純米吟醸酒のおすすめのランキング10選!美味しい飲み方を徹底解説

2021/04/23
日本酒

「純米吟醸酒はよく飲むけど、純米大吟醸や吟醸酒との違いをよく分かっていない」

「どの純米吟醸を選べば良いか分からない」

「どうやって飲めばいいのか分からない」

こんな疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

今回は、純米吟醸酒の特徴から、おすすめの純米吟醸酒、美味しい飲み方をご紹介します。

記事の執筆者

栗山 かおる

SSI認定資格 唎酒師 日本酒品質鑑定士 フード&ビバレッジナビゲーター

純米吟醸酒とは

純米吟醸酒の特徴

純米吟醸酒は、吟醸酒と純米酒の良いところをかけ合わせた日本酒です。

原材料は米と麹、水のみ。

使用される米は、米を削る「精米」の工程において精米歩合60%以下のもの、つまり一粒の米に対して40%以上削った米を使用している日本酒になります。

米の削る部分が純米大吟醸酒に次いで多い純米吟醸酒は、雑味のない軽やかな口当たりと「吟醸香」と呼ばれるフルーティーな香りが特徴です。

また、米と米麹のみで造られるお酒であるため、米本来の旨味や風味も感じることができます。

純米吟醸酒と純米大吟醸酒の違い

純米吟醸酒と似た名称のお酒に「純米大吟醸酒」があります。

この2つのお酒の違いは以下の通りです。

純米吟醸酒・・・原材料は米・麹・水、精米歩合60%以下
純米大吟醸酒・・・原材料は米・麹・水、精米歩合50%以下

このように純米大吟醸は精米歩合が50%以下という定義があり、純米吟醸酒よりも米を削った高級なお酒です。

しかし、日本酒に使う米は削れば削るほど良いというわけではありません。

米の外側には雑味のほかに米の旨味成分も含まれていますので、純米吟醸酒は純米大吟醸酒よりも米の旨味が引き立ったふくよかな味わいが魅力となります。

純米吟醸酒の選び方

甘口・辛口で選ぶ

日本酒は甘口と辛口の2つに分類することができます。

日本酒の甘口・辛口を見分けるための指標が「日本酒度」です。

日本酒度はプラスマイナスと数値によって表示され、プラスになるほど辛口になり、マイナスの傾くほど甘口になります。

すっきりとした純米吟醸酒が飲みたい方は辛口を、フルーティーな香りをより堪能したいという方は甘口を選ぶといいでしょう。

日本酒度は酒瓶の裏ラベルや、酒蔵ホームページの商品情報から確認できますので、ぜひチェックしてみてください。

精米歩合で選ぶ

精米歩合とは、お米の外側をどれくらい削っているかの割合のことです。

お米の外側を削ることで余分な雑味が取り除かれ、クリアな味わいとフルーティーな香りの日本酒が仕上がります。

純米吟醸は精米歩合が60%以下なので、日本酒の中で精米歩合は高い部類です。

精米歩合が50%以下になりますと、大吟醸・純米大吟醸レベルの日本酒になります。

このクラスの日本酒になると、雑味がさらにそぎ落とされて味わいの繊細は増し、フルーティーな香りもよりリッチに。

精米歩合は日本酒の特徴を左右する項目ですので、すっきり辛口の日本酒が好みの方は精米部位の低い銘柄を、日本酒にコクを求める方は精米歩合の低すぎない銘柄を選ぶといいでしょう。

酒米で選ぶ

米と水だけで造られる純米吟醸酒は、その原材料である酒米の特徴がお酒の質に反映されます。

代表的な酒米を以下に紹介しますので、ぜひ純米吟醸酒選びの参考にしてみてください。

山田錦
日本一の生産量であり、「酒米の王様」と呼ばれる品種。

その味わい深さと安定感は日本酒造りには欠かせない酒米です。

大吟醸など精米歩合の低い酒米向きの品種で、味にふくらみが出るとともに上品な香りのものが多くあります。

 

亀の尾
コシヒカリの原点であり、またコミック「夏子の酒」でも取り上げられた品種。

栽培が難しいとされ一時衰退しましたが、主に山形県を中心に再び栽培されるようになりました。

地元の日本酒にも多く使用され、一番の特徴はそのコクの深さと華やかな香りです。

 

美山錦
美山錦は前述の“亀の尾”に由来した、耐寒性に優れた品種です。

寒冷地である東北地方での生産量が多く、繊細で淡麗な味わいを持つ日本酒になります。

純米吟醸酒として醸されたものはさらに香り高いものに仕上がりに。

 

雄町
山田錦に並ぶ酒造好適米。

他の品種に比べて穂や一粒一粒が大きく、生育が難しいとされています。

雄町を原料とした日本酒は控えめな香りながらも旨味が強いことが特徴です。

純米吟醸酒の中でも高級品として扱われることが多く、雄町好きな日本酒ファンも少なくありません。

おすすめの純米吟醸酒10選

10位 辻善兵衛 純米吟醸 雄町 槽口直汲み 生原酒

辻善兵衛 純米吟醸 雄町 槽口直汲み 生原酒

槽口直汲みとは、タンク貯蔵をせず搾り立てをフレッシュなまま瓶詰した製造方法です。

雄町らしく控えめな香りで、芳醇な飲み口とともに感じるほんのりした酸味がいいアクセントに。

冷やすとさらに後味のキレの良さが引き立ち、幅広い料理と楽しめます。

 

9位 山形正宗 亀ノ尾 純米吟醸

  山形正宗 亀ノ尾 純米吟醸

地元の亀の尾とミネラル天然水で醸した山形正宗。

しっかりとした酸味と青リンゴを思わせるフルーティーな旨みが後を引きます。

濃い味の料理といただくと口の中のスッキリとさせてくれ、食事もお酒もよく進む!

 

8位 上喜元 純米吟醸 山田錦

上喜元 純米吟醸 山田錦

精米歩合55%という限りなく純米大吟醸に近く山田錦を磨き上げた逸品です。

爽快な口当たりで食中酒にぴったり。

上品な香りは日本酒が苦手な方にもおすすめです。

 

7位 伯楽星 純米吟醸 蔵の華

伯楽星 純米吟醸 蔵の華

酒米としては比較的新しい「蔵の華」を使用。

少し口に含むと繊細な印象、飲み進めるとシャープな口当たりが後を引きます。

お燗にするとまろやかさが増すのでおすすめ。

 

6位 町田酒造 純米吟醸 雄町 直汲み無濾過 生

町田酒造 純米吟醸 雄町 直汲み 生

詳細情報
度数:17 %
味わい:甘口
産地:日本、群馬県

フレッシュかつ力強い味わいが楽しめる1本です。

濾過による味や薫りの調節がない分、原酒らしい米の旨みが味わえます。

必ず冷蔵保存し、開栓後はお早めに。

 

5位 くどき上手 純米吟醸 美山錦

亀の井酒造 くどき上手 純米吟醸 美山錦

くどき上手を全国的に広めた亀の井酒造の純米吟醸酒。

美山錦の甘みが口に広がり初めて日本酒を試す方にぜひともおすすめの一本です。

料理と合わせたときのバランスが素晴らしく、食中酒にぴったりの旨口タイプ。

 

4位 来福 純米吟醸 山田錦

来福 純米吟醸 山田錦

パッと目を引くピンクのラベル、花酵母で有名な来福ブランドの純米吟醸酒です。

山田錦と月下美人の酵母が生み出すバランスの取れた旨み、メロンを思わせるフレッシュさが魅力。

来福はリピーターの多い人気商品です。

 

3位 ちえびじん 純米吟醸 山田錦

ちえびじん 純米吟醸 山田錦

とくに女性の日本酒ファンは押さえておきたい銘柄です。

2019年フランスでの日本酒品評会「KURA MASTER」で金賞を受賞しました。

地元大分県産の山田錦の旨みを生かし、酸味とのバランスが素晴らしい一品です。

 

2位 作 ZAKU 雅乃智 純米吟醸 岡山雄町

作 雅乃智 純米吟醸 岡山雄町

SAKE COMPETITION2018,2019にて連続受賞。

岡山の雄町、と酒造のある三重県鈴鹿の良質な水で醸した雅乃智は作ZAKU代表銘柄です。

冷やでいただくと旨みがさらに引き立ち、お料理を引き立てます。

 

1位 寫樂 純米吟醸 播州山田錦

寫樂 純米吟醸 播州山田錦

兵庫県産(播州)の山田錦はその品種の中でも最高級品の酒米。

その最高級品を50%まで磨き上げ、気品のある味わいが特徴です。

良く冷やして味に深みの出るワイングラスでお試しください。

純米吟醸酒の美味しい飲み方

飲む温度

花冷え(10℃前後)

ほとんどの純米吟醸酒は冷やすことで香りが落ち着き、スッキリとした味わいに。

食前酒として淡白な味の刺身や家庭料理の薄味の煮物などとの相性が良いので、自宅で純米吟醸酒を頂くときはぜひ花冷えがおすすめです。

酒器もあらかじめ冷蔵しておくとさらに淡麗感を楽しむことができます。

 

おすすめの銘柄
・辻善兵衛(栃木 辻善兵衛商店)
・モダンせんきん亀の尾(栃木 株式会社せんきん)

 

人肌燗(35℃前後)

徳利を持った時にじんわりと温かみを感じる温度帯です。

酸味はそのままで甘みが増すとともにほんのり香りが立ち、純米吟醸酒ならではの良さを味わいうことができます。

燗は初めて、という方はこの温度帯から試してみるのがおすすめ。

 

おすすめの銘柄
八海山(新潟 八海醸造)
・春鹿(奈良 今西清兵衛商店)

 

熱燗(50℃前後)

冷蔵保存しているものでは1分半ほど徳利で湯煎。

味に膨らみが出てより辛口になり、味の変化を楽しめます。

純米吟醸酒を熱燗にすると香りが立ちすぎてしまうため、熱燗は不向きというのが一般的です。

その一方で、熱燗にすると味の幅が広がりを楽しめるということで、好んでオーダーされる方も少なくありません。

温かい料理に熱燗をあわせると口の中での温度差がなくなり料理の旨みも感じやすくなります。

 

おすすめの銘柄
・竹雀(岐阜 大塚酒造)
・ひこ孫(埼玉 神亀酒造)

 

純米吟醸酒に合わせるつまみや料理

日本酒と料理のペアリング

純米吟醸酒に限らず日本酒は酸味、旨み、苦み、甘みの成分をしっかりとそなえたものが多いです。

そのため、日本酒の成分にないもの、つまり塩分を含んだつまみやお料理を選ぶと五味が完成し、口の中での調和が素晴らしいものとなります。

 

純米吟醸酒に合う料理

純米吟醸は薫り高いものが多いので、軽快な旨み、素材自体に甘味を含むもの、シンプルな味付けのものがよく合います。

フルーティーな香りや味の純米吟醸には柑橘系の果物(すだち、ゆず、レモンなど)を添える料理との相性が良いです。

 

相性の良い料理
・アユの塩焼き
・野菜のおひたし
・焼き鳥塩味のもの
・サーモンマリネ
・シーフードサラダ

 

花冷えなどしっかりと冷やしていただく際には淡白な素材の料理と合わせることができます。

シンプルなそば料理や、刺身類、冷奴がおすすめです。

純米吟醸酒はどんな飲み方でもおすすめ!

数ある日本酒の中で純米吟醸酒は爽快な口当たりや香りが華やかなものが多く、価格帯もリーズナブルなものもたくさんありますので、

今まで日本酒に触れたことのない方でも気軽に試すことができます。

自宅でも用意できる料理との相性も抜群なのでぜひ宅飲みやオンライン飲みに添えてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

冷酒とは?飲み方から、冷酒におすすめの日本酒ランキング15選をご紹介!

日本酒の最大の魅力は、温度帯によってさまざまな味わいを楽しめることです。 冬は熱燗、夏は冷酒など、季節によって飲み

家でも簡単に作れる!日本酒カクテルのおすすめレシピを解説!

「日本酒をアレンジして飲みやすくしたい」 「いつもとは違った日本酒の飲み方を試してみたい」 と思う方に向けて今回は

北海道のおすすめ日本酒ランキング7選!特徴や選び方も解説!

日本酒といえば、山形県や新潟県など東北地方が思い浮かぶ方も多いかもしれません。 しかし、近年北海道の日本酒が注目を

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

  純米酒は米と米麹だけを原料に造られた、米本来のうまみを味わえる日本酒です。 原料となる米や製造方法

静岡の日本酒ランキングトップ10!人気酒蔵や地酒ショップも紹介!

「静岡の有名な日本酒を知りたい」 「静岡旅行に行くので地元にしかないおいしい地酒を買いたい」 そんな方に向け、日

青森の地酒、田酒はどんなお酒?こだわり、種類、味、値段を徹底解説!

青森の地酒として有名な「田酒」。 生産量が少なく、入手が難しいこともあり、一部「幻の日本酒」と呼ばれる銘柄もあるほ

八海山のおすすめ銘柄20選|日本酒から焼酎・甘酒まで幅広い種類や美味しい飲み方までご紹介!

定番の人気日本酒、「八海山」。 料理を邪魔しない食中酒として、全国の日本酒好きから根強い人気を誇っています。 一

日本酒の獺祭とは?人気の秘密から、種類、値段、美味しい飲み方まで徹底解説

日本酒といえば、誰もが思い浮かぶのが「獺祭」ではないでしょうか。 ただ、「種類ごとの違いが分からない。」、「獺祭の

日本酒のカロリーが気になる!太らない銘柄や飲み方を解説!

「日本酒が好きだけどカロリーが気になる……」 「健康のために飲み方を変えたい」 といった悩みを持つ方に向けて今回

日本酒のアルコール度数を抑えておいしく飲むには?低アルコール銘柄も紹介

アルコール度数が高い印象のある日本酒。 「日本酒を飲むとすぐに酔っぱらってしまう」 「お酒に強くないけどおいしく

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP