響はどんなウイスキー?こだわり、種類、値段、味を徹底解説!

2020/11/19
ウイスキー

日本が世界に誇る高級ウイスキー、「響」。

今回は、そんな響の評価や特徴から、種類、味、値段までご紹介します。

記事の執筆者

西尾 舞

ウイスキー文化研究所主催
ウイスキーコニサーエキスパート取得

バーテンダー歴10年。
名古屋市中区錦
「PianoとWhiskyの店MaiMai」
オーナーバーテンダー
《PianoとWhiskyの店MaiMai》
公式LINE ID @578atvid

響とは

響はサントリーが販売する国内最高峰のブレンデッドウイスキーの銘柄です。

響は、1989年にサントリースピリッツ創業90周年を記念して発売されました。

初のラインナップは響17年です。

響という名前には「世界中の人々や自然と響きあい、ウイスキーを通して共生していく」という、強い想いが込められています。

そして今や、その名の通り、世界中の人々に愛飲されるまでになりました。

 

響の特徴

現響は、サントリーの所有する三つの蒸留所(山崎蒸留所、白州蒸留所、知多蒸留所)で作られた原酒を使用しています。

これらのウイスキーを厳選し、ブレンダーの巧みな技によってブレンドして造り上げているのです。

口に含むと花のような香りを感じ、その後バニラのような甘さがいつまでも続きます。

この豊かな香りと余韻は、17年以上熟成させたウイスキーを贅沢にブレンドさせているからこそ。

これぞ、日本のウイスキーの最高峰と言って過言はないでしょう。

 

響の評価

響は世界的権威の酒類コンペティションにおいて毎年のように受賞しています。

以下の受賞歴を見ていただければ、響が主要な賞を総なめにしていることが分かります。

 

銘柄受賞歴
響12年2010年 ISC金賞、SWSC金賞
2012年 SWSC最優秀金賞
2013年 ISC金賞
2014年 SWSC最優秀金賞
2015年 ISC金賞
響17年2009年 ISC受賞
2012年 ISC金賞
2013年 ISC金賞
2016年 ISC金賞
響21年2010年 ISC金賞、WWAワールドベストブレンデッドウイスキー
2011年 WWAワールドベストブレンデッドウイスキー
2012年 ISC金賞
2013年 ISC最高賞トロフィー受賞、WWAワールドベストブレンデッドウイスキー
2014年 ISC最高賞トロフィー受賞
2015年 ISC最高賞トロフィー受賞
2016年 ISC最高賞トロフィー受賞、WWAワールドベストブレンデッドウイスキー
2017年 WWAワールドベストブレンデッドウイスキー
2018年 ISC最高賞トロフィー受賞
2019年 ISCダブルゴールド、WWAワールドベストブレンデッドウイスキー
響30年2004年 ISC最高賞トロフィー受賞
2006年 ISC最高賞トロフィー受賞
2007年 ISC最高賞トロフィー受賞、WWAワールドベストブレンデッドウイスキー
2008年 ISC最高賞トロフィー受賞、WWAワールドベストブレンデッドウイスキー
響35年 2018年 ISC金賞

※ISC=インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ、イギリスの酒類専門誌が年に一度主催するブラインドテイスティングによる世界的コンテスト。ウイスキー部門においては、世界中からエントリーされた500銘柄以上を、著名ブレンダーなどの専門家が審査。

※WWA=ワールド ウイスキー アワード、イギリスのウイスキー専門誌が主催するブラインドの試飲による国際的なウイスキーコンテスト。ブレンデッド、シングルモルトなど7つの部門に分かれている。

※SWSC=サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ ・コンペティション、アメリカ最大の酒類コンテスト。

 

響の終売や品薄による高騰

2000年以降、響をはじめとした国産銘柄が世界的な賞を総なめにしたことにより、世界的にジャパニーズウイスキーが人気となります。

さらには、ハイボールブーム、NHK朝ドラ「マッサン」の影響によるウイスキーブーム。

また、1980年~1990年代のウイスキーの需要落ち込みによる生産量の低下などの背景が重なり、現在国産メーカーは深刻な原酒不足に陥っています。

そのため、響12年、響30年、響17年など終売が相次いています。

現在販売中のラインナップも品薄状態です。

結果、定価の何倍もの価格で取引される状況が続いています。

 

 

響の種類

現在販売中のラインナップは下記から、響17年を除いた4つです。

 

ラインナップ特徴
 ジャパニーズハーモニーシリーズの中で一番入手しやすく、雑味が少ないマイルドなウイスキー
 響17年シリーズで最初に販売されたラインナップ
 響21年シェリー樽で寝かせた山崎モルトをベースとして、超長期熟成の原酒を匠の技でブレンド
 響30年シャルドネ100%のシャンパーニュ
 ブレンダーズチョイスイス15年程熟成させた原酒をベースに、ワイン樽による追熟原酒を加えた逸品

 

響のラインナップ

商品画像響 ジャパニーズハーモニー響 17年響 21年響 30年響 ブレンダーズチョイス
商品名響 ジャパニーズハーモニー響 17年響 21年響 30年響 ブレンダーズチョイス
詳細度数:43 %
産地:日本
度数:43 %
産地:日本
度数:43 %
産地:日本
度数:43 %
産地:日本
度数:43 %
産地:日本
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

響 ジャパニーズハーモニー

響 ジャパニーズハーモニー

シリーズ唯一の熟成年数に拘らないウイスキーです。

クセがなくマイルドなウイスキーなので、シーンや飲み方を選びません。

ジャパニーズハーモニーの味

バラの様な香りと、オレンジピールチョコレートのような深みのある甘さをお楽しみ頂けます。

ウイスキーを飲み始めたばかりの方にだけでなく、本格的な物を好まれる方にもご満足頂けると思います。

ジャパニーズハーモニーの定価

希望小売価格は、700mlで5,000円です。

ジャパニーズハーモニーの値段

ネット通販では、税込9,000円~10,000円前後が相場となっています。

 

響 17年

サントリー創業90周年を記念し「響」シリーズで最初に販売されたウイスキーです。

特筆すべきは、17年以上熟成した原酒をブレンドし、更に後熟していること。

まさに手間と時間をかけられたウイスキーです。

響17年の味

バニラのような甘みとバラのような華やかな香りがいつまでも続きます。

名前の通り、いくつもの風味が絶妙なバランスで響き合ったウイスキーです。

響17年の定価

700ml税込12,000円で販売されていましたが、現在は販売休止中です。

響17年の値段

ネット通販では、税込40,000円〜50,000円前後が相場となっています。

 

響 21年

山崎ホワイトオーク樽22年を中心にブレンドされたウイスキーです。

ブレンダーの巧みな技と贅沢な原酒の共演をお楽しみ下さい。

響21年の味

少し口に含むとオレンジのような爽やかさと白檀の香りが続きます。

その後、蜂蜜のような甘さが口いっぱいに広がるでしょう。

特に甘さを楽しみたい方は、ロックでお召し上がりになるのがおすすめです。

響21年の定価

希望小売価格は、700mlで25,000円です。

響21年の値段

ネット通販では、税込¥53,000円〜¥61,000円前後が相場となっています。

 

響 30年

全工程を手作業で行われるため、年間数千本しか作れない、貴重な逸品です。

世界中のウイスキー通をうならせた、贅沢なウイスキー。

響30年の味

口に少し含むと、まろやかな舌触りとバニラとレーズンのような甘い香りをお楽しみ頂けます。

その後、豊かな余韻にいつまでも酔いしれる事が出来るでしょう。

大切な人と贅沢なひと時を過ごすのにぴったりなウイスキーです。

響30年の定価

希望小売価格は、700mlで125,000円です。

値段

ネット通販では、税込¥428,000~¥453,000円前後が相場となっています。

 

響 ブレンダーズチョイス

響 ブレンダーズチョイス

ブレンダーズチョイスは、ワイン樽で熟成をかけたものを一部原酒で使用しているのが特徴です。

ワイン樽で寝かされたウイスキーを使用する事で、レーズンのような甘味が加わっています。

ブレンダーズチョイスの味

まず、甘くやわらかな香りが感じられ、その後栗のような甘味と樽のこうばしい香りがわずかにします。

特に、ロックでお召し上がりになると、より一層それらを、お楽しみ頂けるでしょう。

ブレンダーズチョイスの定価

業務市場専売商品のため、一般消費者はオンラインショップでのみ購入可能です。

ブレンダーズチョイスの値段

ネット通販では、税込10,000~12,000円前後が相場となっています。

 

 

さいごに

響シリーズ特筆すべき点は、ストレート、ロック、水割り、などで加水しても決して崩れない、香りと余韻です。

それは、贅沢に選び抜いた原酒をブレンダーの巧みな技によってブレンドされているからこそでしょう。

是非、ジャパニーズウイスキー最高峰とも言われる味わいをお楽しみ下さい。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

シーバスリーガルはどんなウイスキー?人気の秘密、種類、値段、味を徹底解説!

スコッチウイスキーらしい上品な味わいで、世界中から愛されているシーバスリーガル。 今回はそんなシーバスリーガルの人

メーカーズマークとは?種類、値段、開け方、飲み方まで徹底解説!

メーカーズマークと言えば、赤い蝋が垂れたようなボトルが印象的ですね。 今回は、そんなメーカーズマークについて、評価

サントリーのウイスキー、知多とは?人気の理由、値段、飲み方を徹底解説!

日本のグレーンウイスキーと言えば、サントリーの「知多」。 俳優の佐藤健さんがCMを務めることでご存知の方も多いので

アイリッシュウイスキーとは?種類からおすすめのアイリッシュウイスキーまでご紹介!

アイリッシュウイスキーに興味があるけど、種類が多く、どれを選べば良いか分からない方も多いのでは? 今回は、アイリッ

おすすめのウイスキー15選!種類から、飲み方、合うつまみまで徹底解説!

「ウイスキーは種類が多くてどれを選べば良いか分からない。」 「美味しい飲み方や、合うつまみが知りたい。」 ウイス

バランタインはどんなウイスキー?特徴から、種類、飲み方まで徹底解説!

世界中で人気のスコッチウイスキー、バランタイン。 今回は、そんなバランタインの特徴から、種類ごとの味、飲み方、値段

ブラックニッカとは?人気の秘密、種類、値段、度数を徹底解説

日本のウイスキーを代表する「ブラックニッカ」。 誰しも一度はひげのおじさんのラベルを見たことがあるのでは? 今回

ワイルドターキーはどんなウイスキー?こだわり、種類、値段、味を徹底解説!

歴代のアメリカ大統領のなかにも愛飲者がいたことで有名なワイルドターキー。 バーボンの中では、トップ5に入る売上を誇

イチローズモルトはどんなウイスキー?人気の理由、種類、味、値段を徹底解説!

革新的なウイスキー造りをすすめるベンチャーウイスキーの「イチローズモルト」。 今回はそんなイチローズモルトのこだわ

アイラウイスキーとは?特徴から、おすすめのアイラモルト10選をご紹介!

1990年代後半から2000年代にかけて世界中でアイラモルトが人気となりました。 アイラウイスキーでしか味わえない

特集記事

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

おすすめの美味しい梅酒10選!梅酒の度数、種類、飲み方まで徹底解説!

TOP