【ソムリエ監修】アルバリーニョとは?特徴からおすすめのワインまで紹介

2019/02/27 おすすめ白ワイン

「海のワイン」とも呼ばれるアルバリーニョを使ったワイン。

アルバリーニョは爽快な味わいがあり、日本でも栽培されているぶどう品種です。

今回はアルバリーニョの特徴からワイン選び方、おすすめ銘柄をソムリエがご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。


記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/



アルバリーニョとは

アルバリーニョは、イベリア半島の北西部を中心に栽培されている白ワインの品種です。海沿いに面したスペインのガリシア地方とポルトガルのミーニョ地方が主要な生産地として知られています。

華やかなフルーツの香りと豊かな果実感がアルバリーニョの特徴。皮が厚いため高湿度な環境でも栽培が可能で、高いアルコール、酸、芳香を生成する特性を持ちます。

アルバリーニョを使った爽快なワインはヨーロッパで愛され、アメリカでも受け入れられました。日本でも人気が高まってきているところです。

もともとは他の品種とブレンドして使われることが多かったブドウ品種ですが、1986年ごろから単一醸造品種として認められ始め現在に至ります。

アルバリーニョの特徴

こちらでアルバリーニョの特徴をご紹介していきます。

爽快でミネラル感たっぷりな味わい

アルバリーニョの特徴は、なんといっても爽やかな味わいです。

グレープフルーツなどの柑橘系の爽やさや、桃やリンゴ、アプリコットなどを思わせる華やかな香り。海藻や磯を思わせるようなミネラルを感じるような香りを楽しむことができます。

リッチな果実感が魅力ですが、それ以上に爽快なキレのある酸味とほんのわずかに塩気を感じる品種です。

爽やかなフレッシュタイプのアルバリーニョのほかに、樽熟成を行った複雑なタイプのアルバリーニョも生産されています。

海のワインと呼ばれる

アルバリーニョはその特性から「海のワイン」とも呼ばれています。

その理由としては、海の近くで栽培されることが理由のひとつです。スペインのガリシア地方、ポルトガルのミーニョ地方はいずれも北大西洋の沿岸に位置しています。

また、アルバリーニョを使ったワインは魚介との相性が抜群です。

華やかな香りとキリリとした爽やかな酸味、そしてかすかな塩気が魚介の味わいを引き立ててくれます。アルバリーニョは魚介に合わせるワインとして、現在世界的に人気が高まっているのです。

アルバリーニョは日本でも栽培されている

アルバリーニョは日本の各地でも栽培されています。

アルバリーニョは湿潤な環境でも育てることのできる品種です。原産地であるスペインやポルトガルの気候は、実は日本と同じくらいの年間降水量があります。

そのため、高温多湿である日本でも良質なアルバリーニョは栽培することができるのです。

アルバリーニョの世界的な人気は非常に高まっていますが、その生産地域はまださほど広がってはいません。また、成長の目覚ましい日本ワインは、海外のワインファンから注目を集めています。

アルバリーニョの希少性と、注目の産地である日本。この2つが掛け合わさった日本産アルバリーニョは、今後世界的な需要が高まっていくと考えられるでしょう。

>>日本ワインについてはこちらの記事から

アルバリーニョの白ワインの選び方

こちらでアルバリーニョの白ワインの選び方をご紹介していきます。

選び方は以下の2つがポイントです。

 

アルバリーニョの白ワインの選び方
・産地で選ぶ
・予算で選ぶ

以下で順にご紹介していきます。

産地で選ぶ

スペイン・ガリシア地方

スペイン北西部ガリシア州の「リアス・バイシャス地方」で多く栽培されています。リアス・バイシャスは、アルバリーニョを語るうえで絶対に抑えておきたい産地です。

スペイン国内でアルバリーニョは、高級白ワインの位置付けです。ミネラル感とシャープな酸が特徴の辛口ワインに仕上がります。

リアス・バイシャスでは、リアス式海岸の沿岸部や、海へとつながる川沿いの谷でアルバリーニョは主に栽培されています。沿岸部のワインはより爽快でフレッシュ、内陸で生産されるワインはややリッチな味わいに。

アルバリーニョの基本を味わいたい方はぜひスペインのワインを。

>>リアス・バイシャスについてはこちらの記事から

 

ポルトガル・ミーニョ地方

ポルトガル西北端、スペインとの国境に位置するミーニョ地方。

ポルトガルでは緑のワインと呼ばれる「ヴィーニョ・ヴェルデ」に使用される品種としてアルバリーニョは栽培されています。若摘みされたブドウから若草色のワインなることから、緑のワインと呼ばれるようになりました。

ヴィーニョ・ヴェルデは微発泡で熟成期間が短いため、ブドウそのものが持つみずみずしい味わいが口に広がります。アルコール度数が低めなので大変飲みやすく、気取らずにグイグイと飲めてしまうほどの親しみやすさが魅力です。

カジュアルにワインを楽しみたいときにはポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデをぜひお試しください。

>>ヴィーニョ・ヴェルデについてはこちらの記事から

 

日本

高温多湿に強いアルバリーニョは日本でも栽培されている品種です。

スペインのリアス・バイシャスと同じように、海岸沿いで海からの影響をうける地域でアルバリーニョは栽培されています。日本海に面した新潟県の越前浜や、激しい温度差がブドウ栽培に向く大分県の安心院などが主な産地です。

白桃やアプリコットのなどのエレガントで甘酸っぱさのある香りが特徴で、アルバリーニョならではのフレッシュな酸とのバランス良好です。

和食との相性が非常に良いので、ぜひ国産アルバリーニョを使ったワインもお試しください。

>>安心院ワインついてはこちらの記事から

 

 

予算で選ぶ

アルバリーニョを使ったワインは、気軽に飲めるタイプから高級なものまで様々です。

アルバリーニョを普段のテーブルワインとして楽しむなら、2,000円未満のワインでも十分楽しめます。

5月~8月頃の夏場はさっぱりとしたワインが飲みたくなる時期です。カルパッチョなど軽めの前菜と共に、喉の渇きを癒すのにまずはアルバリーニョの白ワインを一杯というのもいいかもしれません。

一方、2,000円以上のワインとなると、少し大事に味わいながら飲みたいものです。若飲みのワインではなく熟成を少し楽しめるワインになります。

高級なアルバリーニョは濃厚なアロマが特徴なので、ガブガブ飲むよりも少し静かにゆっくりと食事を楽しみながら一緒に飲みたいワインです。

 

アルバリーニョのおすすめワイン15選

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。ホームワインを詳しく見る※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

アルバリーニョを使った日本ワイン!

5位

カーブドッチ サブル

詳細情報
産地:新潟県
品種:アルバリーニョ/リースリング/セミヨン/ヴィオニエ

フランス語で「砂」の名を冠する、カーブドッチの定番銘柄です。

アルバリーニョを主体に、カーブドッチで栽培されるぶどう品種4つをブレンド。アルバリーニョ由来の豊かな果実味や華やかな香りを楽しむことができます。

他のぶどうとブレンドすることで、複雑性のある仕上がりに。

軽い前菜系から、メイン料理まで幅広く合わせることができるでしょう。

産地品種
新潟県アルバリーニョ/リースリング/セミヨン/ヴィオニエ

 

香りモモ、トロピカルフルーツ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
4品種もブレンドしながらもまとまりがあり、複雑味あふれる味わいに仕上がっています。

4位

小布施ワイナリー ドメイヌ・ソガ アルバリーニョ&ミュスカ

詳細情報
産地:長野県
品種:アルバリーニョ/ミュスカ

長野県の小布施ワイナリーで造られる白ワインです。

海のワインであるアルバリーニョを、あえて湿潤な山間部で栽培。華やかなアロマとミネラルを感じる味わいが楽しめます。

長野県は海から遠い地域ですが、アルバリーニョらしい爽快さは顕在です。

生産量がごく僅かなので、アルバリーニョファンならマスト買いの1本!

産地品種
長野県アルバリーニョ/ミュスカ

 

香りレモン、モモ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
湿潤な環境下でもよく生育するアルバリーニョならではの一本です。

3位

安心院ワイン アルバリーニョ

大分県で造られる魅惑的な香りを放つアルバリーニョ。

高温多雨な地域での栽培に適したアルバリーニョは、朝霧が発生する安心院(あじむ)町と条件がマッチ。

桃やリンゴ、グレープフルーツ、薔薇などの非常に華やかな香りが楽しめます。味わいは非常にフレッシュで、引き締まった酸味と余韻に残るかすかな苦味が魅力です。

アルバリーニョの華やかさを味わいたい方にぜひおすすめ。ちなみに安心院ワインは「いいちこ」で知られる三和酒類が手掛けるブランドです。

産地品種
大分県アルバリーニョ

 

香りシトラス、洋梨
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
日本産のアルバリーニョとは思えないほどの仕上がり。本家の欧州にも引けを取らない味わいに脱帽です。

2位

フェルミエ アルバリーニョ パシフィカード

詳細情報
産地:新潟県
品種:アルバリーニョ

日本海沿いにあるフェルミエの造るアルバリーニョ。

収穫したアルバリーニョを乾燥させ、熟度を高めたぶどうを使うパッシート製法のワインです。

アルバリーニョの持つパッションフルーツや白桃、熟度を増すことで生まれる蜂蜜のような風味を感じることができます。新潟のテロワールを表すようなわずかな塩気もアクセントに。

アルバリーニョを新潟らしく昇華させた力作です。

産地品種
新潟県アルバリーニョ

 

香りアプリコット、ドライフルーツ
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
佐々木
アルバリーニョ種にパッシート製法を用いるという斬新な取り組みが反映された面白い一本です。

1位

カーブドッチ アルバリーニョ 角田浜

詳細情報
産地:新潟県
品種:アルバリーニョ

海沿いのワイナリーで造られるアルバリーニョ100%白ワイン。

ぶどうを栽培する土壌は日本国内でも珍しいサラサラした砂質土壌。海のワインと呼ばれるアルバリーニョには最適な栽培環境です。

香水を思わせるような華やかな香りと、芯の通った豊かな酸味、そして爽快な口当たりを楽しむことができます。

日本海の新鮮な魚介とぜひ合わせたい1本です。

産地品種
新潟県アルバリーニョ

 

香りモモ、磯
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
海辺を思わせるような塩気やミネラル感あふれる味わい。日本食、その中でも刺身や天ぷらとは抜群のマリアージュが期待できます。

日本ワインのアルバリーニョ比較表

商品画像カーブドッチ アルバリーニョ 角田浜フェルミエ アルバリーニョ パシフィカード安心院ワイン アルバリーニョ小布施ワイナリー ドメイヌ・ソガ アルバリーニョ&ミュスカカーブドッチ サブル
商品名カーブドッチ アルバリーニョ 角田浜フェルミエ アルバリーニョ パシフィカード安心院ワイン アルバリーニョ小布施ワイナリー ドメイヌ・ソガ アルバリーニョ&ミュスカカーブドッチ サブル
詳細産地:新潟県
品種:アルバリーニョ
産地:新潟県
品種:アルバリーニョ
産地:大分県
品種:アルバリーニョ
産地:長野県
品種:アルバリーニョ/ミュスカ
産地:新潟県
品種:アルバリーニョ/リースリング/セミヨン/ヴィオニエ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

デイリーワインのおすすめ!予算2,000円

5位

アデガ・デ・モンサン エスコーリャ ヴィーニョ・ヴェルデ

詳細情報
原産国名 ポルトガル
メーカー名 アデガ・デ・モンサン エスコーリャ
味わい 辛口
果実 % 白ブレンド

ポルトガルの飲食店でも大人気のアデガ・デ・モンサオン エスコーリャ ヴィーニョ・ヴェルデです。

ポルトガルを代表する白ワインと言っても過言ではありません。

グレープフルーツやシトラスと言った柑橘系の香りと、ジューシーでみずみずしい果実味が特徴です。味がしっかりしているのに値段が安く、ブレンドされていますが、アルバリーニョの魅力がしっかり伝わってきます。

産地品種
ポルトガルアルバリーニョ/トラジャドゥーラ

 

香りレモン、金木犀
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
佐々木
フレッシュなシトラス系の果実味が口いっぱいに広がり、爽快な酸味が後味を引き締めてくれます。

4位

ガタオ・ヴィーニョ・ヴェルデ

詳細情報
原産国名 ポルトガル
メーカー名 メルカード・ポルトガル

緑のワインを意味するヴィーニョ・ヴェルデ。

その意味の通りフルーティで、フレッシュな味わいが魅力の白ワインです。

アルコールが9%と少し低めなので、お酒が弱い方にもおすすめ。キンキンに冷やして気軽にお楽しみください。

産地品種
ポルトガルアルバリーニョ/ロウレイロ ほか

 

香りシトラス、グレープフルーツ
酸味★★★☆☆
ボディ★★☆☆☆
佐々木
現地人がイワシのフリットと一緒に召し上がる習慣に倣い、私たち日本人も天ぷらや唐揚げなどと気軽に合わせてみましょう。

3位

リバフラヴィア リアス バイシャス アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
メーカー名 リバフラヴィア リアス
産地(地方) リアス・バイシャス

アルバリーニョの最高の産地とも言われるリアス・バイシャスが産地のワインです。

グレープフルーツなどの柑橘系を主体とした爽やかなフルーツの香りがあります。ふくよかな桃やライチや白い花のニュアンスも。

栓を開けてしばらく経つと洋梨の香りが出てきますので、香りの変化を楽しみながら飲んでみてください。

産地品種
スペインアルバリーニョ

 

香りレモン、ミネラル
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
アルバリーニョ種の全ての良さが詰まった一本。現地人のように、タコのガリシア風などのおつまみと一緒にお召し上がりください。

2位

コンウンパール アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年)2016
果実 % アルバリーニョ100%

リアス・バイシャスのアルバリーニョ100%で造られている白ワインです。

金色の輝き、オレンジのような香りが感じられます。香りが高く、洋梨やホワイトビーチの華やかさも魅力。

酸味がありフレッシュですが、複雑感がありエレガントな爽やかさが特徴です。

産地品種
スペインアルバリーニョ

 

香り熟れた林檎、オレンジの花
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
爽快な酸味とバランスの取れた果実味が印象的。魚介料理とのマリアージュは間違いありません。

1位

ビオンタ アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 13 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
果実 % その他

ビオンタという名前は、ワイナリー近くの入り江の先にある島の名前からとられています。

すっきりとした酸味とキレのある辛口のワインです。熟したリンゴやみずみずしい洋梨をイメージさせます。

海が近いため、ミネラリティで塩の風味も少し感じられるので、魚介類との相性が抜群です。

産地品種
スペインアルバリーニョ

 

香り白桃、ミネラル
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
海を思わせる磯の香りに有核果実の桃、繊細な花の香りなど、全てが凝縮された至極の一本です。

2,000円以下のアルバリーニョ比較表

商品画像ビオンタ アルバリーニョ コンウンパール アルバリーニョリバフラヴィア リアス バイシャス アルバリーニョガタオ・ヴィーニョ・ヴェルデアデガ・デ・モンサン エスコーリャ ヴィーニョ・ヴェルデ
商品名ビオンタ アルバリーニョコンウンパール アルバリーニョリバフラヴィア リアス バイシャス アルバリーニョガタオ・ヴィーニョ・ヴェルデアデガ・デ・モンサン エスコーリャ ヴィーニョ・ヴェルデ
詳細アルコール度数 13 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
果実 % その他
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年)2016
果実 % アルバリーニョ100%
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
メーカー名 リバフラヴィア リアス
産地(地方) リアス・バイシャス
原産国名 ポルトガル
メーカー名 メルカード・ポルトガル
原産国名 ポルトガル
メーカー名 アデガ・デ・モンサン エスコーリャ
味わい 辛口
果実 % 白ブレンド
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

プレゼント2,000円~5,000円

5位

バルミニョール アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) ガリシア
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年)2017

リアス・バイシャスでは伝統的な製法でワイン造りが行われていますが、その中で最新の設備を用いて造られているのがこのワインです。

世界に3台しかないと言われている圧縮機を導入するなど、積極的に革新が行われています。伝統とテクノロジーを融合させた新しい手法が特徴です。

グレープフルーツやレモン、ライムを感じる爽やかでフレッシュな香りと、ピュアな果実感が特徴で、豊富なミネラルが感じとれ、溢れる酸味がバランスよく仕上がっています。

産地品種
スペインアルバリーニョ

 

香りシトラス、モモ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
最新技術ゆえの精緻な造りに、生産者のワイン造りへの確かな情熱と技術がうかがえる素晴らしい一本です。

4位

ユニオンリカーズ ラモン ビルバオ アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
果実 % 100% Albarino

海から1キロほど広がる畑から大切に手摘みされたブドウを使用しており、フレッシュでエキゾチックなテイストのワインです。

原料であるブドウにこだわっており、特別な原産地呼称による規定以上のレベルの品質を生み出しています。

社名をブランドにしているところからもこのワイナリーのワインに対する自信が感じられます。

産地品種
スペインアルバリーニョ

 

香り白桃、ミネラル
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
涼しい海風によって保たれた自然の高い酸味と、シトラスの風味にミネラル感が相まった絶妙なバランスです。ぜひ、カルパッチョなどの新鮮な料理とお召し上がりください。

3位

Señorío de Sobral, Albariño セニョリオ・デ・ソブラル、アルバリーニョ

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
メーカー名 白井松新薬
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年) 2017
果実 % 100% Albariño

時代の変化に合わせ、いち早くアルバリーニョを用いた高品質で少量生産の方向に製造スタイルをチェンジした会社です。今ではこの地区のリーダー的ワイナリーとなっています。

アロマを最大限に活かすために、比較的低温のステンレスタンクでゆっくりと発酵。

透明感のある黄金色で、ハーブを感じるアロマが特徴です。青リンゴの華やかな果実感とフレッシュで程よい酸味があります。

産地品種
スペインアルバリーニョ

 

香り洋梨、りんご
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
低温発酵をステンレスタンクでゆっくり行うことで、洋梨やハーブなどの繊細な香りが最大限に保たれて生まれた上質な一本です。

2位

レゲンゴ・デ・メルガッソ・アルヴァリーニョ・レゼルヴァ・ブリュット・スパークリング

詳細情報
ブランド レゲンゴ・デ・メルガッソ
原産国名 ポルトガル
内容量 1
メーカー名 レゲンゴ・デ・メルガッソ

アルバリーニョ100%の白ワインはたくさんありますが、アルバリーニョ100%のスパークリングワインは珍しいものです。

伝統的なシャンパーニュ製法を採り、瓶内で二次発酵させたスパークリングワイン。香りが豊かでふくよかな旨みが感じられるワインです。

産地品種
ポルトガルアルバリーニョ

 

香りレモン、トースト
酸味★★★★★
ボディ★★★★☆
佐々木
非常に斬新なアイデアで造られたアルバリーニョの発泡性ワイン。製法特有のトーストを思わせるかすかな香ばしさが魅力的です。

1位

ソアリェイロ・レゼルヴァ

詳細情報
生産者 ソアリェイロ
Soalheiro
地域 ポルトガル・ヴィーニョ・ヴェルデ地方
ブドウ品種 アルヴァリーニョ100%
アルコール度数 13%

 

ブドウはそのほとんどが有機農法で栽培され、情熱を持ったチームによってワイン造りが行われています。

手摘みされたブドウはプレスされた後、48時間タンクで低温のまま寝かされ、その後20℃に保たれたままフレンチオークの樽で30ヵ月発酵されます。

見事なアロマが広がる、濃厚で華やかなワインです。年間3,000本しか生産されていないプレミアムな1本。

産地品種
ポルトガルアルバリーニョ

 

香り白桃、ヴァニラ
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
佐々木
ステンレスと樽を用いて手間暇かけて発酵を施す贅沢な造り。樽由来の甘やかなスパイス香が元々の凝縮した果実味とうまく調和した、アルバリーニョの概念を変えてくれる一本です。

2,000~5,000円のアルバリーニョ比較表

商品画像ソアリェイロ・レゼルヴァレゲンゴ・デ・メルガッソ・アルヴァリーニョ・レゼルヴァ・ブリュット・スパークリングSeñorío de Sobral, Albariño セニョリオ・デ・ソブラル、アルバリーニョユニオンリカーズ ラモン ビルバオ アルバリーニョバルミニョール アルバリーニョ
商品名ソアリェイロ・レゼルヴァレゲンゴ・デ・メルガッソ・アルヴァリーニョ・レゼルヴァ・ブリュット・スパークリングSeñorío de Sobral, Albariño セニョリオ・デ・ソブラル、アルバリーニョユニオンリカーズ ラモン ビルバオ アルバリーニョバルミニョール アルバリーニョ
詳細生産者 ソアリェイロ
Soalheiro
地域 ポルトガル・ヴィーニョ・ヴェルデ地方
ブドウ品種 アルヴァリーニョ100%
アルコール度数 13%
ブランド レゲンゴ・デ・メルガッソ
原産国名 ポルトガル
内容量 1
メーカー名 レゲンゴ・デ・メルガッソ
アルコール度数 12.5 %
メーカー名 白井松新薬
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年) 2017
果実 % 100% Albariño
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) リアス・バイシャス
味わい 辛口
果実 % 100% Albarino
アルコール度数 12.5 %
原産国名 スペイン
産地(地方) ガリシア
味わい 辛口
ヴィンテージ(生産年)2017
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

アルバリーニョのワインに合わせる料理

最後にアルバリーニョのワインに合わせる料理をご紹介していきます。

アルバリーニョは魚介との相性が抜群ですので、ぜひ新鮮な海の幸との組み合わせをお楽しみください。

魚介のカルパッチョ

魚介のカルパッチョはアルバリーニョと鉄板の組み合わせ

アルバリーニョのキリっと酸味や、ミネラルの風味が魚介の味わいを引き立ててくれます。

カルパッチョに使う魚介は魚から貝、タコなどなんでも合うでしょう。

アルバリーニョのおつまみに困ったときは、ぜひカルパッチョを試してみてください。

タコのガリシア風

タコのガリシア風は、アルバリーニョの一大産地であるスペイン・ガリシア州の名物料理

茹でたタコとじゃがいもを、塩とオリーブオイル、パプリカパウダーで味付けしたシンプルなおつまみです。

スペイン国内はもちろん、スペインバルなどで白ワインに合わせるおつまみとして非常に人気があります。

カジュアルタイプなアルバリーニョと一緒にぜひ。

あさりの酒蒸し

あさりの旨味を引き出した酒蒸し。

貝の持つ磯の香りが、アルバリーニョのミネラル感とうまくマッチします。

ワインと合わせるのなら、酒蒸しのお酒に白ワインを使うとより相性が良くなるでしょう。

あさり以外にも、ハマグリやムール貝などお好みの貝でぜひ合わせてみてください。

鮮魚の塩焼き

シンプルな魚の塩焼きもアルバリーニョにはおすすめ。

鯛やスズキなどの白身魚や、サバ、アジなど様々な焼き魚と合わせることができます。

焼き魚の素朴な味わいに、アルバリーニョがふくよかさを与えてくれます

日本ワインのアルバリーニョには、味わいが淡白な鮎やイワナなどの川魚とも合うでしょう。

アルバリーニョは華やかで爽快な海のワイン!

日本は海産物が豊富で、お刺身や、お寿司を楽しむ機会が多い国です。

そんな日本食に海のワインであるアルバリーニョはぴったり。そんなワインがお手頃価格で入手できるのはうれしいですよね。

次の食事の時にはぜひこのアルバリーニョを試してみてください。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

 

>>白ワインのぶどう品種一覧

>>スペインワインについての詳細はこちら

>>ポルトガルの白ワインについての詳細はこちら

>>日本のおすすめ白ワインついてはこちら

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】グリューナー・フェルトリーナーとは?特徴からおすすめのワイン10選を紹介

グリューナー・フェルトリーナーのワインといえば、様々な用途や料理に使える汎用性の高さから今最も注目を集めているワイン

【ソムリエ監修】ヴィオニエの人気おすすめワイン15選!特徴も解説

「ヴィオニエ」という品種をご存知ですか。 シャルドネやソーヴィニヨン・ブランほどメジャーではありませんが、

【ソムリエ解説】アリゴテとは?特徴からアリゴテのおすすめのワイン10選まで紹介

ブルゴーニュ地方の家庭では、シャルドネよりもアリゴテ が日常的に飲まれているのをご存知ですか。 シャルドネ

トレッビアーノとは?特徴からおすすめのワイン10選をワインエキスパートが紹介!

トレッビアーノはイタリアで最も広く栽培されている、デイリーワインの代表的ぶどう種です。 トレッビアーノの白

シュナン・ブランはどんな品種?特徴から、おすすめワイン15選までご紹介!

辛口から甘口まで種類豊富なシュナン・ブラン。 今回はシュナン・ブランの特徴から、おすすめのワインをご紹介し

【ソムリエ監修】コルテーゼはどんな品種?特徴とおすすめのワイン10選を紹介!

イタリアを代表する白ワイン「ガヴィ」の主要品種として有名なコルテーゼ。 その特徴やガヴィ以外にどんなワイン

【ソムリエ監修】シルヴァネールはどんな品種?特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

フランス・アルザスやドイツ・フランケンの白ワインがお好きな方は、シルヴァネールのワインを飲んだことがある人が多い

【ソムリエ監修】ガルガーネガはどんな品種?特徴からおすすめのワイン10選を紹介

ガルガーネガは、主にイタリアのヴェネト州で栽培されている品種です。「ソアーヴェ」というDOC(原産地呼称)を名乗

【ソムリエ監修】パロミノの特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

酒精強化ワイン・シェリーの品種として有名なパロミノ。 今回は、そんなパロミノの特徴から、おすすめのワインま

日本初の世界品種 「甲州」とは?特徴からおすすめ白ワイン15選を紹介

甲州は日本の独自の国際品種として始めて世界に認められたブドウ品種です。 その繊細で穏やかな味わいはこれまで

【ソムリエ監修】リアス・バイシャスのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

リアス・バイシャスはスペイン北西部ガリシア州に属する地区です。 1年のうち約200日が雨という豊富な雨量か

白ワインの選び方

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP