バランタインはどんなウイスキー?特徴から、種類、飲み方まで徹底解説!

2020/10/25
ウイスキー

世界中で人気のスコッチウイスキー、バランタイン。

今回は、そんなバランタインの特徴から、種類ごとの味、飲み方、値段までご紹介します。

記事の監修者

立石 俊英

・ウイスキー文化研究所認定ウイスキーエキスパート ・日本テキーラ協会テキーラマエストロ

バーテンダーとして料飲業務に携わりながらテキーラとウイスキーに関する資格を取得。日本国内のウイスキー蒸留所巡りと蒸留器に関する調査も行う。現在はコンサルティング会社のライター・編集職として勤務中。

バランタインとは

バランタイン(Ballantine’s)はスコッチを代表するブレンデッドウイスキーの銘柄です。

スコッチウイスキーのなかでは、ジョニーウォーカーに次ぎ、売上第二位。

スコットランドの4つの地域で造られたモルト原酒を40種類以上使用しています。

マスターブレンダーが、代々受け継いだ秘伝の技術でブレンド。

複雑な香りとバランスがよい味わいで、ウイスキーが初めての人でも飲みやすいのが魅力です。

 

バランタインの歴史

バランタインの歴史は1827年、ジョージ・バランタインが小さな食料品店を開業することから始まります。

1853年からジョージはモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドする技術を磨き始めました。

1869年にはグラスゴーに移り住み、ブレンデッドウイスキーの事業に尽力。

今日のバランタインの基礎を築きます。

 

1919年にバランタインファイネストを発売。

バランタイン社の主要な輸出製品になります。

 

1937年には初代マスターブレンダーのジョージ・ロバートソンが、バランタイン17年のレシピを完成させました。

1952年にはバランタイン17年が初めて東京に向けて出荷。

現在はスコッチウイスキーの代名詞ともなり、世界160か国で販売されています。

 

バランタインの特徴

バランタインはスコットランドの4つの地域で造られた、個性豊かな原酒を使っています。

味や香りの決め手となるキーモルトには「バランタインの魔法の7柱」と呼ばれる7種類のシングルモルトを使用。

魔法の7柱は、それぞれが次のような個性を持っています。

原酒地域特徴
ミルトンダフスペイサイド華やかでハチミツのようなニュアンス
グレンバーギースペイサイド芳醇な香りでまろやか
スキャパアイランズフローラルな香りで爽やか
グレンカダムハイランドハチミツの風味でクリーミー
バルブレアハイランドスパイシーで重厚
オールドプルトニーハイランド潮の香りやオイリーな風味
アードベッグアイラ島スモーキーでスパイシー

これら7つのキーモルトと40種類以上の原酒を巧みにブレンドし、複雑で奥行きのある味わいを造りだしています。

ブレンドの比率を決めるのは、5代目マスターブレンダーのサンディー・ヒスロップただひとり。

スコットランドのあらゆる蒸溜所のモルトウイスキーに精通し、約200年受け継がれてきた秘伝のブレンド技術でバランタインの深い味わいを造りだしています。

 

バランタインの評価

バランタインの高い評価は数々の受賞歴にも表れています。

世界的な権威のあるコンペティション、ISCでは、その年に高品質なウイスキーを生み出したメーカー1社だけに送られる名誉ある賞「ディスティラー・オブ・ザ・イヤー」を1998、1999、2007年と3回も受賞。

※ISC=インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ

他にも各銘柄が多くの賞を受賞しています。

 

銘柄獲得した賞
 ファイネスト・ISC:2006、2013、2020年 金賞
・IWSC:2014年 金賞
 12年・ISC:2010、2019年 金賞
 17年・ISC:2010、2013、2018、2020年 金賞/2003、2015 最高賞
・IWSC:2011、2012、2016、2017 金賞
 21年・ISC:2020年 金賞
・IWSC:2010、2015  金賞 /2016年 最優秀金賞
 30年・ISC:2005、2008、2012、2014、2016、2017、2018、2020年 金賞/2004、2005、2007、2015年最高賞
・IWSC:2002、2016年 金賞/2015年 最優秀金賞+トロフィー/2018年 最優秀金賞

 

バランタインの種類

現在製造されているバランタインは、以下の8銘柄です。

ラインナップ特徴
 ファイネスト定番のコスパの良いスタンダード商品
 バレルスムースアメリカンオークの樽で仕上げたスモーキーな味
 12年40種類以上の原酒を最低12年以上熟成
 マスターズ長期熟成モルト原酒と軽やかなグレーン原酒をブレンド
 17年1937年から変わらない秘伝のレシピで造られた逸品
 17年 トリビュートリリースノンチルフィルタード製法による原酒由来の豊かな味
 21年バランタイン17年をアップグレートさせた商品
 30年最上級ラインナップ

バランタインのラインナップ

商品画像バランタイン ファイネストバランタイン バレルスムースウイスキー バランタイン ブルー12年バランタイン マスターズバランタイン 17年ウイスキー バランタイン 17年 バランタイン 21年バランタイン 30年
商品名バランタイン ファイネストバランタイン バレルスムースウイスキー バランタイン ブルー12年バランタイン マスターズバランタイン 17年ウイスキー バランタイン 17年バランタイン 21年バランタイン 30年
詳細度数:40 %
産地:スコットランド
度数:40 %
産地:スコットランド
度数:40 %
産地:スコットランド
度数:40 %
産地:スコットランド
度数:40 %
産地:スコットランド
度数:48 %
産地:スコットランド
度数:40 %
産地:スコットランド
度数:40 %
産地:スコットランド
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

バランタイン ファイネスト

バランタイン ファイネスト

40種類におよぶモルト原酒を、卓越した技術でブレンドしたスタンダードボトルです。

ライトでもヘヴィーでもない、豊かでなめらかな風味が特徴。手頃な価格で本格的なスコッチウイスキーが楽しめるのも魅力です。

ファイネストの味

バニラや蜂蜜を思わせる甘い香り。苦みや甘み、酸味など、さまざまな味覚が感じられます。

クセがなくて飲みやすい味わいです。

ファイネストの飲み方

ハイボールがおすすめです。

炭酸により甘く華やかな香りが際立ち、爽快感の中にバランタインの豊かな味わいがしっかり味わえます。

ファイネストの値段

希望小売価格は、700mlで1,390円(税別)です。

ネット通販では、700mlで1,000円〜1,400円(税込)前後が相場になっています。

 

バランタイン バレルスムース

バランタイン バレルスムース

マスターブレンダーがブレンドした原酒の仕上げに、内側を丁寧に焼き上げたアメリカンオークの樽を使用したウイスキーです。

樽由来のスモーキーな味わいが楽しめます。

バレルスムースの味

バニラやキャラメルを思わせる甘いアロマに、かすかにスモーキーな香りが重なります。

クリーミーな口当たりで、ハチミツや赤リンゴのようなフルーティーな味わい。

バニラを思わせる甘い余韻が楽しめます。

バレルスムースの飲み方

飲み方はロックがおすすめです。

氷を入れることでさっぱりした口当たりになり、甘みのあるフルーティーな味わいが際立ちます。

バレルスムースの値段

希望小売価格は、700mlで1,900円(税別)です。

ネット通販では、700mlで1,800円(税込)前後が相場になっています。

 

バランタイン 12年

ウイスキー バランタイン ブルー12年

40種類以上の原酒を最低12年以上熟成させたウイスキーです。

上品で深みのある味わいに仕上げています。

バランンタイン12年の味

甘く華やかな香りが立ち上がります。

クリーミーな口当たりで、複雑な中にもバランスのよい味わい。

かすかな潮の香りを感じる余韻が長く続きます。

バランンタイン12年の飲み方

熟成した深みのある味わいを楽しむには、ストレートかロックがおすすめです。

エレガントな風味と長い余韻がじっくりと楽しめます。

バランンタイン12年の値段

希望小売価格は、700mlで2,800円(税別)です。

ネット通販では、700mlで1,800円〜2,500円(税込)前後が相場になっています。

 

バランタイン マスターズ

バランタイン マスターズ

ブレンダーの技術を極めたウイスキー です。

3代目マスターブレンダーが好んだ味わいをイメージし、長期熟成モルト原酒と軽やかなグレーン原酒をブレンド。

甘くてフルーティーな香りとなめらかな口当たりに仕上げています。

マスターズの味

かすかにスモーキーなニュアンスがある、華やかでフルーティーな香り。

柑橘類のような甘みがあり、重厚な味わいです。

マスターズの飲み方

フルーティーな甘みを味わうならロックやトワイスアップがおすすめ。

ソーダ割りも香りが際立ち、爽やかな飲み口が楽しめます。

マスターズの値段

希望小売価格は、700mlで5,000円(税別)です。

ネット通販では、700mlで4,300円〜5,000円(税込)前後が相場になっています。

 

バランタイン 17年

バランタイン 17年

17年以上の長期熟成を経たモルト原酒をブレンドしたウイスキー です。

1937年にマスターブレンダーのジョージ・ロバートソンによりブレンド技術が生み出されました。

その極秘レシピは、現在までほとんど変わっていません。

バランタイン17年の味

バニラや樽香などが絡み合う、気品のある香り。

クリーミーな口当たりで、ハチミツのような甘さの中に樽やピートなどのスモーキーなニュアンスも感じられる複雑な味わいです。

バランタイン17年の飲み方

香りと味わいのバランスがよく、幅広い飲み方で楽しめます。

熟成した風味をじっくり味わうならストレートやロックがおすすめ。

ハイボールにすればより香りが引き立ち、爽やかで豊かな味わいが堪能できます。

バランタイン17年の値段

希望小売価格は、700mlで9,000円(税別)です。

ネット通販では、700mlで4,300円〜5,000円(税込)前後が相場になっています。

 

バランタイン 17年 トリビュートリリース

ウイスキー バランタイン 17年

5代目マスターブレンダーがこだわりの製法でリリースした、プレミアムな17年です。

通常のバランタイン17年で使うアメリカンオーク樽に加えて、ヨーロピアンオーク樽と新品のアメリカンオーク樽で熟成。

冷却ろ過を行わないノンチルフィルタード製法で、原酒由来の豊かな味わいが損なわれていません。

熟した果実のような豊かでフルーティーな香り。

ハチミツのような甘みと厚みのある芳醇な味わいで、長い余韻が堪能できます。

飲み方

原酒由来の贅沢な味わいを楽しむには、ストレートかロック、トワイスアップがおすすめです。

ハイボールにすれば、よりフルーティーな香りを楽しむことができます。

値段

希望小売価格は、700mlで9,000円(税別)です。

ネット通販では、700mlで9,000円〜15,000円(税込)前後が相場になっています。

 

バランタイン 21年

バランタイン 21年

40種類以上のモルト原酒を、最低21年以上熟成させた逸品です。

バランタイン17年をアップグレードさせ、より濃厚な味わいに仕上げています。

バランタイン21年の味

花のアロマやハチミツのような甘い香りが広がります。

なめらかな口当たりで、スパイスのニュアンスもある深いコクのある味わい。

甘く長い余韻が続きます。

バランタイン21年の飲み方

スムースな口当たりなので、まずはストレートで飲むのがおすすめです。

トワイスアップにすれば、香りも存分に楽しむことができます。

バランタイン21年の値段

希望小売価格は、700mlで20,000円(税別)です。

ネット通販では、700mlで7,000円〜8,000円(税込)前後が相場になっています。

 

バランタイン 30年

バランタイン 30年

30年以上の長期熟成で造られた、数あるバランタインのラインナップの中でも最高峰の逸品。

豪華な木箱に入っているので、プレゼントにもおすすめです。

バランタイン30年の味

バニラや樽香が重なり合う、深みのある穏やかな香り。

複雑ながらも柔らかく、芳醇でコクのある味わいです。エレガントな余韻が長く堪能できます。

バランタイン30年の飲み方

熟成した味わいを楽しむにはストレートが一番。ロックやトワイスアップで味わいの違いを確かめるのもおすすめです。

バランタイン30年の値段

希望小売価格は、700mlで80,000円(税別)です。

ネット通販では、700mlで24,000円〜88,000円(税込)前後が相場になっています。

 

さいごに

数々の賞を受賞するなど、高く評価されているバランタイン。

長い年月受け継がれてきた秘伝のブレンド技術で造られる味わいは、とてもまろやかです。

高い品質ながら価格が手頃なのも魅力。ファイネストから30年まで豊富なラインナップがあるので、ぜひ味わいの違いを堪能してみてください!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

おすすめのウイスキー15選!種類から、飲み方、合うつまみまで徹底解説!

「ウイスキーは種類が多くてどれを選べば良いか分からない。」 「美味しい飲み方や、合うつまみが知りたい。」 ウイス

竹鶴はどんなウイスキー?気になる値段、種類から、終売についても徹底解説!

日本だけでなく、海外でも大人気の竹鶴。 原酒の不足により、現在は供給できない状況です。 今回は、そんな竹鶴につい

ブラックニッカとは?人気の秘密、種類、値段、度数を徹底解説

日本のウイスキーを代表する「ブラックニッカ」。 誰しも一度はひげのおじさんのラベルを見たことがあるのでは? 今回

ワイルドターキーはどんなウイスキー?こだわり、種類、値段、味を徹底解説!

歴代のアメリカ大統領のなかにも愛飲者がいたことで有名なワイルドターキー。 バーボンの中では、トップ5に入る売上を誇

オールドパーはどんなウイスキー?人気の理由、種類、値段、味を徹底解説!

日本で最初に飲まれたウイスキー、オールドパー。 今回は、そんなオールドパーの特徴から、種類、味、値段までご紹介しま

ジャックダニエルとは?人気の理由、種類、値段、飲み方を徹底解説!

ジャックダニエルといえば、ウイスキーを飲まない人でも一度はラベルを見たことがあるほど有名ですね。 今回は、そんなジ

シングルモルトの頂点、グレンフィディックの人気の理由、種類、値段、味を徹底解説!

シングルモルトといえば、グレンフィディックと言っても過言でありません。 今回は、そんなグレンフィディックの特徴から

アイリッシュウイスキーとは?種類からおすすめのアイリッシュウイスキーまでご紹介!

アイリッシュウイスキーに興味があるけど、種類が多く、どれを選べば良いか分からない方も多いのでは? 今回は、アイリッ

アイラウイスキーとは?特徴から、おすすめのアイラモルト10選をご紹介!

1990年代後半から2000年代にかけて世界中でアイラモルトが人気となりました。 アイラウイスキーでしか味わえない

人気で品薄なウイスキー、山崎とは?人気の理由、種類、値段、味を徹底解説!

日本を代表するウイスキーの一つである、サントリーの山崎。 現在は、その人気により、品薄や終売が相次いでいます。

特集記事

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

お寿司に合うお手頃なワインおすすめ9選!マリアージュの基本からソムリエが徹底解説

TOP