ヘネシーとは?人気の理由、値段、種類を徹底解説

2020/09/19
ブランデー

コニャックと言えば、ヘネシーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

最も高価なブランデーなら、ヘネシーのリシャールが有名ですね。

今回はそんなヘネシーについて、歴史やこだわりから、味わい、ラインナップまでご紹介いたします。

オンラインで手軽に購入出来るシリーズもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

記事の監修者

篠崎 裕江

日本ソムリエ協会認定 ソムリエ

好きなワインは枯れかけてきたブルゴーニュの赤と、Blanc de Blancs のシャンパーニュ! 大学時代、ワインの魅力にはまり勉強を始める。都内のホテルに就職し資格取得後はソムリエとして活躍。 その後ワイン商社勤務を経て現在はアメリカ在住。 スーパーで、日本では手に入らないようなデイリーワインを物色するのが楽しい今日この頃…

ヘネシーとは

世界最大のコニャックの造り手

ヘネシー(Hennessy)はフランスのコニャック地方で生産されているブランデーの銘柄です。

コニャックのなかでも高い品質を誇り、コニャックにおける市場シェアの4割を誇る最大手になります。

現在は、MHD(モエヘネシーディアジオ)が所有。

MHDは他に、モエ・エ・シャンドン、ドン・ぺリニヨン、ヴーヴ・クリコ、ジョニーウォーカーなど多数の超有名ブランドを扱っています。

 

ヘネシーの歴史

ヘネシーは1765年、アイルランド出身のリシャール・ヘネシー氏により創業されました。

コニャックの味わいに魅力されたリシャール氏は、国際的なビジネスのポテンシャルを感じ、メゾンを設立。

当時はまだブランデーの醸造方法なども確立されておらず、熟成によるランクなどもありませんでした。

1794年、初めてアメリカへの進出を果たします。

中国、ロシア、オーストラリアなど他国が続き日本に初めて輸出されたのは1868年のことでした。

 

ヘネシーの特徴は多岐に渡るこだわり

徹底してこだわった原酒

ヘネシーでは、原料となるブドウに大変厳しい基準を設けています。

その基準をクリアして造られた原酒は、実に47万樽以上常もストック。

なかには200年以上熟成経ているものもストックされています。

 

門外不出のブレンド技術

原酒が豊富にあるからと言って、美味しいコニャックが造れる訳ではありません。

ヘネシーでは卓越した技術を持つブレンダーが、厳選に厳選を重ねて原酒のブレンドを行っています。

その技術には定評があり、ヘネシー独自の香り高くまろやかな味わいに仕上がっているのです。

 

樹齢100年以上のフレンチオークで熟成

ヘネシーでは熟成に使う樽にも妥協しません。

なんと樹齢100年以上の樹から作られたフレンチオークのみを使用しています。

樽の風味は強ければ良いというものではなく、きめ細やかで繊細な香りや味わいをもたらすにはフレンチオークが一番適しているのです。

 

日本で人気の理由

高級銘柄ながら、お手頃なラインナップも用意

ヘネシーが人気なのは、やはり品質の高さに定評があるからではないでしょうか。

ラインナップも多く、手頃な価格で購入出来るシリーズもあるので、知名度も世代の幅を超えて親しまれてます。

 

銀座の象徴

かつて80年代のバブル期、パラディやリシャールは高級クラブの定番でした。

アイスペールにどぼどぼ注いでがぶ飲みするなど、今では想像出来ない大胆な飲み方も流行っていたようです。

銀座のクラブでは、高級メロンを半分にカットしてヘネシーを注いで食べるのも人気でした。

当時ヘネシーは年間100万ケースも輸入されており、現在と比較して7倍も消費されていました。

 

ヘネシーの種類

以下のラインナップのうち、ブラックとVSOPプリヴィレッジ、XXO以外は国内正規品での購入が可能です。

 

ラインナップ特徴
 VS40種類の原酒をブレンド、熟成4~7年、最も安価
 ブラック45種類の原酒をブレンド、熟成5年
 VSOP フィーヌ シャンパーニュ限定された産地の60種類の原酒をブレンド、熟成7~10年
 VSOP プリヴィレッジ最高品質の4地区の原酒のみ使用、熟成15年
 XO100種類の原酒をブレンド、熟成30年
 XXOXOの上位ライン、国内で入手困難
 パラディ―100種類の原酒をブレンド、熟成最低50年
 パラディ― アンペリアル19世紀の原酒もブレンド
 リシャール最上級ラインナップ

 

ヘネシーのラインナップ

商品画像ヘネシー VSヘネシー ブラックヘネシー VSOP フィーヌ シャンパーニュヘネシー VSOP プリヴィレッジヘネシー XOヘネシー XXOヘネシー パラディ―ヘネシー パラディ― アンペリアルヘネシー リシャール
商品名ヘネシー VSヘネシー ブラックヘネシー VSOP フィーヌ シャンパーニュヘネシー VSOP プリヴィレッジヘネシー XOヘネシー XXOヘネシー パラディ―ヘネシー パラディ― アンペリアルヘネシー リシャール
詳細度数:40 %度数:43 %度数:40 %度数:40 %度数:40 %度数:40 %度数:40 %度数:40 %度数:40 %
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ヘネシー VS

VSはヘネシーのスタンダードモデルで、平均4〜7年の熟成を経ています。

一番気軽に購入出来る価格帯なので、とりあえずヘネシーを飲んでみたいという方におすすめです。

ソーダ割りやカクテル用、製菓用など幅広く使える手軽さも人気です。

VSの味

トーストやヴァニラ、スパイスなどの香りに黒糖のニュアンスも感じられます。

若々しく力強い口当たりで、フルーティ且つクリーミーな味わいです。

VSの値段

ネットでは、700mlで税別2,500円~2,800円が相場です。

 

ヘネシー ブラック

ブラックは、「もっと気軽にコニャックを楽しんでもらいたい」と、若年層をターゲットにリリースされました。

フローラルさを出すために厳選された45種の原酒をブレンド、平均5年の熟成を経ています。

ブラックの味

オレンジピールやジャスミン、水仙などの華やかなアロマが特徴的です。

口当たりは非常に柔らかく、蜂蜜やブドウそのものの甘みを感じるフルーティでエレガントな味わいに仕上がっています。

ブラックの値段

ネットでは、1000mlで税別5,500円~6,000円が相場です。

 

ヘネシー VSOP フィーヌ シャンパーニュ

ヘネシー VSOP フィーヌ シャンパーニュ

最高品質のコニャックを生み出す「限られた地域」の原酒のみで造られています。

平均熟成年数は7〜10年で、まろやかかつ上品な味わいが特徴です。

フィーヌシャンパーニュの味

オレンジやチョコレート、アッサムティ、トーストなど豊かな香りが印象的です。

口当たりは軽やかで非常にスムーズ、まろやかな辛口に仕上がっています。

フィーヌ シャンパーニュの値段

ネットでは、700mlで税別9,000円~10,000円が相場です。

キャバクラ、クラブでは、30,000円~40,000円。

 

ヘネシー VSOP プリヴィレッジ

ヘネシー VSOP プリヴィレッジ

「特権」という意味を持つプリヴィレッジは、なんと15年の熟成を経ています。

ヘネシーならではのエレガントさが特徴で、世界中のコニャックファンに親しまれる逸品です。

プリヴィレッジの味

シナモンやブリオッシュ、ホワイトペッパーなどの繊細な香りに、シルクのような口当たりが飲み手を魅了します。

蜂蜜を思わせる優しい甘さと、樽由来のウッディーな余韻が心地よい仕上がりです。

プリヴィレッジの値段

ネットでは、700mlで税別6,000円~6,800円が相場です。

 

ヘネシー XO

ヘネシーXOには、なんと100種類もの原酒がブレンドされており、コニャックの王様とも呼ばれています。

平均30年程度の熟成を経ており、ワンランク上のコニャックをお探しの方に是非!

XOの味

クローブやシナモン、リコリスなど複雑な香りに、リッチでパワフルな味わいが特徴です。

極めて滑らかな印象で、クローバーハニーを思わせる甘い余韻がエレガントに仕上がっています。

XOの値段

ネットでは、700mlで税別14,600円~16,000円が相場です。

キャバクラ、クラブでは、40,000円~70,000円。

 

ヘネシー XXO

XXOは2017年、主にアジア市場に向けてリリースされました。

50年以上も熟成を経た原酒がブレンドされており、豊潤で力強いタイプに仕上がっています。

免税店を中心に販売されており、日本では極めて入手困難です。

※ちなみにXOよりも優っていると造り手が判断すると、XXOと名乗る事が出来るようです。

XXOの味

ビターオレンジやナツメグ、リコリス、ペパーミントなどの爽やかなアロマで、口当たりは非常にパワフルです。

トーストなど樽由来の風味がゴージャスで、品のある伸びやかな味わいに仕上がっています。

XXOの値段

ネットにはあまり出回りませんが、700mlで税別25,000円前後のことが多いです。

 

ヘネシー パラディー

パラディは1979年にリリースされました。

名前はヘネシーの熟成庫「パラディセラー」にちなんでいます。

100種類以上の原酒をブレンド、なんと130年も前の原酒も含まれています。

最低でも50年、オーク樽での熟成を経てリリースされる超高級コニャックです。

パラディーの味

プラムや梅、ホワイトペッパーなどの力強い香りに、心地よい熟成香が広がります。

滑らかでスムースな口当たりで、奥行きのある気品に満ちた味わいが特徴です。

ヴァニラやドライフルーツを思わせる余韻がいつまでも続く、大変素晴らしいコニャックに仕上がっています。

パラディーの値段

ネットでは、700mlで税別98,000円~125,000円が相場です。

キャバクラ、クラブでは、300,000円前後。

ホストクラブの場合は、2,000,000円~3,000,000円ほどです。

 

ヘネシー パラディーアンペリアル

ヘネシー パラディ― アンペリアル

ヘネシーは1818年、ロシア王朝からの要望で、「アレクサンドル1世」にちなんだ特別ブレンドを造りました。

そのコニャックを再現する形で、2011年にリリースされたのが、このパラディアンペリアルです。

ヘネシーが熟成保管してきた19〜20世紀の希少な原酒もブレンドされています。

パラディーアンペリアルの味

バラの花びらやジャスミン、オレンジブロッサム、スパイス、トーストなどの極めて華やかなアロマに、穏やかな骨格が特徴です。

フェミニンかつエレガントな印象で、まろやかな味わいは一度飲んだら忘れられないとさえ言われています。

パラディーアンペリアルの値段

ネットでは、700mlで税別250,000円~350,000円が相場です。

 

ヘネシー リシャール

創業者である「リシャール氏」の名を冠した、ヘネシーの最高傑作です。

コニャックの中で最も希少かつ高級品として、愛好家を魅了する芸術品と崇められています。

ヘネシーが守ってきた200年以上前の原酒を含む100種類をブレンド。

他の追随を許さない官能的な逸品であり、「ヘネシーの伝説」と讃えられています。

リシャールの味

フルーツキャンディやブラックペッパー、ナツメグなど複雑みのある香りに、蜂蜜のニュアンスも感じられます。

ベルベットのような口当たりで、雑味は一切感じません。

フルーツコンポートやヴァニラの風味が優しく、何しろ上品でまろやかな味わいです。

角が取れた穏やかなアルコール感とのバランスが完璧で、果てしなく長い余韻が飲み手を魅力します。

リシャールの値段

ネットでは、700mlで税別350,000円~450,000円が相場です。

キャバクラ、クラブでは、1,000,000円~1,500,000円。

ホストクラブの場合は、2,000,000円~2,500,000円ほどです。

 

さいごに

世界的に高い名声を誇るヘネシー、さまざまなラインナップがあることもお分かりいただけたと思います。

高級ブランデーですがあまり堅苦しく考えず、チョコレートやスイーツと合わせたり、ソーダで割るなどお好みで、ヘネシーをたのしんでみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

ブランデーとは?種類から、おすすめのブランデー、飲み方まで徹底解説!

「ブランデーとウイスキーってなにが違うの?」 「どのブランデーを選べばよいか分からない。」 「ブランデーはどんな

グラッパとは?飲み方から、おすすめのグラッパまで徹底解説!

イタリアンレストランで、食後にグラッパを勧められたことはありませんか? 日本ではあまり馴染みのないお酒ですが、イタ

高級コニャックのレミーマルタンとは?ルイ13世はじめ全種類をご紹介!

高級コニャックの代名詞と言われるレミーマルタン。 名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか? 今回

カルヴァドスとは?種類から、おすすめのカルヴァドス、美味しい飲み方まで徹底解説!

カルヴァドスは、何となくフランスのお酒というのは分かるけれども、どんなお酒なのか詳しくご存知ない方も多いのではないで

アルマニャックとは?特徴から、おすすめのアルマニャックまで徹底解説!

コニャックと並んでブランデーの最高峰に君臨するアルマニャック。 実はコニャックよりも歴史があり、フランス最古のブラ

コニャックとは?味、値段、美味しい飲み方から、おすすめのコニャックまで徹底解説!

高級酒の代名詞、コニャック。 名前は聞いたこともあるけれど、実際どのようなお酒なのか分からない、飲んだことはないと

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP