ダイキリとは?気になる意味、度数から作り方、アレンジレシピまで徹底解説!

2020/07/26
カクテル

ラムの定番カクテルの1つ、ダイキリ。

暑い季節には、フローズンダイキリも人気ですね!

今回は、ダイキリについて、その意味から、作り方、ダイキリにおすすめのラムまでご紹介します。

記事の執筆者

桶本 ひとみ

WSET Level2(Wine & Spirit Education Trust)、テキーラ・マエストロ、ウイスキー検定2級

高級レストランから銀座のクラブまで、10年間さまざまな飲食店に勤務。 大のお酒好きで自称プロ「ノムリエ」趣味は世界と日本各地のBAR巡り。旅好きでこれまで訪問した国は32か国75都市、海外生活歴は5年半以上。 現在ノムリエ女子ライターとして活動中。 Twitter/Instagram @hetoldme_ok

ダイキリとは

ダイキリ(Daiquiri)は、キューバのダイキリ鉱山で誕生したラムベースのカクテルです。

レモンまたはライムを使うのでさっぱりした味わいになります。

夏にはクラッシュアイスをいれて味わダイキリがとても人気です。

 

ヘミングウェイが愛したカクテル

ダイキリと言えば作家のアーネスト・ミラー・ヘミングウェイが愛したカクテルとしても知られています。

「我がモヒートはボデギータにて、我がダイキリはフロリディータにて」というヘミングウェイが残した名言があります。

ヘミングウェイは生前キューバにあるバー「フロリディータ」で、1日10杯以上ダイキリを飲んでいたほどダイキリ好きだったようですよ。

 

ダイキリの由来や意味

キューバにあるダイキリ鉱山の名前がカクテルの名前に由来しています。

一番知られている説では、ダイキリ鉱山で働いていたアメリカ人のジェニングス・コックスがレシピを考案して名前をつけたそうです。

ダイキリ鉱山で働くアメリカ人たちは仕事の後にダイキリを飲んで疲れを癒していたのでしょう。

 

ダイキリの度数

ダイキリの度数は20〜30%前後です。

度数は強めのカクテルですが、分量とアイスの溶け具合で度数は変化します。

 

ダイキリのカロリー

ダイキリのカロリーは120〜180kcal前後です。

甘めが好きな方は砂糖を多めに入れるとカロリーも高くなります

 

ダイキリの作り方

道具

・シェイカー

・ショートカクテル用グラス

 

材料

・ホワイトラム:45ml
・ライムジュース:15ml
・シュガーシロップ:1tsp

 

割合

ホワイトラム:ライムジュース=3:1

 

作り方の手順

①アイスを入れたシェイカーを用意する。

 

②シェイカーに材料を全部入れてシェイクする。

 

③カクテルグラスに注いで完成。

 

作り方のコツ

ライムジュースは生のライムを使うとさらにキリッとフレッシュな味わいになります。

また、現在ではライムを使うレシピが世界的に主流になっていますが、元々レモンで作られていました。

お好みでライムの代わりにレモンを使ってもいいでしょう。

シロップの量は1tspとなっていますが、甘めがお好きな方は2tsp入れてください。

 

アレンジレシピ

フローズンダイキリ

夏に大人気のフローズンスタイルのダイキリ。

作り方はダイキリの材料にクラッシュアイスを入れてミキサーにかけるだけです。

フローズンスタイルはあのヘミングウェイの好物だったとも言われています。

シャーベットのようなフローズンスタイルのカクテルが完成します。

アイスを入れるので味が薄めになります、シュガーシロップは標準のシロップより増やしましょう。

 

ストロベリーダイキリ

ストロベリーやベリー系のフルーツを使ったダイキリは女性に人気です。

材料
・ストロベリーリキュール 10ml
・ホワイトラム 30ml
・レモンジュース 15ml
・シュガーシロップ 5ml
・イチゴ 適量

 

さらに、これをフローズンスタイルにした「フローズンストロベリーダイキリ」は、ストロベリーシャーベットのようなデザート感覚で楽しめるので大人気です。

 

ダイキリにおすすめのラム

バカルディ スペリオール シルバー

バカルディ スペリオール シルバー

世界的にも一番定番で多く使われているホワイトラムです。

特にラムの指定がなければバーなどで注文した際にほとんどバカルディのラムが使われます。

あのヘミングウェイも、バカルディで作るダイキリを時には水筒に入れて持ち歩くほど愛飲していたそうです。

ダイキリにあまり馴染みがない方は、このバカルディのホワイトラムのベーシックなダイキリから挑戦してみてください。

 

セルバレイ ホワイト ラム


グラミー賞受賞歴のある誰もが知っている世界的アーティストのブルーノ・マーズがプロデュースしたラムです。

今年に入ってボトルのデザインもオシャレにリニューアル、日本でもだんだんと手に入りやすくなりました。

アメリカンオーク樽で3年以上熟成させているので、一般的なホワイトラムよりもバニラ感が強めです。

バニラの甘さを感じられるダイキリに仕上がります。

 

ブラック ティアーズ スパイスド ラム

ブラック ティアーズ スパイスド ラム


キューバのホワイトラムにスパイスを加え、世界初のキューバ産スパイスドラムです。

ラムと言えばサトウキビで作られているので元々糖質は高めのお酒ですが、ブラックティアーズは低糖質なのも特徴。

スモーキーでスパイスを感じられる味わいなのに、とてもスムースな飲み口です。

普通のレシピで使うよりも、フルーツを使ったダイキリのアレンジレシピと相性がいいでしょう。

 

さいごに

「ダイキリ」は世界中でたくさんの人に愛されている有名なカクテルの1つです。

フローズンにしたり、フルーツを使ったりといろいろなアレンジができるのも魅力ですよね。

ちなみに、ぬるくなると味の締まりが悪くなってしまうので、出来立ての冷たいダイキリは早めに飲みきることがオススメです。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

XYZはどんなカクテル?由来や味、度数から、作り方、アレンジレシピまで徹底解説!

XYZ(エックス・ワイ・ジー)というカクテルを知っていますか? 日本ではまだ有名ではありませんが、海外では人気のカ

カミカゼはどんなカクテル?気になる味、度数から作り方まで紹介!

度数強めのカクテル、「カミカゼ」。 目を引く名前のため、バーのメニューなどで見たことがある人も多いのでは? 今回

ウーロンハイの美味しい作り方から、缶のおすすめウーロンハイまで徹底解説!

「ウーロンハイの度数やカロリーでどれくらい?」 「ウーロンハイを作りたいけど、割合は?」 「どんな焼酎を使えばい

美味しいレモンサワーの作り方から、缶のおすすめレモンサワーまでご紹介!

「レモンサワーを作りたいけど、割合は?」 「缶のレモンサワーどれが美味しいの?」 などなど、レモンサワーに関する

カシスオレンジとは?度数、カロリーから、作り方、缶のカシスオレンジまでご紹介!

カシスオレンジといえば、カクテルの定番中の定番ですね。 今回はそんなカシスオレンジの味、度数、カロリーから、作り方

ジンリッキーとは?由来、度数、カロリーから、作り方まで徹底解説!

爽やかな味わいで人気のジンリッキー。 今回は、ジンリッキーとはどんなカクテルなのか、由来や味、度数から、作り方まで

マティーニとは?味、度数から作り方、美味しい飲み方まで徹底解説!

マティーニを飲んだことはあるけど、その意味や、作り方が分からない方も多いのでは? 今回は、マティーニの味、度数、種

ギムレットとは?意味やカクテル言葉から、作り方、アレンジレシピまでご紹介!

ギムレットと聞いて、小説の有名なセリフである「ギムレットには早すぎる」を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。 ギ

チャイナブルーとは?味、度数、カクテル言葉から、作り方まで徹底解説!

見た目は鮮やかなブルーで、味はさっぱりとしてフルーティーなチャイナブルー。 今回は、そんなチャイナブルーの発祥から

カルーアミルクとは?味、度数、カロリーから作り方まで徹底解説!

女性に人気のカクテル、カルーアミルク。 今回は、カルーアミルクの度数、カロリーといった基礎知識から、作り方まで解説

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP