ファジーネーブルとは?気になる意味や度数から、作り方まで徹底解説!

2020/09/02
カクテル

ファジーネーブルと言えば、一度は聞いた事がある定番カクテルですね!

今回はファジーネーブルの意味や度数から、作り方、アレンジレシピをご紹介します。

記事の執筆者

桶本 ひとみ

WSET Level2(Wine & Spirit Education Trust)、テキーラ・マエストロ、ウイスキー検定2級

高級レストランから銀座のクラブまで、10年間さまざまな飲食店に勤務。 大のお酒好きで自称プロ「ノムリエ」趣味は世界と日本各地のBAR巡り。旅好きでこれまで訪問した国は32か国75都市、海外生活歴は5年半以上。 現在ノムリエ女子ライターとして活動中。 Twitter/Instagram @hetoldme_ok

ファジーネーブルとは

ファジーネーブル(Fuzzy navel)はピーチリキュールとオレンジジュースを混ぜたシンプルなカクテルです。

シェイカーなど必要ないので、家でも簡単に作ることができます。

アルコール感をあまり感じないフルーティーな味わいなので、お酒を飲み始めたばかりの方や女性に人気のカクテルの1つです。

1980年代にアメリカで大ヒットして以来、今も世界中で愛飲されています。

 

ファジーネーブルの由来や意味

ファジー(fuzzy)は曖昧、桃の産毛の意味、そしてネーブル(navel)はネーブルオレンジのネーブルです。

名前の由来は桃なのかオレンジなのかファジー(曖昧)な味のカクテルであるためと言われています。

 

ファジーネーブルの味

オレンジ感が強いながらも、ピーチの後味を感じられます。

ピーチの味を強めに感じたい場合は、ピーチリキュールの割合を多めにしましょう。

甘いお酒が好きな方が好まれる味です。

 

ファジーネーブルの度数

3〜5%とアルコールはビールと同じくらい低め。お酒が苦手な女性にも非常に飲みやすいカクテルです。

 

ファジーネーブルのカロリー

190kcal前後です。

オレンジジュース自体の糖質が高いのでカロリーも高めになっています。

 

ファジーネーブルの作り方

道具

・タンブラーグラス

・バースプーン(なければマドラーやストローでも可)

 

材料

・ピーチリキュール:30ml

・オレンジジュース:120ml

 

割合

ピーチリキュール:オレンジジュース=1:4

 

作り方の手順

①グラスに氷を入れる。

②材料を入れる。

③軽くステアして出来上がり。

(ピーチ感とアルコールを強めにしたい場合はリキュールを45ml)

 

アレンジレシピ

トロピカルファジーネーブル

マンゴーリキュールを加えてトロピカルなアレンジにしたものです。

 

<材料>

ピーチリキュール:15ml
マンゴーリキュール:15ml
オレンジジュース:90ml

 

ピーチ、マンゴー、オレンジの3つの味が混ざり、まさにトロピカル風味のドリンクになります。

お好みでフルーツなどを飾り付けすると、見た目がオシャレになりますよ。

 

フレッシュファジーネーブル

アレンジと言うほどではありませんが、市販のオレンジジュースではなく、本物のオレンジを生搾りして作ってみてください。

市販の100%オレンジジュースとは全く違う、ファジーネーブルになるはずです。

この時オレンジの果肉も入れると、さらに生搾り感があっておいしいですよ。

 

ファジーネーブルにおすすめのピーチリキュール

デカイパー オリジナル ピーチツリー

デカイパー オリジナル ピーチツリー


ファジーネーブルと言えばピーチツリーが1番の定番です。

「ピーチツリーオレンジ」(ファジーネーブルと同じ)とオーダーする方もいるほど。

デカイパー社がピーチツリーのマーケティングの一環として、ファジーネーブルをアメリカで流行らせたと言っても過言ではありません。

ぜひ昔からの定番の味を試してみてください。

 

ルジェ クレーム ド ペシェ

ルジェ クレーム ド ペシェ


日本では定番ピーチリキュールで、だいたいどこのお店にも置いています。

フランスの老舗のフルーツリキュールメーカー「ルジェ」が作ったお酒で、ルジェはカシスリキュールの創始者として有名です。

フランス産の桃を使って作られた、フレッシュの味わいをお楽しみください。

 

ボルス ピーチ

ボルス ピーチ


ボトルのデザインなどから、世界中のバーテンダーに人気のボルスのピーチリキュールです。

ボルス社はデイカバー社に並ぶほどの歴史を持つ、老舗のリキュールメーカーです。

ピーチの味以外にも柑橘風味を感じられるので、オレンジジュースとの相性も良いでしょう。

 

さいごに

お酒を飲み始めたばかりの方や、甘い飲み物がお好きな方におすすめのカクテルです。

特にピーチやオレンジなどフルーティーな味が好きな方や、トロピカルな味が好きな方は気に入って頂けるでしょう。

どこのお店でも割とメニューに載っているので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

ジンリッキーとは?由来、度数、カロリーから、作り方まで徹底解説!

爽やかな味わいで人気のジンリッキー。 今回は、ジンリッキーとはどんなカクテルなのか、由来や味、度数から、作り方まで

ギムレットとは?意味やカクテル言葉から、作り方、アレンジレシピまでご紹介!

ギムレットと聞いて、小説の有名なセリフである「ギムレットには早すぎる」を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。 ギ

おすすめの美味しいカクテル25種類!レシピも合わせてご紹介!

「カクテルにはどんな種類があるの?」 「カクテルの名前が分からない。」 「美味しいカクテルと、その作り方が知りた

シャンディガフとは?味、度数、作り方を徹底解説!

「シャンディガフってなに?」 「シャンディガフってどうやってつくるの」 「ビールとジンジャーエールの割合は?」

マティーニとは?味、度数から作り方、美味しい飲み方まで徹底解説!

マティーニを飲んだことはあるけど、その意味や、作り方が分からない方も多いのでは? 今回は、マティーニの味、度数、種

ウーロンハイの美味しい作り方から、缶のおすすめウーロンハイまで徹底解説!

「ウーロンハイの度数やカロリーでどれくらい?」 「ウーロンハイを作りたいけど、割合は?」 「どんな焼酎を使えばい

レッドアイとは?味、度数、カロリーから、作り方まで徹底解説!

ビールとトマトのカクテルの「レッドアイ」。 今回は、レッドアイの味、度数といった基礎知識から、作り方、アレンジレシ

チャイナブルーとは?味、度数、カクテル言葉から、作り方まで徹底解説!

見た目は鮮やかなブルーで、味はさっぱりとしてフルーティーなチャイナブルー。 今回は、そんなチャイナブルーの発祥から

コークハイとは?作り方から、コークハイにおすすめのウイスキーまで徹底解説!

「美味しいコークハイを作りたいけど、割合が分からない。」 「ウイスキーはなにを使えばいいの?」 コークハイに関し

ダイキリとは?気になる意味、度数から作り方、アレンジレシピまで徹底解説!

ラムの定番カクテルの1つ、ダイキリ。 暑い季節には、フローズンダイキリも人気ですね! 今回は、ダイキリについて、

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP