感じる甘みとさらりとした後味を楽しめます。

ハイボールにして爽快に飲むのはもちろん、クセのなさを活かしてカクテルベースにするのもおすすめ。

産地
カナダ

トリス クラシック

サントリー ウイスキー トリス クラシック


非常にリーズナブルでありながら美味しいブレンデッドウイスキー。

ほのかな甘い香りと丸みのある滑らかな味わいが特徴です。

癖が少なく幅広い楽しみ方ができることがポイント。

ハイボールはもちろん、水割りやお湯割りでもどうぞ。

産地
日本

オールド クロウ

バーボン ウイスキー オールド クロウ


1835年創立のオールドクロウ蒸溜所で誕生した歴史あるバーボンウイスキー。

バーボンらしい味わい爽やかな香りに深い味わいを楽しめます。

ストレートやロック、ハイボールなどでお楽しみください。

産地
アメリカ

I.W.ハーパー ゴールドメダル

I.W.ハーパー ゴールドメダル


洗練されたスタイリッシュな味わいが特徴のバーボン。

ほのかな甘味とスッキリした味わいで飲みやすいことが魅力です。

スムースさが特徴のため、カクテルとして楽しむこともおすすめ。

オレンジジュースやクランベリージュースなど果実系と合わせるとさっぱりと頂けます。

産地
アメリカ

ジョニーウォーカー レッドラベル

ジョニーウォーカー レッドラベル


ジョニー・ウォーカーの名を轟かせた先駆的存在のブレンデッドスコッチ。

リンゴのような果実の甘味と、ほどよいスパイシーさを感じられる味わいが特徴です。

ジョニー・ウォーカー特有のスモーキーな感覚も楽しめる、コスパ良しの一本。

産地
イギリス

カティサーク オリジナル

カティサーク オリジナル


軽やかに楽しむならこのブレンデッド・スコッチウイスキーがおすすめ。

名前はイギリスの快速帆船「カティサーク号」が由来です。

フルーティーで飲みやすく、ライトさが魅力的。

ハイボールやロックでさっぱりとした味わいで、お楽しみください。

産地
イギリス

ホワイトホース

ホワイトホース


1890年からの歴史を持つ本場スコッチウイスキー「ホワイトホース」。

木樽で最低3年間寝かせることで生まれるスモーキーな香り。

花やはちみつのようなフレッシュさも併せ持ちます。

ドライで飲みやすい味わいをお楽しみください。

産地
イギリス

ティーチャーズ ハイランド クリーム

スコッチウイスキー ティーチャーズ ハイランド クリーム


まろやかさが魅力のスコッチウイスキー。

滑らかで口当たりに、力強いコクがあります。

スモーキーで熟した林檎や洋ナシの香りに、シルクのような優しい味わい。

バランスが良く、幅広い方にお楽しみいただける一本です。

産地
イギリス

クレイモア


ゲール語で「剣」を意味するクレイモア。

力強く深い、伝統的な味わいが特徴です。

価格以上の味わいから、人気を誇るウイスキーです。

産地
イギリス

サントリー ウイスキー 角瓶

サントリー ウイスキー 角瓶


日本人の舌に合うウイスキーとして選ばれる一本。

山崎と白州蒸溜所バーボン樽原酒をブレンドすることで、バランスのとれた味わいに仕上げられています。

ハイボールとして楽しむことで、より一層美味しさが引き出されることもポイント。

食卓酒としてコスパ良く楽しむなら、ぜひおすすめのウイスキーです。

産地
日本

ブラックニッカディープブレンド

ブラックニッカディープブレンド


豊かな甘味に心地よい余韻を楽しめるウイスキー。

新樽のウッディーな香りに、ほのかなバニラの甘みが魅力的です。

非常に濃いモルトの甘みを感じられる味わいは、ゆったりとした空間を演出してくれます。

心地の良い夜を楽しむなら、欠かせない一本です。

産地
日本

エンシェントエイジ 2A

エンシェントエイジ 2A


「エンシェントエイジ」にはAが2つあることから「2A」と呼ばれるウイスキー。

クセが少なく、軽やかに楽しめることが特徴です。

程よい酸味のあるコクでクリーンなため、飲みやすく初心者にもおすすめの一本。

産地
アメリカ

安いウイスキーを美味しく飲む方法

ここからは安いウイスキーを美味しく飲む方法を紹介していきます。

今回紹介する方法は以下の通りです。

 

味わいの特徴
・オークチップを漬け込む
・いろいろな飲み方を試す

 

では早速見ていきましょう。

オークチップを漬け込む

安価なウイスキーに風味を足す方法として、オークチップを漬け込む方法があります。

オークチップとは、燻製料理に使う木片です。

ウイスキーの熟成樽の素材はオークが使われています。

オークチップをウイスキーに漬け込むことで手軽に熟成感のあるウイスキーを楽しむことができます。

漬け込むチップの種類や量、期間はお好みですので、気になる方はぜひやってみてください。

 

いろいろな飲み方を試す

ウイスキーにはストレート、ロック、トワイスアップ、水割り、ソーダ割りなどさまざまな飲み方があります。

多彩な飲み方は蒸留酒ならではの楽しみ方です。

今回は以下の飲み方を紹介していきます。

 

ウイスキーの割り方
・ストレート
・水割り
・トワイスアップ
・ハイボール
・オンザロック
・ミスト

 

ではそれぞれ見ていきましょう。

ストレート

ストレートはその名の通り、他に手を加えずそのまま楽しむ飲み方です。

ウイスキーの味わいをそのまま楽しみたい際には、ストレートがおすすめ。

小振りのグラスを用意し、3分の1から2分の1ほど注ぐだけで完成です。

時間の経過によって香りが開いていくため、変化を楽しみやすい飲み方でもあります。

注意点としては、割らないため度数が高いためこと。

ミネラルウォーター(チェイサー)を用意しながら、ゆっくりと味わって楽しみましょう。

 

水割り

ストレートの次に最も手軽に楽しめる飲み方「水割り」。

湿度の高い日本で生まれたとされています。

タンブラー型のグラスにウイスキーを注ぎ、お好みに合わせてミネラルウォーターを加えましょう。

ミネラルウォーターの量を自由に調整できるため、他の割り方に比べて度数の高いウイスキーでも楽しみやすいことがポイント。

お好みで氷を入れてもよいですが、ウイスキーの香りを楽しみたい方は常温のミネラルウォーターがおすすめです。

 

トワイスアップ

ワイングラスのようなグラスにウイスキーを注ぎ、それと同量の常温の水を注ぐ水割りの一種「トワイス・アップ」。

ウイスキーと水を1:1で注ぐことでより、ウイスキーの香りが開きやすいことがポイント。

ブレンダーのテイスティングでも用いられています。

初めて飲むウイスキーの香りを楽しみたい時はもちろん、度数の強いウイスキーを楽しむ際にもおすすめです。

 

ハイボール

ソーダで割ることで爽やかな味わいを楽しめる「ハイボール」。

グラスに氷をたっぷりと詰め、ウイスキーを3分の1くらいまで注ぎます。

そこへウイスキーの倍量ほどのよく冷えたソーダを注げば完成。

喉越しや爽快感を楽しめる飲み方で、お好みでレモンなどを加えることもおすすめです。

オンザロック

ロックグラスに大振りな氷を入れて、その上からグラスの半分くらいまでウイスキーを注ぐのが、オンザロックスタイル。

氷が溶けることにより、ウイスキーの味わいや香りが変化していくことを楽しめます。

溶けづらい氷を使うことで長く楽しめるため、氷選びも意識してみください。

ミスト

 

ロックグラスの中に細かく砕いたクラッシュアイスを入れる「ミスト」。

グラスが霧のような水滴に包まれることが名前の由来です。

涼しい外見から、夏場などによく嗜まれます。

細かい氷を使用しており、溶ける速度が早いので水っぽくなる前に飲み切りましょう。

安くて美味しいウイスキーを楽しもう!

安くて美味しいウイスキーを楽しもう

ウイスキーはバーで飲む高級なお酒だというイメージがあるかもしれませんが、安価で美味しい銘柄はたくさんあります。

ハイボールで爽快に飲むもよし、ロックでゆっくり楽しむもよしです。

ぜひみなさんもこの機会にウイスキーを気軽に飲んでみてください!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

スコットランド・スカイ島で造られるウイスキーとは?タリスカーの特徴・味わいを徹底解説!

スモーキーな香りが特徴的なタリスカー。 スパイシーな味わいも混ざり非常に美味しいですが、銘柄の種類も多く迷

アードベッグのおすすめ銘柄ランキング10選!こだわりの製法や個性のある味わいも解説!

アードベッグはウイスキーの聖地と名高いスコットランドの「アイラ島」で製造されるウイスキー。 アイラ島のウイ

イチローズモルトはどんなウイスキー?人気の理由、種類、味、値段を徹底解説!

革新的なウイスキー造りをすすめるベンチャーウイスキーの「イチローズモルト」。 今回はそんなイチローズモルトのこだわ

ジャパニーズウイスキー(日本)のおすすめランキング24選!特徴を徹底解説!

近年世界中で人気となっている「ジャパニーズウイスキー」。 蒸留所によって味わいが異なり、飲み比べを楽しめる

響はどんなウイスキー?こだわり、種類、値段、味を徹底解説!

日本が世界に誇る高級ウイスキー、「響」。 今回は、そんな響の評価や特徴から、種類、味、値段までご紹介します。 響

【初心者向け】人気おすすめのウイスキー20選!特徴や種類を完全解説

「ウイスキーは種類が多くてどれを選べば良いか分からない。」 「美味しい飲み方や、合うつまみが知りたい。」

サントリーのウイスキー、知多とは?人気の理由、値段、飲み方を徹底解説!

日本のグレーンウイスキーと言えば、サントリーの「知多」。 俳優の佐藤健さんがCMを務めることでご存知の方も多いので

人気ウイスキー「竹鶴」を徹底解説!飲み方やマッサンについても紹介

日本だけでなく、海外でも大人気の竹鶴。 原酒の不足により、現在は供給できない状況です。 今回は、そん

ワイルドターキーはどんなウイスキー?こだわり、種類、値段、味を徹底解説!

歴代のアメリカ大統領のなかにも愛飲者がいたことで有名なワイルドターキー。 バーボンの中では、トップ5に入る売上を誇

オールドパーはどんなウイスキー?人気の理由、種類、値段、味を徹底解説!

日本で最初に飲まれたウイスキー、オールドパー。 今回は、そんなオールドパーの特徴から、種類、味、値段までご紹介しま

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP