品薄の人気ウイスキー、白州とは?人気の理由から、種類、値段まで徹底解説!

2020/10/01
ウイスキー

大人気のジャパニーズウイスキーの一つである「白州」。

その人気のために、品薄状態になるほどです。

今回は、そんな白州について、その特徴や評価、種類から、気になる値段や定価まで徹底解説します。

記事の監修者

立石 俊英

・ウイスキー文化研究所認定ウイスキーエキスパート ・日本テキーラ協会テキーラマエストロ

バーテンダーとして料飲業務に携わりながらテキーラとウイスキーに関する資格を取得。日本国内のウイスキー蒸留所巡りと蒸留器に関する調査も行う。現在はコンサルティング会社のライター・編集職として勤務中。

白州とは

白州はサントリーが販売するシングルモルトウイスキーです。

生産されているのは南アルプスの山々の麓にある白州蒸溜所。

標高約700メートルの澄みわたる大気に包まれた場所で、約82万平方メートルもの広大な森に囲まれています。

白州ならではのみずみずしい香りと爽やかな味わいは、このような大自然が生み出した清冽な水と空気によってつくり出されているものです。

このどちらかが欠けても、白州の香りと味わいを生み出すことはできません。

 

白州の歴史

白州蒸溜所で育まれた原酒をもとに、1994年「白州12年」が販売されたのが始まりです。

2006年に「白州18年」、2008年には「白州25年」と順次発売。

2012年にはノンエイジの「白州」が販売されています。

白州12年は国際的に権威ある賞を数々受賞しましたが、熟成した原酒が不足して製造が困難になり、2018年に販売休止になりました。

 

白州の特徴

南アルプスの軟水を仕込み水に

南アルプスの自然が生んだ地下天然水はミネラルバランスに優れ、キレのある味わいを実現しています。

 

発酵には昔ながらの木桶発酵槽を使用

木桶に棲みつく乳酸菌などの働きにより独自の発酵が進み、独特の香味をもたらします。

蒸留では大きさや形状の異なる蒸溜釜を使い分け、山崎蒸溜所とは違った多様な味わいを実現。

 

熟成樽の使い分け

熟成にはヘビーピート、ホワイトオーク、シェリー樽などさまざまな樽を使い分けており、気温が低めな白州の気候の中で穏やかに熟成されていきます。

 

このようにできあがったさまざまな味わいの原酒を、絶妙なバランスでブレンドしてできるのが白州です。

爽やかな味わいながらも、奥深さのあるウイスキーに仕上がります。

 

白州の評価や人気

原酒不足で品薄状態

多彩な原酒がつくりあげた独特の味わいが評判を呼び、一部銘柄が販売停止になるほどの人気です。

スッキリしてクセがなく、ウィスキー初心者でも飲みやすいのが人気の秘密。

みずみずしい香りと爽やかな味わいはハイボールによく合います。

 

海外での評価

白州はジャパニーズウイスキーとして海外でも高い人気で、販売実績は年々上昇しています。

近年では、白州25年と18年が世界的権威の酒類コンペティションにおいて、毎年のように受賞。

各国トップクラスの酒類メーカーが出品するインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)をはじめ、

インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション(IWSC)

サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション(SWSC)

などで数々の賞を受賞しており、世界的に高い評価を受けています。

 

白州の種類

現在製造されている白州は、ノンエイジ、白州18年、白州25年の3銘柄です。

「白州10年」は2013年3月末で出荷を終了。

「白州12年」はウイスキーブームによる原酒の不足で2018年に販売休止になっています。

製造されているラインナップも市場に出回る量は少なく、3倍以上の値をつけている「白州25年」をはじめ、どの銘柄も価格が高騰しているのが特徴です。

白州のラインナップ

商品画像ウイスキー サントリー シングルモルト 白州サントリー 白州 18年白州 25年レトロ 白州10年白州 12年 シングルモルトウイスキー白州へビリーピーテッド【2010】サントリーシングルモルトウイスキー 白州バーボンバレル白州シェリーカスク2013
商品名ウイスキー サントリー シングルモルト 白州サントリー 白州 18年白州 25年レトロ 白州10年白州 12年 シングルモルトウイスキー白州へビリーピーテッド【2010】サントリーシングルモルトウイスキー 白州バーボンバレル白州シェリーカスク2013
詳細度数:43 %
産地:日本、山梨県
度数:43 %
産地:日本、山梨県
度数:43 %
産地:日本、山梨県
度数:40 %
産地:日本、山梨県
度数:43 %
産地:日本、山梨県
度数:48 %度数:48 %度数:48 %
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

白州(ノンエイジ)

ウイスキー サントリー シングルモルト 白州

白州蒸溜所でつくられた多彩な原酒に、ほのかにスモーキーな風味の「ライトリーピーテッドモルト」をヴァッティングしたウイスキーです。

それぞれの個性が重なり合い、複雑で奥行きの深い味わいをつくりだしています。

味わい

森の若葉のようなみずみずしい香りで、軽く爽やかな口あたり。

ほのかな酸味を感じるキレのよい味わいです。

かすかなスモーキーとほのかな甘みが余韻となって残ります。

定価

希望小売価格は、700mlで4,200円(税別)になります。

値段

ネット通販では、700mlで7,000円(税込)前後が相場になっています。

 

白州 18年

サントリー 白州 18年

18年以上の長期熟成モルトをブレンドしてつくられたウイスキー。

数々の賞を受賞している逸品です。

在庫不足で手に入りにくく、価格も高騰しています。

受賞歴

2006年:ISC金賞受賞
2007年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞
2009年:ISC 金賞受賞
2010年:IWSC 金賞 (Best in Class)、トロフィー賞受賞

味わい

ノンエイジの爽快な風味は残しつつも、長期熟成モルトならではの熟した果実のような深い香りが印象的です。

複雑なコクと甘みに樽香が調和した奥深い味わい。ほのかにスモーキーさを含んだ心地良い余韻が続きます。

定価

希望小売価格は、700mlで25,000円(税別)になります。

値段

ネット通販では、700mlで60,000円〜70,000円(税込)前後が相場になっています。

白州 25年

白州 25年

白州蒸溜所の多彩な原酒の中から、熟成期間が25年を超えるものをヴァッティングして造られています。

クリーミーな原酒やピートを効かせてスモーキーな原酒、濃厚な果実味のシェリー樽原酒を厳選しており、赤みがかった褐色が特徴です。

受賞歴

2008年:ISC 金賞受賞

2009年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞

2010年:ISC 金賞受賞

2011年:IWSC 金賞受賞

2012年:IWSC トロフィー賞受賞

味わい

完熟した果実のような濃厚な香りが広がり、甘くクリーミーで芳醇な味わいが堪能できる逸品です。スモーキーでフルーティーな深い余韻が長く続きます。

定価

希望小売価格は、700mlで125,000円(税別)になります。

値段

ネット通販では、700mlで450,000円〜600,000円(税込)前後が相場になっています。

 

白州 10年

レトロ 白州10年

酒齢10年以上のモルト原酒を厳選してヴァッティングし、バランスよく造られたウイスキーです。

2013年に終売しており、ネットでは350mlのハーフボトルがわずかに流通しているのみ。非常に希少なウイスキーです。

味わい

ノンエイジに比べ、白州特有の爽やかな果実の香りが強く感じられます。

爽やかでスッキリした味わいのなかに、熟成したほのかな甘みとスモーキーさのある複雑な風味が楽しめる1本です。

定価

販売当時の希望小売価格は、700mlで4,000円(税別)で、現在は終売しています。

値段

ネット通販では、350mlで28,000円〜30,000円(税込)前後が相場になっています。

 

白州 12年

白州 12年 シングルモルトウイスキー

ホワイトオーク樽で熟成させた原酒を中心に、12年熟成の原酒をヴァッティングしてつくられています。

ウイスキーブームの影響で熟成させた原酒の在庫不足になり、2018年に終売しました。

受賞歴

2009年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞

2010年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞

2011年:SWSC 最優秀金賞受賞

2012年:SWSC金賞、ISC金賞受賞

味わい

爽やかな新緑の香りと熟した果実の香りに、やわらかなスモーキーさが漂います。ふっくらとした甘みと、フルーティーでコクがある味わいです。

値段

ネット通販では、700mlで30,000円〜40,000円(税込)前後が相場になっています。

 

白州ヘビリーピーテッド

白州へビリーピーテッド【2010】

2009年に4,000本限定で販売された銘柄です。

白州の多彩な原酒の中から、ヘビリーピーテッド麦芽を使ったスモーキータイプの原酒のみを使用しています。

2010年と2013年にもそれぞれ、数量限定で販売されています。

受賞歴

2010年にIWSC 金賞 (Best in Class)を受賞

味わい

ヘビリーピーテッド麦芽由来のスモーキーさが特徴で、白州ならではの繊細でやわらかな味わいとのバランスが楽しめます。

まろやかな果実味も感じるスモーキーな余韻が長く続きます。

定価

希望小売価格は、700mlで9,000円(税別)です。

値段

ネット通販では、700mlで110,000円(税込)前後が相場になっています。

 

白州バーボンバレル

サントリーシングルモルトウイスキー 白州バーボンバレル

2010年、山崎バーボンバレルと同時に数量限定で販売されたウイスキーです。

北米産のホワイトオーク樽を使用して熟成させたバーボンバレル原酒だけを丁寧に選び、ヴァッティングしています。

アルコール度数48%で冷却ろ過を施さない、生のままのモルト原酒です。

受賞歴

2011年に ISC 金賞を受賞

味わい

柑橘系果実のような爽やかな香りに、バーボンバレル特有のバニラの香りが楽しめます。

軽快でなめらかな味わい。最後にはキレのよい余韻が残ります。

定価

希望小売価格は、700mlで9,450円(税別)です。

値段

ネット通販では、700mlで130,000円(税込)前後が相場になっています。

 

白州 シェリーカスク

2012年と2014年に数量限定で販売されたウイスキーです。

シェリーの貯蔵・熟成に使用していたスパニッシュオーク樽で熟成させた原酒のみを厳選。

スパニッシュオーク樽由来の甘く華やかな香味と、白州ならではの軽快な味わいがバランス良く仕上がった逸品です。

味わい

シェリー樽由来の甘みがある果実香が特徴。

なめらかで甘酸っぱく、ほのかにビターな味わいです。
ほろ苦く心地よい余韻が長く続きます。

定価

希望小売価格は、700mlで9,000円(税別)です。

値段

ネット通販では、700mlで180,000円〜230,000円(税込)前後が相場になっています。

 

さいごに

爽やかな香りで、多彩な原酒のブレンドによる複雑な味わいが魅力の白州。

ハイボールをはじめとする幅広い飲み方が楽しめます。

その人気は国内外ともに衰えを見せず、現在は原酒の供給が追いつかずに価格が高騰している状況です。

なかなか手に入りにくい白州ですが、一度はぜひ、他のウイスキーにはないクリアでキレのある味わいを堪能してみてはいかがでしょう?

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

ザ・グレンリベットとは?人気の理由、種類、味、飲み方を徹底解説!

シングルモルトの原点にして、トップを走り続ける「ザ・グレンリベット」。 今回はそんなザ・グレンリベットの特徴から、

人気で品薄なウイスキー、山崎とは?人気の理由、種類、値段、味を徹底解説!

日本を代表するウイスキーの一つである、サントリーの山崎。 現在は、その人気により、品薄や終売が相次いでいます。

ワイルドターキーはどんなウイスキー?こだわり、種類、値段、味を徹底解説!

歴代のアメリカ大統領のなかにも愛飲者がいたことで有名なワイルドターキー。 バーボンの中では、トップ5に入る売上を誇

バランタインはどんなウイスキー?特徴から、種類、飲み方まで徹底解説!

世界中で人気のスコッチウイスキー、バランタイン。 今回は、そんなバランタインの特徴から、種類ごとの味、飲み方、値段

おすすめの安くて美味しいウイスキー10選!1,000円台で厳選!

「普段家で飲む安くて美味しいウイスキーが知りたい!」 今回は、そんな方に向けてコスパ抜群のおすすめのウイスキーを1

イチローズモルトはどんなウイスキー?人気の理由、種類、味、値段を徹底解説!

革新的なウイスキー造りをすすめるベンチャーウイスキーの「イチローズモルト」。 今回はそんなイチローズモルトのこだわ

メーカーズマークとは?種類、値段、開け方、飲み方まで徹底解説!

メーカーズマークと言えば、赤い蝋が垂れたようなボトルが印象的ですね。 今回は、そんなメーカーズマークについて、評価

ジョニーウォーカーはどんなウイスキー?人気の理由、種類、値段を徹底解説!

世界で一番売れているスコッチといえば、ジョニーウォーカー。 今回は、そんなジョニーウォーカーについて、歴史、評価、

竹鶴はどんなウイスキー?気になる値段、種類から、終売についても徹底解説!

日本だけでなく、海外でも大人気の竹鶴。 原酒の不足により、現在は供給できない状況です。 今回は、そんな竹鶴につい

シーバスリーガルはどんなウイスキー?人気の秘密、種類、値段、味を徹底解説!

スコッチウイスキーらしい上品な味わいで、世界中から愛されているシーバスリーガル。 今回はそんなシーバスリーガルの人

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP