【ソムリエ監修】ニュージーランドのおすすめ白ワイン20選!選び方のコツも解説

2019/02/17
おすすめ白ワイン


ソース

ニュージーランドは、ワイン生産地としてまだ歴史の浅い国ですが、近年コストパフォーマンスに優れたワインが多いと世界的に人気が集まっています。

生産量が増加するとともに、輸出も急速に伸び、世界のワインコンテストでも入賞歴が増えてきています。成長著しいニュージーランドワインの魅力について見ていきましょう。


記事の監修者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

ニュージーランドの白ワイン事情

ワイン生産は19世紀から

ニュージーランドでワイン生産が始まったのは19世紀。海をはさんだオーストラリアからブドウ栽培とワイン醸造が伝わったと言われています。

白ワインを中心に発展

第二次世界大戦後、オーストラリアの大手企業がニュージーランドでのワイン生産に進出し、ミュラー・トゥルガウ種を中心に甘口の白ワインが多く造られるようになりました。

1970年代にマールボロのソーヴィニヨン・ブラン種のワインが世界的に注目を浴びたことをきっかけに、ニュージーランドワインが高い評価を受けるようになりました。

ニュージーランドの白ワインの特徴

ニュージーランドの白ワインと赤ワインの生産比率は、6:1と圧倒的に白ワインが多くなっています。

品種はソーヴィにヨン・ブランがメイン

ソース

ニュージーランド で生産されるワイン用ブドウ品種は、ソーヴィニヨン・ブラン種が収穫量全体の7割を占めています。

その他にも、シャルドネやピノ・グリ、リースリングなどの白ワイン用ブドウ品種が栽培されています。

地域について


ソース

ニュージーランドの代表的な白ワインの生産地についてご紹介します。

ソーヴィニヨン・ブランのお手本!マールボロ

南部に位置するマールボロはニュージーランド国内で最大のブドウ栽培面積を誇り、マールボロ全体の8割でソーヴィニヨン・ブランが栽培されています。

このエリアの昼夜の寒暖差の激しい気候が、ブドウ栽培にはぴったりなのです。

ハーブなどの香りとトロピカルフルーツが合わさった香りが特徴で、ソーヴィニヨン・ブランのお手本とまで言われています。

 

丸みと複雑のある味わいぶどう ホークス・ベイ

北島のホークス・ベイは、マールボロに続くワイン用ブドウ生産地で、その歴史は100年を超えています。

比較的温暖で、日照時間の長い土地で降雨量も最も少なめ。ワインは、丸みと複雑のある味わいで、うまみを強く感じます。

 

奥行きがあり複雑な味わいのワイン セントラル・オタゴ

セントラル・オタゴはニュージーランドで最も南に位置するワイン産地です。ピノ・ノワールが有名な産地ですが、シャルドネも栽培されていています。

こちらも昼夜の寒暖差が激しく、夏場は雨がほとんど降らないという特徴があります。

ここで造られたワインは奥行きがあり複雑な味わいが特徴です。

 

ラベル表記のルール

ニュージーランドでは、食品衛生安全局が食品法やワイン法に基づいて、ワイン生産の基準とラベル表記などを管理しています。

同一の品種名や収穫年、産地名をラベルに記載する場合は、それぞれ85%以上のブドウを使用しなければいけません。

 

生産量について

ニュージーランドには約700軒ものワイナリーがありますが、小規模なワイナリーが多く、生産量は全世界で生産されるワインの1%に過ぎません。

ニュージーランドの白ワインの選び方

ニュージーランドの白ワインは、小規模のワイナリーを中心に、ブドウの特徴を生かし醸造方法にもこだわった個性的なものが目を引きます。

産地や品種だけでなく生産者にも注目してぜひ好みのワインを見つけてみてください。

品種で選ぶ

ニュージーランドで生産される白ワイン用ブドウ品種の味わいの違いをみてみましょう。

ソーヴィニヨン・ブラン


ソース

ソーヴィニヨン・ブラン品種はニュージーランドワインを代表する品種です。

パッションフルーツなどのトロピカルフルーツの豊かな香りと、ハーブやオリーブなどの爽やかな香り、ピリッとした辛口の味わいが特徴です。

 

シャルドネ


ソース

シャルドネは土壌や気候、地形の違いにより、味や香りが大きく異なります。
ホークス・ベイはシャルドネの主要な生産地の1つで、グレープフルーツのような香りやしっかりした酸味と芳醇な風味が魅力です。

 

ピノ・グリ

ピノ・グリは他の品種に比べて果粒が小さく、果皮は灰色や青みがかかっているのが特徴です。

濃厚な果実味を持ち、重厚な味わいが特徴で、白ワインでありながら肉料理との相性もいいです。

 

リースリング

リースリングはドイツ原産の白ワイン用ブドウ品種で、寒冷地にむいた品種。主に南島で生産されています。
柑橘系のさっぱりとした風味で、辛口から糖度が高い甘口まで幅広いワインに仕上がり、産地ごとに味わいの異なるワインが造られています。

 

生産者で選ぶ

ワイナリーはその土地に合わせたワイン用ブドウを栽培し、各々の個性がワインに発揮されています。

ここでは代表的な3つのワイナリーの特徴を紹介します。

 

クラウディ・ベイ


ソース

フランスのヴーヴ・クリコ社と西オーストラリア州のケープ・マンテル社の共同経営。

マールボロでは有名なワイナリーの一つです。

爽やかな酸味を生かしつつ、大樽熟成により豊かな風味としっかりとした味わいが特徴の白ワインを造ります。

非常にバランスの良いワインが多く、和食に合うものもたくさんそろっています。

 

ドッグポイント


ソース

クラウディ・ベイ出身者が設立したワイナリーで、2002年に初ヴィンテージをリリース。

マールボロ地区の個性を生かしたワインを生み出します。

新鮮なアロマを持ったブドウを生かしたソーヴィニヨン・ブランワインが有名です。

グレープ・フルーツの苦味が感じられすっきりとした甘みとバランスの良い酸が特徴です。

 

シレーニ


ソース

ホークス・ベイにあるワイナリーで、日本にも数多く輸出されています。

品質の高さとコストパフォーマンスの良さに定評があります。

味わいは上品なトロピカルフルーツの香りとフレッシュな酸のバランスが魅力です。バランスが良く、親しみやすいワインとして人気があります。

 

ニュージーランドのおすすめ白ワイン20選

ニューシーランドの白ワインは3,000円未満で買えるワインが多いので、コストパフォーマンスも高いです。

高品質で世界的にも人気の高いソーヴィニヨン・ブランなど、近年有名な白ワインを中心に紹介していますので、「ニュージランドワインは初めて」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

日常使いにおすすめ!予算2,000円ベスト5

5位

オーバーストーン・ソーヴィニヨン・ブラン

1,209円 (税込)

詳細情報
度数:11 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
 マールボロで栽培されたクオリティーの高いブドウを使った白ワインで、繊細な香りと味わいは料理にもぴったり寄り添います。和食はもちろん、スパイスの効いた中華料理やエスニックとも相性がいいです。

 

4位

ローン・カウリ シャルドネ

1,166円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、オークランド
品種:シャルドネ
 北島のギズボーンとホークス・ベイにまたがって位置するブドウ畑で栽培されるシャルドネは、春・夏共に暖かい気候に恵まれているため、通常より早く収穫できます。

産地の温暖さを反映して、メロンやグレープフルーツのアロマが感じられるシャルドネです。。

 

3位

オールド・コーチ・ロード ソーヴィニヨン・ブラン

1,750円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ネルソン
品種:ソーヴィニヨンブラン
 家族5人でワイナリーを経営し、185ヘクタールのブドウ畑で年間10万ケースのワインを生産しています。

このワインの特徴は、ハーブや青草の香りと、トロピカルフルーツにライム・グレープフルーツなどの柑橘系の香りとフレッシュな酸味、豊富なミネラル感です。

 

2位

ブランコット・エステート クラッシック ソーヴィニヨン・ブラン

1,625円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ペルノリカール
品種:ソーヴィニヨンブラン
 マールボロの地で古くからソーヴィニヨン・ブラン種のワインを作っているワイナリーです。

濃厚なトロピカルフルーツのフレーバーを感じる果実味を前面に感じるワインです。シャープな酸味が感じられ、バランスのとれた味わいが特徴です。

 

1位

シレーニ セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン

1,188円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
 ニュージーランド産白ワインの中で、日本でも見かける機会の多いワインです。

上品なトロピカル・フルーツを感じる爽やかな果実味と、フレッシュな酸が特徴。バランスが良く、フレッシュな後味で和食とも相性がいいです。

~2,000円のNZの白ワイン比較表

商品画像シレーニ セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブランブランコット・エステート クラッシック ソーヴィニヨン・ブランオールド・コーチ・ロード ソーヴィニヨン・ブランローン・カウリ シャルドネオーバーストーン・ソーヴィニヨン・ブラン
商品名シレーニ セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブランブランコット・エステート クラッシック ソーヴィニヨン・ブランオールド・コーチ・ロード ソーヴィニヨン・ブランローン・カウリ シャルドネオーバーストーン・ソーヴィニヨン・ブラン
価格1,188円(税込)1,625円(税込)1,750円(税込)1,166円(税込)1,209円(税込)
詳細度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ペルノリカール
品種:ソーヴィニヨンブラン
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ネルソン
品種:ソーヴィニヨンブラン
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、オークランド
品種:シャルドネ
度数:11 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

週末や来客などがある日に!2,000~3,000円ベスト5

5位

マッドハウス ワイパラ リースリング

2,181円 (税込)

詳細情報
度数:12 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド
品種:リースリング

マールボロの美しさに一目惚れしたイギリスの農家出身のジョスリンが、夫婦で移住し創設したワイナリーです。

環境に配慮し、農薬などを極力使わずに栽培されるブドウからワインを造ります。環境保護を意識した取り組みは、ブドウ栽培はもちろん、ワイン醸造の過程にまで及びます。

 

4位

シレーニ ザ・ロッジ・シャルドネ

2,354円 (税込)

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ホークス・ベイ
ニュージーワンドを代表するワイナリーのひとつであるシレーニの作るシャルドネです。伝統的な方法と最先端の技術を組み合わせて造られるワイン。

調和のとれた複雑な味わいが魅力です。洗練された樽の風味と甘い柑橘類やピーチの香りが印象的です。

 

3位

マトゥア リージョナル・ソーヴィニヨン・ブラン・マルボロ

2,138円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:中辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
ニュージーランドを代表する品種であるソーヴィニヨン・ブランを、ニュージーランド国内で初めて生産したワイナリーとして有名です。

ソーヴィニヨン・ブランの産地としてニュージーランドが世界的に地名度が上がったのは、このワイナリーの先見性の賜物でしょう。

フレッシュなハーブのニュアンスとシトラスフルーツの味わい、酸とのバランスも見事です。

 

2位

オイスターベイ マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン

2,030円 (税込)

詳細情報
度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
マールボロの冷涼な気候で造られた鮮やかに輝くレモンイエローの色合いが特徴のソーヴィニヨン・ブラン。

凝縮したパッションフルーツとトロピカルフルーツの香りに、キリッとした酸味が特徴の辛口ワインです。さっぱりとした和食にも良く合います。

 

1位

クラウディー ベイ ソーヴィニヨン ブラン

2,808円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
クラウディ・ベイはマールボロに古くからあるワイナリーのひとつ。

このワイナリーのソーヴィニヨン・ブランは、凝縮感とピュアな果実味が特徴です。

パッションフルーツのフレッシュなアロマと、オレンジの豊かな果実味にハーブや青リンゴのような爽快さが魅力です。

2,000円~3,000円のNZの白ワイン比較表

商品画像クラウディー ベイ ソーヴィニヨン ブランオイスターベイ マールボロ ソーヴィニヨン・ブランマトゥア リージョナル・ソーヴィニヨン・ブラン・マルボロシレーニ ザ・ロッジ・シャルドネマッドハウス ワイパラ リースリング
商品名クラウディー ベイ ソーヴィニヨン ブランオイスターベイ マールボロ ソーヴィニヨン・ブランマトゥア リージョナル・ソーヴィニヨン・ブラン・マルボロシレーニ ザ・ロッジ・シャルドネマッドハウス ワイパラ リースリング
価格2,808円(税込)2,030円(税込)2,138円(税込)2,354円(税込)2,181円(税込)
詳細度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
度数:13 %
味わい:中辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ホークス・ベイ
度数:12 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド
品種:リースリング
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

プレゼントに!3,000円~4,000円ベスト5

5位

マリスインターナショナル レイクチャリス マールボロ

3,120円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
マルボーロの広大な自然で育ったソーヴィニヨン・ブランを丁寧に手摘みして、良いブドウだけを厳選して作られてた白ワインです。

パッションフルーツとグレープフルーツのアロマの香りとフレッシュでエレガントな辛口ワインです。豊富なミネラル分によってさわやかな酸味があるのが特徴です。

 

4位

マヒ マールボロ シャルドネ

3,200円 (税込)

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド
品種:シャルドネ
手作業にて管理し手摘みしたブドウを使い、フレンチオーク樽で11か月熟成後に瓶詰めされています。熟成感とエレガンスを感じられるワインです。

 

3位

アミスフィールド ソーヴィニョン・ブラン

3,125円 (税込)

詳細情報
度数:13.6 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、セントラル・オタゴ
品種:ソーヴィニヨンブラン
藤田観光主催の「日本で飲もう最高のワイン2014」にてプラチナ&シルバー受賞した白ワインです。標高230mの冷涼な気候と長いブドウの生育期間によって、凝縮度の高い上質なワインを造っています。

淡い黄色のワインでパッションフルーツと緑の芝生の様な新鮮な香り、上品なヴァニラの複雑さを持っています。しっかりとした酸味とミネラル感があり、クリーミーな味わいが特徴です。

 

2位

アタ・ランギ・ピートリー・シャルドネ

3,434円 (税込)

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ワイララパ
品種:シャルドネ
マーティンボローで最初にワイン造りを始めたワイナリーの一つで、 ニュージランドワインの歴史を語る上で外せないワイナリーです。 妥協のない品質重視のブドウ栽培とワイン造りから、独特の複雑さと 凝縮感、深みのある洗練されたワインが出来上がります。

黄金色の麦わら色で、香りはトロピカルフルーツと香ばしいナッツが 絶妙に混ざり合っています。樽由来の香ばしい香りと新鮮な果実味、イキイキとした酸でクリーミーな余韻が楽しめます。

 

1位

キムラ・セラーズ マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン

3,305円 (税込)

詳細情報
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
芳醇なレモンとグレープフルーツの柑橘系、パッションフルーツや洋ナシなどが混ざり合うフルーティな香りにハーブや花のニュアンスが合わさった複雑な香りです。

フレッシュな酸味と果実味がバランス調和した、バランスがいいエレガントな味わいです。

3,000円~4,000円のNZの白ワイン比較表

商品画像キムラ・セラーズ マールボロ・ソーヴィニヨン・ブランアタ・ランギ・ピートリー・シャルドネアミスフィールド ソーヴィニョン・ブランマヒ マールボロ シャルドネマリスインターナショナル レイクチャリス マールボロ
商品名キムラ・セラーズ マールボロ・ソーヴィニヨン・ブランアタ・ランギ・ピートリー・シャルドネアミスフィールド ソーヴィニョン・ブランマヒ マールボロ シャルドネマリスインターナショナル レイクチャリス マールボロ
価格3,305円(税込)3,434円(税込)3,125円(税込)3,200円(税込)3,120円(税込)
詳細味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ワイララパ
品種:シャルドネ
度数:13.6 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、セントラル・オタゴ
品種:ソーヴィニヨンブラン
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド
品種:シャルドネ
度数:13 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、マールボロー
品種:ソーヴィニヨンブラン
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

いつか飲んでみたい憧れの一品!4,000円以上

5位

ブラック エステート ホーム シャルドネ

4,320円 (税込)

詳細情報
産地:ニュージーランド、カンタベリー
品種:シャルドネ
カンタベリー地方の畑で栽培されたシャルドネを手摘みで全房のまま圧搾し、フレンチオーク樽で発酵しています。培養された酵母ではなく、畑に自生する酵母による自然発酵が特徴。

こちらのシャルドネは、石灰質土壌によりピュアなミネラルがタイト感をもたらしています。ピーチや洋梨のアロマを感じられ程よいナッティなニュアンスです。

 

4位

マーティンボロー ホーム ブロック シャルドネ

4,233円 (税込)

詳細情報
産地:ニュージーランド、ワイララパ
品種:シャルドネ

ロンドンで開かれるワインコンテストで、ピノ・ノワール部門で最高賞をとった実力のある生産者です。

こちらのシャルドネも、タイトなミネラル感とエレガントな味わいが評価されています。

リースリングをゆっくり低温発酵して、レモンやグレープフルーツなどの柑橘の香りと花の香りを引き出し、フレッシュな酸味と上品な果実味も特徴です。

 

3位

フェルトン ロード バノックバーン シャルドネ

4,514円 (税込)

詳細情報
度数:14 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、セントラル・オタゴ
品種:シャルドネ

手摘み収穫を行なったブドウを房ごと圧搾しそのまま地下セラーの仏産樽に移して発酵。
シトラスやピンクグレープフルーツの皮のアロマが広がります。ミネラルと酸を感じられる柑橘系の香りとかすかにトースト香も感じます。ピュアで綺麗な余韻がありエネルギーを感じるワインです。

 

2位

サトウ ノースバーン ブラン セントラルオタゴ

4,324円 (税込)

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、セントラル・オタゴ
品種:シャルドネ63%、ピノグリ26%、リースリング11%
日本人の佐藤夫妻によって設立されたワイナリーです。

オレンジピールとレモン、マルメロのフレッシュな香り、キャラメライズした砂糖とほのかな苦味、新鮮な酸を感じられます。厚みのあるテクスチュアが広がる、個性的で丸みを帯びた余韻が続きます。

 

1位

クメウ リヴァー マテズ シャルドネ

6,048円 (税込)

詳細情報
味わい:辛口
産地:ニュージーランド
品種:シャルドネ
手積みで収穫後房ごとプレスし、100%フレンチオークで野生酵母を使い発酵させます。
華やかなフルーツのアロマとミネラルが特徴のワインです。複雑性と凝縮感を備えていてリリースから6~8年は熟成が可能なプレミアムなワインです。

4,000円~のNZの白ワイン比較表

商品画像クメウ リヴァー マテズ シャルドネサトウ ノースバーン ブラン セントラルオタゴフェルトン ロード バノックバーン シャルドネマーティンボロー ホーム ブロック シャルドネブラック エステート ホーム シャルドネ
商品名クメウ リヴァー マテズ シャルドネサトウ ノースバーン ブラン セントラルオタゴフェルトン ロード バノックバーン シャルドネマーティンボロー ホーム ブロック シャルドネブラック エステート ホーム シャルドネ
価格6,048円(税込)4,324円(税込)4,514円(税込)4,233円(税込)4,320円(税込)
詳細味わい:辛口
産地:ニュージーランド
品種:シャルドネ
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、セントラル・オタゴ
品種:シャルドネ63%、ピノグリ26%、リースリング11%
度数:14 %
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、セントラル・オタゴ
品種:シャルドネ
産地:ニュージーランド、ワイララパ
品種:シャルドネ
産地:ニュージーランド、カンタベリー
品種:シャルドネ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

まとめ


ソース

ニュージーランドは比較的新しい産地でありながら、個性豊かなワインが造られています。

白ワインではソーヴィニヨン・ブランが世界で高い評価を受け、多くのファンを獲得。

ニュージーランドワインの日本での流通量はまだまだ多いとは言えませんが、コストパフォーマンスの高さは確実なので、ぜひ楽しんでみてください。

他の産地の白ワインを見たい方はこちらからどうぞ。

>>産地ごとの白ワインおすすめ

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

ニュージーランドのワインの魅力をワイン資格者が解説!特徴からおすすめのワインまで紹介

ニュージーランドは、日本と同様、島国で、その美しい景観から観光地としても人気があります。ワイン産地としての歴史はまだ浅い

【ソムリエ厳選】ニュージーランドの赤ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説

ソース 世界で高い評価を受けているニュージーランド の赤ワイン。 国際的なワインコンペで上位に選ばれるなど、その実

【ソムリエ厳選】トゥーレーヌの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

トゥーレーヌは、フランスを代表するワイン生産地ロワール地方に広がるエリア。多彩なスタイルのワインが生産されるワイン好

【ソムリエ監修】 ピエモンテの白ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説

イタリア北西部に位置するピエモンテ州は、トスカーナ州と並びイタリア有数のワイン産地です。 「イタリアワインの王」と称さ

【ソムリエ監修】ロンバルディアの白ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

ロンバルディアはイタリア北部最大の都市ミラノがある州です。 チーズのゴルゴンゾーラやミラノ風カツレツなど、ワインと

白ワインのぶどう品種一覧!20種類をソムリエが解説!

ソース 白ワインが好きなんだけど、気が付くといつも同じワインばかり飲んでいる、なんていうことはありませんか? 気分

【ソムリエ監修】リアス・バイシャスの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース リアス・バイシャスはスペイン北西部ガリシア州に属する地区です。 1年のうち約200日が雨という豊富な雨量か

【ソムリエ監修】マルケのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ソース マルケはイタリアの中東部にある州で、東にアドリア海、西にアペニン山脈がある土地です。 東西に海と山があるた

【ソムリエ監修】ドイツのおすすめ白ワイン20選を紹介!辛口から甘口まで

ドイツは白ワインの生産が大半で、世界的にも有名な白ワインの産地です。 皆さんもお店なので、ドイツの白ワインをよく見

【ソムリエ厳選】アンジュー、ソーミュールのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

川沿いに中世の古城が建ち、フランスの観光ガイドブックから抜け出したような光景が広がるロワール地方は、ワイン大国フラン

白ワインの選び方


特集記事

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

TOP