梅酒の作り方を徹底解説!梅酒作りに最適な時期やおすすめのベースまでご紹介

2021/05/12
日本酒

「梅酒を作る手順が分からない」

「ベースのお酒はなにを使えばいいの?」

「梅酒を作る時期っていつがいいの?」

自家製梅酒を作るうえで、このような疑問をお持ちの方も多いのでは?

ということで今回は梅酒の作り方について、手順や梅酒作りの最適な時期、梅酒に使うおすすめのベースのお酒まで解説していきたいと思います。

記事の監修者

峰岸 喜美子

唎酒師、国際唎酒師 英語&中国語、焼酎唎酒師、ビアアドバイザー、WSET®︎ LEVEL3、オリーブオイルソムリエ®︎

母方の祖先が蔵元だったこともあり、日本酒の勉強を始める。現在はワインとオリーブオイルを輸入販売する会社を経営。株式会社ザ・セイクリッド・ワイン 代表取締役

梅酒の材料

・梅:1kg

・氷砂糖:200〜500g(お好みに合わせて)

・アルコール度数35%のホワイトリカー:1.8ℓ

・消毒して乾燥させた保存容器

梅酒に使う梅

梅酒には果肉が厚くて種が小さく、酸味が高い品種が適しています。

南高梅、古城、白加賀、鶯宿、豊後、竜峡小梅、林州、玉英、梅郷などが代表的な品種です。

青梅を使うとすっきりと清涼感のある梅酒に、熟した梅を使うとフルーティーで風味豊かな梅酒に仕上がります。

梅酒に使うお酒

梅酒に使うお酒は法律上でアルコール度数が20%以上のものに限られています。

腐敗やカビを防ぐために、できればアルコール度数35%以上のお酒を使うことがおすすめです。

梅酒作りには主にクセが少ないホワイトリカーを使用しますが、焼酎やブランデーなどの個性的なお酒を使うことも。

現在は梅酒作り専用のお酒もいろいろ販売されています。

とても手軽に梅酒を作ることができるため、ぜひ使ってみてください。

梅酒の作り方

手順1 梅の下処理

まず新鮮で傷や虫食いのない梅を1kg分選び、一粒ずつよく水洗いして汚れを取り除きます。

ヘタはつまようじや竹串などで除去してください。

ヘタが残ると苦みやえぐみの原因となりますので、必ず取り除くようにしましょう。

手順2 梅の水気を取り除く

清潔で乾いた布で梅の水分を丁寧に拭き取ります。

もしくは、天日干しで乾燥させてください。

保存食に水分は大敵なので、水気取りは入念に行いましょう。

手順3 容器に氷砂糖と梅を入れる

熱湯消毒した広口の密閉容器に梅と氷砂糖を交互に敷くように入れてください。

密閉容器は梅酒専用のものが多く販売されていますので、それらを使用すると良いでしょう。

特に長期保存する場合はプラスチック製ではなく、密閉性が高いビンをお勧めします。

手順4 お酒を入れて漬け込む

梅と氷砂糖を入れ終えたら、最後にホワイトリカーを注ぎ、漬け込みます。

直射日光を避け、冷暗所で保存してください。

冷蔵保存すると味にえぐみが出にくくなるので、より美味しい梅酒を作りたいのであれば冷蔵保存推奨です。

漬け込むお酒の種類はホワイトリカーの他に焼酎、ブランデー、ウイスキーなど様々あります。

手順5 熟成

漬け込みから1〜3カ月ほどで飲めるようになりますが、できれば1年ほど熟成させるとより梅の味が浸透して美味しくなります。

熟成が進むほど、美しい琥珀色になっていくのが特徴です。

手順6 梅の実を取り除く(1年後)

梅の実からは梅の風味だけでなく渋みや苦みも抽出されるので、1年程度のタイミングで梅の実を取り除くことをおすすめします。

さらに梅酒を別の容器にガーゼなどを被せて濾し、にごりを取り除いた状態にしてください。

長期保存するほどコクが出るため、お好みに合わせて2年、3年と熟成させることも梅酒の楽しみ方の一つです。

その場合はあらかじめビンに製造年月日を記したステッカーを貼っておくと良いでしょう。

梅酒作りに使うお酒の種類

ホワイトリカー

一般的にホワイトリカーは無味無臭のお酒です。

すっきりとした梅自体の風味と味わいを存分に楽しむことができます。

余計な味がついていないため、いろいろ工夫して好みの飲み方ができる点も特徴です。

焼酎

焼酎を飲み慣れている方には、おすすめしたい梅酒のベースです。

ホワイトリカーよりまろやかでコクのある仕上がりになります。

焼酎のタイプによって仕上がる梅酒の特徴も変わりますので、お好みの焼酎を使ってみてください。

・麦焼酎:麦の香ばしさとすっきり感のある仕上がり

・米焼酎:ほんのりとしたお米の甘味を残した爽やかな梅酒に

・芋焼酎:力強い芋のコクと甘味を感じるこっくりとした味わい

・黒糖焼酎:まろやかさが際立ち、梅の香りともよく馴染む

ブランデー

ブランデーを使うと、その高いアルコール度数から熟成が早くなるのが特徴です。

日が経つにつれてブランデーと梅の風味が合わさってマイルドな味わいに。

ブランデー自体に深みのある味わいがありますので、氷砂糖の量を調整してお好みの味に仕上げることをおすすめします。

ウイスキー

ウイスキー仕込みの梅酒は豊潤な風味が特徴です。

麦の風味やウイスキーならではの複雑な香りが梅酒に溶け込み、ちょっと大人な味わいに。

スコッチやバーボンなど使うウイスキーの種類によって梅酒の個性も大きく左右されます。

ブランデーと同じく高いアルコール度数があるので、熟成のスピードは速めです。

梅酒作りにおすすめのベース7選

おいしい果実酒つくりましょう ホワイトリカーゴードー 35%

おいしい果実酒つくりましょう ホワイトリカーゴードー 35% 1.8L

梅酒作り用に作ったホワイトリカーです。

値段も手頃で、パッケージにレシピの記載があるので初心者におすすめ。

すっきりとした味わいの梅酒が手軽に作れます。

宝焼酎 果実酒の季節 35度

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」900ml

果実酒用のホワイトリカーで、果実本来の味わいを引き出してくれます。

こちらは焼酎のパッケージを梅酒の漬け込み容器使うこともできるので、大変便利です。

ベーシックな味わいの梅酒を作りたい方におすすめ。

白岳 米焼酎 35度

白岳 純米製 球磨焼酎 米焼酎 35度 1.8L

こちらはアルコール度数が35度で、コストパフォーマンスの良い米焼酎です。

このお酒自体飲み口がさっぱりしているため、クセのないまろやかな梅酒を作ることができます。

天盃 麦焼酎 梅酒用 35度

梅酒作り用に造られた本格麦焼酎。

薫り高い麦焼酎で、梅の酸味を際立たせてくれます。

梅酒用に造れられている焼酎のため、手間をかけずに一味違った梅酒を作ることが可能です。

龍宮 黒糖焼酎 30度

柔らかくほのかな甘みのある黒糖焼酎。

アルコール度数は30度ですが、ゆっくりと熟成させることで梅酒のまろやかさが増していきます。

熟成の変化を楽しみながら少しずつ梅酒を飲みたい方におすすめ。

ブランデー V.O. 37度 ペットボトル

サントリーブランデー VO 37度 4L

カクテルのベースとしても重宝する、マスカットが原料のブランデーです。

ブランデーらしい果実味あふれるリッチな風味は、コクのあるマイルドな味わいの梅酒を作るのにぴったり。

4Lの大容量サイズですので、梅酒作りで残った分で他の果実酒を作ることもできます。

ブラックニッカ クリア 37度 ペットボトル

ブラックニッカ クリア 37度 ペットボトル 1.8L

ハイボールのベースとしても人気のブラックニッカ。

スコッチウイスキーでありながらそのクセのない味わいは、梅酒にウイスキーの程よい風味を与えてくれます。

いつもより少し違った梅酒を作りたいときにおすすめです。

梅酒づくりに最適な時期は?

梅酒作りに最も適している時期は、梅が旬となる5月末~6月にかけてです。

この時期には新鮮な青梅が多く出回るので、梅酒作りにはベストなタイミングと言えるでしょう。

時期になるとスーパーなどの売り場に、青梅と一緒に氷砂糖や漬け込み容器がセットで並ぶことも少なくありません。

美味しい梅酒を作りたい場合は、この5月末~6月の時期を狙うようにしましょう。

知っておきたい梅酒作りと法律の話

梅酒作りでは、アルコール度数20%以上のお酒を使うことが酒税法で定められています。

そのため、アルコール度数が20%よりも低いお酒で梅酒を作らないように注意をしましょう。

特に気を付けるべきなのが、日本酒を使って梅酒を仕込む場合です。

日本酒のアルコール度数は15%前後がほとんどですので、多くの場合で日本酒仕込みの梅酒は酒税法に違反します。

日本酒仕込みの梅酒は免許が無ければ作ることができませんので、自宅で梅酒を作る場合は焼酎やウイスキーなどアルコール度数の高い蒸留酒を使いましょう。

また、自家製梅酒は個人で消費することを前提として作ることが許可されているため、作った梅酒を販売することは酒税法違反となりますので注意が必要です。

梅酒は家でも簡単に美味しく作れる!

ご家庭で簡単に美味しく作れる果実酒の代表格である梅酒。

長期熟成することで、芳醇で深みのある味わいに変化していきます。

梅酒は定期的に作り置きをしておけば、味わいの違いを楽しむことができる身近なお酒です。

砂糖やベースのお酒を工夫して、ぜひお好みの梅酒をお気軽に作ってみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【決定版】黒龍はどんな日本酒?人気の理由や種類・値段・味わいを解説

食中酒、食前酒としてグイグイ飲める柔らかい口当たりと、フルーティな飲み口が人気の「黒龍」。 一部のラインナ

世界も注目!スパークリング日本酒のおすすめは?タイプ別の特徴や金賞受賞銘柄を一挙紹介!

近年、「awa酒」として世界中で注目されて始めたスパークリング日本酒。 なかには、ワイン大国フランスのソム

新潟のおすすめ日本酒ランキング10選|人気銘柄から手に入りにくいレアな日本酒までご紹介

新潟県といえばお米! そんな米どころの新潟県では日本酒造りも盛んに行われています。 酒蔵の軒数、県民一人当たりの

福島の日本酒ランキング10選|金賞受賞酒や世界一に輝いた日本酒もご紹介!

福島県が実は 全国をリードする日本酒の技術大国であることをご存知でしょうか? 今回の記事では、福島県の日本酒の特徴や

純米吟醸酒の人気おすすめランキング15選!特徴や吟醸酒との違いも解説

「純米吟醸酒はよく飲むけど、純米大吟醸や吟醸酒との違いをよく分かっていない」 「どの純米吟醸を選べば良いか

くどき上手とは?人気秘密やおすすめ銘柄を日本酒ソムリエが解説!

山形の銘酒として人気のある、くどき上手。 はっとするような華やかな香りと、辛口な味わいが日本酒ファンを虜に

フルーティーな日本酒が飲みたい!おすすめランキング10選をご紹介

「初心者でも飲める日本酒が知りたい」 「フルーティーで飲みやすい日本酒を探している」 という方に向け、今回は日本

八海山のおすすめ銘柄20選|日本酒から焼酎・甘酒まで幅広い種類や美味しい飲み方までご紹介!

定番の人気日本酒、「八海山」。 料理を邪魔しない食中酒として、全国の日本酒好きから根強い人気を誇っています。 一

岩手のおすすめ日本酒ランキング20選!有名な酒蔵や地酒ショップも紹介

日本酒職人の集団である南部杜氏を生み出した岩手県。 岩手は国内でも有数の酒処として知られています。

鍋島(なべしま)のおすすめ銘柄ランキング10選!人気の秘密を日本酒ソムリエが解説

佐賀県を代表する日本一に輝いた日本酒「鍋島」。 今回の記事では入手困難な日本酒のひとつである鍋島について、

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP