【ソムリエ監修】バルベーラとは?味わいの特徴から、おすすめ銘柄10選を紹介!

2019/09/23 おすすめ赤ワイン

近年評価が高まりつつあるバルベーラの赤ワイン!

今回はそんなバルベーラの特徴、おすすめのワインをご紹介します!

記事の執筆者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

[PR]
※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。 

バルベーラとは

イタリアの人気黒ブドウ

バルベーラ(Barbera)はワイン大国イタリアで、赤ワインの品種として、サンジョヴェーゼにつぎ、2番目に栽培されているブドウです。

近年評価が高まり、イタリア以外でも栽培が広まっています。

 

バルベーラの原産地と主要産地

原産地、主要産地ともに、イタリアのピエモンテです。ピエモンテでは、赤ワインの約半数がバルベーラで造られています。

その他、アメリカでも栽培されています。

 

バルベーラの特徴

ブドウの特徴

果皮の色素が強くて種が小さいです。

育てやすい品種で、気候を選ばず栄養が少ない土壌でもよく育つという特徴があります。

 

ワインの特徴

ミディアムボディで強い酸味と豊かな果実味

濃いルビー色で、タンニンが少なく酸味の強い赤ワインに仕上がります。

味はブラックベリーやプラムのような濃厚な果実味で、スミレや赤い果実を思わせる強い香りがします。フルボディよりのミディアムボディが多く、そのスタイルは幅広いものです。強い酸味と豊かな果実味が特徴ですが、長期熟成によりまろやかで濃厚な味わいになることも。

 

値段は安め

育てやすいバルベーラは大量生産できるため、比較的安い価格の赤ワインが多いです。

 

バルベーラのワインの選び方

バルベーラの赤ワインを選ぶときに着目するポイントは、味わい、産地、予算の3つです。

熟成による味の違いで選ぶ

バルベーラは製造方法により、味わいが異なってきます。

ステンレスタンクで熟成させると、サワーチェリーなどの赤い果実、甘草、ハーブなどの香りにピリッとするスパイシーさが加わります。

オーク樽で熟成させると酸味が和らぎ、凝縮された果実味とチョコレートのアロマを感じる、深みのある味わいになります。

 

産地で選ぶ

バルベーラはイタリアをはじめ、世界各地で栽培されています。

王道はココ!イタリア・ピエモンテ

イタリア・ピエモンテ州のモンフェラート地域のアスティ、アルバなどが特に有名です。

ピエモンテで造られるバルベーラの赤ワインは、マルベリーやハーブの香りに酸味のある果実味の、やや軽めの仕上がりになっています。

イタリアワインは格付けがされていますが、バルベーラの赤ワインは価格と品質がリンクしている場合が多く、格付けはあまりあてになりません。価格に見合った味わいということで、選びやすいです。

 

ブレンド品種の一つとして!アメリカ・カリフォルニア

カリフォルニアでも全体に比べると、規模は小さいながら、バルベーラの栽培が行われています。

バルベーラ100%の赤ワインは少ないものの、シラーやカベルネ・ソーヴィニヨンにブレンドして使われています。

バルベーラをブレンドすることで、アルコール度数の高い果実味豊かなワインに仕上がっています。

 

シラーズとブレンド!オーストラリア

オーストラリアの赤ワインに使われる品種は、シラーズやカベルネ・ソーヴィニヨンが主体ですが、小規模ながらバルベーラも栽培されています。バルベーラ100%ワインは少数で、主にシラーズなどにブレンドして使用されています。

ブレンドすることで酸味や果実味を与え、味わいに深みを与えています。

 

マルベックとブレンド!アルゼンチン

アルゼンチンワインの生産量の約60%は赤ワインですが、その主体になる品種はマルベックやボナルダ、カベルネ・ソーヴィニヨンなど。

バルベーラも栽培されていますが、少なめです。マルベックなどにブレンドされ、濃厚な果実味をプラスしています。

 

価格で選ぶ

バルベーラのワインには、あまり高価なものはありません。
1,000円台でも十分品質が高く、美味しい赤ワインが手に入ります。

3,000円〜4,000円であれば、来客用や特別な日に味わうワインとして、十分なクオリティを備えているでしょう。
そのぐらいの価格を目安に、お気に入りのバルベーラを見つけてみてください。

 

バルベーラのおすすめワイン10選

[PR]
フルボトル(750ml)の高級ワインには、

  •  ・高い
  •  ・飲み切るのが大変
  •  ・他と比較できない

という悩みがありますよね。
ホームワインは高級ワインが100mlで4本ずつ届くから、ワインの違いをわかりたい方にオススメ。本サイトの編集長ソムリエ佐々木が監修した学習コンテンツや、2023年にスタートしたソムリエによるコンシェルジュサービスも大人気。
ワインをもっと楽しむために、始めない理由がありません!▼

ホームワインを詳しく知る!

※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

 

日常使いにおすすめ!予算3,000円ベスト5

5位

ラバヤ・ディ・ブルーノ・ロッカ バルベーラ・ダスティ


ピエモンテ州のバルバレスコを代表する畑、「ラバヤ」の最上部を所有する生産者です。

化学肥料を一切使用しない畑で造られたバルベーラを100%使用。

薄いルビー色で、赤い花やフルーツの香りに葉巻やコショウのニュアンス。果実味と渋み、酸味のバランスが取れた味わいです。

ミートソースのパスタ、 チーズを使った料理によく合います。

 

4位

ボルゴーニョ ヴィルナ バルベーラ ダルバ 2011年


ピエモンテ州のバローロ村で1720年代からワインを造る生産者です。

果実味が豊かながら引き締まった印象で、ほどよい樽の風合いが感じられます。

キメ細やかなタンニンが魅力で、凝縮した深い味わい。ローストビーフや鴨のローストによく合います。

 

3位

ファースト・ドロップ "アンダー・ザ・ガン" アデレード・ヒルズ バルベーラ


オーストラリアで造られたバルベーラ100%の赤ワインです。

チェリー、ベリー、マンゴーなどの熟成した果実の香りに、ミネラルの風合いが絡みます。そのあとにくる、まろやかな鉄やタンニンのアロマ。熟したオレンジを思わせる柑橘風味と爽やかな酸味がバランスをとり、メンソ-ルのニュアンスも感じられます。長い余韻が続くでしょう。

鶏肉のトマト煮込みや仔牛料理に合わせてどうぞ。

 

2位


発酵や熟成などに伝統を残しつつも、新しいスタイルを取り入れた赤ワインです。アルコール度数は通常より0.5%高く、1年間は熟成期間が必要という条件を満たすことを信条にしています。ぶどうは品質が良く、熟成が進んだものを使用。 

バルベーラの酸味をよく引き出し、十分な酸とコクがあるバランスのとれた仕上がりになっています。

トマトソースのパスタによく合うでしょう。

 

1位

バタシオーロ バルベーラ・ダスティ


バタシオーロはピエモンテ州で最大規模を誇るワイナリーのひとつです。名門ワイナリーの多いピエモンテ州の中でも高い品質が評価されています。

鮮やかなルビー色で、熟したベリー系の果実を思わせる香り。しっかりとしたタンニンと果実味、爽やかな酸がバランスをとり、なめらかな味わいに仕上がっています。

日常的に飲むワインでも十分なクオリティが欲しい人におすすめです。

3,000円以下のバルベーラ比較表

商品画像バタシオーロ バルベーラ・ダスティバルベーラ・ダルバ スペリオーレ ファースト・ドロップ ボルゴーニョ ヴィルナ バルベーラ ダルバ 2011年ラバヤ・ディ・ブルーノ・ロッカ バルベーラ・ダスティ
商品名バタシオーロ バルベーラ・ダスティバルベーラ・ダルバ スペリオーレファースト・ドロップ "アンダー・ザ・ガン" アデレード・ヒルズ バルベーラボルゴーニョ ヴィルナ バルベーラ ダルバ 2011年ラバヤ・ディ・ブルーノ・ロッカ バルベーラ・ダスティ
詳細産地:イタリア産地:イタリア産地:オーストラリア産地:イタリア産地:イタリア
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

週末や来客などがある日に!3,000円~5,000円ベスト5

5位

パルミナ ワインズ バルベーラ[2010]


イタリア系品種にこだわるカリフォルニアのワイナリーが手がけた、バルベーラ100%の赤ワインです。「食事と合わせやすいワインを造る」というパルミナの信条が最大限表現されています。

芳醇な果 実の香りに、スパイシーなアロマ。ほどよいタンニンとしっかりした酸のバランスが絶妙です。

グリル野菜のマリネやプロシュートハムなどによく合います。

 

4位

フォンタナフレッダ パパゲーナ バルベーラ・ダルバ・スペリオーレ


フォンタナフレッダはバローロの醸造量No.1の作り手として知られる生産者。そこが手がけるバルベーラ100%の赤ワインです。

鮮やかで深いルビー色で、熟したプラムやベリーの濃厚な香り。スパイスやコーヒーのニュアンスも感じられます。酸とやわらかいタンニンのバランスがよく、芳醇な味わいです。

牛肉を使った料理に合わせてどうぞ。

>>フォンタナフレッダのワインをもっと見る

 

3位

ロベルト・ヴォエルツィオ バルベーラ・ダルバ ヴィニェーティ・チェッレート


バルベーラ100%から毎年平均12,000本のみ造られる、稀少性の高い赤ワインです。化学肥料や除草剤、殺菌剤などブドウの生育サイクルに影響する薬品は一切使わない無農薬栽培

輝きのあるルビー色で、フランボワーズやジャムを思わせる香りがします。凝縮した果実味とまろやかな酸味がバランスよく、滑らかな味わい。

自然派のワインを求める人におすすめです。

 

2位

マッテオ・コレッジア バルベーラ・ダルバ ・マルン


マッテオ・コレッジアの名を世に知らしめたと言われる、高品質のバルベーラ・ダルバです。

スミレなど若々しい花の香りに、黒胡椒のニュアンス。しっかりとした酸と渋味が調和された、濃厚な味わいです。熟成を重ねると丸みを帯びて、よりおいしく飲むことができるでしょう。

バルベーラの絶品を味わいたい人にぜひおすすめの逸品です。

 

1位

アルド・コンテルノ バルベーラ・ダルバ コンカ・トレ・ピーレ [2013]


バローロの頂点に立つ伝統派と称されるアルド・コンテルノ。その手がけるバルベーラ 100%の赤ワインです。樹齢40年以上という古木から収穫するバルベーラを使い、熟成用の樽は100%新樽です。

濃厚なチェリーの香りに、古木で熟したバルベーラならではの力強く持続するアロマ。凝縮感のあるフレッシュな果実味で、重厚な味わいが特徴です。

鶏肉料理やチーズとよく合います。

3,000円~5,000円のバルベーラ比較表

商品画像アルド・コンテルノ バルベーラ・ダルバ コンカ・トレ・ピーレ [2013]マッテオ・コレッジア バルベーラ・ダルバ ・マルンロベルト・ヴォエルツィオ バルベーラ・ダルバ ヴィニェーティ・チェッレート フォンタナフレッダ パパゲーナ バルベーラ・ダルバ・スペリオーレパルミナ ワインズ バルベーラ[2010]
商品名アルド・コンテルノ バルベーラ・ダルバ コンカ・トレ・ピーレ [2013]マッテオ・コレッジア バルベーラ・ダルバ ・マルンロベルト・ヴォエルツィオ バルベーラ・ダルバ ヴィニェーティ・チェッレートフォンタナフレッダ パパゲーナ バルベーラ・ダルバ・スペリオーレパルミナ ワインズ バルベーラ[2010]
詳細産地:イタリア産地:イタリア産地:イタリア産地:イタリア産地:アメリカ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

バルベーラまとめ

バルベーラの赤ワインのおすすめを10本、ご紹介しました。イタリアがルーツのバルベーラ。栽培もイタリアが盛んですが、世界各地でも生育されています。手頃な価格で上質な美味しいワインが手に入るので、いろいろ試してみるのもいいでしょう。

自分に合うお気に入りのバルベーラを、ぜひ見つけてください!

他の赤ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

<

p style=”text-align: right;”>>>赤ワインのぶどう品種一覧

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】サンジョヴェーゼの特徴は?品種概要からおすすめの15銘柄を紹介!

サンジョヴェーゼは、イタリアのトスカーナワインの主体となる赤ワイン用ぶどう品種です。 産地によってさまざま

シラー(シラーズ)のワイン人気おすすめ16選!品種の特徴も解説!

色が濃くてスパイシーなワインとして知られているシラーの赤ワイン。オーストラリアやその他ニューワールドでは「シラー

【ソムリエ監修】ネッビオーロとは?特徴からおすすめワイン15選を紹介

イタリアを代表するワイン「バローロ」に使われるネッビオーロ。 イタリアのピノ・ノワールとも呼ばれるネッビオ

【ソムリエ監修】テンプラニーリョとは?特徴やおすすめワインを紹介

スペインの赤ワインの代表的な品種、テンプラニーリョ。テンプラニーリョのワインと言っても種類が多く、迷ってしますよ

【ソムリエ監修】カルメネールはどんな品種?味わいからおすすめまで紹介

カルメネールというブドウをご存知ですか? カルメネールのワインは、日本であまり流通していないので、よく知ら

【ソムリエ解説】ガメイとは?特徴からおすすめのワイン15選も紹介

ボジョレー・ヌーヴォーでよく知られるガメイという品種。フルーティーで軽やかな口当たりと、フレッシュな酸味が印象的

【ソムリエ監修】カリニャンはどんな品種?品種概要から味の特徴、おすすめ10銘柄をご紹介

味わいが強く、ブレンドされることが多いカリニャン。 カリニャン主体の赤ワインは実はコアなファンが多くいらっ

【ソムリエ監修】赤ワインのぶどう品種19種類とおすすめワインを解説!

今日、赤ワインを飲もうかな、と思った時、どのようにワインを決めますか? 今日食べるお料理に合うか、あるいは

【ソムリエ監修】メルロの人気おすすめワイン25選を紹介!特徴も解説

赤ワインのブドウ品種として、世界的に人気のあるメルロ。 メルロの赤ワインと言っても、種類が多くどれを選んで

【ソムリエ監修】 マスカット・ベーリーAとは?特徴から、おすすめワイン10選を紹介!

マスカット・ベーリーAは、日本原産の赤ワイン用ブドウ品種として有名です。 ただ、マスカット・ベーリーAに関

赤ワインの選び方

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP