ジムビームはどんなウイスキー?人気の理由、種類、味、飲み方を徹底解説!

2020/10/18
ウイスキー

世界で最も人気なバーボンと言えば、ジムビーム。

日本では、ジムビームのハイボールが有名ですね。

今回はそんなジムビームの歴史から、種類、味、飲み方までご紹介します。

記事の監修者

立石 俊英

・ウイスキー文化研究所認定ウイスキーエキスパート ・日本テキーラ協会テキーラマエストロ

バーテンダーとして料飲業務に携わりながらテキーラとウイスキーに関する資格を取得。日本国内のウイスキー蒸留所巡りと蒸留器に関する調査も行う。現在はコンサルティング会社のライター・編集職として勤務中。

ジムビームとは

ジムビームは、アメリカのケンタッキー州で造られているバーボンウイスキーの銘柄です。

バーボンウイスキーのなかでは、長い間圧倒的なシェアで首位を独走、ウイスキー全体でも、世界トップ10に入ります。

ジムビームは代々受け継がれる秘伝の酵母と伝統の製法によって造られ、まろやかで飲みやすい味わいが特徴です。

 

ジムビームの歴史

1790年創業

ジムビーム は、ドイツからの移民、ジェイコブ・ビームが1790年にケンタッキー州で蒸溜所を建設したのが始まりです。

ドイツで学んだ蒸溜の技術でウイスキー製造を行い、1795年に「オールド・ジェイク・ビーム」を初リリースしました。

ジムビームは1940年、4代目ジェイムズの代に販売され、その後7代にわたり伝統の味を守り続けています。

 

サントリーが買収

2014年、ジムビーム銘柄を所有するビーム社の全株をサントリーホールディングスが買収。

社名が現在の「ビーム サントリー」に変更されました。

160億ドルもの巨額投資で行われた買収の背景には、世界的にバーボン市場が伸びているという事情があります。

日本でも、ジムビームがバーボンのシェアに占める割合は半数以上。

原酒不足が続くサントリーがこの人気に目をつけ、スピリッツの商品力を強化するため買収に乗り出したというわけです。

 

ジムビームの人気の理由

ジムビームの評価

2008年には、酒類の格付情報を提供している「The Beverage Testing Institute」において、米ウイスキー部門で1位に選出。

2009年には、世界的に権威のある酒類コンペティション「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツコンペティション(SWSC)」でダブルゴールドメダル賞を受賞しています。

確固たる品質がジムビームの人気を支えています。

 

日本ではハイボールブームが追い風

日本ではハイボールブームで、これまでは中高年層を主流に飲まれていたウイスキーが若者の間でも好まれるようになりました。

ジムビームはトウモロコシ由来の甘さとまろやかな口当たりのため、特にソーダとの相性が良いです。

サントリーも「ビームハイボール」として大々的にPRを展開。

爽やかな味わいのビームハイボールは、20代の若者を中心に高い人気を集めています。

 

ジムビームの種類

ジムビームのラインナップは全部で8種類です。

ラインナップ特徴
 ジムビームスタンダートなラインナップ
 ジムビーム アップル青リンゴ風味のスピリッツが加わり、甘みのある爽やかな味わい
 ジムビーム ハニーハチミツを加えたバーボンベースのリキュール
 ジムビーム ライスパイシーでドライな味わいのライウイスキー
 ジムビーム  ブラック6年以上長期熟成させたシリーズの最上級品
 ジムビーム デビルズカット樽にしみこんだ微量のバーボン原酒を抽出してブレンド
 ジムビーム ダブルオーク2つの樽を使い2度熟成させた香ばしい味わい
 ジムビーム ハイボール爽快な飲み口のハイボール

ジムビームのラインナップ

商品画像ジムビームジムビーム アップルジム ビーム ハニー ジムビーム ライジムビーム ブラックジムビーム デビルズカットジムビーム ダブルオークサントリー ジムビーム ハイボール350ml缶
商品名ジムビームジムビーム アップルジム ビーム ハニージムビーム ライジムビーム ブラックジムビーム デビルズカットジムビーム ダブルオークサントリー ジムビーム ハイボール350ml缶
詳細度数:40 %度数:35 %
産地:アメリカ、ケンタッキー
度数:35 %
産地:アメリカ
度数:40 %
産地:アメリカ、ケンタッキー
度数:40 %
産地:アメリカ
度数:45 %
産地:アメリカ、ケンタッキー
度数:43 %
産地:アメリカ
度数:5 %
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ジムビーム

白いラベルが特徴で、「ジムビームホワイト」とも呼ばれるウイスキーです。

200年以上受け継がれている秘伝レシピと製法で造られています。

手頃な価格で、スーパーやコンビニでも手に入るレギュラーボトルです。

味わい

フローラルなアロマにキャラメルやバニラ、ほのかな樽香が重なり合う香りで、マイルドな味わい。

キレのある後味で、長い余韻が楽しめます。

おすすめの飲み方

ソーダとの相性が抜群で、初心者であればハイボールがおすすめです。

ジムビーム:ソーダ=1:4の割合が理想的。

たっぷりの氷を入れたグラスに、冷やしたソーダをゆっくり注ぎます。

甘い香りが際立つ、飲み応えのあるハイボールが楽しめます。

値段

希望小売価格は700mlで1,540円(税別)です。

ネット通販では、700mlで1,140円(税別)前後が相場になっています。

 

ジムビーム アップル

ジムビーム アップル

詳細情報
度数:35 %
産地:アメリカ、ケンタッキー

ジムビームに青リンゴ風味のスピリッツを加えた飲みやすいウイスキーです。

青リンゴのジューシーさがありながらも主張しすぎず、バーボンの芯であるリッチな風味は失われていません。

ジムビームアップルの味わい

フルーティーで爽やかな香りで、青りんごの甘酸っぱさとバニラのような甘みがバランスのとれた味わいです。

ライトで爽やかなウイスキーが好きな人におすすめです。

おすすめの飲み方

フレッシュな飲み口はハイボールがよく合います。

炭酸によって青リンゴの爽やかな香りが引き立ち、一味違ったハイボールが楽しめます。

爽やかなカクテルを作りたいときのベースにするのもおすすめです。

ジムビームアップルの値段

希望小売価格は700mlで1,540円(税別)です。

ネット通販では、700mlで1,200円〜1,600円(税別)前後が相場になっています。

 

ジムビーム ハニー

ジム ビーム ハニー

4年熟成のジムビームにハチミツを加えたバーボンベースのリキュールです。

シリーズの中ではアルコール度数が35度と低め。

ほのかな甘さで飲みやすいウイスキーです。

ジムビームハニーの味わい

バーボン由来のバニラやキャラメルなどの華やかなアロマに、ハチミツのほのかな香りが重なります。

ジムビーム のマイルドな味わいになめらかさが加わった、コクのある味わいです。

おすすめの飲み方

ハイボールかロックでスッキリ飲むのがおすすめ。ハチミツのほのかな甘さが炭酸の爽やかさとよく合います。

ジムビーム:ソーダ=1:3で割ったものに、レモンを絞って入れればより美味しさがアップ。

酸味と甘みがほどよいバランスのハイボールができあがります。

ジムビームハニーの値段

希望小売価格は700mlで2,190円(税別)です。

ネット通販では、700mlで1,800円〜2,500円(税別)前後が相場になっています。

 

ジムビーム ライ

ジムビーム ライ

詳細情報
度数:40 %
産地:アメリカ、ケンタッキー

ライ麦を原料にしたライウイスキーです。

禁酒法以前のライウイスキーがそのまま受け継がれたスタイル。

ライウイスキーはライ麦の生産量が減少して希少になりながらも、1945年から生産が続けられています。

ジムビームライの味わい

ライ麦由来のスパイシーさに、樽の香りが重なります。

ドライな飲み口ながらもフルーティーな風味があり、バーボン特有の甘さが苦手な人にも飲みやすい味わいです。

おすすめの飲み方

強いスパイシーな風味を活かすハイボールがよく合います。

香りが引き立ち、パンチの効いた美味しさ。

ライウイスキー独特のスパイシーでドライな味わいを堪能したい場合は、ロックもおすすめです。

ジムビームライの値段

希望小売価格は700mlで1,670円(税別)です。

ネット通販では、700mlで1,500円(税別)前後が相場になっています。

 

ジムビーム  ブラック

ジムビーム ブラック

6年以上の長期熟成を経たプレミアムウイスキーです。

深い熟成がもたらす豊かな香りと芳醇な味わいが特徴。

エレガントで洗練された仕上がりです。

ジムビームブラックの味わい

オーク樽のニュアンスと香ばしい穀物の香りが広がります。

っかりとした飲み口ながらもなめらかで、穏やかな甘みとほのかな酸味がバランスのとれた奥深い味わいです。

おすすめの飲み方

深みのある味わいを楽しむにはロックが一番です。

グラスに大きめの氷を入れ、ゆっくりと注ぎます。

熟成によってアルコールの刺激が抑えられたまろやかな味わいなので、ストレートでじっくり堪能するのもおすすめです。

ジムビームブラックの値段

希望小売価格は700mlで2,400円(税別)です。

ネット通販では、700mlで2,000円(税別)前後が相場になっています。

 

ジムビーム デビルズカット

ジムビーム デビルズカット

詳細情報
度数:45 %
産地:アメリカ、ケンタッキー

樽にしみこんだ微量のバーボン原酒を、独自の手法で抽出して作られたウイスキーです。

抽出後、長期間熟成したバーボンとブレンド。

「悪魔の取り分」と呼ばれ、深い色と香りが特徴の重厚なウイスキーに仕上がっています。

ジムビームデビルズカットの味わい

バニラやナッツのニュアンスに、力強いオークの香りが絡まる芳醇な香り。

まろやかな甘みで厚みのある味わいです。ほのかな酸味が心地良く、長い余韻が続きます。

おすすめの飲み方

コクのある味わいは、ソーダやジンジャーエールなどで割ったハイボールがおすすめです。

オークの香りが際立ち、飲みごたえのあるハイボールが楽しめます。

ジムビームデビルズカットの値段

希望小売価格は700mlで2,000円(税別)です。

ネット通販では、700mlで1,900円(税別)前後が相場になっています。

 

ジムビーム ダブルオーク

ジムビーム ダブルオーク

2つの樽を使って2度熟成させ、豊かな風味を引き出したウイスキーです。

4年間バーボン樽で熟成させた後、原酒をさらにアメリカンホワイトオークの新樽に移し変え、数ヶ月後熟させています。

ジムビームダブルオークの味わい

甘いキャラメルやバニラ、樽由来の力強いスパイシーな香りが広がります。ほのかな甘みとスムースな味わい。ほどよい苦みのある余韻が楽しめます。

おすすめの飲み方

香ばしい樽の香りを楽しむには、ストレートがおすすめです。ロックやハイボールにもよく合い、また違う味わいが堪能できます。

ジムビームダブルオークの値段

希望小売価格は700mlで2,800円(税別)です。

ネット通販では、700mlで2,600円(税別)前後が相場になっています。

 

ジムビーム ハイボール

サントリー ジムビーム ハイボール350ml缶

居酒屋などで飲めるビームハイボールが家庭でも楽しめるハイボール缶です。

バーボンならではのマイルドな味わいとレモンの風味がバランスのとれた、爽快な喉越しが楽しめます。

ジムビームハイボールの味わい

ジムビームらしい、ほのかな樽香のある芳醇な香りが立ち上がり、爽やかな味わいとスッキリとしたキレのある後味です。

おすすめの飲み方

冷蔵庫でよく冷やし、そのまま飲むかグラスに移して楽しみます。好みでレモンやミント、ブラックペッパーなどをトッピングするのもおすすめです。

ジムビームハイボールの値段

希望小売価格は350mlで160円(税別)です。

ネット通販では、350ml×24本で4,000円〜5,000円(税別)前後が相場になっています。

 

さいごに

厳選された原料を使用し、代々受け継がれた秘伝のレシピと伝統的な製法で造られるジムビーム 。

その美味しさは世界中で愛され、高いシェアを誇ります。

ハイボールが人気ですが、ストレートやロックなどでジムビーム本来の味わいを楽しむのもおすすめ。

個性豊かなラインナップをいろいろ試して、その違いを味わってみてください!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

バーボンとは?おすすめのバーボンから、美味しい飲み方まで徹底解説!

「バーボン」や、「バーボンウイスキー」という言葉は、みなさん聞いたことがあるかと思います。 ただ、「バーボンってな

人気で品薄なウイスキー、山崎とは?人気の理由、種類、値段、味を徹底解説!

日本を代表するウイスキーの一つである、サントリーの山崎。 現在は、その人気により、品薄や終売が相次いでいます。

ジャックダニエルとは?人気の理由、種類、値段、飲み方を徹底解説!

ジャックダニエルといえば、ウイスキーを飲まない人でも一度はラベルを見たことがあるほど有名ですね。 今回は、そんなジ

アイラウイスキーとは?特徴から、おすすめのアイラモルト10選をご紹介!

1990年代後半から2000年代にかけて世界中でアイラモルトが人気となりました。 アイラウイスキーでしか味わえない

スコッチ・ウイスキーとは?種類から、おすすめのスコッチ、飲み方まで徹底解説

ウイスキーを飲む人であれば、誰しもが知っているスコッチウイスキー(Scotch whisky)。 ですが、「スコッ

ジョニーウォーカーはどんなウイスキー?人気の理由、種類、値段を徹底解説!

世界で一番売れているスコッチといえば、ジョニーウォーカー。 今回は、そんなジョニーウォーカーについて、歴史、評価、

シングルモルトウイスキーとは?種類から、おすすめのシングルモルト10選をご紹介!

ウイスキーブームが世界中で広がっていますが、特に注目されているのがシングルモルトウイスキー。 今回はそんなシングル

アイリッシュウイスキーとは?種類からおすすめのアイリッシュウイスキーまでご紹介!

アイリッシュウイスキーに興味があるけど、種類が多く、どれを選べば良いか分からない方も多いのでは? 今回は、アイリッ

ブラックニッカとは?人気の秘密、種類、値段、度数を徹底解説

日本のウイスキーを代表する「ブラックニッカ」。 誰しも一度はひげのおじさんのラベルを見たことがあるのでは? 今回

シーバスリーガルはどんなウイスキー?人気の秘密、種類、値段、味を徹底解説!

スコッチウイスキーらしい上品な味わいで、世界中から愛されているシーバスリーガル。 今回はそんなシーバスリーガルの人

特集記事

お寿司に合うお手頃なワインおすすめ9選!マリアージュの基本からソムリエが徹底解説

ホットワインの作り方は?おすすめの簡単レシピ、レンジで温めるだけのホットワインまでご紹介!

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

TOP